2,000人に聞いたクレカランキング!
461

みずほ銀行ユーザー必見!みずほJCBデビットの概要&スマホ決済の方法を徹底解説

みずほ銀行では「みずほJCBデビット」というデビットカードを取り扱っているのをご存知ですか?

  • みずほ銀行口座はあるけどJCBデビットは持っていない
  • クレジットカードは分かるけどデビットカードって何

今回は上記のような方に向けて、みずほJCBデビットの特徴や便利な使い方、注意点についてまとめました。

そもそもデビットカードってどんなカード?

みずほJCBデビットをご紹介する前に、デビットカードの特徴を知っていますか?(知っている方はここまでスキップしてください)

  • デビットカードって聞いたことあるけどクレカとどう違うの?
  • デビットカードってプリペイドカードみたいなもの?

上記のような方も多いと思いますので、まずはデビットカードの概要を触れておきます。

デビットカード=銀行と紐づいた決済カード

クレジットカードはご存知のとおり、利用代金の引き落とし(実際の支払い)は翌月等の支払い日ですよね。

利用代金はカード会社が立て替えてくれて、会員はショップではなくカード会社に支払いする仕組みになっています。

デビットカードの場合は、利用代金は銀行口座より即座に全額引き落としになるのです。

利用できる金額の考え方も下記のように異なります。

クレジットカード利用可能枠の範囲内
デビットカード紐づいた銀行口座の預金残高分

たとえば銀行口座に30万円の預金があれば、デビットカードを利用できる上限は30万円までとなります。銀行口座の預金残高を越える利用はできないので、クレジットカードでは使い過ぎるかも…という心配がある方にも向いています。

国際ブランド付きで使い方はクレジットカードと一緒

デビットカードもクレジットカードと同様、VISAやMasterCard、JCBといった国際ブランドが付いており、基本的には世界中の加盟店でカード決済が可能です。

実店舗でお支払いする時はサイン、または暗証番号の入力が必要ですが、ネット通販ではデビットカード情報の入力を行なうだけなので簡単ですね。

デビットカードとプリペイドカードは別物!
デビットカードとプリペイドカードを混同してしまっている方が時々いますが、プリペイドはPre-Paid(先払い)に対し、デビットカードは銀行口座から即座に支払われます。クレジットカードは後払いですね。
あわせて読みたい
プリペイドカードおすすめ12選!国際ブランド付きプリカはクレジットカードみた...プリペイドカードおすすめ12選!国際ブランド付きプリカはクレジットカードみた...
クレジットカードを発行できない、カードの利用額が埋まってしまったけどどうしてもカード決済が必要、そんな時にも便利なのが「プリペイドカード」。予め決めた金額をチャージするため、「毎月の食費用財布」のような使い方も便利ですよね。今回は無数にあるプリペ...

口座にあるお金を使うから審査の必要もなし

多くの方、特にフリーターの方や学生さん、主婦の方にとってクレジットカードを発行する大きな壁と言えるのが「入会審査」ですよね。

デビットカードは口座の預金を利用するだけなので、発行審査がないのも特徴です。(カード会社からしても貸し倒れのリスクがないため)

また、クレジットカードは基本的に「高校生を除く18歳以上」でないと発行できませんが、デビットカードは「中学生を除く15歳以上」のものも多くあります。

  • クレジットカードの審査が通らない方
  • 子供にクレジットカードはまだ早い…と考える親御さん

上記のような方にもデビットカードは非常におすすめです。

口座の預金残高を使って、基本的にはクレジットカードと同様に利用できる「デビットカード」。現金を持ち歩きたくない人や海外用の財布として考えても、一枚持っておいて損はないカードですね。

あわせて読みたい
デビットカードは審査不要!クレカとの違いやメリット&デメリットを解説!デビットカードは審査不要!クレカとの違いやメリット&デメリットを解説!
デビットカードって、どんなものかご存知ですか?たまにテレビCM等で宣伝していますが、何のことかよくわからないと言われる方もいらっしゃるかもしれません。名前は聞いたことあるけど仕組みは分からないデビットカードは知ってるけど持っていないクレジットカード...
あわせて読みたい
クレジットカードの審査に落ちる7つの理由、再申し込みのコツクレジットカードの審査に落ちる7つの理由、再申し込みのコツ
クレジットカードって本当に便利ですよね。国内外問わず、実店舗のショッピングや飲食で活躍ネットショッピングもクレジットカードさえあれば楽々決済公共料金や携帯料金も自動引き落としでストレスフリーポイントも貯まってお得旅行保険の付帯やキャッシングなども…...

みずほJCBデビットの特徴まとめ

それではここからはみずほ銀行で取り扱っている「みずほJCBデビット」について詳しく見ていきましょう。

みずほ銀行に口座を持っている方、必見ですよ!

みずほJCBデビットの基本情報

まずは「みずほJCBデビット」の基本情報をかんたんにまとめました。

国際ブランドJCB
年会費初年度無料
2年目以降1,000円(税抜)
(2年目以降は年一回以上の利用で無料)
付帯保険国内、海外旅行傷害保険/ショッピングガード保険
家族カードなし
還元率(利用代金)0.2%

国際ブランドはJCBのみなので、アジア圏やグアム、ハワイ以外の海外では使えない場合もあります。

また、クレジットカードのような家族カードはないので、みずほJCBデビットはあくまで本人用と考えておきましょう。

現金と同じ感覚で使ってもキャッシュバック制度あり!

クレジットカードでは貯めたポイントを商品などに交換できることが多いですよね。

みずほJCBデビットにはポイントプログラムはありませんが、利用代金の0.2%をキャッシュバックしてくれる仕組みがあります。

例えばみずほJCBデビットで10万円利用した場合、0.2%である200円がキャッシュバックされるということですね。

わずかなパーセントのキャッシュバックではありますが、キャッシュバックのない現金払いよりはオトクです。

あわせて読みたい
高還元率クレジットカードでポイントざくざく貯める!7つの心構え(2018年版)高還元率クレジットカードでポイントざくざく貯める!7つの心構え(2018年版)
クレジットカードでポイントを効率よく貯める!7つの心構えANAやJALのマイルであっても、だれもが耳にしたことのある共通ポイントであっても、より効率よく貯めるならクレジットカードはマストアイテムです。しかしただ闇雲にクレジットカードを利用すればポイント...

十分すぎる付帯保険

みずほJCBデビットの大きなメリットは、デビットカードそのものの利便性に加えて「付帯保険」にもあります。

国内・海外旅行傷害保険

年会費無料のクレジットカードでは保険が付帯されていない、あるいは補償限度額が低い場合が多いです。

みずほJCBデビットはデビットカードにも関わらず、付帯されている国内・海外旅行傷害保険ともに高めの補償限度額となっています。

国内旅行傷害保険
傷害死亡/後遺障害最高3,000万円
海外旅行傷害保険
傷害死亡/後遺障害最高3,000万円
傷害治療費用100万円限度
疾病治療費用100万円限度
賠償責任2,000万円限度
携行品損害年間100万円/1旅行20万円(自己負担1事故3,000円)
救援者費用100万円限度
あわせて読みたい
クレジットカードの海外旅行保険ってどんな補償?保険会社との違いを徹底解説!クレジットカードの海外旅行保険ってどんな補償?保険会社との違いを徹底解説!
海外旅行などに行くとき、旅行保険をどうするか悩んだ経験はありませんか?怪我も病気もきっとしないだろう…と思う反面、慣れない食事や時差ボケが原因で体調を崩したり怪我をしたりするかもしれない…という心配も付き物ですよね。何も起こらないことに越したことは...

ショッピングガード保険

みずほJCBデビットは通称「お買い物保険」、以下のようなショッピングガード保険も付帯されています。

  • 補償対象の品物:「みずほJCBデビット」で購入した品物(海外)
  • 補償対象の事故:品物の破損や盗難など
  • 補償期間:購入日より90日間
  • 補償限度額:年間最高100万円(自己負担1事故1万円)

一般的にデビットカードはクレジットカードと比べて付帯保険が弱いイメージがありますが、みずほJCBデビットには十分すぎる保険が付帯されていると言えますね。

月1回以上使えば4つの「無料」特典あり!

みずほ銀行には「みずほマイレージクラブ」というサービスがあるのをご存知ですか?

みずほJCBデビットを月1回以上利用することで、「みずほマイレージクラブ」が用意する4つの無料特典を受けることが可能です。

それぞれまとめてみましょう。

1.みずほ銀行とイオン銀行ATMの時間外手数料が無料

一つは、みずほ銀行ATMとイオン銀行ATMの時間外手数料が無料になる特典です。

みずほ銀行ユーザーの方がみずほ銀行ATM、またはイオン銀行ATMを平日に利用すると、通常は次のような手数料が発生します。

0時から8時まで200円(税抜)
8時から8時45分まで100円(税抜)
18時から23時まで100円(税抜)
23時から24時まで200円(税抜)

なるべくATM利用手数料が無料になる「平日8時45分から18時までの時間帯」で取引したいところですが、仕事があるとなかなか難しい場合もありますよね。

一回は少ない金額ですが、200円の時間帯に10回取引するとトータルで2,000円(税抜)にもなる計算です。

そんな場合でも「みずほJCBデビット」があればATMの時間外手数料が無料になります。

2.コンビニATM手数料も月4回まで無料

みずほ銀行ではイーネット/ローソン/セブン銀行のコンビニATMと提携しているので、わざわざ銀行まで行くのが面倒な時にはコンビニATMでお金を下ろす方も多いのではないでしょうか?

しかし、たとえばセブン銀行ATMを利用する場合は100円または200円(税抜)の利用手数料が発生します。

「みずほJCBデビット」を月に一回以上利用すれば、コンビニATMの利用手数料が4回まで無料になります。

ただし月4回以上コンビニATMにて取引すると所定の利用手数料が発生するため、取引回数の多い方は注意して下さいね。

3.振込手数料も無料になる優遇

3つ目は、「みずほ銀行本支店宛ての振込み手数料が無料になる特典」です。振込み手数料が無料になる対象は次のとおり。

  • みずほ銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • みずほダイレクト

通常はみずほ銀行本支店宛てに振込む場合、税抜100円~500円の振込み手数料が発生するので、振り込み回数の多いみずほ銀行ユーザーにとってはありがたい特典と言えますね。

さらに、下記それぞれの条件に応じて他行宛ての振込み手数料も月1回または月4回まで無料になりますよ。

「月1回の条件」

  • みずほ銀行/みずほ証券のNISA口座を保有(つみたてNISA口座も可)
  • みずほ銀行/みずほ信託銀行の対象預金商品にて月末合計残高および、みずほ銀行/みずほ証券の対象商品にて月末合計残高50万円以上

「月4回の条件」

  • みずほ銀行/みずほ信託銀行/みずほ証券の対象資産運用商品にて月末残高
  • みずほ銀行の借入月末残高
  • みずほ銀行/みずほ信託銀行の対象預金商品にて月末合計残高および、みずほ銀行/みずほ証券の対象商品にて月末合計残高500万円以上
  • みずほマイレージクラブカード、またはみずほJCBデビットにて年間100万円以上利用

注意
口座への入金が確認できなかった場合でも、他行宛ての振込みとして1回分消費してしまうので注意して下さい。他行へ振込みする場合は間違いがないように手続きして下さいね。

4.カード発行手数料も無料

4つ目は「カード発行手数料が無料になる特典」です。

みずほ銀行では次のような場合に、カード発行手数料1,000円(税抜)が発生します。

  • みずほマイレージクラブ入会時に生体認証機能付きICキャッシュカードを発行して貰う時
  • みずほマイレージクラブ入会後、カードタイプに切り替えする時
  • みずほマイレージクラブ入会後、カード紛失などの理由で再発行して貰う時

カード発行手数料は何度も発生する負担ではありませんが、1,000円の負担が0円になるのは嬉しいのですね。

年会費有料のクレジットカード並の付帯保険がある「みずほJCBデビット」。年一回以上の利用で年会費無料、さらに月一回以上の利用でATMの時間外手数料が無料になるなどの特典もあります。

みずほJCBデビットはスマホアプリ「みずほWallet」に登録でさらに便利に!

みずほJCBデビットが便利でお得になる特典があるとは言っても、カード決済自体が面倒だな…という人もいるかもしれません。

そんな方でも、スマホ決済アプリ「みずほWallet」と「みずほJCBデビット」の連動で楽々決済できます!

注意
2018年7月執筆現在、みずほWalletアプリはAndroid版のみです。デビットカードは原則Apple Payに登録できないので、iPhoneユーザーの方はみずほJCBデビットをカードとしてしか使えません。

支払いもスマホで楽々

最近は徐々にですがキャッシュレス社会化も進み、日常的にスマホ決済を使う人も増えています。

あわせて読みたい
キャッシュレス生活がオトクでおすすめ!4つのやり方+使いやすいクレジットカー...キャッシュレス生活がオトクでおすすめ!4つのやり方+使いやすいクレジットカー...
キャッシュレス。すなわち、現金を使わない決済手段。「難しそう」「面倒くさそう」「種類が多くて分からない」と思う方も多いでしょう。それもそのはず、日本はキャッシュレスの決済手段の種類自体は世界有数と言われています。でも実は、ちょっとしたポイントを押...

特にコンビニや自動販売機などの少額決済では非常に便利ですが、おサイフケータイ、Apple Pay、Google Pay…いろいろあってややこしいですよね。

そんな方も「みずほWallet(アプリ)」に「みずほJCBデビット(カード)」を登録すれば意外と簡単にスマホ決済を導入できるのでおすすめですよ!

スマホの画面がスマートデビットと呼ばれるバーチャルカードになるので、プラスチックの実物カードを持ち歩く手間もかかりません。

MEMO
ここではApple PayやGoogle Payの解説は割愛しますので、興味がある方は下記記事をご覧ください。

あわせて読みたい
Google Payってどんな機能?Apple payやおさいふケータイと徹底比較と今後の展望Google Payってどんな機能?Apple payやおさいふケータイと徹底比較と今後の展望
近頃では現金払いの他、クレジットカードや電子マネーなどの支払い方法に対応している店舗が増えていますよね。そんな支払い方法の一つとして注目されているのが電子マネー決済などができるGoogle Pay。最近では「これからのお財布」という売り文句ののCMをYouTubeで...

みずほJCBデビットの登録方法

みずほWalletへみずほJCBデビットを登録する手順は以下のとおりです。一度登録しておけば、カード情報やスマホが変わらない限りは楽々スマホ決済できますよ!

  1. 「みずほWallet」アプリを起動する
  2. 「いますぐみずほWalletをはじめる」をタップする
  3. 「みずほJCBデビットをお持ちの方はこちら」をタップする
  4. アカウント情報を登録する
  5. 「みずほJCBデビット」のカード情報を入力する
  6. 3つの本人確認方法より都合の良いものを選択する
  7. 本人確認が済み次第、「みずほJCBデビット」の登録終了

これで、銀行口座のお金がスマホを通してワンタッチで使えるようになります。便利ですね。

みずほWalletはQUICPayに対応しているので、みずほJCBデビットの登録が完了したら下記の「QUICPayマーク」のある加盟店でスマホ決済できます。

QUICPayのロゴマーク

使い方も簡単で、店員さんに「クイックペイで支払いたい」と伝え、スマホをかざすだけです。後は通常のデビットカード同様、利用代金は銀行口座より引き落としされます。

あわせて読みたい
QUICPayとiDはどっちが良いの?両電子マネーの違いを徹底比較!QUICPayとiDはどっちが良いの?両電子マネーの違いを徹底比較!
かざして「ピッ」。お会計完了。チャージも必要なし。そんな便利な決済を実現できるポストペイ型(後払い方式)の電子マネーの両雄「QUICPay」と「iD」。「QUICPay」はJCBの電子マネーで、「iD」はドコモと三井住友カードが提携して運営している電子マネーです。使え...

利用状況をアプリ内であんしん管理

クレジットカードは多くの場合、利用状況を確認するにはカード会員向けのWEBサービスにログインするのが一般的です。

みずほWalletはアプリでそのまま利用状況が確認できるため、日々の生活の中でサクッと管理できます。

銀行口座から即時決済となるデビットカードでは商品やサービスを利用する前に残高の確認がおすすめです。

みずほWallet スマホでカンタン決済アプリ | みずほ銀行みずほWallet スマホでカンタン決済アプリ | みずほ銀行
スマホをかざすだけでかんたんに決済できる、みずほ銀行が提供するスマホ決済アプリです。つかった分はみずほ銀行口座から即引き落とし。残高確認、引き落とし・振込状況も確認できる!つかった分だけお得なキャッシュバックも。
あわせて読みたい
クレジットカードの管理はスマホアプリが楽!公式・家計簿・決済のおすすめ16アプリクレジットカードの管理はスマホアプリが楽!公式・家計簿・決済のおすすめ16アプリ
日々の生活を便利にお得にしてくれるクレジットカード。しかし、中には「使いすぎてしまった」「節約がなかなかできない」など、クレジットカードのデメリットをなかなか克服できない方もいるでしょう。そんな時に便利なのが、クレジットカードを管理できるスマホア...

みずほJCBデビット利用時の注意点

年一回以上の利用、つまり普通に使っていれば実質「年会費無料」ながら、充実した付帯保険や0.2%キャッシュバック、さまざまな利用特典のある「みずほJCBデビット」。

非常に便利で人によってはオトクなデビットカードですが、利用する上で注意しておきたいポイントもあります。

みずほJCBデビットを発行して貰う前に注意点についてよく理解しておきましょう。

注意!土日は利用できない時間帯あり!

みずほJCBデビットはあくまで、みずほ銀行の口座に紐づいたデビットカードです。

そのため土日はATM、あるいはカードそのものが利用できない時間帯があります。

みずほ銀行ATM利用不可となる土日の時間帯

土日の22時から24時までの時間帯はみずほ銀行ATMが使えません。

利用頻度の低い時間帯ではありますが、夜遅い時間帯にみずほ銀行ATMにて入出金したい場合は注意が必要です。

みずほJCBデビット利用不可となる土日の時間帯

みずほJCBデビットは、平日であれば24時間いつでも問題なく利用できます。

しかし、土曜日の22時から日曜日の朝8時までの時間帯は利用不可です。(たとえば土曜の深夜にネットショッピングをする場合も決済が通らない可能性があるので注意しましょう。)

その他にも毎月第1土曜日/第4土曜日の3時から5時の時間帯も利用不可となっています。

利用限度額=口座残高ではなく最大額が存在!

デビットカードは基本的には利用可能額=口座残高ですが、みずほJCBデビットには次のような利用限度額があります。

1回50万円
1日50万円
1か月100万円

「利用限度額の初期設定が低い」「都合に合わせて利用限度額を設定したい」場合は、以下のような上限まではあげられます。

1回200万円まで
1日200万円まで
1か月250万円まで

ただし利用限度額を増やしたとしても、当然銀行口座に入金されている分までしか使えないので注意して下さいね。

1年間全く使わないと年会費がかかる場合も……

みずほJCBデビットは以下のいずれかの条件で2年目以降も年会費無料になります。

  • 年齢23歳以下の方
  • 「みずほJCBデビット」年1回以上の利用

24歳以上の方でみずほJCBデビットの利用が年に一度もない場合、年会費1,000円(税抜)が発生するので気を付けましょう。

まとめ

いかがでしたか?今回はみずほJCBデビットの特徴や便利な使い方、注意点についてまとめました。

最後にみずほJCBデビットの主な特徴を簡単にまとめておきましょう。

  • 国内外の加盟店でお支払に使える
  • 利用代金0.2%がキャッシュバックされる
  • デビットカードでも十分な保険が付帯されている
  • みずほマイレージクラブの4つの無料特典を利用できる
  • 初期設定の利用限度額は任意で変更できる
  • 「みずほWallet」と「みずほJCBデビット」を連携させるとスマホ決済ができる


みずほ銀行の口座を持っている方は、作っておくと便利かもしれませんよ!
冒頭写真:lublud on Visualhunt / CC BY-SA
0