20代におすすめのゴールドカード8選|ヤングゴールド/年会費格安/ステータスに分類して紹介

20代におすすめのゴールドカード8選|ヤングゴールド/年会費格安/ステータスに分類して紹介

20代でも発行できるゴールドカードは意外にもかなり多いです。

その種類は膨大。正直どれを選んだらいいかわかりませんよね。

そこでこのページでは、20代でも審査に通過でき、特におすすめのゴールドカードをピックアップし、以下に分類して紹介します。

  1. 20代全員:ヤングゴールドカード
  2. 20代前半:年会費格安のゴールドカード
  3. 20代後半:高年会費だが、ステータス性のあるゴールドカード

あなたにぴったりのゴールドカードが見つかるでしょう。

20代全員におすすめ|20代限定のヤングゴールドカード2選

20代におすすめしたいのが、20代限定で発行されている以下のカード(通称:ヤングゴールドカード)。

三井住友カードプライムゴールド三井住友カードプライムゴールドJCB GOLD EXTAGEカードJCB GOLD EXTAGEカード
年会費5,000円(税別)3,000円(税別)
海外旅行保険最高5,000万円最高5,000万円
空港ラウンジ国内主要空港国内主要空港

年会費が格安ながら、旅行保険やサービスは1万円のゴールドカード級。

ステータス性やサービス、保険、と年会費のバランスが抜群で、20代のためのコスパ最強のゴールドカードです。

1.三井住友VISAプライムゴールドカード

三井住友カードプライムゴールド

三井住友カードプライムゴールド

  • VISA
20代限定の若者向け三井住友のゴールドカード。空港ラウンジ・海外旅行保険充実でイチオシのカード。
  • 高コスパ
  • スピード発行
  • 電子マネー
初年度年会費2年目~年会費還元率電子マネー等
無料5,000円0.50~2.50%
  • iD
  • Apple Pay
  • Google Pay
  • メリット
  • デメリット
  • 年会費が5,000円と格安
  • ステータス性抜群
  • 審査基準も優しめ
  • 国内の主要空港のラウンジが無料
  • 海外旅行保険が充実し、家族も対象
  • 家族カードやETCカードは無料
  • Amazonや楽天など大手ECサイトで高還元率に
  • 電子マネーiD相性が良くキャッシュレス◎
  • 学生は収入がないと審査に落ちるかも…
  • ポイント還元率は0.5%と低め
  • マイルを貯めるのには向かない

30歳以上しか申し込めない三井住友ゴールドカードの代わりに、20代のために特別に用意されたカード。それが三井住友VISAプライムゴールドカード

年会費5,000円(税別)と格安ながら、海外旅行保険や空港ラウンジのサービスは三井住友ゴールド(年会費1万円)と全く同じ。

三井住友カードゴールド三井住友カードゴールド三井住友カードプライムゴールド三井住友カードプライムゴールド
年会費10,000円(税別)5,000円(税別)
海外旅行保険最高5,000万円最高5,000万円
空港ラウンジ国内主要空港国内主要空港

満30歳で三井住友ゴールドカードに自動ランクアップと道筋が明確なので、将来を見据えてカードを持ちたい20代におすすめですよ。

2.JCB GOLD EXTAGE

JCB GOLD EXTAGEカード

JCB GOLD EXTAGEカード

  • JCB
29歳以下限定の若者向けJCBのゴールドカード。入会後3ヶ月間はポイントが3倍、4ヶ月目以降は1.5倍。
  • 初めて
初年度年会費2年目~年会費還元率電子マネー等
無料3,000円0.50~2.50%
  • QUICPay
  • Apple Pay
  • Google Pay
  • メリット
  • デメリット
  • 20代限定の年会費3,000円(税別)のヤングゴールドカード
  • 初回更新時(5年後)にJCBゴールドに自動アップグレード
  • 海外旅行保険の補償額が充実(利用付帯)
  • 国内主要31空港、ホノルルの空港ラウンジが無料で使い放題
  • ETCカードや家族カードの年会費が無料
  • Amazonやセブンイレブンでポイントが貯まりやすい
  • 電子マネーQUICPayと相性が良くキャッシュレス◎
  • ポイント還元率は0.75%と中途半端
  • 学生は原則取得できない…(裏技アリ)
  • JCB ゴールドザプレミアへのランクアップはなし
  • JCBブランドは海外で加盟店数が少なく使い勝手△
  • 20〜29歳で大卒初任給くらいの年収があればOK

日本唯一の国際ブランド「JCB」が直接発行している、20代限定のゴールドカード。それがJCB GOLD EXTAGE

年会費は3,000円(+税)と、三井住友プライムゴールドよりさらに安価に設定されていますが、保険やサービスはJCBゴールド(年会費1万円)並みに充実

JCBゴールドJCBゴールドJCB GOLD EXTAGEカードJCB GOLD EXTAGEカード
年会費10,000円(税別)3,000円(税別)
海外旅行保険最高1億円最高5,000万円
空港ラウンジ国内主要空港国内主要空港

20代で選ぶゴールドカードとして、他に選択肢がないほど傑出したカードだと思いますよ。

JCBゴールドも申し込めるが...
「JCBゴールド」は20代で申し込みできますが、審査基準がある程度高く設定されており、30代になるまで取得しづらいのが現実。

敢えてターゲット層を20代に絞ったJCB GOLD EXTAGEは20代ならかなり入手しやすいので、JCBゴールドを選ぶ必要は全くありません。

JCB GOLD EXTAGEカードJCB GOLD EXTAGEカード

日本唯一の国際ブランド「JCB」が直接発行の20代限定のゴールドカード、JCB GOLD EXTAGE。年会費3,000円にも関わらず、サービス内容はJCBゴールド(年会費1万円)に遜色なく、国内の主要空港ラウンジサービスや旅行保険も超充実。初回更新時(5年後)にJCBゴールドに自動アップグレードとランクアップの道筋も明確で、将来的にJCBのハイステータスカードを取得したい人にも非常におすすめです。

20代前半におすすめ|年会費格安ゴールドカード3選

「ヤングゴールドカードはピント来ないな…」という20代前半には、年会費が格安のゴールドカードもおすすめ。

MUFGカードゴールドMUFGカードゴールド楽天ゴールドカード楽天ゴールドカードエポスゴールドカードエポスゴールドカード
年会費(税別)1,905円2,000円5,000円
(招待で無料)
海外旅行保険最高2,000万円最高2,000万円最高2,000万円
空港ラウンジ国内主要7空港
ホノルル
国内29ヶ所
海外ホノルル/仁川
国内主要19空港
ホノルル・仁川

ゴールドカードらしいサービス(旅行保険や空港ラウンジ)こそ充実していませんが、中途半端に年会費がかかる一般カードなんかよりは、遥かにコスパが高いカードが揃っています。

審査基準も難しくなく、「とにかくゴールドカードを安く手に入れたい!」という人にはぴったりですよ。

1.MUFGカードゴールド

MUFGカードゴールド

MUFGカードゴールド

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
格安ゴールドカードの代表格。高コスパで充実のサービスを手に入れたい方に◎。
  • 高コスパ
初年度年会費2年目~年会費還元率電子マネー等
1,905円1,905円0.47~0.50%
  • Apple Pay
  • Google Pay
  • メリット
  • デメリット
  • 年会費が安いゴールドカード(しかも初年度無料)
  • 国内数カ所の空港ラウンジを無料で利用可
  • 海外旅行保険が自動付帯、国内旅行保険は利用付帯
  • 三菱東京UFJ銀行のATM手数料が優遇
  • 年間利用額に応じてボーナスポイントも
  • 中国ではマストな銀聯カード発行可
  • 国際ブランドを3種類から選べる
  • Apple Pay等も利用可
  • 基本ポイント還元率は約0.5%と高くない
  • ポイントの交換先は豊富だがレートは低め
  • 家族カードは年会費あり(一枚目&初年度無料)
  • ステータスはあまり高くない

MUFGカードゴールドの年会費はなんと1,905円+税。(さらに初年度無料)

その分、以下のように、サービス面は年会費1万円ほどのゴールドカードや、ヤングゴールドカードよりも劣ります。

  • 最高2,000万円の海外旅行保険
  • 6空港のラウンジが無料

しかし、中途半端に年会費がかかる一般カードよりは、遥かにコスパが高く、クレカ自体初めての20代におすすめできるカードですよ。

MUFGカードゴールドMUFGカードゴールド

ゴールドカードが欲しい!でも年会費が高いのはなぁ…という人にピッタリの格安ゴールドカード。自動付帯の海外旅行保険や国内主要5空港ラウンジなど、年会費の安さに似合わない充実したサービスも。他カードと比べるとポイント還元率はやや見劣りするものの、三菱UFJ系の圧倒的な信頼感もあり、初めてのゴールドカードにもおすすめの一枚です。

オンライン入会なら最短翌営業日発行!MUFGカードゴールド公式サイトをみる

2.楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカード

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
魅力はそのままに、年会費無料の楽天カードにはないゴールドカードならではの特典がたくさん。
  • 節約◎
  • 高コスパ
  • 電子マネー
  • 買い物◎
初年度年会費2年目~年会費還元率電子マネー等
2,000円2,000円1.00~5.00%
  • Edy
  • Apple Pay
  • Google Pay
  • メリット
  • デメリット
  • 楽天市場などで5.0%という驚異的なポイント還元率になる
  • 国内の主要空港、ハワイ&韓国の空港ラウンジを無料で利用できる
  • ETCカードの年会費が無料になる
  • 年会費の割に海外旅行保険の補償額が大きい
  • Edy搭載、Apple Pay利用可とキャッシュレスにも◎
  • ANAマイルを貯めるのにも適している
  • ポイントは楽天市場や楽天ペイで使えるので、交換できるアイテムは実質無限大
  • 年会費が税別2,000円かかる
  • ゴールドカードの中では比較的ステータスは低め
  • 券面がややピンクゴールド寄りなので人を選ぶデザイン
  • 家族カードの年会費が楽天プレミアムカードと同じ
  • Edyより絶対にnanaco!という人には向かない

実利面を重視する20代におすすめなのが、楽天カードのメリットが強化された楽天ゴールドカード

楽天カード楽天カード楽天ゴールドカード楽天ゴールドカード
年会費無料2,000円(税別)
楽天市場でのポイント還元率3%5%
空港ラウンジ利用不可国内29ヶ所
海外ハワイ・韓国の2ヶ所
利用限度額100万円200万
紙の利用明細82円無料
ETCカード年会費500円(税別)無料
券面シルバーゴールド

空港ラウンジサービスは、利用回数が「無制限→年2回」の改悪がありましたが、対象空港数は、MUFGカードゴールドやエポスゴールドよりも充実。

年会費格安ゴールドの中では、抜群にコスパが高い一枚です。(楽天系サービスユーザーはなおさら)

楽天ゴールドカード楽天ゴールドカード

使い勝手の良い楽天カードがパワーアップしたゴールドカード。空港ラウンジが使えるほか、楽天市場で3.0%→5.0%になるので、単純計算で毎月9,000円以上を楽天市場で買い物するならこちらの方がお得ですね。コスパが非常に高いので、ステータスよりも実益重視の方におすすめの一枚です。

24時間スマホでも申し込み可!楽天ゴールドカード公式サイトをみる

3.エポスゴールドカード

エポスゴールドカード

エポスゴールドカード

  • VISA
招待or年50万以上の利用で年会費ずっと無料。最大還元率1.5%でポイント有効期限もないハイスペックゴールド。
  • 高コスパ
初年度年会費2年目~年会費還元率電子マネー等
5,000円5,000円0.50~1.50%
  • Apple Pay
  • Google Pay
  • メリット
  • デメリット
  • ポイントの有効期限がなくなる(通常2年)
  • 豊富な種類からポイント3倍の店舗を3つ決められる
  • 年間利用額に応じてボーナスポイント(実質還元率は最大1.5%)
  • 全国10,000店舗以上でポイントアップや割引
  • 海外旅行保険が自動付帯
  • 国内主要空港ラウンジが無料
  • Apple PayやGoogle Pay、楽天ペイも利用可
  • 通常ポイント還元率は0.5%と高くない
  • 年会費5,000円(年50万以上使えば以降ずっと無料/またはエポスカードからの招待なら無料)
  • 家族カードは発行不可(家族に紹介して年会費無料でゴールド発行は可)
  • 国内旅行保険は付帯されない
  • ANA、JAL両マイルに交換できるがレートは低め(約50%)

とにかくコストを抑えたい20代には、年会費無料でもてるエポスゴールドカードがおすすめ。

直接申し込むと年会費5,000円ですが、エポスカードを年間50万円以上使うことでインビテーションが届き、招待経由の発行なら年会費無料に。

  • 直接申し込み→年会費5,000円(税別)
  • インビテーションあり→年会費永年無料

ポイントの無期限化、還元率1.5%の店舗を3つ選べる、全国10,000店舗以上で優待、国内の主要空港ラウンジ、自動付帯の海外旅行保険などなど至れり尽くせりなクレジットカードですね。

エポスゴールドカードエポスゴールドカード

通常還元率こそ0.5%と高くないものの、ボーナスポイントや選べるポイントアップショップで実質最大1.5%の超高還元率に。インビテーションか、一度でも年50万以上使えばずっと年会費無料になる、コスパ最高のゴールドカードです。マルイユーザーに限らず、日々の買い物をお得にしたいあらゆる人におすすめできる一枚と言えるでしょう。まずはエポスカードからが◎。

20代後半におすすめ|ステータスゴールドカード3選

部下や後輩ができる20代後半はステータスを意識してゴールドカードを選びたいところ。

楽天プレミアムカード楽天プレミアムカードアメックスゴールドアメックスゴールドダイナースクラブカードダイナースクラブカード
年会費(税別)10,000円29,000円22,000円
海外旅行保険最高5,000万円最高1億円最高1億円
空港ラウンジ国内:主要29空港
海外:1,200カ所以上
国内:主要28空港
海外:1,200カ所以上
国内:主要28空港
海外:1,000カ所以上

ヤングゴールドカード、年会費格安ゴールドと比較すると、年会費や審査基準こそ高めですが、その分保険やサービスは充実

旅行、さらには日常の体験をワンランク上げるような豪華な特典が付帯しています。

1.楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
オールマイティな楽天カードの二ランク上のゴールドカード。ポイント還元率と充実したサービスを見事に両立。
  • 高コスパ
  • 海外◎
  • 電子マネー
初年度年会費2年目~年会費還元率電子マネー等
10,000円10,000円1.00~5.00%
  • Edy
  • Apple Pay
  • Google Pay
  • メリット
  • デメリット
  • 楽天市場等で5.0%以上の驚異的なポイント還元率
  • プライオリティパスが付帯するカードでは年会費最安
  • 国内の主要空港ラウンジももちろん無料
  • 家族カードの年会費が格安で非常にオトク
  • Edy搭載、Apple Pay利用可とキャッシュレスにも◎
  • ANAマイルを貯めるのにも適している
  • 国際ブランドを4種類から選べる
  • 楽天ブラックカードのインビテーションが届く
  • 年会費が税別10,000円かかる
  • 特典が豪華な割にステータスはそれほど高くない
  • Edyより絶対にnanaco!という人には向かない
  • 楽天ブラックカードはかなりハードルが高い

20代後半に入り、海外出張/旅行が増えてきた人におすすめなのが「楽天プレミアムカード」

世界中の高級空港ラウンジが使い放題の、プライオリティーパスが無料で付帯します。

プライオリティ・パス=世界中の豪華な空港ラウンジを利用できる会員制サービス

プライオリティーパスを利用できるクレジットカードの中では最も年会費が安く、コスパは最強と言えるでしょう。

海外旅行保険も充実しており、クレマイ編集部内では“海外行くなら楽天プレミアム”という共通認識があります。

審査はそこまで難しくない

楽天プレミアムカードの申し込み条件は「20歳以上の安定収入がある方」。

20代なら、年収250万円くらいあれば、問題なく発行できるはずです。

楽天プレミアムカード楽天プレミアムカード

楽天カードの長所をさらに伸ばした強烈なゴールドカード。プライオリティ・パスが付くクレジットカードの中では最も年会費が安く、海外旅行保険も自動付帯で完備。ポイントも欲しい、ラグジュアリ―系のオプションも欲しい、そんな欲張りなあなたにオススメの一枚です。ワンランク上の毎日が待っているでしょう。

2.アメックスゴールドカード

アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード

  • American Express
日本初のゴールドカードで、今も昔もステータスカードの代名詞と言える。手厚いサポートや豊富な特典も大きな魅力。
  • 海外◎
  • ステータス
初年度年会費2年目~年会費還元率電子マネー等
29,000円29,000円0.33~1.00%
  • Apple Pay
  • メリット
  • デメリット
  • 格式高いステータスカード
  • メンバーシップリワードプラス加入でANAマイル還元率が1.0%の高還元率に
  • プライオリティパス付帯(制限あり)
  • 海外でも24時間日本語サポート
  • 最大1億円の旅行保険(国内5,000万)
  • 高級レストランでの優待(1名分が無料になる等も)
  • 家族カードが一枚目無料で超お得
  • Apple Payも利用可
  • 年会費が高め(使いこなせば安い)
  • 届くまでそれなりに時間がかかる
  • 通常ポイント還元率は0.33~0.50%と高くない
  • 有名なので良くも悪くも目立つ
  • 番号が15桁なので慣れないと通販等で少し使いにくい

部下や後輩を持ち、異性ウケも意識したゴールドカードを持ちたい

そんな20代後半におすすめなのが、アメックスゴールドカード。バブル期にはセレブの象徴的な共通認識もあり、現在でも代表的なステータスゴールドの一角を担うカードです。

ちなみに「女性にモテるクレジットカードランキング」では、ゴールドカードの中で一位でした。

20代は年収は少なめでもOK?

以前はごく一部の富裕層のみが持てる、超高難易度だったアメックスゴールドカードでしたが、バブルの崩壊、さらにはリーマンショックによる景気の低迷に合わせて大幅に審査基準が見直されました。

その結果、意外と一般的なサラリーマンでも手が届くカードに。

  • バブル期:超高難易度(ごく一部の富裕層)
  • 2019年現在:常識の範囲内の難易度(会社員でもOK)

特に年功序列文化が根強い日本では、20代は年収が低くて当たり前なので、250〜300万円ほどでも審査通過の可能性がありますよ。

アメックスゴールドアメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード

ポイントよりもステータスや手厚い付帯サービスに重きを置いている一枚。“ハイステータス”のパブリックイメージが強烈なので、モテるカードの代表格とも。一味違う「デキる大人」のオーラを演出したいあなたにオススメです。最高クラスの旅行保険、プライオリティ・パス、サポートを財布に入れ、旅に出かけたいですね。

一流のライフスタイルをサポートする一枚!アメックスゴールド公式サイトをみる

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカード

「いくらなんでもアメックスゴールドは年会費が高すぎ…」と言う人におすすめなのが、「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカード」。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス®・カード

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス®・カード

  • American Express
旅行~生活全般まで特典が充実した、コスパの高いアメックス提携ゴールドカード。
  • 高コスパ
  • 海外◎

以下「セゾンゴールドアメックス」に省略

クレディセゾン発行のため、年会費は1万円と安く抑えられていますが、券面はアメックス特有のセンチュリオン(百人隊長)。

正直サービス面で両者に決定的な差があるわけではないですし、20代(特に前半)ならセゾンゴールドアメックスで十分でしょう。

セゾンゴールドアメックスセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス®・カード

一般的なゴールドカードの年会費ながら、アメックス特典を含むラグジュアリー系のサービスが充実していてコスパの高い一枚。ただし、海外に頻繁に行く/利用額の多い人でJALマイルをザクザク貯めたい人はセゾンプラチナビジネスアメックスも選択肢に入るかもしれません。セゾンゴールドアメックスは初年度無料なので、まずは豊富な特典を実際に試してみるのもオススメです。

初年度は年会費無料で試せる!セゾンゴールドアメックス公式サイトをみる

3.ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード

  • Diners Club
利用金額に一律の制限がない、グルメや旅行の特典が豊富な伝統あるステータスカード。
  • 海外◎
  • ステータス
初年度年会費2年目~年会費還元率電子マネー等
22,000円22,000円0.40~1.00%
  • Apple Pay
  • メリット
  • デメリット
  • 一定の社会的信用がないと持てない由緒あるカード
  • グルメや宿泊、ツアーの優待が充実
  • 海外、国内共に手厚い旅行保険が自動付帯
  • 世界中の1,000以上の空港ラウンジを無料で利用可
  • ポイントの有効期限がない
  • 入会特典を初年度年会費無料orポイントから選べる
  • 限度額は一人ひとりに合わせて設定
  • ETCカードを無料で発行可
  • 27歳以上限定、審査の敷居も高め
  • 年会費が一般的なゴールドカード以上かかる
  • 分割払い不可(一括、ボーナス一括、リボ)
  • 家族カードの年会費はやや高め
  • 通常ポイント還元率は0.5%と高くない
  • ANA等のマイルに約1:1のレートで交換できるが、年間6,000円+税の手数料あり

アメックスゴールドと並び、ステータス性重視の20代後半におすすめなのが、ダイナースクラブカード。

券面こそ金色ではないですが、年会費円で、サービスや保険はゴールドカード相当。(もはやそれ以上か)

27歳以上にしか申し込み資格がなく、審査ハードルも高めで、20代での取得はかなりハードかと。年収やキャリアに自信がある人は、トライしてみましょう。

ダイナースクラブカードダイナースクラブカード

世界で最初に誕生し、日本でも最も長い歴史を持つ格式高いクレジットカード。アメックスと並びステータスの象徴的な存在ですが、最近は会社員でも発行できるため、バブル期ほどの希少性は薄れました。とはいえ豪華な特典は素晴らしいものがあり、生活にエグゼクティブさを求めたいあなたにオススメの一枚です。

ゴールドカード検討中の20代からよくある質問

ゴールドカードを検討している20代の方からよく受ける質問を、Q&A形式でまとめました。

  • 20代でゴールドカードを持つメリットは?
  • 20代でゴールドカードは生意気な印象を与える?
  • 20代でもゴールドカードの審査に通るの?

Q.20代でゴールドカードを持つメリットは?

20代に限らず、ゴールドカードを所有するメリットには以下のようなものがあります。

  • 国内主要空港ラウンジを無料で使える
  • 旅行傷害保険やショッピング保険など各種保険が充実している
  • ポイント還元率がアップすることも
  • 利用限度額がアップする
  • ステータス性があり他人からの印象も◎
  • 海外で身分証明書の役割も
  • ホテルやレストラン、エンタメ系の割引優待が受けられる
  • 専用のサポートデスクがあり、繋がりやすい

特に三井住友VISAプライムゴールドカードJCB GOLD EXTAGE、この二つのヤングゴールドカードは20代だけの特権なので、所有するメリットは大きいでしょう。

Q.20代でゴールドカードは生意気な印象を与えるのか?

これに関しては、ポジティブな意見もあれば、当然ネガティブな意見もあります。

生意気かどうかは「自分自身のキャラクター」と「周りの環境」に次第。

とはいえ大事なのは「自分が欲しいかどうか」。周りの目は気にしすぎなくていいと思いますよ。

20代後半ならもはや必須?

クレマイ編集部の見解では、20代後半ならゴールドカードはもはや身だしなみの一部と考えています。

VISAが行った実験でもゴールドカードでの支払いは、やはり好印象な様子でした。

  • 収入の安定や資産をきちんと管理できている
  • いい会社に勤めている

部下や後輩、異性の前ではゴールドカードでスマートに支払いたいものですね。

Q.20代はゴールドカードの審査に通るの?

確かに1990年代ごろまでのゴールドカードは、富裕層の限られたごく一部の人のみにしか発行されておらず、20代では取得が難しいカードでした。

しかし2000年代に入り、さまざなステータスカード(プラチナカード・ブラックカード)が乱立。

そのため、ゴールドカード自体の取得難易度は下がり、会社勤めで平均年収ほどある20代なら、難なく発行できるようになりました。

少なくとも、このページで紹介してあるゴールドカードなら、気負いせず申し込んでOKでしょう。(ダイナースクラブカードは難しいかも…)

学生不可が多いが…

ただし20歳以上なら申し込みOKのゴールドカードでも、「学生不可」が多いです。

いくら審査基準が下がったとはいえ、所得がない学生に発行するのは難しいんですね。

裏を返せば収入がある人は、カードによっては職業を「アルバイト(個人事業主など)」で申し込めば取得できます。(「学生」という職業が、機械審査で自動的に弾かれているだけだからですね。)

  • 収入なし→取得不可
  • 収入あり→「アルバイト」や「個人事業主」なら取得可能

まとめ

このページでは20代におすすめのゴールドカード、よくある質問を解説しました。

最後に重要なポイントをおさらいしておきましょう。

  • 20代ならヤングゴールドカードがコスパ抜群
  • 20代前半なら、とりあえず年会費格安ゴールドでもOK
  • 20代後半は、ステータスを意識してゴールドカードを持ちたい
  • 生意気に思われることもあるが、大事なのは自分が欲しいかどうか
  • 20代でも会社勤めで平均年収ほどあれば、ゴールドカードの審査は難しくない

特に三井住友VISAプライムゴールドカードJCB GOLD EXTAGEは、格安年会費で本格的なゴールドカードのサービスを堪能できる、20代だけの特権なのでおすすめ。

しっくりこない場合は、コストダウン重視か、ステータス重視かで決めて行くのがいいですよ。

あわせて読みたいおすすめ記事