コンビニでさくさく!クレジットカード決済のメリットとお得なおすすめカード

コンビニでさくさく!クレジットカード決済のメリットとお得なおすすめカード

ざっくり言うと
  • コンビニでのクレジットカード決済は、少額の場合はサインも暗証番号もいらず意外にもサクサク!
  • コンビニでの支払い内容によってはクレジットカード決済できないものもあるので少し注意が必要。
  • よく行くコンビニでお得になるクレジットカードを一枚持っておくと、日々の買い物でもポイントが貯まりやすい!

コンビニでもクレジットカード決済をしている先進的な方はどの程度いるでしょうか?

小さな買い物が多いコンビニでは、

  • クレジットカードを出してサインや暗証番号を入力するのは面倒
  • 金額が小さいのでなんとなくカード決済は申し訳ない

と考えてしまう方も多いかもしれません。でも、どちらもあまりスマートではありません。

コンビニでクレジットカード決済をすることは、むしろサクサク決済できたりポイントがお得に貯まったりと多くのメリットがあります。

今回は、コンビニでクレジットカード決済をするメリットやよくある疑問点、そして各コンビニでの利用がお得なおすすめクレジットカードをご紹介します。

コンビニでクレジットカード決済するメリット&デメリット

今やコンビニでの支払い方法は、クレジットカードのみならず電子マネー決済にも対応しています。

コンビニでクレジットカード決済・電子マネー決済をすると、小銭を出したりしまったりする手間も省けて時短になること以外にもメリットがあります。

メリット1.意外にサクサク!少額決済ならサインや暗証番号も必要なし

「PINコードを入力して明細を受け取って…なんて面倒なことをコンビニでしたくない」と思う方も多いかもしれません。

でも実は、少額の支払いならサインレス・暗証番号なしで決済できます。単純に時短にもなるので、コンビニでクレジットカード決済をする大きなメリットですね。

コンビニによって「少額のライン(サインレスで決済できる金額)」に違いはありますが、下記のようにたいていの買い物では困らない金額に設定されています。

セブンイレブン
ミニストップ
10,000円まで
ローソン
ファミリーマート
サークルKサンクス
4,000円まで

コンビニでクレジットカード決済をする場合は一回払いのみなので、支払い方法を聞かれることはほぼありません。

少額のカード決済は気まずい?
少額なのにクレカで払うのは…と遠慮する方もいますが、むしろクレカで支払ったほうが支払いもスムーズですし、お釣りを間違えることもありません。さらに、お得な場合もありますよ。(後述します)

メリット2.電子マネー決済もできてポイントが貯まる!

電子マネーが搭載されたクレジットカードを使うことで、「このコンビニでは電子マネーで払う」と一枚で完結させることも可能です。

コンビニによって自社(もしくは提携)の共通ポイントがあり、電子マネー決済によってそれぞれ異なるポイントが付与されます。

コンビニポイント還元率貯まる先
セブンイレブンnanacoポイント100円で1ポイントnanacoカード他
ローソンPontaポイント100円で1ポイントPontaカード他
ファミリーマートTポイント200円で1ポイントTポイントカード他
サークルKサンクス楽天スーパーポイント100円で1ポイント楽天ポイントカード他
ミニストップWAONポイント200円で1ポイントWAON POINTカード他

電子マネー名とポイント名が同じだったりするので少しややこしいかもしれませんが、それぞれのコンビニで上記のポイントに力を入れていると覚えておけばいいでしょう。

「ポイントが貯まる先」はただのポイントカードに限らず、

  • プリペイド型の電子マネー(例:nanacoモバイル)
  • ポイントや電子マネーに対応したクレジットカード(例:セブンカードプラス)

というケースもあります。(というかただのポイントカードよりも使い勝手が良いです)

電子マネーが搭載されたクレジットカードを使えば、場所に合わせて決済方法を選べてより効率的にポイントを貯めることも可能です。

例えばnanaco一体型クレジットカード「セブンカード・プラス」の場合、

  • カードに搭載された電子マネー・nanacoへお金をチャージ(0.5%分のポイント獲得)
  • セブンイレブンなどでは電子マネー・nanacoで支払い(1.5%分のポイント獲得)
  • その他のコンビニではカード決済(0.5%分のポイント獲得)

上記のように「たった一枚のクレジットカード+コンビニ」というシーンだけでもこれだけのポイントを貯めるチャンスがあります。

nanaco経由でポイントのダブル獲得も!

nanacoを経由させることで公共料金をお得にすることも可能です。方法は…

  1. クレジットカードでnanacoにチャージします。ここでクレジットカードのポイントゲット!
  2. チャージ済みのnanacoで公共料金を支払います。ここでnanacoのポイントをゲット!

コンビニはほとんどの電子マネーに対応

ほとんどのコンビニでは下記の電子マネー決済に対応しています。

  • 交通系ICカード(Suicaなど)
  • 楽天Edy
  • iD
  • QUICPay

WAONはセブンイレブン以外のコンビニなら利用可能で、その代わりにセブンイレブンではnanacoが利用可能です。

上記いずれかの電子マネーに対応したクレジットカードを持てば、コンビニでも「カード決済」と「電子マネー決済」を選択できることになりますね。

Apple PayやGoogle Payの使い方

Apple PayやGoogle Payにクレジットカードを登録しておけば、財布すら取りださずに「スマホでカード決済」というスマートな会計も実現できます。

ApplePayが使える判断基準としては「Suica」や「iD/QUICPay」が使える店舗であれば利用可能です。また、GooglePayは「楽天Edy」や「nanaco」が使える店舗であれば利用可能です。

使い方はいたってシンプルです。

  1. iPhoneのWalletアプリでカードを設定
  2. コンビニにある決済用の端末にiPhoneをかざし、TouchID(指紋認証)で認証
  3. SuicaやiDのボタンが表示されるので押す
  4. もう一度、決済用端末にiPhoneをかざし、TouchID(指紋認証)で認証
  5. 「ピロリン」と決済音が鳴れば決済完了

上記はApple Payの使い方ですが、Google PayもApple Payとほとんど同様の方法で決済することが可能です。①の使用するアプリが、Google Payの場合はGoogle Playから「Google Payアプリ」をダウンロードするところに違いがある程度です。

クレジットカードを財布から取り出すのが面倒…という方も、Apple Pay等を使うとかなりスムーズに買い物できて便利ですよ!

デメリット.支払う内容によってはカード決済できない

コンビニでのクレジットカード決済には、内容によって支払えないものもあります。

どのようなものがあるのかというと…

  • 電気、ガス、水道などの公共料金
  • iTunesカード、クオカード、テレホンカードなどのプリペイドカード
  • バスカード、各種乗車券
  • 切手、ハガキ、収入印紙
  • ギフトカード類
  • 各自治体の指定ゴミ袋
  • Suicaなどの交通系ICカードへのチャージ
  • 楽天Edyやnanacoなどの電子マネーへのチャージ
  • 宅配便の送料
  • コピーやFAXにかかる料金

これらのものは基本的に現金でしか支払えないので注意が必要です。逆に言えば、店頭に並んでいるほとんどの商品はカード決済できることになりますね。

クレジットカードの現金化規制?

プリペイドカード類がどうしてクレジットカード決済ができないの?と思う方も多いかもしれません。プリペイドカード類は「換金性」が高いものであるため、現金化の規制によってクレジットカード決済ができないようになっています。

ここ数年、現金化の主流となっているのがiTunesカードやGooglePlayカード、Amazonギフト券など。これらはコンビニでクレカ決済ができなくなっています。

コンビニでクレジットカードを使う際のよくある疑問

コンビニでもクレジットカードを使うメリットがある!と言っても、疑問点もあるかもしれません。ここではよくある疑問点についてみていきましょう。

どんな国際ブランドが対応してるの?

コンビニは基本的にどの国際ブランドのクレジットカードにも対応しています。VISA、JCB、MasterCard、アメリカンエキスプレス、ダイナースクラブなど、代表的な国際ブランドに対応。

さらに中国の国際ブランドである銀聯(ぎんれん)も対応しています。ただしセブンイレブンでの利用の際、銀聯デビットカードや暗証番号認証が必要な銀聯カードは使用不可となっています。

カード会社のロゴマーク…?
クレディセゾン、UC、NICOS、JACCS、MUFG、TS3、Cedynaなどはロゴマークを表示している店舗もありますが、国際ブランドは前途のものなので、基本的には利用可能です。

対応している支払い方法は?

コンビニでのクレジットカード決済は、基本的には一括払いのみ対応しています。

リボ払いに関しては購入時にはリボ払いでは購入できませんが、使っているカードの会員サイトやアプリなどで後からリボ払いに変更することは可能です。ただ、リボ払いは手数料もかかるためあまりオススメはできません。

コンビニでの少額なお買い物であれば、一括払いで支払うのがベターでしょう。

少額をカード決済しても嫌な顔はされない?

今、日本はキャッシュレス社会化を目指しており、2020年のオリンピックまでにキャッシュレス決済が主流の社会にしたい考えです。(訪日外国人からの機会損失を防ぐ等の意図があるようですね。)

世界的にはクレジットカードでの支払いが主流となっていて、他の先進国はキャッシュレス社会化しつつありますが、日本はまだ現金払いが主流となっています。キャッシュレス社会化をすることによって、人為的ミス(お釣りのミス)がなくなりますし、自身でお金の流れが把握できたりとメリットはあります。

そのため、コンビニでのクレジットカード決済はキャッシュレス社会への第一歩。決済端末も急速に普及&進化しているので、嫌な顔もされないでしょう。

セブンイレブンでの利用がお得!おすすめクレジットカード

セブンイレブンの利用が多い方は、セブンイレブンでポイントが貯まりやすいクレジットカードを持っておくと非常に便利です。

おすすめは下記のようなクレジットカードです。

  • セブンイレブンでのポイント還元率優遇があるカード
  • nanacoへのチャージでもポイントが付くカード

上記の点を踏まえ、セブンイレブンでの利用におすすめのクレジットカードを厳選して2種類ご紹介します。

セブンカード・プラス

セブンカード・プラス

  • VISA
  • JCB

イトーヨーカドー、ヨークマート等での利用は、100円(税抜)ごとに1.5ポイントが付与される。ポイントは1ポイント=1円分のnanacoポイントへの交換もでき、nanacoへのチャージでもポイントが貯まる。新規入会特典として最大3,000nanacoポイントのプレゼントあり。支払い付きを最長6カ月先にできる「スキップ払い」など便利な機能も豊富なクレジットカード。

株式会社セブン・カードサービスが発行している「セブンカード・プラス」は、電子マネーnanacoの機能を兼ね備えているだけではなく、セブン&アイグループの対象店舗でのカード利用でポイントが2倍~3倍になります。

さらに8のつく日は5%オフと、オトクがぎっしりの一枚です。

セブンイレブンでポイント3倍!

セブンカードプラスは、セブンイレブンでの利用で200円ごとに3ポイント貯まります。つまりセブンイレブンで使えば還元率は1.5%とかなりの高還元率カードになります。

さらにセブンイレブンのボーナス対象商品を購入するとボーナスポイントも付与されます。これはセブンカード・プラスならではの特典なのでお見逃しなく!

合計利用金額に対してポイント付与!
セブンカード・プラスは一ヶ月分のカード利用金額で付与ポイント数が決まるので、少額をコツコツ利用しても切り捨てがなく無駄がないのも嬉しい点ですよね。

nanacoチャージでポイントざくざく!

セブンカードプラスでnanacoにチャージをすると、200円ごとに1ポイントが付与されます。(還元率0.5%)

nanacoはセブンイレブンやイトーヨーカドーなどのセブン&アイグループのお店で使用すると100円で1ポイント付与されるので、買い物還元率は1%です。

つまり「セブンカード・プラスでnanacoにチャージ→チャージしたnanacoで買い物」で総合的な還元率は1.5%になります。

普段の買い物でコツコツとポイントが貯まるので、セブンイレブン利用者にはかなりおすすめのクレジットカードと言えます。

リクルートカード

リクルートカード

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard

年会費無料のカードの中でメインカード候補No1との呼び声が高い。どこで使っても高還元率でポイントが貯まる。例えば、10,000円分買い物をした場合、120円分のポイントが還元、それを元に買い物などに使えて毎日のお財布に嬉しい。リクルートのネットサービスを利用すればさらに最大で4.2%還元。衣食住全ての分野でポイントが貯まる。Pontaポイントに交換も可能、コンビニの買い物に嬉しい。

リクルートカードは、年会費無料なのに還元率が1.2%と非常に高いなことが有名なクレジットカードです。

リクルートカードで得られるポイントは「リクルートポイント」ですが、ほかのポイントに交換することも可能です。ホットペッパーグルメ・ビューティーやじゃらんなど、リクルートのサービスにもポイント利用できるため使い道の豊富さも特徴ですね。

毎月30,000円までならnanacoチャージで1.2%還元!

これまではリクルートカードからnanacoへのチャージでポイントが付く上限金額はなかったのですが、2018年4月16日から月に3万円までという上限ができてしまいました。

しかし、nanacoチャージでのポイント還元率は驚異の1.2%のままです。

nanacoチャージでポイントが全く付かなくなったクレジットカードもあることを考えると、その点でもリクルートカードは優秀なカードといえるでしょう。

ポイントはPontaポイントと等価交換できる!

リクルートポイントはPontaポイントと相互交換することができます。交換比率も1:1となのでありがたいシステムですね。

Pontaポイントはローソンや大戸屋などで1ポイント=1円として使うこともできます。

ポイント有効期限は一年!
ちなみに有効期限は最後のアクティベート(加算や減算)があってから1年間です。一年に一度でも使う(貯める)ことがあれば、ほぼ永久的にポイントを有効活用することができますよ。

ローソンでの利用がお得!おすすめクレジットカード

ローソンでの利用におすすめのクレジットカードの条件は、やはり「ローソンでの利用でポイント還元率が高い」点に限ります。

ここでは厳選して2種類のクレジットカードをご紹介します。

dカード

dカード

  • VISA
  • MasterCard

DCMXから生まれ変わってdカードに。ショッピング利用でのポイント獲得、100円で1ポイント、 ドコモのケータイ、「ドコモ光」利用料金での獲得ポイント1,000円で10ポイント。初年度年会費無料で、ポイントカードも電子マネーもこれ一枚で便利に利用。

dカードはドコモが発行するクレジットカードなので「ドコモユーザー向け」ですが、実はローソンでの利用も非常にお得なカードです。

国際ブランドはVISA、Mastercardの2種類。さらに電子マネーの「iD」も使える優れモノです。

ローソンでの利用で最大5%還元!

ローソンでdカードを利用して買い物をすると、合計金額から3%の値引きを受けることができます。

さらにクレジットカード利用による1%のポイントもそのまま付与されるので、ここまでで4%も還元されることになります。

また、ローソンはdポイントの加盟店でもあるのでもう1%分のdポイントが得られ、合計5%還元されることに!

ローソンで利用するクレジットカードのなかでは最高峰の還元率…それがdカードなのです!

年会費も実質無料

dカードは初年度の年会費が無料で、次年度以降は1,350円の年会費です。

しかし、年に一回でもdカードの利用があれば次年度の年会費が無料になるので、年会費は実質無料と言えるでしょう。

Ponta Premium Plus

Ponta Premium Plus

  • JCB

Pontaカードにクレジットカード機能がドッキングした一枚。2ヶ月間で20万円以上の利用+Ponta専用ファーストプレゼント応募で、pontaポイント最大8000ポイントプレゼント。7月・12月に20万以上利用した場合の還元率が2%と最強クラスの還元率になり魅力的。Ponta提携店などで利用することで還元率は最大で3%になるお店もアリ。

楽天ポイントやTポイント等と並び多くのお店で貯めやすい「Pontaポイント」がざくざく貯まるのが、この「Ponta Premium Plus」です。

いつでもどこでも基本還元率が1%のため、安定してポイントを貯められるのも嬉しいクレジットカードです。

ローソン利用で2%分のPontaポイントが貯まる!

Ponta Premium Plusは、Ponta加盟店での利用で100円=2ポイントが加算されるので、還元率が2%になります。

もちろんローソンもPonta加盟店なので2%の還元率で利用することが可能です。

7月と12月はローソン利用で最大4%に!
さらに、7月と12月はPonta Premium Plusを利用すれば加盟店での還元率が2%になります。これは併用可能なので、7月・12月はローソンでの買い物が4%の還元率になることになります。

Pontaポイントを貯めたい人におすすめ!

Ponta Premium Plusで貯まるポイントはPontaポイントのみです。

ジャックスが発行しているカードなので本来なら「ラブリィポイント」が貯まると思いがちですが、Ponta Premium PlusはPontaポイントだけ。損をしたような気持ちになりましたか?でも、Pontaポイントだけが貯まることでいいこともあります。

それは…基本還元率は常に1%であること、貯まったPontaポイントは加盟店で1ポイント=1円として使えることが挙げられます。Pontaポイントは100円で1ポイント貯まるので、貯めやすさも優秀です。

Ponta Premium PlusはPontaポイントを貯めたい方におすすめのクレジットカードです。

ファミリーマートでの利用がお得!おすすめクレジットカード

ファミリーマートでの利用がオトクなクレジットカードをご紹介します。

ファミマTカード

ファミマTカード

  • JCB

ファミリーマートで利用すると200円につき1ポイントのTポイントが貯まり、1ポイント1円としてファミリーマートやTポイント提携先で利用できる。所定の手続きを行うとTSUTAYAのレンタルサービスも受けられる。若者応援クレジットポイントなど、ポイントが貯まりやすくなるサービスもあり。貯めたTポイントは、1ポイント=1円としてファミリーマート、Tポイント提携店で買物可能。

ファミマTカードはファミリーマートでの買い物がお得になるだけではなく、TSUTAYAのレンタル入会金がタダになったり、Tポイントがアップしたりと、ファミリーマートに限らずオトクに使えるクレジットカードです。

国際ブランドはJCBのみですが、ファミリーマートでの利用は基本還元率は1%と高めなのも特徴です。では、ファミマTカードのメリットを解説していきます!

ファミリーマートでの利用で最大2.5%還元!

ファミマTカードの基本還元率は0.5%と高い方ではありませんが、ファミリーマートでの利用は2倍の1%になります。

さらに、下記のようなポイントアップの方法もあります。

  1. 若者応援クレジットポイント
    25歳以下の方がファミリーマートでの支払いの際にクレジットカードを利用するとポイントが通常時の2倍獲得できる
  2. レディースデー
    毎週水曜日、ファミリーマートでファミマTカードを提示してお買い物をすると現金払いの場合でもポイントが通常時の2倍獲得できる
  3. カードの日
    毎週火曜日と土曜日にファミリーマートでお買い物をした時にレジでファミマTカードを提示するとポイント3倍、それに加えてファミマTカードで支払うとさらに2倍のポイントがもらえるので合計して5倍のポイントが貯まる

3つめの方法は最大5倍のポイントなので、ファミリーマートでの利用においては還元率が最大2.5%になります。

年会費無料で会員割引や特典が充実!

ファミマTカードは年会費が無料です。

会員割引としてTSUTAYAの入会が無料になるクーポンがついてきます。ファミマTカードにTSUTAYAの会員証も追加できるので、一枚で二役!便利ですよね。

トラベルやレンタカー割引などもあり、ETCカードも入会金・年会費無料で作れるといった利点もあります。

サークルKサンクスはファミリーマートと統合予定

サークルKサンクスの今のポイントシステムは楽天ポイントですが、約2年をかけてファミリーマートとの統合を終えた後は、Tポイントに完全移行するようです。

サークルKサンクスを利用していた方には残念な情報ですが、楽天ポイントはマクドナルドやさまざまな店舗でも貯めることができるので、街のほかのお店で貯めるといいかもしれません。

その代わりに今からファミリーマートで使える、Tカードを作っておくのもひとつの手段ですよね!

ミニストップでの利用がお得!おすすめクレジットカード

ミニストップはセブンイレブンやローソン、ファミリーマートと比較するとあまり店舗が多くなく、利用する機会も少ないかもしれません。

なので、下記のようなクレジットカードを選ぶのがおすすめです。

  • 普段貯めているポイントが貯まるクレジットカード
  • ポイント還元率が高いクレジットカード

家から最も近いコンビニがミニストップで頻繁に利用する、WAONも貯めている!という方は、ここでは割愛しましたがイオンカードセレクト等もおすすめです。

ミニストップに限らずですが、ポイントが貯まりやすく使い勝手の良いクレジットカードを一つご紹介します。

オリコカード・ザ・ポイント

オリコカードザポイント

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard

年会費永年無料のポイント高還元率カード、入会後6ヵ月間は還元率2%。貯まったオリコポイントは、「オリコポイントゲートウェイ」を通じて500ポイントから他社ポイントやギフト券にリアルタイムですぐに交換。iDとQUICPayをダブル搭載しており、コンビニなど少額の買い物でも、簡単で便利でスピーディ。

オリコカード・ザ・ポイントはとにかくポイントが貯まりやすいクレジットカードです。

貯まったポイントの使い勝手が優れている点も特徴で、商品券や他社のポイント、ANAマイルやJALマイルにも交換が可能と非常に便利です。

年会費無料の高還元率カード

オリコカード・ザ・ポイントは年会費が永年無料。年会費がかからないので、気軽に持つことができます。

ポイントシステムは100円ごとに1ポイントが付与される「オリコポイント」があります。基本還元率は1%とかなり高めなのでそれだけでも持つ価値アリですが、さらに入会後半年間はどこでカードを使っても還元率が2%に!

オリコモールというサイトを経由して買い物をすることで、さらにザクザクポイントを貯めることも可能です。

iDとQUICPay機能の両方に対応

オリコザポイントにはiDとQUICPayの両方の電子マネーが搭載されています。この2つの電子マネーは事前のチャージがいらない「ポストペイ方式」のため、コンビニでも使いやすいのが特徴です。

残高を気にする必要がないので楽々使えてとても便利ですね!

また、e-Oricoサービスを利用することで電気やガスなどの公共料金の支払いを毎月自動でカード決済にすることも可能です。

まとめ

いかがでしたか?このページでは、コンビニでクレジットカード決済をするメリット&デメリット、疑問点、そして各コンビニでの利用がお得なおすすめクレジットカードをご紹介しました。

自宅、あるいは職場の近くでよく利用するコンビニは誰しもあると思います。よく行くコンビニでお得になるクレジットカードを一枚持っておくと、日々の何気ない買い物でポイントも貯まっていくのでおすすめです。

塵も積もれば…なので、コンビニでもスマートにさくさくカード決済をして効率的にポイントを貯めちゃいましょう!

このページの目次