エポスカードの家族カード(ファミリーゴールド)のメリット&デメリット|招待制で審査あり

エポスカードの家族カード(ファミリーゴールド)のメリット&デメリット|招待制で審査あり

エポスカードは家族カードを発行できるの?

多くのクレジットカードで追加発行がOKなので、気になる方は多いですよね。

結論から言うと、エポスカードには家族カードがなく、“エポスファミリーゴールド”なら発行可能。(ただし招待限定・発行審査あり)

そこでこのページでは、エポスファミリーゴールドの申し込み条件や手順、メリット・デメリットなどをくわしく解説していきます。

ご家族がまだエポスカードを持っていない場合も、すでに持っている場合でも、ファミリーゴールドの申し込みはOK。
しかもメリットだらけのカードなので、持っていて損はないはずですよ!

エポスカード

エポスカード

  • VISA
年会費無料で海外旅行保険が自動付帯、全国10,000以上の店舗で割引やポイントアップも。
  • 節約◎
  • 海外◎
  • スピード発行
  • 買い物◎
  • 初めて

エポスカードの家族カードは招待限定

まずはエポスの家族カードの概要を押さえていきましょう。

  • 家族カードはなく、エポスファミリーゴールドを発行
  • ゴールド・プラチナ会員の紹介で申し込み
  • ただし審査あり(専業主婦や学生でもOK)
  • ファミリー登録はエポスネットから簡単

ほかの家族カードと異なる点はいくつかありますが、とても簡単に発行できますよ。

家族カードはなく、エポスファミリーゴールドを発行

エポスの家族会員に発行されるカードは、「エポスファミリーゴールド」というゴールドカード。

名前に”ファミリー”と入っていますが、一般的な家族カードとは大きく違う点がいくつかあります。(以下、比較表)

一般的な
家族カード
エポスファミリーゴールド
審査なしあり
限度額代表会員の枠を一緒に使う個人に独立した
限度額を付与
利用明細全て代表会員に通知個人に通知
引き落とし口座全て代表会員の口座個人の口座
(まとめるのも可)
暗証番号カードごとに設定カードごとに設定

認識としては、普通にエポスゴールドカードを発行してもらえると思ってOK。

実際ゴールドに付帯しているサービスや特典はすべて利用可能です。(くわしくはメリットで解説)

エポスゴールドを持つ場合と何が違うの?
端的に言えば、エポスファミリーゴールドを持ってはじめて利用できる特典や機能があります。

  1. 家族の合計年間利用額でもボーナスポイントがもらえる
  2. 家族間でポイント合算&シェアOK

これらは個人でゴールドカードを持っていても付帯しません。

もしも家族のエポスカードの申し込みを検討しているなら、ファミリーゴールドを発行した方が一層お得になりますよ。

ゴールド・プラチナ会員の紹介で申し込み

エポスファミリーゴールドを発行してもらうには、まず既存のゴールド/プラチナ会員が家族を招待する必要があります。

家族はその招待を受けて、はじめて申し込むことができます。

なお、招待条件は二親等以内の18歳以上(高校生を除く)で、最大10名まで

家族カードの申し込みOKな二親等(図解)

自分の配偶者や子供、両親だけなく、もっと広く招待できて発行可能枚数も多いのが特徴です。

もしも家族の中にゴールド/プラチナ会員がいないなら

まずは誰か一人が、ゴールドカードかプラチナカードを入手する必要があります。

エポスゴールドカード

エポスゴールドカード

  • VISA
招待or年50万以上の利用で年会費ずっと無料。最大還元率1.5%でポイント有効期限もないハイスペックゴールド。
  • 高コスパ

エポスプラチナカード

エポスプラチナカード

  • VISA
招待or年100万以上の利用で年会費ずっと2万円。ポイントや海外旅行特典が充実した、コスパ最強のプラチナカード
  • 高コスパ
  • 海外◎

そのうえで家族を招待してください。(ファミリーゴールドは同時申し込みOK)

招待される側は…
ちなみに招待される側の家族は、まだエポスカードを持っていなくても、すでに持っていてもOKです。

エポスファミリーゴールドを発行可能な家族

とくに家族内にエポスカードが保有者がいれば、切り替えた方がお得なサービス/特典が付くのでおすすめですよ。

ただし審査あり(専業主婦や学生でもOK)

ただし、エポスファミリーゴールドの発行には審査があります。

見られる項目はエポスゴールドと変わらず、職業・年収/世帯年収など。

ただそこまで厳しい基準ではなく、専業主婦や学生でも発行できています。

申込条件年収
ゴールドカード20歳以上
(学生不可)
審査対象
ファミリーゴールド18歳以上
(高校生不可)
年収0でもOK

クレヒスが悪いと発行できなことも
ただし、クレヒスに傷がある人は発行できないことも。
(くわしくは「審査に落ちたケースもある」で解説)

家族カードがほしいだけなら、楽天カードイオンカードなど、他のクレジットカードを発行するのもおすすめです。

ファミリー登録はエポスネットから簡単

これまでの条件が問題なさそうであれば、エポスファミリーゴールドを申し込んでみましょう。

大まかな招待〜発行の流れは以下のとおりです。

  1. 家族を招待(LINE、メール)
  2. 招待された家族が申し込み
  3. 審査(最短数分)
  4. ファミリー登録&発行完了(到着は約1週間後)

招待はエポスネットにログインしてからわずか”2タップ”で完了

エポスファミリーゴールドの招待手順

家族の誰かがエポスゴールド/プラチナ会員なら、サクッと申し込めますよ。

エポス家族カードの6つのメリット

エポスファミリーゴールドを利用するメリットは次のとおり。

  1. 年会費は永年無料(入会キャンペーンあり)
  2. 利用可能枠はシェアされない(しかも50万円以上)
  3. ボーナスポイントが二重取りできる
  4. ポイント合算&シェアできる
  5. 海外旅行保険が自動付帯
  6. 引き落とし口座を別々できる

大まかに言えば、エポスゴールド+αの良さがあるのが、エポスファミリーゴールドのメリット。

正直ここまで充実した家族限定のカードは他にないですよ。

1.年会費は永年無料(入会キャンペーンあり)

エポスファミリーゴールドは年会費が永年無料

しかも、入会キャンペーンで2,000円相当のポイント/商品券がもらえます。

エポスファミリーゴールドの入会キャンペーン
ゴールド会員の年会費も永年無料に
通常以下の条件を満たさないと、年会費5,000円かかるエポスゴールドカード。

  • インビテーションをもらって申し込み
  • 年間利用額が50万円以上

しかし、ファミリー登録をすると年会費が永年無料に。

つまり今まで年会費がかかっていた人も、新規でゴールドを発行した人も、年会費は一律無料になります。

※なおエポスプラチナカードの年会費2万円は変わりません

ETCカードも発行可能

エポスファミリーゴールドはETCカードの発行もOK

必要な方は入会後に専用ページから申し込みましょう。

エポスカードはETCカードを無料で発行

2.利用可能枠はシェアされない(しかも50万円以上)

一般的な家族カードの場合、利用可能枠は家族全員で使います。
(例:代表会員の限度額が100万円ならそれを皆で使う形)

一方、エポスファミリーゴールドでは家族会員にも独立した枠を付与
(例:夫100万円、妻50万円、子供50万円)

しかも金額は基本50万円以上(通常ゴールドと一緒)で、かなり使い勝手が良いです。

3.ボーナスポイントが二重取りできる

エポスファミリーゴールドでは、年間利用額に応じて最大1万円相当のボーナスポイントを付与。

エポスゴールドカードのボーナスポイント

さらに、家族全員の年間利用額が100万円以上になると「ファミリーボーナスポイント」がもらえます

エポスファミリーゴールドのファミリーボーナスポイント

ファミリーボーナスポイントは一旦代表会員に入る
なお、ファミリーボーナスポイントは一旦代表会員のポイントに加算。

タイミングは、代表会員の年間利用額が確定してから2ヶ月半後になります。

ファミリーボーナスポイントの集計期間

マルイで常時2倍、選べる3つのお店でポイント最大3倍

その他ポイント関連の特典は以下のとおり。もちろんファミリーゴールドにも適用されます。

  • マルイやモディでポイント2倍
  • よく使う3つのお店でポイント最大3倍
  • ポイントの使い道が豊富
    (マルイで割引・商品券・他社ポイントなど)

参照:選べるポイントアップショップエポスポイントの使い方

とくに2つ目の「選べるポイントアップショップ」は、ネットでの評判が上々のよう。

ライフスタイルに合わせて一番出費が多い店を指定できるので、魅力を感じている人も多いみたいですよ。

エポスゴールドのポイントアップショップ例

4.家族間でポイント合算&シェアできる

ファミリー登録していると、貯まったポイントは1ポイントからシェアOK

エポスファミリーゴールドのポイントシェア

しかもポイントの有効期限がないので、いつでも必要なときに分けることができます。

シェアしたポイントは即時反映
ポイントシェアはエポスネットから簡単に手続きできます。

しかもシェアしたポイントは即時反映。とても使い勝手がいいですよ。

エポスファミリーゴールドでシェアしたポイントは即時反映

5.海外旅行保険が自動付帯

エポスファミリーゴールドは、補償額最大2,000万円の海外旅行保険が自動付帯

エポスファミリーゴールドの海外旅行保険

他にも、以下のような海外旅行で嬉しいサービス・特典が利用できます。

  • 国内・海外の空港ラウンジの無料利用
  • 海外キャッシング(初回は30日間金利0円)
  • キャッシュレス診療
  • 海外Wi-Fiレンタルで割引
  • 空港から自宅までの荷物配送で割引

6.引き落とし口座を別々できる

一般的な家族カードでは、引き落としは強制的に代表会員の口座に。

しかし、エポスファミリーゴールドでは引き落とし口座は会員ごとに設定できます

家族同士でも利用額や明細について干渉されたくない時に便利ですよ。

まとめるのもOK
反対に、家族全員分の支払いをひと口座にまとめるのもOK。(会員ごとの引き落としになる)

ちなみに口座変更には1ヶ月半ほどかかるので、検討している方は早めに手続きしましょう。

エポス家族カードの2つのデメリット

先にお伝えしておくと、エポスファミリーゴールドのデメリットはほぼないです。(ひねり出してやっと次の2つ)

  1. 審査に落ちたケースもある
  2. JQカード エポスゴールドは申し込み不可

ごく一部の方にしか関係ない内容になっているので、サラッと確認すればOKですよ。

1.審査に落ちたケースもある

エポスファミリーゴールドは、普通のエポスゴールドと同じ基準で入会審査が行われます。(新規・切り替えともに)

基本的には専業主婦や学生でも発行OKなので、それほど審査基準は厳しくないです。

ただし、以下のように信用情報(クレヒス)が悪いと審査に通りづらい傾向が。

  • 過去に他のカードで支払いを延滞した
  • 1ヶ月以内に別カードに申し込んだ(多重申し込み)

当てはまっている人は要注意です。

もしも審査が不安なら
もしもエポスファミリーゴールドの審査が不安なら、他の審査なしの家族カードを狙うのもアリ。

例えば楽天カードなら、家族カードの無料発行OKで、本会員の審査も比較的優しいのでおすすめですよ。

楽天カード

楽天カード

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
年会費無料、買い物する度ポイントがどんどん貯まって使い道も無限大。圧倒人気のオールマイティカード。
  • 節約◎
  • 電子マネー
  • 買い物◎
  • 初めて

2.JQカード エポスゴールドは招待不可

代表会員が「JQカード エポスゴールド」の場合、エポスファミリーゴールドの招待は不可

エポスゴールドかエポスプラチナの会員になってから、再度試してください。

その他提携カードは家族の招待OK
エポスは全国の商業施設とのコラボゴールドカードを展開していますが、現時点では「JQカード エポスゴールド」以外は、家族の招待はOK。

店頭受取ならエポスファミリーゴールドのデザインが選べる

ただし、いずれのカードも郵送の場合は一律エポスファミリーゴールドの発行になるので注意。

もしも提携施設のデザインで発行してほしいなら、施設のエポスカードセンターでの受け取りを選択してください。

エポス家族カードのよくある質問

エポスの家族カードに関するよくある質問にQ&A形式で回答していきます。

気になる項目をチェックしていきましょう。

Q.利用明細は家族にバレない?

エポスファミリーゴールドでは、代表会員とは別の引き落とし口座の指定が可能。

そのため利用明細が知られてしまう心配はありません

また引き落とし口座を統一する場合も、明細自体はその人にしか届かないので、基本的にバレることはありません。

ただし、一緒にすると合計金額はわかる
ただし引き落とし口座を一緒にすると、履歴で会員ごとの合計金額は分かってしまいます。

やはり干渉されたくない場合は、個別口座の引き落としにするのがいいでしょう。

Q.ファミリーゴールドの暗証番号を忘れてしまった…

エポスネットの「暗証番号通知サービス」から確認手続きができます。

エポスカードの暗証番号通知サービス

1週間ほどで暗証番号が記載された書面が登録住所に届くので、早めに手続きしましょう。

まとめ

このページでは、エポスカードの家族カードについて解説しました。

最後に重要なポイントをおさらいしておきましょう。

  • エポスは家族カードなし
  • エポスファミリーゴールド(18歳以上の家族が申し込み可)
  • ただしゴールド/プラチナ会員からの招待が必須で、発行審査がある
  • ファミリー登録はエポスネットから簡単
  • エポスゴールドカードと全く同じサービスが利用できる
  • 加えてファミリーボーナスポイントの付与やポイントシェアができる
  • デメリットはほぼなく、普通にゴールドに申し込むよりおすすめ

もはやメリットしかないと言っても過言ではないエポスファミリーゴールド。

普通に個々でエポスカードを持つより、家族会員としてファミリーゴールドを持つ方が断然おすすめですよ。

あわせて読みたいおすすめ記事