新機能「マイクレカ比較」リリース!
490

年会費無料で二枚目以降にもおすすめ!イオンのクレジットカード3選

なにかと便利なクレジットカード。

しかし実際にクレジットカードを使いこなせている人は多くないようです。

普段現金で払っているような買い物も、カードを使えばポイントが貯められたり、割引が受けられたりする事をご存知でしたか?

普段使い用のクレジットカードをとりあえず一枚もっておきたいなあと思っていらっしゃる方におすすめなのが、イオンのクレジットカードです。

イオンのクレジットカードはショッピングモールのイオンモールでも便利に活用できるうえに、提携店舗などでも便利に活用できるお得なクレジットカードなのです。

ここでは、そんなイオンカードの魅力、そしてオススメできる3種類のカードをご紹介させて頂きたいと思います。

どうせクレジットカードを作るのであれば、普段利用するショッピングモールイオンのクレジットカードを作って便利に活用したい!」という方は、必見です!

ここがお得!イオンカードの5つの魅力

「イオンカードがお得そうなので、ぜひ、作ってみたいけれどどんな点がお得なの?」と疑問をおもちの方のために、以下にイオンカードがもつ魅力的なポイントをいくつかご紹介させて頂きます。

その1:ポイント2倍のチャンスがたくさん!ポイントを貯めまくろう

通常のショッピングでは200円の買い物につき1ポイント(還元率0.5%)たまります。

そしてイオンカードには2倍ポイントを貯める方法が3つあります。

  1. イオングループでのショッピングで”ときめきポイント”が2倍貯まる
  2. ときめきWポイントデーでのショッピングで”ときめきポイント”が2倍貯まる
  3. お客様ワクワクデーでのショッピングで”WAONポイント”が2倍貯まる。

イオングループでの買い物ならいつでもポイント2倍

イオンモールやマックスバリュ、イオンなどのイオングループで購入をした場合、200円につき、2ポイント(還元率1%)、といつでもポイントが2倍付与されるという魅力的なサービスがあります。

毎月10日の”ときめきWポイントデー”でポイント2倍

毎月10日のときめきWポイントデーにおいてもイオンカードでショッピングすれば200円ごとに2ポイント、つまり、2倍ポイントが付与されます。

つまりは、イオンカードで普通の店で(イオングループ以外)買い物をしてもポイントが2倍つくという事です。

毎月10日をショッピングデーにするのもいいかもしれないですね!

このWポイントデーで2倍のポイントを付与されるイオンカードはほとんどのイオン銀行発行のクレジットカードなのですが、イオンJMBカードやI LOVE代官山カード、ソフトバンクテレコムカードの場合は残念ながらポイントが付与されませんので、気を付けましょう。

5がつく日の”お客様ワクワクデー”でのショッピングでポイント2倍

イオングループで毎月5日や15日、25日にポイントが2倍に付与されるお客様ワクワクデーでが行われ、そこでのショッピングも、ポイントが2倍となります。

この日に2倍になるのはWAONポイントの方で、電子マネーWAONでの支払いをする必要がありますのでご注意を。

ときめきポイントとWAONポイントの違い

イオンが取り扱うポイントには”ときめきポイント”と”WAONポイント”の二種類があります。

それぞれの説明をシンプルにすると、

ときめきポイントWAONポイント
イオン系のクレジットカード利用で貯まるポイント電子マネーのWAON利用で貯まるポイント

となっています。

WAONポイントを電子マネーとしてつかうときに「WAON:実際に使える電子マネー」に交換するのです。
 
“ときめきポイント”は、

  1. カタログの商品に交換する
  2. イオンのショッピングサイト「ときめきポイントTOWN」での買い物に使う(最大21倍のポイントがつく)
  3. WAON POINTに交換する

の3つの交換先があります。
 
つまり、”ときめきポイント”を”WAON”に交換して電子マネーとして利用したい場合は、

ときめきポイント

WAONポイント

WAON

とWAONに交換するためには二回の手続きが必要になります。

その2:トラベル&レジャーでお得に利用できる!

「トクする旅行案内板」でおトクに旅行をしよう!

イオンカードをもっていると、“トクする旅行案内板”というwebサイトを利用することができます。

“トクする旅行案内板”は近畿日本ツーリストやエクスペディア、などと提携しており、旅行プランをオンライン検索・予約できるほか、様々なサービスを利用でき、旅行好きの方におすすめの便利なサイトです。

また、イオンのインターナショナルカードをお持ちの方であれば、海外旅行中に知りたい情報を教えてくれたり、困ったときに手助けしたりしてくれる便利なイオンワールドデスクを活用できるというメリットもあります。

イオンカードでレジャー施設を優待価格で利用できる

イオンカードを持っていると様々なレジャー施設を優待価格で利用する事ができます。

例えばイオンシネマも一般の料金から300円引きで利用できますし、富士急ハイランド、鴨川シーワールド、東京サマーランドやカラオケビッグエコーなど様々な施設を優待価格でお得に利用できます。

その3:破損&盗難保険がついているので安心!

イオンカードはイオンカードを利用して購入した5000円以上の商品が購入日から180日以内に破損したり、盗難したりした場合、保証してくれるショッピングセーフティ保険が付帯しています。

そのほかにも、イオンカードが盗まれたり、紛失してしまったりした場合に不正利用された場合にも保証してもらえる、クレジットカード盗難補償も付帯しています。

その4:55歳以上の方限定の5%offデーがある

イオンカードをもっている方であれば、全国のイオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、ザ・ビッグ、メガマートで毎月15日に55歳以上のお客様限定で開催されるG.G感謝デーにて5%割引でショッピングができるというメリットがあります。

その5:一定条件を満たせばでゴールドカードを無料で入手できる!

インビテーション限定!イオンゴールドカード

イオンゴールドカード

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard
年会費初年度無料
次年度以降無料
還元率0.50%~1.33%
マイクレカ比較に追加
「イオンゴールドカード」はイオンカード、イオンカードセレクト会員のうち、特定の条件を満たした会員のみ入会できる、招待制カード(直近1年間累計の利用額が100万円以上など)。5の付く日にwaonオートチャージで1.5%還元。利用時と合わせると2%の還元率。海外旅行傷害保険が無条件で付帯は嬉しい、最高3,000万円まで補償。国内旅行傷害保険も事前に手続きをすれば最高3,000万円まで補償される。買い物の間の休憩や待ち合わせに便利なイオンラウンジが無料で利用可。トップバリュの試供品お試しや、ドリンクとスナックが用意され、新聞・各種雑誌を自由に閲覧できる。

イオンカードによるショッピングの年間の累計金額が100万円以上の場合やその他の条件を満たした場合、イオンゴールドカードを無料で入手することができます。

イオンゴールドカードの特徴を押さえておきましょう。

  • 年会費が無料
  • 国内・外旅行傷害保険
  • ショッピング保険
  • イオンラウンジや羽田空港のラウンジの利用が可能
  • デザインは、通常のものとディズニーデザインのもの2種類からチョイス可能

年会費が無料ということもあり、イオンのヘービーユーザーなら是が非でも持ちたい一枚ですね。

どうせ作るならこれ!おすすめイオンカード3選!

上記でご紹介致しましたように、イオンカードはかなり便利でお得なカードですが、なかでもさらにおすすめしたい便利でお得なカードを3種類チョイスしてご紹介させて頂きたいと思います。

これからイオンのクレジットカードを作成しようと考えていらっしゃる方で、どのカードにしてよいか検討中の方は、必見です!

イオンカードの定番「イオンカードセレクト」

イオンカードセレクト

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard
年会費初年度無料
次年度以降無料
還元率0.50%~1.33%
マイクレカ比較に追加
全国のイオン、イオンモール、ダイエー、マックスバリュなどイオングループの対象店舗で利用すると200円(税込)ごとに2ポイントプレゼント。毎月20・30日の「お客さま感謝デー」には全国の対象店舗の買い物が5%OFF。1ポイント1円分でWAONに変換しやすくポイントが使いやすい。イオン銀行の普通預金金利0.1%上乗せはランクが高く、普通預金でこの金利は追随を許さない。
今なら最大8,000ポイントプレゼント!

イオンカードを作成を検討されている方にまずオススメしたいのが一番ベーシックな”イオンカードセレクト”というカードです。

キャッシュカード+クレジットカード+電子マネーWAONが1枚に凝縮されているため使い勝手も良い事でしょう。

上の記事で述べたポイント以外にもたくさんの特徴がありますのでそれをまとめると

  • 年会費が無料
  • イオン銀行の普通預金の金利が年0.1%とお得である
  • イオンやイオンモールなどのイオングループの対象店舗ならポイントがいつでも2倍
  • 毎月20日と30日にイオン対象店舗で開催されるお客様感謝デーにて5%OFFでショッピングができる
  • 電気代や水道代など各種公共料金をイオンカードセレクトでの支払いにすると1件につき毎月5ポイント付与される
  • イオン銀行を給与振込口座にすれば毎月10ポイント付与される
  • カードをディズニーデザインにできる


などなど、たくさんの特徴があり、このカードに搭載されている機能は他のイオンカードにも付いています。

もちろん上記5つのメリットも付いていて、年会費が無料という事もあり、とりあえずイオンカードをもっておきたい、という人にはオススメしたい一枚です。

ポイントで電車に乗れる「イオンSuicaカード」

イオンSuicaカード

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard
年会費初年度無料
次年度以降無料
還元率0.50%~1.33%
マイクレカ比較に追加
Suicaチャージ時のポイントが0.25%で低さを感じるが、他のイオン系カードで貯まったときめきポイントと合算してWAONなどと交換可能。不定期な公共交通機関移動が多い人でもメリット十分。全国のイオン、イオンモール、ダイエー、マックスバリュなど、イオングループの対象店舗でカードを利用すると、ときめきポイントが、いつでも2倍の2ポイント貯まる。さらに、「お客さま感謝デーはお買い物代金5%OFF」で、毎月20日・30日はお得。
今なら最大6,000ポイントプレゼント!

通勤で電車などを普段から利用される方におすすめのイオンカードなのがイオンSuicaカードです。

イオンカードセレクト+Suicaのカード、というイメージでよいでしょう。

持ち運ぶべきカードがさらに一枚減りましたね!

貯まったときめきポイントをSuica(電子マネー)に交換できる

このイオンSuicaカードの最大の特徴であり、メリットは、イオンモールやイオンなどでのクレジット決済で貯まったポイントをSuicaの電子マネーに交換できる点です。

ポイントがSuicaの電子マネーに移行できるのは、イオンSuicaカードの会員の方限定で、チャージは、パソコンやスマートフォンから行えます。

ポイント交換、オートチャージ設定はJR駅構内のVIEW ALTTEで!

交換申し込みをすると、翌々日から受け取り可能となります。
 
ポイント交換はVIEW ALTTE(ビューアルッテ)というJR東日本の主要な駅に設置してある駅のATMコーナーでできます。
 
ポイントは1000ポイント(1000円分)から交換&チャージ可能です。
 
またVIEW ALTTEではSuicaのオートチャージの設定をすることができます。

しかしイオン・スイカカードでのチャージや定期券購入の際のポイントの還元率は0.25%しかありません。

Suicaへのチャージや定期券購入でポイントを貯めたい方は、1.5%の還元率を誇るビューカードを強くオススメします。

こちらの記事に詳しく書いてありますので是非ご覧になってください。

イオンJMBカード(JMB WAON一体型)

イオンJMBカード

  • VISA
  • JCB
  • MasterCard
年会費初年度無料
次年度以降無料
還元率0.50%~1.00%
マイクレカ比較に追加
小銭要らずで便利。カードショッピングの利用200円(税込)につき1マイル。毎月5日・15日・25日の「お客さまわくわくデー」で利用200円(税込)につき2マイル(通常時の2倍)。貯まったマイルは10,000マイルからWAONに交換可能。イオンシネマの一般通常料金(1,800円(税込)または、1,700円(税込))をイオンカードで支払うと、会員と同伴者1名まで)各300円引きされる、映画好きには溜まらないサービス。
今なら最大4,000円分のWAON!

普段から、ビジネスや旅行でJALを利用される方にオススメなのがイオンJMBカードです。

基本的なサービス内容は他のイオンカードとほとんど同じです。

イオンJMSカードの特徴は、イオンJMBカードを使ってショッピングをするたびに2マイルJALのマイルが貯まるという点です。

マイルの貯め方は、イオンやイオンモールなどでのショッピングのほかにもJALでのフライトや宿泊、ツアーなどでも貯めることができます。

JALマイルはWAONにも交換可能!

貯まったJALマイルは特典航空券への交換がおすすめですが、もしも有効期限などで使い道がない…という場合は電子マネー「WAON」にも交換できます。

マイルWAON
10,000マイル11,000WAON(11,000円相当)
11000マイル12,000WAON(12,000円相当)




19,000マイル20,000WAON(20,000円相当
20,000マイル22,000WAON(22,000円相当)
40,000マイル50,000WAON(50,000円相当)

※上記の交換レートは2019年3月31日までです。

そのほかにも、JALのタッチ&ゴーサービスが利用できますので、とてもスムーズに飛行機に搭乗することができるようになります。

このようにJALをよく使う人、もしくは使いたい人はかなりお得になるカードなので、是非オススメしたいです。

まとめ

イオンカードがどのようなカードか、おわかりいただけたでしょうか?

記事で説明したようにポイントがたくさん貯められ、お得なショッピングができたり、優待をうけられたりする、などイオンカードはたくさんの魅力の詰まったお得なカードです。

またほとんどのカードが年会費無料なので、気軽に使い始める事ができそうですね。

二枚目、三枚目、のカードとしても持っておいて損はないでしょう。

普段からイオンモールやイオンなどのイオングループの店舗やイオン銀行を利用されている方、もしくはSuicaやJALを利用されていらっしゃる方は、上記でご紹介したおすすめイオンカードを作成してみてはいかかがでしょうか?

0
このページの目次