クレジットカードの家族カードはかなりお得!?発行するメリット&デメリット、注意点を徹底解説

クレジットカードの家族カードはかなりお得!?発行するメリット&デメリット、注意点を徹底解説

ざっくり言うと
  • 家族カードは基本的に家族会員への審査はなく、クレヒスも本会員が育つ。
  • 本会員と同様のサービスを受けられ(カードによって一部を除く)、年会費はかなり優遇されるケースが多い。
  • 利用限度額や引き落とし口座も基本的に本会員に基づくため、家族間で使用ルールを決めることが大切。

多くのクレジットカードは、本カードの他に家族用の「家族カード」も追加発行できます。

家族カードを作ったことがある人からすれば大したことではありませんが、知らない人も多いでしょう。

そこで今回は、家族カードについて分かりやすく解説していきます。

家族カードのメリット・デメリットや注意点、家族カードがお得なクレジットカードなどをご紹介しますので、家族カードについてあまり知らない方は読んでみてください。

クレジットカードの家族カードとは?

本カードは本会員に発行されるもの、家族カードは本会員の家族に発行されるもの。クレジットカードを使えるのは本人だけ、家族間でも貸し借りしてはいけません。

しかし本会員が家族に一緒についていき、店頭のレジにてクレジットカード払いするのでは面倒ですよね。

そんな家族でも便利に使えるよう発行しているのが家族カードです。

家族カードは基本審査なしで追加で作れるクレジットカード

家族カードを追加しなくても、家族一人ひとりがクレジットカードを発行すれば良いと考える方もいると思います。しかし、当然クレジットカードの発行には入会審査に合格することが必要です。

審査では支払い能力や信用力をチェックして一定以上の基準を満たしていれば通過しますが、携帯料金やローンの延滞、あるいは専業主婦など収入がなく審査に通らないケースも多いです。

家族への審査を行わない家族カード

そんな場合でも、家族カードの場合は基本的には家族会員への審査はありません。本会員が審査に合格していれば、専業主婦でも家族カードが発行されることが多いのです。

本来であればクレジットカードを持つのが難しい方でも家族カードなら持てる可能性が高いと言えます。

たとえば4人家族の場合、本カード1枚+家族カード3枚発行すれば家族全員が使えるようになりますね。

家族カードの発行にも条件がある

家族カードは家族会員への審査がないとはいえ無条件に発行できるわけではなく、下記のような一定の条件を満たす必要があります。

同一生計の家族

クレジットカードによって条件が異なりますが、基本的に家族カードを発行できるのは本会員と同一生計の家族のみ(配偶者/両親/子ども)です。

家族が収入を得て独立している場合は、同居していても同一生計とは呼びませんので注意しましょう。

満18歳以上

クレジットカードは基本的に満18歳以上という年齢制限がありますが、これは家族カードでも同じ。同一生計の子どもでも年齢条件を満たさない時は家族カードの発行が受けられません。

満18歳以上でも高校生の場合は家族カードを発行しないクレジットカードもあります。申込む前に家族カードの発行条件を確認しておきましょう。

家族カードの作り方

基本となる家族カードの作り方を見てみましょう。

クレジットカードによって異なるためあくまで「基本」となります。

本カード申込み時に家族カードも発行

最も楽なのは本カード申込み時に家族カードも一緒に申込みする方法です。これから発行する場合に限られますが、ついでに申し込めるので簡単です。

最近はインターネットの普及により、オンライン入会できるクレジットカードも多いですよね。

オンライン入会時の注意点

クレジットカードによって異なりますが、オンライン入会時に家族カードを発行できるのは一枚だけという場合もあります。

その場合、二人以上の家族カードを同時に申込むには入会申込書が必要です。

家族カードの発行も視野に入れて新しくカードを発行する場合は、家族カードの特典等も考慮して選ぶのがおすすめです。

追加で家族カードを発行する

既に所有しているクレジットカードの家族カードを発行したい場合は、追加発行の手続きを行なうことで発行できます。

クレジットカードによって方法は異なるので、公式サイトを確認するか電話やメールで問い合わせてみましょう。

たとえば三井住友カードではインターネットサービス「Vpass」より家族カードの追加発行手続きが行えます。

  1. 「Vpass」にアクセスしてログインする
  2. 追加したい家族カードを選ぶ
  3. 家族の情報を入力する
  4. 審査開始(本会員対象)
  5. 審査合格
  6. 家族カード発行
  7. 自宅へお届け(申し込み~発送まで3営業日が目安)

家族カードを発行するメリット

「家族一人ひとりがクレジットカードを発行できない=家族カードを発行」というのはあくまで家族カードを発行するきっかけです。

家族カードには審査という点以外にも別の大きなメリットがあります。

家族カードは年会費が優遇されている

クレジットカードを選ぶ時、当然ながら年会費も気になりますよね。

クレジットカードを年会費で考えると以下の3パターンに分けられます。

  1. 年会費無料
  2. 条件付きで年会費優遇または無料
  3. 年会費有料

本カードが年会費無料であれば家族カードも年会費無料となるのが一般的ですが、年会費有料の本カードは家族カードも年会費有料になることがあります。

しかし、家族カードの年会費は非常に優遇されているケースが多く、本カードの年会費よりも安くなることが多いです。

楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードの場合

例えば楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードでは次のような年会費となります。

  • 楽天ゴールドカード:本会員2,000円/家族会員500円(税抜)
  • 楽天プレミアムカード:本会員10,000円/家族会員500円(税抜)

家族3人が別々に楽天ゴールドカードを所有すると、合計で年間6,000円の年会費が必要になります。プレミアムカードなら30,000円ですね。

ところが一人が本会員で残り二人が家族会員だと2,000円+1,000円=3,000円と半分の年会費で済むのです。

年会費の高い楽天プレミアムカードでは10,000+1,000円=11,000円と、さらに節約効果が上がりますね。

年会費無料でステータスの高い家族カードを持てる

中には年会費無料で家族カードを発行するステータスの高いクレジットカードもあります。

例えばANAダイナース スーパーフライヤーズ プレミアムカードは本会員155,000円の超ハイステータスカードですが、家族カードは年会費無料です。

本カードの付帯サービスや特典が受けられる

クレジットカードの大きな魅力と言えば、付帯サービスや特典。基本的に年会費の高いクレジットカードほど付帯サービスや特典が充実していきます。

家族カードの嬉しいところは、優遇された年会費で本カードと同等のサービスや特典が受けられる点にあります。

クレジットカードには大まかに次のようなランクがありますが、家族カードはグレードの高いカードほどお得感が強くなる傾向があると言えるでしょう。

  • 一般カード(年会費無料または安いもの)
  • ゴールドカード
  • プラチナカード
  • ブラックカード

本カードと同等の海外旅行傷害保険

プラチナカードやブラックカードといったステータスの高いカードは、家族カードでも受けられるサービスや特典も大きいです。

もちろん家族で海外旅行に行った時の「海外旅行傷害保険」も該当します。

たとえばブラックカードとして有名なダイナースクラブ プレミアムカードでは最高1億円の「海外旅行傷害保険」が付帯されていますが、この補償は本会員はもちろん、家族会員も対象になります。

家族会員でも本会員と同じ補償限度額、自動付帯となっており、家族カードを発行するメリットが非常に大きくなっています。

一部受けられない特典あり

ただし、クレジットカードによっては家族会員は適用外になる特典もあるため注意が必要です。

家族カードで受けられる特典はクレジットカードごとに異なるので、事前にしっかりと調べておきましょう。

ポイントを合算して貯められる

クレジットカードと言えば、特典の他にもポイントプログラムは大きな魅力ですよね。ポイントやマイルを貯める目的でクレジットカードを持つ方も多いのではないでしょうか。

一般的には、家族カードのポイント分は本カードに合算して貯まる仕組みになっています。

家族カードを積極的に活用すれば本会員一人だけよりも、より効率よくポイントが貯まるようになります。

家族共有でポイントを貯めて、貯まったらマイルへ交換して家族旅行…というのもスマートな使い方ですね。

家族間でポイント移行できるクレジットカードも!

家族会員の利用分も本会員のポイントになるのが一般的ですが、楽天カードのように家族間でポイントを移行できるクレジットカードもあります。

楽天カードの「家族でポイントおまとめサービス」では、本カード⇔家族カード/家族カード⇔家族カード(同一の本カード会員が条件)のようにポイントをまとめることも可能です。

楽天カードにはさまざまな種類がありますが、その多くの下記カードで利用できます。

  • 楽天カード
  • 楽天PINKカード
  • 楽天ANAマイレージクラブカード
  • 楽天プレミアムカード
  • 楽天ゴールドカード
  • 楽天ブラックカード
  • 上記の家族カード


利用状況がわかる

クレジットカードは多くの場合は満18歳以上(高校生を除く)であれば申込みできます。

しかし、満18歳以上20歳以下の未成年に本カードを持たせるのは心配…という親御さんも多いのではないでしょうか。使いすぎて支払いできなくなったら大変です。

そんな親御さんでも家族カードであれば安心ですよね。

家族カードの利用代金は本会員の口座からまとめて引き落としされる仕組みで、利用明細を確認すれば利用状況もすぐに分かるため、子どもが親に隠れて高額な利用を続けるという心配が少なくなるというメリットもあります。

家族カードのデメリットや注意点

年会費も優遇され、本会員同様の付帯サービスも受けられ、ポイントも家族で貯めやすい「家族カード」。

一見メリットだらけのように思えますが、パーフェクトではありません。やはりいくつかのデメリットはあります。

発行後に後悔しないよう、事前にデメリットや注意点を良く理解しておきましょう。

利用限度額が合算になってしまう

周知のとおり、クレジットカードには利用限度額という仕組みがあります。カード会員が支払い困難に陥らないよう、カード会社のリスクを抑えるために制限をかけています。

家族カードを発行すると、利用限度額は本会員と家族会員を含めて計算されます。

仮に30万円の利用限度額であれば合計で30万円までなので、本会員が10万円利用した場合は家族会員は20万円までとなります。

本会員が利用限度額一杯まで利用している場合、家族会員は利用できなくなります。逆も然りですね。

利用限度額に余裕がある場合は大きなデメリットではありませんが、そうでない場合は小まめに利用額をチェックして計画的に利用するのがベターです。

引き落とし口座も基本はひとつ

先述したように、家族会員の利用代金は基本的に本会員の口座から引き落としされます。

利用状況が分かりやすいメリットがある反面、家族会員の利用代金が多くなると当然本会員への負担が重くなるデメリットが発生します。

家族会員が勝手に高額な商品を購入し、利用限度額を超えてしまうと本会員は困ってしまいますよね。

そのようなことにならないよう、一カ月に○○円など家族で相談して決めておくと良いでしょう。

家族会員名義の口座は指定できる?

基本的にはカード料金の引き落としは本会員名義の口座のみで、家族名義の口座は指定できません。

ただ、三井住友カードのパーソナルアカウントタイプのように家族会員名義の口座でも指定できるクレジットカードも一部あります。(対象はゴールドカード会員かプラチナカード会員のみ)

家族カードの発行枚数に上限があるクレジットカードも

多くのクレジットカードには家族カードの発行枚数に上限があるため、家族人数が多い方は注意が必要です。

例えばアメリカン・エキスプレス・カードの場合、家族カードの発行は6枚までです。

6枚を越えることは少ないと思いますが、クレジットカードによってはもっと少ない場合もあります。

また、「○○枚目以降の家族カードは発行手数料や年会費が多くかかる」といったケースもあるので、しっかりと確認しましょう。

家族カード会員は本人のクレヒスが育たない

家族カード会員の利用分は基本的に本会員のクレヒスとなります。

誠実な利用をしても家族会員のクレヒスは育たず、評価が上がるのは本会員のみ。逆に家族会員の過度な利用などによって延滞をすると、本会員のクレヒスに傷がつくことになります。

毎月きちんと支払いをしていれば育っていくものですが、いったん傷が付くと当分の間は消えないので注意が必要です。

本会員、家族会員ともに、くれぐれも過度な利用には注意しましょう。

家族カードがお得すぎるおすすめクレジットカード3選

家族カードはどの程度お得なのか?どんなクレジットカードの家族カードがお得か?

3種類のカードをピックアップし、家族カードで受けられる恩恵を具体的に見てみましょう。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

  • AMEX
1980年に日本で最初に発行された「ゴールドカード」として知られる「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」。日本国内、海外で大満足の一枚。様々なシーンでVIPの扱いを受け日常を彩る。「レストラン特典」があり、全国約200店の高級レストランを2名以上で予約し、所定のコース料理を食べた場合、1名分のコース料理代金が全額無料になる。「海外旅行傷害保険」は最高補償額が1億円で、「国内旅行傷害保険」も最高5000万円。充実した補償内容、ボリュームある特典に、一般的な「ゴールドカード」と比較にならず、もはやプラチナカード並との呼び声高い。

グリーンカードとも呼ばれるアメリカン・エキスプレス・カードよりもさらにステータスの高いゴールドカードです。

年会費29,000円(税抜)と、一般的なゴールドカードよりも年会費もステータスも高いと言われる一枚ですね。

ところがアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの家族カードの年会費は次のとおりです。

  • 家族カード1枚目(年会費無料)
  • 家族カード2枚目以降(12,000円)

一枚目はなんと無料、2枚目以降であっても本カードの年会費半額以下で追加できます。

プライオリティ・パス

アメックスゴールドには世界中の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」の入会特典がついています。

空港でフライトまでの待ち時間が長いとき、退屈ですよね。そういう時にも非常に便利なサービスです。

通常99ドルの年会費がかかるところ、本会員と家族会員は無料に。さらに1回利用につきかかる27ドルの料金が年2回まで無料になります。

ゴールド・ダイニング by 招待日和

家族で食事を楽しみたい時にお得なのが「ゴールド・ダイニング by 招待日和」。

国内外に約200店舗の対象レストランを2名以上で予約すると1名分無料でコース料理を楽しめるようになります。

利用できる期間と回数は次の通りです。

  • A期間(4月1日から9月30日まで/1回)
  • B期間(10月1日から3月31日まで/1回)

こちらは家族カード会員は適用外となるサービスですが、家族でのお祝い事などにいいですよね。

最高1億円の海外旅行傷害保険

アメックスゴールドは最高1億円という、非常に充実した補償が受けられる海外旅行保険が付帯されています。本会員も家族会員も補償が受けられますが、補償限度額がやや異なるために注意が必要です。

旅行代金をアメックスゴールドカードで支払いした時の本会員と家族会員との違いは次の通りです。

傷害死亡/後遺障害保険金本会員:最高1億円
家族会員:最高5,000万円
傷害治療費用保険金最高300万円
疾病治療費用保険金最高300万円
賠償責任保険金最高4,000万円
携行品損害保険金最高50万円
救援者費用保険金最高400万円

その他の特典

アメックスゴールドは他にも次のようなさまざま特典が付いており、家族カードのお得感が非常に高い一枚と言えますね。

  • スーツケース1個無料で宅配する「手荷物無料宅配サービス」
  • 自宅から空港まで利用できる「エアポート送迎サービス」
  • 駐車料金がお得になる「空港パーキング」
  • 空港での待ち時間を手ぶらで過ごせる「空港クロークサービス」
  • 海外で携帯電話を利用したい時に便利な「海外用レンタル携帯電話サービス」
  • 海外でも日本語対応が受けられる「オーバーシーズ・アシスト」
  • 京都で観光旅行を楽しみたい時にお得な「京都特別観光ラウンジ」
  • クルマを持っていない方に便利な「カーシェアリングサービス」など

※家族会員は適用外というものもあるため、詳しくは公式サイトで確認してください。

MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

  • AMEX
長く使うほどにお得なプレミアムスタープログラムあり、「年会費の支払い」または「1年間のショッピング利用金額(50万円以上)」に応じて★が貯まる。★が5つ貯まれば「ファイブスターメンバー」に。さらに対象者にはプレミアムBONUS(ポイント優遇)が提供される。プレミアムBONUSは、前年1年間のショッピング利用金額が50万円以上の場合に限り、年1回受け取れる超ボーナスポイント。サービス内容は一般カード並みでも良いのでお手頃年会費でゴールドカードを持ちたい人にお勧めの一枚。

MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、アメックスブランドのゴールドカードながらお得な年会費で作成できるのが魅力の一つです。

本会員と家族会員の年会費は次のとおりです。

本会員初年度:無料
次年度以降:1,905円(税抜)
家族会員一枚目:無料/二枚目以降:400円(税抜)

仮に家族5人が全員所有したとしても、本会員1,905円+家族三人分(一人は無料)1,200円=合計3,105円(税抜)となります。

少ない年会費負担でステータスの高いゴールドカードを家族全員で持てるようになりますね。

アメリカン・エキスプレス・コネクト

MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの大きな魅力のひとつが「アメリカン・エキスプレス・コネクト」。これはカード会員向けに特典を紹介しているサイトです。

サイトに用意されている「American Express Invites」では、世界にある400以上の対象レストランにて優待が受けられます。

お祝い事だからレストランで豪華なメニューを楽しみたい!といった時などにお得です。その他にも様々な特典やキャンペーンが用意されていますよ。

初年度ポイント1.5倍/海外ポイント2倍

初年度は通常よりポイント1.5倍、海外でのお買い物では通常よりポイント2倍です。特に海外旅行でのお買い物がお得なゴールドカードと言えるでしょう。

その他にも「プレミアムスタープログラム」「グローバルPLUS」「アニバーサリーポイント」などポイントが貯まりやすい特典があります。

ANA ワイドゴールドカード

ANA ワイドゴールドカード

  • VISA
  • MasterCard
入会・継続時に2,000マイル付与。搭乗ごと:区間基本マイレージの+25%。ポイント移行で貯まるマイルとフライトや提携店でのショッピング利用で100円毎に1マイル貯まる。Edyチャージ(200円=1マイル)&Edyでの支払い(200円=1マイル)でも貯まる。エネオスやセブンイレブン、イトーヨカードなどを利用すると還元率がさらに上がる。

ANA ワイドゴールドカードはVISA、MasterCard、JCBの国際ブランドが用意されていて、国際ブランドによって若干サービス内容が異なります。(今回はVISAで説明します)

クレジットカード機能+ANAマイレージクラブカード+電子マネーのEdy/iDが一枚になっているため、ANAマイルを貯めたい方や電子マネーを使いたい方にも非常に便利なカードです。

本会員と家族会員の年会費は次のとおりですが、どちらも年会費の割引特典などもあります。詳しくは公式サイトをチェックしてみてください。

本会員14,000円(税抜)
家族会員4,000円(税抜)

空港ラウンジサービス

ANA ワイドゴールドカードには「空港ラウンジサービス」の特典が付いています。(プライオリティ・パスはつきません)

新千歳から那覇まで国内主要空港にある「空港ラウンジ」が無料なので、ドリンクでも飲みながら次のフライトまでのんびり過ごしたい時に便利です。

ドクターコール24

体の調子が悪い、あるいは怪我をしてしまったけど深夜だから病院が開いていない…そんなときもありますよね。

ANA ワイドゴールドカードの付帯サービス「ドクターコール24」なら、医師や看護師、保健師などの資格を持ったスタッフに24時間いつでも相談することが可能です。

気になる症状があるがどんな病気なのか知りたい、怪我したけど自分で処置する方法が分からない時にも便利ですね。

最高5,000万円の海外旅行傷害保険

ANA ワイドゴールドカードには最高5,000万円の海外旅行傷害保険が付帯されています。

家族会員も補償の対象になるだけでなく、家族特約が付帯されているため会員ではない家族でも補償の対象になります。

本カードや家族カードの発行ができない家族でも安心して海外旅行に出発できるようになりますね。

ただし家族特約の補償限度額は低めの設定なので注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか?今回は家族カードの特徴やメリット・デメリット、そして家族カードがお得なクレジットカードをご紹介しました。

最後にもう一度、家族カードに関する要点をおさらいしておきましょう。

  • 基本的には家族への審査はない
  • 本カード申込み時と追加発行、2通りの作り方がある
  • 家族カードは年会費が優遇されるケースが多い
  • 家族カードは基本的に本カードと同等のサービスや特典が受けられる
  • ポイントは本カードに合算される
  • 利用限度額も合算されるので注意
  • 大抵の場合、発行枚数には上限がある
  • 家族カードを利用しても家族会員のクレヒスは育たない

非常に便利でお得な家族カードですが、デメリットもゼロではありません。(特に限度額など)

家族で使用ルールを決め、計画的にかしこく利用しましょう。

このページの目次