セブンカード・プラス(ゴールド)はココがおすすめ!インビテーション条件などの特徴まとめ

セブンカード・プラス(ゴールド)はココがおすすめ!インビテーション条件などの特徴まとめ

  • JCB

セブン&アイホールディングスが発行する「セブンカード」のゴールドカード。招待制で一般募集はなし。ショッピングガード保険(国内)が追加され、年会費が永年無料。ヨーカドーグループでお得な特典あり。セブンイレブン、デニーズでは200円毎に3ポイント、イトーヨーカドーでは100円毎に1.5ポイント、西武百貨店、そごう、7ネットショッピングでは200円毎に2ポイント付与。

発行会社株式会社セブン・カードサービス
初年度年会費(本人会員)無料
2年目以降年会費(本人会員)無料
還元率0.5%~1.5%
利用限度額個別に設定
発行期間約2~3週間
海外旅行保険なし
国内旅行保険なし
ショッピング損害保険あり(100万円)
電子マネー対応nanaco

セブンカード・プラス(ゴールド)はこんな人におすすめ!

  • セブンカード・プラス(ゴールド)へ招待されている方
  • イトーヨーカドーやセブンイレブンなどでよく買い物をされる方
  • 買い物だけではなく公共料金などもクレジットカードでまとめての決済を考えている方
  • クレジットカードの利用金額明細書の確認などをインターネット上で行いたいという方

こんな人には向かないかも・・・
セブンカード・プラス(ゴールド)は年会費が無料な分、一般的なゴールドカードに見られるような手厚いサービスや保険が付いてないません。
年会費無料ということもあり、券面がゴールドなだけでちょっとお得な一般カード、と捉えるのが良いでしょう。
イメージしているようなゴールドカードが欲しい方にはオススメできません。

セブンカード・プラス(ゴールド)は、セブンカードプラスの使用者で優良会員と認められた方が対象のインビテーション制(招待制)のクレジットカードです。

セブン系列の店舗で頻繁に利用することでメリットが得られやすいカードとなっています。

セブンカード・プラス(ゴールド)の5つのポイント(特徴)

  1. 本会員 家族会員ともに年会費が永年無料
  2. セブンイレブンやイトーヨーカドーなどでのお買い物でポイント還元率が1.5%
  3. 年間の利用金額に応じて累計ボーナスプレゼント
  4. ショッピングガード保険(国内・国外)が付帯されている
  5. PCやスマホから利用できる便利なクレジットインターネットサービス

今回は上記に挙げた特徴を持つ「セブンカード・プラス(ゴールド)」を紹介します。

1.本会員 家族会員ともに年会費が永年無料

セブンカード・プラス(ゴールド)は前年の利用実績に関係なく本会員・家族会員ともに年会費が永年無料となっています。

ゴールドカードは年会費が無料ということが珍しく、年会費が安くても2,160円~、そして10,000円を超えるカードも多いなか年会費がかからずに一般カードよりワンランク上のカードを所有できますので、セブンカード・プラス(ゴールド)への招待状が届いている方はチャンスだと捉えて切り替えることをおすすめします。

2.セブンイレブンやイトーヨーカドーなどでのお買い物でポイント還元率が1.5%

セブンカード・プラス(ゴールド)を利用して買い物をすると通常200円ごとに1nanacoポイントが付与される仕組みなのですが、対象店舗でクレジットカード決済をするとより多くのポイントが付与されるのです。

ポイント還元率が上がる対象店舗例をまとめてみました。

対象店舗貯まるポイント
セブンイレブン・デニーズ200円ごとに3ポイント
イトーヨーカドー100円ごとに1.5ポイント
西武百貨店・そごう・7ネットショッピング200円ごとに2ポイント

また、nanacoへのチャージをセブンカード・プラス(ゴールド)で支払った場合にも200円ごとに1ポイント付与されます。

3.年間の利用金額に応じて累計ボーナスプレゼント

セブンカード・プラス(ゴールド)で支払いをするごとに貯まるポイントとは別に、当年4月から翌年の3月末までの1年間にイトーヨーカドーやヨークマートなどセブン系列の店舗で累計100万円(税別)以上セブンカード・プラス(ゴールド)を利用した方を対象に年間累計利用額に応じてボーナスポイントが付与されます。

年間利用金額付与されるポイント
100万円3,000ポイント
150万円10,000ポイント

※50万円達成後100万円に達するごとに10,000ポイントが付与されます。

家族会員になっている家庭であれば家族全員の利用額を合算しての計算になりますのでより達成しやすくなります

上記の条件を満たすような方はさらにポイント還元率が高くなりますのでかなりお得感を感じられますので、セブンカード・プラス(ゴールド)に切り替える資格のある方には絶好の機会を活かしてほしいと思います。

4.ショッピングガード保険(国内・国外)が付帯されている

セブンカード・プラス(ゴールド)にはショッピングガード保険(国内・海外)が付帯されています。

セブンカード・プラス(ゴールド)で決済して購入した商品が購入日より90日間の間に盗難・破損・火災などの偶然な事故によって損害を被った場合、商品の金額が補償されます。

もしもの時に安心できますね。

国内、海外の違い

ショッピングガード保険(国内)は1回の事故につき自己負担額5,000円を差し引いた総補償金額は100万円/年までが限度となっています。

しかし、ショッピングガード保険(海外)は1回の事故につき自己負担額が10,000円となり、国内ショッピングガード保険と同様に総補償金額は100万円/年が限度となっています。

また、国内・海外問わず補償期間は4月1日~翌年3月31日となっています。

5.PCやスマホから利用できる便利なクレジットインターネットサービス

 セブンゴールドカード会員の方は登録料および利用料0円でパソコンやスマートフォンから「クレジットインターネットサービス」を利用できます

クレジットインターネットサービスに含まれている主な機能は次の通りです。

  • 利用明細照会

    利用可能額照会のほか最長17ヶ月分の利用明細書を確認することができます
  • 各種料金支払い申込み(JCBブランド会員のみ)

    電気・ガス・携帯料金などの公共料金の決済申込みと支払いの一括管理が可能
  • 支払方法の変更

    1回払いで決済後、必要に応じてリボ払いや分割払い、スキップ払いに変更が可能
  • お客さま情報変更

    住所や勤務先などが変わった場合にでんわでといあわせなくても変更が可能

上記に挙げた例は代表的な機能ですが、その他にもカード利用可能枠の増額申請やETCスルーカードの申し込みができます。

セブンカード・プラス(ゴールド)のインビテーション条件は?

セブンカード・プラス(ゴールド)のインビテーション条件は非公開です。

そのためカード業界に精通していない限り、条件を知るのが難しくなっており実際に発行された人の口コミや噂などで条件を推測するしかありません。

インビテーションが来る近道を知りたい人も参考にしてみて下さい。

セブン&アイグループの店舗でカード利用を継続する

セブンカード・プラス(ゴールド)はセブン&アイ・ホールディングスが母体となるカード会社が発行していますね。

セブン&アイ・ホールディングスというとセブンイレブンやイトーヨーカドーなどでお馴染みですよね。

そのためセブン&アイグループ店舗のお得意様になると、インビテーションが来やすいと推測されています。

セブンイレブンやイトーヨーカドーなどで良くお買い物している人は現金ではなく、セブンカードで支払いをしたいところです。

セブンカード・プラスを年間それなりの金額使い続ける

お得意様とはいえ、少額なお買い物ではインビテーションの期待はできません。

実際にインビテーションが来た人にはセブンカードプラスで年間100万円以上買い物したら来たというネット上の口コミが見られます。

この数値もあくまで推測ですが、年間500万円や1,000万円は必要と噂されるインビテーション制のプラチナカードやブラックカードよりは確実にインビテーションの敷居が低くなっています。

一人暮らしだと難しいでしょうが、家族カードの利用代金も反映されるはずなので、家族3,4人でセブンカードプラスを使えば条件クリアはそう難しくないはずです。

セブンカード・プラス(ゴールド)のその他の特典/追加カードについて

インビテーション制のクレジットカードには特典が充実しているメリットがあります。

そこでセブンカード・プラス(ゴールド)にはその他、どんな特典が付いているのか、どんな追加カードがあるのか、ご紹介していきます。

セブンカード・プラス(ゴールド)のその他の特典

まずは上記に説明した5つのポイント以外の特典を見ていきましょう。

基本旅行代金が最大5%割引

セブンカード・プラス(ゴールド)には国内外のパッケージツアーが最大5%オフになる特典が付いています。

この特典を受けるには次のような条件をクリアすることが必要です。

  1. 対象ツアーへの申込みを電話で行う(セブン旅デスク「0570-020-711」)
  2. 対象クレジットカードにて1回払いする

基本旅行代金5%オフになる主な対象ブランドを以下にご紹介しておきます。

「国内パッケージツアー」

  • ANAスカイホリデー(ANAセールス)
  • JALパック(ジャルパック)
  • 赤い風船(日本旅行)

「海外パッケージツアー」

  • ANAハローツアー(ANAセールス)
  • JALパック(ジャルパック)

一緒に旅行に行く家族や友だちも割引の対象となるため、旅行代金を節約したい時にも便利な特典です。

他にも割引となる対象ブランドがたくさんあるので、気になる人はセブンカードの公式ホームページにて探してみて下さい。

ANAセールス旅行商品の決済でポイント3倍

セブンカード・プラス(ゴールド)ではANAが手がける旅行商品でポイント3倍になる特典が付いています。

この特典を受ける方法は以下の2通りです。

  1. ANA旅行サイト「ANA SKY WEB TOUR」にアクセスして申込みする
  2. 「ANAスカイホリデー予約案内センター」または「ハローお出かけダイヤル」にて電話で申込みする

航空券だけでは3倍ポイント付与対象外となるので注意して下さい。

カラオケ館の室料が30%割引

セブンカード・プラス(ゴールド)をカラオケ館店舗にて提示してクレジット払いすると室料30%オフになる特典が受けられます。

 30%OFFは室料のみ!
30%オフになるのは時間制で入った室料のみで、以下のサービスは割引対象外となるので注意して下さい。
・飲食代
・フリータイム
・飲み放題
・パーティーコース

▼店舗が何処にあるのか分からない時はカラオケ館の公式ホームページで検索してみて下さい。

八ヶ岳高原ロッジの宿泊料金割引

セブン・カードサービスでは2017年12月より、八ヶ岳高原ロッジの利用でポイント3倍となる優待を提供しています。

八ヶ岳高原ロッジに宿泊する時はセブンカード・プラス(ゴールド)でお支払して下さい。

対象の宿泊施設が限定されるものの、大自然の中でのんびり過ごしたい時にはお得ですよね。

セブンカード・プラス(ゴールド)の追加カードについて

ETCカード

セブンカード・プラス(ゴールド)ではETCカードの追加ができ、気になる年会費や発行手数料は無料。

ETCカード200円利用につき1ポイント付与、と加盟店でのお買い物同様のポイントが付与されるため有料道路の料金をなるべく節約したい時にも便利です。

ETCカードの利用分はクレジットカードの請求と一緒に来ます。

▼セブンカード・プラス(ゴールド)以外にもETCカードを無料で発行できるものがあります!

家族カード

セブンカード・プラス(ゴールド)では家族カードの追加も可能です。

家族会員の年会費は次のようになっています。

  • 年会費初年度無料(本会員と同時入会)
  • 2年目以降、家族会員1名につき200円(本会員と家族会員併せて年間5万円以上で無料)

2年目以降は比較的クリアしやすい条件で無料になり、発行手数料もかからないので、実質無料で家族カードを持てると言えるでしょう。

注意
家族カードでも本カードと同様のポイントが貯まりますが、次のあk族カード発行条件には注意して下さい。
・本会員と生計をともにする家族
・配偶者/両親/18歳以上の子ども(高校生除く)
家族であっても生計をともにしない場合は申込みできません。

QUICPay(nanaco)

セブンカード・プラス(ゴールド)のQUICPay(nanaco)では手持ちのnanacoカードに電子マネーQUICPay機能を付けられます

QUICPayは後払い方式電子マネーのため、事前のチャージは不要です。

QUICPay(nanaco)の利用分は紐づけられたセブンカード・プラス(ゴールド)の利用代金と一緒に引き落としされます。

次のような流れで支払いを行います。

  1. QUICPayマークの加盟店に来店する
  2. レジで「QUICPayでお支払します」と店員さんに伝える
  3. QUICPay機能がついたnanacoカードを提示する

審査によってnanacoカードにQUICPay機能を付けることが認められた場合、カード発行手数料はかかりません。

QUICPay加盟店でも200円利用につき1ポイント貯まりますよ。

注意
ただし支払いに登録できるのは本カードのみ、家族カードはできないので注意して下さい。

ApplePayも利用可

セブンカード・プラス(ゴールド)ではApplePayでも利用が可能です。

ApplePayではお店のレジで支払いする時はQUICPayとなっており、200円利用につき1ポイント貯まります。

ただしセブンイレブンやイトーヨーカドーなどでApple Payお支払してもポイント還元率0.5%しか付与されないので、クレジットカード払いのほうが良いでしょう。

Suicaへチャージも可能ですが、ポイントが付与されるのはVISAブランドのみ、JCBブランドではSuicaチャージ分がポイント付与対象外となっています。

セブンカード・プラス(ゴールド)の注意点・デメリット

セブンカード・プラス(ゴールド)は年会費が無料ということもあり、ゴールドカードならではの付帯サービスが少ないというデメリットがあります。

あくまで少しお得なインビテーションカードという位置付けなので付帯サービスを重視している人は注意して下さい。

国内・海外ともに旅行損害保険は付帯されない

一般的なゴールドカードには国内や海外でのトラブルに対応するための旅行傷害保険がついています。

しかしセブンカード・プラス(ゴールド)には国内も海外共に旅行傷害保険が付帯されていないのです。

セブンカード・プラス(ゴールド)をメインカードに選んだ場合、旅行中に発生した病気や怪我の治療費が心配だと思うので、国内・海外旅行傷害保険が自動付帯されているサブカードを別途作成しておくと良いでしょう。

さらに2枚サブカードを作成しておくと補償限度額の合算ができますよ!

空港ラウンジの利用はできない

ゴールドカードの付帯サービスで代表的な存在となっているのが空港ラウンジです。

しかしセブンカード・プラス(ゴールド)では空港ラウンジサービスが付帯されていません

プラチナカードに良く見られるプライオリティパスももちろん付帯していません。


どうしても利用したい時は空港ラウンジにて料金をお支払して入る、または空港ラウンジ付帯のクレジットカードを別途作成しておくと良いでしょう。

VISAとJCBはどっちがおすすめ?

セブンカード・プラス(ゴールド)では国際ブランドをVISAとJCBから選ぶことができます。

それぞれに特徴があるので自分に合ったものを選ぶのが良いでしょう。

VISAはApple Pay上でSuicaへのチャージができない

先ほど述べたようにApple PayでのSuicaチャージでポイントが貯まりますが、VISAブランドの場合はApple Pay上でSuicaへのチャージができません。

VISAのカードでチャージをするためには別途Suicaアプリの用意が必要です。

一方、JCBブランドであればSuicaアプリ上はもちろん、Apple Pay上でもSuicaへのチャージができます。

VISAは海外加盟店が圧倒的に多い

VISAブランドは世界シェアNO1だけあって国内外の加盟店数が非常に多くなっています。

一方JCBブランドは日本の国際ブランドといった関係上、国内加盟店数は多いですがVISAブランドと比べると海外加盟店が少なくなっています。

台湾や韓国、ハワイなど日本人観光客が多い地域ではJCB加盟店が多くJCBプラザで現地アシスタントサービスが受けられるなどメリットが多いですが、それ以外の地域にいく機会の方が多良い人にはVISAを持つことをオススメします。

結局おすすめはどの国際ブランドなの?

このように国際ブランドによって違いがあるのです。違いを踏まえて次のような選び方を行うと良いでしょう。

VISAブランド・Suicaへのチャージでポイントを貯めたい人
・様々な国へ海外旅行に行く機会が多い人
JCBブランド・Apple Pay上でSuicaにチャージしたい人
・国内での利用や、韓国や台湾など日本人観光客が多い海外での利用が多い人

まとめ

 今回は一般申し込みを受け付けていないインビテーション制のクレジットカード「セブンゴールドカード」の特徴を紹介しました。

クレジットカード決済をすることでnanacoポイントが貯まりますし、年会費永年無料で一般カードよりワンランク上のゴールドカードを所有できるのはかなり魅力です。

非常にメリットの大きいカードとなっていますので、招待状が手元に届いている方はセブンゴールドカードへの切り替えを検討することをおすすめします。

セブンカード・プラス(ゴールド)の口コミ一覧

セブンカード・プラス(ゴールド)を利用している40代女性
名無しのセブンカード・プラス(ゴールド)利用者
40代女性(パート・アルバイト)
世帯年収:800~1000万円未満
満足度:★★★★★★★☆☆☆
発行したキッカケ

日常から少し大きなお買い物まで1枚のカードでこなせるという利点と、近くにヨーカドーとセブンイレブンがあり、利用頻度も高いお店のカードだったので、セブンカードプラスを契約をしていた。 1年くらい使うとセブンカードプラス(ゴールド)のインビテーションが届き、年会費が無料だったということもありゴールドカードに切り替えた。

セブンカード・プラス(ゴールド)について

近隣に、ヨーカドーがあり、食料品のお買い物をよくします。その際に、レジで細かなお金のやり取りをする必要がなく、スムーズにお会計が出来るので、混んでいて後ろに人が沢山並んでいてもお待たせしている罪悪感がなくてストレスフリーです。
さらに、ヨーカドーでの買い物ではポイントが3倍貯まるため非常にポイントが貯まりやすいためありがたいです。

口コミ投稿フォームを表示する
性別*
このページの目次