三井住友ゴールドカードは信用力抜群!ポイント還元率や審査、追加カードなど完全ガイド | クレマイ
三井住友ゴールドカードは信用力抜群!ポイント還元率や審査、追加カードなど完全ガイド

三井住友ゴールドカードは信用力抜群!ポイント還元率や審査、追加カードなど完全ガイド

シェアしてあとで読む

三井住友ゴールドカード申し込む前にチェック!

三井住友ブランドの安心と信頼。さらにゴールドカードのステータス。ポイントも意外と貯まる!
年会費通常10,800円
初年度10,800円 無料
還元率0.50%~2.50%
発行期間最短3営業日
旅行保険海外:自動付帯/国内:自動付帯
電子マネー搭載iD
スマホ決済Apple Pay/楽天ペイ
追加カード家族カード/ETCカード
メリット
  • ゴールドカードの中でも社会的信用、ステータスが高い
  • 国内の主要空港ラウンジを利用可(同伴者も1名まで無料)
  • 海外、国内の旅行保険が自動付帯
  • Reluxでのホテル予約が3,000円引きor5%OFF
  • 医師や看護師など専門スタッフに健康に関する相談をいつでも無料でできる
  • ネット申込なら初年度の年会費が無料になる
  • ANAマイルや各種共通ポイントなどポイント交換先も豊富
  • iDやWAON、Apple Pay、VISA payWaveなどキャッシュレス決済も充実
デメリット
  • 30歳以上限定で申し込める(20代はプライムゴールド)
  • 審査はそれなりに厳しめと言われている
  • 通常ポイント還元率は0.5%と高くない(アップするシーンはそれなりにある)
  • ETCカード、家族カードは年会費がかかる(初年度は無料)

三井住友ゴールドカードの口コミはまだ投稿されていません。

口コミを大募集中です!現在メンテナンス中です。

海外旅行保険自動付帯
死亡後遺障害1,000万円(利用付帯:+4,000万円)
傷害治療300万円
疾病治療300万円
携行品損害50万円
賠償責任5,000万円
救援者費用500万円
国内旅行保険自動付帯
死亡後遺障害1,000万円(利用付帯:+4,000万円)
入院保険金日額5,000円
通院保険金日額2,000円
手術保険金20万円
ラウンジサービス
利用可能ラウンジ・国内主要空港ラウンジが無料
電子マネー・スマホ決済
電子マネー
搭載
iD
電子マネー
チャージ
iD(1,000円で1ポイント)/楽天Edy/nanaco/WAON(auto)
スマホ決済Apple Pay/楽天ペイ
家族カード
年会費1,080円(※)
発行手数料無料
備考※…初年度無料
ETCカード
年会費540円(※)
発行手数料無料
還元率1,000円で1ポイント
備考※…初年度無料 ※…年一回以上の利用で翌年度無料
キーワードでわかる三井住友ゴールドカード

「いいかも?」と思う度合いを5段階評価で教えてください。(星をタップで投票)

12345
「いいかも」スコア:4.11 / 5

読み込み中...
【ポイント5倍】全国の主要コンビニ+マクドナルドキャンペーン中!

【ポイント5倍】全国の主要コンビニ+マクドナルド

2019年3月1日、信頼の三井住友カードがコンビニ最強カードの筆頭候補に。

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンの主要3コンビニ+マクドナルドではポイントが5倍貯まるようになりました。(例:通常約0.5%⇒2.5%)

毎日のコンビニ決済をお得&手軽にしやすい一枚と言えるでしょう。

マイスターの評価
日本のクレジットカードの歴史を紡いできた三井住友ブランドのゴールドカード。大木のように力強い根を張って生きていきたい方にオススメです。質実剛健、剛毅木訥。誠実さ。30代以上の信用ある人だけが持てるステータス性は、海外でも十分に通用します。家族カードであっても持てたら鼻が高いですね。
三井住友ゴールドカードとよく比較されるカード
三井住友ゴールドカードに関する人気コラム

三井住友ゴールドカードはこんな人におすすめ!

  • クレジットカードを使った買い物をたくさんする人
  • 海外旅行によく行く人
  • ポイントを貯めて優待商品をもらいたい人
  • 電子マネーをよく使う人
  • クレジットカード会社に手厚いサポートを期待している人

こんな人には向かないかも・・・

・年会費を払わずにクレジットカードを使いたい人
・旅行にあまり行かない人
・30歳以下、年収が500万円以下の人


三井住友ゴールドカードの5つのポイント(特徴)

  1. 充実したサポートデスク
  2. ボーナスポイントがたくさんもらえる
  3. 紛失・盗難のサポートや保険が非常に充実している
  4. 空港ラウンジや宿泊予約サイト「Relux」をお得に使える
  5. 「ココイコ!」でポイントが最大18倍アップする

三井住友ゴールドカードは、世界的な大手カード会社である「三井住友カード」が発行しているクレジットカードです。

通常の「三井住友クラシックカード」では得られなかった手厚いサポートと特典を得ることができます。

インターネットから申し込めば初年度の年会費は無料になりますし、マイペイすリボに登録する、web明細書を使うなど一定の条件を満たせば通常1万円かかる年会費が4000円まで割引されます。

ここからは「三井住友ゴールドカード」のサポート・特典の内容について5つのポイントに分けてこれから説明したいと思います。

1.充実したサポートデスク

三井住友ゴールドカードを利用すれば、充実したサポートデスクのサービスを受けることができます。

サービスやポイント付与の詳細、三井住友ゴールドカード会員限定の特典などについては「ゴールドデスク」に問い合わせればすべて詳細を教えてもらえます

MEMO
年末年始の一部を除き年中無休で9時~17時まで受け付けているので大変便利です。

ドクターコール24時間

また、三井住友ゴールドカードの会員の方は「ドクターコール24時間」というサポートデスクのサービスも利用できます。

「ドクターコール24時間」は、日本国内での急病やケガ、あるいは病院に行くほどではないけれどもちょっと心配なことなど、毎日の生活の中で生じる医療・ストレス・健康の不安について、医師・看護師・保健師などの専門スタッフがお電話で24時間・年中無休で無料で相談に応じてくれます

カードサービス以外にもサービスを受けられるのは非常にお得だと言えそうです。

2.ボーナスポイントがたくさんもらえる

三井住友ゴールドカードは、前年度の利用額に応じて、その年の買い物累計額にボーナスポイントが付与されるというシステムがあります。

年間利用額が50万円を超えると翌年の50万円利用時にボーナスポイント100ポイントがもらえます。

さらにアマゾンや楽天市場での買い物ができる「ポイントアップモール」は、買い物をすれば三井住友ゴールド会員ならポイントが2~20倍溜まるという特典もあります。

溜まったポイントは有効期間3年で、ルンバやユニバーサルスタジオジャパンのチケットなど、200種類以上ある景品から選んで交換することもできます。

3.紛失・盗難のサポートや保険が非常に充実

三井住友ゴールドカードは、紛失や盗難のヘルプデスクが24時間対応しています。

そのため、万が一、旅行先でカードを紛失してしまった場合でもすぐにカード利用を停止するなどの措置がとれるため安心して持ち歩くことができます。

また、三井住友ゴールドカードは旅行傷害保険や国内・海外旅行便遅延保険などの保険サービスも充実しています。

海外旅行保険

保険の対象補償額
死亡・後遺障害最高5,000万円
治療費用300万円
携行品損害50万円
賠償責任5,000万円
救援者費用500万円

国内旅行保険

補償の対象補償額
死亡・後遺障害最高5,000万円
入院保険日額5,000円
通院保険金日額2,000円
手術保険金最高20万円

年会費10000円ほどでここまで充実した保険が付帯しているのはありがたい話で、国内・海外旅行に頻繁に行く人にはかなりおすすめできるクレジットカードだと言えます。

4.旅行が快適でおトクになる

全国28ヶ所の空港ラウンジを無料で使える

三井住友ゴールドカードの会員の方は、入場時に三井住友ゴールドカードを提示するだけで全国28か所にある「空港ラウンジ」を無料で利用することができます

空港ラウンジには無料のドリンクバーやお菓子、ゆったりと座れるソファーが備わっているので、旅行前の飛行機の待ち時間を非常に快適に過ごすことができます。

ラウンジは、同伴者1名までなら無料で入場することができますし、年会費がお得な家族会員の場合でも家族全員で利用することができます。

宿泊予約サイト「Relux」をおトクに使える

さらに、三井住友ゴールドカードの会員の方なら宿泊予約サイト「Relux」でホテルの予約を取れば、3,000円引き(6万円以上の利用なら5%引き)で予約を取ることができます

旅行好きの方にはかなりおススメできるカードだと言えます。

Reluxで泊まれる宿はこちらの公式サイトで確認できます。

5.「ココイコ!」でポイントが最大18倍アップする

三井住友ゴールドカードの会員方は、2016年に新たに始まった話題のサービス「ココイコ!」を利用することができます。

「ココイコ!」は、対象店への来店前にパソコンやスマホでエントリーすることにより、会計時に三井住友ゴールドカードで精算をすればポイントが最大18倍までアップするというサービスです。

ポイントアップだけではなく、最大8.5倍のキャッシュバックも受けることができます

対象店は「大丸」「松島屋」「びっくりドンキー」「東急ハンズ」など、様々な業種のお店が対象店に登録されています。

さらに、毎週金曜日はココイコ!の日。

全ショップポイント3倍となっているので、週末に家族で出かけたり旅行に行く方にはかなりうれしい特典となっています。

詳しくは「ココイコ!」のホームページで確認できます。

ゴールドカードなのに初年度年会費無料!さらに翌年以降も優遇あり

三井住友ゴールドカードの年会費は通常10.000円+税ですが、インターネットからお申込みをすると初年度年会費がなんと無料。

さらに、翌年度以降はお支払い方法の指定やサービスの申込みにより4,000円まで割引にすることができます。

普通明細書は郵便で送られてきますが、これをWebページで確認できるものに切り替えれば年会費が1,000円安くなります。

さらに支払い方法をマイ・ペイすリボに指定すれば年会費は5,000円安くなります。

WEB明細書+マイ・ペイすリボコース年会費4,000円+税
マイ・ペイすリボコース      年会費5,000円+税
WEB明細書コース        年会費9,000円+税
いずれも指定無し        年会費10,000円+税

マイ・ペイすリボコースとは?

マイ・ペイすリボとは、あらかじめ指定しておいた毎月の支払い金額を超えた分が自動的にリボ払いになるお支払い方法です。

レジでどんな支払い方法を伝えても、支払いは自動的にリボ払いになります。

毎月のお支払いの金額は、最低お支払い金額以上であればインターネットや電話から変更することができます。

三井住友ゴールドカードの2年目以降の年会費の割引の条件として、年1回以上のご利用とマイ・ペイすリボの登録が必要になります。

ただし、リボ払いは金利が貯まりやすく油断していると借金地獄に陥りかねません。支払設定額をカードの限度額に設定してしまえば全ての買い物におけるカード利用額は次月の支払額になり、リボ払い手数料はかかってきませんよ!

三井住友ゴールドカードの審査はやはり厳しめなの?

三井住友ゴールドカードは、三井住友ブランドのゴールドカードです。

ステータス性はかなり高く、他のクレジットカードと比べて審査難易度も高いと言われていますが、いくつかのポイントをクリアできていれば問題なく発行することができるでしょう。

ここで三井住友ゴールドカードの審査ポイントを詳しくご紹介しましょう。

30代以上にしか資格がない

三井住友ゴールドカードの審査ポイントは、第一に申し込み資格(年齢)があり30歳以上でないと申し込みをすることができません

他にも

  • 年収が最低500万円以上ある
  • 公務員や大企業勤務など安定した職業についている
  • 勤続年数が10年以上
  • クレヒスに延滞情報などがない


というような条件が一般的にゴールドカードの審査に通過するために求められます。

しかし、これらはあくまで目安にすぎません。

実際は三井住友系のカードで利用実績を積み立てるのがゴールドカードへの一番の近道のように思います。

三井住友系のカードでゴールドカードに自動ランクアップ!

30歳未満の方には、年齢によって特別なカードがあります。

満18歳~25歳三井住友デビュープラスカード
満20歳~29歳三井住友プライムゴールドカード

満26歳を迎えてデビュープラスを持てなくなった方は「三井住友VISAクラシックカード」か「三井住友VISAプライムゴールドカード」のどちらかを持つことになります。

さらに、三井住友VISAプライムゴールドは30歳までなので、それ以降は「三井住友ゴールドカード」にランクアップできます。

ゴールドカードに自動的にランクアップするというのは大きな魅力でしょう。

といったように将来ゴールドカードを確実に持つためには三井住友系のカードを持つことが一番の近道なのです。

まだ20代の方はまずは三井住友プライムゴールドカードの申し込みをして見ることをオススメします。

三井住友プライムゴールドカードは20代にオススメの最強カード

先ほど紹介した三井住友ゴールドカードは20歳以上30歳未満の方が申し込みをすることができる20代限定のカードでしたね!

満30歳になると、最初のカード更新時から三井住友ゴールドカードにランクアップする三井住友プライムゴールドカードですが、機能・サービスは、三井住友ゴールドカードと同じなのです!

年会費は三井住友ゴールドカードの半額

三井住友プライムゴールドカードの年会費は通常三井住友ゴールドカードの半額の5.000円+税、さらに初年度年会費が無料になります。

ゴールドカードで年会費5.000円は格安で、若者に優しいカードと言えるでしょう。

翌年度以降は、お支払い方法の指定やサービスのお申込みにより1.500円+税まで割引になります。

年会費優遇制度

WEB明細書+マイ・ペイすリボコース年会費1.500円+税
マイ・ペイすリボコース年会費2.500円+税
WEB明細書コース年会費4.000円+税
いずれも指定無し年会費5.000円+税

三井住友ゴールドカードと変わらない特典内容

三井住友プライムゴールドカードは、三井住友ゴールドカードと同じサービスを受けることができます。

三井住友プライムゴールドカードのポイント
  • 旅行傷害保険…海外と国内とも、最高1,000万円の補償
  • 旅行傷害保険…旅行代金をカードで支払うと、最高5,000万円まで補償額アップ
  • 安心お買い物保険…年間300万円まで補償、保証期間は、購入日および購入日翌日から90日間
  • 全国28の空港ラウンジが無料
  • 厳選された一流旅館やホテルを予約でき、3,000円の割引あり

年会費がゴールドカードに比べて圧倒的に安い上に、付帯するサービスはゴールドカードと同じなので20代の人にはとてもオススメできるカードです。

三井住友ゴールドカードは追加発行できるカードが豊富!

三井住友ゴールドカードには、追加発行できるカードが豊富に揃っています。

これからそれぞれの追加カードの詳細をご紹介します。

追加カードの中には、メインカードと一体型にできるものもあるので注目ですよ!

ETCカード

ETCカードは、国内の有料道路を利用する時にスムーズ・キャッシュレスで通過できる通行料金支払い専用カードです。

年会費は入会初年度無料、2年目以降は500円+税になります。

ただし前年1年間に1回以上のご利用があれば、無料になるので実質無料でもてます。

ETCカードのご利用で、ワールドプレゼントポイントが貯まります。

家族カード

家族カードは、本会員のカードの機能とサービスがそのまま利用できる家族の為のカードです。

家族カードの年会費
  • 入会初年度の年会費は1人目は無料
  • 翌年度以降は、家族カードでの前年のお買い物の利用回数が3回以上の場合に無料
  • 二人目からは年会費1,000円+税

家族カードの申し込み資格は、生計を共にする配偶者・満18歳以上のお子様になります。

本会員と家族会員の方のご利用分は、まとめて明細のお知らせ・お引き落としになります。

家族カードは以下のように本会員と同じサービスを受けることができます。

  • 本会員の方に付帯保険サービスが付いている場合は、家族カードの方も同じ内容のサービスを受けることができる(海外旅行保険最高5.000万円)
  • 家族カードで貯まるポイントは本会員のカードにまとめられる
  • 本会員の方と同じように、全国28の空港ラウンジを利用することができ、また一流ホテル・旅館を優待価格で利用することができる

旅行傷害保険だけじゃない!ショッピング保険も充実

旅行傷害保険だけでなく、ショッピング保険も充実しています。

三井住友ゴールドカードで決済し購入した商品が壊れたり盗まれたりしたときには、年間300万円まで補償してくれるお買い物安心保険です。

(1事故につき、3.000円の自己負担があります)

例えば、10万円で買ったブランドのお財布を盗まれてしまったらどうでしょう?

もしも現金で買っていたら、何も補償はありません。

しかしショッピング保険の付いている三井住友ゴールドカードで買っていれば、補償してもらうことができるのです。

三井住友カードiD

三井住友カードiDは、このマークのあるお店でタッチするだけで支払いをすることができる年会費・発行手数料が無料のチャージ不要のポストペイ型電子マネーです。

三井住友ゴールドカードに紐づけられるため、iDでの利用料金はカードと一緒に請求がくるため支出の管理も楽です。

iDは日本全国の飲食店やコンビニ、ファーストフードに百貨店、ドラッグストアなど様々なお店で利用することができます。

iDには、専用カード・クレジット一体型・携帯型があります。

専用カードiDのみが搭載された専用カード(お財布・定期入れに入れたままで使えます。)
クレジット一体型クレジットカードとiDが1枚になったカード
携帯型NTTドコモやソフトバンクなどのおサイフケータイで利用できるiD

少額利用でも、クレジットカードのご利用分と合算でワールドプレゼントポイントが貯まります。

PiTaPa

PiTaPaカードは、関西エリアを中心に電車・バス・ショッピング・飲食などのお支払いの時に、タッチするだけのポストペイ方式のカードです。

MEMO
入会金・年会費は無料ですが、1年間に交通・ショッピングで1度もご利用が無い場合は、PiTaPa維持管理料1.000円+税が必要になります。

三井住友VISAバーチャルカード

バーチャルカードは、インターネット決済専用のカードです。

年会費は、初年度無料です。2年目以降は、300円+税になります。

ただしマイペイすリボをお申込みで前年度のカードのご利用がある方は、2年目以降も無料になります。

世界中のVISAが利用可能なインターネット通販で、ネットショッピングができます

バーチャルカードの申し込みは、インターネットに接続可能でEmailアドレスを持っている方が対象になります。(携帯電話のEmailアドレスは対象になりません)

WAON

三井住友カードWAONは、お買い物のたびにポイントが貯まる電子マネーです。WAON 200円(税込み)ごとに1 WAON(1円相当)貯まります。

年会費は無料ですが、発行手数料が300円(税込み)必要になります。

WAONの特徴
  • 全国のイオン・ビブレ・ファミリーマート・ミニストップ・吉野家・ヤマト運輸直営店などで、お買い物のたびにポイントが貯まる
  • 毎月5.15.25日のイオンお客様わくわくデーは、ポイントが2倍貯まる
  • 毎月20.30日のイオンお客様感謝デーは、5%OFFでお買い物をすることができる
  • クレジットカードからのチャージ、オートチャージも出来る
  • ワールドプレゼントのポイントを、WAONポイントに交換できる

VISA payWave

VISA payWaveは、おサイフケータイ対応スマートフォンでかざすだけでお支払いができる国内外で使える電子マネーです。

年会費・発行手数料は無料です。

カードの特徴

  • 国内・海外でも、スマートフォンでショッピングができます。
  • キャッシュレス・サインレスで、簡単便利です。
  • ワールドプレゼントのポイントが貯まります。

注意
三井住友カードVisa payWaveは、2018年6月20日(水)をもって新規申込の受付を停止いたしました。

Apple Pay

三井住友ゴールドカードはApple Payでも使うことができます。

Apple payとは、iPhoneやApple Watch、iPadにクレジットカードやプリペイドカードなどのカード情報を事前に登録しておくことで、端末をかざすだけで安全かつスピーディーに決済できるシステムです。

電車やバスの運賃、コンビニやガソリンスタンドの支払い、店舗やオンラインでのお買い物のなど様々なシーンを快適にしてくれます。

MEMO
ApplePayの有効期限は、設定から5年間です。

まとめ

以上、三井住友ゴールドカードのおすすめポイントを5点紹介しました。

三井住友ゴールドカードは大手カード会社「三井住友VISAカード」のプレミアムカードなだけあって、会員向けのサポートデスクサービスや特典は非常に充実しています。

特に、空港ラウンジを利用権や旅行時の保険、宿泊サイトの割引など、頻繁に旅行に行く人には非常に好評であるカードです。