dカードとdカード GOLD (ゴールド )はどっちがおすすめ?両者の違いを徹底比較

シェアしてあとで読む

ドコモユーザーから絶大な人気を誇るdカード、と上位カードのdカード GOLD

「ドコモユーザーならdカード GOLDがお得!」と宣伝しているみたいですが、実際にどっちにするべきか難しいですよね。

結論からいうと、ケータイの利用料金が多いならdカード GOLDがオススメです。

ただ他にも違いがあるので、この記事では徹底的に比較し、複合的に考えてどちらを選ぶべきか解説します。

dカードとdカード GOLDの7つの違いを比較

dカードとdカード GOLDの主な違いを表にまとめてみました。

dカード
dカード
dカード GOLD
dカード GOLD
年会費無料10,000円
(税別)
ドコモ利用での
還元率
1%10%
ケータイ
補償額
10,000円100,000円
ケータイ
保証期間
購入後1年購入後3年
空港ラウンジ×
海外旅行保険×最高5,000万円
限度額10〜100万円10〜300万円

年会費に1万円の差がある分、サービスや特典にはかなりの開きがありますね。

一つひとつ違いを確認していきましょう。(先に結論を知りたい人は「dカードとdカード GOLDはどっちがおすすめ?」をご覧ください)

1.年会費を比較

dカード GOLDの年会費は1万円。ゴールドカードとしてはいたって標準的ですが、無料のdカードと比較すると、どうしても高く感じますね。

dカード
dカード
dカード GOLD
dカード GOLD
年会費無料10,000円
(税別)

その代わりにdカードにはないサービスが充実しています。

  • ドコモ料金に対して10%還元
  • 最大10万円のケータイ補償
  • 国内主要空港ラウンジが無料
  • 最高1億円の海外旅行保険

特に、「ケータイ利用料金に対して10%還元」には目を見張るものがあり、人によってはこれだけで年会費の元を取れてしまいます。

レバレッジをかけて利益を得る、これがdカード GOLDの使い方です。

家族カード・ETCカードの年会費を比較

家族カードとETCカードの年会費を比較してみましょう。

dカード
dカード
dカード GOLD
dカード GOLD
家族カード
年会費
無料税別1,000円(※1)
ETCカード
年会費
税別500円(※2)無料

※1…1枚目無料、初年度無料
※2…年一回以上の利用で翌年度無料

ETCカードはどちらも実質無料なので、優劣は特になし。

一方家族カードはdカードが無料に対し、dカード GOLDは1,000円と有料。

ただ1枚目の家族カードは完全に無料なので、夫婦間で持つ場合は維持費ゼロです。

2枚目以降は1,000円だが
2枚目以降の家族カード、つまりお子さんの分は年会費が1,000円+税かかるので、発行するか悩ましいところ。

ただ、家族カードでもゴールドならではのサービスを本会員同様受けられるので、発行するメリットは大きいです。(むしろたった1,000円でいいの…という気持ちになります)

  • 海外旅行保険
  • 空港ラウンジサービス
  • ケータイ補償サービス
  • ケータイ・ネット料金の10%還元特典

後述する「ケータイ・ネット料金の10%還元特典」は家族カード所有者のみに適応されるので、発行しておいたほうがいいですよ。

2.ドコモ利用料金に対しての還元率を比較

基本還元率はどちらも1.0%と、普段使いでポイントが貯まりやすいカード。(“楽天カード”と同じく高還元率カード)

しかしドコモ利用料金に対しての還元率は、dカード1.0%に対してdカード GOLDは10%と大きく差があります。

dカード
dカード
dカード GOLD
dカード GOLD
基本還元率1.0%1.0%
ドコモ利用での
還元率
1.0%10.0%

「ケータイ・ネット料金の10%還元」で年会費以上のポイントがもらえるかをどちらを選ぶか一つの基準になるでしょう

3.ケータイ補償サービスで比較

dカード/dカードGOLDの主力特典に「ケータイ補償サービス」があります。

紛失・盗難・修理不能(水濡れ・全損)などあらゆるシチュエーションが保証の対象、となかなか優秀なサービスですが、もちろんこれもdカードGOLDの方が補償額が充実

dカード
dカード
dカード GOLD
dカード GOLD
ドコモ利用での
還元率
3万円10万円
保証期間購入後1年購入後3年

完全無料で自動加入で、AppleCareや有料のケータイ補償サービスに入らなくて済むので、大幅な節約になりそうです。

dカード GOLDケータイ補償サービスの仕組み

GOLDなら保証期間3年

補償が適応されるのは、dカードだと購入後1年以内と少し短め。

一方dカード GOLDは購入後3年までならOK

Apple Careでも製品保証は2年までなので、最近はdカード GOLDの保険だけで済ませる人も多いみたいですよ。

4.空港ラウンジを比較

dカードでは付帯しなかった空港ラウンジ特典。(一般カードなので当たり前ですが…)

さすがはゴールドカード、dカード GOLDは国内主要29空港・ハワイにある空港ラウンジを無料で使えます

dカード
dカード
dカード GOLD
dカード GOLD
空港ラウンジ国内主要29空港
ハワイ

ソフトドリンク無料など、空港での空き時間を有意義に過ごせますよ。

海外の空港ラウンジは使えない
ただしdカード GOLDで使えるのは基本的に国内の空港ラウンジのみ。(+ハワイ)

プライオリティ・パスやラウンジキーはなく、基本的に海外の空港ラウンジは利用できません

プライオリティ・パス=世界中の豪華な空港ラウンジを利用できる会員制サービス

海外旅行や出張が多い人は、プライオリティ・パス無料付帯の楽天プレミアムカードなどもオススメしたいです。

5.海外旅行保険を比較

dカードにはなかった海外旅行保険も、dカード GOLDにはもちろん付帯しています。

dカード
dカード
dカード GOLD
dカード GOLD
死亡後遺障害5,000万円
(利用:+5,000万円)
傷害治療300万円
疾病治療300万円
携行品損害50万円
賠償責任5,000万円
救援者費用500万円

海外では100万円単位で治療費がかかることもあるので、かなりの安心材料になりますね。

補償額も多く、dカード GOLD1枚で事足りるケースがほとんどですが、心配な人はエポスカードなど年会費無料で旅行保険付きのカードをプラスで持つといいですよ。

6.入会キャンペーンを比較

入会キャンペーン特典もdカード GOLDのほうが多いです。

dカード
dカード
dカード GOLD
dカード GOLD
キャンペーン最大8000円分最大15000円分

短期的に見るとお得に感じますが、その差分では年会費1年分にすらなりません。

キャンペーンに惑わされず、特典・サービス重視で決めるのが良いでしょう。

7.限度額で比較

dカード GOLDは、dカードよりも最大限度額が高めに設定されています。

dカード
dカード
dカード GOLD
dカード GOLD
キャンペーン10〜100万円10〜300万円

最低限度額が10万円と低めなのが気になるところですが、他の年会費が近しいゴールドカードと比較しても多め

口コミを見るとアップグレード直後に限度額が上がった人も多くいるみたいなので、dカード GOLDに切り替えるメリットになりそうですね。

dカードとdカード GOLDはどっちがおすすめ?

dカードとdカード GOLD、どちらがオススメかは、当然人によって違います。

ただクレマイ編集部が考える以下の基準を参考に選ぶと失敗しないでしょう。

  • ドコモ利用料金が多い人→dカード GOLD
  • 海外旅行・出張が多い人→dカード GOLD
  • 維持費をかけたくない→dカード
  • 審査に自信がない人→dカード

ドコモ利用料金が多い人→dカード GOLD

ドコモ利用料金が多い人。

具体的には、月々9,000円ほど使っているなら、還元特典で年会費の元を取れるので、dカード GOLDがオススメ。

月々のケータイ(光)料金月々のポイントポイント総額(年間)
3,000円300ポイント3,600ポイント
5,000円500ポイント6,000ポイント
9,000円900ポイント10,800ポイント
10,000円1000ポイント12,000ポイント
15,000円1,500ポイント18,000ポイント
20,000円2,000ポイント24,000ポイント

特に次のような複数の契約をしている場合は、ほぼ確実に損益分岐点を超えているでしょう。

  • ドコモ光も契約している
  • 家族でドコモユーザー

注意
10%還元の対象は以下の料金だけで、消費税やケータイ本体の分割代金、d払いなどは全て対象外

  • 基本使用料:カケホーダイプランなど
  • 通話・通信料:有料通話の代金
  • 付加機能使用料:パケホーダイプランなど

そのため予想より貰えたポイントが少なく、「騙された」と感じる人もいるみたいです。

「My Docomo」で利用料金を調べて、計算してみるのが一番ですが、それでも不安な人は無料のdカードから始めましょう。

海外旅行・出張が多い人→dカード GOLD

たとえケータイ料金の還元特典で完全に元を取れなくても、海外によく行くならdカードGOLDを発行するのもアリかもしれません。

そもそもゴールドカードは年会費が高い代わりに、旅行保険やラウンジサービスが使えるよ、というもの。

ドコモ関連の特典に惑わされず、俯瞰して考えるとdカードGOLDの優秀さに気付かされますね。

ドコモユーザー以外は必要なし
ドコモユーザーじゃないなら、敢えてdカード GOLDを選ぶ必要ナシ

というのも旅行保険とラウンジ特典の充実度は、あくまでdカードと比較しての話。

他にオススメできるゴールドカードはたくさんあります。(海外空港ラウンジを使える、楽天プレミアムカードなど)

維持費をかけたくない→dカード

「年会費は1円も払いたくない!」という人は、言うまでもなくdカード一択です。

また「10%還元で年会費の元が取れるか分からない」という人も、とりあえずdカードでいいでしょう。

無理にdカードGOLDを発行しても、特典を使いこなせなかったら本末転倒。

「そろそろいけるな!」と思ったタイミングで切り替えればOKです。

審査に自信がない人→dカード

dカードは幅広い層に発行されていますが、dカードGOLDの審査はそう甘くないです。

あくまで目安ですが、審査通過の口コミを元に判断すると、職業別では次のように考えてみてもいいかもしれません。

dカード
dカード
dカード GOLD
dカード GOLD
公務員
経営者・会社役員
会社員
個人事業主
自由業
専業主婦
学生×
パート・アルバイト×
無職××

年収や職業面で審査に自信がないなら、まずはdカードから始めるといいでしょう。

延滞などをせず、しっかりと利用実績を積めば、dカードGOLDへのランクアップもそう難しくないはずです。

dカード→dカード GOLDへの切り替え(アップグレード)

dカード→dカード GOLDへの切り替え方法やキャンペーン、審査を解説します。

切り替え方法

dカード GOLDへのアップグレードは公式サイトから3ステップでカンタンにできます。

  1. 「アップグレードのお申し込み」をタップ
  2. dアカウントにログイン
  3. カードの暗証番号を入力し、申し込み手続き

dカード申し込み時に登録した内容が、自動入力されるので、手続きの手間はほぼゼロ

1,2分もあれば終わります。

ドコモショップでも切り替えできるが...
アップグレードはドコモショップ店頭でもできます。

ただ、以下のようなデメリットがあるので、ネット申し込みの方がオススメです。

  • キャンペーン特典が貰えない(少なめ)
  • 混雑状況次第で待たされる

切り替え時審査あり

「切り替え」と言っても、審査自体は新規申し込み時と同様に行われます。

ただ延滞などをせず、利用実績をきちんと積んでいる人は、dカードからの評価が高く審査に通りやすいはずですよ。

審査時間は最短で10分。

ただここまで早いケースはかなり稀で、1週間以上かかることもあるみたいです…。

切り替えでも一部の入会キャンペーン特典は対象

dカードからの切り替えでも、一部の入会キャンペーン特典は対象に。(旧カードの DCMXカードも対象)

執筆現在(2019年10月)のキャンペーンを例にあげると、10,000〜12,000ポイントほどもらえるみたいです。

dカード GOLDの入会キャンペーン(2019年10月)

  • 特典1:対象(2,000円相当)
  • 特典2:対象外
  • 特典3:対象(8,000円相当)
  • 特典4:すでに登録済みだと対象外(2,000円相当)

特に最近はキャッシュレス戦争最中で、キャンペーン内容も刻一刻と変化しますが、だいたい10,000円分くらいはもらえそうですね。

グレードアップで特典としては、かなり多い方なので優良といえるでしょう。(楽天カードでもせいぜい5,000ポイントほど。)

2枚持ちはできない

dカードとdカード GOLDの2枚持ちは不可

dカード所有者は先述した切り替え手続きをふまないと、dカード GOLDを所有できません。

ただ、dカード GOLDはdカードのサービスを全て包摂しているので、そもそも両方持つメリットはないです。

カード番号の変更には注意!
アップグレードした場合、カード番号は全く新しいものに

公共料金やAmazonなどでdカードを登録していた場合、全て無効になるので、すぐに変更しましょう。

詳しくはdカード公式サイトのQ&Aにまとめられているので、ご覧ください。

まとめ

今回はdカードとdカード GOLDの違いを比較し、どちらを選ぶべきか解説しました。

最後に選ぶ基準を確認しておきましょう。

  • ドコモ利用料金が多い人→dカード GOLD
  • 海外旅行・出張が多い人→dカード GOLD
  • 維持費をかけたくない→dカード
  • 審査に自信がない人→dカード

重要なのは年会費と特典やサービスのバランス。

中でも「ケータイ料金に対しての還元率」が大きな要素を占めるので、月々9,000円ほど携帯料金がかかるなら、dカード GOLDがオススメですよ。

クレジットカードマイスター編集部
クレジットカードマイスター編集部

365日クレジットカードやキャッシュレスを研究している専門家チーム。記事企画&執筆~サイトの開発も社内で行なっています。よかったら各種SNSもフォローしてください。