ANAマイルを貯める4つの方法とおすすめの最強マイレージカード3選

ANAマイルを貯める4つの方法とおすすめの最強マイレージカード3選

ざっくり言うと
  • ANAマイルを貯める方法は主に、クレジットカードのポイントを交換する、日々の生活で貯める、フライトで貯める、旅行で貯めるの4種類がある。
  • 引き落とし等の自動決済を高還元率カードで行なう等、放っておいてもマイルが貯まる習慣づくりが大切。
  • 効率よくANAマイルを貯めるには、マイル還元率の高いANA系カードが最強。

みなさんは「陸マイラー」という言葉をご存知ですか?

「え?マイルって飛行機に乗ってためるものじゃないの?」とお思いの方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんなことはないのです!

むしろ飛行機に乗って貯めるだけだと大きなマイルはなかなか貯まりません。そして、マイルを貯めるには自然に貯まっていくような仕組み作りがポイントです。

ずっと「マイル貯めなきゃ!」と思っているのもしんどいですからね!

今回はANAマイルを効率良く貯める4つの方法とおすすめカードをご紹介します。

これを読んで効率的にマイルを貯めて、タダで海外旅行に頻繁に行く生活を手に入れましょう!

ANAマイルの貯める方法は大きく分けて4種類+裏ワザ

これからご紹介する4つの方法+裏ワザを実行することで、毎年国際線往復特典航空券をゲットすることが可能になります!国内線のエコノミークラスなら余裕で貯まると思いますよ。

ANAマイルを貯める4大方法

  1. カードのポイントでマイルを貯める
    最近はクレジットカードのポイントをマイルに交換できるところが多くなっています。ちゃんとクレカを使う生活をすれば、毎月結構なポイントになるはずです。
  2. 日々の生活でマイルを貯める
    レストランや洋服、家電の買い物だけでなく、スーパーやコンビニ、公共料金等の引き落としもカード決済にしたり、PASMO等のオートチャージもカードで決済しちゃいましょう。
  3. フライトでマイルを貯める
    王道の飛行機に乗ってマイルを貯める方法です。ANAやANAと提携している飛行機に搭乗することで貯まります。
  4. 旅行でマイルを貯める
    ANA関連会社のツアーを利用したり、ANAと提携しているホテルやレンタカーなどを旅先で利用してマイルを貯める方法です。

膨大なANAマイルを貯める裏ワザとは?

陸マイラーの裏ワザも…
陸マイラーさんの代表的な裏ワザであった「ソラチカルート」という手法が残念ながら2018年3月31日をもってできなくなるのですが、ほかにも裏ワザはあります!
 
それはポイントサイトの利用です。
 

例えばFXの口座を開設するだけで20,000以上のポイントが付くこともあるので、これをマイルに交換するという裏技です。

日頃のネットショッピングでもこのポイントサイトを経由するだけでポイントが貯まったりするので参考にしてみてください。
 
ただ、あまり初心者向けの内容ではないのでここでは詳細は割愛します。

それでは、ANAマイルを貯める4つの方法を一つひとつ見ていきましょう。

1.クレジットカード決済でANAマイルを貯める

財布にたくさん入ったクレジットカード

クレジットカードで決済したり、マイルと提携しているポイントを貯めることでどんどんポイントが貯まっていきます。これから紹介することをぜひ試してみてくださいね!

クレジットカードのポイントで貯める

日々の支払いをカード決済で自動蓄積!

電気代やガス代、水道代、スマホ代、ネット代、医療保険料、新聞代、NHK、動画配信サービスなんかまで、毎月自動的に引き落としにできる費用ってかなりありますよね。

家賃の支払いもカードOKなところもありますし、こういった毎月引き落とされるものはクレジットカード決済がおすすめです。

一度登録してしまえば、あとは何もしなくても勝手にポイントが貯まっていきます。

請求書が届いてコンビニに行く…「あれ?この支払いって終わったっけ?」といった面倒なこともなくなり、まさに一石二鳥です。

ANAマイル還元率の高いクレカを選ぶのが得

クレジットカードはポイント還元率の高いものを選びたいものですが、併せてチェックしておきたいのが「ANAマイルの交換レート」です。

例えばカードによっては1000ポイント=500マイルであったり、1000ポイント=5000マイルだったりします。

ポイントにも種類があり移行手数料などもあるため総合的にANAマイル還元率が高いカードを選ぶ必要がありますが、やはりANAの名前を冠しているクレジットカードの還元率が最強です。

詳しくは各カードのページで解説しますが、ANA発行カードはANA便に乗った時のボーナスポイントでの還元等も魅力的です。

楽天スーパーポイントやTポイントをANAマイルに交換!

日常的に楽天やTポイントをを利用する方は、それらのポイントをANAマイルに交換して貯めることも可能です。

MEMO
これらのポイントをマイルに交換すると還元率が下がりそうで損なように思うかもしれませんが、1ポイントは1円の価値でも、1マイルは1円の価値ではないので実はお得なのです。

楽天スーパーポイント

楽天スーパーポイントは2ポイントにつき1マイルに交換できます。

楽天スーパーポイントが貯まるお店は、楽天市場はもちろんですが、ミスタードーナツ、大丸松坂屋百貨店、マクドナルド、関西人におなじみのジョーシン電気、くら寿司、PRONTO、ツルハドラッグ、ダイコクドラッグなどなど、どんどん提携店も増えていっているので日々の生活で貯めやすいです。

何よりも、楽天市場ではよく「山分けキャンペーン」や野球チーム(東北楽天イーグルス)が勝った時にポイントが2~3倍になるなどもありますし、楽天ツールバーをインストールしておけばWEB検索でポイントが勝手に貯まっていったりもします。

楽天のポイントカードはマクドナルドやミスタードーナツ、くら寿司などで無料で配布しています。使用できるお店ならどこでも配布しているわけではないので、レジ横になければお店の人に聞いてみるといいですよ。

また楽天が発行しているクレジットカード「楽天カード」でも楽天スーパーポイントがたまります。

楽天カードは自動リボ払いにすると5000円~1万円分のポイントがもらえるキャンペーンを頻繁に実施しているので、なかなか面白いくらいポイントが貯まっていきます。

注意
ただその場合は手数料対策として、公式ページのキャンペーン詳細に書いてある自動リボを解除してはいけない時期を過ぎたらすぐに自動リボは解除することをお忘れなく!

そしてリボになった分は増額して返済しちゃいましょう!

Tポイント

Tポイントは500ポイントで250マイルに交換できます。

TSUTAYA系列、ファミリーマート、サークルK・サンクス、毎日新聞、Yahoo!ショッピングやヤフオク、LOHACO、三越・伊勢丹百貨店、エディオン、ガスト、バーミヤン、ジョナサン、藍屋、ドトール、吉野家、エクセルシオール カフェ、ロッテリア、コンタクトのアイシティ、ソフトバンク、ENEOS、アート引越センター、Ameba・・・

まだまだいろいろバラエティーに富んだお店がありますが、これらのところでTポイントは貯まります。

TポイントカードはTSUTAYAやファミリーマートでもらえます。

nanacoポイント

nanacoの500ポイントを250マイルに交換できます。

nanacoポイントはnanaco払いで貯めるというのが基本ですが、使える場所はかなりあります。

セブンイレブン、イトーヨーカドー、西武そごう百貨店、マクドナルド、カラオケ館、スギ薬局、ツルハグループ、デニーズ、ミスタードーナツ、ドミノ・ピザ、ビックカメラ・コジマ、LOFT、ジョーシン電気、ラウンドワン、ヤマト運輸・・・

などなどかなりの数があります。

nanacoカードは発行手数料300円で年会費無料。セブンイレブン、イトーヨーカドーなどのお店で申し込めます。

パソコン・スマートフォンで事前に申込書を作成しておくと、店頭でnanacoカードをスムーズに発行できます。スマホをかざすだけで支払いができる「nanacoモバイル」等もあります。

2.生活のついでにANAマイルを貯める

テーブルに置かれた紅茶とポット

日々ちょっとしたことでANAマイルを貯める方法もあります。

いちいち面倒…と思わず、習慣化してしまえば自然にマイルが貯まっていくものですよ。

いくつか例をご紹介します。

ANAマイレージモールでショッピング

ANAマイレージモールは簡単に言えばポイントサイトのANA版です。

このANAマイレージモールのサイトを経由してネットショッピングするとポイントのかわりにマイルが貯まります。

楽天市場やヤフオク、じゃらん、booking.com等の有名サービスもあります。

ANAマイル提携店舗で買い物

ANAカードマイルプラス加盟店でANAカードで支払うと、クレジットカード会社のポイントとは別に100円または200円で1マイルが貯まります。

MEMO
提携店はイトーヨーカドー、セブンイレブン、マツモトキヨシ、大丸松坂屋百貨店、阪急阪神百貨店、高島屋、スターバックスなどがあります。

塵も積もれば…なので、ANAマイルを貯めたい人はよく利用する店舗等は覚えておいて損はないでしょう。

グルメマイルでANAマイルが貯まるレストラン探し

他にもレストランやバーの利用でマイルが貯まります。

ANAが運営する「グルメマイル」というサイトでお店をパソコンやスマートフォンで検索して探し、お会計をするときにお店の人にマイル積算希望の旨を伝えればOKです。

銀行口座開設でANAマイルをゲット!

新生銀行やSMBC信託銀行で口座を開設すると300マイル貯まります。

ソニー銀行では新規口座開設+Sony Bank WALLETの同時申し込みで500マイル貯まります。

他にも銀行の口座開設キャンペーンは不定期に実施されているので、口座開設の予定がある人はチェックしてみてもよいかもしれません。

3.フライト(飛行機)でANAマイルを貯める

飛行機の座席から撮影した機内風景

フライトで貯めるには主に3パターンあり、「国内線で貯める」「国際線で貯める」「提携航空会社の飛行機に乗って貯める」があります。

飛行機だけでANAマイルを貯めるのは大変?

フライトだけでANAマイルを大きく貯めるのは正直大変ですが、ANAカードを持っていれば飛行機に乗ることでボーナスポイントがもらえ、マイルが貯まるスピードが早くなります。

フライトマイルの仕組み

フライトマイルで貯める場合、購入する航空券で還元率が変わってきます。

普通料金を100%として、割引料金だと70%、ツアー料金だと50%になります。飛行距離が遠いほど多くマイルをもらえます。

ユナイテッド航空でもANAマイルは貯まる

ユナイテッド航空はスターアライアンスに加盟しているので、なんとANAマイルがたまります。

ANA便と違ってスターアライアンス加盟航空会社で貯める場合は予約時と、チェックイン時に空港でする手続きとの両方が必要です。

スターアライアンスって何?

スターアライアンスというのは、分かりやすくいうとANAが加盟している1997年に設立された航空会社の連盟です。

つまり提携航空会社なので、スターアライアンス加盟会社であればANAマイルを貯めることができます。

MEMO
ユナイテッド航空、中国国際航空、エアカナダ、オーストリア航空、エア インディア、ニュージーランド航空などが加盟しています。

4.旅行でANAマイルを貯める

地球儀で顔を隠している人

旅行に行くときはANAマイルのためどころが満載です!

どんな方法で、どこを予約するかを考えるときの参考にしてみてください。

ANA公式ツアーでマイルを貯める

ANA自社や関連会社のツアーならANA便利用で格安で旅行できるのも魅力ですが、ANAマイルがたまるのもうれしいですよね!

ANA公式、または提携ツアーの探し方は意外とカンタン!下記の二サイトを押さえておけば困ることはありません。

ANA SKY WEB TOUR

ANA SKY WEB TOURはANAが公式に運営しているツアー予約サイトです。

  • 航空券+宿泊の「旅作」
  • パッケージツアー
  • ホテル
  • レンタカー

等を予約できます。

ANAカードを持っていればツアー代金が5%オフになります。マイルを使うこともでき、ANA自社ツアーで「12,000マイル→国内・海外ツアーの代金15,000円分」としても利用可能です。

もちろん利用することでANAマイルも貯まります。

スカイツアーズ

スカイツアーズは、ANAの関連会社で、ANA便の利用で50%の区間マイルが貯まります。

関連会社ならではのANA便を使った安さが売りで、全日空(ANA)で行く格安国内ツアーを紹介しています。

ホテルの空室、飛行機の空席状況がスカイツアーズのサイトで確認できるのでとても便利です。

ホテルに宿泊してANAマイルを獲得!

ホテルに宿泊してANAマイルを貯める方法は2通りあります。

出張や旅行でホテルに泊まるときに「マイル貯まらないかな?」とちょっと意識してみてはいかがでしょうか?

ANAと提携しているホテルに宿泊

オークラ ホテルズ & リゾーツ、ザ・ペニンシュラホテルズ、ニューオータニホテルズなどの提携ホテルに泊まると宿泊数・料金などに応じてANAマイルが貯まります。

下記のANA公式ページで確認できます。

@ホテルで宿泊予約

国内のホテル予約なら、ANA SKY WEB TOUR内の宿泊予約ページ、@ホテルが便利です。

ここで宿泊予約をすることでもANAマイルが貯まります。

ホテルによってはプラスマイルがあったりするので、ANAのクレジットカードで決済すればマイルの3重どりができちゃいます。

ANAマイルを貯めたい人向けの最強クレジットカード3選

ANAの1マイルは交換する航空券によっても変わってきますが、羽田~沖縄間なら大体4円くらいの価値があります。

それを考えると、これから紹介する3つのクレジットカードのマイル還元率の高さはハンパではないです!

普通のクレジットカードでここまでの還元率はあまりないのではないでしょうか?

ANAソラチカカード

ANAソラチカカード

  • JCB

空と陸が一体となった通称ソラチカカード。入会・毎年の継続時にボーナスマイル1,000マイル、搭乗ボーナスマイルは区間基本マイル10%UP。PASMOオートチャージ機能や定期券も搭載可能。東京メトロの乗車で、1乗車につき平日5メトロポイント、土・休日は15メトロポイント。貯まったポイントはANAマイルに10マイルコースで移行すればANAマイル還元率1%になる。ポイントは相互交換も可能。通称「陸マイラー」から最強カードと呼ばれている。

ANAマイルの交換レートが高い!

ソラチカカードは、クレジットカード機能、PASMOの機能(定期としても使えます)が付いている非常に便利なカードです。

さらに利用することでマイルも貯められて、カードがたくさんあって困っちゃう…というような人には救世主になり得る存在です!

ポイントは、普段のお買い物で貯まるJCBのOki Dokiポイント、地下鉄の利用で貯まるメトロポイント、ANA便の利用で貯まるマイルがあります。

1Oki Dokiポイントを3マイル~10マイルに移行できるのでお得感ありますよね。

また100メトロポイント=90マイルに交換することもできますし、逆に10,000マイルを10,000メトロポイントに交換することも可能です。

高い買い物還元率

ポイントプログラムには2つのコースがありどちらかを選択します。

一つが、「マルチポイントコース」。お買い物など1,000円利用でOki Dokiポイント1ポイント付与のコース。

もう1つが、「マイル自動以降コース」です。

お買い物などの利用合計金額1,000円につき、5マイルコースの場合は5マイル付与、10マイルコースの場合は10マイル付与となります。

この、「マイル自動以降コース」にすることで、普段のお買い物がより高還元率となるわけです。

MEMO
ちなみに5マイルコースは無料ですが、10マイルコースは年間5,000円かかりますが、多くのポイントを交換したいなら10マイルコースがおすすめです。

ANAアメックスゴールドカード

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

  • AMEX

入会時にもれなく2,000マイルをプレゼント。さらに毎年カードを継続する度に2,000マイルをプレゼント。日々の暮らしの中で、着々とポイントが貯まる。カードで支払うと100円=1ポイント。ポイントには有効期限はなし。年間移行ポイント数の制限が無いので、ポイントを大きく貯めて、いつでもマイルへ移行できる。ANAオリジナル商品や国内外の逸品等を扱うショッピングサイト「ANAショッピング A-style」の支払いにカードを利用すると5%オフ。

飛行機に乗れば乗るほどANAマイルが貯まる!

ハイステータスカードとして有名なアメックスゴールドの、ANAとの提携版クレカです。

ANAグループ便に乗れば、通常のフライトマイルに加えて区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率X25%のボーナスマイルが獲得できるという太っ腹なカードです。

これならどんどんマイルが貯まりますよね!

ANA移行手数料が無料

クレジットカードの日々の利用で100円につき1ポイントが付くのですが、その貯まったポイントのマイルへの移行手数料が無料でできます。

さらに魅力的なのはマイルには通常3年間という有効期限がありますが、ANAアメックスゴールドにたまったポイントは有効期限がなくいつでも上限なくマイルへ移行できることです!

1,000円=1,000マイルで、1,000円ごとに移行可能です。

ANA VISAワイドゴールドカード

ANA ワイドゴールドカード

  • VISA
  • MasterCard

入会・継続時に2,000マイル付与。搭乗ごと:区間基本マイレージの+25%。ポイント移行で貯まるマイルとフライトや提携店でのショッピング利用で100円毎に1マイル貯まる。Edyチャージ(200円=1マイル)&Edyでの支払い(200円=1マイル)でも貯まる。エネオスやセブンイレブン、イトーヨカードなどを利用すると還元率がさらに上がる。

マイ・ペイすリボでボーナスポイント獲得

こちらもANAマイラーには有名なカードですが、特筆すべきは「マイ・ペイすリボ」という仕組みです。

いわゆる自動リボ払いのことですが、このマイ・ペイすリボを設定することで1ボーナスポイントがつきます。

換算率 は1,000円=1ポイント=10マイルです。

通常ポイントは1ポイント=10マイルなのですが、このボーナスポイントについては1ポイント=3マイルになります。

脅威の還元率1.72%

ソラチカルート終了のため還元率1.72%はできなくなってしまいましたが、それでも1.3%はあり、年間300万円以上の決済がある人であればもっと還元率は上がるのでANAマイルを貯めるならお得なカードといえます。

また、継続で200マイルのボーナスマイル等ももらえます。

まとめ

いかがでしたか?今回は、ANAマイルを貯める4つの方法とおすすめカードをご紹介しました。

マイルってかなり複雑そうなイメージですが、最初にほんの少しだけ時間をかけて理解し、習慣化したり固定費の引き落としに登録してしまえばあとは自然と貯まっていくものです。

そんな手間一つで無料で家族旅行や恋人と海外旅行に…マイルおそるべしですね。

そして本気でANAマイルを貯めるならマイル還元率の高いカードは必須アイテムです。

これらを利用してたくさんマイルをためてお得に旅行したいですね!

このページの目次