390

年会費も発行手数料も無料!おすすめのETCカード(クレジットカード)と選び方

高速道路の料金所にはETCレーンがありますよね。ETCレーンが設置されてから、料金所の通過がスムーズになりました。

そんなETCレーンを利用する時に必要なのがETCカードです。

今回の記事は下記のようなポイントをまとめました。

  • ETCカードの基礎知識
  • ETCカードの発行方法
  • ETCカードにかかる費用
  • ETCカードを無料発行できるおすすめクレジットカード

ETCカードの基礎知識

まずはETCカードの発行方法や必要な費用など、基礎知識から見ていきましょう。

ETCカードを発行する方法は下記の二通りに分けられます。

  1. クレジットカードと一緒にETCカードを発行する
  2. クレジット機能なしのETCパーソナルカードを申し込む

クレジットカードと一緒にETCカードを発行する

ETCレーンを利用するには、ETCカードの他に料金所のアンテナと無線通信が行える車載器が必要です。

この車載器に差し込みするのがETCカードですが、その一つの発行方法が「クレジットカードと一緒に発行する方法」です。この場合、高速道路の利用料金はクレジットカードの利用代金と一緒に引き落としされます。

クレジットカードと一緒にETCカードを発行する場合は、「一体型」と「分離型」のケースがあります。

一体型

「一体型」はクレジットカードとETCカードが一体になっているため、下記のようなメリットがあります。

  • カード1枚でショッピングとETCレーンの利用ができる
  • カードを2枚管理する手間がかからない
  • カードを2枚別々に申込みする手間がかからない
  • 既にクレジットカードを持っている場合でも切り替えられる

その代わりに、車載器に差しっぱなしにするのは避ける必要があります。カードを差し込んだままだと店舗でクレジットカードが使えなかったり、車上荒らしなどで盗難されるリスクがあるためです。

分離型

クレジットカードとETCカードと2枚のカードに分かれている「分離型」には下記のようなメリットがあります。

  • ETCカードを差し込んだままでもクレジットカードを利用できる
  • ETCカードを盗難されてもETCレーンの利用に限られるため、不正利用の被害拡大を防げる
  • わざわざ抜き差しする手間がかからない
  • 差し込み忘れを気にせずに済む
  • 既にクレジットカードを持っている場合でも追加発行できる

カードを2枚管理する手間はかかりますが、メリットのほうが大きいかもしれません。これからETCカードを発行するなら意外と「分離型」もおすすめです。

オンライン入会が便利

一緒に発行したいときに便利なのが、そんな時に便利なのがクレジットカードのオンライン入会です。

多くの場合は申込みフォームにETCカードという項目があるので、チェックを入れて申込みするだけです。後はクレジットカードの入会審査に合格すればETCカードの発行が受けられます。

クレジット機能なしのETCパーソナルカードを申し込む

以下のような会社が共同発行している「ETCパーソナルカード」を申込む方法もあります。

  • NEXCO東日本
  • NEXCO中日本
  • NEXCO西日本
  • 首都高速道路株式会社
  • 阪神高速道路株式会社
  • 本州四国連絡高速道路株式会社

クレジット機能はありませんが、高速道路の利用料金は金融機関の口座より引き落としされます。

  • 審査なしで発行できる
  • クレジットカードを持っていなくても利用できる

このようなメリットがありますが、デポジットが必要になる(詳しくは後述)などのデメリットもあります。

ETCパーソナルカードの申し込み方法

多くの場合はサービスエリアやパーキングエリア内のインフォメーションに「ETCパーソナルカード利用申込書」が置いてあります。

申込書に必要事項を記入し郵送で申込むと、目安として2週間程で自宅にETCパーソナルカードが届きます。

ETCカードにかかる費用

ETCカードを発行するとどんな費用がかかるの?と思う方もいるかもしれません。そんな方のためにETCカードを所有することで発生する費用をまとめておきます。

クレジットカードの場合

クレジットカードの追加カードとしてETCカードを持つ場合、次のような費用がかかります。

  • クレジットカードの年会費
  • ETCカードの年会費
  • ETCカード発行手数料

年会費無料のクレジットカードも多くありますが、基本的にはゴールドカード、プラチナカードとステータスが高くなるほどクレジットカードの年会費も高くなります。

ETCカードの年会費は500円が一般的で、ETCカード発行手数料(新規発行時)は1,000円ですが、いずれも無料になるクレジットカードもあります。

紛失などで再発行すると1,000円の再発行手数料が発生することもあります。

ETCパーソナルカードの場合

「ETCパーソナルカード」の場合は次のような費用がかかります。

  • 年会費
  • デポジット

「ETCパーソナルカード」の年会費は1,143円という半端な金額です。

デポジットが必要?

ETCパーソナルカードの場合は、年会費の他にデポジットと呼ばれる保証金が必要になります。

事前にお金を預けるデポジットの仕組みがあるため審査なしで発行できるということですね。

必要なデポジットの金額は有料道路の月額平均料金によって変動します。

例えば以下のように変動します。

月額平均料金5,000円(デポジット額20,000円)
月額平均料金10,000円(デポジット額40,000円)
月額平均料金15,000円(デポジット額60,000円)
月額平均料金20,000円(デポジット額80,000円)

デポジットの注意点

月額平均料金×4=デポジット額となりますが、5,000単位で切り上げ計算される点には注意が必要です。

たとえば月額平均料金が8,000円や9,000円だった場合は10,000円に切り上げられるため、デポジット額は40,000円となります。

そして、「利用できるのはデポジット額に対し80%まで」という点も気を付けておきたい点です。80%を越えると利用停止されるので、有料道路を頻繁に利用する方はデポジットの追加が必要になることがあります。

デポジットの増額は基本的に20,000円単位なので、お金が足りない時は困りますよね。

デポジット額はあくまで保証金であり、有料道路の利用料金は別途用意が必要です。

ETCカードはクレジットカードに付随させて作りたい

ETCパーソナルカードはやはり、デポジット等のデメリットが気になりますよね。ETCカードはできる限りクレジットカードに付随させたほうが便利と言えるでしょう。

クレジットカードと一緒にETCカードを発行する場合、選び方次第ではお得になります。

クレジットカードと同時に作れば発行手数料や年会費無料のカードを選べる

クレジットカードに付随させる場合、ETCカードの年会費や発行手数料が気になるところです。しかし「クレジットカードと一緒に発行する」方法であれば、年会費や発行手数料無料のものを選ぶことが可能です。

「ETCパーソナルカード」でかかる費用を節約したい時にも便利な方法ですね。

クレジットカード同様に利用ごとにポイントが貯まる

クレジットカードの大きな魅力の一つに「ポイント還元」もあります。貯めたポイントを商品に購入したり、マイルに交換して家族旅行に出かけたり…貯める楽しさもありますよね。

基本的にはクレジットカードの利用代金に応じたポイントが貯まりますが、中には追加発行したETCカードの利用でもポイントが貯まるクレジットカードもあります。

ETCパーソナルカードではポイントも貯まらないので、有料道路の利用料金をなるべく節約したい方にもおすすめです。

年会費無料ETCカードの選び方

クレジットカードから追加発行すると、年会費無料でETCカードを持つこともできます。

その際、選び方(選ぶポイント)がいくつかあるのでまとめてみましょう。

年会費無料や発行手数料の無料条件をチェック

クレジットカードに付随させる場合、「ETCカード年会費が完全無料」のものと「ETCカード年会費が条件付きで無料」のものがあります。

前者であればETCカードを作成するだけ、無条件で年会費負担をゼロにできます。たとえばETCカードの年会費も発行手数料も無料の「セブンカードプラス」等が該当しますね。

後者の場合は、特定の条件を満たした場合のみETCカードの年会費が無料になります。

条件はクレジットカードによって異なりますが、例えば三井住友VISAクラシックカードの場合は以下のような条件があります。

  • ETCカード初年度年会費無料
  • 次年度以降は500円の年会費
  • 年1回以上のETC利用で次年度からも年会費無料

その他にも、たとえば「楽天カード」は楽天会員ランクによって年会費が無料になります。

所有クレジットカードで費用がかかるなら新たに年会費無料ものを

既にクレジットカードを所有していても、ETCカードの追加発行やカードによっては一体型への切り替えもできます。

切り替えや追加発行をするとETCカードの年会費や発行手数料がかかる場合は、クレジットカードの新規作成もおすすめです。

二枚目以降のカードは年会費無料で、ETCカードの年会費もかからないクレジットカードであれば損はないですね。

クレジットカードのポイント還元率が高いカードを選ぶとお得

基本的には、ETCカードの利用でもクレジットカードでのショッピングも同じ還元率でポイントが貯まるケースが多いです。

例えば楽天カードは通常100円のお買い物につき1ポイント貯まりますが、楽天ETCカードの利用でも100円につき1ポイント貯まります。

ETCカードだからといってポイント還元率の低下がないなら、新規作成する時はなるべくポイント還元率の高いものがオトクかもしれませんよ。

クレジットカードの特典は利用価値が高いか?に注目

ポイント還元の他に大きな魅力と言えば、クレジットカードに付いている特典ですよね。特典によってはポイント還元を上回るメリットがありますが、利用価値のない特典では意味がありません。

自分にとって利用価値のある特典の付いたクレジットカードを選ぶのがおすすめです。

たとえば、

  • 主婦の方は良く利用するスーパーや百貨店での割引
  • 旅行好きな方は国内/海外旅行傷害保険付帯
  • グルメ好きな方は飲食店での割引
  • 子どもが居る方はレジャー施設での割引など

などなど、自分のライフスタイルに合わせて選ぶことが大切です。

ETCカードの年会費&発行手数料も無料のおすすめクレジットカード4選

それでは最後に、ETCカードを年会費&発行手数料無料で発行できるおすすめクレジットカードをご紹介します。

ETCカードの年会費が無料なだけではなく、下記いずれかの条件も満たした4枚をピックアップしました。

  • 本カード自体も年会費無料
  • ポイント還元率が高い/付帯サービスが良い

リクルートカード

リクルートカード

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard
年会費無料のカードの中でメインカード候補No1との呼び声が高い。どこで使っても高還元率でポイントが貯まる。例えば、10,000円分買い物をした場合、120円分のポイントが還元、それを元に買い物などに使えて毎日のお財布に嬉しい。リクルートのネットサービスを利用すればさらに最大で4.2%還元。衣食住全ての分野でポイントが貯まる。Pontaポイントに交換も可能、コンビニの買い物に嬉しい。
今なら最大6,000ポイントプレゼント!
ポイント還元率1.2%
ポイントプログラムリクルートポイント
国際ブランドVISA/MasterCard/JCB
追加カードETCカード/家族カード
付帯保険国内/海外旅行傷害保険/ショッピング保険
付帯サービス「ポンパレモール」でポイント還元率4.2%以上

リクルートカードのメリット

「リクルートカード」の大きなメリットと言えば、年会費無料カードの中でもトップクラスのポイント還元率の高さです。

常時1.2%の高還元、さらに国内外の旅行損害保険も付いていて、国際ブランドも3種類から選べるハイスペックカードですね。

エポスカード

エポスカード

  • VISA
マルイやモディで年4回開催される「マルコとマルオの7日間」で、ほとんどの商品を10%OFFで購入可能。レストランやカラオケ、遊園地など、優待店舗は国内に7,000以上ありどんどんポイントが貯まる。年会費無料なのに海外旅行保険が自動付帯。適用も広く、傷害死亡・後遺障害、傷害治療費用、疾病治療費用、賠償責任、救援者費用、携行品損害など安心できる。貯まったポイントは、他社ポイントに移行できたりギフト券などに交換ができる柔軟さ。
今なら最大8,000ポイントプレゼント!
ポイント還元率0.50%
ポイントプログラムエポスポイント
国際ブランドVISA
追加カードETCカード
付帯保険海外旅行傷害保険(会員限定保険オプション)
付帯サービス飲食店での割引や特典/レジャー施設で割引/レンタカーで割引/「たまるマーケット」で最大ポイント30倍など

エポスカードのメリット

マルイでは年4回開催されている「マルコとマルオの7日間」の期間中、エポスカードでお買い物すると10%オフになる等のメリットがあります。

最短即日発行にも対応しているので、急いでクレジットカードを作りたいときにも検討する価値ありですね。

JCB CARD W

JCBカードW

  • JCB
申し込み時に39歳以下であれば、年会費永年無料の嬉しい一枚。Webから即申し込み、最短3日のスピード発行も可能。ETCカードも家族カードも年会費無料。女性に嬉しい「JCB CARD W plus L」も。高いポイント還元率とバランスの良さ、そして数々のJCB特典。学生や20代、30代の方には非常におすすめできるクレジットカード。
今なら最大11,000円分のJCBギフトカード&キャッシュバック!
ポイント還元率1.0%
ポイントプログラムOki Dokiポイント
国際ブランドJCB
追加カードETCカード/家族カード/QUICPay
付帯保険海外旅行傷害保険/ショッピングガード保険(海外)
付帯サービスJCBオリジナルシリーズパートナー/「Oki Doki ランド」で最大ポイント20倍

JCB CARD Wのメリット

18歳から39歳まで、年齢を限定しているのが「JCB CARD W」です。学生のうちにクレジットカード作成したい方にもおすすめですね。

Oki Dokiポイントは通常1,000円につき1ポイント(5円分)の付与ですが、JCB CARD Wは常時ポイント2倍なので1.0%の高還元率を誇ります。

電子マネー・QUICPayへのチャージでもポイントが貯まるという点も嬉しいポイントですね。

Orico Card THE POINT

オリコカードザポイント

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard
年会費無料&ポイント高還元率カードとして有名なクレジットカード。入会後6ヵ月間は驚異の還元率2%。貯まったオリコポイントは500ポイントから他社ポイントやギフト券にリアルタイム交換。後払い方式の電子マネー「iD」と「QUICPay」をダブル搭載しており、コンビニなど少額の買い物も簡単&スピーディに。Amazonなどのネットショッピングにも強く、買い物で効率的にポイントを貯めたい人におすすめのクレジットカード。
今なら最大8,000ポイントプレゼント!
ポイント還元率1.0%
ポイントプログラムオリコポイント
国際ブランドMasterCard/JCB
追加カードETCカード/家族カード
付帯保険なし
付帯サービス紛失盗難保障/国内外のトラベルサポート/「オリコモール」でポイント特別加算

Orico Card THE POINTのメリット

高還元率カードとして名を馳せるオリコカードザポイントは、常時ポイント還元率1.0%です。さらに入会6か月間はポイント還元率2.0%まで上がります。

「iD」「QUICPay」をダブル搭載しているので、電子マネーを使いこなしたい方にもおすすめの一枚です。

まとめ

いかがでしたか?今回はETCカードの基礎知識や年会費&発行手数料でETCカードを発行できるおすすめクレジットカード4選などをご紹介しました。

いくつかあるETCカード発行方法のうち、クレジットカードに付随させる方法が一般的でやはり便利ですね。

選び方次第では年会費や発行手数料の負担もなく、さらにポイント還元や特典まで受けられますよ。

このページの目次