今すぐクレカが欲しい!そんな方におすすめの即日発行可能なクレジットカード3選

今すぐクレカが欲しい!そんな方におすすめの即日発行可能なクレジットカード3選

ざっくり言うと
  • クレジットカードの即日発行は「WEB申込」→「店舗受取」という手順が一般的。
  • 申込前に受け取れる場所を確認し、免許証やパスポートなどの本人確認書類の用意が必要。
  • 審査に時間がかかる場合等もあるため、あくまで“最短”即日発行という点に注意。

「突然の海外旅行が決まった」
「どうしても必要で購入したい商品があるけど現金もカードもない!」

そんな「すぐにクレジットカードが欲しい」という状況もあるかもしれません。

旅行保険等も付帯されていれば、旅先の万が一のトラブルにも安心ですよね。

クレジットカードは申込→審査→発行→手元に届くまで、1~3週間ぐらいかかることが一般的です。

しかし、そんな中でも最短即日発行できるクレジットカードも登場しています。

今回はクレジットカードの即日発行の流れやメリット、最短即日発行できるクレジットカード、そして郵送で比較的早く届けてくれるクレジットカードを紹介していきます。

クレジットカードの即日発行の流れ

まずはクレジットカードを即日発行するための手続きについて見ていきましょう。

最短で申し込み当日にクレジットカードを受け取ることができたら、緊急事態にも対応することができるので色々と便利です。

大きな買い物をする際にもクレジットカードを利用することでポイントや各種サービスを受けることができるようになるため、結果的に現金で購入するよりもメリットが大きくなる場合も多々あります。

「クレジットカードの即日発行」と見ると難解に感じるかもしれませんが、手続き自体はそれほど難しいことではありません。

ここではネット申込からクレジットカードを即日発行する流れをご紹介します。

1.ネットでカードを申込み

クレジットカード即日発行のファーストステップは「WEB申込」です。

即日発行ができるクレジットカードが欲しい場合、店頭窓口で申し込みをしたほうが良いように思えるかもしれませんが、店頭窓口でクレジットカードの申し込みをする場合は審査に落ちたときに無駄足となってしまいます。

ネットからの申込みの場合は審査が完了して通過することができれば、指定の店舗にカードを受け取りに行くだけなので、必要最低限の時間で手続きを完了することができます。

「即日」って何時まで?

会社によって異なりますが、即日発行が可能なクレジットカードに申し込みをする場合、15時を過ぎてからだと翌営業日の手続きになってしまう可能性があります。
 
即日発行を希望する場合はできるだけ早く手続きをして、可能ならば午前中には手続きを完了しているのがベストです。

2.カード発行前の審査

クレジットカードの申し込み手続きが完了すると、次は審査が開始されることになります。

この審査というのはどのクレジットカードでも行われていて、申し込みをしたクレジットカードの種類によって審査基準が異なります。

MEMO
「店頭窓口で募集されているクレジットカードの場合は審査基準が甘い」というような話を耳にすることがありますが、店頭窓口でもネットでの申し込みでも審査基準は変わりません。
 
ただし、洋服や家電などのお店で募集されているクレジットカードは「流通系」の場合が多く、一般的に流通系カードは比較的審査が厳しくないと言われています。

注意点としては、延滞履歴や申し込み時の記入漏れなどがあると審査に通過することが難しくなるため、その点に関しては注意してください。

3.店頭での受け取り

無事に発行審査をパスできれば、最後にクレジットカードを受け取って完了です。

受け取りに関しては指定された店舗に来店してサービスカウンターなどで受け取ることができます。(クレジットカードによって異なるので申込時にしっかり確認しましょう)

店舗の営業時間ギリギリにクレジットカードを取りに行くと、その日のサービスが終了している可能性もあるため、時間に余裕を持って受け取りに行くようにしてください。

クレジットカードを即日発行するメリットと注意点

一般的にクレジットカードを発行するまでに掛かる時間は少なくとも3営業日~21営業日程度で、グレードの高いクレジットカードほど発行手続きに時間が掛かる傾向があります。

クレジットカードの即日発行は欲しいときに早く手に入るので、利用者にとってはメリットしかありません。

ただし、注意点もいくつかあります。メリットと注意点について見てみましょう。

すぐに買い物ができる

クレジットカードを即日発行することのメリットはなんといっても、発行してもらった時からすぐに利用できる点です。

最近では銀行口座から預金を引き出す時にも108円~324円ほどの手数料が発生するケースも増えているため、現金をあまり持ち歩かないという人も増えてきました。

しかし、クレジットカードを持っていれば現金と同じように買い物をすることができるため、キャッシュレスで生活をすることが出来ます。

スーパーやデパート等が発行するクレジットカードの場合は、カード決済によって割引を受けられるタイプのものも多く、その場ですぐに買い物できるのは大きなメリットですね。

余談:クレジットカードは悪いもの?
社会にはカード破産という言葉もあるように、「クレジットカードを使うこと=悪いこと」とするよく分からない風習も残っていますが、それは「包丁=悪いもの」と同じくらい短絡的思考とも言えます。
 
先進国の中では日本が最も現金決済にこだわり、キャッシュレス後進国ということを覚えておいてください。

本人確認が必要

カードの発行審査が終わって店頭で受け取る際には当然、本人確認が必要です。

運転免許証やパスポート、住基カードといった本人を確認するための書類の提示が求められます。

MEMO
基本的には顔写真付きの書類となっていますが、カードの種類によっては健康保険証などの顔写真が無いタイプの書類でも可能なケースもあります。

生活圏に店舗があるか否か

前述のとおり、クレジットカードを即日発行してもらうためには店頭に受け取りに行くことになります。

そのため、自分の生活圏内に店舗があるかどうかはとても重要です。

自宅の近くに店舗がない場合でも、職場の近くに店舗があるというケースなら仕事が終わってから受け取りに行くことも可能です。

自分の生活圏内に受け取りができる店舗がない場合は条件が揃っていても即日に受け取ることができなくなるので注意が必要です。

最短で即日発行できるおすすめクレジットカード3選

即日発行の流れについて理解したところで、最短で即日発行に対応しているクレジットカードを3種類ご紹介します。

セゾンカード インターナショナル

セゾンカードインターナショナル

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard

セゾンのポイントサイト「永久不滅.com」を経由し出店ショップで買物をすると、ショップ独自のポイントに加え、セゾンカードの利用で永久不滅ポイントが最大30倍貯まる。毎月5日と20日は西友、LIVINで買い物をすれば商品が5%OFFに。イトーヨーカドー、セブンイレブンではnanacoポイントと永久不滅ポイントの2つのポイントを貯められる。海外国内保険等は付帯していないが、「海外アシスタントデスク」というサービスがあり、出発7日前までの事前レストラン予約や緊急時相談など日本語で対応してくれるオプションあり。

セゾンカードインターナショナルは年会費も入会費も永久に無料です。

インターネットから申し込みでき、カードの受け取りは全国のパルコや西友で受け取りが可能です。

西友やパルコ等で買い物をする際に割引が適用されたり、永久不滅ポイントなどポイントサービスも充実しているため、普段のショッピング使いにおすすめのカードと言えます。

エポスカード

エポスカード

  • VISA

マルイやモディで年4回開催される「マルコとマルオの7日間」で、ほとんどの商品を10%OFFで購入可能。レストランやカラオケ、遊園地など、優待店舗は国内に7,000以上ありどんどんポイントが貯まる。年会費無料なのに海外旅行保険が自動付帯。適用も広く、傷害死亡・後遺障害、傷害治療費用、疾病治療費用、賠償責任、救援者費用、携行品損害など安心できる。貯まったポイントは、他社ポイントに移行できたりギフト券などに交換ができる柔軟さ。

エポスカードも年会費・入会金が無料のクレジットカードです。

カードは全国のマルイ系列のデパートで受け取り可能なので、どちらかと言えば関東圏の方が利用しやすいタイプのクレジットカードと言えるかもしれません。

最高500万円までの海外旅行傷害保険が自動付帯、エポスカード系列のカラオケボックスやファミレスの料金が割引される等の大きなメリットもあります。

エムアイカード

エムアイカード

  • VISA

24時間365日対応、もしものトラブルやお悩みを解決する「住まいのサポート」あり。家族カードは4枚まで申し込むことができ、家族分の年会費は全て無料。伊勢丹や三越で1商品を購入時、3,000円(税別)以上だと、購入額に対して5%の還元率。JALマイルは、「JALマイレージバンク」に事前登録が必要で、3,000ポイント以上1,000単位で交換、ANAマイルは「ANAマイレージクラブ」にて2,000ポイント以上2,000単位の交換。

エムアイカードは三越伊勢丹グループが提供しているクレジットカードです。年会費は初年度無料で、2年目以降は2,000円+消費税が掛かります。

三越や伊勢丹、丸井今井、岩田屋などで割引適用があり、カードの受取も全国の三越伊勢丹などでできます。

ポイントも比較的貯まりやすく、貯まったポイントはJALやANAのマイル等に交換することも可能です。

郵送で早く届けてくれるおすすめクレジットカード3選

以下では、申込をして郵送で早く届けてくれるクレジットカードを3種類ご紹介します。即日発行も可能だけど店舗に取りに行く時間的な余裕がない…という人におすすめです。

JCB一般カード

JCB一般カード

  • JCB

日々のショッピングはインターネットから・・・、休日は家族で車に乗ってお出かけしたい・・・通勤途中にコンビニでよく購入する・・・などとにかく買い物する人におトク!ORIGINAL SERIESパートナー店であるセブンイレブンやイトーヨーカドーならポイント3倍、スターバックスでポイント5倍、Amazonでポイント3倍など。さらに最大で10倍のポイント優待店もありポイントは商品に交換もできる。

JCB一般カードはネット申込&オンラインで口座設定をすることで最短即日発行→翌日お届け可能なクレジットカードです。

審査の内容によっては当日中に審査が完了しないこともあります。他のカードにも言えることですが、あくまで“最短”即日です。

カードのデザインを決定する際にディズニーデザインを選択すると当日の発行が難しくなりますので、早くカードが必要な方は注意が必要です。

また、住んでいる地域によっては届くまでに数日かかる場合もあります。

JCBゴールドカード

JCBゴールドカード

  • JCB

JCBが運営する「Oki Dokiランド」を経由すると、通常1,000円につき1ポイント貯まるポイントが最大20倍に。MyJチェックの登録があり、JCB海外加盟店でカードを利用すると、通常1,000円につき1ポイント貯まるポイントが自動的に2倍。旅行好きにはもってこいの1枚。貯まったポイントは提携他社のポイント・マイル移行や、ディズニーリゾートのパークチケットなど、好きな商品と交換でき、家族持ちには大満足。一定条件を満たでば、プライオリティ・パスなど、ワンランク上の充実したサービスが利用できる「JCBゴールド ザ・プレミア」への招待もあり、次への期待も高まること間違いなし。

JCBゴールドカードは、JCB一般カードと同じような手続きで発行できクレジットカードです。

一般カードと比較するとカードのグレードが高く様々なサービスを受けられますが、税別10,000円の消費税がかかります。(WEB入会の場合は初年度無料)

平日の11時までに申し込み手続きが完了していて、12時までに入会判定結果のお知らせメールを受信していることが条件となっているため、早く発行してほしい場合はなるべく早く申し込みましょう。

MUFGカード ゴールド

MUFGカードゴールド

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard

「2,000円からゴールドカードが持てる時代へ!」というキャッチフレーズで登場したMUFGカード ゴールド。年会費も1,905円+税で、初年度は無料とそれまでの概念を軽く打ち破り登場。とは言っても世界最大の金融グループである三菱UFJグループの中核をなすMUFGカードブランドなので、格安過ぎる感がまったくない程の充実度を誇る。付帯保険サービスも、海外旅行保険、国内旅行保険、ショッピング保険がありこちらも最高レベルの補償内容。海外で信頼のステータスと評価されるゴールドカードをゲットできるのは、MUFGカードゴールドの最大の魅力。

MUFGカードゴールドは、三菱UFJフィナンシャルグループが提供するクレジットカードです。

オンライン申込&オンラインで支払い口座設定をすることで、最短で翌営業日にクレジットカードの発行が可能です。

カードの種別についてもVISAもしくはMasterCardで手続きをすることが条件で、JCBで申し込みをした場合は最短で2営業日の時間が必要になります。

年会費は初年度無料ですが、2年目以降は1,905円+消費税がかかります。

クレジットカードの即日発行審査をパスするためのポイント

クレジットカードを発行するにあたって、最大の難関は「審査」です。いくら申し込みをしても、審査を通過しなくてはクレジットカードを発行してもらえません。

ここでは、クレジットカードを即日発行してもらう際の審査についてご紹介します。

「即日発行=審査が甘い」は嘘!

クレジットカードの即日発行は「ネット申込→大部分を機械が自動審査」というケースが多く、場合によっては30分というスピードの時もあります。ただ、審査が甘いというわけではありません。

機械審査の場合は信用情報との照合を自動的に行なうため、むしろ情状酌量的な余地もないと考えるくらいで良いかもしれません。

審査で重要なポイントは?

クレジットカードの審査はある一定の基準、条件が存在し、機械審査の場合にもその基準を満たさないと審査に落ちてしまいます。

いくつかのポイントを簡単にご紹介します。(詳しくは下記記事もご覧ください)

一定の収入があること

クレジットカードの審査で発行側が最も懸念する点は、「この申請者は支払いを滞りなく継続できるのか?」という点です。

統計的にその確率を高めるための具体的な共通基準としているのが「申請者が一定以上の安定的な収入があること」です。

申込時に「勤め先」の記入は必須ですし、本当にその勤務先に勤めているのかを確認する「在籍確認」をする会社があるのも当然のことと言えるでしょう。

学生や主婦の場合はどうなる?

学生に関しては、滞ってしまった場合は親が支払いを肩代わりすることが前提になっています。これはアルバイトをしているか否かは関係ありません。

一方、主婦の方の場合は配偶者に支払い能力と信用があると認められれば審査は問題ありません。

スーパーホワイトの方の審査

基本的に、一定以上の安定収入と信用がある申込者は審査をパスしやすいです。

しかし、例えば30歳を超えても一度もクレジットカード取得実績が無い、あるいはローンを組んだことがない申込者は「スーパーホワイト」と呼ばれ、審査に通りにくいと言われています。

クレヒス(クレジットヒストリー)がないと性格等も見えず、さらに若くないのに信用情報が全くない場合は「何か問題があるのではないか?」と懐疑的にならざるを得ないためです。

スーパーホワイトの方は比較的審査の厳しくないクレジットカードで実績を積むのがおすすめです。

審査でマイナスになるその他のポイント

カードローン等の債務残高が多い場合は審査にマイナス影響を与えてしまうことがあるため、できるだけローン残高を下げるか解約をするなどしてから申し込むのがおすすめです。

一度に複数のカードを申請するのもマイナスです。これは「申し込みブラック」と呼ばれ、お金に困っている、悪いことをしそう…と懸念を抱かれてしまいます。

申込履歴も信用情報機関に残る!

クレジットカードの申込履歴も信用情報機関に保存されます。一般的に半年間残ると言われているため、一枚ずつ申し込み、審査に落ちたら半年後以降にリトライすると良いでしょう。

見落とされがちな点として、申し込みの際の「キャッシング枠」も審査に関わります。

キャッシング枠は貸金業法の総量規制で「年収の1/3まで」と限定されており、年収等もより細かく検討されることになります。

即日発行の審査に不安、あるいはキャッシング機能は必要ない場合は「キャッシング枠=ゼロ」で申し込むと良いでしょう

クレジットカード即日発行に関するよくあるQ&A

このように、即日発行のクレジットカードもきちんと審査されます。その審査に通過すれば晴れてクレジットカードの発行となるわけですね。

上記以外に、クレジットカードの即日発行に関するよくある疑問点を見てみましょう。

土日や祝日も即日発行は可能?

これは審査を通過した後のカード発行、受け取り場所に大きく依存します。つまり、受け取りが実店舗で土日祝日も営業していれば受け取りは可能です(流通系のクレジットカード)。

また、ACマスターカードは自動契約機(むじんくん)で受け取れるため土日でも可能です。

店舗の特設場で発行しているクレジットカードも即日発行ですか?

店舗で発行しているクレジットカードで発行されるのはほとんどの場合「仮カード」です。

「使用や割引等の特典を受けられるのは発行した店舗のみ」というケースが多く、その場合は審査や本カード発行は後日なので、仮カードが発行されたとしても審査を通過したとは限りません。

どんな時間に申し込んでも即日発行できる?

クレジットカードによって即日発行できる時間は異なりますが、例えばセゾンカードの当日分審査は19時30分で終了するため、少なくともこの時間に間に合うようにネットで申し込みを完了させておく必要があります。

できれば午前中、遅くとも15時には申し込みを済ませておきましょう。即日発行対応のクレジットカードでも同じ事が言えますが、あらかじめ調べておいた方が良いでしょう。

ゴールデンウィークや年末年始でも即日発行できる?

ほとんどの流通系や消費者金融系(アコムなど)の即日発行に対応しているクレジットカードは、ゴールデンウィーク、シルバーウィーク、盆休みは即日発行できますが、元旦はできないケースが多いようです。

申し込みの後に用意しておくものは?

必ず必要になるのは、身分証明書(運転免許証、パスポート、健康保険証など)です。受取の際に必ず提示を求められます。

それから、クレジットカードの引き落としに使う銀行などの情報(支店名、口座番号)が分かるものや、印鑑(銀行印)も用意しておくと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?今回はクレジットカードの即日発行の手順やおすすめカードをご紹介しました。

「早くクレジットカードを持ちたい」というケースも多いかもしれませんが、現在の自分の状況と照らし合わせてベストなカードを選ぶことが大切です。

クレジットカードの種類によって付帯サービスや条件も大きく異なるため、その点も考慮した上でカードを選びましょう。

このページの目次