2,000人に聞いたクレカランキング!

セブン銀行デビット付キャッシュカード

803
セブン銀行デビットカード

セブン銀行デビット付キャッシュカード

  • JCB

キャッシュカードとnanacoが一体化。さらにデビット機能も。新規発行・カード切り替え・年会費無料。

マイクレカ比較に追加
  • 基本情報
  • 口コミ(0)
  • 旅行保険
  • 電子マネー
  • 空港ラウンジ
  • 追加カード
  • キャンペーン
基本情報
発行会社株式会社セブン&アイ・ホールディングス
国際ブランドJCB
年会費初年度無料
次年度以降無料
備考-
還元率通常0.50%
最大1.50%
利用限度額セブン銀行の口座残高が限度額
発行期間2週間程度
ショッピング損害保険なし
ポイントプログラムnanacoポイント
公式サイト

セブン銀行デビットカードの口コミはまだ投稿されていません。

大募集中です!セブン銀行デビットカードに対する口コミ投稿はこちら!

セブン銀行デビット付キャッシュカードには旅行損害保険は付帯されていません。

セブン銀行デビットカードに電子マネー対応はありません。

セブン銀行デビット付キャッシュカードには空港ラウンジサービスは付帯されていません。

家族カード

セブン銀行デビット付キャッシュカードは家族カードを発行できません。

家族カードの解説はこちら>>

ETCカード

セブン銀行デビット付キャッシュカードはETCカードを発行できません。

無料で持てるETCカードはこちら>>

セブン銀行デビット付キャッシュカードは現在、入会キャンペーンを実施していない可能性があります。

詳しくはセブン銀行デビットカード公式サイトをご確認ください。

入会キャンペーン実施中のカード一覧>>

セブン銀行デビット付キャッシュカードはこんな人におすすめ!

  • セブンイレブンを含むセブン&アイグループをよく利用される人
  • 年会費や発行手数料をかけずにデビッドカードを持ちたい人
  • クレジットカードは使い過ぎてしまうかもしれないけれども効率よくポイントを貯めたい人
  • 海外旅行へ行く予定のある人、よく行かれる人
  • キャッシュカードと一体型のカードがほしい人


こんな人には向かないかも・・・
セブン銀行デビッド+キャッシュカードのデビット機能を利用して決済する場合、即座に口座から商品合計額が引き落とされる仕組みとなっていますので残高が商品代金を上回っていれば決済ができます。

しかしガソリンスタンドでデビット機能を利用して決済するには口座残高が10,000円未満の場合利用できませんので、普段から手元に現金をおかない人にとっては少しデメリットに感じてしまうかもしれません。

セブン銀行デビッド+キャッシュカードは名前の通りデビット機能とキャッシュカードの機能を持つカードで、nanaco一体型のタイプと紐付型のタイプがあります。

どちらのタイプのカードでも年会費や発行手数料は一切かかりませんし、セブンイレブンをはじめとするセブン&アイグループでのお買い物でポイント還元率が高く、非常にお得。

また、万一カードが不正利用されてしまった場合にも補償してくれることから安心して利用できるとのことでユーザーから人気の高いデビッドカードです。

セブン銀行デビット付キャッシュカードの5つのポイント(特徴)

  1. 新規発行手数料,年会費などが無料
  2. セブンイレブンでのお買い物でポイント還元率が最大1.50%
  3. かんたん通帳で利用金額やnanaco残高などを確認できる
  4. 外貨の支払いはJCBのレートに3%加算されたものなのでお得
  5. カードが不正利用された時の補償が付いている

1.新規発行手数料,年会費などが無料

セブン銀行デビッド+キャッシュカードは満16歳以上の方でなおかつセブン銀行の口座を持っている(または口座を同時に開設する)ことが申し込むときの条件となっているデビッドカードです。

本カードはデビッド機能とキャッシュ機能に加えてnanaco一体型のものと紐付型の2種類ありますが、どちらのタイプのカードを選択するにしても発行手数料や年会費、デビッド機能が付いていないキャッシュカードからの切り替え手数料といったものは一切かかりません。

こういった特徴があるので、特にnanacoのポイントを上手に貯めたいけれどもクレジットカードだと使い過ぎてしまうかもしれないので不安だな思っている人にオススメのカードです。

2.セブンイレブンでのお買い物でポイント還元率が最大3倍

セブン銀行デビッド+キャッシュカードを利用してJCB加盟店でお買い物をすると1,000円ごとに5nanacoポイントが付与されるので、ポイント還元率は0.50%ということになります。

これだけではポイントがなかなか貯まりませんね。

対象のセブン&アイグループに加盟しているお店でセブン銀行デビッド+キャッシュカード決済をするとポイント還元率が2,3倍にアップします。

対象店とポイント還元率は次の通りです。

店舗ポイント還元率
セブンイレブン1.5%
SEIBU SOGO
7ネットショッピング
ファミール
デニーズ
ポッポ
1.0%

上記のポイント還元率アップ対象店をよく利用する方は、デビットカードで決済するとポイント面でメリットが大きくなります。

3.かんたん通帳で利用金額やnanaco残高などを確認できる

 セブン銀行デビッド+キャッシュカード会員の方が利用できる「かんたん通帳」というサービスがあり、Apple StoreやGoogle playからアプリをダウンロードするだけで、サービスを利用することができます。

「かんたん通帳」というサービスでは以下のことを確認することができます。

  • デビッドカードの利用金額や月間収支の確認
  • 普通預金口座の残高照会
  • ダイレクトバンキングシステム初期登録
  • nanacoカードの残高および取引確認

MEMO
このサービスではデビットカード機能を利用して決済した場合は利用した店名まで確認ができます。

また、アプリにログオンするときはパスコードと呼ばれるアプリ専用の4桁の数字を入れるだけで簡単ですし、iOS対応のスマートフォンではパスコードの入力以外にTouch IDでログオンする方法もあることから、誰かに見られてしまうこともなくセキュリティ面において安心して利用できるように配慮されています。

特に収支の計算が面倒くさいという方に「かんたん通帳」は重宝されています。

4.JCBのレートに3%加算されたもので円貨換算ができるのでお得

海外へ行く際に現地通貨は欠かせません。

海外に行って現地通貨が足りなくなってしまったりしてどうしても必要になったときはJCBもしくはCirrusマークの付いたATMやCDから引き出す(キャッシングする)ことができるんです。

そして外貨への交換レートはJCBの基準レートにセブン銀行の所定レート分の3%が加算されます。

ただ少し難しく聞こえてしまうと思うので具体的に考えてみましょう。

例えば
JCBの基準レートが1$=100円だとしましょう。

そうすると10,000円持っている場合、ドルに交換すると100ドルになります。

そこにセブン銀行の所定レート分の3%を加算すると10,000円で103ドルに交換できるということになります。

3%というと僅かに聞こえるかもしれませんが、長期滞在される方や、現地通貨での買い物が多い人にとってはかなりのおトク感が生まれるはずです。

5.カードが不正 利用された時の補償が付いている

カードの紛失・盗難による被害に遭い、泣き寝入りをしないために最低限の備えは必要不可欠です。

そのためデビッドカードの申し込みを検討するにあたってそういった被害に遭った時の補償があるのかということも重要な要素のひとつとなってきます。

特徴としては

  • 補償限度額は1回の事故につき500万円
  • 紛失・盗難の届け出を受理日の60日前以降の利用が補償の対象

比較してみるとセブン銀行デビッド+キャッシュカードは補償限度額が1回あたり500万円と手厚く、ほとんどの場合全額補償されるに等しいので充実していると言えるでしょう。

まとめ

 今回は満16歳以上の方でなおかつセブン銀行の口座を持っている(または口座を同時に開設する)人が申し込める「セブン銀行デビッド+キャッシュカード」の特徴についてお伝えしました。

年会費や発行手数料などの費用も一切かからず、セブンイレブンでのお買い物でポイント還元率が1.50%とnanacoポイントが貯まりやすくなっています。
デビッドカードの申し込みを検討している方は是非ご検討ください。

セブン銀行デビット付キャッシュカードの口コミ一覧

セブン銀行デビット付キャッシュカードに対する口コミはまだ投稿されていません。下記の口コミ投稿フォームより、利用者の方の投稿お待ちしております。

口コミ投稿フォームを表示する
性別*
0