空港ラウンジで快適旅!プライオリティーパスの基礎&無料で付くクレジットカード

空港ラウンジで快適旅!プライオリティーパスの基礎&無料で付くクレジットカード

ざっくり言うと
  • 空港ラウンジにはカードラウンジと航空会社のラウンジの2種類があり後者の方が充実したサービスを受けることができる。
  • プライオリティーパスで利用できるのは航空会社のラウンジ。
  • ハイグレードなクレジットカードにはプライオリティーパスがついていることがあり、カードの年会費を払うだけで空港ラウンジを無料で使うことができる。

プライオリティーパスをご存知ですか。

このプライオリティーパスがあれば、世界中の空港ラウンジでフライト前や乗り継ぎの合間にくつろいだり、楽しんだりできるのです。

今回はプライオリティーパスについて詳しくご説明します。

そもそも空港ラウンジって何?

ところで、そもそも空港ラウンジが何であるかご存じでない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

このセクションでは空港ラウンジに付いて詳しく説明します。

空港ラウンジとは?

空港ラウンジは、飛行機の搭乗時間までを快適に過ごすための待合室のことを言います。

通常は、搭乗手続きをしてフライト待ちの方は搭乗口の前のイスで待ちますね。

しかし、ファーストクラスに乗られる方や特別待遇を受けられる方については、別の待合ラウンジというものが用意されているのです。

この空港ラウンジには、ソファーだけでなく、電話機、ファックス、Wi-Fiなどの通信環境の整ったビジネス機器コーナーやデスクなども設けられており、出張の際には効果的に使うこともできます。

また、大きな空港で待ち時間の長い場合に便利なシャワーや仮眠室、マッサージ機器も設置されています。

さらに、ソフトドリンク、茶菓子、アルコール類なども提供されますので、フライトまでの間、ゆったりとリラックスして過ごすことができるのです。

空港ラウンジには二種類ある

この空港ラウンジには、クレジットカード会社などと提携した空港のラウンジ運営会社が提供しているものと航空会社が提供しているものの二種類があります。

両方ともに利用するにはそれぞれの運営している航空会社や運営会社の許可が必要になります。

それだけ、充実したエリート向けのサービスになっているのです。

ゴールドカードで使えるラウンジ

ゴールドカードで使えるラウンジはクレジットカード会社が提携している空港のラウンジ運営会社が提供しているものです。

カードラウンジと呼ばれ、それぞれのメンバー向けに作られたラウンジで、通常は保安検査場の外側に設けられおり非常に簡易的なものとなっています。

  • 航空券とラウンジ利用可能なクレカを持っていれば使える
  • ソフトドリンク飲み放題
  • アルコール類は基本有料(缶ビール1本無料なことはある)
  • 食べ物は基本ないが軽食を販売していることがある
  • シャワールームは基本なく、あっても有料
  • 利用客が多いので時間帯やシーズンにもよるが基本混んでいる

航空会社のラウンジ

航空会社のラウンジは、特定のファーストクラスやビジネスクラスの搭乗者用に設けられたラウンジで、カードラウンジよりも数段上な行き届いたサービスを受けることができます

内装も広々とゆったりしており、ラグジュアリーな雰囲気が味わえます。

  • 航空会社のビジネスクラス航空券か上級会員資格を持っている人、プライオリティーパスを持っている人が利用できる
  • ソフトドリンク、アルコール類が基本飲み放題
  • ビュッフェ形式の軽食が無料で食べられる
  • シャワールームが無料で使える
  • 基本空いており、広々とゆったり使える
  • 保安検査場通過後にあり、搭乗口も近いのでフライト時間ギリギリまで利用できる

MEMO
世界の空港の中には、「VIP空港ラウンジ」と言って保安検査場内に設けられているプライオリティーパスで使えるラウンジもあります。

プライオリティーパスの基礎知識

それでは本題のプライオリティーパスについて詳しくみていきましょう。

プライオリティーパスってなに?

プライオリティーパスはカードラウンジよりもワンランク上のサービスが受けられる航空会社のラウンジが利用できる会員証のことを言います。

プライオリティーパスの会員になるには年会費を払って会員になる必要があります。

しかし、提携しているクレジットカードのグレードの高い会員の場合には、年会費が無料になったり、通常の年会費よりも安く入会することができます。

プライオリティーパスで使える空港ラウンジ

プライオリティーパスでは国内外問わず様々な国や地域で空港ラウンジを利用することができます。

下記の公式ホームページで利用できるラウンジや利用条件を検索できます。

プライオリティーパスは年会費が有料

原則として、プライオリティーパスは、年会費は有料です。

クラスは、利用方法によって3つのクラスに分かれています。

クラス年会費利用料金
会員同伴者
スタンダード99$27$27$
スタンダード・プラス249$10回まで無料
それ以降は27$
27$
プレステージ399$無料27$

上の表からわかるように、高級な空港ラウンジを利用できるだけあってプライオリティーパスの会員になるのはそう安くありません。

プライオリティーパスは無料で入手できる

プライオリティーパスの年会費が高いことは十分に理解できたと思います。

しかし、グレードが高いクレジットカードにはプライオリティーパス(しかもプレステージクラス)がついてくることがあります

クレジットカードの年会費を払っているだけで空港ラウンジを無料で利用できるのです。

コストを抑えるだけではなくクレカに付帯する様々なサービスを受けることができるため、プライオリティーパスを入手して空港ラウンジを利用したい方は、直接プライオリティーパスを申し込むのではなく、クレカ経由で手に入れることをオススメします。

ただし、グレードの高いクレジットカードの場合は、年会費もそれなりに高くなりますので、そのサービスが自分にマッチしたものであるか、料金バランスを見て選ぶ必要があります。

海外に行かれる回数の多い方の場合には、プライオリティーパスを使う回数が多くなりますし、ご家族で年に何回も海外旅行をされる方の場合にもクレジットカードのグレードの高いカードが有利になるのです。

ハイグレードクレカでなくてもプライオリティーパスを入手する方法がある
カードのランクが低くてもポイントによって入れるクレジットカードもあります。

例え、JALのマイレージバンクの会員の場合には4万マイルあれば、それと交換で1年間のプレステージのクラスの会員権が入手できるのです。

同伴者は別途料金が取られることがほとんど

空港ラウンジが無料になるのはカードの本会員の方のみで、同伴者は入場するのにほとんどの場合3,240円かかります

ただ、中には、同伴者が無料のカードや家族会員にもプライオリティーパスが発行されるカードがあるので、複数人で無料で空港ラウンジを使い人はそれらのカードを選択するのが良いでしょう。

プライオリティーパスが無料で付いてくるクレジットカードがある!

クレジットカード中でゴールドカードなどのようにグレードの高いカードの場合には、無料でプライオリティーパスがついてくる場合があります

それだけでも、高い年会費を超えたサービスになっている場合もあるのです。

プライオリティーパスが無料で入手できるカード一覧

プライオリティーパスがついてくるクレジットカードを以下の表にまとめてみました。

複数人で空港ラウンジを使いたい方は、「同伴者無料」と「家族会員のP・P発行」の欄に○が付いているカードをチェックしてみると良いでしょう。

カード名称年会費(税抜)同伴者無料家族会員の年会費(税抜)家族会員のP・P発行
楽天プレミアムカード10000500×
楽天ブラックカード30,0002名無料×
セゾンプラチナ・AMEXカード20,0001名無料
(以降3,000円)
×
ラグジュアリー チタンカード50,00015000
ラグジュアリー ブラックカード100,00025,000
GINZA SIXカード プレステージ50,000無料
ANA VISAプラチナプレミアムカード80,0004000
ANA JCBカード PREMIUM70,0004,000×
ANA ダイナース プレミアムカード155,000無料
JAL・JCBカード プラチナ31,00015500×
JAL AMEXカード プラチナ31,00015,500
SBIプラチナカード20,000無料×
MUFGカード・プラチナ・AMEXカード20,0001名無料
(以降3,000円)
三井住友VISAプラチナカード50,000無料
JCBゴールドザ・プレミアム15,0001名無料
(以降1,000円)
×
JCBプラチナ25,000無料×
JCB THE CLASS50,0001名無料×
Miles&More MUFGカード・プラチナAMEXカード28,0001名無料
(以降3,000円)
シティ プラチナカード35,000無料×
ダイナースクラブ プレミアムカード100,000無料
AMEX プラチナ・カード130,0001名無料
AMEX センチュリオン・カード350,0002名無料
ポルシェカード20,000無料×

法人カードでプライオリティーパスが利用できるカードは以下の通りです。

個人事業主の方は出張が快適になること間違いなしですね。

カード名称年会費(税抜)同伴者無料家族会員の年会費(税抜)家族会員のP・P発行
AMEX ビジネスプラチナ・カード130,0001名1名無料
(以降12,000円)
JCBプラチナ法人カード30,0006,000×
三井住友ビジネスプラチナカード50,0005,000×
セゾンプラチナ・ビジネス・AMEXカード20,0003,000×

以上の中で、特徴のあるものについて、少し見てみましょう。

一番安く持てるのは楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard
楽天グループ利用はいつでもポイント5倍。誕生日月は楽天市場・楽天ブックスの利用でさらに1%が加算。500以上の都市、130以上の国や地域で1,000ヵ所以上の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」が無料で利用できる。スマホアプリで利用状況が確認出来るので便利。

以上の中で、年会費が1万円と一番安いにも関わらず、プライオリティーパスがついてくるのが、楽天プレミアムカードになります。

注意
ただ、家族のプライオリティーパスがついていませんので、別途払う必要があります。

年2回まで無料で使えるアメックスゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

  • AMEX
1980年に日本で最初に発行された「ゴールドカード」として知られる「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」。日本国内、海外で大満足の一枚。様々なシーンでVIPの扱いを受け日常を彩る。「レストラン特典」があり、全国約200店の高級レストランを2名以上で予約し、所定のコース料理を食べた場合、1名分のコース料理代金が全額無料になる。「海外旅行傷害保険」は最高補償額が1億円で、「国内旅行傷害保険」も最高5000万円。充実した補償内容、ボリュームある特典に、一般的な「ゴールドカード」と比較にならず、もはやプラチナカード並との呼び声高い。

上記の表には登場しなかったアメックスゴールドカードですが、このカードも年2回まで無料でプライオリティーパスを利用することができます

3回目以降、1回の利用につき27米ドルの利用料金がかかりますが、年会費が30,000円と他のアメックスのハイグレードカードよりは安く、サービスもとても充実しているので、プライオリティーパスはオマケ程度でいいという方にオススメできます。

セゾン プラチナビジネスアメックス

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

  • AMEX
会員専用インターネットサービス「Netアンサー」で、直近3ヵ月分のカード利用明細データをダウンロードできる。利用日・利用店名・利用金額・支払金額などがCSVデータで出力されるので、利用状況管理ツールとして活用できる。チャットワークサービスあり。チャットの送受信に加え「タスク管理」、「ファイル共有」、「ビデオ通話/音声通話」などの機能を兼ね揃え、業務の効率化に貢献。

こちらは法人や個人事業主向けの法人カードとなっており、出張を快適に過ごしたい方にかなりオススメできるカードです。

また年間の利用額が200万以上だと翌年の年会費が10,000円となります。

経費などで年間200万の利用額を超えるのは容易だと思うので、実際には楽天プレミアムカードと変わらない年会費でプライオリティーパスを入手することが可能です。

MUFGカード プラチナアメックス

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

  • AMEX
  • UnionPay
プラチナコンシェルジュサービスや、名門ゴルフ場予約代行サービス、プライオリティ・パスの無料申し込みなど、アメックスプラチナの優遇サービスを利用可能。世界1,000ヵ所以上の空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パス付き。通常、年会費がUS399ドルかかるところ、無料で利用できる。カード会員限定で利用できる「スーペリア・エキスペリエンス」プログラムでは、国内外の一流ホテルや厳選されたダイニング、スパなどで優待特典が利用可能。

年会費が2万円と比較的安いにも関わらず、自身だけでなく家族カード保有者にものプライオリティーパスが発行されます。

別々に海外へ行くことが多い夫婦などにはかなりオススメできるカードです。

クレジットカードを入手した後の流れ

クレジットカードを入手した後でプライオリティーパスを申込む場合の流れについて見てみます。

カードが届いたら、プライオリティーパスの申し込みをしよう

初めからプライオリティーパスが付いているわけではないので、クレジットカード会社からカードが届いたらまず申込みをする必要があります

申し込みはそれぞれのカード会社のネットなどのサービス窓口でできます。

申し込んでから2週間ほどしますと、それぞれのカード会社からプライオリティーパスの会員証が送られてきます。

ここでやっとプライオリティーパスを使えるようになるわけです。

プライオリティーパスの使い方の流れ

プライオリティーパスの使い方は簡単です。

まずは空港ラウンジの受付でプライオリティーパスの会員証を提示します。

会員証を提示しますと、担当者が会員証情報を機械で読み取って利用伝票を発行しますので、それに署名することでラウンジに入場できます。

その際には利用伝票の控えが渡されます。

あとは、フライトまでの空き時間をリッチな気分で優雅に過ごすだけです!

まとめ

海外旅行などで空港ラウンジを利用できるプライオリティーパスについて、ご説明しました。

ハイグレードなクレジットカードを持っていると無料でサービスがついてくる場合があり、海外旅行の搭乗まで間や、ハブ空港などで乗り継ぎ便を待つという時には空港ラウンジで優雅なひとときを過ごすことができます。

プライオリティーパスに興味を持たれた方は、ハイグレードなクレジットカードを発行してみてはいかがでしょうか。

このページの目次