ミライノカードはこんな人におすすめ!特徴まとめ

212

ミライノカードの基本情報

ミライノカードはこんな人におすすめ!特徴まとめ

  • JCB
口コミ件数:0件

毎月のカード利用合計金額1,000円につきミライノポイントが5ポイント貯まる。貯まったポイントは、1,000ポイントから住信SBIネット銀行のスマプロポイントに交換可能。ミライノカードに入会、住信SBIネット銀行を引き落とし口座に設定すると、住信SBIネット銀行のカードローン金利が、年0.1%引き下げ。

発行会社住信SBIネット銀行株式会社
年会費初年度無料
次年度以降972円
備考-
還元率通常0.50%
最大1.00%
利用限度額20万円 〜 100万円 学生10万円
発行期間最短1週間
旅行損害保険国内あり(2,000万円)
海外あり(2,000万円)
ショッピング損害保険あり
電子マネー対応iDQUICPay
ポイントプログラムミライノポイント

ミライノカードはこんな人におすすめ!

  • 住信SBIネット銀行の口座がある人
  • ポイント還元率の高い銀行系クレジットカードを持ちたい人
  • JCBブランドにこだわりのある人
  • 国内旅行や海外旅行に良く行く人
  • 電子マネー「QUICPay」を利用したい人

こんな人には向かないかも・・・
住信SBIネット銀行の口座が無い人はミライノカードを持つメリットが少なくなるために注意が必要です。
その他にも国際ブランドはJCBのみという関係上、VISAやマスターカードを持っておきたい人にも向かないでしょう。
年間10万円以上利用しない人は年会費が発生しますので事前に把握しておいて下さい。

ミライノカードはネット銀行でお馴染み、住信SBIネット銀行が発行するクレジットカードです。

以前はSBIカードを発行していましたが2018年1月に終了となり、ミライノカードへと移行しています。

採用している国際ブランドは国内やアジアの加盟店に強いJCBです。

年会費は900円の設定ですが、年間10万円以上クレジットカードを利用すると次年度年会費無料にすることが可能。

年0.1%とわずかではありますが、カードローンの金利引下げ特典が付いているため、借入を考えている人も注目してみてはいかがでしょう。

ミライノカードの5つのポイント(特徴)

  1. 最大1.0%のポイント還元率
  2. ポストペイ型の電子マネー「QUICPay」を利用できる
  3. お得なスマートプログラム
  4. 様々なサービスが付いている
  5. 安心な保険が付いている

ここからはミライノカードにある5ポイントを紹介していきます。

クレジットカードを作成する時の参考にしてみて下さい。

1.銀行系の割にポイント還元率が高い

銀行系クレジットカードは信頼感がある代わりにポイント還元率が低いというデメリットがありました。

そんな時でもミライノカードなら最大1.0%のポイント還元率となっており、銀行系の割に高い水準になっています。

現金に交換できる

ミライノカードでは1,000円ごとに5ミライノポイント貯まります。

貯めたミライノポイントはスマプロポイントに交換することが可能です。

クレジットカードで貯めたポイントは商品やサービスに交換するものというイメージが強いですが、スマプロポイントは現金に交換できます

ミライノカードの場合、ミライノポイントの有効期間は2年間となっていますが、交換先が見当たらないまま、有効期限が過ぎてしまうという心配は殆ど無いでしょう。

現金に交換した後は自由に使うことが可能で、そのまま貯金しても構わないのです。

交換レートは1,000ミライノポイント→2,000スマプロポイント=2,000円分。

現金に交換した時のポイント還元率は1.0%となるため、商品に交換できる一般カードよりもお得感がありますよ。

クレジットカードの利用代金に使える

ミライノポイントはクレジットカードの利用代金に使えるため、日頃からカードショッピングを楽しんでいる人にもお得です。

交換レートは1,000ミライノポイント→1,000円分という関係上、現金と比べるとポイント還元率が半分である0.5%になります。

特に困らない限り、現金に交換したほうが良いでしょう。

MEMO
貯めたポイントを交換する時はカード会員向けの「MyJCB」というWEBサービスにて手続きが行えます。

ログインに必要なIDを持っていない時は「MyJCB」にて新規会員登録を行って下さい。

パスワードは6ケタから20ケタまで設定できますが、長いほどセキュリティ度が高くなります。

2.電子マネー「QUICPay」に対応

ミライノカードは電子マネー「QUICPay」に対応しており、様々な加盟店で使えるようになります。

使える加盟店の主なジャンルは次の通りです。

・ファーストフード
・レストラン
・コンビニ
・スーパーマーケット
・百貨店
・ドラッグストア
・家電量販店
・書店
・ガソリンスタンド
・タクシー
・レジャー施設
・空港施設

利便性の高い電子マネー

「QUICPay」は後払い方式の電子マネーだから事前のチャージは不要です。

加盟店のレジにある端末にかざし、青色から緑色変われば正常に支払が完了します。

財布から小銭を出して支払する、伝票にサインすることも不要、スピーディーにレジを通過できるのが良いところですね。

ミライノカードでは「QUICPay」一体型を選べるため、カードの枚数も増えません。

さらに「QUICPay」を使用してもミライノポイントが貯まるため、電子マネー使いの人にもお得なクレジットカードになっています。

注意
ただし1回につき2万円までの利用代金となっていますので、2万円以上の商品を購入する時には注意して下さい。

3.4段階のランクを用意するスマートプログラム

ミライノカードでは「スマートプログラム」というランクに応じた優遇が受けられるプログラムを用意しています。

ランクごとの優遇は次の通りです。

ランク引き出し時のATM利用手数料無料回数他の金融機関宛て振込手数料無料回数
1月2回月1回
2月5回月3回
3月7回月7回
4月15回月15回
MEMO
預け入れ時のATM利用手数料、住信SBIネット銀行の口座宛ての振込はランクに関わらず回数無制限で無料です。

ネット銀行はATMを利用することになるため、無料回数が多くなるとお得ですよね。

他の金融機関宛てにも良く振込する人もお得なクレジットカードですよ。

ランク判定が分かり難い

ランク4の判定は2つの条件をクリアするだけですが、他のランク判定が複雑になっており、分かり難い欠点があります。

ちなみにランク4の判定条件は次の通り。

・外貨預金と仕組預金の残高合計が500万円以上
・外貨預金と仕組預金の残高合計が300万円以上、住信SBIネット銀行の住宅ローンを利用
いずれか1つの条件をクリアするとランク4になります。

1,000万円以上の資産があり、外貨預金を検討している人は比較的クリアしやすいのではないでしょうか。

他のランクには様々な条件が付いていますが、ランク3の場合は預金残高300万円以上、ランク2の場合は預金残高30万円以上と基本は預金残高によってランクが決まると覚えておけば良いでしょう。

4.利用できるサービス

ミライノカードを持っていると様々なサービスを利用できるようになります。

サービスを重視したい人にも魅力が大きくなっています。

海外旅行情報サイト

海外旅行が好きな人に便利なのが海外旅行情報サイト「たびらば」です。

「たびらば」では主に4つの使い方があります。

  1. 現地の最新情報入手
  2. 現地のショップ情報入手
  3. 予約困難なレストランの予約サービス
  4. 旅行計画を立てる際に便利な「マイガイド」

JCB加盟店が何処にあるのか知りたい時にも便利なサイトです。

JCB空港優待ガイド

空港内にある加盟店をお得に利用したい時に便利なのが「JCB空港優待ガイド」です。

対象の加盟店は「オリジナル優待ガイド」に掲載されています。

この「オリジナル優待ガイド」を加盟店にて提示し、クレジットカード払いするとお得なサービスが受けられます。mo title=”オリジナル優待ガイドを持参しよう”]「オリジナル優待ガイド」はJCBのWEBサイトにてダウンロードできるため、プリントアウトして下さい。

成田国際空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港、新千歳空港、福岡空港、那覇空港に行く時は「オリジナル優待ガイド」を忘れずに持参しましょう。

また、「JCB沖縄優待ガイド」も提供しており、沖縄旅行に行く時にもお得な優待が受けられます。

「JCB空港優待ガイド」と同じようにプリントアウトして下さい。[/memo]

JCB GLOBAL WiFi

海外旅行中、インターネットを利用したい時に便利なのが「JCB GLOBAL WiFi」です。

海外でも接続できるWiFiルーターを優待料金でレンタルできるようになります。

受けられる優待サービスは次の2点です。

  • 定価より20%オフ
  • 受渡時の手数料と返却時の手数料無料

MEMO
受取、返却方法は次の通り。
・宅配
・空港カウンター
・港湾カウンター
・渡航先現地
利用したい時は「JCB GLOBAL WiFi」のWEBサイトより申込みして下さい。

5.「旅行傷害保険」と「ショッピングガード保険」

ミライノカードには「旅行傷害保険」と「ショッピングガード保険」が付いています。

本会員のみならず、家族も保険の対象となりますが補償額の面などでは少し劣ります

今回は本会員の保険に絞って見ていきましょう。

海外旅行傷害保険

 補償の対象補償額
死亡最高2,000万円
傷害後遺症障害最高2,000万円
傷害治療最高200万円
賠償責任最高1,000万円
救援者費用最高100万円
注意
万が一の時は保険金の受け取りができますが、疾病治療と携行品損害の補償は受けられない点には注意して下さい。

国内旅行傷害保険

本会員

 補償の対象補償額
死亡後遺障害最高2,000万円
後遺障害最高2,000万円
入院 日額3,000円日額3,000円
通院 日額2,000円日額2,000円
利用付帯なことに注意!
国内/海外ともに利用付帯のため、旅行代金をクレジットカードで支払することが必要です。

事故の際は「ミライノカード保険デスク」へ連絡して下さい。

ショッピングガード保険

海外のJCB加盟店でショッピングする時に安心なのが「ショッピングガード保険」です。

この保険では事故による破損や盗難に対して補償が受けられます。

  • 補償限度額 

    年間50万円まで(自己負担10,000円)
  • 補償期間 

    商品購入した日から90日間

「支払い名人定額コース」に登録すると補償限度額年間100万円、自己負担3,000円と補償内容がアップしますよ。

MEMO
現金で購入しても補償は受けられないので、海外でショッピングする時はなるべくクレジットカード払いを行いましょう。

まとめ

ここまでミライノカードを詳しく紹介してきましたが参考になりましたか。

銀行系クレジットカードでも様々なサービスが付いているのが良いところですね。

住信SBIネット銀行の口座開設を検討している人は一緒にミライノカードも作成しては如何でしょう。

住信SBIネット銀行の口座がある人は住信SBIネット銀行にてログインすると簡単に申込みできるようになります。

ただし申込みから自宅に届くまで、1週間から10日ほどかかりますので急ぎの時は注意が必要です。

ミライノカードの口コミ一覧

ミライノカードに対する口コミはまだ投稿されていません。下記の口コミ投稿フォームより、利用者の方の投稿お待ちしております。

口コミ投稿フォームを表示する
性別*
このページの目次