JCB GOLD EXTAGEは20代限定のコスパ最強カード!審査や保険などのメリットを解説 | クレマイ
JCB GOLD EXTAGEは20代限定のコスパ最強カード!審査や保険などのメリットを解説

JCB GOLD EXTAGEは20代限定のコスパ最強カード!審査や保険などのメリットを解説

シェアしてあとで読む

JCB GOLD EXTAGEカード申し込む前にチェック!

29歳以下限定の若者向けJCBのゴールドカード。入会後3ヶ月間はポイントが3倍、4ヶ月目以降は1.5倍。
年会費通常3,240円
初年度3,240円 無料
還元率0.50%~2.50%
発行期間通常1週間程度
旅行保険海外:利用付帯/国内:利用付帯
電子マネー搭載-
スマホ決済Apple Pay/Google Pay
追加カード家族カード/ETCカード
メリット
  • 20代限定の年会費3,000円のヤングゴールドカード
  • 初回更新時(5年後)にJCBゴールドに自動アップグレード
  • 海外旅行保険の補償額が充実(利用付帯)
  • 国内主要31空港、ホノルルの空港ラウンジが無料で使い放題
  • ETCカードや家族カードの年会費が無料
  • Amazonやセブンイレブンでポイントが貯まりやすい
  • 電子マネーQUICPayと相性が良くキャッシュレス◎
デメリット
  • ポイント還元率は0.75%と中途半端
  • 学生は原則取得できない…(裏技アリ)
  • JCB ゴールドザプレミアへのランクアップはなし
  • JCBブランドは海外で加盟店数が少なく使い勝手△
  • 20〜29歳で大卒初任給くらいの年収があればOK
  • 最短10分で審査が完了し、最短3営業日発行

JCB GOLD EXTAGEカードの口コミはまだ投稿されていません。

口コミを大募集中です!現在メンテナンス中です。

海外旅行保険利用付帯
死亡後遺障害5,000万円
傷害治療200万円
疾病治療200万円
携行品損害100万円
賠償責任3,000万円
救援者費用200万円
国内旅行保険利用付帯
死亡後遺障害5,000万円
入院保険金日額5,000円
通院保険金日額2,000円
手術保険金20万円
ラウンジサービス
利用可能ラウンジ国内主要空港ラウンジが無料
電子マネー・スマホ決済
電子マネー
搭載
-
電子マネー
チャージ
QUICPay(1,000円で1ポイント)/楽天Edy
スマホ決済Apple Pay/Google Pay
家族カード
年会費1,080円(※)
発行手数料無料(※)
備考※…一枚目は無料
※…5年後JCBゴールドカードに自動更新する前に解約した場合、発行手数料として一枚につき2,160円
ETCカード
年会費無料
発行手数料無料
還元率1,000円で1ポイント
備考-
キーワードでわかるJCB GOLD EXTAGEカード

「いいかも?」と思う度合いを5段階評価で教えてください。(星をタップで投票)

12345
「いいかも」スコア:4.00 / 5

読み込み中...
マイスターの評価
日本唯一の国際ブランド「JCB」が直接発行の20代限定のゴールドカード、JCB GOLD EXTAGE。年会費3,000円にも関わらず、サービス内容はJCBゴールド(年会費1万円)に遜色なく、国内の主要空港ラウンジサービスや旅行保険も超充実。初回更新時(5年後)にJCBゴールドに自動アップグレードとランクアップの道筋も明確で、将来的にJCBのハイステータスカードを取得したい人にも非常におすすめです。
JCB GOLD EXTAGEカードとよく比較されるカード
JCB GOLD EXTAGEカードに関する人気コラム

日本唯一の国際ブランド「JCB」が直接発行している、20代限定のゴールドカード。それがJCB GOLD EXTAGE

ゴールドカードは審査基準がある程度高く設定されており、30代になるまで取得しづらいのが現実。

しかし敢えてターゲット層を20代に絞ったJCB GOLD EXTAGEは入手しやすく、サービスもJCBゴールド並みに充実

ランクアップの道筋も明確なため、将来的にJCBのハイステータスカードを取得したい人にも非常におすすめです。(30歳以上の方はJCBゴールドをご覧ください)

かんたんに特徴をまとめてみました。

JCB-GOLD-EXTAGEのメリット&デメリット

JCB GOLD EXTAGEの7つのメリット

JCB GOLD EXTAGEのメリットは大別すると以下の7つ。

  1. 年会費が3,000円と格安
  2. 初回更新時(5年後)にJCBゴールドに自動アップグレード
  3. 海外旅行保険の補償額が充実(利用付帯)
  4. 国内主要31空港・ホノルルの空港ラウンジが無料で使い放題
  5. ETCカードや家族カードの年会費が無料
  6. Amazonやセブンイレブンでポイントが貯まりやすい
  7. 電子マネーQUICPayと相性が良くキャッシュレス◎

一つひとつ確認していきましょう。

1.年会費が3,000円と格安

JCB GOLD EXTAGEの最大の利点は、年会費が3,000円(税別)と格安なこと。

標準的なゴールドカードの年会費は1万円程度が相場なのでこれはお得です。

年会費特徴
年会費格安
ゴールドカード
無料〜2,000円保険内容やサービスは一般カードよりも少しいいくらい
ヤング向け
ゴールドカード
3,000〜5,000円20代だけが発行でき、年会費こそ安めだが、サービス内容は標準的なゴールドカードに遜色なし
標準的な
ゴールドカード
10,000円〜空港ラウンジ・旅行傷害保険が充実
ハイステータス
ゴールドカード
20,000円〜ステータス性が高く、カード会社ごとにオリジナルのサービスも付帯

サービスはJCBゴールド並みに充実

そもそもJCB GOLD EXTAGEは、20代のうちからゴールドカードの良さを知ってもらい、その後もJCBを継続利用してもらうことが目的。

そのため受けられるサービスはJCBゴールド(年会費1万円)並みに充実しています。

JCBゴールドカード
JCBゴールドカード
JCB GOLD EXTAGEカード
JCB GOLD EXTAGEカード
年会費10,800円3,240円
海外旅行保険最高1億円最高5,000万円
空港ラウンジ国内主要空港国内主要空港

JCB GOLD EXTAGを発行し20代だけの特権を有効活用しましょう。

2.初回更新時(5年後)にJCBゴールドに自動アップグレード

JCB GOLD EXTAGEは5年後の初回更新時にJCBゴールドカードに自動切り替えされます。

JCBゴールドカードのメリット&デメリット|ザ・プレミアや審査基準、ラウンジ、海外旅行保険など完全ガイドJCBゴールドカード

国内主要空港ラウンジや、自動付帯の旅行保険なども充実したステータスカード。格式ある一枚。

今なら新規入会で
最大15,000円相当のプレゼント!
公式:https://www.jcb.co.jp
1分で分かる!
JCBゴールドカード
  • JCBプロパーゴールドのステータスと信頼性
  • 自動付帯の手厚い国内&海外旅行保険
  • 国内の主要空港ラウンジを利用可
  • 海外利用はポイント2倍に(1.0%)
  • 飛行機の遅延などの補償もあり
  • ETCカードは無料、家族カードも一枚目は年会費無料で発行可
  • QUICPay一体型カードも選べる
  • 年100万円以上の利用でプライオリティパス等がつく「JCBゴールドザプレミア」にランクアップ可
  • 最短即日発行できる(翌日配達)
  • 通常ポイント還元率は0.5%と高くない(特約店は多いが還元率を重視するならJCBカードWが◎)
  • ゴールドカードらしい年会費(初年度は無料)
  • 海外では使えない地域もある

さすがはJCB直接発行のゴールドカードだけあって、サービスや保険が充実している分取得難易度は高く、いきなり申し込んでもなかなかな審査に通りづらいカード。

ステータス性抜群のJCBゴールド取得の道筋が明確なJCB GOLD EXTAGEを20代のうちに発行するのはかなりクレバーですよ。

再審査には注意
自動ランクアップと言えど、あくまで申し込み手続きが必要ない、という意味。

所定の審査が行われるため、延滞や返済が多いなど利用実績が悪いと発行できないことも

しかし裏を返せば、きちんと使っていればJCB内での印象は良くなり、いきなり申し込むよりも圧倒的に取得しやすいです。

さらに使い続けると、プラチナカードのJCBプラチナ、最終的には最高ランクのJCBザ・クラスを取得できる可能性も。

3.海外旅行保険の補償額が充実(利用付帯)

JCB GOLD EXTAGEには最高5,000万円の海外旅行保険が付帯します。

補償額保険の対象
死亡後遺障害5,000万円死亡・後遺症が残った時
傷害治療200万円ケガをした時
疾病治療200万円病気をした時
携行品損害100万円ケータイやカメラなど所持品を盗難・破損したとき
賠償責任3,000万円他人をケガを負わせた時や他人のモノを壊した時
救援者費用200万円入院時・行方不明時の救援者の旅費や探索費用
利用付帯には注意が必要
旅行保険の適用条件が「利用付帯」には注意が必要。

クレジットカードの旅行損害保険の自動付帯と利用付帯の違い

事前に旅費の一部をJCB GOLD EXTAGEで決済しないと、保険が適用されません。

とはいえ、空港までのバス代やタクシー代の支払いでもOKなので、そこまでハードルが高くはないです。

「とにかくなんらかの旅費はJCB GOLD EXTAGEで払う!」と覚えておけば大丈夫でしょう。

補償額はかなり多い方だが…

海外旅行保険の保証内容で重要(使う可能性が高い)な項目はケガや病気の治療費「傷害・疾病治療費用」です。

JCB GOLD EXTAGEの「傷害・疾病治療費用」は200万円とかなり多め

アメリカのように医療費が高い地域に行く場合は、万が一に備えて海外旅行保険つきのカードを複数枚持っておきたいところです。

自動付帯のクレカをもう1枚持っておきたい
旅行保険用のお守りカードは、持っていくだけで保険が適用される“自動付帯”のカードを選ぶのがいいです。

そこでおすすめなのが、エポスカード

エポスカードのメリット・デメリットエポスカード

年会費無料で海外旅行保険が自動付帯、全国10,000以上の店舗で割引やポイントアップも。

今なら新規入会で
最大5,000円相当のエポスポイント!
公式:https://www.eposcard.co.jp

  • 年会費無料
  • 海外旅行保険が自動付帯
  • 補償額が充実(傷害治療:200万円、疾病治療270万円)

年会費無料のカードでは“最強”と呼ばれており、ツーリスト・バックパッカーから熱烈な支持があるカードです。

4.国内主要31空港・ホノルルの空港ラウンジが無料で使い放題

JCB GOLD EXTAGEでは、国内主要31空港とホノルルの空港ラウンジを無料で利用できます。

空港ラウンジ
北海道新千歳空港・スーパーラウンジ
・ロイヤルラウンジ
函館空港・国内線ビジネスラウンジ
旭川空港・LOUNGE 大雪(TAISETSU)
東北青森空港・エアポートラウンジ
秋田空港・ラウンジロイヤルスカイ
仙台国際空港・ビジネスラウンジ
北陸新潟空港・エアリウムラウンジ
富山空港・らいちょう
小松空港・スカイラウンジ白山
中部中部国際空港セントレア・プレミアムラウンジセントレア
富士山静岡空港・YOUR LOUNGE
関東成田空港第1旅客ターミナル
・IASS EXECUTIVE LOUNGE 1 」
第2旅客ターミナル
・IASS EXECUTIVE LOUNGE 2
羽田空港第1旅客ターミナル
・エアポートラウンジ(中央)
・POWER LOUNGE NORTH
・POWER LOUNGE SOUTH
第2旅客ターミナル
・エアポートラウンジ(南)
・エアポートラウンジ(北)
・POWER LOUNGE NORTH
国際線旅客ターミナル
・SKY LOUNGE/SKY LOUNGE ANNEX
近畿関西国際空港・比叡(ひえい)
・六甲
・アネックス六甲
・金剛
・KIXエアポートラウンジ
伊丹空港・ラウンジオーサカ
神戸空港・ラウンジ神戸
中国岡山空港・ラウンジ マスカット
広島空港・ビジネスラウンジ「もみじ」
米子鬼太郎空港・ラウンジDAISEN
山口宇部空港・ ラウンジきらら
四国高松空港・ラウンジ讃岐(さぬき)
松山空港・ビジネスラウンジ
徳島阿波おどり空港・ヴォルティス
九州福岡空港・くつろぎのラウンジTIME
・ラウンジTIMEインターナショナル
北九州空港・ラウンジひまわり
大分空港・ラウンジくにさき
長崎空港・ビジネスラウンジ「アザレア」
阿蘇くまもと空港・ラウンジ・ASO
鹿児島空港・スカイラウンジ菜の花
沖縄那覇空港・ラウンジ華(hana)
ハワイダニエル・K・イノウエ国際空港国際線ターミナル
・IASS HAWAII LOUNGE

使えるのはいわゆる“カードラウンジ”で、内装はかなり質素で、利用者数も多く混雑しており、“超快適”ということはないです。

場所も保安検査場の外なので、フライトギリギリまでゆっくりできるわけでもないですが、空港に早く着きすぎた時には便利ですよ!

海外の空港ラウンジは使えない

JCB GOLD EXTAGEで使える空港ラウンジはあくまで国内のみ。プライオリティ・パスなども付帯しておらず、基本的に海外の空港ラウンジは利用できません

プライオリティ・パス=世界中の豪華な空港ラウンジを利用できる会員制サービス

海外旅行や出張が多い人は、プライオリティ・パスが無料の楽天プレミアムカードあたりを検討してみるのもアリでしょう。

楽天プレミアムカードのメリット&デメリット|プライオリティ・パスで高級空港ラウンジ使い放題のコスパNo.1ゴールドカード楽天プレミアムカード

オールマイティな楽天カードの二ランク上のゴールドカード。ポイント還元率と充実したサービスを見事に両立。

今なら新規入会で
最大13,000円相当のポイント!
公式:https://www.rakuten-card.co.jp

またJCBゴールドのワンランク上のJCBゴールド・ザ・プレミアにはプライオリティ・パスがつくので、30代以降に

5.ETCカードや家族カード

JCB GOLD EXTAGEは「My JCB」(JCBの会員専用Webサービス)からETCカードや家族カードを追加で申し込めます。

家族カードETCカード
年会費無料
(2枚目以降1,080円)
無料
発行手数料無料無料

どちらも年会費・発行手数料ともに無料なので、気軽に申し込みできますね。

家族カードは2枚目以降有料ですが、1,080円と格安なので、お子さんの分を発行してもそれほど負担になりませんよ。

6.Amazonやセブンイレブンでポイントが貯まりやすい

JCB GOLD EXTAGEは「JCB ORIGINAL SERIES」の一枚。

加盟店「「JCB original seriesパートナー」でポイント特約があり、Amazonやセブンイレブンなどの対象店舗ではさらに還元率がアップします。

  • Amazon:1.75%
  • セブンイレブン:1.75%
  • スターバックス:5.25%

7.電子マネーQUICPayと相性が良くキャッシュレス◎

JCB GOLD EXTAGEではJCBが提供する電子マネーQUICPayを利用できます。

QUICPayはポストペイ型の電子マネーで、利用した後に紐づけられたクレジットカードから引き落とされる形式。

そのため、事前にチャージする必要がなく、実質カード払いができる便利な電子マネーです。(もちろんポイントも貯まります。)

大手コンビニはもちろん、ガソリンスタンドやスーパー、カフェなど、多くの場所で使えます。(くわしくはQUICPayの利用可能店舗

Apple Payで使うのがベスト

JCB一般カードなど、一部のJCB ORIGINAL SERIESでは、QUICPayと一体型のクレジットカードを発行できますが、JCB GOLD EXTAGは不可

別カードのQUICPayに結びつける必要があり、少し不便です。

ただiPhoneユーザーならApple PayにJCB CARD Wを登録すれば、QUICPayとして使えるので、身軽で便利ですよ。

Google Payでも使える
2018年10月9日よりJCBのクレジットカードがGoogle Payに対応。


今のところGoogle Payで使えるクレジットカードはJCBとJACCSのみで、かなり貴重です。Google pixelを購入した方はJCBのカードを一枚持っておきたいですね。

JCB CARD WをGoogle Payに登録すると、QUICPayに対応している店舗で利用できるようになりますよ。

JCB GOLD EXTAGEの4つのデメリット

のデメリットは大別すると以下の4つ。

  1. ポイント還元率は0.75%と中途半端
  2. 学生は原則取得できない…(裏技アリ)
  3. JCB ゴールド・ザ・プレミアへのランクアップはなし
  4. JCBブランドは海外で加盟店数が少なく使い勝手△

とはいえヤングゴールドカードとしてはかなり秀逸な部類で、ここで挙げるデメリットは“ないものねだり”な感じがあります。

“注意点”くらいの感覚で捉えておけばOKです。

1.ポイント還元率は0.75%と中途半端

JCB GOLD EXTAGEのポイント還元率は0.75%

楽天カードが「1.0%」を考慮すると高還元率か微妙なラインですが、通常のJCBカードの1.5倍の還元率。(EXTAGEボーナス)

楽天カード
楽天カード
JCB一般カード
JCB一般カード
JCB GOLD EXTAGEカード
JCB GOLD EXTAGEカード
還元率1.0%0.5%0.75%

さらにポイントアップのチャンスが多くあるので、意外とポイントは貯まりやすいです。

  • 海外利用でポイント2倍(1.0%)
  • 入会後3ヶ月はポイント3倍(1.5%)
  • OkiDokiランド経由のネットショッピングでポイント最大20倍
  • JCB ORIGINAL SERIESパートナーで還元率UP(スタバやセブンイレブン)

2.学生は原則取得できない…(裏技アリ)

申し込み条件にある通り、基本的には学生は申し込み不可

職業を「学生」と選択するとエラーが出てしまいます。

JCB GOLD EXTAGEは学生申し込み不可

ただ、空港ラウンジなど使わないサービスも多いと思うので、年会費無料の一般カードや学生向けカードで十分だと思いますよ。

JCB CARD EXTAGEのメリット&デメリットJCB CARD EXTAGE

学生や20代の方向けのカード。JCB一般カードよりポイント還元率も高く、初めての一枚としては十分な機能。

公式:https://www.jcb.co.jp
JCB CARD WはAmazon高還元率!plus Lの違い、キャンペーンや審査もメリット・デメリットに分けて解説JCB CARD W

JCBオリジナルシリーズの最新作。年会費無料×高いポイント還元率を実現した、WEB申し込み限定プロパーカード。

今なら新規入会で
最大13,000円相当のプレゼント!
公式:https://www.jcb.co.jp

アルバイトしていれば可能性アリ

学生の方でも職業欄を「アルバイト」と記入すればJCB GOLD EXTAGEを取得できる可能性も

ただ、そもそもアルバイトは属性上審査に通りづらいので、発行できないことも多いにあります。

また虚偽申告とみなされる場合もあるので、心配な人は年会費無料の一般カードを発行しましょう。

3.JCB ゴールド・ザ・プレミアへのランクアップはなし

JCBゴールドカードでは2年連続で年間100万円以上使うと、JCBゴールド ザ・プレミアにランクアップします。

JCBゴールドザ・プレミア

プライオリティ・パス(海外の高級空港ラウンジ使い放題)など上質なラグジュアリーサービスが追加され、クレカ好きの間ではコスパ最強カードと評される人気カードで、多くの人が取得を目指しています。

しかし、JCB GOLD EXTAGEはザ・プレミアへのランクアップはありません。

5年後に更新時にJCBゴールド→さらに2年使いこむ→ザ・プレミア取得の道のりは長いです。

4.JCBブランドは海外で加盟店数が少なく使い勝手△

当たり前の話ですが、JCB GOLD EXTAGEで選択できる国際ブランドはJCBのみ。

JCBはやはりVISAやMasterCardと比較すると、加盟店が圧倒的に少なく、海外だと決済できない地域も多いです。

海外旅行にJCBゴールド1枚で行く、というのはおすすめできません。(VISAにしろMasterCardにしろ、海外は複数のカードを持っていきたいところですが。)

国内での使い勝手は抜群

確かに海外では使い勝手が決して良くないJCBですが、国内での利便性は抜群

日本発の国際ブランドということもあり、ほとんどのカード決済可能店舗でJCBカードを利用できます。

15〜20年前まではJCBしか使えない店も多かったみたいです。(主に地方都市)

逆に最近ではVISA・MasterCardしか使えない店も増えてきているみたいですが、カード決済の守備範囲を広げるという意味では、JCBのカードを1枚持っておいていいと思います。

アメックスやディスカバーカード加盟店でも使える
JCBはアメックス・ディスカバーカードの2つの国際ブランドと加盟店を相互開放しています。

つまり、アメックス・ディスカバーカードを使えるところなら、JCBでも決済できるわけです。

ディスカバーカードはアメリカで主要な国際ブランドなので、JCBカードでもアメリカくらいなら使いやすそうですね。

ハワイ・グアム・台湾などは加盟店が多く使いやすい

世界全地域で考えるとJCB加盟店は少ないですが、日本人がよく観光にいく、ハワイやグアム・台湾・韓国はJCB加盟店はかなり多いです。

“海外ならこのあたりしか行く予定ないなー”という感じならJCBゴールドでも不自由を感じることは少ないでしょう。

海外出張が多い、旅行大好き、という人はやはりVISAかMasterCardブランドのカードを持っておきたいところです。

JCB GOLD EXTAGEの審査

いざ申し込んでも、審査に通過できないと元も子もないですね。

そこでJCB GOLD EXTAGEの申し込み条件や審査基準を解説します。

  • 審査基準:20歳以上で年収300万円程度はほしい
  • 審査難易度:年会費が同等のゴールドカードと比較するとやや難しめ
  • 発行期間:最短即日発行、翌日届くので急ぎの時でもOK

審査時間や発行期間が大体どれくらいなのかも併せて解説していきます。

審査基準や難易度:20〜29歳で大卒初任給くらいの年収があればOK

JCB GOLD EXTAGEの申し込み条件は「20〜29歳(学生を除く)で安定した収入がある」こと。

早いうちから良さを知ってもらい、その後も自社のカードを継続利用して欲しい意図があり、20代で定職に就いていればまず発行できることでしょう。

安定継続収入といっても求められるハードルはそこまで高くないので、主婦やアルバイトでも年収が150〜200万円程度あれば取得できる可能性はあります。

あくまで目安ですが、審査通過の口コミを元に判断すると、職業別では次のように考えてみてもいいかもしれません。

公務員
経営者・会社役員
会社員
個人事業主
自由業
専業主婦
学生×
パート・アルバイト
無職×
クレマイでは審査難易度C
クレマイ編集部が独自で発行者の口コミを調査しG〜AAクラスに審査難易度を分類しています。

その結果JCB GOLD EXTAGEの審査難易度はCに。

求めらる年収や属性は一般カードの少し上くらい。大卒の初任給くらいあれば十分でしょう。

審査時間や発行日数:最短10分で審査が完了し、最短3営業日発行

JCB GOLD EXTAGEでは、ほとんどの人が機械によるスコアリング審査だけで終わるので、審査時間はかなり早いです。

最短数10分〜5,6時間ほどで、審査完了のメールが届くでしょう。

ただし年収が少ない、不安定な職業、過去に延滞をしたクレヒスが悪い)などで、スコアリングの点数が基準値を下回った場合、人の手による審査に切り替わり1週間以上待たされることもあります。

クレヒスとは?
クレヒスとはクレジットヒストリー略で、クレジットカードやローンの支払い履歴のことです。

過去に延滞や踏み倒し、カードの強制解約を食らっている人はクレヒスが悪く、クレジットカードの審査に通りづらくなります。

とはいえ、20代の場合ほとんど関係のない話でしょう。

JCB GOLD EXTAGEのよくある質問

JCB GOLD EXTAGEに関するよくある質問をQ&A形式でまとめました。

  • Q.JCB CARD EXTAGEとの違いは?
  • Q.三井住友VISAプライムゴールドカードとどっちがいいの?
  • Q.限度額はどれくらい?

Q.JCB CARD EXTAGEとの違いは?

JCB GOLD EXTAGEのワンランク下に位置するのがJCB CARD EXTAGE

かんたんに違いをまとめてみました。

JCB CARD EXTAGE
JCB CARD EXTAGE
JCB GOLD EXTAGEカード
JCB GOLD EXTAGEカード
年会費無料3,240円
申し込み条件18〜29歳
(学生も可)
20〜29歳
(学生不可)
還元率0.75%0.75%
海外旅行保険最高2,000万円最高5,000万円
空港ラウンジなし国内主要空港

海外に絶対行かない、もしくは学生の方はJCB CARD EXTAGEでもOK。

ただJCB CARD EXTAGEよりは、2017年に登場したJCB CARD W(還元率常時1.0%)の方がおすすめですよ。

Q.三井住友VISAプライムゴールドカードとどっちがいいの?

JCB GOLD EXTAGEとよく比較されるのが、同じく20代限定の三井住友VISAプライムゴールドカード

三井住友VISAプライムゴールドカードのメリット&デメリット三井住友VISAプライムゴールド

20代限定の若者向け三井住友のゴールドカード。空港ラウンジ・海外旅行保険充実でイチオシのカード。

今なら新規入会で
最大8,000円相当のポイント!
公式:https://www.smbc-card.com

かんたんに違いを表にまとめてみました。

三井住友VISAプライムゴールド
三井住友VISAプライムゴールド
JCB GOLD EXTAGEカード
JCB GOLD EXTAGEカード
年会費5,400円3,240円
国際ブランドVISAJCB
海外旅行保険最高5,000万円最高5,000万円
空港ラウンジ
ランクアップ先JCBゴールドカード
JCBゴールドカード
三井住友ゴールドカード
三井住友ゴールドカード

海外旅行保険や空港ラウンジサービスなど、特典やサービスは似通っています。

基本的には三井住友とJCBどっちが好みかで選べばOK。あとは年会費と国際ブランドに相談です。

  • 海外旅行や出張が多い→三井住友VISAプライムゴールド
  • なるべく年会費を抑えたい→JCB GOLD EXTAGE
  • すでにVISAを持ってる→JCB GOLD EXTAGE

Q.限度額はどれくらい?

JCB GOLD EXTAGEの限度額は公式サイトを参照してください。(審査によって個別に設定されるため)

ちなみにクレジットカードの限度額と年収の目安はこんな感じでしょうか。(あくまでクレマイ編集部の見解で実際の限度額とは異なる場合があります。)

年収限度額
〜100万円5〜30万円
100万円〜10〜50万円
200万円〜20〜80万円
300万円〜30〜100万円
500万円〜50〜300万円
700万円〜80〜500万円
1,000万円〜100万円〜

総評:20代にイチオシのコスパ最強ゴールドカード

今回はJCB GOLD EXTAGEのメリット&デメリット、審査についてくわしく解説しました。

最後に重要なポイントをおさらいしておきましょう。

  • 20代限定の年会費3,000円のヤングゴールドカード
  • 初回更新時(5年後)にJCBゴールドに自動アップグレード
  • 海外旅行保険の補償額が充実(利用付帯)
  • 国内主要31空港・ホノルルの空港ラウンジが無料で使い放題
  • ETCカードや家族カードの年会費が無料
  • Amazonやセブンイレブンでポイントが貯まりやすい
  • 電子マネーQUICPayと相性が良くキャッシュレス◎
  • ポイント還元率は0.75%と中途半端
  • 学生は原則取得できない…(裏技アリ)
  • JCB ゴールド・ザ・プレミアへのランクアップはなし
  • JCBブランドは海外で加盟店数が少なく使い勝手△
  • 20〜29歳で大卒初任給くらいの年収があればOK
  • 最短10分で審査が完了し、最短3営業日発行

JCB GOLD EXTAGEは20代限定のゴールドカードで年会費は3,000円と格安。

反面サービス・保険はJCBゴールドに遜色ないほど充実しているハイコスパカードです。

20代で選ぶゴールドカードとして、他に選択肢がないほど傑出したカードだと思いますよ。