ステータス性が高いおすすめマスターカード5選!ワールド・ワールドエリートに絞って紹介

ステータス性が高いおすすめマスターカード5選!ワールド・ワールドエリートに絞って紹介

“クレジットカードのステータス”って抽象的で、なんとも曖昧な概念ですよね。

なにをもってステータス性が高いかは、クレジットカードに関して相当の見識がないと、なかなかわからないものです。

ただ、マスターカードブランドのカードには1つの基準があります。

それは、「MasterCard」が独自に定めたランクです。

今回はこのランクを基準として、ステータスの高いマスターカードを紹介します。

マスターカードのステータスって?

MasterCardには、クレジットカード発行会社とは別に独自の会員ステータス制度が設けられており、それぞれ特典があります。

6段階のMasterCard会員ステータス

クレジットカードのランクは、一般カード・ゴールドカード・プラチナカード・ブラックカードの4種類に分類するのが一般的です。

しかし、MasterCardでは独自の基準で6種類に分類しています。(カード発行会社に関係なく)

MasterCard独自のランク一般的なランク
スタンダード一般カード
ゴールドゴールドカード
チタン
プラチナプラチナカード
ワールドブラックカード
ワールドエリート

ランクが上がるにつれて、MasterCard独自の特典やサービスが追加される仕組みです。

ステータスが高いのはワールド・ワールドエリート

ゴールドカードの審査難易度は今やかなり低く、実に多くの人が所有しています。

もはやステータスが高いとは言えない状況ですね。

真に高ステータスのカードは、ワールド・ワールドエリートに属するカードと言えるでしょう。(プラチナカードも含めていい気もしますが…)

そこでこの記事では、これらに該当するカードに絞って紹介します。

準最高ステータス「ワールド」のおすすめマスターカード

準最高ステータス「ワールド」に該当するのは以下の2種類のみ。

  1. TRUST CLUB ワールドカード
  2. ポルシェカード

受けられるサービスはブラックカード並みと言われており、ワールドエリートのクレジットカードには多少劣りますが、そのステータス性は折り紙付きです。

TRUST CLUB ワールドカード

TRUST CLUB ワールド カード

TRUST CLUB ワールド カード

  • Mastercard
世界中の空港ラウンジを使えるLounge Key付帯。高コスパのステータスカード。
  • 高コスパ
  • 海外◎
  • ステータス
初年度年会費2年目~年会費還元率電子マネー等
12,000円12,000円0.75~1.20%
  • Apple Pay
  • メリット
  • デメリット
  • 世界中で使えるMasterCardの上から二番目の高いステータスで、エグゼクティブな特典も豊富
  • 国内主要ラウンジ無料、ラウンジキーも付帯
  • 国内、海外の旅行保険や各種補償が充実
  • 基本ポイント還元率が0.75%~1.20%と高く、有効期限なし
  • 年間利用額に応じてボーナスポイント
  • 会員専用サイト経由でネット通販がお得に
  • 家族カードは年会費無料、ETCカードも年会費無料で5枚まで発行可
  • ゴールドカードとして考えると年会費が高め(サービスはプラチナ級)
  • 旅行保険は利用付帯(代金をカードで払う必要あり)
  • ほとんどの電子マネーチャージでポイントが貯まらない
  • 入会は25歳以上、年収400万円以上と少し敷居が高い

年会費12,000円(税別)と格安ながら、受けられるサービスはプラチナカード級。

クレマイが独自に行ったアンケート調査では、「券面がかっこいいゴールドカード」で第4位にランクインしました。

コストを抑えつつ、ステータスカードを取得したい人にオススメの1枚です。

ポルシェカード

ポルシェカードの券面

このカードのポイント
  • Mastercardのサービス「Taste of Premium」でホテルやレストランでVIP優遇
  • プライオリティパスを無料で発行可能
  • ポルシェ正規店での利用でポイント還元率2倍
  • 最高1億円の海外旅行保険が付帯
  • シートベルト傷害保険・被害事故補償

ポルシェオーナーだけが手に入れられる究極のブラックカード。

正規店で購入した人であれば所有でき、インビテーションなどは必要ありません。(「ポルシェ」を購入する金銭的余裕がある時点で、信用は実証済みなわけですね。)

エンブレムが印刷された券面は、一目でステータスを示すことができるでしょう。

最高ステータス「ワールドエリート」のおすすめマスターカード

日本で現行のクレジットカードで、最高ランクの「ワールドエリートMasterCard」に該当するのはラグジュアリーカードのみ

同列のステータスが認められているカードは他にはありません。

ラインナップは以下の3種類。

  1. ラグジュアリーカードチタン
  2. ラグジュアリーカードブラック
  3. ラグジュアリーカードゴールド

全てカード本体が金属製で、そのステータス性を肌で感じることができます。

ラグジュアリーカードチタン

LUXURY CARD チタニウムカード

LUXURY CARD チタニウムカード

  • Mastercard
Mastercardが誇る最高ステータスカード。金属製の券面と豪華絢爛なサービスが特徴のプラチナカード。
  • 海外◎
  • ステータス
初年度年会費2年目~年会費還元率電子マネー等
50,000円50,000円0.50~1.00%
  • Apple Pay
  • メリット
  • デメリット
  • 国内唯一のMasterCard序列最上級「ワールドエリート」のステータス
  • 緻密な技術と重厚なデザインが特徴的な金属製カード
  • 24時間コンシェルジュや、リムジン無料送迎サービスなど豪華特典が充実
  • 国内空港ラウンジ、プライオリティパスも付帯
  • 手厚い海外旅行保険が自動付帯
  • ETCカードを無料で発行可
  • Apple Payも利用可
  • 法人向けにビジネスカードも発行可能
  • 通常ポイント還元率は0.5~1.0%と高くない
  • 金属製のためATMや自動精算機で使えない場合も
  • 特典を使いこなせないと損をする
  • 家族カードの年会費もやや高めの設定
  • ANA、JALマイルに交換できるがレートは高くない

審査通過には500万円~700万円程度の年収が必要と言われており、やはり取得難易度は高め。

ただ、年会費が5万円とわりと安めなので、ステータス重視の人にはおすすめです。

金属製のクレジットカードは非常に珍しいので、店員さんもきっと驚くはず。

「ステータスカード1枚でこんなに見られる目が変わるんだ…」と実感できるカードです。

ラグジュアリーカードブラック

ラグジュアリーカードブラック券面

チタン・ゴールドの中間に位置するのが、ラグジュアリーカードブラック。

(個人的には、ゴールドカードよりも券面がかっこよく、ザ・ステータスカードだな、とも思いますが…。)

年会費は10万円と、そのステータス性と比較したら妥当です。わりとコスパ良好なカードなのかな、という印象です。

ラグジュアリーカードゴールド

ラグジュアリーカードゴールド

全3種の中で最高ランクに位置するのが、ラグジュアリーカードゴールド。

つまり、マスターカードの頂点に君臨するのがこのカードです。

年会費は堂々の20万円。インビテーションがないと取得できないので、まずはチタン・ブラックで利用実績を積みましょう。

まとめ

いかがでしたか?今回はステータスの高いマスターカードを厳選して紹介しました。

ステータスカードの威力は本当に恐ろしいです。周りの態度が急変します。

人生は一度きり。1回くらいは所有してみたいですね。

あわせて読みたいおすすめ記事