P-one Wizカードの特徴とおすすめポイント

P-one Wizカードの特徴とおすすめポイント

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard

毎月末日のショッピング利用残高に応じて月々の最少支払金額(ミニマム・ペイメント)が決まる。リボ払い専用カードなのに、一括払いができる。海外・国内旅行保険はないものの、国内外の旅行で使える嬉しいサービス満載。世界各国のサービス窓口へ電話一本で相談できる「ポケットワールドデスク」があり、日本語で相談可能。人気のパッケージツアーがカード利用で最大8%OFFになる会員限定の優待プランがある。

発行会社ポケットカード株式会社
初年度年会費(本人会員)無料
2年目以降年会費(本人会員)無料
還元率最大1.5%(入会から3ヶ月間は2.5%)
利用限度額0~200万円
発行期間最短7営業日(通常2~4週間)
海外旅行保険なし
国内旅行保険なし
ショッピング損害保険あり(購入商品安心保険)
電子マネー対応iD

P-one Wizカードはこんな人におすすめ!

  • ミニマムペイメントで支払したい人
  • 還元率の高いクレジットカードを探している人
  • クルマを運転している人
  • ネットショッピングを楽しむ人
  • 海外旅行に良く行く人

P-one Wizカードはポケットカード株式会社が発行するクレジットカードです。

年会費は無料、発行ブランドはMasterCard、VISA、JCBの3つ用意しており、ショッピング枠の上限は200万円、キャッシング枠の上限は150万円、審査によってそれぞれ適切な枠が設定されます。

P-one Wizは一般的なクレジットカードより、還元率が高くなっています。なぜ還元率が高いのか、それはリボ専用のクレジットカードだからです。

ショッピングリボ払い手数料18.00%が発生しますが、その分だけ会員に還元しています。

MEMO
リボ専用のクレジットカードでも実質手数料ゼロにすることが可能です。
締め日:月末、支払日:翌々月1日のずっと全額コースを選ぶと手数料がかからないのです。

P-one WizではWEB明細が基本となっていますが、インターネットに接続できるパソコンとスマホがあれば自由に確認できます。

紙の利用明細書を希望すると90円の発行手数料が発生します。

P-one Wizカード5つのポイント

  1. クレジットカードの利用金額が1%OFFになる
  2. ショッピングリボ払いだから余裕が無くても支払しやすい
  3. クレジットカードで貯めたポイントをTポイントへ交換することが可能
  4. 海外旅行時に安心な海外サポートサービス
  5. クルマを運転中にアクシデントが起きてもカーライフホッとラインで安心

P-one Wizには大きく分けて5つのポイントがあります。発行を検討している人、興味がある人は読んでみて下さい。

1.自動的に1%OFFになる

一般的なクレジットカードで良く見られるのがポイント還元です。加盟店でショッピングすると利用代金につき、決まった割合のポイントが付与される仕組みですね。

P-one Wizには少し特殊で、自動的に1%OFFになる仕組みがあります。貯めたポイントを賞品に交換するといった手間はかかりません。

MEMO
普段のショッピングは勿論のこと、電気ガス水道などの公共料金、国民年金の保険料など1%OFFになる対象は様々です。クレジットカード決済に対応している「ふるさと納税サイト」も対象となっています。

利用代金1,000円ごとにポイントが付与されるクレジットカードの場合、1,000円未満の利用代金だと切り捨てされることがありますが、P-one Wizなら100円ごとに1%OFFになるため1,000円未満の利用代金でも無駄になりません。

2.ミニマムペイメントで支払いできる

ショッピングリボ払いにはミニマムペイメントで支払いできるメリットがあります。(ミニマムペイメントとは最少支払い額のことを言います。)

今月は出費が多くて余裕が無い…という時はミニマムペイメントのまま支払いすることが可能です。締切日の残高によってミニマムペイメントは変わります。

締切日残高が100,000円の場合、ミニマムペイメントは3,000円です。締切日残高100,001円から150,000円まででは4,500円となります。締切日残高を100,000円までに抑えれば、月々のミニマムペイメントは変わりません。

例えば30,000円ショッピングした後、追加で30,000円ショッピングし、締切日残高が60,000円になっても月々3,000円の支払で済む訳です。

ただしミニマムペイメントのままずっと支払していると手数料が大きくなるという点には注意して下さい。

MEMO
ミニマムペイメントは最少以上なら幾ら支払しても良い自由な支払方法となっています。余裕が生まれた月は増額支払を行い、手数料を節約すると良いでしょう。ずっと全額コースを選んだ後、支払が厳しくなってもミニマムペイメントに戻せるために安心です。

3.貯めたポイントはTポイントへ交換するとお得

P-one Wizでは自動的1%OFFに加え、さらにポケット・ポイントも貯まります。

通常時は1,000円ごとに1ポイント貯まりますが、会員専用オンラインショッピングモール「ポケットモール」経由なら最大30倍もポイントが貯まるのが魅力です。

ポケットモールにはYahoo!ショッピング、楽天市場、Amazonといった大手ショッピングモールサイトも加盟しています。

ポケット・ポイントはTポイントへ交換することも可能で、ポケットモール経由でショッピングして貯めたポイントをTポイントへと交換すると還元率が高くなります。

ネットショッピングが好きな人もお得になるのがP-one Wizの良いところです。

ちなみに交換レートは1ポケット・ポイント=5Tポイントとなっています。

Tポイントはグルメやスイーツ、家電、インテリア、調理器具など様々な商品に交換ができ、貯めたポイントの使い道に困ることは少ないです。

注意
Tポイントへ交換したい時はYahoo!JAPAN IDの取得が必要です。

4.海外サポートサービスが付いている

P-one Wizには海外サポートサービスが付いており、海外旅行時にもあると安心なクレジットカードとなっています。

ポケットワールドデスクでは現地ホテルやレストランの予約、チケットの手配などのサポートが受けられます。日本語サポートだから現地語が分からず、予約や手配が難しいという人でも安心です。

海外滞在中に病気や怪我をした、クレジットカードを紛失したなどアクシデントがあった時に安心なのがエマージェンシーサービスです。

このサービスにてアクシデントへの対応が受けられます。81から始まるエマージェンシーラインは24時間受付しており、アクシデントがいつ起きても繋がります。 為替レートを知りたい時はインフォメーションサービスを利用してみると良いでしょう。

5.年会費700円でカーライフホッとラインが付けられる

P-one Wizでは「カーライフホッとライン」というオプションを用意しています。年会費700円でロードアシスタントサービスが付けられるというオプションです。

ロードアシスタントサービスではタイヤのパンク、バッテリー上がり、ガス欠、キーの閉じ込みなど、クルマを運転中に発生した様々なアクシデントにて緊急修理が受けられます。

事故などで自力走行できなくなった時に便利なのがレッカー現場急行サービスです。20kmまでの距離ならレッカーによる牽引が無料になります。

さらに1人20,000円までの帰宅費用、1人15,000円までの宿泊費用まで補償が受けられます。

クルマの搬送費も50,000円まで補償してくれるため、クルマを修理に出した時でも負担が軽減されます。

ロードサービスというとJAFのイメージが強いです。 しかし1年間で4,000円の年会費が発生することがありました。 P-one Wizなら年会費700円で済むため、ロードサービスへの年会費節約も期待できるのです。

まとめ

P-one Wizカードの特徴を簡単にご紹介しました。

ETCカードも付けられるため、高速道路を良く利用している人にも便利です。 (ただしETCカードの利用代金は自動的1%OFFの対象外となる点には注意して下さい。 )

その他にも電子マネーへのチャージや金券、生損保の保険料なども対象外となるため、事前に確認しておくと良いでしょう。P-one Wizへのお申し込みはオンラインが便利です。

オンライン申し込みなら最短7営業日でクレジットカードが届きます。 自宅または最寄りのゆうゆう窓口にて受け取りすることが可能です。

このページの目次