年会費無料でとにかくポイントが貯まる!高還元率のクレジットカード人気5枚を徹底比較

「その他ポイント」のおすすめカード一覧

基本還元率が高く年会費無料!という鉄板とも言えるおすすめクレジットカード5種類をピックアップしました。

  1. 楽天カード
  2. JCBカードW
  3. オリコカードザポイント
  4. ヤフーカード
  5. リクルートカード

この5枚のカードはどれも超がつくほど人気なカードなのですが、結局どのカードを選ぶべきか迷ってしまいます。

そこでこの記事では、これらのカードを

  • ポイントアップができるお店が多いのはどれか
  • ポイントが使いやすいのはどれか
  • 海外旅行保険などの各種保険が充実しているものはどれか
  • 電子マネーと相性がいいものはどれか
  • そのほかにカードを選ぶ基準


という観点から徹底的に比較しました。

この記事を読めば5枚の中からあなたに最適なクレジットカードが見つかりますよ!

もくじ

年会費無料でポイント還元率が高いクレジットカード5選

まずは基本還元率が高く年会費無料の5枚のカードの概要を簡単に紹介していきます。

そのあとにどうやって自分に最適なクレジットカードを選べば良いか解説ています。

ポイント還元率が高いってどういうこと?

そもそも「ポイント還元率が高い」とはどういうことなのでしょうか?この記事を読み進める前にまずはそのことをきちんと理解しておきましょう。

クレジットカードは利用をするとポイントがもらえる仕組みになっていますね。

ほとんどのクレジットカードでは利用額200円ごとに1ポイント(1円分相当)、つまりは還元率にして0.5%のポイントがもらえるようになっています。

MEMO
ポイント制度によっては1ポイントあたりの価値が5円相当であるために1,000円につき1ポイントということもあります。

ただ、今回紹介する5つのクレジットカードでは

楽天カード 1.0%
JCBカードW 1.0%
オリコカードザポイント 1.0%
ヤフーカード 1.0%
リクルートカード 1.2%

といったように通常のショッピングでも1.0%以上のポイントがもらえるため、単純計算で他のクレジットカードの2倍の速度でポイントが貯まっていくカードなのです。

これらのカードはどんな買い物でもポイントがどんどん貯まっていくことに加えて、そのカードで買い物をするとさらにボーナスポイントをもらえる店舗(これを加盟店と呼びます)が身近にたくさんあり、とにかく日々の生活でポイントを貯めるのに最適なクレジットカードたちなのです。

ポイント還元率が高いということは、単純に多くのポイントを獲得できるということ。キャッシュレス化の波に乗ってデイリーユースしても、ざくざくポイントが貯まってオトクです。シンプルに節約効果もありますね。

1.楽天カード

楽天カード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
年会費通常無料
初年度無料
審査難易度F(審査難易度「F」について
還元率1.00%~3.00%
公式サイトhttps://www.rakuten-card.co.jp
年会費無料、買い物する度ポイントがどんどん貯まって使い道も無限大。圧倒人気のオールマイティカード。
今なら新規入会で最大8000ポイント!
楽々ネット申込で審査結果は最短即日!公式サイトはこちら

このカードのポイント
  • 通常還元率が1.0%と高い優秀なクレジットカード
  • 楽天市場での利用で還元率が3倍に
  • 年会費無料カードながら利用付帯の海外旅行損害保険も
  • 電子マネーとの連携も使いやすい
  • ディズニーや楽天、FCバルセロナなどのデザインがある(※MasterCardまたはJCB会員限定)
  • ハワイなどに楽天会員限定の「Rakuten Card ラウンジ」がご用意

楽天カードは生活費を支払うメインカードとして考えた場合、かなり優秀なクレジットカードと言えます。

通常はポイント還元率1%ですが、楽天トラベルや楽天市場のような「楽天サービスの利用」では還元率は3%までアップ

それ以外の買い物でも「楽天Edy・楽天Payの利用」や「加盟店舗での買い物」で1.5%~3%まで上げることも可能。さらに月に2回ポイントが10倍の日がある等、かなりポイントが貯まりやすいクレジットカードです。

数あるクレジットカードの中でも「審査に通りやすい」という評判もある楽天カード。審査に自信がないという方でも気楽に申し込むことができるカードと言えるでしょう。

通常の還元率も高く、生活に密着している楽天系サービスでさらにお得にポイントが貯まり、節約にも向いている一枚ですね。

2.JCBカードW

JCBカードW
  • JCB
年会費通常無料
初年度無料
審査難易度E(審査難易度「E」について
還元率1.00%~3.50%
公式サイトhttps://www.jcb.co.jp
JCBオリジナルシリーズの最新作。年会費無料×高いポイント還元率を実現した、WEB申し込み限定プロパーカード。
今なら新規入会で最大8000JCBギフトカード&キャッシュバック!
WEB申込限定だからこそ、申込手続が手軽!公式サイトはこちら

このカードのポイント
  • 年会費無料の高還元率カード
  • いつでもJCB一般カードの二倍の還元率をキープ
  • スターバックスで10倍以上のポイント還元。還元率にして5%以上
  • JCB originalseriesパートナー店でよりポイント還元率アップ
  • Amazonでの利用で還元率2.0%
  • 学生でも利用可能な海外旅行傷害が付帯したカード
  • 女性版のJCB CARD WplusLでは女性疾病へのサポートが充実

JCB CARD Wは18歳~39歳以下の方限定、年会費無料の高還元率クレジットカードです。

女性特有の疾病などのサポートが充実した女性向けバージョンの「JCB CARD WplusL」もあります。

さらに、「JCB original series パートナー」加盟店を利用するとポイントが数倍になります。

例えば、JCB original series パートナー加盟店には以下のような店舗があり、JCB CARD Wで買い物をすると以下のようにかなりの高還元率になります。

ブランド名 original series優待 JCB CARD Wで貯まるポイント 合計還元率
セブン-イレブン 1% 1% 2%
スターバックス 4.5% 1% 5.5%
Amazon 1% 1% 2%
JCBカードWはただでさえ高還元率のクレジットカードですが、スタバやセブンなどの身近な店舗での利用でさらに多くのポイントが貯まる優秀なカードなのです。

3.オリコカードザポイント

オリコカードザポイント
  • MasterCard
  • JCB
年会費通常無料
初年度無料
審査難易度E(審査難易度「E」について
還元率1.00%~2.00%
公式サイトhttps://www.orico.co.jp/
年会費無料×高還元率。サービスよりもポイント還元率に強みのある、iDとQUICPayをダブル搭載した稀有な一枚。
今なら新規入会で最大8000ポイント!
ネットで簡単、主婦の方でも申し込み可能!公式サイトはこちら
このカードのポイント
  • 年会費無料でポイント還元率がいつでも1.0%以上
  • 入会後の半年間はポイント還元率が2.0%
  • オリコモール経由でAmazonで2.0%、楽天は2.0~16.5%
  • ポストペイ型電子マネー「iD」と「QUICPay」をダブル搭載
  • 貯めたポイントはリアルタイムに様々なものと交換


オリコカードザポイントはポイント還元率の高さで有名なクレジットカードです。

通常の還元率が常に1.0%以上、入会後の半年間は2.0%。

さらにオリコモールの利用によって最大14倍のポイントを獲得できるため、Amazonや楽天などのネットショップやヤフオクを利用する方に非常にオススメです。

貯めたポイントは500ポイント単位でamazonギフト券、WAONポイント、楽天スーパーポイント、ANAマイル、JALマイルなどさまざまなものに交換できるのも魅力ですね。

また、後払い方式の電子マネー「iD」と「QUICPay」をダブル搭載できる唯一のクレジットカードでもあります。(2019年1月記事更新時点)

4.ヤフーカード

Yahoo! JAPANカード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
年会費通常無料
初年度無料
審査難易度E(審査難易度「E」について
還元率1.00%~3.00%
公式サイトhttps://card.yahoo.co.jp
年会費無料でTポイントが高還元率で貯まる一枚。18種類のプラチナ補償も非常にオトク。
新規入会で最大10000ポイント!
Tポイントの一元化も。入会特典がチャンス!公式サイトはこちら

このカードのポイント
  • 年会費無料、通常1.0%の高還元率カード
  • Yahooショッピング、LOHACOで3%の還元率
  • 格安でプラチナ級のお買い物補償付帯
  • オークションで落札した商品も補償の対象に
  • 貯まるポイントがTポイントなので使いやすい
  • MasterCard会員の場合、nanacoチャージでもポイント獲得

ヤフーカードは、Yahoo!Japan系サービスを利用する方に特におすすめできるクレジットカードです。

通常1.0%の高還元率に加え、Yahoo!ショッピングやLOHACOでは還元率が3倍に。

さらにYahoo!オークションでのトラブル等にも対応できるようになっているため、Yahoo! Japanサービスを積極的に利用している方は持っておきたい1枚です。

また、年会費無料カードでは珍しく月額490円で「18種類の補償」を付けることが可能です。細かなシーンに対応できる、まさにプラチナ級の補償内容と言えますね。

クレジットカードの利用で、高還元率でそのままTポイントが貯まるので、Tポイントを貯めたい方にもおすすめです。

5.リクルートカード

リクルートカード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
年会費通常無料
初年度無料
審査難易度E(審査難易度「E」について
還元率1.20%~3.20%
公式サイトhttps://recruit-card.jp
1.2%の驚異的な還元率。電子マネーへのチャージも最強クラス。ホットペッパーなどを使う人も必携の一枚。
今なら新規入会で最大6000ポイント!
日常のあらゆる買い物を1.2%もお得に!公式サイトはこちら

このカードのポイント
  • 年会費無料、基本還元率1.2%とかなり高水準に設定
  • じゃらんなどのリクルートサービスをよりお得に利用
  • 利用しやすいPontaポイントとの相性が抜群
  • MasterCard会員だとより豊富な電子マネーが利用可能

リクルートカードは基本還元率が1.2%と、一般カードの中では相当な高水準を誇るクレジットカード。

旅行や食事などをする際に、リクルート関連サービスを利用する場合はさらに還元率が高くなります。

  • じゃらんnet
  • じゃらんゴルフ
  • ホットペッパービューティ
  • ホットペッパーグルメ
  • ポンパレモール
  • SUUMO


例えばホットペッパービューティーで美容室を予約した場合には料金の2%が還元。さらにリクルートカードで決済することで、3.2%まで上がります。

ホットペッパービューティー

ホットペッパーグルメでも、予約人数×50ポイントが貯まるなど飲み会の幹事の方にはとてもオススメですね。

貯まるリクルートポイントは使い勝手のよいPontaポイントへ等価交換できるので、初めてでも二枚目以降のカードとしてもおすすめできる一枚です。

自分にピッタリなカードはどれ?選ぶポイントを5つ紹介

今回紹介するクレジットカードはどれも通常のショッピングで1.0%以上のポイントが貯まる高還元率のカードでしたね。

ただこれらのクレジットカードの中で「このカードが最強」と言い切ることはできません。

お得で便利なクレジットカードは人それぞれ異なるからです。

そこで、これらの5枚の中から自分に最適なクレジットカードを選ぶ方法を5つのポイントにまとめてみました。

  1. 自分が普段利用している店舗でポイントがたくさん貯まるか(ポイント加盟店かどうか)
  2. 貯めたポイントを日々の生活で使いこなせるか
  3. 普段よく使う電子マネー(Suicaや楽天Edy、nanacoなど)と相性がいいか
  4. 海外旅行保険など、各種保険が自分に合っているか
  5. その他、デザインや発行スピードなどの自分の求める条件を満たしているか

これらの5つのポイントを見出し毎に焦点を当てて解説していくので、あなたにピッタリのクレジットカードがきっと見つかるはずですよ!

普段使うお店でポイントが貯まりやすいのは5枚の高還元率カードのうちどれ?

通常のショッピングでの還元率は

楽天カード 1.0%
JCBカードW 1.0%
リクルートカード 1.2%
ヤフーカード 1.0%
オリコカードザポイント 1.0%

というようになっており、リクルートカードが1.2%と他のカードよりも優位に立っていることがわかりますね。

ただ、普段の貯まりやすさももちろん重要ですが、クレジットカードをポイント制度を基準に選ぶ際には

  1. 自分がよく使う店でいかに多くのポイントが貯まるか
  2. ポイントの使い勝手がいいか
  3. クレジットカードと連携したサービス(電子マネーや電子決済など)が充実しているか

という3点がかなり大事です。

そこでまずは、自分がよく使う店でポイントが貯まりやすいかどうか

  • 街中でポイントが貯まりやすいクレジットカード
  • ネットショッピングでポイントが貯まりやすいクレジットカード

に分けて解説します。

貯まるポイントについて整理しておこう。

街中で買い物をするにはどのクレジットカードがおすすめ?

それぞれのクレジットカードでは、そのカードで決済するとさらに多くのポイントが貯まる店舗(加盟店)というものがありましたね。

今回紹介する5枚のカードのうち街に加盟店があるのは以下の4枚のカード。

楽天カード 楽天ポイント加盟店
JCBカードW JCB ORIGINAL SERIESパートナー
ヤフーカード Tポイントカード加盟店
リクルートカード Ponta加盟店(一体型ではない別途pontaポイントカードが必要)

この中でも、「共通ポイント」である楽天スーパーポイント、Pontaポイント、Tポイントは加盟店が多いです。

一方、オリコカードはネットショッピングではポイントが貯まりやすいですが、加盟店がないため街中にあるお店ではそこまでポイントが貯まりません。

リクルートポイントはPontaポイントとの相性が抜群!
リクルートカードの利用ではリクルートポイントが貯まります。
しかし、即時Pontaポイントに交換することができ、「Pontaポイントと非常に相性がいいカード」です。
ただし、Ponta加盟店でポイントを貯めるためには別途「Pontaポイントカード」を用意する必要があります。

数ある加盟店の中でも人気のものをまとめると

マクドナルド 楽天カード2.0%
セブンイレブン JCBカードW2.0%
リクルートカード2.2%(nanacoにチャージして支払う)
ファミマ ヤフーカード1.5%〜2.5%(ファミランクに応じて)
ローソン リクルートカード2.0%(別途Pontaポイントカードが必要)
スタバ JCBカードW5.5%(スターバックスカード利用時)

と言ったようになっています。

とりわけコンビニなんかは職場や自宅の近くにあるから毎日使うなんて人も多いため、それを基準にクレジットカードを選んでも良いとおもいます。

例えば、職場近くのセブンイレブンで毎日昼ご飯やタバコなどを買って1,000円くらい使っているとします。

月々にすると30,000円の支払いを全てJCBカードWにすると600円分のポイントが貯まりお昼ご飯1回分くらいは貯まってしまうのです。

この600円を多いか少ないかは人それぞれ違いますが、本来ポイント制度というものはあくまで「おまけ」程度のもの。

それをいかにコツコツ貯められるかが結果として大きな節約になりますよ。

まずはそれぞれの「加盟店」に自分が普段使っている、自宅や職場近くにある店舗があるかのぞいてみるのが良いでしょう。

楽天カード 楽天ポイント加盟店
JCBカードW JCB ORIGINAL SERIESパートナー
ヤフーカード Tポイントカード加盟店
リクルートカード Ponta加盟店(一体型ではない別途pontaポイントカードが必要)
普段利用する機会が多いところは人それぞれ違うため、「このクレジットカードがおすすめ!」と言い切ることはできません。
ただ、オリコカードを除く4枚のクレジットカードのポイント加盟店は街のいたるところにあります。
食事するところや薬局、コンビニ、居酒屋などに行くときに「楽天ポイントが貯まるからマック行こう!」と言ったように手持ちのクレカでポイントが貯まりやすい店舗に行く心がけをする方が大事です。

ネットショッピングにはどのクレジットカードがおすすめ?

リクルートカードはネットショッピングには弱い

ネットショップの中でも代表的なものは以下の3つ。

  1. Amazon
  2. 楽天市場
  3. Yahoo!ショッピング

あなたがよく使うショッピングサイトでお得になるクレジットカードはどれなのでしょうか?

Amazonをよく使う人にはJCBカードWとオリコカードザポイントがおすすめ

Amazonを利用するとポイントがアップするのは

JCBカードW 2.0%
オリコカード 2.0%以上

の2枚。

オリコカードは少し特殊なので後ほどまとめて解説します。

Amazonは「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」加盟店なので、

  • JCBカードのポイント還元
    →0.5%
  • original series優待
    →1.0%
  • JCB CARD W(plusL)特典の還元
    →0.5%

と2.0%のポイント還元率になるわけです。

ただし、ただAmazonでJCBカードWで決済をすればいいというわけではありません。

  1. MyJチェック(Web明細書)に事前に登録
  2. OkiDokiランドを経由する


という2つの条件を満たしていないと、優待ポイントが付与されないことには注意が必要です。

さらに、Amazonでの支払いにJCBカードW利用で貯まったOkiDokiポイントを1ポイント3.5円分として利用することができます。

しかし、1ポイントあたりの価値が5円相当あるOkiDokiポイントでは、あまりお得な交換先とは言えないので使えることを覚えておく程度で良いかと思います。

楽天市場をよく使う人は楽天カードがおすすめ

楽天市場の利用でポイントがアップするのは

楽天カード 3.0%
オリコカード 1.5%〜15%

楽天市場は楽天が運営するショッピングサイトで、日用品などを含め基本的になんでも販売しております。身近なとこで言えばAmazonのようなものですね。

楽天市場で楽天カードで支払いをすると還元率が3倍の3%になります。

100円につき3%も貯まるため、かなりお得なサービスですよね。

ただ、楽天のポイントアップの魅力はそこで終わりではなく、「SPU(スーパーポイントアップ)キャンペーン」というものが用意されており、楽天市場での利用が最大13%まで上昇します。

楽天銀行 引き落としを楽天銀行にする +1倍
楽天市場アプリ アプリを利用してお買い物 +1倍
楽天証券 月1回500円以上の投資 +1倍
楽天モバイル 通話SIMを契約 +2倍
楽天TV NBAまたはパ・リーグspecialを契約または更新 +1倍
楽天ブランドアベニュー 月に1回のお買い物 +1倍
楽天ブックスまたは楽天Kobo 月2,000円以上のお買い物 +1倍
楽天トラベルの 対象ツアーまたは対象期間の利用をする +1倍
楽天ビューティ 月1回1,500円以上 +1倍
楽天カード 楽天カードで決済する +2倍

これらすべて条件達成はなかなか難しいとは思いますが、その中で利用できそうなものだけでも利用してもかなりのポイント倍率となりお得です。

楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカードではさらにポイントが貯まる!
これに加えて楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカードの利用でさらに2ポイント、つまり5倍貯まります。
年会費こそかかるものの、使い方によってはお得に感じられることが多いカードなのでオススメしています。
楽天ゴールドカード楽天ゴールドカード

魅力はそのままに、年会費無料の楽天カードにはないゴールドカードならではの特典がたくさん。

公式:https://www.rakuten-card.co.jp
楽天プレミアムカード楽天プレミアムカード

オールマイティな楽天カードの二ランク上のゴールドカード。ポイント還元率と充実したサービスを見事に両立。

公式:https://www.rakuten-card.co.jp

Yahoo!ショッピングをよく使う人はヤフーカードがおすすめ

Yahoo!ショッピングをよく使う人はヤフーカードがおすすめです。

ヤフーカードではYahoo!ショッピングの他にもLOHACOでのオンラインショッピングで

  1. カード決済によるクレジットポイント
  2. Yahoo!ショッピング・LOHACO利用ポイント*貯まるのは期間固定ポイント
  3. ショッピングサイト利用によるストアポイント・LOHACOポイント


というようにTポイントが付与されるので、還元率は3倍の3.0%になります。

3.0%って驚くほどの還元率ですね・・・。

さらに、Yahoo!かんたん決済を利用してヤフオク!の商品代金をヤフーカードで支払っても1.0%のクレジットポイントがしっかり貯まります。

  • 出品の際にYahoo!Japan IDを利用すると本人確認が不要になる
  • 新品・中古商品を問わずヤフーカードで落札代金を支払った商品は、補償の対象になる


といったようなメリットが見られるため、ヤフオク!をよく利用する人は、ヤフーカードは絶対に持っておくべきでしょう。

JCBカードWとオリコカードはポイントアップモールに注目

以下の2枚のカードには経由することでさらに多くのポイントが付与される「ポイントアップモール」と言うものがあります。

JCB CARD W OkiDokiランド
OricoCard THE POINT オリコモール

Amazonのみならず楽天市場やYahoo!ショッピングなど他のショップでも還元率が上がるため、複数のネットショップを利用する人にとってはかなり好都合なカードでしょう。

また、定期的に「特定のカテゴリーで還元率が数倍になる」などのキャンぺーンもよくやっており、先ほど紹介したカードよりもポイントが貯まりやすくなることがあります。

JCB CARD WならOkiDokiランド

Amazon 2.0%
楽天市場 1.5%
Yahoo!ショッピング 1.5%
LOHACO 1.5%

OricoCard THE POINTならオリコモール

Amazon 2.0%以上
楽天市場 1.5%〜15%(ショップによって異なる)
Yahoo!ショッピング 1.5%
LOHACO 2.0%
じゃらんnet 2.0%

オリコカードザポイントでは入会特典として入会から半年間は還元率が2倍になるので、例えば入会後半年間の間にAmazonでオリコカードザポイントを用いて決済すると3.0%と驚異のポイント還元率が達成されるのも魅力的です。

リクルートカードは独自のサービスで便利

リクルートカードはAmazonなどの有名ショップでポイント還元率がアップすることはありませんが、リクルート関連サービスを利用する場合はさらに還元率が高くなります。

  • じゃらんnet
  • じゃらんゴルフ
  • ホットペッパービューティ
  • ホットペッパーグルメ
  • ポンパレモール
  • SUUMO

代表的な関連サービスには上記のようなものがありますが、それぞれのサービス利用時により多くのポイントを獲得できます。

例えばじゃらんnetで宿泊ホテルを予約した場合には料金の2%が還元。さらにリクルートカードで決済することで、3.2%まで上がります。

ホットペッパーグルメでも、予約人数×50ポイントが貯まるなど幹事の方にはとてもおすすめですね。

オンラインショッピングが特にお得

特にお得なのが、 リクルート独自のオンラインショップ「ポンパレモール」の利用です。

全ての品を3%以上の還元率で購入することができ、期間限定のキャンペーンでは最大20%にまで上がることもあります。

決済時にリクルートカードを利用することでさらに還元率を高めることができるため、オンラインショッピングを普段からする方にはピッタリのカードであると言えるでしょう。

Amazonや楽天市場での還元率が上がらない代わりに、独自のオンラインショップを運営していると言うことですね!

  • Amazonを使う人→JCBカードW
  • 楽天市場を使う人→楽天カード
  • Yahoo!ショッピングを使う人→ヤフーカード
  • 複数のショッピングサイトを使う人→オリコカードザポイント・JCBカードW
  • リクルート関連のサービスを使いたい人→リクルートカード


という基準で選ぶのが良いでしょう。

ポイントの使い勝手がいいのは5枚の高還元率カードのうちどれ?

貯まるポイントについて整理しておこう。

5つのクレジットカードではそれぞれ以下のポイントが貯まります。

楽天カード 楽天スーパーポイント
JCBカードW OkiDokiポイント
リクルートカード リクルートポイント(Pontaポイントに即交換可能)
ヤフーカード Tポイント
オリコカードザポイント オリコポイント

楽天スーパーポイント、Pontaポイント、Tポイントは「共通ポイント」で使いやすい!

OkiDokiポイントやオリコポイントはクレジットカード会社独自のポイント制度であるためカードの利用によって貯めるのが主です。

しかし、それ以外の楽天スーパーポイント、Pontaポイント、Tポイントは「共通ポイント」と呼ばれ、クレジットカードの利用以外にも

  • 提携店でポイントカードを提示する
  • 他のポイントから交換する

といったように、様々な場所や方法でポイントを貯めることができ、さらに多くの場所うで利用できる便利なポイント制度なのです。

楽天カード、リクルートカード、ヤフーカードは使い勝手のいい「共通ポイント」をカードの利用で直接貯めることができるのでこれはかなりのメリットになると思います。

電子マネーと相性がいいのは5枚の高還元率カードのうちどれ?

楽天カードとオリコカードは電子マネーと一体型で便利!

電子マネーをクレジットカードと一体型にできるのは以下の2枚。

楽天カード 楽天Edy
オリコカードザポイント iD・QUICPay

一体型であることで持ち運ぶべきカードが減り、非常に便利ですよ。

楽天Edyを使いたいなら楽天カード

加盟店が多いほど利便性が高くなる電子マネー。

楽天Edyは全国50万か所以上で使用可能、と加盟店の多い電子マネーとしても知られており、現金のように日常で使いこなすことが出来るのです。

主なジャンルと代表的な加盟店は次の通りです。

コンビニ セブンイレブン/ローソン/ファミリーマートなど
スーパー イトーヨーカドー/ピアゴ/アピタなど
ドラッグストア ツルハドラッグ/マツモトキヨシ/スギ薬局/サツドラなど
ネットショップ Amazon/楽天市場/GREEなど
家電 ケーズデンキ/ビックカメラ/ヨドバシカメラ/コジマ/ソフマップなど
百貨店 高島屋/エスタ/セントラルパークなど
本/CD/DVD ブックオフ/TSUTAYAなど
飲食店 マクドナルド/ガスト、バーミヤンなど
ファッション コナカ/はるやま/ライトオンなど
アミューズメント ビッグエコー/としまえん/ラウンドワンなど
レンタカー/駐車場 ニッポンレンタカー/タイムズ駐車場など
ホテル ルートインホテルズ/東急ホテルズ/サンルートホテルなど
空港/機内販売など ANA FESTA/ANA国内線機内販売など

Edy機能+クレジット機能+ポイントカード機能が一枚になったのが楽天カード

チャージした時のポイント還元率は0.5%、支払いと併せると1.0%になります。

Edy機能付き楽天カードのメリットはポイント2重取りだけではありません。

Edyオートチャージに対応しているため、わざわざ手動でチャージする手間がかからないのです。

iDとQUICPayならオリコカード

「QUICPay」や「iD」のようなポストペイ型の電子マネーでは名前の通り後払い式なので、事前にチャージをする必要はなく、利用した後に紐づけられたクレジットカードから引き落とされる形となっています。

そのため、いちいち買い物前に残高をチェックしたり「あといくら残っているのかな、先にチャージしておいたほうがいいのかな」と不安になりながらお会計に並ぶ必要なくとても便利です。

「オリコカードザポイント」はiDとQUICPayをダブルで搭載できるので

  • QUICPayとiDいずれかしか使えない店でも使えるようになるので、ポイントを取り逃がしてしまうことがない。
  • QUICPayとiDがどの店で使えるか1回把握しても、いざ使う段になると「あれ、どっちがこのお店で使えるんだっけ?」となりそうだが、両方搭載していればそのような面倒なことを考えなくても大丈夫。
  • ポイントが分散せずに一極集中するため、ポイントがためやすくなる。

というようなメリットが受けられますよ。

電子マネーへのチャージでポイントが貯まりやすいのはリクルートカード

リクルートカードでは電子マネーのチャージでも1.2%のポイント付与の対象となっています。

カードブランド チャージでポイントの付与対象となる電子マネー
JCB nanacoモバイルSuica
Mastercard・Visa nanaco楽天EdyモバイルSuica、SMART ICOCA

基本的には電子マネーへチャージして利用することで以下の2つのポイントをダブル獲得できます

  1. リクルートポイント
  2. 電子マネーポイント

電子マネーへのチャージにリクルートカードを利用してリクルートポイント、そして電子マネー決済によって各電子マネーのポイントが貯まる、ということですね。

リクルートカード以外にも以下のカードでは電子マネーへのチャージでポイントがたまるのですが、

  • ヤフーカード→nanaccoへのチャージで0.5%
  • 楽天カード→楽天Edyへのチャージで0.5%

といったように還元率が低くなってしまうというデメリットがあります。

旅行保険やショッピング保険が充実しているのは5枚の高還元率カードのうちどれ?

クレジットカードには

  • 海外旅行保険
  • 国内旅行保険
  • ショッピング保険


といったような保険が無料で付帯します。

今回紹介しているクレジットカードはどれも年会費が無料のクレジットカードであり、保有コストが全くかからないので、このような保険を重視してカードを選んでもよいと思います。

とりわけ、旅行や出張の多い人は海外旅行傷害保険を重視すべきと言えるでしょう。

海外旅行保険が一番充実しているのは楽天カード!

海外で怪我や病気をした場合は治療費が数百万円単位になることも多いため、クレジットカードに付帯する保険の中でも特に重視したい海外旅行保険

海外旅行保険が付帯しているのは

  1. 楽天カード
  2. JCBカードW
  3. リクルートカード

の3枚。

それぞれの海外旅行保険は以下のようになっています。

楽天カード JCBカードW リクルートカード
傷害死亡・後遺障害 2,000万円 2,000万円 2,000万円
傷害治療費用 200万円 100万円 100万円
疾病治療費用 200万円 100万円 100万円
賠償責任 2,000万円 2,000万円 2,000万円
携行品損害 20万円
(免責3,000円)
20万円
(免責3,000円)
20万円
(免責3,000円)
救援者費用 200万円 100万円 100万円

どの補償金額が重要なの?

海外旅行保険ではクレジットカード会社が「最高2000万円!」と最高補償金額を提示しているためかこの数字ばっかりを気にしてしまいがちです。

しかしこの最高補償額というのは、「傷害死亡・後遺障害」の金額のことであり、つまりは旅行中の事故により死亡や後遺障害が残ってしまった時に補償される金額なのです。

現実的に考えてみると旅行中に死亡のリスクがある大事故に遭う確率は稀です。

そのため都市や観光地へなど普通の海外旅行の場合はケガや病気の治療費を補償してくれる「傷害治療費用」と「疾病治療費用」を重視するのが良いでしょう。

傷害・疾病治療費用が充実しているのは楽天カード!

表を見ると楽天カードは傷害・疾病治療費用がともに200万円あり、十分な額を満たしているクレジットカードだと言えるでしょう。

海外旅行保険が充実しているとされるアメックスゴールドカード(年会費3万円)と比較しても

楽天カード アメックスゴールドカード
傷害治療費用 200万円 300万円
疾病治療費用 200万円 300万円

「傷害治療費用」と「疾病治療費用」の面ではそこまで劣りません。

楽天カードが年会費無料ながらいかに海外旅行保険が充実しているかわかりますね。

一方、JCBカードWとリクルートカードは傷害・疾病治療費用が100万円と不十分な額になっており、そこまでオススメできるわけではありません。

3枚のカードは全て利用付帯であることに注意

クレジットカードに付いている旅行保険ではその適用条件には

自動付帯 クレジットカードを旅行に持っていくだけで保険が適用される
利用付帯 旅行旅行に関する費用を事前にクレジットカードで支払った場合適用される

の2タイプがあります。

クレジットカードの旅行損害保険の自動付帯と利用付帯の違い

楽天カード、JCBカードW、リクルートカードは全て利用付帯

つまり、飛行機のチケット代やホテルの料金など旅行にかかる費用を事前にクレカ払いしていなければ保険が効かないのです。 

ただ、何も落ち込む必要はありません。

いずれのカードも高還元率なクレジットカードであるため、普段の生活の数倍、数十倍の利用をする海外への旅費は多くのポイントを貯めるチャンスになる、と捉えれば良いのです!

残念ながら、オリコカードとヤフーカードに海外旅行保険は付帯していません
とは言っても、年会費が安いカードや無料の一般カードでは海外旅行保険が付帯していないものが多く、当たり前の話かもしれません。
今回紹介している楽天カードやJCBカードWが年会費無料ながらいかにすごいのかわかりますね。

★年会費無料のクレジットカードで海外旅行保険が自動付帯するものはコチラ

国内旅行傷害保険はリクルートカード

5枚のクレジットカードのうち国内旅行傷害保険が付帯しているのはリクルートカードのみとなっています。

死亡・後遺障害 最高1,000万円

ただし、補償されるのは死亡・後遺障害のみで、さらに利用付帯という条件つき。

「一応ついている」くらいの認識でそこまで重要視するものではないかと思います。

リクルートカードは楽天カードにはその補償額は劣りますが海外旅行保険も付帯しているので、国内外の旅行保険が両方ともついているクレジットカードが欲しいという人はリクルートカードの一択と言えるでしょう。

ショッピング保険はリクルートカードが充実

クレジットカードには旅行損害保険以外にも動産総合保険、いわゆるショッピング保険も付帯されています。

ショッピング保険は、クレジットカードを使って買い物をしてトラブルに見舞われた際に適用される保険です。

ショッピング保険がついているのは以下の3枚。

リクルートカード 最大限度額200万円
JCBカードW 最大限度額100万円
ヤフーカード 最大限度額100万円

最大限度額が一番大きいのはリクルートカードですね。

ショッピング保険はもしもの時についていたら非常にこころ強いもの。カード選びの一つの基準にしてみるのもアリですね

3種類すべての保険が付帯しているのはリクルートカードのみで、他のカードよりも一歩リードしていることがわかりましたね。
ただ、特に重要な海外旅行保険は楽天カードが一番充実しています。


と言ったような基準で選ぶのが良いでしょう。

国際ブランドの点もクレジットカードを選ぶ重要なポイント

それぞれのクレジットカードで選択できる国際ブランドは以下のようになっています。

VISA Mastercard JCB AMEX
楽天カード
JCBカードW × × ×
リクルートカード ×
ヤフーカード ×
オリコカードザポイント ×

国際ブランドと特徴を理解した上で選ぼう

VISA ・クレジットカードの売上高が世界シェアNo.1
・VISAのカードを所有していれば、国内はもちろん世界中のいたるところで使用することができる
・国際ブランドの中で、一番利便性が高いブランド
Mastercard ・VISAに次ぐ世界シェアNo.2
・VISAと同様に世界中で使用することができる
・au WALLETプリペイドカードへのチャージやApple Payなどスマホ決済に強みがある
JCB ・日本発の国際ブランドなので、国内でカードが使えるお店ならほぼ利用することができる
・国内では、カード会員数も利用できる加盟店数もトップクラス
・特典が豊富に付帯されている
国外では利用できないところがまだまだ多い
AMEX ・利用可能な店舗は他のブランドと比べると少なめ
・日本国内は加盟店が少ないが、JCBと提携しているためJCB加盟店で使える
・ステータスが高く、海外で信用が得やすい

各国際ブランドについての特徴は簡単に書くと上記のようになります。

例えば、街から離れている地域で利用したい場合にはVISAを選び、また高ステータスを示したいなどの場合にはAMEXを選ぶなど、できるだけ利便性があるように選ぶといいでしょう。

世界で利便性の高いVISAやMastercardを選ぶなら

先ほど紹介した表からわかるように、国内のみならず海外にも加盟店の多いVISAやMastercard。

これらの国際ブランドはJCBカードWを除く4枚

  1. 楽天カード
  2. リクルートカード
  3. ヤフーカード
  4. オリコカードザポイント


の4枚のカードで選択可能です。

JCBカードWはJCBしかないプロパーカード

JCBカードWは国際ブランドJCBが直接発行するプロパーカードです。

そのため先ほど述べたようにJCBカードWではVISAやMastercardの国際ブランドはなく、JCBブランドのみしか持つことができません。

確かに、他の国際ブランドと比べると海外に加盟店は少なく使い勝手はいいとは言えません。

しかし、国内初の国際ブランドということもあり、日本での加盟店は非常に多く、国内で利用するメインカードとしては大変優れた国際ブランドでしょう。

また、台湾やハワイなど日本人観光客が多い地域ではJCBの加盟店も多いので国際ブランドがJCBのカードでも問題なく決済できるはずですよ。

アメックスブランドが欲しい人は楽天カード

アメックスブランドを選べるのは楽天カードのみです。

しかも他の国際ブランドを選んだ時と変わらず、その年会費は無料ということにはかなり驚きです。

というのもアメックスブランドのカードを発行しているものには年会費が完全無料のクレジットカードは今までなかったのです!

楽天カードのアメックスブランドでは「アメリカンエキスプレスコネクト」という様々な優待特典やキャンペーンを利用できるアメックスのサービスが受けられるようになります。

ここまで充実した優待サービスが受けられるのはアメックスブランドの他にないので大きな魅力です。

日本国内ではJCBが使えるお店のほとんどで使える!

たしかに、アメックスの加盟店は少ないですが日本での利用は思っている以上に便利です。

日本発の国際ブランドJCBは国内に加盟店がかなり多いですね。

アメックスはそのJCBと提携しているため、JCB加盟店ではアメックスでも決済が可能なので国内ならそれほど不自由なく使うことができるわけです

ただ、やはりAMEXカード1枚だけではいざという時に使えないなどのことになり兼ねないため、もう一枚メジャーな国際ブランドのカードを持っておいた方がいいでしょう。

各々の国際ブランドにメリット・デメリットがあり一概に「この国際ブランドがおすすめ」でとは言えないので、下記のような基準で選ぶのが得策でしょう。

  • 初めてのクレジットカードで海外でも利用する予定がある人
    →VISA/MasterCard(JCBカードW以外)
  • すでにVISA/MasterCardのカードを持っている人
    →JCBカードW
  • 国内でしか利用しない人
    →JCBカードW・楽天カード(AMEX)
  • 国際ブランドの特典
    →楽天カード(AMEX)

まだまだあるクレジットカード選びのポイント

今まで説明した3つの選び方以外にも、

  • 追加カードによる選び方
  • デザインなど、細かい点による選び方
  • 入会特典の内容による選び方

などがあります。

しかし、こちらの選び方はメインに検討するべき点ではありません。

2枚くらいまでどのカードにするか絞り込み、どうしても決めきれない場合に検討してみるとよいでしょう。

ETCカードを追加発行できるかどうか

発行手数料 年会費
楽天カード 無料 500円
JCBカードW 無料 無料
リクルートカード 無料 無料
ヤフーカード 無料 500円
オリコカードザポイント 無料 無料

表を見てみると

  1. JCBカードW
  2. リクルートカード
  3. オリコカードザポイント

これらの3枚のカードは年会費のみならず、発行手数料も無料なので完全に無料でETCカードを持つことができます

楽天カードとヤフーカードは発行手数料こそかかりませんが、年会費が毎年500円かかります。

楽天カードではETCカードの利用でも100円につき1ポイント貯まるものの、年会費の元を取るには年間54,000円も高速料金を使う必要があるのです。あまり車に乗らない人からしたら少し難しいかもしれません・・・。

また、ヤフーカードはETCカードの利用でポイントが貯まらないのでおすすめできません。

デザイン性も重要なポイントに

楽天カードではMastercard・JCBブランドのみ通常デザインの他に、お買い物パンダデザインなどの他のデザインを選択することができます。

MasterCard ・通常デザイン
・お買い物パンダデザイン
・バルセロナFCデザイン
・楽天イーグルスデザイン
JCB ・通常デザイン
・MasterCardで選択可能な3種のデザイン
・ディズニーデザイン

公式サイトを見てみて、気に入ったデザインがあれば発行をしてみるのもよいでしょう。

女性向けのカードがある!

以下のカードでは女性向けのクレジットカードも用意しています。

楽天カード 楽天カードPINKカード
JCBカードW JCBカードW PLUS L

これらの女性向けのクレジットカードは年会費や還元率などのサービスは通常のクレジットカードと同様に受けられる上に、

  • デザインが女性向け
  • 女性向けの医療保険を付帯できる(健康に関する特典)
  • 「美」に特化したエステやサロン優待の特典が付帯

と言ったように、女性にとっては嬉しい特典が充実しています。

まとめ

いかがでしたか?年会費無料で高還元率のクレジットカードの中からあなたにぴったりのクレジットカードが見つかりましたか?

最後に5枚の中から自分に最適なクレジットカードを選ぶ方法を5つのポイントをおさらいしておきましょう。

  1. 自分が普段利用している店舗でポイントがたくさん貯まるか(ポイント加盟店かどうか)
  2. 貯めたポイントを日々の生活で使いこなせるか
  3. 普段よく使う電子マネー(Suicaや楽天Edy、nanacoなど)と相性がいいか
  4. 海外旅行保険など、各種保険が自分に合っているか
  5. その他、デザインや発行スピードなどの自分の求める条件を満たしているか

まだ、お気に入りの一枚が見つかっていない場合は、これらの基準に該当する見出し部分をよく読んで最適のカードを選びましょう。

今回紹介した5枚のカードはどれもかなり優れた人気のカードで、年会費が無料ということで保有コストもかからないので複数枚発行するのもアリかもですね!