学生専用ライフカードの特徴とおすすめポイント

学生専用ライフカードの特徴とおすすめポイント

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard

高校生を除く満18歳以上満25歳以下で、大学・短期大学・専門学校に現在在学中なら申し込める。年会費無料で利用できる学生には最強のカード。海外旅行傷害保険が2,000万円まで自動付帯、海外での利用総額の5%がキャッシュバックされる。カード利用1,000円につきLIFEサンクスプレゼントが1ポイント貯まり、貯まったポイントは好きな商品や提携ポイント、ギフト券と交換可能。海外旅行によく行く学生、留学中の学生にお得なクレジットカード。

発行会社ライフカード株式会社
初年度年会費(本人会員)無料
2年目以降年会費(本人会員)無料(カード入会申込時に入力した「卒業予定年」の3月31日をもって通常のライフカード:年会費無料へサービス移行)
還元率0.50%~1.00%
利用限度額5万円~30万円
発行期間最短3営業日
海外旅行保険あり(2,000万円)
国内旅行保険なし
ショッピング損害保険なし
電子マネー対応iD

学生専用のライフカードはこんな人におすすめ!

  • 学生のうちにクレジットカードを作成したい人
  • 年会費無料の学生専用クレジットカードを持ちたい人
  • 学生のうちに海外旅行を楽しみたい人
  • 海外ショッピングを楽しみたい学生さん
  • 海外旅行傷害保険付帯の学生専用クレジットカードを探している人

注意

学生専用という関係上、当然ではありますが既に社会人の場合は向かないクレジットカードとなっています。

大学、大学院、短期大学、専門学校に在学していない人は一般のライフカードに申し込みするほうが良いでしょう。

申し込み条件の年齢が18歳以上25歳以下となっており、25歳以上の人も不向きです。

未成年が申し込む場合は親権者の同意が必要、同意が得られない場合は申し込みができません。

学生専用ライフカードは学生さんが申し込みできる年会費無料のクレジットカードです。

利用枠の設定は次の通りです。

・カード総利用枠は5万円から30万円まで

・内ショッピング利用可能枠は5万円から30万円まで

・内キャッシング利用可能枠は0万円から10万円まで

学生さんがクレジットカードを持つと使い過ぎてしまう恐れがありました。

しかし学生専用ライフカードでは一般カードより利用枠を少なめに設定しています。

ショッピング利用可能枠とキャッシング利用可能枠はカード総利用枠の中に含まれる形になっており、学生さんでも使いすぎの防止が期待できます。

注意
他のライフカードと学生専用ライフカードとの2枚持ちはできませんので注意して下さい。

学生専用のライフカードの5つのポイント(特徴)

  1. 海外ショッピングでキャッシュバック
  2. ポイントが貯まりやすいシステム
  3. ケータイ料金の支払でプレゼント
  4. 最高2,000万円の海外旅行傷害保険付帯
  5. カード会員保障制度で不正利用されても安心

学生専用ライフカードには5つのポイントがあります。

クレジットカード作成を考えている学生さんは参考にしてみて下さい。

1.海外ショッピングで5%キャッシュバック

学生専用ライフカードの国際ブランドはVISA、マスターカード、JCBの3つです。

このうちVISAやマスターカードは特に海外加盟店の数が多いため、海外ショッピングを楽しみたい時に便利ですよね。

しかし海外でクレジットカード払いすると1.6%ほどの事務手数料が発生することがありました。

海外加盟店でもポイントが付与されるクレジットカードは多いですが、ポイント還元率1.0%ではカバーし切れません。

そんな時でも学生専用ライフカードなら事務手数料以上となる5%分の現金がキャッシュバックされるのです。

キャッシュバックは登録口座に振込する形で受け取りできるため、わざわざポイントを貯めて商品に交換しなくても済みます。

ポイントの有効期限が切れてしまい、無駄になる心配もありません。

現金だから使い道自由なのがキャッシュバックの良いところですね。

キャッシュバックの注意点

キャッシュバックを受けたい時は海外出発前に「LIFE-Web Desk」に登録しておきましょう。

さらに「LIFE-Web Desk」からの申し込みを忘れずに行って下さい。

年間50,000円までのキャッシュバック上限が設けられており、無制限に受けられるサービスではありません。

年間100万円以上海外ショッピングしても、上限以上のキャッシュバックは受けられませんが、学生のうちは社会人より経済的な余裕が少ないため、多額な海外ショッピングは殆ど行わないことが多いです。

そのため大きなデメリットにはならないでしょう。

ショッピング利用可能枠の範囲となりますので、海外出発する前に確認しておくのがおすすめです。

その他、海外通販サイトでのショッピングはキャッシュバック対象外となりますので注意して下さい。

2.学生専用ライフカードのポイントプログラムはポイントが貯まりやすい!

誕生月ポイント3倍

学生専用ライフカードでは利用金額100円につき0.1ポイント貯まるポイントプログラムを用意しています。

通常時は0.5%のポイント還元率ですが誕生月ではポイント3倍、ポイント還元率1.5%になるのです。

中には賃貸などで一人暮らしを考えている学生さんは多いのではないでしょうか。

一人暮らしする時には洗濯機や電子レンジ、家具など高額な品物が必要になりますが、そんな時は誕生月にまとめて購入し、学生専用ライフカードで支払すると良いでしょう。

新入会キャンペーンポイント

さらに新入会キャンペーンポイントにより、初年度もポイント1.5倍になります。

MEMO
3月が誕生月という人の初年度のポイント還元率は次のようになります。

1月0.75%、2月0.75%、3月1.5%、4月0.75%、5月0.75%、6月0.75%、7月0.75%、8月0.75%、9月0.75%、10月0.75%、11月0.75%、12月0.75%

スペシャルボーナス

学生専用ライフカードではスペシャルボーナスを用意しており、1年間50万円以上支払した時は300ポイント貰えます

1ポイント=5円相当のため、300ポイント=1,500円相当のスペシャルボーナスとなるのです。

ショッピングモールサイト経由で最大25倍

学生専用ライフカードでは会員限定のショッピングモールサイト「L-Mall」を用意しています。

楽天市場やYahoo!ショッピングなど約500ショップも参加しており、「L-Mall」経由でショッピングするとポイント最大25倍になるのです。

ネットショップは実店舗より価格の安い商品が多いですよね。

そんなネットショップがさらにお得になるのが「L-Mall」。

ショップによって2倍から25倍まで、ポイント倍率が異なります。

今月のピックアップショップやポイントアップ中のショップにて倍率の高いショップをすぐに探せますよ。

スマートフォン用のサイトもあるため、お出かけ先からでも注文することが可能です。

ステージ制プログラム

学生専用ライフカードではステージ制プログラムを導入しており、年間の利用金額が多くなるとステージがアップしポイント還元率が高くなっていきます。

ステージと年間利用額ポイント還元率
レギュラーステージ1倍
スペシャルステージ(50万円以上)1.5倍
ロイヤルステージ(100万円以上)1.8倍
プレミアムステージ(200万円以上)2倍

年間の利用金額が多い人は現金払いするより、クレジットカード払いしたほうがお得です。

注意
ただしEdyチャージやETCカードなど対象外のサービスがある点には注意してください。

ポイントの交換先は様々

学生専用ライフカードで貯めたポイントの交換先は期間限定コース、インテリア家電コース、築地お取り寄せコース、全国のお米厳選コースなど様々です。

交換できるまで貯まったら会員向けの「LIFE-Web Desk」にログインし、希望のコースを選んで交換手続きを行って下さい。

ポイント移行コースにてdポイントや楽天スーパーポイント、ANAマイレージクラブ、WALLETポイントなど他社のポイントに移行することも可能です。

3.ケータイ料金のクレジットカード払いでお得

毎月ケータイの月額料金を支払している学生さんはクレジットカード払いするとお得になります。

学生専用ライフカードではケータイ利用料金決済deプレゼントを実施しており、毎月抽選で500円分のAmazonギフト券が当たるチャンスがあるのです。

プレゼントの対象はdocomo、au、SoftBank、Y!mobileの4社です。

まずはケータイ会社にて学生専用ライフカードによる支払方法に変更しておきましょう。

その後は「LIFE-Web Desk」にサービスエントリーを行っておくと、当選次第メールアドレス宛てに賞品が発送されます。

MEMO
抽選10回につき1回の当選確率となっているため、学生専用ライフカードを作成したら忘れずにエントリーしておきましょう。

4.海外旅行傷害保険付帯の学生専用クレジットカード

学生専用ライフカードには最高2,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯されており、長期休みのある学生のうちに海外旅行を楽しみたい時にも便利なクレジットカードとなっています。

海外旅行傷害保険の補償内容と補償額は次の通りです。

補償内容補償額
傷害死亡・後遺障害2,000万円
傷害治療費用200万円
疾病治療費用200万円
救援者費用等200万円
個人賠償責任危険2,000万円
携行品損害20万円
付帯海外旅行傷害保険の注意点
個人賠償責任危険には免責金額がありませんが、携行品損害には3,000円の免責金額があります。

在学中は自動付帯となりますが卒業後は終了です。

学生専用ライフカードには国内旅行傷害保険の付帯はありませんので、国内旅行を考えている学生さんは注意して下さい。

5.届出から60日前まで不正利用を補償

クレジットカードを紛失・盗難された時は不正利用されないか気になるのではないでしょうか。

そんな時でも学生専用ライフカードではカード会員保障制度を設けているため、万が一不正利用されても補償が受けられるのです。

補償は不正利用に気が付き、届出を行ってから60日前までとなっています。

不正利用に気が付かず、長期間経過すると十分な補償が受けられなくなるため、被害額が最小限に抑えられるよう、利用明細はきちんと確認しておきましょう。

補償が受けられない条件は意外とおおい!
クレジットカードの裏面には署名欄がありますよね。

この欄に本人の署名が無いと不正利用の被害に合っても補償が受けられません。

学生専用ライフカードが手元に届いたら、すぐに署名しておいて下さい。

他にも補償が受けられない損害があるため、カード会員保障制度規約を事前に良く読んでおくと良いでしょう。

特徴まとめ

学生専用ライフカードをここまで解説してきましたが如何でしたか。

在学中は学費や寮費、サークル代、コンパ代などお金のかかるシーンは多いのではないでしょうか。

そんな学生さんが持っていると便利なのが学生専用ライフカードです。

学生のうちにクレジットヒストリーを積み重ねておくと、社会人になった時にゴールドカードの発行が受けやすくなります。

将来はステータスの高いクレジットカードを持ちたいと考えている学生さんにも学生専用ライフカードはピッタリです。

このページの目次