こだわり別のおすすめクレジットカード比較!2019年決定版 | クレマイ

おすすめクレジットカードをこだわり別に厳選して比較!2019年決定版

シェアしてあとで読む

クレジットカードはライフスタイルや使う目的によって、上手に使い分けるのが絶対におすすめ。

「万人にとって最強の一枚」は存在しないので、生活の中で使うシーンを想像して賢く選びましょう。

このページでは、クレジットカードを知り尽くすクレマイ編集部が「こだわり別のおすすめクレジットカード」を厳選してピックアップしています。

  • ポイントをザクザク貯めたい
  • マイルを貯めて旅行回数を増やしたい
  • 年会費無料のお守り用サブカードが欲しい
  • ステータスと優雅な生活の補助サービスが欲しい
  • 法人の経費決済用のカードが欲しい

ぼんやりでも「今の自分にはどんなクレジットカードが合うんだろう?」と考えながら見てみてください。

気になるトピックをタップ!

ポイント還元率◎!おすすめクレジットカード4枚を比較

クレジットカードの代表的な醍醐味の一つといえば、ポイント制度ですよね。還元率が高いほど節約効果も高く、ポイントの貯まりも早くなることに。

毎月8万円をカード決済した場合のポイント付与例
還元率0.5%の場合還元率1.0%の場合還元率2.0%の場合
1ヶ月4008001600
3ヶ月120024004800
6ヶ月240048009600
12ヶ月4800960019200
24か月96001920038400

…差は歴然ですね。もちろん決済額が多ければ多いほど、ポイント付与数の違いは顕著になります。

以下でご紹介する4枚はいずれも「年会費無料×ポイント高還元率」で、人を選ばず利便性が高いカード。それでは比較してみましょう。

1.JCB CARD W

JCB CARD WはAmazon高還元率!plus Lの違い、キャンペーンや審査もメリット・デメリットに分けて解説
年会費通常無料
初年度無料
審査難易度E(審査難易度「E」について
還元率1.00%~5.50%
公式サイトhttps://www.jcb.co.jp
4.25 / 5.00
JCBオリジナルシリーズの最新作。年会費無料×高いポイント還元率を実現した、WEB申し込み限定プロパーカード。
今なら新規入会で最大13,000円相当の
プレゼントがもらえる!
WEB申込限定だからこそ、申込手続が手軽!キャンペーンをくわしくみるJCB CARD W口コミ・評価はこちら
1分で分かる!
JCB CARD W
  • プロパーながら通常ポイント還元率1.0%
  • Amazonセブンイレブンなど多くのシーンで2.0%以上の超高還元率
  • 年会費無料なのに海外旅行保険が付帯
  • ETCカードや家族カードも無料で持てる
  • 男女ともに定評のあるデザイン
  • 女性向けの特典や保険を追加できる「JCBカードW PLUS L」も
  • QUICPayと相性抜群、Apple Payなども利用可
  • 申し込みは39歳以下&WEB限定
  • 利用明細はWEBやアプリのみ
  • ANA、JAL両マイルに交換できるがレートは少し低め
  • VISAやMasterCardと比べると海外では使えない地域も
  • 敷居は低めなのでステータスは高くない

比較的あたらしいJCBプロパーカード。知名度はまだあまり高くありませんが、スペックが高くさまざまな専門家もおすすめしている一枚ですね。

通常1.0%、「JCB ORIGINAL SERIES パートナー」の店舗では2.0%以上になるお店もたくさんあります。(Amazonやセブンイレブン、一部の高島屋店舗なども2.0%!)

JCB純正の安心感、年会費無料、高いポイント還元率と使いやすさ抜群のクレジットカードと言えるでしょう。

2.オリコカードザポイント

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)はAmazon派に◎!キャンペーンなど徹底解説
年会費通常無料
初年度無料
審査難易度E(審査難易度「E」について
還元率1.00%~2.00%
公式サイトhttps://www.orico.co.jp/
4.32 / 5.00
年会費無料×高還元率。サービスよりもポイント還元率に強みのある、iDとQUICPayをダブル搭載した稀有な一枚。
今なら新規入会で最大8,000円相当の
ポイントがもらえる!
ネットで簡単、主婦の方でも申し込み可能!キャンペーンをくわしくみるOrico Card THE POINT口コミ・評価はこちら
1分で分かる!
Orico Card THE POINT
  • 通常1.0%の高いポイント還元率
  • Amazon等の大手ECサイトで2.0%以上も
  • 数多くの共通ポイント、JALやANAマイル、Amazonギフト券など交換先が多種多様
  • iDとQUICPayを両方搭載する稀有な一枚
  • Apple PayやGoogle Pay、楽天ペイも利用可
  • ETCカードや家族カードを無料で発行可
  • 審査基準が比較的やさしい(学生や主婦も可)
  • 券面がブラックで高級感がある
  • 還元率アップ対象の実店舗はない
  • ポイント有効期限が1年と短い
  • 旅行保険は付帯されない
  • ポイントアップの通販はオリコモール経由が必要(面倒な場合はJCBカードWが◎)
  • Amazonより楽天派は楽天カードの方がお得
  • 手元に届くまでそれなりに時間がかかる
  • クレヒスに問題がある場合は審査に通らない

通常1.0%、オリコモール経由のネットショッピングではAmazonや楽天でも2.0%以上とひたすら通販に強い高還元率クレジットカードです。

実店舗の特約がない、旅行保険がないといったデメリットはありますが、ネットショッピングメインのサブカードとして持つなら非常におすすめできる一枚と言えますね。

シンプルな券面は評判がよく、200人に聞いた「デザインがかっこいいクレジットカードランキング」でも1位でした。iDとQUICPayをダブル搭載している稀有な特徴もあるのでキャッシュレスにも◎。

3.楽天カード

楽天カードは高還元率でお得!メリット&デメリットを徹底解説
年会費通常無料
初年度無料
審査難易度F(審査難易度「F」について
還元率1.00%~3.00%
公式サイトhttps://www.rakuten-card.co.jp
4.20 / 5.00
年会費無料、買い物する度ポイントがどんどん貯まって使い道も無限大。圧倒人気のオールマイティカード。
今なら新規入会で最大7,000円相当の
ポイントがもらえる!
身分証不要の楽々ネット申込!キャンペーンをくわしくみる楽天カード口コミ・評価はこちら
1分で分かる!
楽天カード
  • 通常1.0%、楽天市場で3.0%の高いポイント還元率
  • 年会費無料で海外旅行保険も利用付帯
  • 学生や主婦、フリーターでも可能性十分
  • 身分証明書要らずで簡単ネット申し込み
  • Edy搭載、Apple Pay利用可とキャッシュレスにも◎
  • 国際ブランドもデザインも豊富
  • ANAマイルを貯めたい人にもそれなりに○
  • ポイントは楽天市場や楽天ペイで使えるので、交換できるアイテムは実質無限大

言わずもがな業界を席巻しているクレジットカード。生活のありとあらゆる分野で便利なサービスがある楽天経済圏をお得に使うなら、マストな一枚と言えるでしょう。

2,000人に聞いた「人気クレジットカードランキング」でもダントツの一位でした。(なのでステータスは皆無ですね)

楽天ペイEdyとの連携も優秀な上に、楽天サービスでのキャンペーンも多彩なので、数字以上のポイントの貯まりやすさがあり、日常使いにおすすめです。

楽天市場で毎月9,000円以上使うなら楽天ゴールドカード、さらに海外もよく行くなら楽天プレミアムカードがベターです。

4.ヤフーカード

Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)は年会費無料&高還元率でおすすめ!審査や追加カードなどまとめ
年会費通常無料
初年度無料
審査難易度E(審査難易度「E」について
還元率1.00%~3.00%
3.48 / 5.00
年会費無料でTポイントが高還元率で貯まる一枚。18種類のプラチナ補償も非常にオトク。
新規入会で最大10,000円相当の
ポイントがもらえる!
ヤフーカード口コミ・評価はこちら
1分で分かる!
ヤフーカード
  • 通常1.0%、ヤフー系サービスで3.0%の超高還元率
  • Tポイントが貯まるので使い道も非常に豊富
  • nanacoチャージでポイント付与、Apple Pay等も利用可
  • QRコード決済「PayPay」がよりお得に
  • 月額約ワンコインで幅広い補償オプションに加入できる
  • 入会特典が大きく獲得条件もとても簡単
  • TSUTAYA会員証機能を登録、更新無料で付けられる
  • 国際ブランドをVISA/MasterCard/JCBから選べる
  • 旅行保険が付帯されない
  • ETCカードは年会費が税別500円かかる
  • 審査難易度は低めなのでステータスはない
  • 上位カードへのランクアップがない
  • ANAマイルに交換できるがレートは低め
  • 楽天は楽天カード、Amazonはオリコカードザポイントの方がお得

共通ポイントの雄、Tポイントが貯まる年会費無料×高還元率クレジットカード。

Yahoo! ショッピングやLOHACOでポイント還元率3.0%、ヤフオクでは補償が付き、今後はPayPayでのさらなる優遇も考えられる一枚です。

旅行保険こそ付帯しないものの、毎月ワンコインで18種類の補償サービスを追加できる「お守り」要素もあります。

楽天カードと同じく日常使いにおすすめできるクレジットカードですね。

貯めるポイント別のおすすめクレジットカード比較表

ポイントおすすめクレカ通常還元率お得なシーン
Tポイントヤフーカード1.00%Yahoo! ショッピング
LOHACO等で3.0%
オリコカードザポイント(※100%)1.00%Amazon
楽天市場
Yahoo! ショッピング等で2.0%以上(★)
ファミマTカード0.50%ファミリーマートで1.0~3.5%
楽天ポイント楽天ゴールドカード1.00%楽天市場で5.0%
楽天カード1.00%楽天市場で3.0%
VIASOカード(※80%)0.50%楽天市場
Yahoo!ショッピング等で2.5%以上(★)
dポイントdカードゴールド1.00%ローソンでポイント2.0%+3.0%OFF
ドコモケータイ料金の10%等
dカード1.00%ローソンでポイント2.0%+3.0%OFF等
エポスカード(※100%)0.50%全国10,000以上の店舗で強い優待
Pontaポイントリクルートカード(※100%)1.20%じゃらん
ホットペッパービューティー
ポンパレモール等で3.2%~4.2%
Ponta Premium Plus1.00%Ponta加盟店で2.0~3.0%
JMBローソン PontaカードVisa0.50%ローソンで2.0%等
nanacoポイントセブンカード・プラス0.50%セブン&アイグループ店舗で1.5%
JCB CARD W(※100%)1.00%Amazonで2.0%
スターバックスで5.5%
他 多数
セゾンカードインターナショナル(※92%)0.50%セブンイレブンで1.5%等
WAONポイントイオンカードセレクト0.50%WAONチャージ&利用で1.0%
イオン系店舗で1.0%など
イオンSuicaカード0.50%イオン系店舗で1.0%など
三井住友クラシックカード(※80%)0.50%セブンイレブン
ローソン
ファミマで等2.5%前後
ネット通販で1.0%以上(★)
JRE POINTビックカメラSuicaカード1.00%(内半分がJRE POINT)Suicaチャージや定期券購入で1.5%
ビックカメラで10.0~11.5%(注)など
注:JRE POINTではない
ルミネカード0.50%Suicaチャージや定期券購入で1.5%
ビュー・スイカカード0.50%Suicaチャージや定期券購入で1.5%
※…該当のポイントへの交換が必要(%は交換レート)
★…ポイントモール経由でのネット通販

高還元率でキャッシュバックにおすすめクレジットカード

「ポイントを交換する楽しみはいらないから、高還元率で節約だけしたい!」

そんな人に以下のクレジットカードもおすすめです。

REX CARD

REX CARD(レックスカード)は1.25%と驚異の高還元率!おすすめポイントやデメリットまとめREX CARD

REX CARDの還元率は国内最高水準の1.25%で、一般的なカード(還元率:0.5%)の2.5倍。

今なら新規入会で
最大5,000円相当のJデポ!
公式:http://www.jaccs.co.jp

年会費無料カードの中では国内トップクラスの通常還元率、1.25%を誇るレックスカード。(ネット通販なら1.75%以上も!)

ポイントの使い道はお世辞にも豊富とは言えないものの、Jデポに交換することで1ポイント=1円分のキャッシュバック(請求値引き)が可能です。

実は自動付帯の海外旅行保険が付くのも大きなプラス要素です。

リーダーズカード

リーダーズカードはポイント還元率1.25%!使い勝手は賛否アリ?メリット&デメリット完全ガイドリーダーズカード

通常1.25%、JACCSモールで1.75%以上の高還元クレジットカード。ポイントは請求値引きやマイル交換も。

今なら新規入会で
最大2,000円相当のポイント!
公式:http://www.jaccs.co.jp

基本的な性能はレックスカードによく似ているクレジットカードですが、いくつか違いがあります。

レックスカードリーダーズカード
発行会社価格コム×ジャックスジャックス
年会費無料2,700円
(初年度無料&年30万円以上の利用で無料)
ポイント還元率1.25%1.25%
ポイントの使い道Jデポ(請求値引き)
ANAマイル(※)
Jデポ(請求値引き)
ANAマイル(※)
G-Point
nanacoチャージポイント付与対象外0.3%還元

リーダーズカードの場合はG-Pointへ交換できる&nanacoチャージでも還元率0.3%でポイントが貯まるといったメリットはありますが、基本的にはJデポでキャッシュバックに充てるのがベターでしょう。

年会費分を鑑みるとレックスカードに分があるかもしれません。あとはデザインの好き嫌いですね。

DCカード Jizile

DCカード Jizile(ジザイル)のメリット&デメリットDCカード Jizile

毎月ほぼ一定額を支払う「リボ払い専用カード」。いつでもどこでもポイント3倍の高還元率カード。

DCカード Jizile(ジザイル)は1,000円につき3ポイント(DCハッピープレゼント)が貯まるクレジットカードです。

ポイントの交換先によって還元率は異なりますが、キャッシュバックの場合は1.20%と高還元率。

ただし、リボ専用クレジットカードなので使い方にはコツが必要です。(せっかくポイント高還元率でもリボ手数料が上回ったら意味がないので)

支払いコースの設定を工夫するとリボ払い手数料をゼロにすることはできますが、ずぼらな人にはあまりおすすめできません。

ポイント高還元率カードはシーンに合わせて選ぶのがおすすめ!

多くのクレジットカードには「特定の店で○○倍」というポイント特約があります。

通常還元率だけで選ぶのではなく、自分のライフスタイルに合わせてお得なクレジットカードを選ぶのがおすすめです。

特典が◎!おすすめゴールドカード4枚を比較

旅行、さらには日常の体験をワンランク上げたい!社会的信用も欲しい!

そんなときに一枚持っておきたいのがステータス系クレジットカード。上にはプラチナカードやブラックカードもありますが、まずはゴールドカードから

ここでは強力な特典を持つおすすめのゴールドカードをいくつかピックアップしてみました。

1.アメックスゴールドカード

アメックスゴールドカードはハイステータスクレカの代名詞!ポイントや審査基準、特典まとめ
年会費通常31,320円
初年度31,320円
審査難易度AA(審査難易度「AA」について
還元率0.33%~0.50%
公式サイトhttps://www.americanexpress.com
4.25 / 5.00
日本初のゴールドカードで、今も昔もステータスカードの代名詞と言える。手厚いサポートも大きな魅力。
今なら新規入会で最大30,000円相当の
ポイントがもらえる!
一流のライフスタイルをサポートする一枚!キャンペーンをくわしくみるアメックスゴールド口コミ・評価はこちら
1分で分かる!
アメックスゴールド
  • 格式高いステータスカード
  • メンバーシップリワードプラス加入でANAマイル還元率が1.0%の高還元率に
  • プライオリティパス付帯(制限あり)
  • 海外でも24時間日本語サポート
  • 最大1億円の旅行保険(国内5,000万)
  • 高級レストランでの優待(1名分が無料になる等も)
  • 家族カードが一枚目無料で超お得
  • Apple Payも利用可
  • 年会費が高め(使いこなせば安い)
  • 届くまでそれなりに時間がかかる
  • 通常ポイント還元率は0.33~0.50%と高くない
  • 有名なので良くも悪くも目立つ
  • 番号が15桁なので慣れないと通販等で少し使いにくい
  • 最近は一般的な会社員でも作れてしまう

バブル期にはセレブの象徴的な共通認識もあり、現在でも代表的なステータスゴールドの一角、アメックスゴールドカード。

  • 外資系なので一般的なクレジットカードと審査基準が異なる
  • 昔と比べるとだいぶハードルが下がってきている

上記の要因から、意外と一般的なサラリーマンでも手が届く鉄板ステータスカードですね。

プライオリティ・パスをはじめラグジュアリー系の特典がとにかく充実しているので、持っているだけでも生活の質が一段上がるかもしれませんね。

ちなみに「女性にモテるクレジットカードランキング」では、ゴールドカードの中で一位でした。

2.楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカードのメリット&デメリット|プライオリティ・パスで高級空港ラウンジ使い放題のコスパNo.1ゴールドカード
年会費通常10,800円
初年度10,800円
審査難易度B(審査難易度「B」について
還元率1.00%~5.00%
公式サイトhttps://www.rakuten-card.co.jp
4.22 / 5.00
オールマイティな楽天カードの二ランク上のゴールドカード。ポイント還元率と充実したサービスを見事に両立。
今なら新規入会で最大13,000円相当の
ポイントがもらえる!
20歳以上で安定収入があれば申込可能!キャンペーンをくわしくみる楽天プレミアムカード口コミ・評価はこちら
1分で分かる!
楽天プレミアムカード
  • 楽天市場等で5.0%以上の驚異的なポイント還元率
  • プライオリティパスが付帯するカードでは年会費最安
  • 国内の主要空港ラウンジももちろん無料
  • 家族カードの年会費が格安で非常にオトク
  • Edy搭載、Apple Pay利用可とキャッシュレスにも◎
  • ANAマイルを貯めるのにも適している
  • 国際ブランドを4種類から選べる
  • 楽天ブラックカードのインビテーションが届く
  • ポイントは楽天市場や楽天ペイで使えるので、交換できるアイテムは実質無限大
  • 年会費が税別10,000円かかる
  • 特典が豪華な割にステータスはそれほど高くない
  • Edyより絶対にnanaco!という人には向かない
  • 楽天ブラックカードはかなりハードルが高い

楽天カードの上位カード「楽天ゴールドカード」、そのさらに上位に位置するのが楽天プレミアムカードです。

楽天カード自体の知名度が高すぎるのでステータス性には疑問が残りますが、コスパの良さで言えば最強クラスのゴールドカードと言っていいでしょう。

プライオリティ・パスが付帯するカードの中では最も年会費が安く、楽天市場で常時5.0%のポイント還元率も異常ですね。

ポイント的なお得さと旅行特典を両立させたい人にはかなりおすすめです。

3.JCBゴールドカード

JCBゴールドカードのメリット&デメリット|ザ・プレミアや審査基準、ラウンジ、海外旅行保険など完全ガイド
年会費通常10,800円
初年度10,800円 無料
審査難易度A(審査難易度「A」について
還元率0.50%~2.50%
公式サイトhttps://www.jcb.co.jp
4.00 / 5.00
国内主要空港ラウンジや、自動付帯の旅行保険なども充実したステータスカード。格式ある一枚。
今なら新規入会で最大15,000円相当の
プレゼントがもらえる!
今ならオンライン入会で初年度年会費無料!キャンペーンをくわしくみるJCBゴールドカード口コミ・評価はこちら
1分で分かる!
JCBゴールドカード
  • JCBプロパーゴールドのステータスと信頼性
  • 自動付帯の手厚い国内&海外旅行保険
  • 国内の主要空港ラウンジを利用可
  • 海外利用はポイント2倍に(1.0%)
  • 飛行機の遅延などの補償もあり
  • ETCカードは無料、家族カードも一枚目は年会費無料で発行可
  • QUICPay一体型カードも選べる
  • 年100万円以上の利用でプライオリティパス等がつく「JCBゴールドザプレミア」にランクアップ可
  • 最短即日発行できる(翌日配達)
  • 通常ポイント還元率は0.5%と高くない(特約店は多いが還元率を重視するならJCBカードWが◎)
  • ゴールドカードらしい年会費(初年度は無料)
  • 海外では使えない地域もある

国内では代表的なゴールドカードの一枚、JCBゴールド。JCBプロパーの信頼感もあります。

アメックスゴールドと比べても遜色ない手厚い旅行保険や、健康関連の特典がとても充実しています。

2年連続で年間100万以上使うとJCBゴールドザ・プレミアにランクアップできますが、そうなるとプライオリティ・パスが付帯したりとさらに高コスパに。

ポイント還元率が数倍になる(店舗によって異なる)JCB ORIGINAL SERIESパートナーも豊富なので、ポイントも意外と貯まりやすく日常使いにもおすすめの一枚です。

4.三井住友ゴールドカード

三井住友ゴールドカードは信用力抜群!ポイント還元率や審査、追加カードなど完全ガイド
年会費通常10,800円
初年度10,800円 無料
審査難易度A(審査難易度「A」について
還元率0.50%~2.50%
公式サイトhttps://www.smbc-card.com
4.11 / 5.00
三井住友ブランドの安心と信頼。さらにゴールドカードのステータス。ポイントも意外と貯まる!
今なら新規入会で最大10,000円相当の
ポイントがもらえる!
最短3営業日、郵送なしのらくらく発行も!キャンペーンをくわしくみる三井住友ゴールドカード口コミ・評価はこちら
1分で分かる!
三井住友ゴールドカード
  • ゴールドカードの中でも社会的信用、ステータスが高い
  • 国内の主要空港ラウンジを利用可(同伴者も1名まで無料)
  • 海外、国内の旅行保険が自動付帯
  • Reluxでのホテル予約が3,000円引きor5%OFF
  • 医師や看護師など専門スタッフに健康に関する相談をいつでも無料でできる
  • ネット申込なら初年度の年会費が無料になる
  • ANAマイルや各種共通ポイントなどポイント交換先も豊富
  • iDやWAON、Apple Pay、VISA payWaveなどキャッシュレス決済も充実
  • 30歳以上限定で申し込める(20代はプライムゴールド)
  • 審査はそれなりに厳しめと言われている
  • 通常ポイント還元率は0.5%と高くない(アップするシーンはそれなりにある)
  • ETCカード、家族カードは年会費がかかる(初年度は無料)

おそらく日本人の誰が見ても「一定以上の社会的地位にいる人だな」と思うであろう、ステータス系ゴールドの代表格、三井住友ゴールドカード。

三井住友カードは国内で最も長い歴史がありながら、技術革新にも前向きでテクノロジー導入や対応スピードも非常に早いです。

三井住友ブランドの安心感と信頼性、充実したサポートを手にしたい人におすすめのゴールドカードですね。

こだわり別のおすすめゴールドカード

一口にゴールドカードと言っても、年会費無料~30,000円以上とさまざま。クレジットカードのランク(一般<ゴールド<プラチナ<ブラック)の中でも最も振れ幅が大きいと言えるでしょう。

種類も多くその特性は十人十色。

ゴールドカードを選ぶときは、目的から考えるのがおすすめです。

下記ページではこだわりごとにおすすめのゴールドカードを紹介しているので、気になるカードをじっくり比較してみてください。

コスパが◎!おすすめゴールドカード4枚を比較

多くのゴールドカードは年会費がかかりますが(10,000円前後が相場)、一部例外も。

コストパフォーマンスの高いゴールドカードは以下の3種類に分類できます。

  1. 特定の条件で年会費が無料
  2. 年会費が比較的安い
  3. 特典で年会費をペイできる

ここでは上記いずれかの条件を満たす、高コスパのおすすめゴールドカードをピックアップしてみましょう。

1.dカードゴールド

dカード GOLD(ゴールド)の特典やキャンペーン、審査をメリット・デメリットに分けて徹底解説
年会費通常10,800円
初年度10,800円
審査難易度B(審査難易度「B」について
還元率1.00%~4.00%
公式サイトhttps://d-card.jp
4.06 / 5.00
ドコモユーザー必携、人気急上昇中のゴールドカード。実はローソンで5%という圧倒的な還元率なども強み。
今なら新規入会で最大15,000円相当の
キャッシュバックがもらえる!
WEB申込→最短5分で審査完了!キャンペーンをくわしくみるdカード GOLD口コミ・評価はこちら
1分で分かる!
dカード GOLD
  • 通常1.0%、dポイント特約店で2倍以上の高還元率
  • ローソンでの利用は2%還元+3%OFF
  • dポイントが貯まるので交換先に困らない
  • ドコモのケータイと光回線の利用料が10%還元
  • 年間利用額に応じてクーポン獲得
  • 国内主要空港ラウンジを無料で利用可
  • 海外旅行保険が自動付帯、国内旅行保険は利用付帯
  • カードにiD搭載、Apple Pay等も利用可
  • 年会費は一般的なゴールドカード水準
  • ケータイ料金10%還元は全額適用ではない
  • 人気が高いためステータス性は低め
  • ドコモユーザーしか受けられない恩恵も多い
  • 家族カードは年会費あり(初年度無料)
  • 申し込めるのは20歳以上のみ

dカードゴールドは一般的なゴールドカードらしい年会費ですが、注目したいのが「ドコモのケータイ・ネット回線料金の10%還元」の特典。

ただし以下のような落とし穴もあるので注意が必要です。

  • 持っているだけで適用(ケータイ料金を支払うのは×)
  • ケータイ料金全体に対して10%還元ではない

家族みんなでドコモのケータイを利用している等の条件であれば、10%還元の特典だけで年会費を十分にペイできる可能性があります。

ポイント還元率も高い上にゴールドカードらしい特典も豊富なので、年会費で大きく損をしないのであれば高コスパでおすすめの一枚ですね。

2.楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカードの年会費や審査基準、特典やデメリット、口コミ情報など完全ガイド
年会費通常2,160円
初年度2,160円
審査難易度C(審査難易度「C」について
還元率1.00%~5.00%
公式サイトhttps://www.rakuten-card.co.jp
4.17 / 5.00
魅力はそのままに、年会費無料の楽天カードにはないゴールドカードならではの特典がたくさん。
今なら新規入会で最大9,000円相当の
ポイントがもらえる!
24時間スマホでも申し込み可!キャンペーンをくわしくみる楽天ゴールドカード口コミ・評価はこちら
1分で分かる!
楽天ゴールドカード
  • 楽天市場などで5.0%という驚異的なポイント還元率になる
  • 国内の主要空港、ハワイ&韓国の空港ラウンジを無料で利用できる
  • ETCカードの年会費が無料になる
  • 年会費の割に海外旅行保険の補償額が大きい
  • Edy搭載、Apple Pay利用可とキャッシュレスにも◎
  • ANAマイルを貯めるのにも適している
  • ポイントは楽天市場や楽天ペイで使えるので、交換できるアイテムは実質無限大
  • 年会費が税別2,000円かかる
  • ゴールドカードの中では比較的ステータスは低め
  • 券面がややピンクゴールド寄りなので人を選ぶデザイン
  • 家族カードの年会費が楽天プレミアムカードと同じ
  • Edyより絶対にnanaco!という人には向かない

楽天カードの一つ上位の楽天ゴールドカードは、ステータス性こそあまりないものの実益の高いクレジットカード。

しばしば楽天カードとどっちが得か?と比較されるので、主な違いを見てみましょう。

楽天カード楽天ゴールドカード
年会費無料2,160円
楽天市場でのポイント還元率3%5%
空港ラウンジ利用不可国内28ヶ所
海外ハワイ・韓国の2ヶ所
利用限度額100万円200万
紙の利用明細82円無料
ETCカード年会費540円無料
券面シルバーゴールド

楽天市場でのポイント還元率が2.0%アップするので、月平均9,000円以上を楽天市場で使う場合は楽天ゴールドカードの方がお得になります。

ETCカードを使う、国内旅行でラウンジを利用する機会がある人には尚更おすすめです。

3.MUFGカードゴールド

MUFGカードゴールドは年会費たったの1,905円!ポイントや審査、追加カード、使い方など完全ガイド
年会費通常2,057円
初年度2,057円 無料
審査難易度C(審査難易度「C」について
還元率0.47%~0.50%
公式サイトhttp://www.cr.mufg.jp/
3.67 / 5.00
格安ゴールドカードの代表格。高コスパで充実のサービスを手に入れたい方に◎。
今なら新規入会で最大8,000円相当の
グローバルポイントがもらえる!
オンライン入会なら最短翌営業日発行!キャンペーンをくわしくみるMUFGカードゴールド口コミ・評価はこちら
1分で分かる!
MUFGカードゴールド
  • 年会費が安いゴールドカード(しかも初年度無料)
  • 国内数カ所の空港ラウンジを無料で利用可
  • 海外旅行保険が自動付帯、国内旅行保険は利用付帯
  • 三菱東京UFJ銀行のATM手数料が優遇
  • 年間利用額に応じてボーナスポイントも
  • 中国ではマストな銀聯カード発行可
  • 国際ブランドを3種類から選べる
  • Apple Pay等も利用可
  • 基本ポイント還元率は約0.5%と高くない
  • ポイントの交換先は豊富だがレートは低め
  • 家族カードは年会費あり(一枚目&初年度無料)
  • ステータスはあまり高くない

ゴールドカードながら年会費が税別1,905円(しかも初年度無料)、いわゆる格安ゴールドカードの代表格がMUFGカードゴールドです。

ポイント還元率は低めですが、自動付帯の海外旅行保険もあり「お守り」の側面はハイコスパで優秀ですね。

三菱東京UFJ銀行のATM手数料だけでも、年会費をペイしてお得になる人も少なくないかもしれません。

最短翌日発行と早いので、海外旅行や出張を控えているタイミングで申し込むのもおすすめです。

4.エポスゴールドカード

エポスゴールドカードのインビテーション条件は?還元率や特典、空港ラウンジもメリット・デメリットで解説
年会費通常5,000円
初年度5,000円
審査難易度C(審査難易度「C」について
還元率0.50%~1.50%
4.33 / 5.00
招待or年50万以上の利用で年会費ずっと無料。最大還元率1.5%でポイント有効期限もないハイスペックゴールド。
エポスゴールドカード口コミ・評価はこちら
1分で分かる!
エポスゴールドカード
  • ポイントの有効期限がなくなる(通常2年)
  • 豊富な種類からポイント3倍の店舗を3つ決められる
  • 年間利用額に応じてボーナスポイント(実質還元率は最大1.5%)
  • 全国10,000店舗以上でポイントアップや割引
  • 海外旅行保険が自動付帯
  • 国内主要空港ラウンジが無料
  • Apple PayやGoogle Pay、楽天ペイも利用可
  • 通常ポイント還元率は0.5%と高くない
  • 年会費5,000円(年50万以上使えば以降ずっと無料/またはエポスカードからの招待なら無料)
  • 家族カードは発行不可(家族に紹介して年会費無料でゴールド発行は可)
  • 国内旅行保険は付帯されない
  • ANA、JAL両マイルに交換できるがレートは低め(約50%)
  • 国際ブランドはVISAのみ(世界中で使える)

エポスカードを年間50万円以上使うことでインビテーションが届き、招待経由の発行なら年会費無料になるゴールドカード。

ポイントの無期限化、還元率1.5%の店舗を3つ選べる、全国10,000店舗以上で優待、国内の主要空港ラウンジ、自動付帯の海外旅行保険などなど至れり尽くせりなクレジットカードですね。

年会費無料だと驚異的なコスパの高さなので、まずはエポスカードから育てるのがおすすめ。

ここでは省きましたが、マイルが貯まりやすいゴールドカードにもコスパが高いカードはあります。

学生に◎!おすすめクレジットカード4枚を比較

スマホアプリ、動画サービス、決済のキャッシュレス化…ネット社会の今、学生でもクレジットカードが必要なシーンは多いですよね。

プリペイドカード等で代用することはできますが、やはり一人前の日本人として一枚はクレジットカードも持っておきたいところでもあります。

ここでは学生におすすめのクレジットカードをいくつかピックアップしてみましょう。

1.三井住友デビュープラス

三井住友デビュープラスカードは若者におすすめ!追加カードや審査基準などまとめ
年会費通常1,350円
初年度1,350円 無料
審査難易度F(審査難易度「F」について
還元率1.00%~2.50%
公式サイトhttps://www.smbc-card.com
4.00 / 5.00
18歳~25歳までの若者限定のVISAカード。初めてのクレジットカードなら、安心・安全なカード。
今なら新規入会で最大8,000円相当の
ポイントがもらえる!
キャンペーンをくわしくみる三井住友デビュープラス口コミ・評価はこちら
1分で分かる!
三井住友デビュープラス
  • 18~25歳限定なので属性が弱くても作れる見込みは十分
  • ポイント還元率が通常カードの2倍と高い(1.00%~)
  • ポイントUPモール経由の買い物で最大20倍のポイント
  • 年一回以上使えば翌年度無料、実質年会費無料カード
  • 最短3営業日のスピード発行
  • 満26歳で三井住友VISAプライムゴールド、満30歳で三井住友ゴールドとステータスアップの道筋が明確
  • ANAマイルや各種共通ポイントなどポイント交換先も豊富
  • 旅行保険が付帯されないので、特に海外に行く場合は旅行保険付帯のカードと二枚持ちが◎
  • ETCカードや家族カードは、二年目以降は年に一度も使わないと年会費がかかる
  • 26歳からは別カードに変わってしまう

三井住友デビュープラスは18歳~25歳限定、学生や新社会人をターゲットにしたクレジットカードです。

基本ポイント還元率は1.0%と三井住友クラシックの2倍、セブンイレブンやローソン、ファミマでは2.0%とかなりの高還元率ですね。

支払いの延滞せずにコツコツとクレヒスを積めば、26歳でヤングゴールドカード「三井住友VISAプライムゴールド」、さらに30歳で「三井住友ゴールドカード」にランクアップも。

三井住友ゴールドカードは申し込めるのが30歳からなので、最短であのハイステータスゴールドカードを発行できることになります。

2.学生専用ライフカード

学生専用ライフカードのメリット&デメリット|海外旅行保険やキャッシュバック、審査、キャンペーンなど完全ガイド
年会費通常無料
初年度無料
審査難易度G(審査難易度「G」について
還元率0.50%~1.00%
公式サイトhttp://www.lifecard.co.jp
4.00 / 5.00
学生生活を強力サポートするカード。お得で安心なサービスが満載。キャッシュバックサービスも。
今なら新規入会で最大16,500円相当の
ポイントがもらえる!
オンライン申込が4STEPで簡単!キャンペーンをくわしくみる学生専用ライフカード口コミ・評価はこちら
1分で分かる!
学生専用ライフカード
  • 海外ショッピングで驚愕の5%キャッシュバック
  • 年会費無料ながら海外旅行保険が自動付帯
  • 誕生月はポイント還元率が3倍、それ以外も初年度は1.5倍
  • L-Mall経由の買い物で最大25倍のポイント還元
  • ポイント有効期限が最大5年と長く、ANAマイルやAmazonギフト券にも交換可能
  • 学生専用カードなので学生でも審査の不安が低い
  • 通常ポイント還元率は0.5%と高くない(利用額に応じて1.0%まで上昇)
  • 家族カードを発行できない
  • ETCカードは無料だがポイント還元がない
  • 学生なら申し込めるが、未成年は親権者の同意が必要
  • 利用限度額は比較的低めの設定

名前のとおり、大学生や専門学生など「学生」専用のクレジットカード。(18歳~25歳限定)

年会費無料ながら海外旅行保険が自動付帯し、海外での利用は5%キャッシュバックされるという強烈なメリットを持っている一枚です。

ライフカード特有の誕生月ポイント3倍、初年度1.5倍、L-Mall経由のネット通販で最大25倍と、ポイントの貯まりやすさにも定評があります。

海外旅行や留学を検討している学生に特におすすめできるクレジットカードですね。

3.セゾンブルーアメックス

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは20代前半の海外旅行好きに特におすすめ!ポイントや保険、審査スピードも◎
年会費通常3,240円
初年度3,240円 無料
審査難易度E(審査難易度「E」について
還元率0.50%~1.00%
公式サイトhttps://www.saisoncard.co.jp
3.80 / 5.00
25歳以下なら年会費無料!ゴールドカード並の旅行保険が自動付帯など、高コスパの一枚。
今なら新規入会で最大6,000円相当の
永久不滅ポイントがもらえる!
最短3営業日で発行!キャンペーンをくわしくみるセゾンブルーアメックス口コミ・評価はこちら
1分で分かる!
セゾンブルーアメックス
  • 25歳以下は年会費無料(通常3,240円)
  • ネット申込→来店で最短即日発行
  • ゴールドカード並の海外旅行保険が自動付帯
  • 海外での利用は還元率が2倍
  • 有効期限がない永久不滅ポイントが貯まる
  • 使える電子マネーが豊富、Apple Payも利用可
  • ETCカードを無料で発行できる
  • 通常ポイント還元率は0.5%と高くない
  • 家族カードの年会費が1,080円と少し高め
  • 26歳以上は年会費がかかる(無料で自動付帯の海外旅行保険が目当てならエポスカードが◎)
  • ANA、JAL両マイルに交換できるがレートは低め
  • VISAやMasterCardと比べると世界中での決済力は低め
  • 即日発行の場合はICチップなしのカード

一般カードの中では年会費が高めの、クレディセゾンとアメックスの提携カード。しかし、25歳以下なら年会費が無料になります。

アメックスカードでお馴染みの「百人隊長」が大きく描かれていて、券面のカラーも独特な一枚ですね。

ゴールドカードと同レベルの海外旅行保険が自動付帯するので、お守りカードとしても◎。

セゾンブルアメックスも、海外旅行や留学を検討している学生におすすめのクレジットカードです。

4.JCB CARD EXTAGE

JCB CARD EXTAGEのメリット&デメリット
年会費通常無料
初年度無料
審査難易度F(審査難易度「F」について
還元率0.50%~2.50%
公式サイトhttps://www.jcb.co.jp
4.00 / 5.00
学生や20代の方向けのカード。JCB一般カードよりポイント還元率も高く、初めての一枚としては十分な機能。
デザインも4種類から選べる!公式サイトはこちらJCB CARD EXTAGE口コミ・評価はこちら

学生専用ではないですが、18歳~29歳限定の若者向けクレジットカードです。

JCBカードWと比べると見劣りはしますが、新規入会後3ヶ月はポイント3倍、その後は入会1年までポイント1.5倍に。

入会5年後の初回更新時には自動的にJCB一般カードへランクアップします。

明確な強みの薄いクレジットカードですが、JCBプロパーを育てていきたい&海外旅行好きな人は発行を考えてもいいかもしれません。

その他の学生におすすめのクレジットカード

ここまでは「学生や若者なら特別なメリットを享受できるおすすめカード」をピックアップしましたが、特別扱いはなくても以下のクレジットカードもやはりおすすめできます。

楽天カードは高還元率でお得!メリット&デメリットを徹底解説楽天カード

年会費無料、買い物する度ポイントがどんどん貯まって使い道も無限大。圧倒人気のオールマイティカード。

今なら新規入会で
最大7,000円相当のポイント!
公式:https://www.rakuten-card.co.jp

ステータスはないものの、やはり高いポイント還元率は魅力的。学生という属性でも十分に審査通過できます。

JCB CARD WはAmazon高還元率!plus Lの違い、キャンペーンや審査もメリット・デメリットに分けて解説JCB CARD W

JCBオリジナルシリーズの最新作。年会費無料×高いポイント還元率を実現した、WEB申し込み限定プロパーカード。

今なら新規入会で
最大13,000円相当のプレゼント!
公式:https://www.jcb.co.jp

比較的新しいからこそ、従来のJCBプロパーにはない「ポイント還元率」という大きな強みを持つ一枚。39歳以下なら申し込み可能です。

エポスカードのメリット・デメリットエポスカード

年会費無料で海外旅行保険が自動付帯、全国10,000以上の店舗で割引やポイントアップも。

今なら新規入会で
最大5,000円相当のエポスポイント!
公式:https://www.eposcard.co.jp

くわしくは次項の「海外旅行のお供に◎!おすすめクレジットカード」でご紹介しますが、エポスカードも学生でも持てる上に、メリットの大きな年会費無料カードです。

イオンカードセレクトは主婦層からの支持が厚い大人気カード!メリット&デメリットを徹底解説イオンカードセレクト

銀行キャッシュカードとクレジットカード、電子マネーWAONが一枚に。あらゆるシーンでオトクなカード。

今なら新規入会で
最大6,000円相当のときめきポイント!
公式:http://www.aeon.co.jp/creditcard

通常ポイント還元率は低めですが、イオンによく行く一人暮らしの学生さんにおすすめのクレジットカードです。

イオンシネマやUSJにはミニオンがおすすめ!
イオンカードセレクトはミニオンズデザインも人気です。USJでポイント10倍、イオンシネマでの割引などエンタメ系特典も充実しています。
dカードは通常1.0%の高還元率でdポイントが貯まるクレジットカード!審査や特徴まとめdカード

ローソンで3%OFF+2%ポイント付与のオトクなカード。docomoユーザーならケータイ補償サービスも。

今なら新規入会で
最大8,000円相当のキャッシュバック!
公式:https://d-card.jp

ローソンでポイント2%+3%OFFなので、学校や自宅の近くにローソンがあり、毎月3,000円以上使うなら節約にも◎です。docomoユーザーならさらにおすすめ。

クレジットカードに関する不安を持つ学生さんへ
クレジットカードの作り方や限度額、在籍確認の電話、卒業後、奨学金などなど…不安を持つ学生さんは以下のページをご覧ください。

ステータスが欲しい学生におすすめのゴールドカードは?

新入生歓迎会やサークルの飲み会、恋人とのデートetc…

「人とどこかに行って決済をするから、学生と言えどステータスを発揮してカッコイイところを見せたい!」と思う場合もあるでしょう。

そんなときは、ゴールドカードなら一般的な学生でも選択肢があります。

くわしくは下記記事をご覧ください。

海外旅行のお供に◎!おすすめクレジットカード4枚を比較

未知に出会うワクワク感、のんびりとした非日常。一方で、海外では日本の常識が通じずさまざまな危険も隣り合わせです。

しかしクレジットカードのサービスを使いこなすことで、「安心」「快適」「お得」の3つの側面から旅をグレードアップできます。

ここでは特に「安心」と「お得」に焦点を当て、海外旅行のお供におすすめのクレジットカードをまとめてみました。

1.エポスカード

エポスカードのメリット・デメリット
年会費通常無料
初年度無料
審査難易度F(審査難易度「F」について
還元率0.50%~1.25%
公式サイトhttps://www.eposcard.co.jp
4.23 / 5.00
年会費無料で海外旅行保険が自動付帯、全国10,000以上の店舗で割引やポイントアップも。
今なら新規入会で最大5,000円相当の
エポスポイントがもらえる!
高校生を除く満18歳以上なら申し込み可!キャンペーンをくわしくみるエポスカード口コミ・評価はこちら
1分で分かる!
エポスカード
  • 年会費無料ながら海外旅行保険が自動付帯
  • 店舗受取なら最短即日発行できる
  • マルイの年4回開催されるセールで10%OFF
  • 全国10,000店舗以上でポイントアップや割引
  • キャッシングサービスが充実
  • 審査基準はやさしめ(学生や主婦も可)
  • たまるマーケット経由のネット通販でポイント最大30倍
  • Apple PayやGoogle Pay、楽天ペイも利用可
  • 通常ポイント還元率は0.5%と高くない
  • 家族カードは発行不可
  • ステータス性はない
  • 国内旅行保険は付帯されない
  • ANA、JAL両マイルに交換できるがレートは低め(約50%)
  • 郵送の場合は届くまで一週間程度
  • 国際ブランドはVISAのみ(世界中で使える)

年会費無料ながら自動付帯の海外旅行保険がうれしい代表的なクレジットカード。

通常ポイント還元率は高くありませんが、全国10,000店舗以上でポイントアップや10%単位の割引もたくさんあり、エポスカードでしか得られないオトクさがあります。

海外旅行保険は自動付帯なら補償額を合算できるので(一部項目を除く)、海外旅行好きならサブカードに持っておいて損はない一枚でしょう。

海外キャッシングも金利やATM手数料がオトクなので、まさに海外旅行のお供に最適ですね。

2.イオンJMBカード

イオンJMBカードは年会費無料で直接マイルが貯まる!特典、審査基準、デメリットなど完全ガイド
年会費通常無料
初年度無料
審査難易度D(審査難易度「D」について
還元率0.50%~1.00%
公式サイトhttp://www.aeon.co.jp/creditcard
3.67 / 5.00
JALマイレージバンクとWAONの機能が一枚に。マイルも貯まる飛行機の搭乗もスムーズなカード。
今なら新規入会で最大3,000円相当の
WAONがもらえる!
キャンペーンをくわしくみるイオンJMBカード口コミ・評価はこちら

年会費無料でJALマイルが直接貯まる稀有なクレジットカード。(JAL普通カードでも税別2,000円)

毎月10日はイオングループ店舗で200円で5マイル、つまり2.5%という圧倒的なJALマイル還元率に。

海外旅行好きならMasterCardブランドが特に◎。海外の対象加盟店での決済で0.5%のボーナスが付きます。

イオンによく行く人は一枚持っておくのもおすすめです。毎日の食費でコツコツJALマイルを貯めて、特典航空券で豪華に家族旅行…というのも人生の質を高めてくれますね。

3.REX CARD

REX CARD(レックスカード)は1.25%と驚異の高還元率!おすすめポイントやデメリットまとめ
年会費通常無料
初年度無料
審査難易度D(審査難易度「D」について
還元率1.25%~1.50%
公式サイトhttp://www.jaccs.co.jp
3.00 / 5.00
REX CARDの還元率は国内最高水準の1.25%で、一般的なカード(還元率:0.5%)の2.5倍。
今なら新規入会で最大5,000円相当の
Jデポがもらえる!
18歳以上(高校生を除く)なら申し込み可!キャンペーンをくわしくみるREX CARD口コミ・評価はこちら
1分で分かる!
REX CARD
  • 通常ポイント還元率が1.25%と非常に高い
  • 貯めたポイントは1:1で請求値引きに使える
  • ネット通販なら1.75%以上の還元率も可能
  • 年会費無料ながら海外旅行保険が自動付帯
  • Apple PayやGoogle Pay、楽天ペイなども利用可
  • 家族カードやETCカードも無料で発行可
  • 券面がシンプルでかっこいいと評判
  • ポイントの使い道が限られている
  • ANAマイルへ交換できるがレートは低い
  • ポイントは月利用額に対して2,000円ごとに付与(最大1,999円分はポイントが付かない)
  • 実店舗の優待、旅行系サービス等はない
  • ランクアップ先の上位カードがない
  • 電子マネー連携でも楽天カードオリコカードザポイントに分がある

1.25%とトップレベルの通常ポイント高還元率で、キャッシュバックがオトクなクレジットカード。

実は旅行保険も非常に優秀で、「年会費無料ながら自動付帯の海外旅行保険+利用付帯の国内旅行保険」が付帯するレアな特性を持っています。

普段使いでもオトクですが、特に旅行する機会の多い人は持っておくのもおすすめです。

4.三井住友VISAアミティエ

三井住友VISAアミティエカードのメリット&デメリット
年会費通常1,350円
初年度1,350円
審査難易度D(審査難易度「D」について
還元率0.50%~2.50%
公式サイトhttps://www.smbc-card.com
3.67 / 5.00
女性向けの“至れり尽くせり”なカード。充実した国内外旅行保険・ショッピング保険等が魅力。
今なら新規入会で最大8,000円相当の
ポイントがもらえる!
キャンペーンをくわしくみる三井住友 VISAアミティエ口コミ・評価はこちら
1分で分かる!
三井住友 VISAアミティエ
  • ネット申込なら初年度の年会費が無料になる
  • 学生は在学中はずっと年会費無料
  • 携帯料金の支払いでポイント2倍(1.0%になる)
  • ポイントUPモール経由の買い物で最大20倍のポイント
  • ANAマイルや各種共通ポイントなどポイント交換先も豊富
  • iDやWAON、Apple Payなどキャッシュレス決済にも強い
  • 海外、国内旅行保険が自動付帯(三井住友クラシックよりも充実)
  • 基本ポイント還元率は0.5%と低め
  • よく理解せずにリボ払いの罠に陥りやすい
  • ETCカードは、二年目以降は年に一度も使わないと年会費がかかる(初年度は無料)
  • 券面デザインも女性向けなので男性には向かない

三井住友クラシックの女性向けバージョンという立ち位置のクレジットカード、アミティエカード。

年会費は1,350円かかりますが、ネット申込なら初年度無料、学生なら在学中はずっと無料。

上限補償額はやや小さめですが、海外旅行保険と国内旅行保険が両方とも自動付帯します。(三井住友クラシックは利用付帯の海外旅行保険のみ)

海外旅行を快適&豪華にしたい人におすすめのクレジットカードは?

  • 旅行保険やキャッシング⇒海外旅行に「安心」を
  • カード決済やマイル⇒海外旅行を「お得」に

さらにそこにクレジットカードでプラスできるのが、空港やホテルなどの旅行系サービスによる「快適」さ。

空港ラウンジ等はラグジュアリー系サービスに分類されるので、基本的にはハイステータスカードほど付帯されています。

以下のページでは世界中の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」が付帯するクレジットカードを一覧形式でまとめています。

プライオリティ・パス=世界中の豪華な空港ラウンジを利用できる会員制サービス

興味がある方はぜひチェックしてみてください。

マイル還元率◎!おすすめクレジットカード4枚を比較

旅行が好きなら絶対に貯めたいのが航空会社のマイル。

人生の旅行機会に直接かかわるため、貯めている人と貯めていない人では大きくQOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)が変わると言えるでしょう。

JALマイル、ANAマイルでそれぞれ貯まりやすいクレジットカードは異なるため、どちらを貯めたいか決まっている人は下記の記事をご覧ください。

マイル×クレジットカードのおすすめ記事

ここではJAL、ANAいずれかのマイル還元率が高いおすすめのクレジットカードを何枚かピックアップしました。特徴を比較してみましょう。

1.SPGアメックス

SPGアメックスカードのメリット&デメリット
年会費通常33,480円
初年度33,480円
審査難易度A(審査難易度「A」について
還元率1.00%~1.25%
公式サイトhttps://www.americanexpress.com
4.22 / 5.00
高級ホテルとアメックスが提携した、多彩な特典が光るステータスカード。JALマイラーにも◎。
今なら新規入会で最大30,000円相当の
ポイントがもらえる!
この一枚を持つだけで生活がランクアップ!キャンペーンをくわしくみるSPGアメックスカード口コミ・評価はこちら
1分で分かる!
SPGアメックスカード
  • スターウッドホテル&リゾートのゴールド会員資格を取得可能
  • 次年度以降、継続する度に無料宿泊特典をもらえる
  • ポイントの有効期限がない
  • ANAJAL両マイル還元率が非常に高い
  • 手厚い海外旅行保険が自動付帯
  • 空港送迎サービスなど、旅行系特典も豊富
  • 年会費が高め(元を取るのは難しくない)
  • プライオリティパスは付帯されない
  • ステータスカードとしての認知度は高くない
  • アメックスゴールド系の特典で使えないものもある(招待日和など)
  • 海外の地域によっては使えない場合もある

正式名称は「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード」。(長いのでSPGアメックスと略されます。)

高級ホテルグループとアメックスが提携したカードなので、持っているだけで「スターウッドホテル&リゾート」の上級会員になれる上に、利用継続の度には無料宿泊特典がもらえたりと至れり尽くせりのプラチナ相当カードです。

特典は豊富すぎてとても紹介しきれませんが、ANA/JALの両マイルも通常1.00%、まとめて交換すると最大1.25%もの還元率になり、凄まじくマイルを貯めやすい一枚

使いこなせばとてつもなくお得感があるので、旅好きな方は一度チェックしてみるのがおすすめです。

2.セゾンプラチナ・ビジネスアメックス

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのメリット&デメリット
年会費通常21,600円
初年度21,600円 無料
審査難易度AA(審査難易度「AA」について
還元率0.75%~1.00%
公式サイトhttps://www.saisoncard.co.jp
3.43 / 5.00
法人用ビジネスカードとしても、個人のJALマイル用カードとしても超優秀なプラチナカード。
今なら新規入会で最大9,000円相当の
永久不滅ポイントがもらえる!
招待不要でいきなりステータスカード!キャンペーンをくわしくみるセゾンプラチナビジネスアメックス口コミ・評価はこちら
1分で分かる!
セゾンプラチナビジネスアメックス
  • コスパもステータスも高いプラチナカード
  • JALマイルを貯めるカードとしても驚異的
  • 法人代表者や個人事業主だけでなく、会社員でも発行可
  • 士業の顧問や会計ソフトの優待などが充実
  • プライオリティパスが付帯、国内主要ラウンジも無料
  • 24時間コンシェルジュサービスも付帯
  • 有効期限がない永久不滅ポイントが貯まる
  • 最大1億円の手厚い海外旅行保険が自動付帯(国内旅行保険は利用付帯)
  • 使える電子マネーが豊富、Apple Payも利用可
  • 特典を使いこなせないと損をする
  • 通常ポイント還元率は0.75%高くはない(JALマイルに限れば1.125%と驚異的)
  • 招待不要のためプラチナカードの中ではステータスは低め
  • 家族カードは年会費あり(ETCカードは無料)
  • ステータスカードだが知名度は高くない
  • VISAやMasterCardと比べると世界中での決済力は低め

法人用のビジネスカードですが、個人でも発行できるプラチナカード。

弁護士相談や会計ソフトの優待などのビジネス系特典も多いですが、実はJALマイルを貯めるクレジットカードとしても超ハイポテンシャルな一枚です。

通常JALマイル還元率は1.125%、マイル自体が1マイル=2~4円の価値があると言われているので、実質的な還元率は計り知れないですね。

マイルを貯めたい法人代表者は持っておいて損のない、おすすめのクレジットカード。

3.ANAワイドゴールドカード

ANAワイドゴールドカードのメリット&デメリット
年会費通常15,120円
初年度15,120円
審査難易度A(審査難易度「A」について
還元率1.00%~2.00%
公式サイトhttps://www.ana.co.jp
4.00 / 5.00
ANA ワイドカードの機能に加え、マイル換算率が他のカードに比べて高いことが魅力の一枚。
今なら新規入会で最大10,000マイルがもらえる!
キャンペーンをくわしくみるANA ワイドゴールド口コミ・評価はこちら
1分で分かる!
ANA ワイドゴールド
  • ANAゴールドカードの中で最高のマイル還元率(1.6%)
  • リボ登録で年会費を9,500円に抑えられる
  • フライトボーナスマイルが25%と高め(ANAアメックスゴールドは40%)
  • カード継続で毎年2,000マイルもらえる
  • SFC修行すればANA上級会員資格をゲットできる
  • フライトマイルに強みがあり陸マイラーには不向き
  • 海外旅行保険付帯だが、補償額は少なめ
  • 審査はそれなりに難しいと言われている
  • 家族カードとETCカードを追加できるが、年会費は有料

ANAマイルを貯めるなら最強のクレジットカード」と評されることも多い、ANAワイドゴールドカード。

基本マイル還元率も1.0%と高いですが、裏ワザを駆使すると最大1.6%に。継続ボーナスやフライトの25%ボーナスマイルも魅力的です。

ANA上級会員資格を得られるカード「スーパーフライヤーズカード(SFC)」取得目的にANA便を多用する、通称「SFC修行」をする人たちにも愛される一枚ですね。

4.JALアメックスCLUB-Aゴールド

JAL アメリカン・エキスプレス・カード CLUB-Aゴールドカードのメリット&デメリット
年会費通常20,520円
初年度20,520円
審査難易度A(審査難易度「A」について
還元率1.00%~2.00%
公式サイトhttps://www.jal.co.jp/jalcard/
3.75 / 5.00
フライトや日常の買い物でマイルを貯められ、貯めたマイルは、様々な特典と交換できる。
今なら新規入会で最大8,550マイルがもらえる!
キャンペーンをくわしくみるJALアメックスゴールド口コミ・評価はこちら

通常JALマイル還元率1.0%、JALグループ航空券の購入などでは3.0%と驚異的な還元率を誇るクレジットカード。

JAL普通カードは基本還元率0.5%、年会費別途3,000円(税別)で「ショッピングマイルプレミアム」」に加入すると1.0%ですが、JALアメックスCLUB-Aゴールドなら無料で自動入会します。

国内の主要空港ラウンジやハワイの一部空港ラウンジを利用でき、手厚い旅行保険もあるので、「旅用クレジットカード」としておすすめです。

安めの年会費でマイルを貯めたい人におすすめのクレジットカード

前項まででピックアップしたマイル高還元率カードは、いずれもステータスカード。

マイルを貯めたいけどいきなり高い年会費はなぁ…」という人には、以下のようなクレジットカードがおすすめです。

ANA To Me CARD PASMO JCB

ソラチカカード(ANA TO Me CARD PASMO JCB)のメリット&デメリット|審査基準やキャンペーンなど完全ガイドANA To Me CARD PASMO JCB

飛行機も地下鉄メトロもカード1枚で。マイルの貯まりやすさは鉄道系カードではトップクラス。

今なら新規入会で
最大37,100円相当のマイル相当!
公式:https://www.ana.co.jp

通称「ソラチカカード」として、多くの陸マイラーに愛用されているクレジットカードです。

単体でもPASMOオートチャージでポイントを貯めてANAマイルに交換、など使い勝手の良いカードですが、真価は別のところにも。

ソラチカカードを持っていることで、ポイントサイトで貯めたポイントを効率よくANAマイルに交換できるという特徴があります。

マメな人はポイントサイト系陸マイラーを目指してみてもいいかもしれませんね。

JAL普通カード

JAL普通カードのメリット&デメリット|年会費格安で還元率◎マイラー初心者におすすめJAL普通カード

フライトでも買い物でもザクザク。JALマイルを貯めよう!と思ったら持っておきたい一枚。

今なら新規入会で
最大2,050マイル!
公式:https://www.jal.co.jp/jalcard/

JALマイルを貯めるなら定番のクレジットカード。JAL公式なので素直に貯まりやすいベーシックにお得な一枚ですね。

JMB会員証を兼ねているので、「これからJALマイルを貯めてみようかな」という人はまずはこのカードを発行してみるのもおすすめ

使い方も奥が深いので、飽きずに長く愛用できるクレジットカードと言えるでしょう。

楽天カード

楽天カードは高還元率でお得!メリット&デメリットを徹底解説楽天カード

年会費無料、買い物する度ポイントがどんどん貯まって使い道も無限大。圧倒人気のオールマイティカード。

今なら新規入会で
最大7,000円相当のポイント!
公式:https://www.rakuten-card.co.jp

ポイント還元率が高いことでお馴染みの楽天カードですが、楽天スーパーポイントは実はANAマイルにも交換できます。

交換レートは50ポイント⇒25ポイントなので半分になるものの、そもそも楽天カードは楽天市場で3.0%。

上手に使えばかなりの高還元率でANAマイルを貯めることも可能です。

オリコカードザポイント

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)はAmazon派に◎!キャンペーンなど徹底解説Orico Card THE POINT

年会費無料×高還元率。サービスよりもポイント還元率に強みのある、iDとQUICPayをダブル搭載した稀有な一枚。

今なら新規入会で
最大8,000円相当のポイント!
公式:https://www.orico.co.jp/

ネットショッピングに強く、Amazonでも楽天でも2.0%以上のポイント還元率を実現できるオリコカードザポイント。

オリコポイントは交換先が非常に豊富で、ANAマイル&JALマイル両方に交換できます。(しかも移行手数料なし)

ANAマイルJALマイル
1,000ポイント⇒600マイル1,000ポイント⇒500マイル

ポイント有効期限は1年間と短めなので大量のマイルを貯めるのは難しいですが、ネット通販用として持ち、ポイントの一部をマイルの足しに…という使い方は本当におすすめです。

審査が不安な方向け!おすすめクレジットカード4枚を比較

クレジットカードの審査難易度は、発行会社やランク・券種によって異なります。

安定した収入があり、クレヒス(クレジット履歴)に傷がなければ通るカードは多いですが、「どうしても通らない…」という人は以下の4枚のクレジットカードがおすすめです。

1.ライフカードCh(有料)

ライフカードCh(有料)はブラック状態でも審査に通るって本当?審査基準やメリット・デメリットなど完全ガイド
年会費通常5,400円
初年度5,400円
審査難易度G(審査難易度「G」について
還元率0.50%~1.50%
公式サイトhttp://www.lifecard.co.jp
3.79 / 5.00
独自の審査基準で一人ひとり個別に審査!クレヒスに問題があっても発行できる可能性あり。
審査に不安があっても申し込む価値アリ!公式サイトはこちらライフカードCh(有料)口コミ・評価はこちら
1分で分かる!
ライフカードCh(有料)
  • 審査に不安がある人でも一人ひとり個別に独自審査
  • 誕生月は還元率3倍(1.5%)、それ以外も初年度1.5倍
  • 弁護士に無料相談できるサービス付帯
  • 海外、国内旅行保険が自動付帯
  • ポイント有効期限が最大5年と長く、ANAマイルやAmazonギフト券にも交換可能
  • L-Mall経由の買い物で最大25倍のポイント還元
  • Apple PayやGoogle Payも利用可
  • 年会費が5,000円かかる(一般カードとしては高め)
  • 当サイトデータでは審査通過率が最も低い(10万円の保証金を預けられるならデポジット型がおすすめ)
  • 初年度の年会費はカード受け取り時に代引きで支払う
  • ETCカードはポイント還元なし
  • キャッシング機能なし
  • 利用限度額が比較的低め
  • 通常ライフカードと異なり国際ブランドはMasterCardのみ

延滞経験があっても個別に考慮してくれる、最後の砦とも言えるクレジットカード。ブラック状態の人でも通った事例があります。

年会費無料のライフカードの特典をパワーアップしたものなので、特典の豊富さも申し分ない一枚ですね。

2.ACマスターカード

ACマスターカードの審査に落ちる人の特徴やデメリットを徹底解説!
年会費通常無料
初年度無料
審査難易度G(審査難易度「G」について
還元率0.00%~0.00%
公式サイトhttps://www.acom.co.jp
3.78 / 5.00
審査に自信がない人でも可能性がある独自審査。最短30分の審査で土日でも即日発行できる唯一のカード。
ネット申込→最短30分審査→即日受取可!公式サイトはこちらACマスターカード口コミ・評価はこちら
1分で分かる!
ACマスターカード
  • 他カードに落ちても可能性がある独自審査
  • 審査結果は最短30分とかなりスピーディ
  • 全国各地の自動契約機で最短即日発行
  • 公式サイト「3秒診断」で見込みがわかる
  • 券面がシンプルでアコムとはわからない
  • MasterCardブランドで世界中で利用可
  • ポイントは一切貯まらない
  • 家族カードやETCカードは発行不可
  • 在籍確認の電話あり(本人以外にはアコムと名乗らない)
  • 支払い方法はリボ払いのみ
  • Apple PayやGoogle Payは使えない
  • 人に見せづらいカード

消費者金融のアコムが発行するクレジットカード。一般的なクレジットカードと審査基準が異なるため、他カードで落ちた人にも可能性があることで知られています。

クレジットカードとしての特典はほぼ皆無ですが、20歳以上で安定した収入があれば申し込みでき、全国の無人発行機で即日発行もできます。

券面は「MasterCard」と大きく書かれているだけなので、持っている人でもない限り「アコムのクレカだ…」とはならないでしょう。

3.セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナルのメリット&デメリット
年会費通常無料
初年度無料
審査難易度F(審査難易度「F」について
還元率0.50%~1.00%
公式サイトhttps://www.saisoncard.co.jp
4.00 / 5.00
年会費無料で初めての一枚にも◎。永久不滅ポイントをじっくり貯めたい人や即日発行したい人にも。
今なら新規入会で最大500円相当の
永久不滅ポイントがもらえる!
本カードもETCカードも最短即日発行可!キャンペーンをくわしくみるセゾンカードインターナショナル口コミ・評価はこちら
1分で分かる!
セゾンカードインターナショナル
  • 初めての一枚にも適している年会費無料カード
  • ネット申込→来店で最短即日発行
  • セゾンポイントモール経由のネット通販で最大30倍のポイント
  • 有効期限がない永久不滅ポイントが貯まる
  • 国際ブランドを3種類から選べる
  • 使える電子マネーが豊富、Apple Payも利用可
  • ETCカードや家族カードを無料で発行可
  • 通常ポイント還元率は0.5%と高くない
  • 旅行保険が付帯されない
  • ANA、JAL両マイルに交換できるがレートは低め
  • 所有者も多くステータス性はない
  • 楽天カード等と比べると入会特典が少ない

信販も行なうクレディセゾンは、そこそこ審査に厳しい印象があるかもしれません。

しかしセゾンカードインターナショナルは2,000人アンケートでも全体6位の所有率。

歴史もある一枚で、初めてクレジットカードを申し込む学生や新社会人も視野に入れていると考えられるため、審査の敷居は低いでしょう。

4.ANAアメックスカード

ANAアメリカン・エキスプレスカードのメリット&デメリット
年会費通常7,560円
初年度7,560円
還元率0.33%~0.75%
公式サイトhttps://www.americanexpress.com/
3.50 / 5.00
年会費が安く、ANAマイラー入門に最適。独自の審査基準で、クレヒスが悪くても発行の可能性アリ。
今なら新規入会で最大35,000マイルがもらえる!
キャンペーンをくわしくみるANAアメックスカード口コミ・評価はこちら
1分で分かる!
ANAアメックスカード
  • 年会費が安く、ANAマイラー入門におすすめ
  • 他カードに落ちても可能性がある独自審査
  • 通常のショッピングでもANAマイル還元率が1.0%の高還元率
  • フライトボーナスマイル25%
  • ANA航空券購入時にマイル還元率2.5%
  • ANAマイルへの交換に6,000円の年会費がかかる
  • アメックスブランドは加盟店数が少なく使い勝手△

外資系のアメックスは独自の審査基準を持つことで知られています。中でもANAアメックスは、任意整理や債務整理、自己破産後といった異動情報が消えた直後(通称:喪明け)でも発行できた事例が多いクレジットカードです。

「失敗も経験」と称賛できる前向きなアメリカ文化からか、現在と今後を考慮して審査してくれると考えられますね。

一番審査が甘いクレジットカードはどれ?

残念ながら、「審査が甘い」と断言できるクレジットカードは存在しません。

基準がやさしく発行される確率が高いカードはありますが、「そんなカードは審査落ちたのにハイステータスカードは通った」ということもしばしばあります。

審査難易度の傾向をとらえ、通りやすい順番で挑戦してみるのもおすすめです。

2019年おすすめクレジットカードをサクサク比較!(一覧)

楽天カード

年会費無料、買い物する度ポイントがどんどん貯まって使い道も無限大。圧倒人気のオールマイティカード。
年会費無料
還元率1.00%~3.00%
ポイント楽天スーパーポイント
「いいかも」スコア
4.20

楽天ゴールドカード

魅力はそのままに、年会費無料の楽天カードにはないゴールドカードならではの特典がたくさん。
年会費2,160円
還元率1.00%~5.00%
ポイント楽天スーパーポイント
「いいかも」スコア
4.17

JCB CARD W

JCBオリジナルシリーズの最新作。年会費無料×高いポイント還元率を実現した、WEB申し込み限定プロパーカード。
年会費無料
還元率1.00%~5.50%
ポイントOki Dokiポイント
「いいかも」スコア
4.25

楽天プレミアムカード

オールマイティな楽天カードの二ランク上のゴールドカード。ポイント還元率と充実したサービスを見事に両立。
年会費10,800円
還元率1.00%~5.00%
ポイント楽天スーパーポイント
「いいかも」スコア
4.22

三井住友VISAクラシックカード

信頼ある三井住友ブランドの一般カード。搭載されたiDやスマホ決済などのキャッシュレスも◎。
年会費1,350円 初年度無料
還元率0.50%~2.50%
ポイントワールドプレゼント
「いいかも」スコア
4.14

Orico Card THE POINT

年会費無料×高還元率。サービスよりもポイント還元率に強みのある、iDとQUICPayをダブル搭載した稀有な一枚。
年会費無料
還元率1.00%~2.00%
ポイントオリコポイント
「いいかも」スコア
4.32

リクルートカード

1.2%の驚異的な還元率。電子マネーへのチャージも最強クラス。ホットペッパーなどを使う人も必携の一枚。
年会費無料
還元率1.20%~4.20%
ポイントリクルートポイント
「いいかも」スコア
3.76

dカード GOLD

ドコモユーザー必携、人気急上昇中のゴールドカード。実はローソンで5%という圧倒的な還元率なども強み。
年会費10,800円
還元率1.00%~4.00%
ポイントdポイント
「いいかも」スコア
4.06

JAL普通カード

フライトでも買い物でもザクザク。JALマイルを貯めよう!と思ったら持っておきたい一枚。
年会費2,160円 初年度無料
還元率0.50%~2.00%
ポイントJALマイル
「いいかも」スコア
3.80

楽天ピンクカード

オールマイティな楽天カードに、女性向けの嬉しいオプションサービスが追加された一枚。
年会費無料
還元率1.00%~3.00%
ポイント楽天スーパーポイント
「いいかも」スコア
4.00

dカード

ローソンで3%OFF+2%ポイント付与のオトクなカード。docomoユーザーならケータイ補償サービスも。
年会費1,325円 初年度無料
還元率1.00%~5.00%
ポイントdポイント
「いいかも」スコア
4.13

JCBゴールドカード

国内主要空港ラウンジや、自動付帯の旅行保険なども充実したステータスカード。格式ある一枚。
年会費10,800円 初年度無料
還元率0.50%~2.50%
ポイントOki Dokiポイント
「いいかも」スコア
4.00