エポスプラチナカードのメリット・デメリット|インビテーション条件や審査まで徹底解説

エポスプラチナカード

エポスプラチナカード

  • VISA
初年度年会費2年目~年会費
30,000円30,000円
還元率電子マネー等
0.50~2.0%
  • Apple Pay
  • Google Pay
招待or年100万以上の利用で年会費ずっと2万円。ポイントや海外旅行特典が充実した、コスパ最強のプラチナカード

「いいかも」と思う度合いは?
星をタップで投票!

12345
4.00 / 5

読み込み中...
  • メリット
  • デメリット
  • 年間利用額に応じてボーナスポイント(実質還元率は最大2.5%)
  • 世界中の空港ラウンジが使える(プライオリティパス)
  • 最高1億円の海外旅行保険が自動付帯(家族も補償)
  • 24時間365日対応のコンシェルジュサービスあり
  • プラチナグルメクーポンで対象レストランが1名無料
  • ポイントアップ・割引優待が充実
  • Apple PayやGoogle Pay、楽天ペイも利用可
  • 通常ポイント還元率は0.5%と高くない
  • 年会費3万円と高い(年100万使えば翌年以降2万円/招待で2万円)
  • 家族カードは発行不可(招待制の年会費無料ゴールドの発行は可)
  • プラチナだがステータス性はあまりない
  • 限度額がプラチナにしては少し低め
  • 国際ブランドがVISAのみ
カード会社エポスカード
ポイントプログラムエポスポイント
発行期間通常2~3週間
限度額公式サイト参照
公式サイトhttps://www.eposcard.co.jp/
死亡後遺障害1億円
傷害治療300万円
疾病治療300万円
携行品損害100万円
賠償責任1億円
救援者費用200万円
死亡後遺障害1億円
入院保険金日額5,000円
通院保険金日額3,000円
手術保険金手術の種類に応じて入院日額の10、20、40倍
国内主要空港ラウンジ利用可
プライオリティ・パス利用可(無料)
その他-
エポスプラチナカードの関連記事を読み込み中
エポスプラチナカードとよく比較されるクレジットカードを読み込み中
エポスプラチナカードとよく比較されるクレジットカードを読み込み中
エポスプラチナカードとよく比較されるクレジットカードを読み込み中

エポスプラチナカード エポスプラチナカード

通常還元率こそ0.5%と高くないものの、ボーナスポイントや多数のポイントアップ特典で実質最大2.5%の超高還元率に。またプライオリティパスの無料登録、家族にも最高1億円の海外旅行保険が自動付帯など、年会費3万円(招待で2万円)とは思えない、コスパ最強のプラチナカードです。マルイユーザーに限らず、日々の買い物をお得にしたいあらゆる人におすすめできる一枚と言えるでしょう。まずはエポスカードエポスゴールドとステップアップするのが◎。

エポスプラチナカードを徹底解説!

エポスプラチナカードは丸井が発行する最上位のクレジットカード。

招待されると年会費2万円で所有でき、海外旅行保険や優待特典が充実。プラチナカードの中ではコスパ最強クラスです。

かんたんに特徴をまとめてみました。

エポスプラチナカードのメリット・デメリット

エポスゴールドカードの6つのメリット

エポスゴールドカードのメリットは大別すると6つ。

  1. 最大10万円分のボーナスポイント付与
  2. 世界中の空港ラウンジが使える(プライオリティパス)
  3. 最高1億円の海外旅行保険が自動付帯(家族も補償)
  4. コンシェルジュサービスの利用OK(24時間365日対応)
  5. 対象レストランが1名無料(プラチナグルメクーポン)
  6. さまざまなポイントアップ・割引優待あり

日常的な利用から旅行、特別な日まで、さまざまなシーンでメリットがあります。

1.最大10万円分のボーナスポイント付与

エポスプラチナカードでは、0.5%の通常還元とは別に、年間利用額に応じたボーナスポイントの付与があります。

しかも、エポスゴールドと比べると、還元率・対象金額ともに大幅にグレードアップ。ますますメインカードとして利用しやすくなっています。

エポスゴールドカードエポスゴールドカードエポスプラチナカードエポスプラチナカード
50万円2,500
100万円10,00020,000
200万円30,000
300万円40,000
500万円50,000
700万円60,000
900万円70,000
1,100万円80,000
1,300万円90,000
1,500万円100,000
年会費をかんたんに相殺できる
カード利用額が100万円以上ある方は、このボーナスポイントの還元のおかで、年会費2万円をかんたんに相殺できます。

つまり言ってみれば、このあと紹介するほかのメリットは全部無料で付帯しているようなもの

これだけでもエポスプラチナのコスパの良さがわかりますね。

続いては、これまたエポスゴールドより大幅にパワーアップした海外旅行関連の特典を解説。
今回は空港ラウンジ・海外旅行保険の2つに分けてお伝えしていきます。

2.世界中の空港ラウンジが使える(プライオリティパス)

エポスプラチナになると、プレステージのプライオリティパスが無料付帯。

プライオリティパス=世界中の豪華な空港ラウンジを利用できる会員制サービス

国内主要空港のラウンジに加えて、世界約130カ国、1,000箇所以上の空港ラウンジが使えるようになります。

エポスゴールドカードエポスゴールドカードエポスプラチナカードエポスプラチナカード
カードラウンジカードラウンジ
航空系ラウンジ
国内空港ラウンジ主要29空港主要29空港
海外空港ラウンジハワイ/仁川1,000か所以上
(プライオリティパス)
同伴者有料有料
しかも、使えるのは航空会社のラウンジ
プライオリティパスで使えるのはいわゆる「航空会社の空港ラウンジ」。

エポスゴールドに付帯していた「カードラウンジ」と比べると、ハード・サービス面ともに充実します。

  • カードラウンジ:ゴールドカード保有者向け
  • 航空会社のラウンジ:ビジネスクラス、ファーストクラス、上級会員向け

両者のくわしい違いは、以下の記事を参照してください。

ただし家族への特典はない

そもそもエポスプラチナには、家族カードがありません。(招待制のエポスファミリーゴールドのみ)

そのためプライオリティ・パスの付帯もなく、同伴者の利用には、$32/1回の料金がかかります。

家族にもプライオリティ・パスを持たせたいなら
年会費が安く、家族カードもあって、プライオリティ・パスをつけたいなら、「楽天プレミアムカード」もおすすめです。

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
オールマイティな楽天カードの二ランク上のゴールドカード。ポイント還元率と充実したサービスを見事に両立。
  • 高コスパ
  • 海外◎
  • 電子マネー

3.最高1億円の海外旅行保険が自動付帯(家族も補償)

エポスプラチナカードには、最高1億円の海外旅行保険が自動付帯。しかも一緒に旅行した家族も、補償対象になります。

本人家族*保険の対象
死亡後遺障害1億円2,000万円死亡・後遺症が残った時
傷害治療300万円200万円ケガをした時
疾病治療300万円200万円病気をした時
携行品損害100万円100万円ケータイやカメラなど
所持品を盗難・破損したとき
賠償責任1億円1億円他人をケガを負わせたとき
他人のモノを壊したとき
救援者費用200万円200万円入院時・行方不明時の
救援者の旅費や探索費用
航空機遅延費用等2万円2万円1回の遅延の限度額
航空機寄託手荷物
遅延等費用
10万円10万円1回の遅延の限度額

※対象となる家族の範囲:本会員と生計を共にする親族(6親等内の血族、配偶者、3親等内の姻族)

ただし、地域によってはもう1枚持っておきたい

ただし、ヨーロッパやアメリカのように医療費が高い地域に行く場合は、万が一に備えて海外旅行保険つきのカードを複数枚持っておきたいところ。

例えば楽天カードなら、ケガや病気治療で最大200万円の補償が付帯しています。

楽天カード

楽天カード

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
年会費無料、買い物する度ポイントがどんどん貯まって使い道も無限大。圧倒人気のオールマイティカード。
  • 節約◎
  • 電子マネー
  • 買い物◎
  • 初めて

国内旅行保険も付帯

利用付帯ですが、エポスプラチナカードには国内旅行保険もついています。(エポスゴールドまではなかった保険)

エポスカードエポスカードエポスゴールドカードエポスゴールドカードエポスプラチナカードエポスプラチナカード
国内旅行保険なし利用付帯
死亡後遺障害1億円
入院保険金日額5,000円
通院保険金日額3,000円
手術保険金手術の種類に応じて入院日額の10、20、40倍
乗継遅延費用2万円
出航遅延費用等2万円
寄託手荷物遅延費用10万円
寄託手荷物紛失費用(補償)10万円

「国内の旅行で保険なんていらないよ…」という人が大半だと思いますが、基本的には無料で付帯するうえに、あるに越したことはないです。

例えば、アウトドアや離島に旅行する時にはかなり安心材料になりますよ。

ここまでは、エポスゴールドよりパワーアップした特典・サービスを中心にお伝えしてきました。

次からは、外部サービスと連携したプラチナ会員限定の特典を解説。はじめて知る方も多いと思うので、要チェックですよ。

4.コンシェルジュサービスの利用OK(24時間365日対応)

エポスプラチナカードになると、「Visaプラチナ・コンシェルジュ・センター(略称:VPCC)」の利用が可能に。

エポスプラチナ会員限定で利用可能なVisaプラチナ・コンシェルジュ・センター

例えば、以下のような多様なオーダーに、電話やネットで24時間365日対応してくれます。

  • 宿泊先の手配(急な場合もOK)
  • 会社の飲み会の手配
  • 誕生日や記念日のレストラン予約
  • 観光地の案内、お土産の情報提供など
  • 商品の在庫調査

口コミの評判も上々

なかには、コンシェルジュサービスに定評のあるアメックスと同等か、それ以上という声もありました。

5.対象レストランが1名無料(プラチナグルメクーポン)

全国100店舗以上の高級レストランを、1名分無料で利用できる「プラチナグルメクーポン」。

エポスプラチナのグルメクーポン

8割強のお店が東京・大阪・福岡にあるので、住んでいる地域によっては正直利用しづらいです…。

それでも評判の良いお店は多いので、グルメで外食好きな方、接待の機会が多い方にはおすすめです。(参照:対象店舗一覧

実は三井住友プラチナと同じ特典
実はエポスプラチナのグルメクーポンは、年会費5万円の三井住友プラチナカードと全く一緒。

それを年会費2万円で使えるので、やはりコスパは良いですね。

さて、ここからはエポスゴールドから引き続き利用OKなお得なサービスを解説。

すでにエポスゴールド保有者で分かっている人はサクッと読み飛ばして、気になる方はじっくり読んでみてください。

6.さまざまなポイントアップ・割引優待あり

エポスプラチナでもゴールドから引き続き、さまざまなポイントアップ制度が利用できます。

  • マルイのセールで10%OFF(マルコとマルオの7日間)
  • マルイ・モディでの買い物はポイント2〜3倍
  • 10,000店舗以上で割引や優待(エポトクプラザ)
  • 選べる3つのお店でポイント3倍(ポイントアップショップ)
  • 提携通販サイトでポイント2〜30倍(たまるマーケット)

強いて言えば、ポイントアップショップで選べるお店の数が、エポスゴールドと変わないのは少々残念ですが…

うまく使えば、賢くポイントを貯めることができますよ。

エポスプラチナカードの6つのデメリット

エポスプラチナカードのデメリットは大別すると6つ。

  1. 年会費が3万円と高い(ただし損益分岐点は低め)
  2. 通常ポイント還元率は0.5%と低め
  3. ステータスはあまり高くない
  4. 家族カードは発行不可(紹介は可能)
  5. 国際ブランドがVISAのみ
  6. ショッピング保険が有料

デメリットもそこそこあるように思えますが、実はそれほど悪くない部分もあります。

一つひとつ見てみましょう。

1.年会費が3万円と高い(ただし損益分岐点は低め)

エポスプラチナカードの通常年会費は3万円。(インビテーション経由でも2万円)

エポスゴールドまで無料で持てたことを考えると、けっこう高く感じますよね…。

事実、招待されてもゴールド/プラチナどちらがいいか?迷う人は多いです…。

損益分岐点は年間200万円

そこで、年間利用額とポイント還元の面から、ゴールド・プラチナのどちらがおすすめか?をかんたんに表にまとめました。

結論、年間200万円以上カードを使う方は、プラチナに切り替えた方がお得です。

年間利用額おすすめロジック
100万円ゴールド・ゴールドは年会費無料なので、1万ポイント分プラス
・プラチナは2万ポイント入るが、年会費2万円なので±0
200万円プラチナ・ゴールドは100万円以降ボーナスポイント付与がない
・200万円なら3万分のボーナスポイント付与
(年会費2万円引いても、1万ポイント分プラスに)
海外に行く機会が多い人もプラチナがおすすめ
また、決済額やポイント還元以外で判断するなら、海外に行く機会の多さで見ると◎。

プラチナになれば、海外関連サービスがさらに充実するので、切り替えるのがおすすめです。(以下、ゴールドにはないサービス例)

2.通常ポイント還元率は0.5%と低め

エポスプラチナカードの通常ポイント還元率は0.5%と低め

楽天カードJCBカードWなど、いわゆる“高還元率カード”と比較すると半分です。

ただ、ポイントが貯まりにくいかと言われると、全くそんなことはないんです。

ポイントアップのチャンスは多め

これはメリットで紹介したとおりですが、エポスプラチナはポイントアップのチャンスが非常に多いです。

  • 最大10万ボーナスポイント
  • 選べる3つのショップでポイント3倍
  • マルイ系列でポイント最大3倍
  • 提携通販サイトでポイント最大30倍
  • 全国1万店舗以上でポイントアップや割引

大枠はエポスゴールドと変わりませんが、とくに大きな所ではボーナスポイントが大幅にグレードアップ。

一層メインカードとして利用しやすくなっていますよ。

ポイントの有効期限もなし

またエポスゴールドから引き続き、貯まったポイントの有効期限はなし

エポスカードエポスカードエポスゴールドカードエポスゴールドカードエポスプラチナカードエポスプラチナカード
ポイント
有効期限
2年無期限無期限

ポイント失効の心配が一切ないので、ゆっくり貯めて、自分のペースで使っていけますよ。

3.ステータスはあまり高くない

一般的に言えば、「プラチナ=ステータス性が高い」という認識がありますよね。

しかし、エポスプラチナは他と比べて入手難易度が非常に低く、所有者も多いので、あまりステータス性はありません…。(Twitterには厳しい意見もちらほら)

ただ、ポイント還元や特典に優れたカードであることは間違いないので、ステータス性より実用性を求める人にはピッタリですよ。

高ステータスのクレカが欲しいなら…
それでも、やっぱりステータスも大事だと思うなら、高ステータスなゴールド・プラチナカードを検討するのもあり。

ただし、エポスプラチナよりも入手難易度・年会費がグッと上がります

4.家族カードは発行不可(紹介は可能)

そもそもエポスカードでは家族カードの発行が不可

代わりに、ゴールド・プラチナ会員限定で、二親等以内の家族を招待できる「エポスファミリーゴールド」があります。

エポスファミリーゴールドの概要

エポスファミリーゴールドは、年会費永年無料で、エポスゴールド会員と全く同じサービス・特典の利用がOK。

加えて、家族特典も付いていて、よりお得なカードになっています。

5.国際ブランドがVISAのみ

エポスプラチナカードの国際ブランドはVISAのみ

楽天カードのようにVISA/MasterCard/JCB/American Expressの4種類から選べるクレジットカードもありますが、エポスプラチナカードでは1種類だけです。

シェアNo.1で世界中どこでも使いやすい

とはいえ、決済額のシェアや利用者数はVISAがダントツ

加盟店数もMastercardに並び1位で、世界中どこでも使えるので、全く問題ありませんよ。

6.ショッピング保険が有料

多くのプラチナカードでは旅行保険に加えて、ショッピング保険も無料付帯。(決済金額が高くなる傾向があるため)

しかしエポスプラチナは、年間1,000円の「エポスお買い物あんしんサービス」という有料オプションをつけて、ようやく付帯させることができます。

エポスお買い物あんしんサービス

これに加入していれば、カードで購入した商品の破損/盗難が、購入日から90日間・年間通算50万円まで補償されます。

エポスプラチナカードのインビテーション条件/審査基準

エポスプラチナカードは、インビテーション経由で入手すると、年会費3万円→2万円(税込)に

ただ、残念ながら招待条件や審査基準は非公表…

そこでTwitterの口コミや筆者の実体験を踏まえて、条件をまとめてみました。

  • 審査基準:20歳以上ならOK(学生,年収0不可)
  • 招待条件:年間利用額100万円ほどでOKか
  • 最短期間:1年〜で入手できた口コミ多数
  • 発行時期:毎月13日前後という噂

具体的には1年間で100万円以上使えば、招待される可能性が高い模様。

気になる方は、もう少しくわしく見ていきましょう。

審査基準:20歳以上ならOK(学生,年収0不可)

エポスプラチナカードの申し込み条件は「20歳以上(学生を除く)」のみ。

あくまで目安ですが、審査通過の口コミを元に判断すると、職業別では次のように考えてみてもいいかもしれません。

公務員
経営者・会社役員
会社員
個人事業主
自由業
専業主婦
学生×
パート・アルバイト
無職×

中には新入社員や主婦、アルバイトでも取得した事例が多くあるので、すぐにエポスプラチナが欲しい方は直接申し込みしてみる価値は十分にあるでしょう。

僕は新入社員ですが、エポスプラチナカードのインビテーションを受け取ることができました。

年間100万円以上の利用で翌年以降の年会費が2万円
一応、インビテーションを待たずに申し込みをしても、年間利用額が100万円を超えると、翌年以降の年会費が2万円(税込)に。

とはいえ、そのルートだと年会費は最低1年間は3万円のまま。やはりインビテーションを待つのがおすすめです。

招待条件:年間利用額100万円以上でOKか

利用者によってまちまちですが、近年は年間100万円以上の利用でインビテーションが届いたケースが多いよう。

実際に筆者がプラチナのインビテーションをもらったときも、年間100万円ちょっとの利用でした。

なおもう少し付け加えると、支払い遅延は絶対に起こさないこと。

この2点を満たせていれば、エポスから優良会員と認めてもらえる(=インビテーションがもらえる)可能性が高まりそうです。

最短期間:1年〜で入手できた口コミ多数

最短期間で招待された方は、エポスゴールドカードの利用実績が1年ほどあったケースが多いようでした。

1年+2ヶ月の理由
ゴールド→プラチナへと順当にランクアップできた人は、1年2ヶ月くらいでインビテーションが届いた方が多い模様。

そしてこの足の出た2ヶ月は何かというと、おそらく年間利用額が確定して、ボーナスポイント付与が終わったタイミングを待った期間

ボーナスポイントは集計期間の終了後、翌々月の中旬に加算の予定です。

つまりインビテーション条件を満たした方は、年間利用額が確定した約2ヶ月半後に招待される可能性がありますよ。

発行時期:毎月13日前後という噂

ちなみにここまでの条件を満たすと、毎月13日前後(10〜15日の間)にインビテーションが届く可能性あり。

まずはエポスネットやアプリに通知があって、そのあと封書が届きます。

なおインビテーションの有効期限は招待された翌月末までです。

インビテーション経由の申し込み→発行手順

大まかな流れは以下のとおり。申し込みはわずか数分で完了しますよ。

  1. 招待専用ページにアクセス
  2. 申し込み
  3. 審査(最短数分)
  4. 発行(約1週間以内に郵送)

一応カードの切り替わりなので審査が入ります。

ただ利用実績がある分、職業や年収に大きな変化がなければ、あっさり通過できるはずですよ。

インビテーションは再度もらえる

ちなみにインビテーションのタイミングが悪く、今回は断ろうかなという人も大丈夫。

二度と招待されないものではなく、何度か再招待してもらえます。(ただし、人によって期間はまちまち)

エポスプラチナカードのよくある質問

エポスプラチナカードに関するよくある質問をQ&A形式で回答していきます。

気になる項目をチェックしておきましょう。

Q.限度額はどのくらい?

エポスプラチナカードの限度額は非公表。

ただTwitterの口コミや筆者の実体験、年間利用額1,500万円までポイント付与されることを踏まえると、150〜300万円くらいの限度額と思われます。(以下、筆者の利用可能額画面)

エポスプラチナカードの限度額

ちなみにゴールド→プラチナに切り替えて、すぐに限度額が跳ね上がることが多いみたいですよ。
(筆者も150→300万円に上がりました)

限度額は少ないが、入手性やコスパは良い
限度額だけで比べてみると、エポスプラチナより圧倒的に優れたカードはたくさんあります。(以下一例)

  • 三井住友カードプラチナ:300万円〜
  • アメックス・プラチナ:上限なし

しかし、20代前半でも持てる入手のしやすさや、年会費の安さ、付帯特典の充実度を考慮すると、エポスプラチナも全く悪くはないですよ。

Q.券面デザインはかっこいいの?

エポスプラチナのデザインは、漆黒の背景にホログラムの「Platinum」の文字と、「EPOS CARD」のロゴが特徴。

エポスプラチナカードの券面デザイン画像

プラチナにふさわしい光沢感や重厚感を想像していると、ちょっと寂しい感じもしますが、筆者個人的にはシンプルでかっこいいと思います。
(Twitterにも同じような意見がちらほら)

とはいえ、感じ方は人それぞれ
ただ、中には「ダサい」という意見も。

カード全体が漆黒なだけで、アメックスのようにかっこいい背景もないので、シンプル過ぎると感じる方もいるようです。

とはいえ、この辺の賛否両論はどんなカードでもあること。

もしもデザインが好みでは場合は、世間的にかっこいい・女性ウケの良いデザインのカードを入手するのもありですよ。

総評:ポイントや海外旅行特典が充実した、コスパ最強のプラチナカード

最後にもう一度エポスプラチナカードの特徴をおさらいしておきましょう。

  • 最大10万円分のボーナスポイント付与
  • 世界中の空港ラウンジが使える(プライオリティパス)
  • 最高1億円の海外旅行保険が自動付帯(家族も補償)
  • コンシェルジュサービスの利用OK(24時間365日対応)
  • 対象レストランが1名無料(プラチナグルメクーポン)
  • さまざまなポイントアップ・割引優待特典あり
  • 年会費が3万円と高い(招待でも2万円)
  • 通常ポイント還元率は0.5%と低め
  • ステータスはあまり高くない
  • 家族カードは発行不可(紹介は可能)
  • 国際ブランドがVISAのみ
  • 限度額は150〜300万円
  • 券面デザインはシンプル

エポスプラチナカードは、ほかのプラチナよりも入手しやすく、ポイントや海外旅行保険などの充実度も加味すると、圧倒的にコスパに優れています。

そんなエポスプラチナが欲しいなら、まずはエポスカードエポスゴールドカードとランクアップしていきましょう。

あわせて読みたいおすすめ記事