学生

学生におすすめのクレジットカード6選!メリット・作り方・選び方など完全ガイド[2019年度最新版]

クレジットカードを発行したいんだけど学生はどんなカードが良いのかな?と疑問ですよね。

このページでは、学生がクレジットカードを発行する方法からおすすめのクレジットカードまでご紹介。

初めてクレジットカードを作る方はもちろん、2枚目以降を検討中の人にも絶対に役立つ内容となっていますよ!

学生とは?
ここで言う学生とは以下の人たち。

  • 大学生
  • 専門学校生
  • 短大生
  • 大学院生


大学生のみならず一般的に“学生”と言われる方向けのページとなっています。

学生とクレジットカードの基礎知識

確かにクレジットカードが欲しいけど、何をどうすれば良いかわかりませんよね。

そこでまずは基礎知識的なところを解説します。

  • 学生はどんなクレジットカードを発行できるのか?
  • 学生がクレジットカードを発行するメリット

簡単な内容なので、サラッと読む程度でOKですよ。

学生でも発行できるクレジットカードは意外と多い

学生でも持てるクレジットカードは以下の3種類。

  1. 学生専用のクレジットカード
  2. 若者向けのクレジットカード(25歳以下対象など)
  3. 一般カード(楽天カードなど)

学生専用のクレジットカードだけではなく、楽天カードのようないわゆる「一般カード」も発行可能なので所有できるクレジットカードは意外と多いんです。

確かに学生カードは学生向けのお得な特典がたくさん付いていますが、「一般カード」にも同等の、場合によってはそれ以上の特典が付いていることも。

「学生だから学生カードでいいっしょ!」という先入観を捨てて“所有する目的”に合わせて柔軟にカードを選べれば失敗することはありませんよ!

クレマイでは審査難易度G〜Dなら学生OK
クレマイでは数あるクレジットカードの審査難易度を独自にスコアリングしてまとめています。(口コミやアンケートから算出)

難易度は低い方からG〜AAまで。
このうちG〜D(場合によってはC)のクレジットカードは学生でも取得できる可能性が高いと考えています。

ゴールドカードは基本的に学生不可

クレジットカードには「ランク」があり、ゴールドカードやプラチナカードでは一般カードよりも充実したサービスを受けられます。

クレジットカードのランク

ただ、こういったステータスカードは基本的には学生は申し込み不可

年会費が数万円、学生では使いこなすのが難しいサービスが多い(空港ラウンジやコンシェルジュなど)ので所有する必要もないですが…。

社会人になって自分の力で稼げるようになってから取得を目指しましょう!

学生でも持てるゴールドカードはあるが...
学生でも年会費が2,000円程度のゴールドカードなら所有できます。
ただサービスが充実しているわけでもないので、「どうしてもゴールドの券面がいい!」という人だけ参考にしてみてください。

学生がクレジットカードを発行する3つのメリット

学生がクレジットカードを発行するメリットは以下の3つ。

  1. 学生生活で役立つ
  2. お金の使い方を勉強できる
  3. 若いうちから信用情報を積める

利便性のみならず、将来「学生の頃にクレジットカードを作っておいてよかった!」と思えるようなメリットがあるんです。

メリット1:学生生活で役立つ

クレジットカードを利用すればメルカリやAmazonでのネットショッピングもラクラク

さらに以下のように使いこなせば1ヶ月2〜3,000円の節約も可能です。

  • 貯めたポイントでお買い物
  • カラオケや居酒屋でカードの割引特典を利用
  • ETCカードで高速道路を割引価格で利用

上京して一人暮らしを始めた学生は、クレジットカードでの細かい節約で一気に生活が楽になりますよ。

また海外旅行保険カード付きのカードを選べば、海外旅行や留学するときも安心です。

1番効果的な節約方法
クレジットカードはApple Payに登録して利用することも可能。あとは手帳型のスマホケースに少額の現金と学生証だけを挟んでおけば財布は本当に必要ないです。物理的に現金をシャットアウトする、と少々原始的な方法ですが実はこれが一番浪費を防げますよ。

メリット2:お金の使い方を勉強できる

クレジットカードは

  • お金を使いすぎそうで心配…
  • なんだか怖いしメンドくさそう…

というイメージがありますよね。

ただもっと怖いのが社会に出てから失敗すること。数百万円の借金を抱えてしまう原因の大半は若い頃に“お金”に向き合っていなかったことです。

学生のうちは失敗してもせいぜい10万円程度。いざという時は親という最強の後ろ盾もいますし恐れることはありません。

キャッシュレス化が進むこの世の中。遅かれ早かれクレジットカードは必要になってくるので、学生のうちに発行して“お金”の使い方に慣れていきましょう

メリット3.若いうちから信用情報を積める

クレジットカードを延滞せずに利用していると信用情報(クレヒス)が積み重なり、カードやローンの審査に有利に働きます。

学生のうちからクレヒスを積めればゴールドカード・プラチナカードなど審査難易度が高いカードも若いうちに所有できる可能性も。

進路に悩んでいる学生には大きなメリットが
最近では卒業後に就職しない方も増えてきています。

  • 起業する
  • ギャップイヤーを取る
  • 企業やNPOでインターンする
  • フリーランスになる


などなど。生き方として世間から認知されてきているものの、クレジットカードの取得は正社員の方よりやはり難しい傾向に。
人生の選択肢の幅を広げる意味でも学生のうちにクレヒスを積んでおきたいものです。

学生のクレジットカードの作り方

クレジットカードはインターネット上から簡単に申し込めます。

とは言っても初めて作る場合右も左もわからないと思うので、申し込み前に知っておくべきことをまとめました。

  • 学生の審査
  • 未成年の場合
  • 申し込み時に必要なもの
  • クレジットカード選び方

学生のカード審査は簡単

クレジットカードには審査があり、以下のような3Cがチェックされます。

  1. Capacity(返済能力)
  2. Character(性格)
  3. Capital(資産)

この中でも特に重要視されるのがCapacity=返済能力。

後盾に親がいる学生は返済能力が高いとみなされ、かなりクレジットカードの審査に通りやすいです。

学生でも申し込めるカードなら問題なく発行できるでしょう。(後述するおすすめカードも全く問題ないので安心して申し込んでください。)

カード会社としても学生は確保しておきたい層
学生の頃に発行したクレジットカードはそのまま使い続ける傾向が強いです。カード会社としても将来の優良顧客となり得る学生の層は確保しておきたいところ。学生の審査難易度の低さにはこういった裏事情もあるみたいですよ。

バイトしてない・年収0でもOK

カード会社も学生は収入がなくて当たり前と考えています。

なによりも「学生」という属性が重要視されるため、バイトをしていなくてもさほど審査に影響は与えないでしょう。

申し込みフォームでも

  • 職業欄:学生
  • 年収:0円

と堂々と記入して大丈夫です。

未成年は親の同意が必要

20歳以上であれば学生でも自分で勝手に申し込んでカードを取得可能です。

しかし未成年(18歳・19歳)の場合は親権者の同意が必要

カード会社から「親がカードの発行に同意しているか」の確認が入ります。

同意確認の方法はカード会社によって異なる

同意確認は書類or電話の2通り。

  1. 書類:申し込み後に別途「同意確認の書類」が届き(公式サイトからPDFでダウンロードできることも)、親にサイン・印鑑を貰ってから返送する
  2. 電話:申し込み後に同意確認の電話がかかってくるので親でてもらえばOK

以前は書類での手続きが主流のスタイルでしたが、最近では電話だけで同意確認が済むカード会社も増えてきているので意外とアッサリ終わりますよ。(例えば楽天カードなど)

書類か電話かはカード会社によって異なるので、申し込み前にチェックしておきましょう。

いずれにせよ申し込みの際に特別な手続きはいらないので、インターネットから普通に申し込めばOKです。(ひと昔前までは申し込みも書類が主流で結構面倒だったんです。便利な世の中になりましたね…)
どうして親の同意が必要なの?
未成年が単独で行なった契約は法律で破棄できることになっています。
ただそれでは利用代金の踏み倒しがあった時、カード会社だけが不利益を被ることになってしまいますよね。
契約破棄をされないために親の同意確認を行なっているわけです。

申し込みの時に必要な3つのモノ

クレジットカードの申し込み時に必要なものは以下の3つ。(先述の通り未成年は親権者の同意)

  1. 本人確認書類(不要なことも)
  2. 本人名義の銀行口座
  3. 銀行口座の捺印(不要なケースも多い)

1.本人確認書類

以下のように顔写真付きの本人確認書類が必要

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

どれも持っていない場合は健康保険証や住民票の写しでもOKです。(プラスで公共料金の領収書などが必要になりますが)

学生証は本人確認書類として認められないのでくれぐれもご注意を。

また、提出する方法はカード会社によって様々なので臨機応変に対応しましょう。

  • コピーを郵送
  • スキャンしてネット上で提出
  • スマホで撮影してアップロード
  • カード受け取り時に配達員に提示

最近は不要なケースが多い
本人確認書類がなくても発行できるクレジットカードも増えてきています。(楽天カードなど)
銀行がすでに本人確認を行なっているから必要ない、というロジックみたいですよ。

2.本人名義の銀行口座

引き落とし先に設定する銀行口座が必要。しかもあなたの名義で登録されているものです。(他人名義の口座は登録不可)

自分の口座持ってるっけ…という場合は親御さんに聞いてみてください。意外と子供の頃に作ってくれているはずです。

親の口座を登録できるカードはあるの?
親の銀行口座を引き落とし先に登録できるのは現状エポスカードくらいです。
バイト先からの振込などなどなにかと口座は必要になってくるので、今のうちに作っておくといいですよ。
最近ではインターネット上でも簡単に口座を開設できる(ネットバンク)のでそこまで手間はかからないですし。

3.銀行口座の捺印

2の銀行口座に登録している捺印のことです。

ただ最近ではこの捺印が必要ないカードがかなり増えてきているので“一応”覚えておくくらいで良いでしょう。(楽天カード、エポスカード、セゾンカードなどが該当)

学生はクレジットカードをこう選ぼう!

まずはポイントが貯まりやすいクレジットカードをメインで使っていくのがよいかと。

カード決済に慣れてきたら、海外旅行保険付帯・よく使う店舗での割引などなど特定のシーンで活躍するサブカードを発行していけばOKです。

  • 1枚目:ポイントが貯まりやすいカード
  • 2枚目以降:自分のライフスタイルに合ったカード

何枚まで持てるの?
3枚目くらいまでは学生でも問題なく発行できます。4,5枚目あたりからは少し審査が難しくなる傾向に。
また、1ヶ月以内に3枚以上申し込むとカードの審査に通りづらくなる(申し込みブラック)ので、何枚か欲しいカードがあっても少し期間を空けてから申し込みましょう

VISA?MasterCard?国際ブランドはこう選ぶ!

カード選びの際に立ちはだかる障壁が「国際ブランド」。VISAやMasterCardなど、何を選択すればいいのかサッパリですね。

ただ特徴を理解していれば意外とカンタン。

VISA・MasterCard 国内外どんなところでも利用できる
JCB・AMEX 日本では問題ないが、海外では使えるところが少ない

まずはVISAかMasterCardを持っていれば国内のみならず、留学先や海外旅行でも大丈夫です。

すでに持っている!という人はJCBやアメックスなど異なる国際ブランドを補うように所有すれば、カード決済の守備範囲が広がりますよ。

  • 初めてクレジットカードを作る→VISA・MasterCard
  • 2枚目以降→持っていない国際ブランド

ポイントを貯めたい!学生にオススメのクレジットカード3選

ポイントを貯めたい学生におすすめのクレジットカードは以下の3種類。

  1. 楽天カード
  2. 三井住友デビュープラス
  3. リクルートカード

多くのクレジットカードでは200円ごとに1ポイント、還元率にして0.5%程度です。

しかし、今回紹介する3枚はどれも還元率1.0%以上。単純計算で他のカードの倍速でポイントが貯まっていきますよ。

1.楽天カード

楽天カード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
年会費通常無料
初年度無料
審査難易度F(審査難易度「F」について
還元率1.00%~3.00%
公式サイトhttps://www.rakuten-card.co.jp
年会費無料、買い物する度ポイントがどんどん貯まって使い道も無限大。圧倒人気のオールマイティカード。
今なら新規入会で最大8000ポイント!
楽々ネット申込で審査結果は最短即日!公式サイトはこちら

ポイントの貯まりやすさを肌で感じられる楽天カード。

  • 通常時の還元率1.0%
  • 楽天市場ではポイント3倍
  • 入会時に5,000〜8,000ポイントもらえる

さらに最高2,000万円の海外旅行保険が付帯するまさに二刀流の万能カードでもあるんです。

仮に「学生がクレジットカードを1枚だけ持つとしたら?」と聞かれたらまずこのカードを挙げますね。(後述する三井住友デビュープラス・リクルートカードは旅行保険未付帯)

楽天カードを一言で!
圧倒的人気の楽天カード。一体化されたEdy、あるいはApple PayやGoogle Payなどのスマホ決済でキャッシュレスデビューも◎。ざくざく貯まったポイントで買う商品を楽天市場で探すのはなんとも優雅な体験です。ステータス性はないものの実用性抜群なので、一枚持っておいて損はないカードと言えるでしょう。

2.三井住友デビュープラス

三井住友デビュープラスカード
  • VISA
年会費通常1,350円
初年度1,350円 無料
審査難易度F(審査難易度「F」について
還元率1.00%~2.50%
公式サイトhttps://www.smbc-card.com
18歳~25歳までの若者限定のVISAカード。初めてのクレジットカードなら、安心・安全なカード。
今なら新規入会で最大10000キャッシュバック!
公式サイトはこちら

還元率1.0%・年会費実質無料(年1回以上の利用で1,250円→無料)、そして何より三井住友ブランドという安心感。

初めて所有するクレジットカードとして文句のつけどころがないカードです。

三井住友ゴールドカードへのランクアップの道筋が明確なので、学生のうちに三井住友デビュープラスを発行するのは打算的でクレバーな選択だと思いますよ。

3.リクルートカード

リクルートカード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
年会費通常無料
初年度無料
審査難易度E(審査難易度「E」について
還元率1.20%~3.20%
公式サイトhttps://recruit-card.jp
1.2%の驚異的な還元率。電子マネーへのチャージも最強クラス。ホットペッパーなどを使う人も必携の一枚。
今なら新規入会で最大6000ポイント!
日常のあらゆる買い物を1.2%もお得に!公式サイトはこちら

還元率1.2%と数字上一番ポイントが貯まりやすいのがリクルートカード。

  • ホットペッパービューティーでの予約で+2%
  • 貯めたポイントを美容室での支払いで使える

美容室やネイルの予約でホットペッパービューティーを利用している女子大学生にオススメしたいですね。

リクルートカードを一言で!
VISAかMasterCardを選べばnanaco、楽天Edy、Suicaへのチャージでも1.2%という驚異的な還元率でポイントがザクザク貯まるので、複数の電子マネーを使い分ける人にはマストな一枚。さらに、ホットペッパーなどのサービスをよく利用する人は絶対に持っておいて損はないでしょう。年会費無料なのに旅行保険が付くのも◎。

海外で便利!学生にオススメのクレジットカード3選

  1. エポスカード
  2. 学生専用ライフカード
  3. セゾンブルーアメックス

これら3枚は全て海外旅行保険が自動付帯。

クレジットカードの旅行損害保険の自動付帯と利用付帯の違い

旅行に持っていくだけで保険が適用されるので「お守り用」のサブカードとして所有しておきたいところです。

さらに海外利用でキャッシュバック、などなど海外での利用でお得になる特典が付帯しています。

楽天カードは利用付帯
楽天カードの海外旅行保険は利用付帯。飛行機のチケット代やタクシー代など旅行にかかる費用を事前にクレカ払いしていなければ保険が効きません。

1.エポスカード

エポスカード
  • VISA
年会費通常無料
初年度無料
審査難易度F(審査難易度「F」について
還元率0.50%~1.25%
公式サイトhttps://www.eposcard.co.jp
年会費無料で海外旅行保険が自動付帯、全国10,000以上の店舗で割引やポイントアップも。
今なら新規入会で最大5000エポスポイント!
高校生を除く満18歳以上なら申し込み可!公式サイトはこちら

最大2,000万円の海外旅行保険が自動付帯。

カード会員限定の「エポトク」では様々な割引が受けられ、例えばカラオケでエポスカードを提示するだけで料金が10~30%OFFに。

シダックス ルーム料金30%OFF
ビックエコー ルーム料金30%OFFor飲み放題付コース10%OFF
カラオケ館 ルーム料金30%OFF
ジャンカラ ルーム料金優待
カラオケCLUBDAM ルーム料金30%飲み放題付コース10%OFF
カラオケレインボー ルーム料金30%OFF
例えば...
サークルやゼミの飲み会では10人単位でカラオケすることもしばしば。
そんな時にエポスカードを持っていれば割引がくは万単位にも。(幹事であれば浮いたお金を自分にバックするなんて裏技も…推奨はしませんが!)

ポイント還元率こそ0.5%と低めですが優待・旅行保険などその他のサービスが非常に優秀なので2枚目のカードとしてオススメですよ!

エポスカードを一言で!
通常還元率は低めなので楽天カードヤフーカードに劣るものの、年会費無料で海外旅行保険が自動付帯なのは稀有な特徴。「マルコとマルオの7日間」で10%OFF、10,000以上の店舗で割引やポイント優遇があるため、サブカードとしての使い勝手は抜群です。年50万円以上目安で、エポスゴールドの招待も。招待なら年会費無料で高還元率ゴールドカードを手に入れられるので非常にお得ですね。(通常は税込5,000円)

2.学生専用ライフカード

学生専用ライフカード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
年会費通常無料
初年度無料
審査難易度G(審査難易度「G」について
還元率0.50%~1.00%
公式サイトhttp://www.lifecard.co.jp
学生生活を強力サポートするカード。お得で安心なサービスが満載。キャッシュバックサービスも。
今なら新規入会で最大15000ポイント!
公式サイトはこちら

最高2,000万円の海外旅行保険が付帯。

さらに学生限定で海外で利用した額のうち5%必ずキャッシュバックされるというのは驚きの特典です。

現金が口座に振り込まれるのでポイントの使い道に困ることもありませんね!(ライフカードのポイントはなかなか使いづらいのでこれは嬉しいです)

  • バックパックをする人
  • 海外旅行によく行く人(例えば韓国に2ヶ月に一回行くなど)
  • 留学に行く人

などなどとにかく海外に滞在している期間が長い学生は年間で万単位の節約ができるのでオススメです。

3.セゾンブルーアメックス

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
  • American Express
年会費通常3,240円
初年度3,240円 無料
審査難易度E(審査難易度「E」について
還元率0.50%~1.00%
公式サイトhttps://www.saisoncard.co.jp
25歳以下なら年会費無料!ゴールドカード並の旅行保険が自動付帯など、高コスパの一枚。
今なら新規入会で最大6000永久不滅ポイント!
ハイスピード審査、最短3営業日で発行!(来店の場合は即日)公式サイトはこちら

アメックスならではの券面がかっこいいこのカードはは25歳以下なら年会費が完全無料に。(U-25応援キャンペーン)

海外旅行損害保険は最高3,000万円とゴールドカードと比べても遜色ないです。(年会費無料カードの中では最強の補償額)

空港やトラベルサービスも充実しており、中でも注目なのが「手荷物無料宅配サービス」

国際線利用時に空港→自宅までスーツケースを無料宅配できるので帰国してヘトヘトでも不思議と少しテンションが上がりますよ。

国際ブランドはアメックスブランドのみ
セゾンブルーアメックスはその名の通り選択できる国際ブランドは「アメックス」のみ。途上国では利用できないところも多いので、VISAやMasterCardのクレジットカードも併せて持っていたいところです。
セゾンブルー・アメックスを一言で!
25歳以下なら年会費が無料になるアメックス提携クレジットカード。自動付帯の旅行保険、海外で還元率2倍、手荷物無料宅配サービスや海外アシスタンスデスクなど、旅行好きの人や留学予定のある人にピッタリの一枚と言えるでしょう。セゾンなので貯まるのは永久不滅ポイント。じっくりポイントを貯められ、交換先も豊富なので使い勝手も◎です。

よくある質問にQ&A形式で回答(学生版)

学生の方がクレジットカードを発行する時によくある質問にQ&A形式で回答していきます。

申し込み前に不安を潰しておきましょう。

Q.学生はクレジットカードの限度額はどのくらい?

学生がもらえる限度額は最大30万円。

10万円・20万円・30万円のいずれかで設定される感じです。(もちろんカード会社によって異なります)

実際に発行してみないと限度額はわかりませんが初めてカードを発行する場合は10万円のことが多いでしょう。

大学1年生からクレジットカードを使い続けていれば、大学3、4年生で2枚目のカードを発行すると30万円の限度額がゲットできる可能性がありますよ。(筆者は大学3年生の時に楽天カードで30万円の限度額を入手)

どうして限度額は低めに設定されているの?
これは「改正割賦販売法」といった法律で以下のように定められているためです。

限度額30万円までのクレジットカードは支払可能見込額を調査することなく簡単な審査のみで発行することが認められています。(ただし延滞なし、クレジット債務が自社50万円、他社を含めて100万円までであること)

収入がない学生がクレジットカードを発行できるのは上記の特例のおかげ。そのためどんなクレジットカードでも学生は限度額30万円以上が与えられることはありません。

増枠はできるの?

発行時に限度額が少ないな…と感じた場合はカスタマーセンターに問い合わせをすれば増額ができます。

一時的な増額なら30〜50万円までできるカードも多いので、海外旅行が短期間で重なった時など出費が多そうな月は増額申請してみましょう。

注意
ただし一部のクレジットカード(学生専用ライフカードやビューカードなど)では一時増額を受け付けていないので発行前によくよく調べましょう。

限度額をあげたい人は複数枚のクレジットカードを持つ

急ぎで限度額を増やしたい方は別にもう一枚クレジットカードを発行すると良いでしょう。

例えば楽天カードで10万円・三井住友デビュープラスで10万円の枠がもらえた場合は20万円利用できますね。

 楽天カード 三井住友デビュープラス 合計
利用可能枠 10万円 10万円 20万円

Q.アルバイト先に電話がかかってくることはある?(在籍確認)

アルバイト先に本当にあなたが在籍しているかカード会社から電話確認されることがあります。(在籍確認)

ただ、現在では在籍確認を行わないカード会社がほとんど。本人の収入が重要視されない学生にはまず行われないと思いますよ。(フリーターの方はされることもあります。)

また万が一された場合でも、本人が出る必要はありません。

同僚や店長に事前に「カード会社から電話があるかも」という旨を伝えておけばスムーズに終わるでしょう。

Q.卒業して社会人になったらどうなるの?

これは学生・若者向けカードと一般カードで異なります。

  • 学生・若者向けカード→自動で一般カードに切り替わる
  • 一般的なカード(楽天カード)→そのまま使い続けられる

いずれにせよクレジットカードを再度申し込む必要はないので安心してください。

ただし学生・若者向けカードの場合切り替え後のカードが年会費が有料になるケースもあるので、申し込みの際にはしっかりチェックしてくださいね。

例えば
三井住友デビュープラスは25歳になると自動で「三井住友プライムゴールド」に切り替わり、年会費が5,000円かかるようになります。

Q.奨学金を借りているけど発行できる?

奨学金を“借りること”はクレジットカードの審査に全く影響を与えないので問題なく発行できます。

ただし卒業後の返済延滞だけは要注意です。

日本学生支援機構の奨学金は延滞してはダメ

日本学生支援機構(JASSO)から借りている場合は3ヶ月以上延滞をすると金融事故になってしまいます。

この事故情報はクレジットカード会社が審査時に参照する「個人信用情報機関」に登録され、カードの発行が難しくなってしまいますよ。

個人信用情報機関の仕組み

まとめ

いかがでしたか?この記事では学生の方がクレジットカードを発行する前に知っておくべきことを解説しました。

これで基本的な知識はバッチリです!申し込み前の不安が解消されましたね。

「学生」の記事一覧

楽天カードは学生でも申し込み可能!親の同意?アルバイトは?発行前の疑問・不安を全て解決

学生からも絶大な人気を誇る楽天カード。この記事では学生の方が楽天カードを発行する前に知っておいてほしい以下のことをまと…

早稲田カードってこんなに種類あるの?!各カードの特徴とメリット・デメリットを徹底解説!

早稲田大学の在学生や卒業生の方でクレジットカードが必要になったらどうしますか。在学生の場合は学生用クレジットカードを選…

ノートにペンで何かを書いている学生

学生でもゴールドカードは持てる?おすすめゴールドカード4選+将来進化するカード3選

学生の皆さんでもゴールドカードという言葉を聞いたことがあると思います。ゴールドカードは今も昔もステータスシンボルであり…