JCBプロパーカードの中でも最もTHE・JCBカードの一枚。信頼感、安定感を求めるあなたに。
年会費 通常 1,350円
初年度 1,350円 無料
還元率 0.50%~2.50%
発行期間 最短即日発行、翌日お届け
旅行保険 海外:利用付帯/国内:利用付帯
電子マネー搭載 -
スマホ決済 Apple Pay/Google Pay
追加カード 家族カード/ETCカード

>>公式サイトはこちら

JCB一般カードの口コミはまだ投稿されていません。

口コミを大募集中です!現在メンテナンス中です。

海外旅行保険利用付帯
死亡後遺障害3,000万円
傷害治療100万円
疾病治療100万円
携行品損害100万円
賠償責任2,000万円
救援者費用100万円
国内旅行保険利用付帯
死亡後遺障害3,000万円
入院保険金日額-
通院保険金日額-
手術保険金-
電子マネー・スマホ決済
電子マネー
搭載
-
電子マネー
チャージ
QUICPay(1,000円で1ポイント)/楽天Edy
スマホ決済Apple Pay/Google Pay
家族カード
年会費432円(※)
発行手数料無料
備考※…本会員が年会費無料の場合は家族会員も無料
ETCカード
年会費無料
発行手数料無料
還元率1,000円で1ポイント
備考-
マイスターの評価
最近はハイスペックなJCBカードWに人気負け感はあるものの、世代を問わず通じる堅実なJCBプロパーカードと言えばやはりこれ。信用ある一人前の社会人として見られたいあなたにオススメしたい一枚です。将来的にJCBゴールド、JCBプラチナ…とステップアップしたい方も、まずはここから。
JCB一般カードとよく比較されるカード
JCB一般カードに関する人気コラム

JCB一般カードの特徴とおすすめポイント

JCB一般カードはこんな人におすすめ!

  • 家族で同じクレジットカードを持ちたいと考えている方
  • 効率よくポイントを貯めたいと思っている方
  • 国内外問わずよく旅行に出かける方
  • クレジットカードの年会費を少しでも抑えたいと思っている方
  • 早くクレジットカードを受け取りたいと思っている方


こんな人には向かないかも・・・

JCB一般カードを利用して海外で買い物をし、偶然な事故によって損害を被った場合に適用される「ショッピングガード保険」はありますが、国内での買い物を対象とした保険が存在しません。

海外でのショッピングについて補償してくれる「ショッピングガード保険」は自動付帯されているのは嬉しいけれど、ほとんど海外で買い物をしないので国内の買い物でも適用される保険が付帯されていることを重視しているという方にとってはあまり向かないかもしれません。

今回は上記の項目に該当する方にぜひオススメしたいJCB一般カード”を紹介します。

JCB一般カードのメリットはたくさんありますが、その中でも5つのポイントに絞ってお伝えしていきます。

JCB一般カードの5つのポイント(特徴)

  1. インターネットからの申し込みで初年度年会費無料
  2. 充実した国内・海外旅行傷害保険
  3. 自動付帯で安心のショッピングガード保険
  4. 最短で翌日にカードが届く
  5. QUICPay搭載型のカードの申し込みが可能

1.条件をクリアすれば年会費が無料になる

本来JCB一般カードの年会費は本会員1,250円(税別)、家族会員400円(税別)となっています。
 

しかし、インターネットからJCB一般カードを申し込むと初年度の年会費が無料になります。

また、以下の2つの条件をクリアすれば次年度の年会費も無料になります。

  1. 年会費支払いの先々月19日までにカード利用代金明細書の郵送を停止する「MyJチェック」に登録していること
  2. 毎年12月16日~翌年の12月15日までの1年間に50万円以上をショッピングで利用する

クレジットカードを普段から利用する人からするとこれらの条件はそう難しいものではないので、年会費を無料にすることは簡単そうですね。

注意
なお、分割払い手数料やショッピングリボ払い、キャッシングサービスなどは対象となりませんし、期間内のクレジット決済であっても利用した加盟店からの売上票が集計期間後にJCBに到着した場合には翌年分の集計分にカウントされますので注意が必要です。

2.充実した国内・海外旅行傷害保険

JCB一般カードには国内旅行傷害保険と海外旅行傷害保険が無料で付帯されています。

国内旅行傷害保険

国内旅行傷害保険がどのような場合に適用されるのかについて下記に簡単にまとめてみました。


・JCB一般カードで航空機や船舶、バス、電車といった公共交通乗用具の搭乗券の購入、もしくはJCBが交付するJALやANAのクーポンを利用した際の搭乗中にこうむった場合

・JCBトラベルやJCB加盟代理店や宿泊施設などで宿泊の予約をし、カードで事前に決済を行った場合

・宿泊施設の火災などにより被害を受けた場合

傷害・死亡保険が最高3,000万円まで補償されます。

海外旅行傷害保険

JCBカードで事前にツアー代金や航空機などの公共交通乗用具の料金を決済した場合に海外旅行傷害保険が適用されます。

保険の対象 保険金
傷害死亡・後遺障害 最高3,000万円
傷害治療費用 最高100万円
疾病治療費用 最高100万円
賠償責任 最高2,000万円
携行品損害 最高10万円
救援者費用 最高100万円

世界中で高いシェアを誇るJCBブランドと手厚い「国内旅行傷害保険」と「海外旅行傷害保険」が決め手でJCB一般カードを持っている人もたくさんいます。

ただし国内・海外いずれも「利用付帯」なので、事前に旅費をクレジットカード決済する必要があります。

クレジットカードの旅行損害保険の自動付帯と利用付帯の違い

3.安心のショッピングガード保険が自動付帯

 JCBカードを使用して決済した物品が購入日から90日以内に破損した際に最大100万円を限度に補償してくれる「ショッピングガード保険」が付いています。

ショッピングガード保険の注意点

ショッピングガード保険では国内でのショッピングについては対象外となります。

あくまでもJCBカードで決済をした海外でのショッピングがショッピングガード保険適用の対象となりますので、JCBギフトカードでのお買い物については対象外になります。

自己負担金が必要
、ショッピングガード保険は盗難や事故で壊れてしまった物品の代金をすべて補償してくれるのではなく、1回の事故につき10,000円の自己負担額が発生しますので併せて注意が必要です。

ショッピングガード保険は補償される対象商品や、状況が細かく決められているため、こちらの記事を参考にしてみると良いでしょう。

4.最短翌日にカードが届く

以下の条件を満たせば最短翌日にカードが届きます。

  • JCB一般カードの券面を通常デザインもしくはweb限定デザインにする
  • 平日の午前11時までに申し込む
  • 申し込み日の午前12時までに審査結果が届く

ただし、申し込みの際にインターネットバンキングのキャッシュカードなどを手元に置き、オンライン口座設定をする必要があります。

こんな場合は翌日には届かない!
お住まいの地域によっては翌日に届かない可能性もあります。

ディズニーデザインの券面を選択した場合は発行までに時間がかかりますので、最短でも翌日には届きませんので注意が必要です。

5.QUICPay搭載型のカードがある

 お店の端末にかざすだけでサインいらずで支払いが完了し、ポイントやマイルが貯まるQUICPay機能をJCB普通カードに搭載させることが可能なのです。

QUICPayはユニクロやセブンイレブン、ファミリーマート、すき家などのお店で使用可能です。

また、先ほど例に挙げた衣料品店やコンビニエンスストア、グルメのジャンルにとどまらずガソリンスタンドやドラッグストア、タクシー、スーパーマーケット、百貨店、アミューズメント施設に至るまで幅広いジャンルのお店で使用できますので非常に便利な機能です。

MEMO
QUICPay機能を後で付けたり取り外すことはできませんし、QUICPay搭載カードの場合は券面をディズニーのデザインにすることはできません。

また、発行までに時間がかかるため、手元に到着するまで概ね2週間ほど日数を要しますので注意が必要です。

MEMO
さらにこれらのプロパーカードは2018年10月より、Googleのウォレットサービス「Google Pay」に対応しました。
登録したJCBプロパーカードをQUICPayとして支払いができ、お手軽で便利です。Androidユーザー必見のサービスですよ。

特徴まとめ

今回はJCB一般カードを紹介しました。

カードは最短で翌日手元に届きますし、条件を満たせば2年目以降も年会費がかからないなどメリットが大きいクレジットカードです。

今から新しくクレジットカードを持ちたいという方は今回紹介したことを参考に検討してみてください。