オリコカードザポイントは高還元率でポイントが貯めやすい!審査基準、お得な使い方まとめ

376

オリコカードザポイントの基本情報

オリコカードザポイントは高還元率でポイントが貯めやすい!審査基準、お得な使い方まとめ

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard
口コミ件数:0件

年会費無料&ポイント高還元率カードとして有名なクレジットカード。入会後6ヵ月間は驚異の還元率2%。貯まったオリコポイントは500ポイントから他社ポイントやギフト券にリアルタイム交換。後払い方式の電子マネー「iD」と「QUICPay」をダブル搭載しており、コンビニなど少額の買い物も簡単&スピーディに。Amazonなどのネットショッピングにも強く、買い物で効率的にポイントを貯めたい人におすすめのクレジットカード。

新規入会キャンペーン実施中
今なら最大8,000ポイント
プレゼント!
発行会社株式会社オリエントコーポレーション
年会費初年度無料
次年度以降無料
備考-
還元率通常1.00%
最大2.00%
利用限度額10万円~300万円
発行期間最短8営業日
旅行損害保険国内なし
海外なし
ショッピング損害保険紛失盗難保険ならあり
電子マネー対応iDQUICPay
ポイントプログラムオリコポイント

オリコカードザポイントの新規入会キャンペーン情報(2018/09/23現在)

新規入会キャンペーン実施中
今なら最大8,000ポイント
プレゼント!
  • 新規入会で1,000オリコポイント。
  • Start THE POINTキャンペーン参加で最大5,000オリコポイント。
  • マイ月リボの新規登録&10万円以上の利用で2,000オリコポイント。

入会キャンペーンの詳細事項はオリコカードザポイント公式サイトをご確認ください。

オリコカードザポイントはこんな人におすすめ!

  • 年会費がずっと無料のクレジットカードを所有したいと考えている方
  • 高いポイント還元率でお得に買い物をしたい方
  • コンビニエンスストアやドラッグストアでの買い物で便利なiDやQUICPay機能をカードに付けたいと考えている方
  • 万一に備えたサービスが充実しているカードを求めている方


こんな人には向かないかも・・・
オリコカードザポイントは他のクレジットカードと比較してもすごくお得なカードですが、強いてあげるとすれば有効期限が1年というデメリットがあります。
 
クレジットカードの有効期限はクレジット会社によっても異なりますが、オリコカードザポイントと同じく1年という会社もあれば2~3年、5年くらいという会社まで存在します。
 
有効期限が短いということで更新手続きが面倒だという人にはあまり向いていないのかもしれません。

今回は上記の項目に該当する方に特におすすめのクレジットカード「オリコカードザポイント」を紹介します。

クレジットカードの発行を考えている方は是非参考にしていただければと思います。

1年ごとに更新手続きが必要なことにデメリットを感じる人もいるでしょうが、毎年最新のセキュリティ環境が整ったカードを持つことができるという考え方もできます。

オリコカードザポイントの5つのポイント(特徴)

  1. 入会後、最大半年間ポイント還元率UP
  2. カードの年会費が永年無料
  3. iDとQUICPayの2機能が搭載されている
  4. 貯めたポイントを500ポイント単位でリアルタイムに交換可能
  5. 万一に備えた紛失・盗難保険

1.入会後、最大最初の半年間ポイント還元率UP

オリコカードザポイントでは入会後最初の半年間はポイントが2倍となり100円ごとに2ポイントゲットできますので、ポイント還元率はなんと2%になります。

iDやQUICKPayでのお買いものについてもポイントが貯まりますし、e-Oricoサービスを利用すると電気やガスといった公共料金の支払いを毎月自動でカード決済にすることも可能となります。

そのため、使用料金の支払いのために外出する手間も省けますし、家計の管理も簡単になります。

注意
ただし必ずしも半年間ポイント還元率が2%になるということではなく、半年以内に5,000ポイント以上獲得した場合にはそれ以降はポイント還元率が通常の1%に戻りますので、ご注意ください。

また、オリコモールを経由して買い物をすると通常のオリコポイント獲得分に0.5%のポイントが上乗せされますのでポイントが貯まりやすいですので、上手にオリコカードザポイントを使えばすごくお得です。

これだけでも検討に値すると思います。

2.カードの年会費が永年無料

これからクレジットカードを所有したいと思っているけれどもできれば年会費がかからない方がうれしい、と思っている方も多いことでしょう。

オリコカードザポイント同様、年会費無料のものから年会費が数万円かかるカードまで様々です。

年会費無料のカードの場合、有料のカードと比較するとポイント還元率が低いといわれることも多く、年間利用額の多い方にとっては年会費が有料のクレジットカードの方がお得だといわれています。

ただ、年会費無料のオリコカードザポイントも負けてはいません。

以下に年会費有料のクレジットカードのポイント還元率の一例を挙げてみたいと思います。

カード名年会費ポイント還元率
ジャックスカード1,350円0.52%~0.82%
SPGアメックスカード33,480円1.0%
JCBプラチナ27,000円0.50%~2.50%
三井住友VISAプラチナカード54,000円0.50%~1.00%

上記に列挙した年会費有料のクレジットカードはほんの一例ですが、年会費無料で1.00%~2.20%のポイント還元率を誇るオリコカードザポイントの凄さをご理解いただけるかと思います。

年会費無料のクレジットカードを検討している方や今所有しているカードより年会費を安くと考えている方におすすめです。

3.iDとQUICPay機能を搭載

最近ではコンビニエンスストアなどで簡単に決済できるiDやQUICPayを使用している人が増えてきています。

  • ポストペイ型(後払い式)の電子マネーとして使えるのでiDやQUICPayの残高を気にする必要がない
  • コンビニエンスストアなどでの少額の買い物時には端末にかざすだけで決済できる
  • いちいち小銭を探さなくてもよく、決済時にサインは不要
  • クレジットカードとiDやQUICPayのポイントを両方ゲットできる


という特徴があるので、使えば使うだけおトクになります。

また、紛失・盗難時の補償もしっかりしているのでお買い物が楽しくなること間違いなしです。

4.貯めたポイントを500ポイント単位でリアルタイムに交換可能

オリコポイントは1ポイント=1円相当とされており、500ポイントから交換ができます

基本的にリアルタイムでポイントの交換が可能です。

ポイントはamazon.co.jpギフト券やWAONポイント、楽天ポイント、ANAやJALのマイルなど交換先は複数あり、用途に応じてポイントの交換ができると好評です。

オリコポイントをANAもしくはJALのマイルと交換しようとした場合でも移行手数料が発生しません

他の会社のクレジットカードのポイントをANAのマイルに移行しようとすると2,000円~6,000円程度かかることもあるので嬉しいですね。

MEMO
オリコポイントを利用するためには「オリコポイントゲートウェイ」への利用登録が必須ですが、登録費用などが発生するものでもありませんので、多くの方が使っているようです。

5.万一に備えた紛失・盗難保険

オリコカードザポイントでは紛失・盗難保険が付帯されています。

海外でトラブルに遭ったときなど、紛失や盗難によって不正利用されるケースは年々増加しています。

そのような場合でも万が一の保険がついていると安心ですよね。

オリコカードザポイントはETCカードも家族カードも無料!

オリコカードザポイントでは

  1. ETCカード
  2. 家族カード

の2種類の追加カードを発行することができます。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

ETCカード

ETCカードとは車載器が搭載された車に設置・設定をすることで料金所で止まることなく通過することができる自動料金収受システムが利用できるカードです。

ETCカードの年会費などについて簡単にまとめてみました。

年会費永年無料
発行手数料無料
ポイント還元率1.00%(入会後、最初の6ヶ月間は還元率が2.00%)

オリコカードザポイントと同様に発行手数料や年会費が無料ですし、ポイント還元率もクレジットカードと同じく1.00%(入会後、最初の6ヶ月間は還元率が2.00%)となっています。

他社のETCカードであれば年会費やカード発行手数料がかかる場合も多いのでかなりお得です。

車を運転される方はオリコカードザポイントと同時に申し込みすることをおすすめします。

家族カード

家族カードとは本人会員の利用枠の範囲内で本人会員と生計をともにしている家族が所有できるカードです。

オリコカードザポイントで追加可能な家族カードの年会費や発行手数料は以下の通りです。

年会費無料
発行手数料無料
枚数上限本人会員1人につき3枚まで

本人会員と家族会員とでは受けられるサービスで異なる点が2点あります。

  • 家族カード利用分のポイントも本人会員のカードに集約される
  • 家族会員らインターネットサービス「オリコサービス」で請求額や明細、利用可能残高の確認ができない

ポイントが集約されるのはデメリットのように感じますが、一人ずつ貯めるよりスピードが早くポイント交換に漕ぎ着きやすいというメリットもあります。

上記のように本人会員と家族会員とでは若干異なる点はありますが、これらの点以外は同じです。

ご家族でそれぞれクレジットカードを作るよりもポイントの貯めやすさや利用した分の把握が楽になるなどメリットがあるので、検討してみる価値は大いにあります。

学生でも可能性あり!オリコカードザポイントの審査難易度は?

オリコカードザポイントの発行の際に実際どのような審査が行われているのかは公表されていませんが、2つの観点から審査の難易度が高いのかについてできる限り迫っていきたいと思います。

学生でも18歳以上から申し込み可能

オリコカードザポイントの申し込み年齢条件をホームページで確認してみると

「原則として年齢18歳以上の方(高校生は除く)」

という記載がありました。

このことから、高校生以外であれば専門学生や大学生といった学生でも申し込むことができ、裾野が広いクレジットカードであるということが言えます。

オリコカードザポイントは信販系の年会費無料カード

クレジットカードは発行会社の業種形態などによって銀行系・交通系・航空系・信販系・流通系という5つの系統に分けることができます。

この分類に基づくとオリコカードザポイントは信販系に分類されます。

審査の手法などについて公表されていないため一概には言えませんが、信販系クレジットカードは銀行系クレジットカード等と比較すると審査のハードルは高くない傾向にあるとされています。

また、オリコカードザポイントの審査では現在の支払い能力よりも過去の支払い状況などの信用情報が重視される可能性が高いです。

延滞や自己破産などの金融事故により個人の信用情報であるクレジットヒストリーに傷がついていないことが重要そうです。

カード発行までは最短8営業日!余裕を持った申し込みを

最近では最短即日発行や3営業日以内に発行されるなど早く発行可能であることを謳っているクレジットカードもありますが、オリコカードザポイントは発行までに最短でも8営業日かかってしまいます。

それ以上に時間がかかってしまう可能性もあるので、遅くともカードを使用する2週間前までには申し込みを済ませておいた方がよいでしょう。

知って得する!オリコカードザポイントのお得な使い方

オリコカードザポイントは通常のお買い物でもポイント還元率が高いのですが、インターネットショッピングサイト「オリコモール」を経由してお買い物をするとポイント還元率はさらに上がります。

このセクションではオリコモール経由で買い物をしたときのポイント還元率について解説していきます。

ネットショッピングでさらに強みを発揮!

オリコモールは楽天ショップやAmazon、ユニクロなどおよそ600のショップが加盟しているショッピングサイトです。

ポイント還元率は期間限定でポイントアップキャンペーンを実施しているなど変動はありますが、ショップによってはポイント還元率が10.00%を超えるところもあります。

ここでは主な加盟ショップにおけるポイント還元率を紹介します。

楽天市場最大14.00%
洋服の青山オンラインストア4.00%
GUCCI2.00%
NIKE.COM1.50%
Microsoft Store1.50%

オリコモールを経由し、オリコカードザポイントで決済をするとショップでの買い物に対するポイントの他にもポイントが貯まるので非常にお得なのです。

実際どのくらいポイントが貯まるのか検証してみよう!

例えば、ポイント還元率14.00%のショップで税別10,000円の買い物をし、オリコカードザポイントで支払ったとして見ましょう。

この場合、ショップを利用したことで獲得できるポイントの他にオリコカード利用ポイントとオリコカードザポイント特別加算ポイントを獲得することができます

実際に得られるポイント数を計算すると次のようになります。

  • 1,400ポイント(オリコモール経由ポイント)
  • 108ポイント(オリコカード利用ポイント)
  • 50ポイント(オリコカードザポイント特別加算ポイント)

1,558ポイント付与され、還元率にして驚異の15.58%になります。

他のECサイトでも似たようなサービスはありますが、ポイント還元率の面で比較するとオリコモールには到底及びません。

今回紹介した以外にも多くのショップが加盟していまるので気になる人はオリコモール公式ページをご覧ください。


よく利用するショップがオリコモールに加盟している場合には非常にお得なので、この機会にオリコカードザポイントの申し込みをおすすめします。

新規入会キャンペーン実施中
今なら最大8,000ポイント
プレゼント!

ポイントを有効活用すべし!

クレジットカードを比較検討するうえで重きを置いている人も多い利用金額に応じて付与されるポイント。

しかし、貯まったポイントの活用方法を詳しく把握している人はそれほど多くはないというのが現状です。

そこで、ここではオリコポイントの交換先について詳しく見ていきたいと思います。

オリコポイントの主な交換先

★即時交換・即時利用可能なもの

Amazonギフト券500円分=500オリコポイント
2,000円分=2,000オリコポイント
iTunesギフトコード500円分=500オリコポイント
1,500円分=1,500オリコポイント
Google Playギフトコード1,000円分=1,000オリコポイント
nanacoギフト1,000円分=1,000オリコポイント
楽天EdyギフトID1,000円分=1,000オリコポイント
ファミリーマートお買い物券500円分=500オリコポイント
電子マネーWAONポイント1,000WAONポイント=1,000オリコポイント
Tポイント1,000Tポイント=オリコポイント1,000ポイント

★即日利用できないもの

オリコプリペイドカードへのチャージ500円~49,000円の範囲で1円単位でポイントをチャージできます。
なお、ポイント交換時のレートは1円=1オリコポイントとなっています。
楽天スーパーポイント1,000楽天スーパーポイント=1,000オリコポイント
Pontaポイント1,000Pontaポイント=1,000オリコポイント
dポイント1,000dポイント=1,000オリコポイント
ANAマイレージクラブ600マイル=1,000ポイント
UCギフトカード5,000円分=5,500ポイント
20,000円分=20,000ポイント

その他にもau WALLETポイントやコストコプリペイドカードなどと交換することも可能です。

オリコプリペイドカードで汎用性アップ

オリコカードが発行するものの中にはオリコカードザポイントのようなクレジットカードの他に「オリコプリペイドカード」と呼ばれるものがあります。

その名の通り「オリコプリペイドカード 」は事前にチャージをして使うタイプのプリペイド式のカードとなっています。

年会費無料
発行手数料無料
申し込み資格満12歳以上で日本国内に住んでいる方
※未成年者が申し込む場合には親権者の同意が必須
チャージ上限金額250,000円
1回あたりのチャージ上限金額49,000円
チャージ方法オリコが発行するクレジットカード
オリコポイント
コンビニ払い
銀行振込
インターネットバンキング
チャージ手数料税込200円

オリコが発行するクレジットカードやクレジットカード利用により貯めたオリコポイントからもチャージすることが可能で手数料がかからず、ポイントの使い道としてもオススメできます!

その他の特徴としては以下のようなものが挙げられます。

  • 月間カード利用金額の0.25%をキャッシュバック
  • 国内の店舗だけでなく、海外のショップやオンラインショッピングでも利用できる
  • 12歳以上で申し込めるので、お子さんにも持たせることができる

プリペイドカードでは基本的に年齢制限が低く審査もないためクレジットカードを持てない人は十分に検討してみる価値はありますよ!

電子マネーチャージは5種類可能

オリコカードザポイントにはiDとQUICPayといったポストペイ型(後払い式)の電子マネー機能を2つともつけることができます

さらに、SMART ICOCA・nanacoについてはカードに機能が付帯されていないものの、オリコカードからのチャージが可能です。

上記に挙げた電子マネーへのチャージでポイントが付与されるのかについてまとめてみました。

iD・QUICPayポストペイ型(後払い式)の電子マネーであるため、事前のチャージは不要
モバイルSuica・SMART ICOCAクレジットカードでのチャージでポイント付与
nanacoクレジットカードでのチャージはポイント付与の対象外

手数料無料のボーナス二回払いがお得!

クレジットカードの支払い方法にはボーナス払いというものがあります。

ボーナス払いには利用期間と支払い日が設けられおり、利用期間の間に購入した商品の代金が支払い日にまとめて引き落としされる仕組みとなっているので、お金に余裕ができるボーナス後まで支払いを先延ばしできます。

ボーナス払いがあるクレジットカードではだいたい「ボーナス一括払い」と「ボーナス二回払い」を設けており、前者の場合は手数料が無料ですが後者では手数料がかかることが多いです。

しかしオリコカードザポイントではボーナス二回払いでも全く手数料がかかりません

ボーナス二回払いでは、夏のボーナス支給時期に1回、冬のボーナス支給時期にもう1回と2回のボーナス時期に分けて支払いができるので、高額な商品をクレジットカードで購入し支払いを先に延ばしたい時にかなり便利です!

ボーナス払いの月はある程度指定できる!

オリコカードザポイントでは

夏のボーナス払い6~8月
冬のボーナス払い12月or1月

という風にある程度ボーナス払いする月を選択できるような仕組みとなっています。

クレジットカード会社によってはボーナス払いの支払日があらかじめ決められているところが多い中、オリコカードではボーナスが支給されてから支払うことが可能で支払い計画が立てやすいというメリットがあります。

ボーナス払いをする上での注意点

ただ、ボーナス払いには注意点がいくつかあるので利用の前に必ず覚えておきましょう。

  • クレジットカードブランドに関係なく、ボーナス払いを利用できるのは国内で利用した分のみ。
  • コンビニや商店などの小規模利用ではボーナス払いが利用できないことが多い。
  • ボーナス払いが終わるまで利用可能残高は埋まったまま。ギリギリまで使うと普段使いができなくなる。


とりわけ利用限度額を圧迫することには注意が必要で、ボーナス払い専用のカードとしてオリコカードを持つのでもいいかもしれませんね。

まとめ

今回は年会費無料の高還元率クレジットカード「オリコカードザポイント」をご紹介しました。

今回紹介したメリットはほんの一部ですが、そのほかにも会員優待サービス「Orico Club Off」を利用してお得にショッピングやホテルに宿泊できたり、海外格安航空券サービスや海外レンタカー予約サービスなどたくさんのメリットがあるカードとなっています。

これからクレジットカードを申し込もうと思っている方には「オリコカードザポイント」をおすすめします。

オリコカードザポイントの口コミ一覧

オリコカードザポイントに対する口コミはまだ投稿されていません。下記の口コミ投稿フォームより、利用者の方の投稿お待ちしております。

新規入会キャンペーン実施中
今なら最大8,000ポイント
プレゼント!
口コミ投稿フォームを表示する
性別*
このページの目次