2,000人に聞いたクレカランキング!
471

病院でもクレジットカードは使える?医療費をカード決済するメリットとは

突然風邪をひいてしまった時の診察費は予期せぬ出費で意外と高く手痛いもの。

そんな診察料金や手術および入院の際の費用をクレジットカードで支払えるということをご存知でしょうか?

全ての病院がクレジットカード決済に対応しているというわけではありませんが徐々に増えつつあります。

キャッシュレス先進病院に取材しました
中には、クレジットカードどころか電子マネーにも対応している病院もあります。クレマイでは福岡の姫野病院様にインタビューさせていただきました。
あわせて読みたい
クレジットカード&電子マネー決済できる「姫野病院」にキャッシュレス対応につい...クレジットカード&電子マネー決済できる「姫野病院」にキャッシュレス対応につい...
医療費もクレジットカードでポイントを貯めて少しでもお得にしたい!想定外の出費だから、来月以降の支払いにしたい…そんなふうに思ったことがある人も多いはず。政府が目標を掲げてキャッシュレス化を促進しているものの、未だにクレジットカード決済できない病院も...

本記事では”クレジット決済に対応している病院と対応していない病院の傾向”や”クレジットカード決済によってもたらされる利用者にとってのメリット”、”今後の展望予想”を中心に話を進めていきます。

病院でクレジットカード利用は可能

最近では規模の大きな大学病院など以外の中規模病院や小規模病院でもクレジットカードが利用できる場所が増えています。

ここではクレジットカード決済に対応している病院とそうでない病院の傾向などについてお伝えします。

クレジットカードが使えるかどうかは病院ごとに異なる

現状では病院での支払いでクレジットカード決済を導入することは病院側の判断に委ねられており、義務化などはされていません。

そのため、全ての病院でクレジットカードを利用した支払いができるというわけではありません。

「○○円以上は可能」など金額で利用有無を決定する病院も

クレジットカード決済を導入するのかに加えて細かい部分の裁量についても病院側に委ねられています。

そのため小規模の病院などでは「5,000円以上であればクレジットカードでの支払いが可能です」というところもあるわけです。

逆を言うと、高額な手術費や入院費はまず間違いなくクレジットカードで支払えます。

対応している病院としていない病院の傾向

これまで病院でのクレジットカード決済の導入などについては病院側に判断が委ねられているとお伝えしました。

ここではクレジットカード決済の導入について大病院・中規模病院・小規模病院というように病院の規模によってどのような傾向があるのかについて見ていくことにしましょう。

病院の規模に応じて分けて考えてみた時の傾向を簡単にまとめると次のようになります。

  • 大病院
    国立病院や大学病院、赤十字系列の病院など規模が大きいほとんどの病院ではクレジットカード決済を導入している傾向にあります。
  • 中規模病院
    私立病院などが中規模病院に分類されますが、クレジットカード決済の導入は増えている傾向にあるものの依然として導入していない病院が多いのが現状
  • 小規模病院
    大病院や中規模病院と比べるとまだまだ導入している病院が少ないのが現状

ただし近年では小規模病院でも歯科医院や産婦人科、美容外科などでは積極的にクレジットカード決済を導入する病院が増えつつあります。

一方内科や外科などそその他の科ではまだまだ対応していないところが多いです。

歯科医院クレジットカード決済を導入している病院が増えてきてはいるものの、インプラントやホワイトニングなど健康保険適用外の自由診療のみ対応している病院が多い
産婦人科出産費用だけはクレジットカードで支払うことができるが定期健診や通常の診察については現金のみの支払いというところも多い
美容外科クレジットカード決済を積極的に導入しているところが多いものの、健康保険外の自由診療のみクレジットカード決済に対応しているところもある
内科・外科など現状ではクレジットカード決済を導入していないところの方が圧倒的に多い

小規模病院でクレジット決済が進んでいないのはなぜ?

病院の規模別にクレジットカード決済導入に関する傾向をまとめてみましたが、規模が小さくなるにつれてまだまだクレジットカード決済を導入していない病院が多くなる傾向にあることがわかりましたね!

その理由は病院側がカード会社へ支払う加盟店手数料にあります。

病院側はVISAやMasterCardなどの国際ブランドの加盟店になるために、初期費用、月額費用の他に1決済ごとの決済金額に応じて利用料金を支払う必要があります。これらが加盟店手数料です。

クレジットカードブランドなどによって多少異なる部分があるかと思いますが3~5%の決済手数料が発生することが多いので、規模が小さな病院では医療費の利益率が下がってしまうため経営面を考えた場合に負担が大きいと言えます。

患者は家から近いかかりつけのところに行く傾向があり、病院側はクレジットカードを導入しないことによる機会損失もそこまで多くないため小規模病院ではクレジット決済が進まないのでしょう。

医療費をクレジットカード決済するメリット

医療費をクレジットカードで支払える病院が増えつつあるけれども利用者にとってのメリットは何なのでしょうか?

ここでは病院でのクレジットカード決済の4つのメリットを紹介していきます。

当たり前のことしか書いてないじゃん!と思うかもしれませんが、クレジットカードは基礎的なことが大事だったりします。

意外と気づかないことも多いと思うのでしっかり把握しましょう!

急な怪我などで手元に現金がなくても診察してもらえる

いつ病気や怪我によって病院にかかることになるのかという予測はできません。

旅行先で突然怪我をして病院に、、、なんてとき手持ちが足りないこともあるでしょう。

もしもの時に備えて貯金をしている人もなかにはいますが、みんながみんな行っているわけではありません。

手持ちのお金が少なくてもクレジットカード決済が可能であれば「とりあえず受診してみよう」という人が増えるはずです。

そのように思えるだけでもクレジットカード決済の導入によってもたらされる利用者のメリットとなります。

病気やケガによる一時的な収入減少にも対応

怪我や病気で入院を余儀なくされてしまうと仕事を休まなければいけませんし、それに伴って収入が減ってしまいます。

入院保険や給与保障型の保険に加入していない人にとっては非常に重たい負担となってのしかかってきます。

現金の支払いであれば基本的には一括払いですが、クレジットカード決済が可能であれば会計には「一括払いで」と伝えても後から分割払いやリボ払いに切り替えることができるカードもあり、少しずつ支払うことができるのでこれもクレジットカード決済のメリットのひとつといえます。

限度額の一時増額で高額医療費も支払い可能に

急な手術や入院などでは医療費がクレジットカードの限度額を超えてしまう恐れがあります。

このようなときにはクレジットカードの限度額を一時的に増額しましょう!

一時的な増額を行う際にはインターネットや電話で申し込み、審査に通過することができれば一時的な増額ができます。

申し込み方法などについてはカード発行会社によって異なる場合がありますが、支払いたい日の1週間前までには申し込むようにしましょう。

例として、主要クレジットカード発行会社である「楽天カード」と「三井住友カード」、「dカード」における一時的な限度額増額の申し込み方法や注意点をまとめてみました。

楽天カード:申し込み方法

楽天カードの一時増額は「楽天e-NAVI」と電話から申し込みが可能です。

楽天e-NAVIからの申し込み「楽天e-NAVI」にログインし、「ご利用状況」のなかにある「ご利用可能枠の一時的な増枠」からの申し込み
電話での申し込み楽天カードコンタクトセンター(0570-66-6910 午前9:30~午後5:30)へ連絡して申し込みが可能
注意
●入会から6ヶ月経過していない場合には増額申請ができません
●以前に増額を行った場合には前回増額実施月から6ヶ月間は増額ができません
●リボ・分割・ボーナス払いの利用枠については電話による申し込みのみ対応しています

三井住友カード:申し込み方法

三井住友カードの一時増額はインターネットもしくは電話による申し込みが可能です。

注意
●一定期間に連続して一時的な増額をしている方や未成年および学生の方はインターネットからの申し込みはできません
●未成年の方の申込みについては審査後に親権者の同意確認が原則必要
●一括払いの利用枠のみでリボ払いや分割払いの利用枠は増額できない

dカード:申し込み方法

三井住友カードの一時増額はWebサイトもしくは電話による申し込みが可能です。

webからの申し込みdカードサイトにて”dカウント”もしくは”Member’s ID”でログインし、サイト内で申し込みが可能
電話での申し込みdカードをお持ちの方は(0120-300-360 10:00~18:00,年中無休)、dカードゴールドをお持ちの方は(0120-700-360 平日10:00~18:00)に連絡をしての申し込みが可能

注意
●一括払いの利用枠の増額のみ可能で分割払いやリボ払いなどの枠を増額することはできません
●dカード入会後6ヶ月未満の方や学生および未成年の方などは増額申請ができません
        

クレジットカードの特典も得られる

通常のお買い物のときと同様に医療費の支払いをクレジットカード決済をすると利用金額に応じてポイントが付与されます。

現金で支払ってももちろんポイント付与はされなく何もお得なことがありません。

手術費や入院費、出産費など金額がかさむものはクレジットカードで支払いましょう!かなりポイントが貯まりますよ!

今後クレジットカード決済に対応する病院は増えるかも?

【対応している病院としていない病院の傾向】の項でも触れましたが、クレジットカード決済手数料が概ね3~5%ほど発生していることで病院の規模が小さくなるに連れてクレジットカード決済を導入している病院が少ないのが現状です。

ただ、平成24年とすこし古い話しにはなってしまいますが、総務省行政評価局が「カードによる医療費の支払い方式の拡大」について関係機関に斡旋を行ってからというものの、徐々にですがクレジットカード決済を導入している病院が増えつつあります。

これから東京オリンピック開催などの影響でキャッシュレス社会が促進され、それに伴いクレジットカード決済を導入する病院がさらに増えて行くと予想されます。

あわせて読みたい
キャッシュレス生活がオトクでおすすめ!4つのやり方+使いやすいクレジットカー...キャッシュレス生活がオトクでおすすめ!4つのやり方+使いやすいクレジットカー...
キャッシュレス。すなわち、現金を使わない決済手段。「難しそう」「面倒くさそう」「種類が多くて分からない」と思う方も多いでしょう。それもそのはず、日本はキャッシュレスの決済手段の種類自体は世界有数と言われています。でも実は、ちょっとしたポイントを押...

まとめ

本記事ではクレジットカード決済に対応している病院が増えているということや対応している病院と対応していない病院の傾向、利用者の立場で考えた時のクレジットカード決済のメリットを中心にお伝えしました。

時代の変化によって国税を中心とした納税においてクレジットカード決済が拡大していますし、国からの要請によってクレジットカード決済に対応した病院が今後増えてくることが予想されます。

あわせて読みたい
クレジットカード&電子マネー決済できる「姫野病院」にキャッシュレス対応につい...クレジットカード&電子マネー決済できる「姫野病院」にキャッシュレス対応につい...
医療費もクレジットカードでポイントを貯めて少しでもお得にしたい!想定外の出費だから、来月以降の支払いにしたい…そんなふうに思ったことがある人も多いはず。政府が目標を掲げてキャッシュレス化を促進しているものの、未だにクレジットカード決済できない病院も...

どちらにせよ現状では全ての病院がクレジットカード決済に対応しているというわけではありませんので、クレジットカードで医療費を支払いたいという方は電話や病院のホームページなどで事前に確認することをおすすめします。

0