7大共通ポイントの貯め方・使い方、おすすめクレジットカードを徹底解説

7大共通ポイントの貯め方・使い方、おすすめクレジットカードを徹底解説

ざっくり言うと
  • 最近はポイントの種類が無数にありややこしいが、7大共通ポイントを押さえておけばスマートなポイントライフを送ることができる。
  • 各ポイントによって特約等、お得な貯め方があり、さらに貯まりやすい提携クレジットカードがある。
  • よく利用するお店と対応ポイントをチェックして、家計や使い道をカードやポイントごとに分けて考えるととても便利。

ポイントカードってたくさんあり過ぎてややこしかったり、「あのお店に行ったらあのポイントカードを出して、このお店に行ったらこのポイントカードを出して・・・。」など考えながらお買い物をするのって疲れますよね。

なによりも、かさばる上にたくさんのポイントカードが入ったケースをお店の人の前で披露するのも恥ずかしかったりしますよね…。

でもこの7大共通ポイントを知ってさえいれば随分と楽に、そしてお得になりますよ!

今回は7大共通ポイントの貯め方・使い方とそれぞれ貯めやすいおすすめカードをご紹介します。

これを読んでお得でスマートなポイントカードライフを送っちゃいましょう!

1.Tポイント

Tポイントのロゴマーク

元々はTSUTAYAが発効していたTポイントですが、最近ではありとあらゆるところで使えて本当に便利なポイントです。

でも実際のところお店の人に「Tカードはお持ちですか?」と聞かれてはじめて「あっ!ここのお店Tカード使えるんだ!」ってわかったり、思い出したりすることってよくありませんか?

ここではまずTポイントカードについて詳しくご紹介します。

Tポイントの主な提携店舗

言わずと知れたTSUTAYA系列グループはもちろんのこと、

ファミリーマート、サークルK・サンクス、東武ストア・フエンテ、エディオン、Yahoo!ショッピング、LOHACO、ガスト、ステーキガスト、バーミヤン、藍屋、ネットオフ、夢庵、ジョナサン、エクセルシオールカフェ、ドトールコーヒー、吉野家、大阪王将、牛角、ロッテリア、情熱ホルモン、食べログ、洋服の青山、コンタクトのアイシティ、眼鏡市場、ENEOS、ソフトバンク、三井のリパーク、ニッポンレンタカー、スーパーオートバックス、ヤマト運輸、アート引越センター、毎日新聞、シャディーサラダ館・・・

などなど有名なところだけでもこんなにあります。

代表的な貯め方と付与ポイント例

Tポイントは上記の提携店舗で貯めるだけでなく、Yahoo関連サービスでの利用、例えばYahoo!ショッピングやLOHACO、ヤフオクなどの利用でも貯めることができます。またモバイルTポイントだと1ポイント付与されます。

中にはポイントが貯まる特典もあり、例えば新生銀行の銀行口座を持てば下記のようなものがあります。

  • イーネットATMでの入出金で毎月2回まで10ポイントがもらえる(新生銀行はATM手数料が無料なのでこれはおいしいですよね)
  • 引落口座の設定で毎月2回まで50ポイント(固定費をここに設定しておけば勝手に貯まります)
  • 他行からの振込入金が毎月4回まで1回1万円以上で25ポイント
  • 毎月1回までログインポイントで3ポイント、エントリーで1ポイント

などなど・・・ほかにもたくさんあります。

ウエルシア薬局では毎週月曜日にポイントが2倍になるだけではなく、毎月20日は200ポイント以上のお会計利用で1.5倍のお買物ができます!

通常1ポイント=1円分として会計利用できるのが毎月20日に限っては、

  • 200ポイントを利用で300円分のお買い物ができる。
  • 500ポイントを利用で750円分のお買い物ができる。
  • 1,000ポイントを利用で1,500円分のお買い物ができる。
  • 3,000ポイントを利用で4,500円分のお買い物ができる。

となります。毎週月曜日に買い物をして貯まったら20日に利用すれば、実質3倍のポイント利用ができることになりますね。

また、対象商品を購入することでボーナスポイントのプレゼント等もあります。

Tポイントが貯まるおすすめクレジットカード

ファミマTカード

ファミマTカード

  • JCB

ファミリーマートで利用すると200円につき1ポイントのTポイントが貯まり、1ポイント1円としてファミリーマートやTポイント提携先で利用できる。所定の手続きを行うとTSUTAYAのレンタルサービスも受けられる。若者応援クレジットポイントなど、ポイントが貯まりやすくなるサービスもあり。貯めたTポイントは、1ポイント=1円としてファミリーマート、Tポイント提携店で買物可能。

クレジットカードのファミマTカードだとファミリーマートでよくお買い物する人はとてもお得です。

通常のTポイントカードは200円の利用で1ポイントのみの獲得ですが、ファミマTカードで決済すれば合計3ポイント獲得できます。

MEMO
またカードの日というのがあり、ファミマTカードなら毎週火曜と土曜はクレジットカード提示のみで3倍、カード決済ならさらに+2倍で合わせてポイント5倍になります。

さらに25歳以下の人はファミマのお買い物のクレジットポイントがいつでも2倍、等もあります。

YJカード

Yahoo!JAPANカード

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard

クレジット利用分で、100円につき1ポイントのTポイントがたまるYahoo! JAPANカードは、Tカードとしても利用できる。入会の特典、毎月のクレジット利用、Yahoo!サービスの利用でさらにTポイントが上乗せされて貯まっていく。券面にTカード番号が印字されているので、全国のTポイント提携先でダブルでポイントを貯めたり使ったりできる便利な一枚。

YJカード(Yahoo!JAPANカード)は、通常のクレジット決済やYahoo!グループの利用でさらにTポイントが上乗せされて貯まるクレジットカードです。

通常のクレジット決済のポイント率が1%で、Yahoo!ショッピングとLOHACOで決済すればさらに+2倍のポイントが貯まります。

また、Yahoo!ショッピングでは毎月5のつく日(5・15・25日)はなんと誰でもポイント3倍+アプリの利用で2倍。さらに、ヤフーショッピングはプレミアム会員だといつでも+4倍なので、このYJカードを持っていたら驚異の11倍になります。(注意:通常のストアポイントは「だれでもポイント3倍」に含めてあります。)

つまり、1,000円につき110円相当のポイントが還元されます!これだけでもお得なのに、ソフトバンクユーザーはさらに+5倍でなんと合計16倍です!16%引きで商品が購入できるなんてなかなかありませんよね。

MEMO
ちなみにヤフープレミアム会員は月会費が498円かかりますが、頻繁に6か月間無料キャンペーンをやっていたり、無料に加えてYahoo!ショッピングで使えるクーポンをくれたりしますよ。

2.Pontaポイント

Pontaポイントのロゴマーク

たぬきのキャラクターが印象的なPontaポイントはローソンのポイントシステムでしたが、近年はかなり使えるお店が広がりました。

dポイント(1ポイント→1ポイント)やLINEポイント(1ポイント→0.9ポイント)はPontaポイントに交換することも可能です。(手数料別)

PontaWebに登録すればゲーム等でもポイントを貯めることができます。

Pontaポイントの主な提携店舗

Pontaポイントの提携店舗は増えてきており、

ローソン、高島屋、AOKI、じゃらん、ホットペッパービューティー、ホットペッパーグルメ、大戸屋、GEO、ケンタッキー、ピザハット、コジマ、サカイ引越センター、日本通運、ハート引越センター、アパマンショップ、日本郵便、ポンパレモール、ポンパレ他

等の店舗で貯めたり使うことができます。

代表的な貯め方と付与ポイント例

ポンパレは割引チケット共同購入サービスです。人気ホテルの割引チケットや有名飲食店のランチ・ディナーチケット、レジャーやエステ、レッスンチケットなど、 様々なチケットが販売されています。

ポンパレ利用代金の2%のPontaポイントを獲得でき、1ポイント=1円から使用もできます。

ポンパレモールというのもありますが、こちらはオンラインショッピングモールで、お買い物額の3%以上のPontaポイントが獲得できます。

ローソンでは100円につき1ポイントが獲得できますが、たとえば楽天ペイを使うことで200円支払えば通常のPontaポイント2ポイント+楽天ポイントも1ポイント付与されます。さらにこの楽天ペイの支払い方法を楽天カードに設定すれば+2ポイント貯まり、200円で5ポイント貯めることができます。

楽天ペイって?
街でもネットでも、スマホに楽天ペイのアプリをインストールして支払うカードを設定しておけば、現金やカードを出さなくてもスマホで支払いができる上に、200円につき楽天ポイントが1ポイント貯まるサービスです。
 
財布を忘れたときにはカードも財布の中で一緒に忘れていると思いますので、そんな緊急時にも助かります。コンビニ等でポイントが貯まるからといって少額でカード払いをするのが恥ずかしいときにも重宝しそうですよね。

また、知っておくとお得なのが、JMB(=JALマイレージバンク)とPonta会員に登録してJALグループ国内線やJAL国際線にフライトマイル積算対象運賃で搭乗すると、フライトマイルとボーナスマイルの合計値の50%%のPontaポイントが貯まります。マイルへの交換もできますよ。

Pontaポイントが貯まるおすすめクレジットカード

JMBローソン PontaカードVisa

JMBローソン PontaカードVisa

  • VISA

ローソンでの買物以外にも、いろいろなPonta提携店舗で利用する金額に応じてポイントを貯めたり使える共通ポイントサービス。ローソンは勿論、ゲオ、昭和シェル石油などお得に使ってポイントどんどん貯まる。Pontaポイントは、最終利用日から1年間有効なので、使い続ければ実質無期限に!貯まったポイントは1ポイント1円で使え、「お試し引換券」などにも交換することができる。

先ほどご紹介したJALグループとローソン(+セゾン)が提携して発行している年会費無料のクレジットカードです。

ローソンでの決済で100円につきPontaポイントが2ポイント貯まります。それに加えて毎月のカード利用額1,000円につき5ポイント付与。また、2019年2月までローソンで200円のお買い物ごとにJALマイル1マイルが同時に貯まるキャンペーン等もやっています。

そしてPontaポイントとJALマイルとの相互交換も可能で、Pontaポイント2ポイントをJALマイル1マイルに交換できます。また「10,000JALマイル」を「10,000Pontaポイント」も交換できます。

Ponta Premium Plus

Ponta Premium Plus

  • JCB

Pontaカードにクレジットカード機能がドッキングした一枚。2ヶ月間で20万円以上の利用+Ponta専用ファーストプレゼント応募で、pontaポイント最大8000ポイントプレゼント。7月・12月に20万以上利用した場合の還元率が2%と最強クラスの還元率になり魅力的。Ponta提携店などで利用することで還元率は最大で3%になるお店もアリ。

「Ponta Premium Plus」には一般コースとリボ専用コースがあります。

一般コースでは100円の決済につき1Pontaポイント、リボ専用コースでは100円の決済につき2Pontaポイントが貯まります。

特徴として、一般コース限定ですが毎年7月と12月にショッピング100,000円以上の利用で0.5%上乗せ、200,000円以上の利用だと1%上乗せしてPontaポイントがもらえます。この時期はボーナス後だったり、帰省のチケットを取ったり、物入りだったりするのでこの金額でも無理ではないですよね。

3.楽天スーパーポイント

楽天スーパーポイントのロゴマーク

楽天スーパーポイントは主に楽天グループのサービスや提携店で貯めたり使用したりできます。

基本的には100円につき1ポイント貯まり、1ポイントの価値はマイルなどに交換しなければ原則1円です。

MEMO
通常ポイントと期間限定ポイントがあり、期間限定ポイントはたいていの場合は翌月末までの期限です。通常ポイントは半永久不滅ポイントで、最後に利用した日から1年となっています。

楽天スーパーポイントを貯めるには楽天市場へアクセスして楽天の会員になる必要があります。(会員登録は無料)

楽天ポイントは以前はネット上だけで利用できるポイントだったのですが、いまは楽天ポイントカード=Rポイントカードというものができ、リアル店舗でもポイントを使えるようになりました。

RポイントカードはミスタードーナツやサークルKサンクス等でもらえます。レジ横になければお店の人に言うともらえるのでもらったらネットから登録しておきましょう。

3枚までヒモづけができるので家族に渡しておくのもいいですね。現在はミスタードーナツで地域限定デザインのRポイントカードも配布されています。

楽天スーパーポイントの主な提携店舗

楽天スーパーポイントを貯めたり使用できるお店は楽天グループサービスにも、

マクドナルド、ミスタードーナツ、ツルハドラッグ、ポプラ、大丸松坂屋百貨店、くら寿司、PRONTO、Joshin KONAKA、IDEMITSU、温野菜、ダイコクドラッグ、パレットプラザ、55STATION、好日山荘、SUIT SELECT、KOMEHYO、ペッパーランチ他

などなど増えつつあります。

代表的な貯め方と付与ポイント例

楽天市場でのお買い物で貯まるのはもちろん、楽天市場キャンペーンでも貯まります。お買い物時はポイント使用分にもポイントが付くのでさらに貯まりやすいのが特徴です。

楽天銀行のハッピープログラムでもポイントが貯まります。ハッピープログラムは、楽天銀行に口座を持っていれば、そこに振り込みがあったときや振り込みをしたとき、ATMで出金したとき等に大体1~4ポイントが付きます。

楽天銀行は何かにつけて手数料が高くATMで出金するだけでも216円したり、近くにセブンイレヴンやイオン系列のスーパーなどがなければ270円かかったり、入金ですら3万円未満は出金と同料金がかかるので敬遠されがちです。

が、振り込みが楽天銀行だと手数料が優遇されたりすることもあり、うまく使えば手数料をかなり抑えることが可能です。

例えばFX口座を経由させると手数料が一切かかりません。またそのFX口座の振込先が楽天銀行であればステージの加算条件となり、そういった回数が増えると次月振り込みや出金手数料が決められた回数分無料となります。

それから楽天ツールバーをインストールしておけば検索するだけでポイントが貯まるのでこれもやっておきましょう。知らない間にポイントがたまっていきますよ!

楽天スーパーポイントが貯まるおすすめクレジットカード

楽天カード

楽天カード

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard

楽天市場でカードを利用するとポイント4倍。セールの際は最大ポイント10倍も。楽天市場以外でも還元率1%は付くので高還元率が期待できる買い物好きには必須のカード。携帯電話料金、電気料金、電話料金などの月々の支払いに利用すれば100円で1ポイント。アプリもあり、利用明細も簡単にパソコン・スマホで閲覧できる便利さ。

もうこのカードは本当におすすめです。日本で1番多く持たれているカードと言われているだけのことはあります。

比較的審査にも通りやすいので専業主婦や高齢者、パート、アルバイトなど属性が強くない方にもおすすめです。

基本的には100円利用につき1ポイントが付与されますが、高額ポイントがもらえるキャンペーンを頻繁にやっているので最初の1年で5万円分ぐらいのポイントが貯まった、という話もよく聞きます。

楽天銀行デビッドカード

楽天銀行デビットカード

  • VISA
  • JCB

お店やネット通販での買い物・サービス利用の際に、楽天銀行の口座から即時に支払いができるデビットカード。デビットカードは16歳以上であれば学生(高校生)でも作ることができるので海外でも使える。100円利用するごとに1ポイントの楽天スーパーポイントも貯まる。自分の口座にあるお金を使うだけなので、使い過ぎの心配がない。

楽天銀行が発行しているデビットカードで、VISAかJCB加盟店なら世界中どこでも使用できます。楽天スーパーポイントが100円につき1ポイントたまりお得です。

クレジットカードを持っていないとかなり不便だったりするこの時代、16歳以上であれば審査なしで誰でも持てるので、デビッドカードはクレヒスに問題があってカードをつくれない人や、子供さん、属性の弱い人の救世主となります。

デビットカードはクレジットカードのような後払いではなく、決済した瞬間に口座から引き落とされるのでついうっかり使いすぎる人には節約効果もあります。(口座に残高がなければレジでエラーとなります)

分割払いができると勘違いされている方が時々いますが、あくまでも一括払いのみです。

4.nanacoポイント

nanacoポイントのロゴマーク

nanacoポイントは電子マネー「nanaco」を利用することで貯まるポイントです。

nanacoを利用するには、

  1. nanacoカード(お店で入会できるカード/発行手数料:300円)
  2. nanacoモバイル(おサイフケータイアプリ/発行手数料:無料)
  3. 対応クレジットカード(オートチャージ等も機能もアリ)

これらいずれかによるnanacoへの入会が必要です。

nanacoはプリペイド型の電子マネーで、チャージしておけば現金なしでカードやスマホをかざすだけでお買い物ができます。そしてついでにnanacoポイントも貯まります。

カードの場合は発行手数料が300円のみかかりますが、おサイフケータイだと発行手数料はタダ。どちらも年会費等はかからないので1枚持っておくと便利ですね。

nanacoカードで予め月にいくらしか食費を使わない、コンビニでは月いくらまで等を決めておいて、その金額だけチャージしてその中でやりくりするという節約方法をされている人もいるようです。

nanacoポイントの主な提携店舗

nanacoポイントは、

セブンイレブン、イトーヨーカドー、ビックカメラ、西武そごう百貨店、かっぱ寿司、デニーズ、ミスタードーナツ、コメダ珈琲店、ステーキのどん、ドミノピザ、アカチャンホンポ、LOFT、ジョーシン、ツルハドラッグ、ココカラファイン、スギ薬局、ラウンドワン、カラオケ館、千葉ロッテマリーンズ、ヤフオクドーム、ヨークマート、ヤマト運輸、オムに7、ポッポ他

といった店舗で貯めたり使用したりできます。

以下の公式サイトのページでは、自分の地域で使用できるお店を検索してみると地図で表示してくれてとても便利ですよ。

代表的な貯め方と付与ポイント例

上記の店舗でのお買い物以外に、セブン銀行での各種お取引でもポイントが貯まります。給与受け取りは初回500ポイント、以後10ポイントもらえます。

ほかにもnanacoのメルマガ登録キャンペーンで30ポイント付与されます。

nanacoといえば固定資産税や自動車税、住民税、国民年金や国民健康保険料、電気・ガス・水道料金が支払えて、とあるクレジットカードからのチャージでの還元によってこれら税金や公共料金が実質安くなる裏ワザが有名なのですが、これについてはあとでご紹介します。

nanacoポイントが貯まるおすすめクレジットカード

セブンカード・プラス

セブンカード・プラス

  • VISA
  • JCB

イトーヨーカドー、ヨークマート等での利用は、100円(税抜)ごとに1.5ポイントが付与される。ポイントは1ポイント=1円分のnanacoポイントへの交換もでき、nanacoへのチャージでもポイントが貯まる。新規入会特典として最大3,000nanacoポイントのプレゼントあり。支払い付きを最長6カ月先にできる「スキップ払い」など便利な機能も豊富なクレジットカード。

クレジット決済200円につき1nanacoポイントが貯まる、セブン&アイホールディングスが発行する年会費無料のクレジットカードです。

セブン&アイグループの対象店で使うとポイントが2~3倍貯まり、セブンイレブンやイトーヨーカドーで対象商品をセブンカード・プラスで決済することでもらえるボーナスポイントもあります。

また、セブンカード・プラスからnanacoへチャージすると200円ごとに1nanacoポイントが貯まります。

イトーヨーカドーで8の付く日(8・18・28日)は全品5%引きになるのもうれしいですね!クレジットカードだとnanacoカードの発行手数料もかからないのでおすすめです。

事前に登録しておくことでセブンカード・プラス→nanacoへのオートチャージもできるので、残高不足で悩まされることもなくなりますよ。

リクルートカード

リクルートカード

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard

年会費無料のカードの中でメインカード候補No1との呼び声が高い。どこで使っても高還元率でポイントが貯まる。例えば、10,000円分買い物をした場合、120円分のポイントが還元、それを元に買い物などに使えて毎日のお財布に嬉しい。リクルートのネットサービスを利用すればさらに最大で4.2%還元。衣食住全ての分野でポイントが貯まる。Pontaポイントに交換も可能、コンビニの買い物に嬉しい。

リクルートといえばPontaというイメージですが、リクルートカードをなぜnanacoのところでご紹介するのかというと、実はnanacoへのチャージでも1.2%貯まるというすごいカードなのです(MasterCard、VISA、JCBどのブランドでもOK)。nanacoでの支払いのポイントも入れると大きいですよね!

還元率はこのリクルートカードが最強と言われています。ただ2018年4月16日より、毎月チャージ額の30,000円分までしかポイントが付かなくなってしまいました。対策としては1年かけてこつこつnanacoへチャージしていくのが良いかもしれません。

また、固定資産税は4分割して払うという手もあります。(注意:税金や公共料金支払い時のnanacoポイントは付きません)

リクルートカードの裏ワザ
そして裏技として、セブンイレブンで10,000円払ってクオカードを購入すると10,180円(還元率1.8%)の額面のクオカードになるわけですが、これをnanacoで支払うとnanacoへのチャージの1.2%が上乗せされて実質還元率3%となります。(注意:クオカードでは税金等は支払えません)

ちなみにリクルートカードのポイントは100ポイント単位でPontaポイントにも交換できます。

5.dポイント

dポイントのロゴマーク

dポイントは、docomoのケータイやドコモ光の利用、ローソンやマクドナルドなどの提携店でのお買い物で貯まります。

貯まったdポイントはケータイ料金やデータ量追加の支払い、各種お買い物に利用でき、1ポイント=1円から使用可能です。

キャリアがドコモでない人でも、マクドナルドなどのお店でdポイントカードをもらってdポイントクラブに登録すれば、dポイントを貯めたり使用したりできるようになります。今ならdポイントクラブで郵送もやってくれます。

dポイントの有効期限は獲得から48か月後です。また、複数枚のdポイントカードを登録できるので家族に渡しておいたり、いろいろなところに置いておくこともできて便利ですね。

家の中で紛失したときにも新しくカードをもらってきて登録すれば以前のポイントも使用できます。

dポイントの主な提携店舗

dポイントは、

ローソン、マツモトキヨシ、ぐるなび、タワーレコード、ドトールコーヒーショップ、マクドナルド、メガネスーパー、タワーレコード、てもみん、ホテルメルパルク、ABCクッキングスタジオ、ABC-MARTオンラインストア、ノジマ、ジョーシン、東急ハンズ(新宿店・渋谷店・池袋店・梅田店・博多店のみ)、PLAZA、ベキュアハニー、コメヤ薬局、薬王堂、紀伊国屋書店、サンプル百貨店、コナカ、ショップジャパン、ワタシプラス(資生堂オンラインショップ)、DHCオンラインショップ、Neowing、らでぃっしゅぼーや、メルカリ、無印良品ネットストア、大阪王将、タカシマヤファッションスクエア、高島屋オンラインストア、花の舞、生活雑貨、スターバックスカードへのオンライン入金やオートチャージ、Jリーグチケット、イオンシネマ、カラオケビッグエコー、ムビチケ、得タク、東京無線、オリックスレンタカー、ENEOS、日本航空、一休.com、近畿日本ツーリスト、JTB、JALパック、朝日新聞デジタル、朝日新聞、SMBC日興証券、サカイ引越センター、アート引越センター、レオパレス21、日本郵便、他

といった数多くの店舗やサービスで貯めたり使用したりできます。(一部貯めるのみで使用はできない店舗もあります)

代表的な貯め方と付与ポイント例

ドコモの回線利用で貯めるほかに、dマーケットでゲーム、音楽、本、コミックなどのコンテンツ購入やショッピングでも貯まります。

また、このあとご紹介するdポイントが貯まるクレジットカードで特約店で決済すれば特約店ポイントも貯まります。例えばオリックスレンタカーだと100円で決済の1ポイント+特約店ポイントが3ポイントつきます。

dポイントが貯まるおすすめクレジットカード

dカードゴールド

dカードゴールド

  • VISA
  • MasterCard

コストパフォーマンスの良いゴールドカード。毎月の携帯電話・docomo光の利用料金の10%分(1,000円につき100ポイント)のdポイントが貯まる。貯まったdポイントは、3,000ポイントから100ポイント単位でdocomoの携帯料金の支払いや、「1GB追加オプション」や「スピードモード」の利用料に1,080ポイントから充当できる。「ケータイ補償」があり、携帯の故障・紛失時も 購入から3年以内なら新しい携帯機種代金を最大10万円までキャッシュバックされる。

dカードゴールドは年会費10,000円はかかりますが、毎月のドコモのケータイ料金&ドコモ光利用料金の10%を還元してくれるドコモユーザー必見のクレジットカードです。

加盟店で何か100円分の購入をした場合、通常の1ポイントにプラスして、dカードゴールドで決済すればさらに1ポイント付くほか、ローソンやマクドナルド、ノジマでのお買い物は3%オフになります。つまり、これらの店舗で1,000円購入した場合は50円相当がお得になります。

dカード

dカード

  • VISA
  • MasterCard

DCMXから生まれ変わってdカードに。ショッピング利用でのポイント獲得、100円で1ポイント、 ドコモのケータイ、「ドコモ光」利用料金での獲得ポイント1,000円で10ポイント。初年度年会費無料で、ポイントカードも電子マネーもこれ一枚で便利に利用。

一般のdカードは初年度年会費無料、2年目からは前年度にカードの利用がなければ1,250円かかるクレジットカードです。

携帯電話の利用料金等も含まれますし、年に1回でも使用すればOKなので実質年会費無料と言えるでしょう。

ポイント付与率の特典内容はdゴールドカードとほぼ同じですが、一つ大きな違いは毎月のドコモのケータイ料金&ドコモ光利用料金の10%還元がない点です。

毎月ドコモにだいたい8,000円以上払っているという人はdカードゴールドの方がおすすめと言えます。

6.WAONポイント

WAONポイントのロゴマーク

WAONはイオンが提供する電⼦マネーです。

予めチャージしておけば全国の加盟店で200円(税込)の支払いにつき1ポイント貯まります。WAONポイントはWAON(電子マネー)に交換して利用することも可能です。

WAONポイントの有効期限は、1年間のポイント加算期間を含む最大2年間です。

WAONポイントの主な提携店舗

加盟店はイオンの他に、

ファミマ、ヤマト運輸、コジマ、ダイエー、ピーコックストア、ローソン、ミニストップ、ポプラ、サークルKサンクス、ツルハドラッグ、薬の福太郎、マクドナルド、吉野家、かっぱ寿司、ドミノピザ、まいばすけっと、他

など他にたくさんあります。

代表的な貯め方と付与ポイント例

毎月20日と30日はイオン、イオンスタイル、ダイエー、マックスバリュ、ザ・ビッグ、イオンスーパーセンターでのお買い物がWAONでの支払いで5%オフになります。

イオンの各店舗で毎月5日・15日・25日にWAONで支払うと、WAONポイントが2倍貯まります。そして55歳以上の方はイオンの各店舗で毎月15日にWAONで支払うと、お買い物代金が5%OFFになります。他にも様々なポイント還元キャンペーンを実施しています。

また、イオン銀行のキャッシュカードに付帯されたWAONカードだと銀行口座からWAONに最大50,000円までチャージが可能です。

MEMO
「カタリナ」というアプリがあるのですが、これはクーポンサイトでありながら、お店でクーポンを出さずに設定したポイントカードを通すだけでそのクーポン分をポイントカードに上乗せしてくれるというものです。
 
WAONポイントカードを設定すれば、ざくざくWAONポイントが貯まっていきますよ!

WAONポイントが貯まるおすすめクレジットカード

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard

全国のイオン、イオンモール、ダイエー、マックスバリュなどイオングループの対象店舗で利用すると200円(税込)ごとに2ポイントプレゼント。毎月20・30日の「お客さま感謝デー」には全国の対象店舗の買い物が5%OFF。1ポイント1円分でWAONに変換しやすくポイントが使いやすい。イオン銀行の普通預金金利0.1%上乗せはランクが高く、普通預金でこの金利は追随を許さない。

イオンカードセレクトは、キャッシュカード・クレジットカード・電子マネーの機能や特典が一体になった年会費無料のクレジットカードです。

イオングループ対象店舗での利用で200円ごとに2ポイント、公共料金の支払いも1件ごとに5WAONポイントが貯まります。またWAONへのオートチャージ200円ごとに1ポイントが付きます。

イオン銀行の普通預金金利が0.1%に優遇されるなどもあるので、普段からイオングループでの買い物+イオン銀行も使う場合に非常におすすめです。

年会費も無料なので二枚目以降の買い物用クレジットカードとしても優秀です。

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSUICAカード

  • VISA

ビックカメラでの買い物は基本10%ビックポイントサービス。チャージしたSuicaで支払えば基本11.5%相当ポイントサービス。コジマでのお買い物は現金払いと同率ビックポイントサービス。貯まったビックポイントをSuicaに交換できるので交通費にもお財布にも嬉しい。

ビックカメラSuicaカードはビックカメラでのお買い物で10%ビックポイントが付き、さらにチャージしたSuicaで支払えば+1.5%で合計11.5%のポイントになります。

初年度年会費無料、2年目以降も1回カード決済をしておけば無料なので実質無料といえます。ビックカメラ・コジマ・ソフマップ以外の買い物でも1%付与されます。

このカードにWAONを搭載させれば、ビックカメラでの支払いにWAONを使用することで、ビックカメラSuicaカードの通常ポイントに加え200円につき1ポイントが付与されてお得です。

Suicaへのオートチャージでもポイントが貯まるので、日常使い用のサブカードとしても重宝するカードです。

7.LINEポイント

LINEポイントのロゴマーク

LINEポイントは、LINEの各種サービスやJCB加盟店舗などで貯められます。LINEポイントは1ポイント=1円で、有効期限は最後にポイントを獲得した日から180日間です。

LINEポイントの主な提携店舗

LINEポイントを貯められる店舗やサービスは、LINEグループの他にLINE Payに対応している店舗です。

セブンイレブン、ローソン、ファミマ、ビックカメラ、イオン、ココカラファイン、和民、ツルハドラッグ、LOFT、薬の福太郎、他

といったところが代表的です。

代表的な貯め方と付与ポイント例

LINEのプリペイドカード、LINE Payカードを使うことでLINEポイントが2%付与されます。

またLINEアプリでCM動画を見るだけでもポイントが貯まります。公式アカウントの友だち追加などでも5ポイント程度が貯まります。

LINEポイントが貯まるおすすめカード

LINE Payカード

LINE Payカードはクレジットカードではなくプリペイドカードです。銀行口座やコンビニなどからチャージして使うことになります。(クレジットカードではチャージできません。)

100円ごとに2ポイントが貯まり、LINEポイントが1,000ポイント以上でLINE Payの電子マネーに交換できます。

相互交換関係も考慮し、貯めるポイントと方法を決めよう

今回ご紹介したカードはそれぞれのポイントカードが提携しているクレジットカードからもポイントを移行できます。

お持ちのクレジットカードで有効期限が切れて知らない間に毎月どんどんポイントが減っていた…という経験はありませんか?

例えばOMCカードを所持していたとして、OMCカードはほとんど交換先がなく、あっても1,000円分の金券に交換するのに手数料で500円分のポイントが必要。結局1,500ポイントに到達せず毎月どんどんポイントが消滅していったりなど。

こういう場合、dカードや、nanacoポイントカードだと手数料なしでポイントを移行できるようになっているので助かりますよね。

交換先がなく有効期限も早いポイントをこれらのポイントカードに移行して好きなお店で使ったらとても便利ですよ!

まとめ

今回ご紹介したポイントカードさえ持っていれば、お店でお会計の際に「ポイントカードはお持ちですか?」とお店の人に聞かれてたくさんのポイントカードの中から探し出すのが面倒で、「いえ、持っていません。」とか「忘れました」と言ってポイントを捨てなくてすみますよ!

これだけの情報を頭に叩き込むのが大変ならば、「あれ?このポイントカードどこで使えるんだっけ?」と思ったときに、このページをブックマークしておけば便利ですよ。

このページの目次