セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは20代前半の海外旅行好きに特におすすめ!ポイントや保険、審査スピードも◎

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは20代前半の海外旅行好きに特におすすめ!ポイントや保険、審査スピードも◎

シェアしてあとで読む

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
25歳以下なら年会費無料!ゴールドカード並の旅行保険が自動付帯など、高コスパの一枚。

「いいかも」度は?
星をタップで投票!

12345
3.80 / 5

読み込み中...
審査情報
難易度
(※独断)
E
入会キャンペーン中
基本情報
年会費通常3,000円(税別)
初年度3,000円(税別) 無料
還元率0.50%~1.00%
発行期間最短3営業日(ネット申込→来店受取の場合は即日発行)
旅行保険海外:自動付帯/国内:利用付帯
電子マネー搭載-
スマホ決済Apple Pay/Google Pay
追加カード家族カード/ETCカード
メリット・デメリット
  • 25歳以下は年会費無料(通常3,000円+税)
  • ネット申込→来店で最短即日発行
  • ゴールドカード並の海外旅行保険が自動付帯
  • 海外での利用は還元率が2倍
  • 有効期限がない永久不滅ポイントが貯まる
  • 使える電子マネーが豊富、Apple Payも利用可
  • ETCカードを無料で発行できる
  • 通常ポイント還元率は0.5%と高くない
  • 家族カード年会費が1,000円+税と少し高め
  • 26歳以上は年会費がかかる(無料で自動付帯の海外旅行保険が目当てならエポスカードが◎)
  • ANA、JAL両マイルに交換できるがレートは低め
  • VISAやMasterCardと比べると世界中での決済力は低め
  • 即日発行の場合はICチップなしのカード
詳細データ
海外旅行保険自動付帯
死亡後遺障害3,000万円
傷害治療300万円
疾病治療300万円
携行品損害10万円
賠償責任3,000万円
救援者費用200万円
国内旅行保険利用付帯
死亡後遺障害3,000万円
入院保険金日額5,000円
通院保険金日額3,000円
手術保険金-
電子マネー・スマホ決済
電子マネー
搭載
-
電子マネー
チャージ
iD(1,000円で2ポイント)/QUICPay(1,000円で1ポイント)/楽天Edy/nanaco
スマホ決済Apple Pay/Google Pay
家族カード
年会費税別1,000円
発行手数料無料
備考※…最大4枚まで発行可能
ETCカード
年会費無料
発行手数料無料
還元率1,000円で1ポイント
備考-
セゾンブルーアメックスに関する記事
よく比較されるカード
特徴が似ているカード
同じ会社のカード
マイスターの評価
25歳以下なら年会費が無料になるアメックス提携クレジットカード。自動付帯の旅行保険、海外で還元率2倍、手荷物無料宅配サービスや海外アシスタンスデスクなど、旅行好きの人や留学予定のある人にピッタリの一枚と言えるでしょう。セゾンなので貯まるのは永久不滅ポイント。じっくりポイントを貯められ、交換先も豊富なので使い勝手も◎です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、セゾンとアメックスの提携カード。(以下セゾンブルーアメックスと記載する。)

セゾンブルーアメックスは20代前半の海外旅行好きにおすすめ!

セゾンブルーアメックスは「U-25応援キャンペーン」を実施しており、年会費3,000円(税別)がなんと25歳以下なら年会費無料。18歳以上から発行可能で、もちろん学生の方も年会費無料で持つことができます。

さらに、海外旅行保険が充実しており、以下のような特徴があります。

  • 自動付帯(持っているだけで保険が効く)
  • 補償額がゴールドカード並

そのため、学生や新社会人など25歳以下の海外旅行をよくする人には非常におすすめなのです。

年会費無料のクレジットカードで海外旅行保険が付帯するものはそもそもかなり少なく、そのほとんどは利用付帯です。セゾンブルーアメックスがいかに珍しく優れているかがわかりますね。

海外旅行保険は自動付帯のものがおすすめ

クレジットカードに付いている旅行保険ではその適用条件には 以下の2種類があります。

自動付帯クレジットカードを旅行に持っていくだけで保険が適用
利用付帯旅費(ツアーや航空券費用)を事前にクレジットカードで支払った場合適用
クレジットカードの旅行損害保険の自動付帯と利用付帯の違い

利用付帯の場合は

  1. ツアー代金
  2. 搭乗する公共交通乗用具

のどちらかを使いたい旅行保険がついているクレジットカードで事前に決済する必要があります。

つまり、旅行保険が「利用付帯」の場合は飛行機のチケット代やタクシー代など旅行にかかる費用を事前にクレカ払いしていなければ保険が効かないのです。

中には「すでに海外旅行の費用を現金で払っちゃったよ。」という人も多いはずです。
そんな時でもセゾンブルーアメックスのように自動付帯のカードでは「出国前に必ず決済する」という条件がないため、気楽に利用することができますね。

年会費無料で海外旅行保険が自動付帯するクレジットカードは少ない

また、年会費無料で海外旅行保険が自動付帯するクレジットカードでおすすめできるのはセゾンブルーアメックスの他にエポスカードくらいです。

エポスカードセゾンブルーアメックス
傷害死亡・後遺障害500万円3,000万円
傷害治療費用200万円300万円
疾病治療費用270万円300万円
賠償責任2,000万円3,000万円
携行品損害20万円(免責3,000円)10万円(免責3,000円)
救援者費用100万円200万円

ただ、セゾンブルーアメックスと比較すると、その補償額の差は歴然。

学生に限った話を言えば「学生専用ライフカード」も年会費無料で海外旅行保険が自動付帯するクレジットカードですが、その補償額はセゾンブルーアメックスよりも劣っています。

他にも年会費無料で自動付帯のものはあるが・・・
他にも自動付帯するクレジットカードはあるのですが、それはどれも「リボ専」と呼ばれるクレジットカードばかり。
「リボ専」では利用額が全て自動でリボ払いになり、「気づいたら手数料が大変な額になっていた」なんてことになりかねないので、クレジットカードの利用に慣れていない人にはあまりおすすめできません。

ゴールドカードと比べても見劣りしない補償額

さらに、海外旅行保険が充実しているとされるアメックスゴールドカード(年会費3万円)と比較しても「傷害治療費用」と「疾病治療費用」の面ではそこまで劣りません。

セゾンブルーアメックスアメックスゴールドカード
傷害治療費用300万円300万円
疾病治療費用300万円300万円

アメックスと提携しているセゾンブルーアメックスならではの補償額の多さですね。

どの補償金額が重要なの?

海外旅行保険ではクレジットカード会社が「最高2000万円!」と最高補償金額を提示しているためかこの数字ばっかりを気にしてしまいがちです。

しかしこの最高補償額というのは、「傷害死亡・後遺障害」の金額のことであり、つまりは旅行中の事故により死亡や後遺障害が残ってしまった時に補償される金額なのです。

現実的に考えてみると旅行中に死亡のリスクがある大事故に遭う確率は稀です。

そのため都市や観光地へなど普通の海外旅行の場合はケガや病気の治療費を補償してくれる「傷害治療費用」と「疾病治療費用」を重視するのが良いでしょう。

セゾンブルーアメックスは25歳以下は年会費無料ながら海外旅行保険はかなり充実しているクレジットカードなのです。

よっぽどのことがない限り十分な補償額でしょう。

また、補償額は複数のカードで合算することができるので、どうしても心配な人は海外旅行保険が自動付帯するエポスカードなどをもう一枚持っておくのがおすすめですよ!

海外旅行保険用のサブカードとして最適

アメックス提携ならではの様々なトラベルサービスを利用できますよ。

セゾンブルーアメックスはその名の通り選択できる国際ブランドは「アメックス」のみ。VISAやMastercardと比べると利用できる店舗数は世界的に見るとかなり少ないです。

国際ブランドとは?
国際ブランドとは、カード券面に書いてある「VISA」や「Mastercard」など決済システムを提供している会社のことです。

アメックスは富裕層向けということもあり大都市に加盟店が集中する傾向があるので、東南アジアなどの途上国ではほとんど利用できません。

そのため、海外旅行をする際にはセゾンブルーアメックスに加えてVISAやMastercardのクレジットカードを持って行くのが良いでしょう。

日本での利用はかなり便利
日本発の国際ブランドJCBは日本国内に加盟店がかなり多いです。
アメックスはそのJCBと提携しており、JCB加盟店ではアメックスでも決済が可能です。
そのため日本国内では何不自由なく決済に利用できるでしょう。

また、セゾンブルーアメックスでは海外旅行保険以外にも様々なトラベルサービスが充実。

  • 海外での利用で還元率が2倍
  • 手荷物無料宅配サービス
  • コートお預かりサービス

海外に持って行くサブカードとしては最適なことがわかりますね。

セゾンブルーアメックスは「海外旅行保険用のサブカード」として非常に優秀なことがわかりましたね。 普段は家に眠らせておき、海外旅行の際に持ち出すお守りカードとするのも良いでしょう!

満26歳になる年に継続か解約か決めればOK

セゾンブルーアメックスは25歳までは年会費無料ですが、満26歳になると年会費がかかるようになります。

年会費を払うのが嫌な場合や使い心地が良くなければ、26歳になる時点で解約をしてしまえばいいわけです。

ただ、26歳を超えてもかかる年会費は3,000円(税別)とかなり安め。その割にかなり充実したサービスを受けられるのでそのまま使い続ける人も多いみたいですよ。

公式サイトから簡単に申し込むことができ、即日発行も可能なので旅行までの日数がない方にもおすすめできます。

セゾンブルーアメックスについてさらに詳しく知りたい人は公式サイトや以下の部分を読み進めてみてください!

セゾンブルー・アメックスは即日発行可能&審査スピードもかなり早い

アメックスブランドのクレジットカードは敷居が高く、とても即日発行なんてできるようなカードではないと思われがちです。

しかし、ページ前半でも書いたとおり意外にもセゾンブルー・アメックスは最短即日発行できます。

アメックスでも最短即日審査!即日発行!

アメックスブランドのクレジットカード=ステータスが高い=審査も長いと考える人も多いかもしれません。

しかしセゾンブルー・アメックスは最短即日での発行に対応しているため、つまり最短即日で審査できる仕組みを持っています。

手抜きをした審査ではなく、長年培ってきたノウハウやシステムによって以前よりも審査スピードを短縮し、審査完了までの早さは業界トップレベルと言っても過言ではありません。

セゾンカードは最短即日発行できるカードが豊富にあります。(即日発行について見逃した方は「1.最短即日発行できるクレジットカード」をご覧ください。)

注意
来店でのお受け取り(最短即日発行)の場合は、ICチップ機能の無いカードのお渡しとなります。あらかじめご了承ください。

アメックスのグリーンカード等とは異なる審査基準

セゾンブルー・アメックスの券面にはアメックスの証とも言える「百人隊長のロゴ」が描かれています。

そのため、セゾンブルー・アメックスもAmerican Expressのプロパーカードだと認識してしまっている方もいるかもしれませんが、発行会社はあくまでもアメックスブランドと提携している国内大手クレジットカード発行会社である「セゾン(正式名称はクレディセゾン)」。つまりセゾンカードになります。

アメックスのグリーンカードやゴールドカードなどのプロパーカードとは審査基準が異なると理解しておきましょう。

プロパーカードって?

プロパーカードとは簡単に言えば国際クレジットブランド自体で審査~カード発行まですべてを担っているクレジットカードのことを指します。ちなみに現在のところ、プロパーカードを発行しているのはアメックス・JCB・ダイナースカードの3社のみ。

審査難易度は比較的高く、ステータスも同ランクの他ブランドと比べて高いと言われています。

セゾンブルー・アメックスには追加できるお得な機能が満載!

現在主流となっているクレジットカードは、クレジット機能だけではなくETCカードや電子マネー機能が追加できるものが多いです。セゾンブルー・アメックスカードも例外ではなく以下の3つを追加発行できます。

  • ETCカード
  • 家族カード
  • 後払い方式の電子マネー(iD/QUICPay)

ETCカード

ETCカードは有料道路の通行料金を自動でクレジットカードから支払ってくれる便利なカード。ETCカードを利用することにより、スムーズなキャッシュレス決済が可能になります。

ETCカードは2012年に全国展開し、今や普及率が90%を越えるなど持っていない人の方が珍しい時代に突入してきました。

セゾンブルー・アメックスカードを持っている方であれば、セゾンカウンターでETCカードを即日発行することも可能です。(他の方法でもETCカードを申し込むこともできますが、その場合は早くても2週間ほどは見ておく必要があります)おかなければなりません。

セゾンブルー・アメックスのETCカード概要

年会費無料
発行手数料無料
ポイント1,000円利用ごとに1ポイント(約5円相当)の永久不滅ポイント

車での移動が多い方はセゾンブルー・アメックスと併せてETCカードの申し込みもおすすめです。

家族カード

家族カードを発行して、家族みんなでクレジットカードを利用してポイントを貯めたり特典を享受したい人も多いですよね。

セゾンブルー・アメックスにも家族カードがありますが、本会員のクレジットカードと家族カードの同時申し込みはできません。(本カードが届いてから家族カードの申し込みができる)

セゾンブルー・アメックス家族カードの概要

年会費1,080円(税込)
ポイント還元率0.50%~1.00%
付帯保険旅行傷害保険(国内・海外)、ショッピング保険
発行可能限度枚数4枚

下記のように、基本的には本会員と同様の恩恵を受けられます。

  • 月間利用金額1,000円につき1ポイント(約5円相当)の永久不滅ポイントが貯まる。
  • 国内、海外ともに旅行損害保険、ショッピング保険も付帯されている。
  • 海外でのショッピング利用分は2倍の永久不滅ポイントが貯まる。

家族会員が獲得したポイントは自動的に本人会員のポイントに合算されるため、家族みんなでセゾンブルー・アメックスを使うことでよりポイントが貯まりやすくなると言えますね。

ファミリーカード(家族カード)の申し込み方法は3つ!

  1. 電話をして資料請求→届いた書類の中に入った申込書に必要事項を記載して返送しての申し込み
  2. セゾンブルーアメックスカードを受け取り後、セゾンカード会員専用インターネットサービス「Netアンサー」からの申し込み
  3. セゾンブルーアメックスカード受け取り後、セゾンカウンターでの申し込み

セゾンブルーアメックスファミリーカードの特徴についてはまだまだあるので、より詳しく知りたい方は公式サイトをチェックしてみてください。

iDとQUICPay

セゾンブルー・アメックスはETCカードや家族カードだけでなく、ポストペイ型電子マネーの主流である「iD」や「QUICPay」も追加発行できます。

iDとQUICPayの利用方法は簡単で、あらかじめ設定したおサイフケータイに対応しているスマートフォンを、各加盟店にある専用の読み取り機にタッチするだけです。

iDとQUICPayに共通している特徴としては以下のようなものが挙げられますね。

  • 年会費や発行手数料などは一切かからない
  • 後払い型電子マネーなので残高を気にせずに買い物ができる
  • 現金不要でスピーディーなキャッシュレス決済が可能に

さらにiDの場合は、iD利用分の永久不滅ポイントが通常の2倍にUPします。(事前に「セゾンiD」の申し込みが必要です)

ただしiDやQUICPayの申し込みができるのは本人会員のみで、家族会員は利用できません。

まとめ

いかがでしたか?このページではセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード 、通称セゾンブルー・アメックスについて詳しくまとめました。

通常年会費が3,000円(税別)かかるアメックスブランドのセゾン一般カードですが、もう一度魅力をまとめてみましょう。

  • 年会費3,000円(初年度は無料)、18~25歳は年会費無料
  • セゾンカードなので長期的に貯めやすい「永久不滅ポイント」が貯まる
  • 通常ポイント還元率は0.5%だが、海外では1.0%、セブンイレブンで1.5%にする方法もある
  • セゾンポイントモールを利用することで最大30倍のポイント付与も!
  • 年間100万円までのショッピング保険、不正利用から守るオンラインプロテクションが付帯
  • 一般的なゴールドカード並の「最大3,000万円の国内・海外旅行損害保険」が自動付帯
  • 手荷物無料配送サービス、日本語対応してくれる海外アシスタンスデスクなども充実
  • 家族カードやETCカード、ポストペイ型電子マネー「iD」なども完備

今回まとめた以外にも、チケットの先行予約&優待割引などさまざまなサービスもあります。

セゾンブルー・アメックスはショッピングはもちろん、旅行にも強い便利なクレジットカードと言えるでしょう。