JCBゴールドカードのメリット&デメリット

シェアしてあとで読む

JCBゴールドカードみんなの評価&メリット・デメリット

国内主要空港ラウンジや、自動付帯の旅行保険なども充実したステータスカード。格式ある一枚。
年会費通常10,800円
初年度10,800円 無料
還元率0.50%~2.50%
発行期間最短即日発行&翌日お届け
旅行保険海外:自動付帯/国内:自動付帯
電子マネー搭載-
スマホ決済Apple Pay/Google Pay
追加カード家族カード/ETCカード

>>公式サイトはこちら

メリット
  • JCBプロパーゴールドのステータスと信頼性
  • 自動付帯の手厚い国内&海外旅行保険
  • 国内の主要空港ラウンジを利用可
  • 海外利用はポイント2倍に(1.0%)
  • 飛行機の遅延などの補償もあり
  • ETCカードは無料、家族カードも一枚目は年会費無料で発行可
  • QUICPay一体型カードも選べる
  • 年100万円以上の利用でプライオリティパス等がつく「JCBゴールドザプレミア」にランクアップ可
  • 最短即日発行できる(翌日配達)
デメリット
  • 通常ポイント還元率は0.5%と高くない(特約店は多いが還元率を重視するならJCBカードWが◎)
  • ゴールドカードらしい年会費(初年度は無料)
  • 海外では使えない地域もある

JCBゴールドカードの口コミはまだ投稿されていません。

口コミを大募集中です!現在メンテナンス中です。

海外旅行保険自動付帯
死亡後遺障害5,000万円(利用付帯:+5,000万円)
傷害治療300万円
疾病治療300万円
携行品損害100万円
賠償責任10,000万円
救援者費用400万円
国内旅行保険自動付帯
死亡後遺障害5,000万円
入院保険金日額5,000円
通院保険金日額2,000円
手術保険金20万円
ラウンジサービス
利用可能ラウンジ国内主要空港ラウンジが無料
電子マネー・スマホ決済
電子マネー
搭載
-
電子マネー
チャージ
QUICPay(1,000円で1ポイント)/楽天Edy
スマホ決済Apple Pay/Google Pay
家族カード
年会費1,080円(※)
発行手数料無料
備考※…一枚目は無料
※…本会員が年会費無料の場合は家族会員も無料
ETCカード
年会費無料
発行手数料無料
還元率1,000円で1ポイント
備考-
キーワードでわかるJCBゴールドカード

「いいかも?」と思う度合いを5段階評価で教えてください。(星をタップで投票)

12345
「いいかも」スコア:4.00 / 5

読み込み中...
マイスターの評価
日本の国際ブランド、JCBのプロパーステータスカード。国内の主要空港ラウンジサービスが付帯し、旅行保険も超充実の自動付帯。年間100万円以上ほど使う場合はプライオリティ・パスも付くラグジュアリーな招待限定上位カード「JCBゴールドザプレミア」へのランクアップも。どこで出しても恥ずかしくない一枚と言えるでしょう。ポイント還元率よりも「安心」や「信頼性」を求める、海外によく行く方に特におすすめです。
JCBゴールドカードとよく比較されるカード
JCBゴールドカードに関する人気コラム

JCBゴールドカードはこんな人におすすめ!

  • 充実した海外旅行保険がほしい人
  • 海外でのポイントアップなど海外旅行によく行かれる人
  • スタバやセブンなどによく行かれる人
  • クイックペイ決済を行う人
  • 年間100万円以上利用する人

こんな人には向かないかも・・・
JCBゴールドカードは良くも悪くもレギュラーカードの強化版なので、ラウンジサービスなどの追加サービスがあると言ったことはありません。
 
そういったサービスを提供するゴールドカードを期待する場合は他のカードを選ぶことをおすすめします。
 
またJCBカードなので当然ですが、JCBブランド以外選択することはできません。

JCBゴールドカードの5つのポイント(特徴)

JCBゴールドカードは「ゴールドカードオリジナルのサービス」を提供するというよりも、「レギュラーカードのサービスを強化する」という方向性をとっているカードです。

ですからJCBカードのサービスに魅力を感じている方におすすめする一枚と言えます。

  1. 最大一億円の旅行保険
  2. 幅広いポイントアップ優待店
  3. 海外での利用はポイント2倍
  4. QUICPay(クイックペイ)対応カードを利用できる
  5. 海外での利用はポイント2倍

1.最大一億円の旅行保険

JCBゴールドカードの一番の魅力は充実した旅行保険です。

海外旅行保険では死亡・障害で最大1億円(利用付帯が条件。自動付帯は5000万円)国内旅行保険であれば5000万円と年会費1万円の中ではかなり高額の設定になっています。

クレジットカードの旅行損害保険の自動付帯と利用付帯の違い

その他にも旅行に関係する保険をまとめると

保険補償限度額
乗継遅延費用保険2万円
出航遅延費用等保険2万円
寄託手荷物紛失費用保険4万円

幅広いトラブルに対応できる保険がそろっています。

国内旅行にも対応しているので国内外で旅行によく行くという方にはオススメできるカードとなっています。

2.幅広いポイントアップ優待店

JCBが提供するOki Dokiポイントは基本1000円で1ポイントとなっていますが、JCB ORIGINAL SERIESパートナー(ポイント優待店)を利用することで還元率がアップします。

対象となる店は非常に幅広くあるので、うまく使えば効率よくポイントを貯めることができます。

例えば車に関係する店であれば、昭和シェル石油とEMGのほか、タイムズのロードサービスやオリックスレンタカーなどが対象になります。

日常生活のショッピングであればセブンイレブンやスターバックスが対象ですし、ネットショッピングでは最大手のアマゾンがも対象になります。

その他にもポイント優待サイトのOkiDokiランドを利用することで幅広いショッピングでポイント優待の特典を受けることができます。

優待店やポイント還元率は下記の公式サイトで確認することができます。

MEMO
貯まったポイントは提携他社のポイント・マイル移行や、ディズニーリゾートのパークチケットなど、好きな商品と交換できるのでポイントの使い先に困ることはなさそうです。

3.海外での利用はポイント二倍

web利用明細「MyJチェック」の登録を行った状態でJCB海外加盟店でカードを利用すると自動的にポイントが2倍貯まります

これは優待とは違い海外での利用がすべて対象となるので、海外旅行によく行かれる方であれば旅行保険と合わせて非常にお得なサービスであると言えるでしょう。

海外ではJCB加盟店が少ない
注意点として、JCBは日本国内では強いのですが海外ではマスターカードやVISAと比べて利用できる店が少ない傾向にあるということが言えます。
 
ハワイなど日本人がよく行く地域しか対応していなかった過去に比べて現在はヨーロッパなどでも提携店を増やしていますが、それでもVISAなどと比べて利用できる店が少ないので、この点はよく理解したうえで使いましょう。

4.QUICPay(クイックペイ)対応カードを利用できる

JCBは後払い式電子マネーであるQUICPay(クイックペイ)を提供しており、JCBゴールドカードでもQUICPay搭載型を選択することができます

QUICPayは広く人気があるnanacoなどの前払い式電子マネーと違い、クレジットカードに紐付けを行ったうえで利用する後払い式電子マネーとなっています。

後払い式なので、利用するたびにチャージをする手間はありませんし残高などを気にせず使える、また利用方法にもよりますがクレジットカードと違いサインレスで利用できるなどのメリットがあります。

注意
後払い式なのでクレジットカードを必ず一枚は持っている必要があるなど、前払い式にはないデメリットもあるのでよく理解した上で使う必要があります。

5.100万円以上の利用でランクアップのチャンスあり

JCBゴールドのユーザーの中でも年間100万円以上を利用するヘビーユーザーの方は追加オプションで一ランク上のサービスを受けることができる「JCBゴールドザプレミア」を選択することができます。

プレミアでは世界最大のラウンジサービスであるプライオリティ・パスを利用できるほか、一ランク上のホテルを提供するプレミアムステイプラン、京都にあるJCBのラウンジやオリジナルのダイニング優待サービスなどを受けることができます。

プライオリティ・パス=世界中の豪華な空港ラウンジを利用できる会員制サービス

またポイントプログラムの有効期限が5年に伸びるほか、ポイントの優遇率がゴールドと比べて10%アップするなどポイントもたまりやすくなっています。

年会費がプラス5000円
年会費としてゴールドとは別に5000円が必要になりますが、年間100万円以上のショッピング利用で無料となるのでヘビーユーザーの方はぜひとも狙ってみましょう。

まとめ

JCBゴールドはJCBカードのサービスを強化したものであり、JCBゴールドオリジナルのサービスがあるというわけではありません。

ですから特別な事情や旅行保険に魅力を感じる方でもなければまずJCB一般カードを使ってみて利用するか決めてみることをおすすめします。

また年100万円以上を利用するというヘビーユーザーの方はぜひともザ・プレミアムを狙ってみてください。

このページのもくじ
    シェアしてあとで読む→