ビックカメラSUICAカードの特徴とおすすめポイント

ビックカメラSUICAカードの特徴とおすすめポイント

  • VISA

ビックカメラでの買い物は基本10%ビックポイントサービス。チャージしたSuicaで支払えば基本11.5%相当ポイントサービス。コジマでのお買い物は現金払いと同率ビックポイントサービス。貯まったビックポイントをSuicaに交換できるので交通費にもお財布にも嬉しい。

発行会社株式会社ビューカードと株式会社ビックカメラが提携
初年度年会費(本人会員)無料
2年目以降年会費(本人会員)477円(税抜) 前年1年間でのクレジット利用が(ビューカードにて)確認できた場合は無料
還元率0.50%~10.00%
利用限度額利用実績や支払い状況などを基準に変更
発行期間インターネット完結なら最短1週間
海外旅行保険あり
国内旅行保険あり
ショッピング損害保険なし
電子マネー対応SuicaiD

ビックカメラSUICAカードはこんな人におすすめ!

  • 電車で通勤通学している人
  • 高還元率のクレジットカードを利用したい人
  • ビックカメラやコジマ、ソフマップで良くショッピングする人
  • 電子マネーでショッピングしたい人
  • 国内外の旅行を安心して楽しみたい人

ビックカメラSUICAカードはJR東日本の子会社であるビューカードと家電量販店のビックカメラが提携することで誕生したクレジットカードです。

VISAとJCBの国際ブランドを用意しています。

初年度の年会費は無料、次年度は年会費477円となりますが、クレジット利用で次年度以降も無料にすることが可能です。

クリア条件のハードルが低いため、年会費が気になる人でも安心ではないでしょうか。

MEMO
さらにWeb明細ポイントサービスを利用すると発行されるごとに20ポイント貯まります。20ポイント=50円相当、1年12か月で600円相当分がお得になるため、実質年会費マイナスにできるのです。

多彩な支払い方法を選択可能

ショッピングした後の支払い方法は、

  • 1回払い
  • ボーナス一括払い
  • 分割払い
  • ボーナス併用払い
  • リボルビング払い

の中から選択できます。

このうち分割払い、ボーナス併用払い、リボルビング払いでは所定の手数料が発生するため、余裕の無い時以外はなるべく手数料無料の1回払いかボーナス一括払いを選びたいところです。

オンライン入会が便利!

一部のビックカメラ店舗では仮カードの最短即日発行が受けられますが、仮カードが使えるのはビックカメラ店舗のみで、SUICA機能も付いていません。

また、最短即日発行できる店舗は東京や神奈川、埼玉、千葉、群馬、茨城の首都圏中心にありますが、店舗から遠方にお住まいだと来店するのが難しくなってしまいます。

仮カードではなく本カードを作成したい人、店舗が遠方の人はオンライン入会したほうが良いでしょう。

オンライン入会の場合、最短であれば1週間ほどで発行されます。

SUICA機能はあるが定期券機能はついていない

SUICA機能を利用できる強みを持っているのがビックカメラSUICAカードです。

そのため電車に乗らない人、SUICA加盟店でショッピングしない人には向かないと言えるでしょう。

その他に注意したいのがビックカメラSUICAカードには定期券機能が付いていない点です。

定期券機能が付いているビュースイカカードはクレジットカードと定期券を1枚にまとめることが可能ですが、ビックカメラSUICAカードの場合、定期券と2枚管理することが必要になります。

カード入れが少し厚くなるだけのため、大きなデメリットではありませんが、定期券機能付きのほうが良いという人にも向かないでしょう。

MEMO
高速道路を良く利用する人はETCカードを発行して貰うと良いでしょう。ビューETCカードと呼ばれるETC専用カードとなっています。
 
クレジットカード一体型のETCの場合、車載器に挿入したままだと加盟店でクレジットカード払いができないことがありましたが、ビューETCカードはクレジットカードと別になっているETC専用カードなのでその心配はありません。

ビックカメラSUICAカードの5つのポイント(特徴)

  1. 駅の改札機通過がスムーズになる
  2. オートチャージを利用すると便利でお得になる
  3. ビックカメラでのショッピングなら最大11.5%還元
  4. 国内外の加盟店でも1%還元
  5. 保険が付帯されている

以下より、ビックカメラSUICAカードの特徴を5つにまとめ、簡単にご紹介していきます。

1.電車で通勤通学している人に便利なSUICA機能

電車の切符購入は自動券売機で…というイメージがありますよね。しかし急いでいる時に、大勢並んでいる自動券売機だと電車に間に合わないことがあります。

そんな時でもビックカメラSUICAカードならSUICA機能が付いているため、駅の改札機通過がスムーズになります。

自動改札機の場合は読み取り部分にタッチさせるだけなので簡単です。わざわざ時間をかけて切符を購入するといったことは不要になります。

注意
あまり急ぐときちんとタッチしないと正確に読み取れないことがあります。ピピピピピと連続して音が鳴った場合は正確に読み取れていない状態ですので、もう一度タッチしてみて下さい。

SUICAは自動券売機や多機能券売機、のりこし精算機にてチャージできます。

500円から10,000円まで6種類のチャージ金額から都合の良いものを選べます。

2.オートチャージでポイント3倍

事前にチャージするのが面倒、いざという時にチャージの時間で遅刻したくない!という時に便利なのがオートチャージ機能です。

ビックカメラSUICAカードでもオートチャージすることが可能です。

駅によっては「VIEW ALTTE」と名付けられたATMがあります。このATMにてオートチャージの金額や利用停止などの設定を行うことが可能です。

設定金額より少なくなった時、改札機の読み取り部分にタッチするだけでチャージされます。

オートチャージは改札機の通過が便利になるだけではなく、ポイントが通常より3倍になるというメリットもあるのです。

ビックカメラSUICAカードで貯まるポイントはビックポイント、ビューサンクスポイントの2種類です。

オートチャージの場合は1,000円につき、6ビューサンクスポイントが貰えます。これは15円相当となるため、ポイント還元率は1.5%となる計算です。

通勤通学で良く電車に乗るという人はオートチャージすると良いでしょう。

3.最大11.5%還元にできる

家電量販店でショッピングすると利用代金に対してお得なポイントが付くことが多いですよね。

ビックカメラではビックポイントにて10%還元が受けられます。貯まったビックポイントはビックカメラでのショッピングに利用することが可能です。

しかし10%還元は現金払いが対象となっており、クレジットカード払いすると8%まで落ちてしまうデメリットがありました。

そんな時でもビックカメラSUICAカードなら10%還元のまま、8%に落ちることはありません。

さらに前述したオートチャージ1.5%還元と合計すると11.5%もの高還元率のクレジットカードとなるのです。

注意
ただしSUICAは1回につき20,000円までのチャージとなっているため、ビックカメラで20,000円を超える商品をSUICA払いする時は注意が必要です。

有効期限はビューサンクスポイント、ビックポイントともに2年間となっています。

ビックポイントでは付いた時、使用した時に貯めている分も併せて2年間有効になるため、定期的にビックカメラでショッピングしている人なら失効してしまう心配は少ないでしょう。

4.国内外の加盟店でショッピングしてもお得

ビックカメラSUICAカードがお得になるのはビックカメラだけだと思っている人は多いのではないでしょうか。

しかし家電量販店のコジマや量販店チェーンのソフマップはビックカメラグループの一員となっており、ビックポイントのサービスが受けられるのです。

さらに国内外の加盟店でショッピングしても、ビックポイントとビューサンクスポイントの両方が付きます。

それぞれ0.5%還元となっており、合計すると1.0%の高還元率クレジットカードとなります。

当分ビックカメラでショッピングする予定が無く、貯めたビックポイントの有効期限が過ぎてしまいそうという時はSUICAに交換しておくと良いでしょう。(1,500ビックポイント=SUICA1,000円相当となります。)

ビックカメラやコジマ、ソフマップでショッピングする人のほうが確かにお得ですが、近くにビックカメラグループの店舗が無い人でも持つメリットがあるクレジットカードと言えます。

5.ビックカメラSUICAカードに付帯されている保険

ビックカメラSUICAカードには国内旅行傷害保険、海外旅行傷害保険と2つの保険が付帯されています。

国内旅行傷害保険の補償は次の通りです。

  • 死亡や後遺障害の時は最高1,000万円
  • 入院した時は1日当たり3,000円
  • 手術や入院した時は保険金日額の10倍または5倍
  • 通院した時は1日当たり2,000円

海外旅行傷害保険は次のようになっています。

  • 死亡や後遺障害の時は最高500万円
  • 傷害の時の治療費は上限50万円
  • 疾病の時の治療費は上限50万円

携行品損害に対する補償、救援費用の補償は受けられません。

この旅行傷害保険は東京海上日動火災保険株式会社が引き受けしています。

日本語救急サービスを提供しており、海外旅行中に病気や傷害が発生した時は東京海上日動海外総合サポートデスクに連絡すると次のようなサポートが受けられます。

  • 救急病院の紹介や手配
  • 転院の手配
  • 救急車などの手配
MEMO
保険金を請求する時には保険金請求書、パスポートのコピー、事故証明書、医師の診断書などの書類が必要になります。

受けられる補償によって必要書類が異なるため、事前に良く確認しておいて下さい。

海外旅行傷害保険は自動付帯ですが、国内旅行傷害保険は利用付帯です。

そのため国内旅行に出かける時は切符や旅行商品などをクレジットカードで支払いする必要があります。

まとめ

ビックカメラSUICAカードの特徴を簡単にご紹介しました。

ビックポイントやクレジット、SUICAを一枚にまとめたのがビックカメラSUICAカードです。

電子マネーのSUICAは家電量販店の他、コンビニやスーパー、ショッピングセンター、書店など使い道が多いため、一枚あると便利ですよね。

偽造するのが困難な接触ICチップが搭載されているため、不正利用が気になる人にも魅力的なクレジットカードとなっています。

加盟店のレジにある接触IC対応端末にて4ケタの暗証番号を入力するだけ、簡単に安全なショッピングが楽しめるようになりますよ。

このページの目次