ライフカードは誕生月にポイント還元率3倍!審査基準やポイント制度など完全ガイド

193

ライフカードの基本情報

ライフカードは誕生月にポイント還元率3倍!審査基準やポイント制度など完全ガイド

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard
口コミ件数:0件

各種優待割引やサービスが最大25倍のオンラインショッピングモール利用可能など各種ポイントサービスが充実。貯まったポイントはライフカード専用Webカタログから家電や食品などに交換でき、日常や普段使いでポイントを還元したい時にお勧め。カード利用1,000円ごとに1ポイント貯まるLIFEサンクスポイント。誕生月はポイント3倍。年間50万円のカード利用があった場合は、300ポイントプレゼント&1年間の利用金額に応じて翌年度のポイントが最大2倍になる。海外旅行をサポートする海外アシスタンスサービス「LIFE DESK」が付帯。カードの紛失・盗難による不正使用を補償する「カード会員補償制度」も利用可能。

新規入会キャンペーン実施中
今なら最大14,000ポイント
プレゼント!
発行会社ライフカード株式会社
年会費初年度無料
次年度以降無料
備考-
還元率通常0.50%
最大1.50%
利用限度額10万円~200万円
発行期間最短3営業日
旅行損害保険国内なし
海外なし
ショッピング損害保険なし
電子マネー対応iD
ポイントプログラムLIFEサンクスポイント

ライフカードの新規入会キャンペーン情報(2018/09/24現在)

新規入会キャンペーン実施中
今なら最大14,000ポイント
プレゼント!
  • 入会後カード発行で200ポイント(1,000円相当)。
  • 入会3か月後の月末までに月間3回以上のショッピング利用で200ポイント(1,000円相当)。
  • 入会3か月後の月末までに月間5万~10万円のショッピング利用で200ポイント(1,000円相当)。
  • 入会3か月後の月末までに月間10万円以上のショッピング利用で600ポイント(3,000円相当)。
  • 入会3か月後の月末までにApple PayまたはライフカードiDで3,000円以上のショッピング利用で100ポイント(500円相当)。
  • 入会3か月後の月末までにL-Mall利用で100ポイント(500円相当)。
  • 入会3か月後の月末までにLIFE-Web Deskアプリ登録&ログインで100ポイント(500円相当)。
  • 入会3か月後の月末までにAmazonでのショッピング利用で100ポイント(500円相当)。
  • 入会3か月後の月末までに携帯電話料金の支払いで100ポイント(500円相当)。
  • 入会3か月後の月末までに電気料金の支払いで100ポイント(500円相当)。
  • 入会3か月後の月末までにガス料金の支払いで100ポイント(500円相当)。
  • 入会3か月後の月末までにリボ払いの利用で300ポイント(1,500円相当)。
  • 入会3か月後の月末までにAUTOリボ申込みで600ポイント(3,000円相当)。

入会キャンペーンの詳細事項はライフカード公式サイトをご確認ください。

ライフカードはこんな人におすすめ!

  • ポイントを貯めたい人
  • お得なネットショップを楽しみたい人
  • 1年間のクレジットカード利用金額が多い人
  • 海外旅行を楽しむ人
  • 盗難・紛失時の不正利用が心配な人
  • 審査に不安がある人

敷居の低いクレジットカード

ライフカードはアイフルの子会社であるライフカード株式会社が発行するクレジットカードです。

Visa、MasterCard、JCBの国際ブランドから選べます。

国内に住んでいる18歳以上(高校生除く)の人、電話連絡ができる人と申し込み条件の敷居が低くなっており、初めてのクレジットカードにも良いでしょう。

ショッピングの支払方法

ショッピングの支払方法は国内と海外によって異なります。

国内では1回払い、2回払い、分割払い、ボーナス併用分割払い、ボーナス一括払い、リボルビング払いの6種類です。

海外では1回払いとリボルビング払いの2種類になりますので注意して下さい。

こんな人には向かないかも・・・
年会費無料のライフカードには海外旅行傷害保険が付帯されていないため、海外旅行中のアクシデントに備えたい人には向かないクレジットカードになっています。

旅行傷害保険付きのライフカードというラインナップもありますが、此方は初年度年会費無料であるものの、次年度から1,250円の年会費が必要です。

年会費無料のライフカードではショッピングプロテクションやシートベルト傷害保険も付いていないため、保険を重視したい人には向かないでしょう。

ライフカードの5つのポイント(特徴)

  1. 誕生月はポイント3倍
  2. オンラインショッピングモール経由でポイント最大25倍
  3. ステージに応じてポイント倍率がアップ
  4. 海外アシスタンスサービスが付いている
  5. カード会員保障制度が付いている

次からはライフカードのポイント5つを説明していきますので、ライフカードの作成を検討している人は注目してみて下さい。

1.誕生月はポイントが3倍!まとめ買いがお得

誕生月はポイント3倍

ライフカードでは「LIFE サンクスプログラム」を用意しており、100円ごとに0.1ポイント貯まります。

加盟店でショッピングした時のポイント還元率は0.5%となっており、他の一般的なクレジットカードと殆ど同じです。

0.5%ではお得感のあるクレジットカードとは言えないですよね。

しかし誕生月ではポイント3倍となるため、ポイント還元率も3倍である1.5%になるのです。

ポイント3倍はどの店舗でショッピングしても大丈夫、欲しい商品が複数ある場合はすぐ購入せず、誕生月まで待ってまとめ買いすると良いでしょう。

家族カードは誕生月ポイント3倍の対象にならない!
ポイント3倍の対象は本会員の誕生月のみ、家族会員の誕生月は対象外です。

そのため誕生月の違う家族でポイント3倍貯めようと考えてもできませんので注意して下さい。

しかし本会員の誕生月であれば家族カードもポイント3倍の対象になります。

2.「L-Mall」経由でネットショッピングがお得

ライフカードでは会員限定のオンラインショッピングモール「L-Mall」を用意しています。

この「L-Mall」経由でショッピングするとポイント最大25倍となるのです。

「L-Mall」には楽天市場、Yahoo!ショッピング、ビックカメラ、ケーズデンキ、ニッセン、ソフマップ、DHCなどおよそ500ものショップが加盟しています。

そのためファッションや家電、美容健康、グルメ、旅行、本など様々な商品が揃っており、ネットショッピングがお得になるのが良いところですね。

利用方法は簡単

「L-Mall」でポイントを貯める方法は簡単です。

まずは「L-Mall」で欲しい商品を扱っているショップを探し、「ショップサイトへ」のボタンをクリックします。

画面が切り替わりますのでIDとパスワードを入力してログインして下さい。

後はショップで欲しい商品を注文、ライフカードで支払すればお得なポイントが付与されます。

MEMO
IDは「LIFE-WebDesk」に会員登録すると発行されます。

パスワードは8桁から32桁まで設定できますが、セキュリティーが気になる人は長めのパスワードを設定すると良いでしょう。

便利なツール「L-Mallナビゲーター」を提供

「L-Mall」を経由せずにネットショッピングした場合はポイントが付与されません。

うっかり忘れてしまうことがありますが、そんな時に便利なのが「L-Mallナビゲーター」というツールです。

このツールには「L-Mall」加盟ショップにアクセスすると、アイコンが光って加盟ショップであることを知らせる機能が付いています。

光った時は「L-Mall」経由でショッピングするだけ、ポイントを取り損なうことはありません。

MEMO
このツールは「Windows」と「Mac」に対応、「Internet Explorer」、「Firefox」、「Google Chrome」のブラウザに対応しています。

環境に合ったものを選んでインストールして下さい。

3.利用金額が多いほどお得になるステージプログラム

ライフカードではステージプログラムを用意しており、利用金額が多いほどポイントが貯まりやすくなります。

・通常はレギュラーステージ1倍
・年間50万円以上でスペシャルステージ1.5倍
・年間100万円以上でロイヤルステージ1.8倍
・年間200万円以上でプレミアムステージ2倍

年間利用金額の条件を満たすと次年度からポイント倍率がアップします。

年間200万円以上のプレミアムステージは無理という人でも年間50万円以上のスペシャルステージなら条件を満たしやすいのではないでしょうか。

このように通常のポイント還元率は低いものの、ポイントアップする仕組みがいろいろ用意されているのがライフカードです。

MEMO
その他にも年間50万円以上で300ポイント付与されるスペシャルボーナスも用意しています。

初年度は1.5倍

ライフカード入会後、最初の1年間はポイント1.5倍になります。

ステージアップの条件を満たすまで、1年間待たずに済むのが良いところですね。

誕生月まで待てない人にも便利な特典ではないでしょうか。

ポイントの有効期限が長い

クレジットカードでポイントを貯めている時に気になるのが有効期限ですよね。

有効期限が過ぎてしまうと、今まで貯めてきたポイントが失効してしまいます。

しかし「LIFE サンクスプログラム」では最大5年間と有効期限が長いため、失効する心配は少ないです。

注意
ただし自動繰り越しは2年間、それ以降は繰り越し手続きが必要なため、長期間ポイントを保有する時は注意して下さい。

繰り越し手続きは?

繰り越し手続きを行いたい時は「LIFE-Web Desk」にログインして下さい。

ライフカードを選び、「特典を選ぶ」画面にて「ポイント繰越コース」を選ぶと手続きが行えます。 その他にも「045-914-7003」の電話番号にて繰り越し手続きが行えます。

音声ガイダンスによる手続きとなっており、カード番号や4ケタの暗証番号などの情報が求められるため、手元にライフカードを準備しておくと良いでしょう。

4.日本語で対応が受けられる海外アシスタンスサービス「LIFE DESK」

海外旅行中に困ったことが発生したけど、現地語が分からず苦労したという経験はありませんか?

そんな時でもライフカードでは海外アシスタンスサービス「LIFE DESK」を利用することが可能、現地語が分からない人でも安心して海外旅行を楽しめるようになります。

「LIFE DESK」で受けられる主な海外アシスタンスサービスは次の通りです。

・交通機関の案内
・ショッピング情報の案内
・現地の天気情報
・現地の習慣に関するアドバイス
・為替レートの案内
・レジャー施設の案内
・ツアーの案内
・ホテルやレストランの予約や案内
・航空券の予約 ・チケットの予約
・クレジットカードやパスポート紛失・盗難時の手続き案内
・病気や怪我の治療が受けられる現地医療機関の紹介
MEMO
この他にも受けられる海外アシスタンスサービスは様々ですので、困った時には連絡してみて下さい。
国内での連絡先は「0120-147899」、海外は国によって異なりますので出発前にライフカードのホームページにて確認しておくと良いでしょう。

5.不正使用された時でも補償が受けられる

紛失や盗難により、カード番号や有効期限、セキュリティコードなどのカード情報が悪意を持った第三者に漏れてしまうと不正利用のリスクが高まってしまいます。

知らないうちに高額な商品を購入されるなどの被害に合いかねません。

ライフカードではカード会員保障制度を用意しており、不正利用された時でも補償が受けられます。

このカード会員保障制度には補償期間が設けられており、紛失・盗難の連絡が受理された日の60日前までとなっています。

60日以上前の被害額については補償が受けられないため、紛失や盗難に気が付いた時はすぐに連絡して下さい。

補償が受けられない条件は意外と多いので注意が必要です!
故意や重大な過失による被害の場合は補償が受けられないことがあります。
連絡が行われた後に調査が実施されますが、調査に非協力的だと補償が受けられないことがあります。
その他にも補償が受けられない条件がありますので注意が必要です。

ライフカード追記

ライフカードの追加カードは?家族カードとETCカード

ライフカードでは家族カードとETCカードの追加ができます。

それぞれの特徴を見て行きましょう。

ライフカードの家族カードの特徴

年会費無料
入会資格18歳以上の家族(高校生除く)
利用枠本会員の利用枠

家族も年会費無料でポイントの貯まりやすいライフカードの家族カードを持てるようになります。

家族カードは誕生月ポイント3倍の対象にならない!

ポイント3倍の対象は本会員の誕生月のみ、家族会員の誕生月は対象外です。

そのため誕生月の違う家族でポイント3倍貯めようと考えてもできないので注意して下さい。

しかし本会員の誕生月であれば家族カードもポイント3倍の対象になります。

ライフカードのETCカードの特徴

年会費無料
利用場所有料道路のETCレーン
支払い方法ライフカードの利用代金と一緒に請求

ライフカードのETCカードは家族カードと同様無料で発行することができます。

ただし

  • ETCカードの利用額に対してはポイントは付与されない
  • ETCカード利用分はステージプログラムの判定の対象外

などのデメリットがあることには注意が必要です。

ライフカードの審査基準は?カードの発行期間は?

このセクションではライフカードの審査基準やカード発行までの期間などを解説していきます。

ライフカードの申し込み資格は

  • 18歳以上(高校生除く)の人
  • 電話連絡ができる人

となっているので、クレジットカードを検討している人のほとんどが申し込みをすることはできるでしょう。

審査は比較的甘め!

ライフカードはもともと信販系の会社でしたが2011年に消費者金融のアコムの傘下に入りました。

そのため、審査基準も消費者金融系よりになり専業主婦や学生、個人事業主の人でも収入があれば大体の人が審査に通るようになりました。

2011年よりも前に審査に落ちた人でも再度ライフカードの申し込みにトライしてみる価値は十分にあるのです。

どうしても審査が不安な人は他のカードを検討しよう!

いくら審査に通りやすいとはいえ、全く収入のない学生や過去に金融事故を起こしている人などはどうしても申し込みをためらってしまいますよね・・・。

そういう人にオススメのカードを紹介します。

学生には学生専用ライフカードがオススメ!

ライフカードには学生向けの「学生専用ライフカード」もあります。

申し込み条件は

・満18歳以上満25歳以下の学生であること

だけなので、ライフカードと違い電話番号すらも必要ありません。

アルバイトをしていない学生でも審査に十分通ることが予想できる上、ライフカードと比べてサービスも決して目劣りしないので学生の方はこのカードに申し込むと良いでしょう。

新規入会キャンペーン実施中
今なら最大14,000ポイント
プレゼント!

年会費が有料のライフカードはより審査に通りやすい

ライフカードを申し込んで審査に落ちた場合「年会費5,000円のライフカード」の勧誘メールが届くことがあります。

この年会費有料のライフカードは

  • 過去に延滞がある人
  • 初めてクレジットカードを作る人
  • 審査に不安がある人

向けのカードなので個人信用情報がいわゆるブラックの人でも「独自の審査基準」で審査し発行してくれることがあります

年会費を担保にする代わりにクレジットカードを発行してあげるよ、というスタンスですね。さすがは消費者金融アコムといったところでしょうか。

注意
ただし、一度通常のライフカードの審査に落ち招待メールが届かないと発行することができない点には注意が必要です。まずは通常のライフカードを申し込んでみましょう。

3営業日でカード発行

ライフカードは最短3営業日というスピード発行です。

最短3営業日でカード発行させるには次のような流れになります。

  1. インターネットで申込みする
  2. 支払い口座を設定する
  3. 審査結果のメールが届く
  4. カード発行
  5. 発行されたカードが自宅に届く


注意
最短3営業日で発行させたい時はインターネットで昼の12時までに申込みを完了させて下さい。
昼の12時以降の申込みだと翌営業日扱いとなり、カード発行が遅れてしまいます。

ライフカードのポイント制度をもっと詳しく解説!

ライフカードのポイントプログラムの主な特徴は「誕生日月にポイントが3倍貯まる」ということでしたね。

その他にどのような特徴があるか見ていきましょう。

電子マネーへのチャージでポイントはもらえる?

クレジットカードから電子マネーにチャージをするとチャージ時と利用時の両方でポイントが付与され、二重取りできることがあります。

果たしてライフカードではポイントの二重取りができるのでしょうか?

楽天Edyやnanacoへのチャージには改悪が!

プリペイド型電子マネー(事前チャージが必要)の代表的な存在の楽天Edyやnanaco。

以前はライフカードからこれらの電子マネーへのチャージでポイントが付与されていましたが、改悪がありポイントが付与されなくなりました

au WALLETへのチャージでポイント還元率2.0%に

プリペイドカードのau WALLETではライフカードによるチャージと支払いでポイント二重取りが可能です。

ライフカードの誕生月ポイント3倍の時にau WALLETへチャージした場合、チャージ時1.5%、支払時0.5%、合計2.0%の高還元率となります。

注意
ただしau WALLETへのチャージでポイントが付与されるのはMastercardブランドのライフカードのみです。

ライフカードで貯めたポイントの使い道は?

ライフカードで貯めたLIFEサンクスポイントの使い道は特典Webカタログにて調べられます。

特典Webカタログでは次のようなコースを用意しており、好みのコースを選ぶ事が可能です。

  • 電子マネーコース
  • グルメコース
  • キッチン&ダイニングコース
  • リラックスビューティーコース
  • ホームコース
  • カタログギフトコース
  • ポイント移行コース
  • チャリティーコース
  • ギフトカードコース
  • 年会費無料コース
  • ポイント繰り越しコース
  • 各種限定コース

交換したい商品がなくても、他のポイントやギフトカード・商品券に高レートで交換できるので使い道に困ることはなさそうです。

ライフポイントの交換先についてはこちらの記事で詳しくまとめてあります。

一般のライフカードとライフカードゴールドとの比較

ライフカードの上のランクにはライフカードゴールドというものがあります。

異なる点を表にまとめて見ました。

異なる点ライフカードライフカードゴールド
年会費無料10,000円税抜
国際ブランドVISA/MasterCard/JCBVISA/MasterCard
入会年齢18歳以上23歳以上
旅行傷害保険付帯なし付帯有り(国内/海外最高1億円)
ショッピングガード保険付帯なし付帯有り(200万円)
シートベルト傷害保険付帯なし付帯有り(200万円)
空港ラウンジ付帯なし付帯有り
ロードサービス付帯なし付帯有り
弁護士無料相談サービス付帯なし付帯有り

ライフカードゴールドは年会費が1万円かかるものの、旅行傷害保険や空港ラウンジサービスをはじめとしたゴールドカードならではの様々なサービスが付帯しています。

ただし、ライフカードとポイント制度に差はないのでそこまでのサービスを求めない人はライフカードで十分でしょう。

また、ライフカードゴールドはそこまでステータスが高いという一般認識もないので、どうしてもゴールドカードが欲しい人は他のゴールドカードを検討して見ると良いでしょう。

発行後も国際ブランドを変更することができる

通常クレジットカードでは発行後にクレジットカードの国際ブランドを変更しようとすると一度解約するしか方法がありません。

しかしライフカードでは「JCBを発行したが、やっぱりVISAに変えたい!」という時に解約手続きなどせずに国際ブランドを変更することができます

さらにポイントもそのまま引き継がれるので、カード変更をしても損しません。

国際ブランドの変更は電話から!

変更手続きは電話窓口のみで行っており、webでの変更はできません

電話番号は045-914-7003です。

国際ブランド変更は「その他お届け・お問い合わせ」に分類されるので自動音声案内の指示に従って7#を入力するとオペレーターに繋がります。

受付時間は月~土の9:30~17:30 となっています。

変更時の注意点

国際ブランドの変更は何もいいことばかりではありません。

きちんとデメリットを理解した上で行いましょう。

新たに審査が必要

国際ブランドを変更する際には再度審査が必要です。

そのため、初めのライフカード発行時から現在に至るまでの間に金融事故を起こして信用情報に傷がついている場合や、無職になってしまっている場合は審査に落ちることがあります。

ただ、そのようなケースは稀でほとんどの人は審査に難なく通過できるので身構える必要は特にありません。

カード番号が変更される

国際ブランドを変更するとカードの番号が変更されます。

そのため、インターネットショッピングや公共料金の支払いでカード情報を登録している人は全て再登録する必要があります。

これは意外と面倒なもの・・・。

本当に別の国際ブランドに変更する必要があるのか今一度考え直してもいいかもしれません。

わざわざ国際ブランドを変更するのが面倒臭い人は年会費無料の別のカードを発行してみるのも良いでしょう。

カードの複数持ちはメリットが多いのでオススメできますよ!

他にも付いているライフカードの共通サービス

ライフカードにはその他にも様々な共通サービスが付いており、利便性の高いカードとなっています。
ライフカードの主な共通サービスは次の通りです。

車関連のサービス

国内レンタカー割引サービス

「国内レンタカー割引サービス」ではライフカードの提示や利用で割引を受けることができます。

割引が受けられるレンタカー屋とその割引率は以下の通りです。

店舗名割引率
ニッポンレンタカー5%
オリックスレンタカー5%
タイムズカーレンタル5%
三菱レンタカー20%
ジャパレン5%
トヨタレンタカー5%
日産レンタカー5%

中でも三菱レンタカーでは20%の割引が受けられるのでオススメできます。

カーシェアリングサービス

「カーシェアリングサービス」ではカーシェアリングの大手タイムズの「タイムズカープラス」を発行手数料無料(通常は1,550円)で手に入れることができます。

最近何かと話題になるカーシェアはスーパーや百貨店などのお買い物、幼稚園への送り迎え、ちょっとした旅行など様々なシーンで活躍するので大変便利なんです!

注意
ただし、会員登録ごは毎月1,030円の月額料金がかかることには注意が必要です。

トラベル向けのサービス

海外おみやげ宅配サービス

海外旅行から帰国する際、スーツケースやバッグの中におみやげが入らない・・・という時に便利なのがライフカードの「海外おみやげ宅配サービス」です。

カタログを見て海外おみやげを予約すると自宅へ届けられます。

ライフカード会員なら15%オフで購入できるので、お土産代を節約したいときにも重宝しますよ!

トラベルグッズサービス

「トラベルグッズサービス」ではスーツケースのレンタルサイト、スーツケースの販売サイトを用意しています。

海外旅行に行くため、荷物を入れるスーツケースが必要になったら利用してみると良いでしょう。

トラベルゲートとリロの旅デスク

国内外の旅行の予約に便利なのがライフカードの「トラベルゲート」です。

「トラベルゲート」ではインターネットで宿泊プラン、国内外のツアーなどの予約が入れられ3%オフまたは5%オフになるツアーもあるため、旅行費用を節約する事が可能です。

その他にもライフカードでは株式会社リロクラブが提供する旅行サービス「リロの旅デスク」を用意しており、国内外ツアーが最大8%オフになります。

特徴まとめ

ライフカードにある特徴やポイントなどについて説明してきました。

使い方次第では高還元率のクレジットカードになるのが魅力です。

ライフカードではWeb完結型の申し込み方法を用意しており、最短3営業日で発行されます。

オンラインフォームの必要事項に入力し、送信するだけと簡単です。

入会審査に合格次第、ライフカードが簡易書留郵便にて届けられます。

正午以降に申し込みすると翌営業日扱いとなるため、急ぎで必要な時は早めの時間帯に行動を開始して下さい。

何処まで審査が進んでいるのか気になる時はオンラインでの審査状況確認を利用すると良いでしょう。

ライフカードの口コミ一覧

ライフカードに対する口コミはまだ投稿されていません。下記の口コミ投稿フォームより、利用者の方の投稿お待ちしております。

新規入会キャンペーン実施中
今なら最大14,000ポイント
プレゼント!
口コミ投稿フォームを表示する
性別*
このページの目次