学生向けクレジットカードの作り方|選び方や手順、作れるカードまで完全ガイド

学生向けクレジットカードの作り方|選び方や手順、作れるカードまで完全ガイド

シェアしてあとで読む

学生ではじめてクレジットカードを作るなら失敗したくないですよね。

しかし「どんなカードが作れるの?」「具体的な作り方は?」など、わからないことは多いはず。

このページではそんな疑問をまるっと解消していきます。

大学生以上ならカード発行OK
本文の前に大事な話をひとつ。クレジットカードには発行条件があります。

具体的には高校生を除く満18歳以上、高校を卒業してから発行可能に。

発行の可否親の同意
高校生以下☓(発行不可)
未成年(18,19歳)
短大生
専門学校生
大学生
大学院生

親の同意
◯:必要
△:20歳になるまでは必要
☓:不要

アルバイトや起業ですでに稼いでいる中高生も例外なくカード発行は不可

高校を卒業した翌月4月1日以降に作りましょう

0.学生はカードを作る前にココをチェック!

まずはクレジットカードを作る前に前提知識から。

押さえておくといいポイントは3つあります。

  1. 学生が作れるカードの種類
  2. 失敗しないためのポイント
  3. カードの選び方

作れるカードの種類や選び方が分かると、あなたに合った最良の一枚を作りやすくなりますよ!

①学生でも作れるカードは多い

はじめに色んな選択肢を知りましょう。

実は学生でもいろんなカードが作れるんです。

学生OKのカード年会費カードの種類
楽天カード
楽天カード
無料一般カード
三井住友デビュープラス
三井住友デビュープラス
無料一般カード
学生専用ライフカード
学生専用ライフカード
無料学生専用
エポスカード
エポスカード
無料一般カード
セゾンブルーアメックス
セゾンブルーアメックス
無料25歳以下無料
Amazon Mastercard クラシック
Amazon Mastercard クラシック
無料一般カード
JALカードnavi(学生専用)
JALカードnavi(学生専用)
無料学生専用
リクルートカード
リクルートカード
無料一般カード
JCB CARD W
JCB CARD W
無料一般カード
Orico Card THE POINT
Orico Card THE POINT
無料一般カード

しかも学生OKのカードはほとんど年会費無料

さらに審査も通りやすいので作るハードルはけっこう低めです。

学生不可でなければOK
条件に「学生不可」と書かれてなければ、基本的には学生でも申し込みOK。

例えば楽天カードやエポスカードのような人気カードも18歳以上であれば申し込みできます。

②これで失敗しない!5つのポイント

続いてカード候補をしぼるときのコツを解説。

順番に押さえていきましょう。

①目的をハッキリと
例えば早くゴールドカードが欲しい、会員割引でお得に買物したい、旅行で使いたいなど。ここをハッキリさせておくと、あなたにとって使い勝手の良いカードを選びやすくなります。
②国際ブランド
国際ブランドはVISA、Mastercard、AMEX、JCBなどのこと。はじめてカードを作るなら国内外問わず色んなサービス・お店で使えるVISAかMastercardがおすすめです。
③カードデザイン
カード会社によってカード表面(券面)のデザインが選べることも。例えば楽天カードでは常時4,5種類のデザインから選べます。
④将来性
将来的にゴールドカードやプラチナカードを持ちたいなら、信用実績をコツコツ積み上げるのが近道。上位ランクのカードがあるかもチェックしておくといいですよ。
⑤実は何枚も持てる
実はクレジットカードは何枚でも発行可能。学生でも2,3枚のカードを持っていて、メインとサブと使い分けている人もいます。

③学生はクレジットカードをこう選ぼう!

最後にカードを決めるときのおすすめ基準を解説。

1枚目と2枚目以降で考え方を変えると本当に使い勝手の良い一枚が見つかります。

1枚目ポイントが貯まりやすいカード
2枚目以降自分のライフスタイルに合ったカード

はじめてクレジットカードを作るなら、まずは無難にポイントが貯まりやすいカードを作るのが◎

カード決済に慣れてきたら、海外旅行保険付帯・よく使う店舗での割引など特定のシーンで活躍するサブカードを発行すればOKです。

学生こそ作るべき
「学生なのにクレジットカードを作っても大丈夫かな?」とまだ少し悩んでいる人もいるでしょう。

しかし学生時代にカード発行しておくといくつか大きなメリットが。

  • 学生が使う範囲でも十分ポイントが貯まる
  • 飲食店や映画館などで割引
  • お金の使い方を勉強できる
  • 信用情報を積める

利便性のみならず、将来「学生の頃にクレジットカードを作っておいてよかった!」と思えるようなメリットがありますよ。

1〜6.学生のクレジットカードの作り方の流れ

作りたいクレジットカードが決まったら、あとは申し込むだけ

流れは大きく分けると申し込み(1,2)→審査(3,4,5)→発行(6)の3ステップです。

  1. 申し込みに必要なものを準備
  2. オンライン申し込み(5~10分)
  3. 審査(最短即日完了)
  4. 本人確認の電話(基本ない)
  5. 審査結果がメールで届く
  6. 自宅にカード到着(1週間程度)

申し込みはフォームにそって情報を入力するだけ。10分もかからずできますよ。

また審査以降は結果・発行を待つだけでOKです。

1.申し込みに必要なものを準備

まずはカード申し込みに必要なもの準備しましょう。

一般的には次の3点があればOK。(※未成年はプラス親の同意も)

  1. 本人確認書類(不要なことも)
  2. 本人名義の銀行口座
  3. 銀行口座の印鑑(不要なことも)

あらかじめ手元にそろえておけばスムーズに手続きできますよ。

①本人確認書類

本人確認書類は以下のように顔写真付きのものが必要。(ただし学生証は不可

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

どれも持っていない場合は健康保険証や住民票の写しでもOKです。(プラスで公共料金の領収書などが必要になります)

また提出方法はカード会社によって異なるので柔軟に対応しましょう。

  • コピーを郵送
  • スキャンしてネット上で提出
  • スマホで撮影してアップロード
  • カード受け取り時に配達員に提示

最近は不要なケースが多い
最近は本人確認書類がなくても発行できるクレジットカードが増えています。(楽天カードなど)

銀行がすでに本人確認を行なっているから必要ない、という理由みたいです。

②本人名義の銀行口座

続いて必要なのはあなたの名前で作った銀行口座。(他人名義の口座は原則不可)

カード利用料の引き落とし先として登録します。

親の口座を登録できるカードはあるの?
親の銀行口座を登録できるのは、現状エポスカードくらい

ただ今後なにかと自分の口座は必要になるので、ない人はこの機会に作っておくといいですよ。

最近はネット上で簡単に口座開設できる「ネットバンク」もあります。

③銀行口座の印鑑

最後に必要なのは口座開設したときに登録した印鑑

ただ最近は印鑑不要のカードが増えているので、一応覚えておくくらいでOKです。

(例えば楽天カード、エポスカード、セゾンカードは不要)

2.オンライン申し込み

必要なものが準備できたら、さっそく申し込みましょう。

今はどのカードもオンライン申し込みが可能

スマホから簡単に手続きできます。

カードによっては店頭申込も対応
オンラインのほかに、店頭申込→その場で発行してくれるカードもあります。(例:エポスカード)

具体的な申し込み場所など、くわしい情報は記事後半のQ&A「即日発行できるカードは?」で解説しています。

親の同意確認もこのタイミング

未成年の申し込みは親の同意が必要でしたね。

そして「ちゃんと承諾をもらったか?」の確認は、申し込み後の早い段階で”書類“または”電話“で実施されます。(カード会社によって異なる)

書類・「同意確認書類」が届く(もしくは公式サイトからダウンロード)
・親にサイン・印鑑をもらってカード会社に返送
電話・同意確認の電話がかかってくるので、親に出てもらえればOK
・基本的には「お子さんのカード申し込みを承諾してますか?」の確認
なんで親の同意が必要なの?
未成年が単独でおこなった契約は法律で破棄することが可能

ただそれでは利用代金の踏み倒しがあったとき、カード会社だけが損しますよね。

契約破棄をされないために親の同意確認をおこなっているわけです。

3.審査(学生には甘い)

申し込みを完了するとカード会社の審査が入ります。(学生でも社会人でも一律実施)

ただ学生はカード会社的には属性が良い方で、審査に通りやすい傾向が。(むしろ落ちる方がめずらしいかも)

学生のクレジットカード審査難易度の立ち位置※審査通過の見込みのイメージ(編集部基準)

学生は親の後ろ盾(最悪支払いを肩代わりしてくる存在)があり、カード会社にとっても将来の優良顧客。

そのためフリーランスやアルバイトよりもよっぽど審査に通りやすいです。

学生のうちに取得するのは重要
以下のように就職するか迷っている人は、学生のうちにカードを発行しておくのがおすすめ。

  • 起業する
  • ギャップイヤーを取る
  • 企業やNPOでインターンする
  • フリーランスになる

これらの生き方は世間的な認知度こそ上がってきたものの、クレジットカードの審査で言うと微妙。

安定収入や社会的な信用のある正社員よりはやはり難しい傾向があります。

人生の選択肢の幅を広げる意味でも、できるだけ学生のうちに発行して利用実績を積んでおきたいものです。


バイトしてない・本人年収0でもOK

学生はバイトをしてなくて年収0でも全く問題なし

親のいるので返済能力が高いと判断されやすく、本人年収の有無は審査に関係ないからです。

よって申し込みフォームでは以下のように堂々と記載してOK。

  • 職業:学生
  • 年収:0円

楽天カードは学生=年収0
たとえば楽天カードは職業”学生”を選択すると、年収欄は0にする必要が。

楽天カードを職業学生で申し込むと年収は0にする

このように学生=年収0と考えているカード会社もあるので、とくに心配する必要はないですよ。

4.本人確認・在籍確認の電話(ないことが多い)

審査の一環で、あなたの携帯やバイト先に確認の電話が入ることも。

とはいえ大した質問はされず、最近の審査では電話がかかってこない場合も多いです。

本人確認生年月日や住所など、申し込み内の簡単な確認
在籍確認バイト先へ「この人働いていますか?」の確認

あるとすれば、本人確認は申し込み内容に不備があったとき。

在籍確認はバイトの勤続が短すぎたり、調べても会社が出てこなかったときくらいです。

5.早いと申し込んだ日に合否がわかる

審査は早いと申し込んだ日に完了

同時に合否のメールが送られてきます。

1分はめったにないですが、数分〜数時間で結果を教えてくれるカード会社も。

学生の場合あまり審査する項目がないので、早く完了するみたいです。

※ただし手動審査に切り替わると1週間以上かかることもあります

メールには合格と書かれていない
審査に通過しても、とくにメール文面では祝ってくれません

だいたいは「審査完了、発行手続きが完了しました」くらい。
(以下、楽天カードの審査通過メール例)

楽天カード審査完了のお知らせメール

はじめて見ると、正直審査に通過したのか分かりづらいかも。

ひとまずこんなメールが来たら「審査に通過したんだな」と思っておきましょう。

6.1週間程度でカード到着

無事発行手続きが開始されたら1週間程度でカードが自宅に郵送されます。

ちなみにカードによっては「店頭受取」が選択できて、もっと早くGETできる場合も。
(例:エポスカード、セゾンカード)

できるだけ早くカードがほしい人は、申し込み前にチェックしておくといいですよ。

本人確認書類が必要なことも
自宅か店頭にかからわず、カード到着時に本人確認書類の提示が必要な場合も。

あらかじめ手元に用意しておくとスムーズ受け取れますよ。

作成後の注意点:ご利用は計画的に

少し先ですがカード入手後の大切な話をひとつ

利用額の自制や支払い管理はしっかりしましょう。

とくに学生のうちは次の2つに気をつけてください。

  1. スマホ料金の支払い遅延
  2. リボ払いの利用

この点を適当にしていると、将来ブラックリストになったり、借金地獄に悩まされるリスクがあります。

①スマホ料金の支払い遅れでブラックリストに!?

本体代を月々の利用料に含めて契約しているときのスマホ料金の延滞は要注意

これも立派なローンなので、きちんと返済しないと個人信用情報に傷がつきます

「気づかぬうちにブラックリスト入り…!」という話をよく聞くので、十分気をつけましょう。

②リボ払いで借金地獄に!?

長期に渡ってリボ払いを利用していると雪だるま式に借金が膨らむことも。

こうなると返しても返しても完済できない負のサイクルに。

カード利用は翌月返済しきれる範囲でおこない、リボ払いは利用しないようにしましょう。

学生がクレジットカードを作る際によくある質問

学生がクレジットカードを作る際によくある質問をQ&A形式でまとめました。

  • 海外旅行や留学におすすめのカードは?
  • 限度額はどれくらいもらえるの?
  • 楽天カードは学生でも作れる?
  • 即日発行できるカードはある?
  • かっこいいクレジットカードは?

Q.海外旅行や留学におすすめのカードは?

海外旅行や留学におすすめのカードは次の3枚。

エポスカード
エポスカード
・海外旅行旅行保険が自動付帯で補償額も高い
・キャッシュレス診療や海外キャッシングにも対応
学生専用ライフカード
学生専用ライフカード
・海外利用分の5%をキャッシュバック
・海外旅行保険の補償額が高く、キャッシュレス診療に対応
セゾンブルーアメックス
セゾンブルーアメックス
・海外旅行保険が自動付帯で補償額も超充実
・帰りの空港から手荷物1個を無料で配送

この中で総合的に優れているのはエポスカード

学生トラベラーや留学生からも高評価の一枚です。

万が一を助けてくれるカードを選ぼう
旅行や留学中で怖いのが病気やケガ。

海外の医療費は超高額なので、それをカバーしてくれる保険が付帯したカードを選びましょう。

  • 海外旅行保険が自動付帯、補償額も充実
  • そのほか海外旅行向けの特典あり

また海外のカード利用でポイント還元率が2倍になるカードなど、海外旅行で強みを発揮するカードも

保険とあわせて選ぶ基準にしてみてください。

Q.限度額はどれくらいもらえるの?

学生が発行できるクレジットカードの限度額は最大30万円。(改正割賦販売法で規制)

しかも最初から限度額いっぱいに貰えるわけではなく10万円スタートが多いです。

使い続ければ限度額は上がる
毎月安定的に決済・返済をしていれば、2,3年後には限度額30万円になることも十分に可能。

また2枚目のカードを発行したときも、最初から30万円の限度額がゲットできる可能性がありますよ。

Q.楽天カードは学生でも作れる?

楽天カードは学生でも発行可能

楽天カードのメリット・デメリット楽天カード

年会費無料、買い物する度ポイントがどんどん貯まって使い道も無限大。圧倒人気のオールマイティカード。

今なら新規入会で
最大5,000円相当のポイント!
公式:https://www.rakuten-card.co.jp

アルバイトをしていなくて年収0でも全く問題ありません

ポイント還元率がよく、選べる国際ブランドやデザインも豊富なので、はじめてのカードにおすすめですよ!

Q.即日発行できるカードはある?

学生でも即日発行できるカードは次の2枚。

エポスカード
エポスカード
・マルイの店頭受取で即日発行可能
・申し込みはオンラインもしくは店頭
学生専用ライフカード
学生専用ライフカード
・セゾンカウンター受取で即日発行可能
・申し込みはオンラインから

エポスカードは1万店以上の割引や海外利用特典が充実。

学生専用ライフカードもポイントが貯まりやすく、どちらも学生人気が高いです。

Q.かっこいいクレジットカードは?

カード券面のデザインがかっこいいと評判なのは次の5枚。

Orico Card THE POINT
Orico Card THE POINT
高級感があり、スマートな印象がある一枚
エポスカード
エポスカード
濃い赤色が誠実な印象を与えてくれる一枚
学生専用ライフカード
学生専用ライフカード
アメックスのシンボル「古代ローマ軍の百人隊長」をデザイン
JCB CARD W
JCB CARD W
パープルを基調としたシンプルで気品のある一枚
セゾンブルーアメックス
セゾンブルーアメックス
シンプルで清潔感のある青色のデザインが特徴的な一枚。女性ウケも◎

「もっと色んな券面デザインを比較したい」
「みんなの声も聞いてみたい」

という方は、こちらのページを参照してください。

まとめ

このページでは学生がクレジットカードを作るための基礎知識や作り方を解説しました。

最後に要点をまとめておきます。

  • 学生でも作れるカードはたくさん
  • 作る目的があるとカードを決めやすい
  • カードはけっこう簡単に作れちゃう
  • 申し込みはスマホで簡単10分くらい
  • 審査はあるけど学生はだいたい大丈夫
  • 審査後1週間ほどで手元にカードが届く

はじめてクレジットカードを申し込むのは、けっこう不安に感じる人も多いです。

ただ学生はカード会社的に良い属性なので意外とあっさり作れることが多いです。

気になるカードが見つかったらサクッと申し込んでみましょう!

クレジットカードマイスター編集部
クレジットカードマイスター編集部

365日クレジットカードやキャッシュレスを研究している専門家チーム。記事企画&執筆~サイトの開発も社内で行なっています。よかったら各種SNSもフォローしてください。