新機能「マイクレカ比較」リリース!
294

おすすめのMasterCard(マスターカード)はコレだ!系統別の27選ピックアップ

どのクレジットカードも必ず、VISAやMasterCard、JCB、American Expressなどの「国際ブランド」を持っています。

どれも似たようなモノと考える人もいるかもしれませんが、実際には国際ブランドごとに異なるメリット・デメリットがあります。

今回は、国際ブランドの一つである「MasterCard(マスターカード)」に焦点を当て、そのメリットやシーン別のおすすめマスターカード27種類をご紹介します。

MEMO
ページ分量の都合上、一つ一つのカードの紹介は簡潔にしてあります。実際には紹介した内容以上の魅力も詰まっているので、気になるカードがあったら詳細ページや公式サイトでチェックしてみましょう。

このページの目次

MasterCard(マスターカード)のメリット

まずは、国際ブランドのひとつである「MasterCard(マスターカード)」を利用するメリットを見てみましょう。大まかには、

  • 世界各地での利用に長けており、海外で活躍する
  • MasterCard会員限定の豪華特典がある
  • 会員ステータスによる優待サービスがある

などが挙げられるでしょう。

世界各地でのシェア率が高く特典も豊富なので、クレジットカードの利用が多い方や海外へ頻繁に行く方などにはピッタリの国際ブランドだと言えます。

では、上記のメリットをそれぞれもう少し詳しく見ていきましょう。

世界トップクラスの利用可能範囲

クレジットカードの国際ブランドごとは、発行枚数や加盟店数、取引額などさまざまな統計があります。

「利用回数が多い≒利用者や利用可能店舗が多い」とも考えられるため、下記に世界中での国際ブランド別の購買トランザクション回数(2017年)をパーセントに戻してグラフにまとめました。(データ:THE NILSON REPORT

上記を見るとVISAが半数とダントツではありますが、MasterCardも25%と世界中の4分の1を占めています。

中国ではUnionPay(銀聯カード)が圧倒的なシェアを誇るように、日本では日本発の国際ブランド「JCB」がMasterCardを越えます。

国内やハワイ、グアムではJCBは使いやすいですが、世界的に見ればやはりどこでも使いやすい国際ブランドはVISAかMasterCardの二強と言えるでしょう。

世界中で使いやすいメインカードとしてもMasterCardはおすすめです。

会員ステータスによる優待サービス

MasterCardには、クレジットカード発行会社とは別に独自の会員ステータス制度が設けられており、それぞれ特典があります。

6段階のMasterCard会員ステータス

MasterCardの会員ステータスは下記のような6段階に分かれています。

  • スタンダード
  • ゴールド
  • チタン
  • プラチナ
  • ワールド
  • ワールドエリート

ランクが上がるにつれて提供される特典やサービスなどが追加されるようになっており、一般的にゴールド以上であれば、空港サービスやレストランでの優待など豊富な特典を享受することができます。

プラチナ、ワールドランクに至っては一般の方では良く使いこなせないような特典も多いため、とりあえずゴールドまで目指すようなイメージでもいいかもしれません。

会員ステータス別!MasterCard特典

MasterCardのランク別特典には、例えば下記のようなものがあります。

■Priceless Cities
→世界各地で様々な体験をしたり、優待を受けることができる
■各種旅行サービス
→手荷物無料宅配サービス、ホテルでの優待、航空券の割引などが該当
■MasterCard taste of Premium
→高級レストランでの優待や、出張や旅行に関する特典が付帯
■ワールドMasterCard
→MasterCard厳選の旅行・飲食・ゴルフなどの高級店を優待価格で利用

その他にも「Wi-Fiのレンタル割引」など細かな特典もあるので、それぞれランク毎に追加される特典を見てみましょう。

ランク特典
スタンダード
  • Priceless Cities
  • ATM検索
  • 海外ATM活用パーフェクトガイド
  • 緊急サービス(24時間365日)
  • 海外での利用の手引き
  • 不正利用に関するサポート
  • MasterCardアプリによるサポート
  • 日々の生活で利用できる加盟店の案内
ゴールド
  • MasterCard taste of Premium
  • 海外での通話料金割引など通信に関する割引
  • 各種旅行サービス
  • 各種空港サービス
チタン
  • 限定ゴルフコースの利用
  • 手荷物無料宅配サービス(往復)
  • 高級レストランで2名以上の利用で1名無料
  • 歌舞伎、能やヘリクルーズなどのエンターテイメントの手配
プラチナカードの利用限度額が最大になる
ワールド
ワールドエリート
ワールドMasterCard
極めて豪華で華やかな特典が多数付帯

           
ワールドやワールドエリートなど最上級のランク特典に関しては正確な情報は出回っていませんが、ざっとランク毎の特典は上記のようになります。

日本ではワールドエリートは1種類だけ
日本で現在MasterCardの最上位ランク「ワールドエリート」になるのは、ラグジュアリーカードのみです。

海外キャッシングにも強い

MasterCardは海外キャッシングにも強みがあり、VISAよりも手数料や円換算レートが良くお得に利用することができます。

MasterCardであればATMをすぐに検索

海外でキャッシングをしようとして一番困るのが「利用できるATMの場所が分からない」「ATMの使い方が分からない」という点ですよね。

海外でのキャッシングはただでさえ緊急時の場合も多いので、解決できないと本当に困ります。

しかしMasterCardでは、

  • ホームページ上に見られる「ATM Locater」でATMを検索
  • 携帯アプリ「MasterCard near by」でATM検索

といった便利なサポート機能があるため安心です。

MasterCardのロゴマークを覚えておこう!
海外でATMを利用する時に肝心なのが、それぞれの国際ブランドのロゴマーク。ロゴマークがATMについていれば、その国際ブランドが利用できるという目印になります。

  • MasterCard®
  • Maestro®
  • Cirrus®

MasterCardの場合は、ATMに上記いずれかのロゴがついていれば利用可能なので覚えておくようにしましょう。

MasterCard(マスターカード)の大まかな3つの強みをおさらいしましょう。

  • VISAに次ぐ世界2位シェア率
  • 会員ランクごとの優待特典
  • 海外キャッシングの利便性


次項からは、おすすめのマスターカードをシーンや用途別にそれぞれ3枚ずつピックアップします。

年会費無料のおすすめマスターカード3選

年会費無料のクレジットカードには様々な種類がありますが、まずはクレジットカードを初めて発行する方に向けて年会費無料のおすすめマスターカードを3つピックアップしました。

年を重ねて新しくステータスの高いカードに切り替える時にも、年会費無料カードはサブカードとしても役立ちます。

注意
各セクションごとに重複を避けるようにピックアップしたので、実際には楽天カードやリクルートカードなど、他にも優秀な年会費無料マスターカードはたくさんあると考えてください。

イオンSuicaカード

イオンSuicaカード

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard
年会費初年度無料
次年度以降無料
還元率0.50%~1.33%
マイクレカ比較に追加
Suicaチャージ時のポイントが0.25%で低さを感じるが、他のイオン系カードで貯まったときめきポイントと合算してWAONなどと交換可能。不定期な公共交通機関移動が多い人でもメリット十分。全国のイオン、イオンモール、ダイエー、マックスバリュなど、イオングループの対象店舗でカードを利用すると、ときめきポイントが、いつでも2倍の2ポイント貯まる。さらに、「お客さま感謝デーはお買い物代金5%OFF」で、毎月20日・30日はお得。
今なら最大6,000ポイントプレゼント!

このカードのポイント
  • Suicaとイオンカードが一体化したカード!
  • 提携店舗を利用することで交通費をお得に!
  • 買い物がお得になる特典が豊富!

イオンSuicaカードは、その名のとおりイオンカードとSuicaが一体化したカードです。

イオンカードの利用で貯まるポイントは「ときめきポイント」ですが、単なるイオンカードでは電子マネー・Suicaへの移行はできません。Suicaへの移行はイオンSuicaカード会員のみのサービスとなっているため、移動手段に電車が多い方などはお得に利用できるでしょう。

イオンカードに駅でのサービスが付帯

イオンSuicaカードは、

  • お客様感謝デー
  • ときめきWポイントデー
  • GG感謝デー

などの通常のイオン特典も利用できるだけでなく、5万円を上限としてJRでのカード利用がサインレスでできるなど、移動をよりスムーズにできるサービスなども付帯しています。

また、イオンカードと異なり最大500万円と少額ながらも海外旅行傷害保険が自動付帯していて、年会費無料なのでサブ用のマスターカードとしてもおすすめです。

クレジットカードの旅行損害保険の自動付帯と利用付帯の違い

ライフカード

ライフカード

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard
年会費初年度無料
次年度以降無料
還元率0.50%~1.50%
マイクレカ比較に追加
各種優待割引やサービスが最大25倍のオンラインショッピングモール利用可能など各種ポイントサービスが充実。貯まったポイントはライフカード専用Webカタログから家電や食品などに交換でき、日常や普段使いでポイントを還元したい時にお勧め。カード利用1,000円ごとに1ポイント貯まるLIFEサンクスポイント。誕生月はポイント3倍。年間50万円のカード利用があった場合は、300ポイントプレゼント&1年間の利用金額に応じて翌年度のポイントが最大2倍になる。海外旅行をサポートする海外アシスタンスサービス「LIFE DESK」が付帯。カードの紛失・盗難による不正使用を補償する「カード会員補償制度」も利用可能。

このカードのポイント
  • 誕生日月はどこで何に使ってもポイント還元率3倍!
  • AUの携帯を使っている方におすすめ(※MasterCard会員限定)
  • サブカードとして持っておく1枚におすすめ!

ライフカードと言えば、誕生月のポイント還元率アップが有名なクレジットカードです。

改悪はあったものの現在も誕生月には還元率が3倍の1.5%になるため、その期間は高還元率カードになると言えるでしょう。ただし誕生月だけであり、その他の期間の還元率は一般的なクレジットカードと大差ないので、誕生月に利用するサブカードとして持っている人もいます。

AUユーザーはMasterCardがおすすめ

ライフカードは3種類の国際ブランドから選択できますが、MasterCardのライフカードは3つの中で唯一「au WALLETへのチャージでポイント還元」ができるようになっています。(通常利用と同じ還元率)

au WALLETの利用ではauのポイントが貯まるため、ライフカード(MasterCard)からクレジットカードチャージをして利用するとポイントの2重取りができます。

P-one Wizカード

P-one Wizカード

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard
年会費初年度無料
次年度以降無料
還元率1.50%~2.50%
マイクレカ比較に追加
毎月末日のショッピング利用残高に応じて月々の最少支払金額(ミニマム・ペイメント)が決まる。リボ払い専用カードなのに、一括払いができる。海外・国内旅行保険はないものの、国内外の旅行で使える嬉しいサービス満載。世界各国のサービス窓口へ電話一本で相談できる「ポケットワールドデスク」があり、日本語で相談可能。人気のパッケージツアーがカード利用で最大8%OFFになる会員限定の優待プランがある。

このカードのポイント
  • 手数料なしの一括払いもできる「リボ専用カード」
  • 自動1%OFFでいつでもお得に買い物ができる!
  • 「Priceless Cities」による世界各地での優待あり!(※MasterCard会員限定)
  • ポケットモールで大量ポイント獲得!
  • 生活の細かなシーンで「ポケット・サポート・サービス」が活躍!

P-one Wizカードは「いつでもどこでも利用金額が1%割引」という魅力があるリボ専用クレジットカードです。リボ払い専用ですが、一括払いも実質可能です。

水漏れやエンストなど日常のトラブルに対応する「ポケット・サポート・サービス」が付帯しているので、日常に安心感も加えてくれますね。

Priceless Citiesによる世界各地での優待

P-one Wizカードは国際ブランドをMasterCardにすると、MasterCard特典である「Priceless Cities」を利用できます。世界各地で様々な体験をしたり優待を受けたり、海外旅行がより充実したものになるでしょう。

海外への出張や旅行が多い方であれば、マスターカードブランドがおすすめです。

年会費無料のおすすめマスターカードを3種類ご紹介しましたが、他にもおすすめのカードはたくさんあります。

などなど…。
各カードは一度だけ登場するように調整したので、年会費無料のマスターカードを探している方は上記もチェックしてみるのがオススメです。

高還元率!ポイントが貯まるおすすめマスターカード3選

次はポイント還元率が高いおすすめのマスターカードを見ていきましょう。

ポイント還元率が高いということは、単純に多くのポイントを獲得できるということ。有効期限がないならまだしも、有効期限があるポイントであれば短期間で貯めてさっさと使う必要がありますよね。

代表的な高還元率のマスターカードを3つピックアップしました。

リクルートカード

リクルートカード

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard
年会費初年度無料
次年度以降無料
還元率1.20%~3.20%
マイクレカ比較に追加
年会費無料のカードの中でメインカード候補No1との呼び声が高い。どこで使っても高還元率でポイントが貯まる。例えば、10,000円分買い物をした場合、120円分のポイントが還元、それを元に買い物などに使えて毎日のお財布に嬉しい。リクルートのネットサービスを利用すればさらに最大で4.2%還元。衣食住全ての分野でポイントが貯まる。Pontaポイントに交換も可能、コンビニの買い物に嬉しい。
今なら最大6,000ポイントプレゼント!

このカードのポイント
  • 年会費無料、基本還元率1.2%とかなり高水準に設定!
  • じゃらんなどのリクルートサービスをよりお得に利用!
  • 利用しやすいPontaポイントとの相性が抜群!
  • MasterCard会員だとより豊富な電子マネーが利用可能!

リクルートカードは基本還元率が1.2%と、一般カードの中では相当な高水準を誇るクレジットカード。

旅行や食事などをする際に、じゃらんやホットペッパーグルメなどのリクルート関連サービスを利用することでよりお得に、最大還元率は4.2%にもなります。

貯まるリクルートポイントは使い勝手の良いPontaポイントへ等価交換できるので、初めてでも二枚目以降のカードとしてもおすすめできる一枚です。

豊富な電子マネーを利用したい方はJCB以外が◎

リクルートカードの国際ブランドはVISA、MasterCard、JCBから選ぶことができます。どの国際ブランドも基本的な機能は遜色ないのですが、電子マネーチャージにおいて異なる点があります。

VISAMasterCardJCB
nanaco
モバイルSuica
楽天Edy×
Smart ICOCA×

複数の電子マネーとクレジットカードを連携させたい場合は、VISAかMasterCardを選ぶのがおすすめです。

Yahoo!JAPANカード

Yahoo!JAPANカード

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard
年会費初年度無料
次年度以降無料
還元率1.00%~3.00%
マイクレカ比較に追加
クレジット利用分で、100円につき1ポイントのTポイントがたまるYahoo! JAPANカードは、Tカードとしても利用できる。入会の特典、毎月のクレジット利用、Yahoo!サービスの利用でさらにTポイントが上乗せされて貯まっていく。券面にTカード番号が印字されているので、全国のTポイント提携先でダブルでポイントを貯めたり使ったりできる便利な一枚。
今なら最大8,000ポイントプレゼント!

このカードのポイント
  • 年会費無料、通常1.0%の高還元率カード!
  • Yahooショッピング、LOHACOで3%の還元率!
  • 格安でプラチナ級のお買い物補償付帯!
  • オークションで落札した商品も補償の対象に!
  • 貯まるポイントがTポイントなので使いやすい!
  • MasterCard会員の場合、nanacoチャージでもポイント獲得!

Yahoo!Japanカード、通称「YJカード(ワイジェイカード)」は、Yahoo!Japan系サービスを利用する方に特におすすめできるクレジットカードです。

通常1.0%の高還元率に加え、Yahoo!ショッピングやLOHACOでは還元率が3倍に。さらにYahoo!オークションでのトラブル等にも対応できるようになっているため、Yahoo!Japanサービスを積極的に利用している方は持っておきたい1枚です。

また、クレジットカードの中で唯一Yahoo!Japanカードだけが、月額490円で「18種類の補償」を付けることが可能です。細かなシーンに対応できる、まさにプラチナ級の補償内容と言えますね。

クレジットカードの利用で、高還元率でそのままTポイントが貯まるので、Tポイントを貯めたい方にもおすすめです。

nanacoユーザーはMasterCardが◎

MasterCardを選ぶことによってau WALLETへのチャージでポイントが還元されるライフカードと同様に、Yahoo!Japanカード(MasterCard)は「nanacoへのチャージでポイント還元」できます。

特にnanacoは、電子マネーの中でも還元率が1%と高く設定されているため、nanacoを利用しつつTポイントも貯めていきたい方にはピッタリの一枚でしょう。

DCカード Jizile(ジザイル)

DCカード Jizile(ジザイル)

  • MasterCard
年会費初年度無料
次年度以降無料
還元率1.42%~1.50%
マイクレカ比較に追加
1ヶ月のショッピング利用合計金額1,000円ごとにDCハッピープレゼントが3倍貯まり、貯まったポイントはキャッシュバックや好きな商品、ポイント、ギフトカードなどから選び、交換できる。イオンシネマやカラオケの鉄人、東京お台場の大江戸温泉物語など、全国120万施設が特別価格で利用できる。購入品の損害を補償するショッピング保険も自動付帯。
今なら最大7,000円分のギフトカード!

このカードのポイント
  • 業界トップクラスの還元率1.5%を誇るリボ払い専用カード
  • 学生でも発行が可能!
  • 「Priceless Cities」による世界各地での優待あり!
  • Benefit Station Private入会で様々なサービスをお得に利用!

DCカード Jizileは、日本のクレジットカードの中では最高レベルの通常還元率1.5%を誇る「リボ払い専用」クレジットカードです。

しかし、いくら還元率が高くてもリボ払いの手数料を払い続けたら意味がありません。その場合は下記のような「手数料のかからない使い方」を設定しましょう。

  1. 支払い額を5万円に設定し、毎月の利用額を5万円未満に収める
  2. 5万円を超過した場合は、毎月15日までに一括返済の登録をする

上記のように高還元率の反面、毎月管理する手間はかかります。クレジットカード初心者にはあまりおすすめできないカードと言えるかもしれません。

MasterCard特典が複数付帯!

DCカード JizileはMasterCardブランドのみなので、「Priceless Cities」や様々なサービスを割引価格で利用できる「Benefit Station Private」を月額300円で付帯させることもできます。

より多くの提携レジャー施設、レストラン、サービスをお得に利用することができるため、休みの日はアクティブに外へ出かける方にとってはかなり嬉しい特典ですね。

高還元率のおすすめマスターカードを3つピックアップしましたが、他にもMasterCardブランドを選べる高還元率クレジットカードは下記のようなものがあります。

「ポイント還元率が高いから」というだけで選ばず、自身の利用シーンをしっかりと想定した上で後悔のないように選ぶのがおすすめです。

マイルを貯めやすいおすすめマスターカード3選

続いてはANAやJALのマイルを貯めやすいおすすめのマスターカード。

マイルを貯める方法としては、

  1. ポイントからマイルへ移行する
  2. ショッピングで直接マイルを貯める
  3. フライトマイルを貯める

大まかに上記の三通りがありますが、例えばポイント還元率が高くてもマイルへ交換できないクレジットカードは、マイルを貯めるのに役立ちません。(マイルへの交換レートが低いカードもあまり効率的ではないケースが多いです)

マイルを効率よく貯めるなら、カードの利用によって直接マイルが貯まる航空会社が発行(または提携)するカードがおすすめです。

ANA ワイドゴールドカード

ANA ワイドゴールドカード

  • VISA
  • MasterCard
年会費初年度15,120円
次年度以降15,120円
還元率1.00%~2.00%
マイクレカ比較に追加
入会・継続時に2,000マイル付与。搭乗ごと:区間基本マイレージの+25%。ポイント移行で貯まるマイルとフライトや提携店でのショッピング利用で100円毎に1マイル貯まる。Edyチャージ(200円=1マイル)&Edyでの支払い(200円=1マイル)でも貯まる。エネオスやセブンイレブン、イトーヨカードなどを利用すると還元率がさらに上がる。

このカードのポイント
  • 1,000円利用ごとに1ポイント、1ポイントはマイル換算で10マイル!
  • 「ビジネス切符」で搭乗料金をお得に!
  • 本来有料の10マイルコースを無料で利用可能!
  • 空港の混雑を避けることができる「ビジネスチェックイン」!
  • フライトボーナスマイルを基本よりも高い25%獲得可能!

ANAワイドゴールドカードは税別14,000円の年会費がかかるゴールドカードですが、ANAマイラーにとって最強の還元率と称されることもあるクレジットカードです。

実質還元率1.0%でANAマイルを貯められますが、マイペイす・リボを利用することで1.3%以上にすることも。(ここでは割愛しますが、手数料を最小に抑えるテクニックなどが必要です)

ビジネスチェックインやビジネス切符などのサービスによって、よりスムーズな手続きでお得に航空便を利用できるメリットなどもあります。

またゴールドカードであることからも、一般ANAカードが10%のフライトボーナスマイルしか獲得できないことに比べ当カードは25%も獲得できます。

JALカードTOKYU POINTclubQ

JALカードTOKYU POINTclubQ

  • VISA
  • MasterCard
年会費初年度2,160円
次年度以降2,160円
還元率0.50%~1.00%
マイクレカ比較に追加
以前は「JALカード TOP&ClubQ」で、TOKYU POINT導入後に名称が変わり今の名称になる。東急百貨店・東急ストア・東急ハンズなど全国のTOKYU POINT加盟店で利用すると、JALカードショッピングマイルに加えて、TOKYU POINTも貯まるお得感。JALグループ便へ搭乗すると、フライトマイルとボーナスマイルが貯まる。国内線特典航空券で1マイル2円で使えば、毎年2,000円相当がバックされる。
今なら最大5,500マイルプレゼント!

このカードのポイント
  • 全国のTOKYUポイント加盟店ではよりお得にポイントが貯まる!
  • 貯まったTOKYUポイントをJALマイルへ移行可能!
  • PASMOにオートチャージ設定することでTOKYUポイント獲得!
  • JMB WAONへのチャージまたは利用でマイルを獲得!

JALカードTOKYO POINTclubQは年会費が2,000円かかりますが、JALマイルとTOKYUポイントを貯めることができるクレジットカードです。

東急スクエアや東急ハンズなどのTOKYUポイント加盟店をよく利用する方であれば効率よくポイントを貯めることができるでしょう。

JALカードTOKYO POINTclubQ限定で、TOKYUポイント⇔JALマイルで相互交換も可能です。

交換先交換可能単位交換可能なポイント
マイル→TOKYU POINT10,000マイル10,000マイル→10,000 TOKYU POINT(10,000円分)
TOKYU POINT→マイル2,000TOKYU POINT10,000TOKYU POINT→5,000マイル

貯まったTOKYUポイントはJALマイルへ移行するも良し、ネットショッピング等に利用するも良し。東急グループでの買い物やJAL便の搭乗など、上手に使えばサクサクとマイルを貯められる一枚ですね。

イオンJMBカード

イオンJMBカード

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard
年会費初年度無料
次年度以降無料
還元率0.50%~1.00%
マイクレカ比較に追加
小銭要らずで便利。カードショッピングの利用200円(税込)につき1マイル。毎月5日・15日・25日の「お客さまわくわくデー」で利用200円(税込)につき2マイル(通常時の2倍)。貯まったマイルは10,000マイルからWAONに交換可能。イオンシネマの一般通常料金(1,800円(税込)または、1,700円(税込))をイオンカードで支払うと、会員と同伴者1名まで)各300円引きされる、映画好きには溜まらないサービス。
今なら最大4,000円分のWAON!

このカードのポイント
  • 年会費無料で直接マイルが貯まる珍しいカード!
  • 毎月20日・30日のお客様感謝デーではイオンでの購入料金が5%OFF!
  • WAONのオートチャージにも対応(チャージはマイル付与対象外)
  • 海外でのMasterCard提携店利用によりボーナスマイル獲得!(※MasterCard会員限定)

利用によって直接マイルが貯まるクレジットカードの多くは年会費がかかりますが、イオンJMBカードはその中で珍しく年会費無料です。

通常のイオンカードで貯まるのは「ときめきポイント」ですが、イオンJMBカードは基本的に200円の利用ごとに1JALマイルが貯まります。

注意点
イオンJMBカードは「ときめきポイント」は貯まらず、WAONのオートチャージは対応しているもののチャージによるマイル付与はありません。

海外で利用するならMasterCard

イオンJMBカードに3種類の国際ブランドがありますが、MasterCardは海外の対象加盟店での利用で200円ごとに1マイルのボーナスを獲得することが可能です。

この場合は実質1.0%でJALマイルが貯まるので、海外によく行く人はマスターカードブランドがおすすめです。

貯まると特典航空券などに交換できる、航空会社のマイル。フライトマイルだけではなかなか難しいですが、クレジットカード決済も併せると効率よく貯めることが可能です。ANAとJAL間でのマイル移行はできないので、どちらをメインに貯めるかは事前に考えておきましょう。

海外旅行や留学におすすめのマスターカード3選

もはや旅行や留学、出張問わず「海外への旅の必需品」とも言えるクレジットカード。

  • カードによっては海外旅行保険が付帯している
  • 大きな現金を持ち歩くリスクが減る
  • キャッシング機能でいざという時に助かる
  • 社会的信用を証明できる

などなどメリット尽くしですよね。

MasterCardは海外でも使える場所が非常に幅広く、国際ブランドとしては海外でも存分に活躍できます。しかし、クレジットカード自体があまり海外に適していない場合もあります。

ここでは海外旅行や留学の際に役立つ「旅行保険の充実」や「海外キャッシング機能」、「空港ラウンジ利用」などを踏まえ、おすすめのマスターカードを3つピックアップしました。

セディナカードクラシック

セディナカードクラシック

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard
年会費初年度1,080円
次年度以降1,080円
還元率0.50%~1.50%
マイクレカ比較に追加
カードショッピング月間利用金額200円(税込)ごとに1ポイントプレゼント。全国のセブン-イレブン、ダイエーやイオンでのカードショッピングで、わくわくポイントが毎日3倍貯まる。貯まったポイントは、各種アイテムと交換。有効期間は2年間。毎月第2・第4日曜日はマルエツ店舗のカードショッピング利用で売り場全品5%OFF。ネットでショッピングがお得。安心のネットセキュリティサービス付き。三井住友銀行キャッシュカードのATM手数料が無料。
今なら最大6,000ポイントプレゼント!

このカードのポイント
  • 年会費は税別1,000円、年一回以上の利用で無料!
  • 入会直後の3ヵ月はポイント還元率が3倍に!
  • 海外キャッシングをネット上から楽々返済!
  • 旅行が当たるウキウキトラベル賞が魅力的!
  • セブンイレブン、イトーヨーカドー等でポイント還元率が3倍に!

セディナカードは、海外キャッシングをよりお得に利用できるクレジットカードとしても有名なカードです。海外キャッシングの返済手続きがネット上で可能であったり、手数料がお得であったりと、かなりの利便性を誇ります。

また、通常還元率は0.5%と平均的ではあるもののセブンイレブンやイトーヨーカドーでの利用では還元率が3倍になるので、普段の買い物もお得になります。

その他にも、「ウキウキトラベル賞」という毎月の利用額の中から1万を1口とした旅行が当たる抽選サービスや入会キャンペーンなども豊富に用意されているため、楽しく便利に利用を続けられるクレジットカードと言えるでしょう。

dカードゴールド

dカードゴールド

  • VISA
  • MasterCard
年会費初年度10,800円
次年度以降10,800円
還元率1.00%~4.00%
マイクレカ比較に追加
コストパフォーマンスの良いゴールドカード。毎月の携帯電話・docomo光の利用料金の10%分(1,000円につき100ポイント)のdポイントが貯まる。貯まったdポイントは、3,000ポイントから100ポイント単位でdocomoの携帯料金の支払いや、「1GB追加オプション」や「スピードモード」の利用料に1,080ポイントから充当できる。「ケータイ補償」があり、携帯の故障・紛失時も 購入から3年以内なら新しい携帯機種代金を最大10万円までキャッシュバックされる。
今なら最大11,000円分のキャッシュバック!

このカードのポイント
  • 日本全国28カ所の空港ラウンジを利用可能!
  • 国内・海外ともに旅行損害保険が自動付帯!
  • 通常1.0%の高還元率+ローソン等で5.0%おトクに!
  • ドコモの携帯料金や光回線料金の10%がポイント還元!
  • 毎月15,000名に1,000円分のiDキャッシュバック!(※MasterCard会員限定)
  • 保有している携帯電話の保険も付帯!

dカードゴールドは、ドコモユーザーの方であれば特に必見のクレジットカード。毎月のドコモの携帯料金・ネット料金の内10%がポイント還元されるので、年間で多くのポイントを貯めることができます。

自動付帯の国内・海外旅行保険だけでなくケータイの保険も付帯しているため、壊れてしまった場合にも安心ですね。

100円利用につき1ポイントと高い還元率ですが、ローソンでの買い物では2%のポイント+3%割引とかなりオトクになります。貯まるポイントもdポイントなので使い道も豊富で◎。

MasterCard会員限定の特典に注目!

dカードゴールドのキャンペーンとして、2018年7月時点ではMasterCard会員限定で毎月のiDキャッシュバックなどがあります。

国際ブランドによっては参加の有無が分かれるキャンペーンなどもあるため、カードを発行する際にはどの国際ブランドがどのキャンペーンに参加できるかというのも検討内容に入れておくことをおすすめします。

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard
  • AMEX
年会費初年度10,800円
次年度以降10,800円
還元率1.00%~5.00%
マイクレカ比較に追加
楽天グループ利用はいつでもポイント5倍。誕生日月は楽天市場・楽天ブックスの利用でさらに1%が加算。500以上の都市、130以上の国や地域で1,000ヵ所以上の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」が無料で利用できる。スマホアプリで利用状況が確認出来るので便利。
今なら最大13,000ポイントプレゼント!

このカードのポイント
  • 最もお得にプライオリティパスのプレステージ会員になれる!
  • 初年度は楽天市場利用による送料分までもポイント還元!
  • 3種類のコースから自分の生活に合わせて選択できる!
  • 楽天市場の利用でポイント還元率が5倍に!

今や大人気の楽天カードのステータスカード版「楽天プレミアムカード」。楽天ゴールドカードというのもありますが、一般的なゴールドカードに相当するのはこちらの楽天プレミアムカードです。

楽天カード自体が強力なクレジットカードですが、楽天プレミアムカードはさらに以下のようなパワーアップが施されています。

  • 楽天市場利用のポイント還元率が3倍→5倍になる
  • 国内・海外旅行損害保険が大幅に手厚くなる
  • 最大利用限度額が高くなる
  • 3つのコースから優待サービスを選べる
  • 楽天市場のプレミアム会員が一年間無料になる
  • プライオリティパスの最上級会員になれる

楽天カードの魅力を保持したまま、他のゴールドカードに引けを取らない充実した特典もあるので、ゴールドカードの中でも特におすすめできる一枚と言えるでしょう。

プレステージ会員には本来約4万円以上の年会費がかかる

楽天プレミアムカードの特典の中でも、とりわけ豪華な特典が「世界中の空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パスのプレステージ会員に無料でなれる」というもの。

プライオリティ・パス=世界中の豪華な空港ラウンジを利用できる会員制サービス

他の年会費の高いゴールドカードでもスタンダード会員が多い中で、楽天プレミアムカードは僅か1万円の年会費でこの特典が付帯しています。

本来プレステージ会員には年間約4万円以上が必要なので、空港をよく利用する方であれば保有するだけで3万円以上はお得ということになりますよね。

楽天プレミアムカードは、快適で優雅な海外旅行を楽しみたい方にも非常におすすめです。

MasterCardは世界中で利用できるので、海外旅行や留学でのシーンにも適しています。ただし、海外旅行保険の付帯・海外キャッシング機能・空港ラウンジ利用などを考慮して選ぶのがおすすめですよ。

ステータス演出!おすすめのゴールドマスターカード3選

年会費の安さよりも、特典の充実さやステータスでマスターカードを選びたい!そんな方にはやはりゴールドカードがおすすめです。

記事前半でご紹介したとおり、MasterCardには独自の会員ステータス制度によって追加特典もあります。

ステータス演出だけでなく実益も兼ねたゴールドマスターカードを3つピックアップしました。

MUFGカードゴールド

MUFGカードゴールド

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard
年会費初年度無料
次年度以降2,057円
還元率0.47%~0.50%
マイクレカ比較に追加
「2,000円からゴールドカードが持てる時代へ!」というキャッチフレーズで登場したMUFGカード ゴールド。年会費も1,905円+税で、初年度は無料とそれまでの概念を軽く打ち破り登場。とは言っても世界最大の金融グループである三菱UFJグループの中核をなすMUFGカードブランドなので、格安過ぎる感がまったくない程の充実度を誇る。付帯保険サービスも、海外旅行保険、国内旅行保険、ショッピング保険がありこちらも最高レベルの補償内容。海外で信頼のステータスと評価されるゴールドカードをゲットできるのは、MUFGカードゴールドの最大の魅力。

このカードのポイント
  • ステータスばっちりのプロパーゴールドカード!
  • 年会費がたったの1,905円。それ以下にもできる!
  • ポイントプログラムが豊富に用意されている!
  • 「Priceless Cities」による世界各地での優待あり!(※MasterCard会員限定)
  • Benefit Station Private入会で様々なサービスをお得に利用!(※MasterCard会員限定)

ゴールドカードというと年会費1万円が相場と高いイメージがありますが、その中でも群を抜いて年会費がお得なゴールドカードが「MUFGカードゴールド」。

さらに、指定条件をクリアすることで年会費を1,000円以内に収めることも可能です。

付帯保険やETCカード・家族カード・銀聯カードなどもバランスよく充実し、多彩なポイントプログラムなども用意されているため、メインカードとしてもおすすめのゴールドカードと言えます。

アクティブな方はMasterCardを選択!

MUFGカードゴールドは国際ブランドをMasterCardにすることで「Priceless Cities」「benefit station private」の2つのMasterCard会員限定特典を利用できます。内容については記事前半で先述しましたが、とにかくアクティブに活動している方にはおすすめの特典です。

様々なサービスを積極的に利用していくことで、数年後にはかなり大きく「おトク」を享受できることでしょう。benefit station privateに関しては月額300円掛かりますが、数回の利用で元は取れます。

SuMi TRUST CLUB リワードワールドカード

SuMi TRUST CLUB リワードワールドカード

  • MasterCard
年会費初年度12,960円
次年度以降12,960円
還元率1.00%~1.20%
マイクレカ比較に追加
旧シティ リワード ワールド カード。マスターカードブランドの中の最上位グレードに位置するクレジットカードで、プラチナより上位のグレードと評判。最もポイントが貯まりやすいステータスカードの一つ。カード利用100円につき3ポイント、リボ払いだと100円につき4ポイントのSuMi TRUST CLUB リワードポイントが貯まる。年間50万円以上の利用で2500ポイント、100万円以上で6,000ポイントのボーナスポイントも萌える。貯まったポイントはギフトカードや豪華アイテムなどと交換することができる。有効期限がないので、期限を気にすることなくじっくりと貯めることができるのも嬉しい特徴の一つ。
今なら最大40,000ポイントプレゼント!

このカードのポイント
  • 基本還元率が約1%、さらにボーナスポイントも充実!
  • ポイントの有効期限が無期限なので長期的に貯めやすい!
  • 充実した旅行損害保険とショッピング損害保険!
  • MasterCard taste of Premiumが利用可能のプラチナ級カード!(※MasterCard会員限定)
  • プライオリティ・パスのスタンダード会員に無料入会可能!

SuMi TRUST CLUB リワードワールドカードは充実した特典を兼ね揃えたゴールドカードです。有効期限が無期限のポイントが還元率1%以上で貯まるため、長期的に多くのポイントを貯めることができるでしょう。

また、スタンダード会員ながらもプライオリティ・パスへ無料入会できるため、よく空港ラウンジを利用する方にもおすすめの一枚です。

豪華特典を受ける方法

SuMi TRUST CLUB リワードワールドカードは国際ブランドをMasterCardにすることで、「MasterCard taste of Premium」というプラチナ級の特典を利用することができます。

この特典の中には、

  • 様々な空港サービス
  • 高級レストランでの優待
  • 出張や旅行時をより快適にするサービス

などが含まれており、海外へ行ったり接待でレストランを利用したい場合などに活躍する豪華特典です。

単純に国際ブランドをMasterCardにするだけで利用可能なため、SuMi TRUST CLUB リワードワールドカードを発行する際にはMasterCardを選ぶのがおすすめです。

セディナゴールドカード

セディナゴールドカード

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard
年会費初年度無料
次年度以降6,480円
還元率0.50%~1.50%
マイクレカ比較に追加
セディナカードの基本機能に加え、年間の利用金額によって翌年12月にサンクスクリスマスポイント、またはクリスマスプレゼントが貰える嬉しいゴールドカード。年間の請求金額によって翌年のポイント倍率が1.6倍になるトクトクステージあり。国内の主要空港のラウンジが無料、プレミアムクラブオフの特別割引などが利用でき持っていて間違いのない一枚。年会費が他のゴールドカードよりも安く、旅行時の補償が良く、イオン利用者には便利。
今なら最大6,000ポイントプレゼント!

このカードのポイント
  • 年会費6,000円で最大1億円の旅行傷害保険付帯!
  • セディナ一般カードより多くの店舗で還元率が3倍に!
  • ハローキティファンの方には嬉しい特典有り!
  • 国内主要28空港、海外に1つの空港ラウンジが利用可能に!

セディナゴールドカードは、セディナカードよりもさらに特典が充実したゴールドカード。ポイントアップ店舗や空港ラウンジなど、カードの随所にグレードアップした特典が見られます。

中でも圧巻なのが「最大1億円の海外旅行傷害保険」。1億円もの保険を付帯しているカードは通常年会費も高めに設定されていることが多いですが、セディナゴールドカードは僅か6,000円の年会費で付帯しています。

他にもパッケージツアーの割引や「7日間無利息キャッシングサービス」なども充実しています。安心して旅行や出張などに行くことができますね。

単純な格好良さだけでなく、社会的ステータスの証明、そして年会費がかかる代わりに充実した付帯保険や特典を受けられるゴールドカード。マスターカードなら世界中で使えるので、メインカード候補にも。背伸びをせず、身の丈とライフスタイルに合う一枚を選ぶのがオススメです。

学生や20代の方におすすめのマスターカード3選

学生や20代の新社会人の中には、審査に通りにくかったり申し込み条件に沿わなかったりと、クレジットカードの発行に悩む方もたくさん見受けられます。

まだまだクレヒスや社会的信用が強くない若者には、若者向けに発行されている(もしくは間口が開かれている)カードがおすすめです。

MasterCardであれば、海外旅行や留学先でも存分にクレジットカードの力を発揮してくれますよ!

学生専用ライフカード

学生専用ライフカード

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard
年会費初年度無料
次年度以降無料
還元率0.50%~1.00%
マイクレカ比較に追加
高校生を除く満18歳以上満25歳以下で、大学・短期大学・専門学校に現在在学中なら申し込める。年会費無料で利用できる学生には最強のカード。海外旅行傷害保険が2,000万円まで自動付帯、海外での利用総額の5%がキャッシュバックされる。カード利用1,000円につきLIFEサンクスプレゼントが1ポイント貯まり、貯まったポイントは好きな商品や提携ポイント、ギフト券と交換可能。海外旅行によく行く学生、留学中の学生にお得なクレジットカード。
今なら最大15,000ポイントプレゼント!

このカードのポイント
  • 年会費無料で海外旅行保険が付帯された学生専用カード!
  • 特に留学などに興味がある学生におすすめできる一枚!
  • 学生向けの特典が豊富に用意されている!
  • 海外での利用料金が5%キャッシュバック!
  • 誕生月の利用はポイント3倍、還元率が1.5%に!
  • オンラインモール「L-Mail」の利用で大量ポイント獲得!

学生専用ライフカードは、数ある学生カードの中でもとりわけ海外で活躍するカードと言っても過言ではありません。

学生向けのサポート特典などが豊富に付帯している上に、

  • 海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 海外での利用料金が5%キャッシュバック

といった豪華な特典が付帯。海外留学や旅行に行く学生が持つクレジットカードとしては申し分ないでしょう。年会費も無料なので、サブカードとしても検討できます。

学生には年間の利用金額によって還元率を上げることは難しいですが、50万円以上・100万円以上・200万円以上でそれぞれ1.5倍、1.8倍、2.0倍と還元率が上がる仕組みもあります。

他にもL-Mailなどのポイントアップモールを利用することでも効率的にポイントを獲得することができます。

卒業時に通常のライフカードに!
卒業予定年の3月31日をもって通常のライフカードへサービス移行されます。

セディナカードファースト

セディナカードファースト

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard
年会費初年度無料
次年度以降1,080円
還元率0.50%~1.50%
マイクレカ比較に追加
ネットショッピングを「セディナポイントモール」を経由することで、わくわくポイントが3倍~21倍貯まり、各ショップのポイントもダブルで貯まる。18歳から25歳限定の初年度年会費無料で、年に1回でもカード利用があれば次年度の年会費も無料。三井住友銀行のSMBCポイントパック契約口座からセディナのクレジットカード代金の引き落としをすると、その契約口座のキャッシュカードATM手数料が無料。

このカードのポイント
  • 年会費は初年度無料、次年度以降も年一回以上の利用で1,080円→無料!
  • セディナ一般カードよりも多くの店舗で還元率3倍に!
  • 海外ツアー料金割引やトラベルデスクなど海外での生活が安心!
  • 東海道 山陽新幹線の利用が年中お得に!(EXPRESS予約:1,000円)
  • ネット利用のセキュリティが良く、初めてでも安心して利用できる!

学生向けのクレジットカードは、多くの場合は一般カードよりも還元率や付帯保険が充実する傾向にあります。(若いうちから自社のカードに馴染んでほしいためですね)

セディナカードファーストも同様、セディナカードクラシックよりも多くの店舗でポイント還元率が3倍になります。

また、海外生活をサポートしてくれるサービスや、セキュリティの高さなどからも学生が持つカードとしておすすめできる一枚。国際ブランドはVISA、JCB、MasterCardから選べます。

旅行損害保険は利用付帯!
セディナカードファースト旅行傷害保険は利用付帯であるため、付帯させたい場合には必ず下記の料金などをカード決済しましょう。

  • 空港までの交通費用
  • 搭乗料金

楽天カード

楽天カード

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard
  • AMEX
年会費初年度無料
次年度以降無料
還元率1.00%~3.00%
マイクレカ比較に追加
言わずと知れた大人気の楽天カード。楽天市場の利用なら3.0%以上のポイント還元率で、利用者なら一枚持っておいて損はないクレジットカード。国際ブランドもVISA/JCB/MasterCardから選べるため、メインカードを補完する買い物用サブカードとしても非常に優秀。世代や職業を問わず多くの人におすすめできる一枚。将来的にはブラックカードまでのランクアップも目指せる。
今なら最大5,000ポイントプレゼント!

このカードのポイント
  • 通常還元率が1.0%と高い優秀なクレジットカード!
  • 楽天市場での利用で還元率が3倍に!
  • 年会費無料カードながら利用付帯の海外旅行損害保険も!
  • 電子マネーとの連携も使いやすい!
  • ディズニーや楽天、FCバルセロナなどのデザインがある!(※MasterCardまたはJCB会員限定)
  • ハワイなどに楽天会員限定の「Rakuten Card ラウンジ」がご用意!

楽天市場での利用で還元率が3倍になる、また「楽天カードラウンジ」という楽天会員限定のラウンジを利用できるなどの特典の他にも、旅行傷害保険が最大2,000万円付帯(利用付帯)するなど、一般カードとしては非常に優秀なクレジットカードと言える楽天カード。

楽天カードは一般カードの中でもとりわけ敷居が低く、学生や新社会人の方でも発行できる見込みは十分にあります。

デザイン性に富んでいる

楽天カードの特徴として、券面デザインが豊富に用意されていることも挙げられます。お買い物パンダや、かわいらしいピンクの券面などの他にも、

  • FCバルセロナ
  • 楽天イーグルス
  • ディズニーキャラクター

などなど。中には「MasterCard会員限定のデザイン」なども。もし券面デザインを多くの種類から選びたいのであれば、国際ブランドはMasterCardがおすすめです。

学生や新社会人の方がクレジットカードを発行するなら、学生専用・20代限定・敷居の低い一般カードのいずれか。学生や若者に限定したカードは一般カードよりも特典が優遇されているケースが多いため、素直に学生向けカードを発行するのもオススメです。

Amazon等の通販利用におすすめのマスターカード3選

Amazonや楽天市場など、ネット通販を日常的に利用する人も多いのではないでしょうか?

それぞれAmazonカードや楽天カードでいいのではと思う方もいるかもしれませんが、クレジットカードによっては独自の「ポイントアップモール」が用意されているものもあります。

ポイントアップモールがある場合は、

  1. ポイントアップモールにアクセスする
  2. 買い物をしたいオンラインショップにリンクする
  3. 該当クレジットカードで決済する

という手順によって獲得ポイントを数倍以上にすることも可能です。

ここではAmazonなどのネット通販利用におすすめのマスターカードを3つピックアップしました。

オリコカード THE POINT

オリコカードザポイント

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard
年会費初年度無料
次年度以降無料
還元率1.00%~2.00%
マイクレカ比較に追加
年会費無料&ポイント高還元率カードとして有名なクレジットカード。入会後6ヵ月間は驚異の還元率2%。貯まったオリコポイントは500ポイントから他社ポイントやギフト券にリアルタイム交換。後払い方式の電子マネー「iD」と「QUICPay」をダブル搭載しており、コンビニなど少額の買い物も簡単&スピーディに。Amazonなどのネットショッピングにも強く、買い物で効率的にポイントを貯めたい人におすすめのクレジットカード。
今なら最大8,000ポイントプレゼント!

このカードのポイント
  • 年会費無料でポイント還元率がいつでも1.0%以上!
  • 入会後の半年間はポイント還元率が2.0%!
  • オリコモール経由でAmazonで2.0%、楽天は2.0~16.5%!
  • ポストペイ型電子マネー「iD」と「QUICPay」をダブル搭載!
  • 貯めたポイントはリアルタイムに様々なものと交換!

オリコカードザポイントはポイント還元率の高さで有名なクレジットカードです。通常の還元率が常に1.0%以上、入会後の半年間は2.0%。

さらにオリコモールの利用によって最大14倍のポイントを獲得できるため、Amazonや楽天などのネットショップを利用する方に非常にオススメです。

貯めたポイントは500ポイント単位でamazonギフト券、WAONポイント、楽天スーパーポイント、ANAマイル、JALマイルなどさまざまなものに交換できるのも魅力ですね。

また、後払い方式の電子マネー「iD」と「QUICPay」の両方をダブル搭載できる唯一のクレジットカードでもあります。(2018年7月執筆時点)

リーダーズカード

リーダーズカード

  • MasterCard
年会費初年度無料
次年度以降2,700円
還元率1.25%~1.75%
マイクレカ比較に追加
通常1.25%、ネットショッピング利用では1.75%以上の高還元率クレジットカード。リーダーズカードで貯まるReader's Cardポイントは3,500ポイント以上、3,500ポイント単位でJデポ(請求時の値引きシステム)、Gポイント、ANAマイルに交換できる。年会費は初年度無料、二年目以降も年30万円以上の利用で翌年の年会費が無料に。ジャックスモールの利用によっては最大4.75%程の還元率になる場合も。
今なら最大2,000ポイントプレゼント!

このカードのポイント
  • 基本還元率が1.25%と高水準!
  • JACCSモールを利用することで、還元率が最低でも1.75%に!
  • Jデポでお得にショッピングが楽しめる!
  • 旅行保険や各種特典も付帯するメインカード候補!

リーダーズカードは基本還元率が高く、さらにJACCSモールを利用することで最低1.75%もの還元率を誇るクレジットカードです。

「Jデポ」という引き落とし金額が割引になるシステムも用意されているため、実質キャッシュバックのようなポイントの使い道もあります。

メインカードとして重要な、

  • 各種保険サービス
  • 生活サポート
  • 各種旅行サービス

といった特典も充実しているため、還元率の高いメインマスターカードとして保有するのもアリでしょう。

国内外の旅行損害保険、カード盗難保険などは自動付帯なのでサブカードとしてもおすすめです。

Amazon MasterCardゴールド

Amazon MasterCardゴールド

  • MasterCard
年会費初年度10,800円
次年度以降10,800円
還元率1.00%~2.50%
マイクレカ比較に追加
Amazonプライム会員なら、Amazonでの利用時ポイントが2.5%還元。貯まったAmazonポイントは、1ポイント=1円としてAmazonでの買い物に利用できる。対象商品のお急ぎ便・日時指定便を追加料金なしで何度も利用でき、人気映画やTV番組が見放題、音楽も聴き放題のAmazonプライム特典が、追加料金なく利用可能。
今なら最大2,000ポイントプレゼント!

このカードのポイント
  • 年会費1万円を半額以下まで割引できるゴールドカード!
  • Amazonでの利用はポイント還元率が2.5%!
  • Amazonプライムに無料入会可能!
  • お得な年会費で空港ラウンジや付帯保険などが充実!

Amazon MasterCardゴールドは通常1.0%の還元率ですが、Amazonでの利用においては還元率が2.5%になります。

自動的にAmazonプライムに無料入会できるなどの特典もあるので、Amazonヘビーユーザーの方であれば最大限カードを活かすことができるでしょう。

ゴールドカードとしての特典は控えめですが、空港ラウンジや付帯保険など基本的な特典は充実しています。

年会費は実質400円程度?

Amazon MasterCardゴールドの年会費は1万円ですが、実は下記のことをすると4,320円まで割引することができます。

  • マイペイすリボを利用しリボ払い手数料を支払う(5,400円引き)
  • Web明細書サービスを利用する(1,080円引き)

また、Amazonプライムは実際のところ年会費が3,900円かかるのでその分も割り引いて考えると、実質400円程度にすることも可能ですね。

ネット通販におすすめなマスターカードはズバリ「オンラインショップでのポイント還元率が高いカード」。ポイントアップモールを経由することで数倍になり、実質2.0~3.0%…というケースも多々あります。自分がよく使うネットショップでお得なマスターカードを選ぶのが良いでしょう。

コストコでの買い物におすすめのマスターカード3選

2018年からコストコではAmerican Expressが使えなくなり、MasterCardのみ利用できるようになりました。

コストコをあまり利用しない方であれば検討する必要はありませんが、月に一度コストコに行くなど比較的ヘビーユーザーの方は検討してみるのがおすすめです。

PARCO(パルコ)カード

PARCOカード

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard
  • AMEX
年会費初年度無料
次年度以降無料
還元率0.50%~1.00%
マイクレカ比較に追加
入会から1年間5%OFF。年2回の優待期間中は10%OFFになるセゾンカード。1,000円利用ごとに永久不滅ポイントが1ポイント貯まり、貯まったポイントは300種類以上の中から好きなものを選んで交換できる。毎月5日と20日に西友・リヴィンでカードを利用すると、食料品・衣料品が5%OFF。

このカードのポイント
  • クラスS会員になることでPARCOでの利用がいつでも5%OFF!
  • PARCO周辺施設での優待も受けることが可能!
  • コストコでの利用でも永久不滅ポイントを獲得!(※MasterCard会員限定)
  • 西友やLivin、Sunnyでは毎月5日、10日に購入価格が5%OFF!

PARCOカードは以下のような店舗でのショッピングがオトクになる年会費無料のクレジットカードです。

  • PARCO
  • 西友
  • Livin
  • PARCO周辺施設

上記のようなお店に割と頻繁に行く方であれば、日々の生活に必要な食費や雑費、衣服代などもお得になり、毎月の家計を抑えることにも役立ちます。

PARCOや西友等での割引に加え、貯まるポイントはセゾンの永久不滅ポイント。じっくりコツコツ貯めていくことができますね。

PARCOカードはなんとVISA、JCB、MasterCard、Amercan Expressの4ブランドから選べますが、コストコで利用できるのはMasterCard。

コストコやPARCO、西友での買い物用サブカードとして保有しておくのもおすすめです。

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard
年会費初年度無料
次年度以降無料
還元率0.50%~1.33%
マイクレカ比較に追加
全国のイオン、イオンモール、ダイエー、マックスバリュなどイオングループの対象店舗で利用すると200円(税込)ごとに2ポイントプレゼント。毎月20・30日の「お客さま感謝デー」には全国の対象店舗の買い物が5%OFF。1ポイント1円分でWAONに変換しやすくポイントが使いやすい。イオン銀行の普通預金金利0.1%上乗せはランクが高く、普通預金でこの金利は追随を許さない。
今なら最大8,000ポイントプレゼント!

このカードのポイント
  • クレジットカード&WAON&イオン銀行キャッシュカードが1枚に集約!
  • 提携金融機関などでATM手数料が無料に!
  • イオンカードセレクトならWAONへのオートチャージでポイント獲得!
  • コストコでの利用でもときめきポイントを獲得!(※MasterCard会員限定)

イオンカードセレクトは、通常のWAON一体型イオンカード(クレジットカード)にキャッシュカード機能を兼ね揃えた年会費無料カードです。

イオン銀行を開設しなければならないという手間はありますが、給与振り込みをイオン銀行に設定することでも毎月WAONポイントを獲得でき、ATM手数料も無料になるケースが多くそれほどデメリットとは言えません。(普通預金金利も比較的高い)

通常のイオン特典も利用でき、さらにMasterCardであればコストコでの利用もできることから、イオン銀行の開設がそれほど気にならない方であれば、買い物用サブカードとして持っておくのもおすすめです。

WAONへのオートチャージも◎

イオンカードセレクトは、電子マネー「WAON」へのオートチャージでWAONポイントを獲得することが可能な唯行のクレジットカードでもあります。効率的にWAONを利用できますね。

コストコグローバルカード

コストコグローバルカード

このカードのポイント
  • コストコでの利用で還元率が1%から1.5%に!
  • 年会費は実質無料であるため気にならない!
  • コストコでの利用に限るサブカードとして保有するのが吉!

コストコグローバルカードは、コストコでの利用に特化したクレジットカードです。

通常ポイント還元率1.0%がコストコでの利用時は1.5%になり、貯まったポイントは1ポイント1円から利用できるので、お釣りの調整にも活用できます。また、年会費は1,250円かかりますが、初年度は無料で年に一度の利用で翌年も無料になるので「使えば実質年会費無料」ですね。

しかし、コストコ以外での利用を考えた時に、

  • ポイントは翌年2月に一括付与され、その翌年に持ち越せない
  • コストコ会員が自動更新され、4,000円程度の会員費が掛かる

などのデメリットが大きく影響します。コストコグローバルカードは、コストコのヘビーユーザーであればおすすめできるカードと言えるでしょう。

会計がスムーズになりポイントが獲得できるだけでなく、コストコのガスリンスタンドでは必須になるクレジットカード。しかしそれほど頻繁に行くわけではない…という場合は、PARCOカードなど「MasterCardブランドの買い物用サブカード」を持つのがおすすめです。

すぐに発行したい人におすすめのマスターカード3選

クレジットカードを今すぐ手元に欲しい!という状況はあまりありませんが、

  • 急な海外出張が決まった
  • 一週間後にはどうしても間に合わせたい

など、可能であれば即日発行によって確実に間に合うカードを申込みたいケースはありますよね。

そんなときにおすすめの「最短即日で発行できるMasterCard」を3つピックアップしてご紹介します。

セゾンカード インターナショナル

セゾンカードインターナショナル

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard
年会費初年度無料
次年度以降無料
還元率0.50%~1.00%
マイクレカ比較に追加
セゾンのポイントサイト「永久不滅.com」を経由し出店ショップで買物をすると、ショップ独自のポイントに加え、セゾンカードの利用で永久不滅ポイントが最大30倍貯まる。毎月5日と20日は西友、LIVINで買い物をすれば商品が5%OFFに。イトーヨーカドー、セブンイレブンではnanacoポイントと永久不滅ポイントの2つのポイントを貯められる。海外国内保険等は付帯していないが、「海外アシスタントデスク」というサービスがあり、出発7日前までの事前レストラン予約や緊急時相談など日本語で対応してくれるオプションあり。

このカードのポイント
  • 豊富なセゾン特典を利用できるベーシックカード!
  • 有効期限がない永久不滅ポイントが貯まる!
  • セゾンポイントモールで最大30倍のポイント還元!
  • 最短即日発行で即日手元に!

セゾンカードインターナショナルは、セゾンカードの中で最もベーシックなカードです。年会費も無料であり、またショッピング割引やトラベル、エンタメに関する豊富なセゾン特典が付帯していることからも人気を集めています。

また、「Super Value plus」という様々な保険プランの中から好きなものをオプションで選ぶことができるという、月額300円のサービスもあり手厚いサポートも。

すぐに発行したい!という方はまずこちらのセゾンインターナショナルを検討してみてもいいかもしれません。

ACマスターカード

ACマスターカード

  • MasterCard
年会費初年度無料
次年度以降無料
還元率0.00%~0.00%
マイクレカ比較に追加
日本、世界のMastercardの加盟店で利用でき、年会費無料。コンビニやスーパーなどでもMastercardマークが表示されていれば少額でも利用できるので小銭がなくても安心。利用明細は郵送ではなくアコムのサイトから確認ができるので煩わしさがない。

このカードのポイント
  • 即日発行で最短60分でカードを入手!
  • 他社のカード審査に通らない方でも通る可能性がある!
  • カード受け取りができる場所が全国に600ヵ所以上も!
  • ポイントプログラムや特典は一切ないクレジットカード!

ACマスターカードは他のクレジットカードとは少し異なり、ポイントプログラムや特典などが一切付帯しない「ショッピングまたはキャッシング専用のクレジットカード」です。

ポイントや特典などを重視する方は検討する必要のないカードと言えるでしょう。

しかし、ACマスターカードには「どのクレジットカードよりも早く受け取りやすい」という大きな特徴があります。受け取れる場所も全国に600カ所以上あり、また最短60分で発行まで進めることから「とにかく今すぐにクレジットカードが欲しい」という方にはおすすめできるカードですね。

VIASOカード

VIASOカード

  • MasterCard
年会費初年度無料
次年度以降無料
還元率0.50%~1.00%
マイクレカ比較に追加
「VIASO eショップ」に掲載の店舗ホームページへアクセスし、VIASOカードで商品を購入すると、通常獲得ポイント(還元率 0.5%)に加えて店舗ごとに設定された(最大還元率 10%)ボーナスポイントが貰える。自動的にポイントがキャッシュバックされるので、満足感タップリ。
今なら最大10,000ポイントプレゼント!

このカードのポイント
  • 審査面で不安な方におすすめの年会費無料カード!
  • 即日ではないが、最短翌営業日に発行!
  • 自動的にポイントが引き落とし金額から引かれるため使い忘れがない!
  • 学生でも申し込める旅行保険が付帯するカード!
  • 携帯やネット料金の支払いでポイント還元率が2倍に!
  • VIASO-eショップで最大10倍のポイント獲得!

VIASOカードは「審査基準が緩く、比較的審査に不安を抱える方でも通りやすいカード」と言われています。申込み条件は18歳以上の電話連絡が可能な方であり、専業主婦の方や学生でも申し込み可能

年会費も無料で、その割には旅行傷害保険が最大2,000万円付帯するなど特典も充実しています。

発行までは一週間~三週間程度のクレジットカードが多い中、VIASOカードは最短翌営業日に発行してくれる点も魅力ですね。

注意
ただし、年に1,000ポイント以上獲得できなければポイントは全て失効してしまう点に注意が必要です。月に2万円弱の利用をするか、携帯料金支払いやVIASO-eショップの利用など還元率が高い方法を実践する必要がある場合もあります。
急な海外旅行や出張など、「一週間以内にクレジットカードが必要…」というような場合に嬉しいのが即日発行のシステムですよね。ただし、「WEB申し込み→店舗受取であれば即日」といったような手順が限定されている場合も多々あるので、予め確認してから申し込みましょう。

クレマイ編集部おすすめのマスターカード10選!比較表

上記でご紹介した27種類のマスターカードの中から、クレマイ編集部が選んだおすすめのマスターカード10選を比較表にしてまとめました。

年会費無料、または安めで多くの人に持ちやすい、MasterCardブランドを選べるクレジットカードを中心にピックアップしました。

  • 国際ブランド
  • 年会費
  • 還元率
  • 電子マネー
  • 利用限度額
  • 旅行保険
  • ショッピング保険
  • ETCカード
  • 空港ラウンジ
  • Apple Pay
カード名国際ブランド年会費還元率電子マネー利用限度額旅行保険ショッピング保険ETCカード空港ラウンジApple Pay公式サイト
×PARCOカード
PARCOカード
VISAのロゴマークJCBのロゴマークMasterCardのロゴマークAMEXのロゴマーク初年度:無料
次年度以降:無料
0.50%~1.00%nanaco楽天Edy人によって異なる国内:なし
海外:なし
なし-公式へ
×YJカード
YJカード
VISAのロゴマークJCBのロゴマークMasterCardのロゴマーク初年度:無料
次年度以降:無料
1.00%~3.00%nanacoiD10万円~100万円国内:なし
海外:なし
あり(100万円)-公式へ
×イオンJMBカード
イオンJMBカード
VISAのロゴマークJCBのロゴマークMasterCardのロゴマーク初年度:無料
次年度以降:無料
0.50%~1.00%WAONiD10万円~50万円国内:なし
海外:なし
あり(50万円)-公式へ
×ライフカード
ライフカード
VISAのロゴマークJCBのロゴマークMasterCardのロゴマーク初年度:無料
次年度以降:無料
0.50%~1.50%iD10万円~200万円国内:なし
海外:なし
なし-公式へ
×セゾンカードインターナショナル
セゾンカードインターナショナル
VISAのロゴマークJCBのロゴマークMasterCardのロゴマーク初年度:無料
次年度以降:無料
0.50%~1.00%iD人によって異なる国内:なし
海外:なし
なし-公式へ
×リクルートカード
リクルートカード
VISAのロゴマークJCBのロゴマークMasterCardのロゴマーク初年度:無料
次年度以降:無料
1.20%~3.20%Suicananaco楽天EdyQUICPay0万円~100万円(学生10万円)国内:あり(最高2,000万円)
海外:あり(最高2,000万円)
あり(国内・海外年間200万円)-公式へ
×ACマスターカード
ACマスターカード
MasterCardのロゴマーク初年度:無料
次年度以降:無料
0.00%~0.00%なし10万円~300万円国内:なし
海外:なし
なし---公式へ
×楽天カード
楽天カード
VISAのロゴマークJCBのロゴマークMasterCardのロゴマークAMEXのロゴマーク初年度:無料
次年度以降:無料
1.00%~3.00%楽天Edy最大100万円国内:なし
海外:あり(2,000万円)
なし(商品未着あんしん制度、カード盗難保険のみ)-公式へ
×POINTclubQ
POINTclubQ
VISAのロゴマークMasterCardのロゴマーク初年度:2,160円
次年度以降:2,160円
0.50%~1.00%PASMOWAONiDQUICPay条件により異なる国内:あり
海外:あり
なし-公式へ
×オリコカードザポイント
オリコカードザポイント
VISAのロゴマークJCBのロゴマークMasterCardのロゴマーク初年度:無料
次年度以降:無料
1.00%~2.00%iDQUICPay10万円~300万円国内:なし
海外:なし
紛失盗難保険ならあり-公式へ
比較表をリセットする

まとめ

いかがでしたか?今回は用途やシーン別におすすめのMasterCardを27種類ピックアップしました。

各カードには、今回ご紹介した内容以上にさまざまな魅力が詰まっています。少しでも気になったマスターカードがあった場合は公式サイト等でさらに詳しくチェックしてみるのがおすすめです。

今回ピックアップしたカードを最後にもう一度おさらいしておきます。

シーン・用途おすすめマスターカード
年会費無料イオンSuicaカード
ライフカード
P-one Wizカード
ポイント高還元率リクルートカード
Yahoo!JAPANカード
DCカード Jizile
マイルが貯まるANA ワイドゴールドカード
JALカードTOKYU POINTclubQ
イオンJMBカード
海外旅行や留学向けセディナカードクラシック
dカードゴールド
楽天プレミアムカード
ゴールドカードMUFGカードゴールド
SuMi TRUST CLUB リワードワールドカード
セディナゴールドカード
学生や20代向け学生専用ライフカード
セディナカードファースト
楽天カード
Amazon等の通販向けオリコカード THE POINT
リーダーズカード
Amazon MasterCardゴールド
コストコ利用PARCO(パルコ)カード
イオンカードセレクト
コストコグローバルカード
すぐに発行セゾンカード インターナショナル
ACマスターカード
VIASOカード

国際ブランド「MasterCard」のクレジットカードは、まとめると

  • 世界各地で利用できる
  • VISAよりも円換算レートが良い
  • 会員ランクに応じた豊富な特典が付帯

というようなメリットがあります。特に海外に行く方であればその魅力を最大限活かせるため、国際ブランドに迷ったらMasterCardにするのもおすすめです。

0
このページの目次