フリーターだけどクレジットカードを持ちたい!審査を通過するコツって?

フリーターだけどクレジットカードを持ちたい!審査を通過するコツって?

ざっくり言うと
  • フリーターやアルバイトの方は、不安定で収入が少ない場合が多いのでクレジットカードの審査に通りづらい。
  • 審査のポイント「3C」やコツを押さえることで、審査をパスしやすくすることは可能。
  • フリーターの方でも審査に通る可能性があるクレジットカードはあるが、信用を積み重ねることが重要。

今やクレジットカードは一人一枚持っている時代です。3~5枚使い分ける人も少なくありません。

キャッシュレス社会とも言われている現代では、クレジットカードを持っていないと不便さを感じることもあります。

正規の社員として真面目に勤務していると問題なくクレジットカードを発行できますが、アルバイトで生計を立てるフリーターの方はクレジットカードを作ることができるのでしょうか?

ここでは、フリーターの方がクレジットカードを持つコツや審査を通過するコツについてご紹介します。

そもそもフリーターがクレジットカードを作りづらい理由

クレジットカードの申し込みをした後は、申込書に記載された内容を元に審査にかけられます。

無事に審査に通過するとクレジットカードが発行されますが、フリーターの方の場合はクレジットカードの申し込みをしても審査で落ちてしまうケースが多いです。

審査の条件をクリアしていないために審査に落とされてしまうのですが、フリーターの方が審査に落ちてしまう理由は何でしょうか。

理由1.フリーター=収入が少ない人が多い

フリーターの方は実際に働いた分だけが収入となります。時給も高いわけではないことが多く平均的に収入が低い方が多いです。

フリーターの方でも時給が高く正規雇用の方よりも多くの収入を得ているという方ももちろんいるでしょう。

高収入のフリーターは稀!
水商売等で時給が5,000円程度ある場合は1日6時間働いただけでも3万円になりますし、月に20日間働ければ月収が60万円程度にもなります。しかし、このように高い時給をもらえる方はほとんどいません。

アルバイトとして働く場合、1,000円前後の時給で働いている方が多いです。1か月10万円程度にもならず年収が100万円に届かない方も多くいます。

クレジットカードを作るためには年収が高くなければならないことはありませんが、ある程度の安定収入があることは審査条件の一つになっています。

フリーターで年収が100万円にも満たない場合は、「クレジットカードを使用しても支払いに困って滞納してしまう可能性が高い」と判断されてしまいます。

理由2.フリーター=不安定な立場だから

フリーター、つまりアルバイトとして勤務している雇用状態は雇用主の都合で急に辞めさせることもでき、一般的に不安定です。

仮に正社員よりも高い収入を得ていたとしても継続して働くことができる保証が弱く、急に失業をして来月の収入がゼロになってしまうリスクも考えられます。

収入が高いからと思ってクレジットカードの審査を通過させて発行した場合、急な失業によってお金を払ってもらえないとクレジットカード会社は不利益が生じてしまいます。このため、不安定な就業状態は審査に悪影響となるのです。

クレジットカードの審査はやはり公務員が最強

公務員として働いている方はクレジットカードの審査に落ちる可能性が限りなく低いと考えられています。

これは公務員という職業的な安定性が大きいです。通常の会社であれば業務実績が極端に悪くなった状態が長く続くと倒産する危機がありますが、公務員は倒産するリスクがありません。

給与の支払いが延滞されるような可能性もなく、確実に給与と賞与が決まった日にちに支払われます。

公務員はやはり最も安定している!
基本的にリストラに合うこともないため、一旦公務員になると定年まで公務員として働くことができます。世の中で公務員ほど安定した職業はありません。

クレジットカード会社も公務員の方に対する信用度が高いため、安心してクレジットカードを発行することができるということになります。

クレジットカードの審査のポイント「3C」とは?

クレジットカードの審査に通りやすくなるコツは、まずは「審査の基準を知ること」です。

発行審査の判断基準は3Cを軸に行われると言われています。「3C」とは「Capacity」「Character」「Capital」の頭文字をとったものです。

ここでは、審査のポイントになる3Cについて説明します。

Capacity(返済能力)

Capacityは返済能力を意味します。クレジットカードを使用した場合、翌月か翌々月には利用分の返済をします。(リボ払い等のケースもあります)

返済できるだけの収入があれば、難なく支払いをすることができます。継続して返済を続けるためには一定の収入が定期的にあることも重要になってきます。この返済能力をクレジットカード会社は重要視しています。

Character(性格)

Characterは「性格」を表し、申し込みをした方の性格がお金に関して几帳面であるかどうかを見極めます。

返済日が来ているのにも関わらず、返済をしようとしない、返済の催促をされても一向に返済をしようとしない方はお金に関してルーズだと考えられます。クレジットカードを発行してもきちんと返済を行ってくれない可能性も考えられます。

逆に言えば毎月決まった返済日にお金を準備して確実に返済してくれる方は信頼できるため、クレジットカードを発行できるのです。つまり、お金に関するその人のまじめさや信頼性を見ます。

クレヒスを貯めよう!

Characterは申し込み用紙を見ても把握できないため、信用機関に保存された個人のクレジットヒストリー(信用情報)を見ます。

 
日頃からきっちりと支払いをして、良いクレヒスを貯めることが大切です。

Capital(資産)

Capitalは「資産」を意味します。預貯金等の資産が多ければ、万が一の場合にも返済を滞ることがないと考えられます。

ただし、そもそも身の丈に合った使い方をすればクレジットカードの返済が滞ることはないと考えられるため、Capitalは上記二つのCapacityとCharacterほどは重要視されません。

クレジットカードの審査をパスしやすくする4つの方法

クレジットカードの審査に通過しやすくなるためには4つのコツがあります。

コツさえ頭に入れておくと審査に落とされるリスクが低くなります。ここでは審査にパスする4つのコツについて見ていきましょう。

1.多重申込みを避ける

「審査に落ちたら嫌」だと思い、複数のクレジットカードを同時に申し込む方がいます。これは「多重申し込み」と言われるもので、基本的にクレジットカード会社から嫌がられます。

クレジットカードに申し込みすると個人信用情報機関に履歴が残り、どのカードを申し込み審査に通過したか否かがすぐに分かります。

申し込みブラックに注意

一般的に半年以内に3件以上の申し込みをすると「申し込みブラック(多重申し込み)」と判断され、不信感を持たれてしまい審査をパスしにくくなってしまいます。

クレジットカードを申し込む場合には、複数の気になるカードがあってもどれか絞って申し込みを行うことが大切です。

2.信用情報(クレヒス)をコツコツと積み上げる

クレジットカードの審査では、過去のクレジットカードやローンの利用履歴(クレヒス)もチェックされます。

  • 支払いの滞納履歴がある場合(悪いクレヒス)
  • 一度もクレジットカードを持ったことがない場合(スーパーホワイト)

上記のような場合は審査に通りにくいと言われています。

スーパーホワイトもマイナス評価?

カードを使ったことがない場合は支払いを延滞した記録もないため、審査にパスしやすいだろうと思うかもしれませんが、使った経歴がない=信用度がゼロの状態です。

クレジットカード会社側からすると使った経歴がないかたは、どのような使い方をする方か把握することができません。もしかすると返済能力がないかもしれない、という危険性もあると考えられてしまいます。

クレジットカードを使ってきちんと支払いを行っていることによって“良いクレヒス”が蓄積されます。この信用情報を積み上げることによって信頼度が上がるため、審査に通りやすくなるのです。

3.未使用のクレカを解約、または限度額を引き下げる

年会費が無料と言われ、ついつい誘われるままにクレジットカードを作り、全く使わずに長年放置して存在を忘れている方もいるのではないでしょうか?

全く使用していないクレジットカードがある場合は解約をするのがおすすめです。

複数のカードを持っていても全く利用していない場合、本当に欲しいクレジットカードに申し込んだ時に審査に落ちる可能性が高くなります。

カードを多く持っているとそれだけ利用限度額が大きくなり、多くの金額をカードで使うことができるため「これ以上のカードの所持は収入面からみてもふさわしくない」と思われるかもしれません。必要のないカードは解約することで、審査を少しでも有利にすることができるでしょう。

「使う機会がくるかもしれず、解約はしたくない…」という場合は利用限度額を引き下げるのもおすすめです。限度額を引き下げることによって利用できる金額が低くなり、支払いの負担も軽減できるために審査に通りやすくなると考えられます。

その場合は、クレジットカード会社のサービスセンターに電話をして「利用限度額を下げてほしい」と依頼すれば良いです。

4.比較的審査が厳しくないクレジットカードを選ぶ

クレジットカードはカードの種類によって多少審査が異なります。審査が厳しいカードもあれば、比較的厳しくないカードもあります。

審査をパスしやすくするためには、審査が比較的厳しくないクレジットカードを選ぶのもコツです。

審査が甘いクレジットカードはありませんが、審査の難易度が比較的低いクレジットカードはあります。審査の難易度の低いカードを見極めるポイントは4つあります。

  1. 限度額が低めのカード
  2. 若年層対象のカード
  3. 利用者を増やすキャンペーン中のカード
  4. 消費者金融系のもの

限度額が低めに設定されているクレジットカードは、限度額が高いものに比べると審査の難易度が低めと言われています。また若年層を対象としているカードは収入や勤務年数に対してそれほど厳しくありません。

利用者の拡大を図り大々的にキャンペーンを行なっている時は、少しでもユーザーを増やしたいと思っているため審査の難度が低くなる傾向があります。

クレジットカードは会社によって審査の難易度が異なる

クレジットカードは会社によって審査の難易度が異なります。

一般的に最も審査が厳しいと言われているのが銀行系、次に流通系や通信系、比較的難易度が低いと言われているのが消費者金融系のカードです。

普段利用しているスーパーやショッピングモール等で利用することがお得になるカードは、審査基準を厳しくすると利用者が減るため、消費に密着したカードは審査が比較的厳しくない傾向にあります。

フリーターでも審査に通る可能性があるクレジットカードとは?

審査の難易度が比較的厳しくないクレジットカードなら、フリーターでも審査に通る可能性はゼロではありません。

ここでは、そのような視点でおすすめのカードをいくつかご紹介します。

楽天カード

楽天カード

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard

楽天市場でカードを利用するとポイント4倍。セールの際は最大ポイント10倍も。楽天市場以外でも還元率1%は付くので高還元率が期待できる買い物好きには必須のカード。携帯電話料金、電気料金、電話料金などの月々の支払いに利用すれば100円で1ポイント。アプリもあり、利用明細も簡単にパソコン・スマホで閲覧できる便利さ。

楽天カードと言えばテレビCMも行なっていて全国的に知名度が高く、存在を知っている方や持っている方も多いと思います。

楽天カードの審査は基本的にスコアリングと呼ばれる自動審査で、ある程度は機械が自動で審査を行ないます。

キャンペーンなどで多くの申込者が殺到すると審査に数日間かかることもありますが、申し込み後5分程度で審査結果が分かったという方もいます。審査に通過すると1週間以内には自宅にカードが届きます。

年会費無料でポイントも貯まりやすく、非常に使いやすいクレジットカードと言えるでしょう。

ライフカード

ライフカード

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard

各種優待割引やサービスが最大25倍のオンラインショッピングモール利用可能など各種ポイントサービスが充実。貯まったポイントはライフカード専用Webカタログから家電や食品などに交換でき、日常や普段使いでポイントを還元したい時にお勧め。カード利用1,000円ごとに1ポイント貯まるLIFEサンクスポイント。誕生月はポイント3倍。年間50万円のカード利用があった場合は、300ポイントプレゼント&1年間の利用金額に応じて翌年度のポイントが最大2倍になる。海外旅行をサポートする海外アシスタンスサービス「LIFE DESK」が付帯。カードの紛失・盗難による不正使用を補償する「カード会員補償制度」も利用可能。

ライフカードは信販系のクレジットカードですが、消費者金融「アイフル」の子会社です。信販系でありながら親会社は消費者金融系でもあるため、審査の難易度は比較的低いと考えれています。

ライフカードは年会費が永年無料で、誕生日月はポイント3倍、会員限定のショッピングモールで利用するとポイント最大25倍などポイントプログラムも充実しています。(ANAマイルに手数料なしで交換可能、nanaco楽天Edyを利用できるなどのメリットも!)

18歳以上であればフリーターでも学生でも申し込めます。審査はすぐに行なわれ、審査結果は早ければ即日、遅くても次の営業日くらいには審査結果が分かります。

審査通過後は3営業日以内にカードが発行されるため、スピーディーにクレジットカードを持つことができます。

ACマスターカード

ACマスターカード

  • MasterCard

日本、世界のMastercardの加盟店で利用でき、年会費無料。コンビニやスーパーなどでもMastercardマークが表示されていれば少額でも利用できるので小銭がなくても安心。利用明細は郵送ではなくアコムのサイトから確認ができるので煩わしさがない。

ACマスターカードは消費者金融のアコムが発行しているクレジットカードです。

審査は最短30分で行われるため、申し込み後すぐに審査が行われます。申し込みをしたその日のうちに即日審査結果が分かり、通過すればすぐにカード発行の手続きをしてもらえます。

カードは自宅への郵送か、すぐに欲しい場合はアコムの自動契約機「むじんくん」を利用することで即日発行してもらうことも可能です。

即日発行できる便利さがある一方、ショッピング時に利用してもポイントは付きません。また支払いはすべてリボ払いになり、一括払いの選択はありません。

アコムというと「キャッシングをしなければならないのでは…」と考える方もいるようですが、キャッシングの有り無しは選択できます。

まとめ

いかがでしたか?今回は、フリーターの方が審査に通りづらい理由や、審査を有利にするコツ、そしてフリーターの方でも通る可能性があるおすすめクレジットカードをご紹介しました。

フリーターは就業状況が安定していないために、審査が厳しいクレジットカードに申し込みをしても審査に落ちる可能性が高いです。

クレジットカードの審査をパスしてカードを発行してもらうためには「信用」が大切です。申し込み時に嘘は書かず、誠実にまじめに申し込みに記入することも審査に通過するコツの一つです。

このページの目次