2,000人に聞いたクレカランキング!

クレジットカードの国際ブランドってどれがいいの?VISAやMastercardなど7種の比較&選び方

クレジットカードを初めて発行する方にとっては、国際ブランドと言われてもピンとこないものです。

実際に、

  • VISAやMasterCardは聞いたことがあるけれど実際何なのかわからない
  • 国際ブランドをよくわからないまま選択して利用している

方もいるでしょう。

ただ、国際ブランドにはそれぞれに異なる特徴が見られそれらをよく理解することでクレジットカードの有用性を見いだせることは確か。

今回は、そんな国際ブランドの全貌について詳しくご紹介していきます。

これからクレジットカードを発行する方や、国際ブランドについて知っておきたいという方は是非参考にしてみてください!

そもそもクレジットカードのブランドって何を指すの?

クレジットカードにあまり詳しくない方は

「そもそもクレジットカードのブランドってなに?」

と疑問に思う方もいるでしょう。

例えば、楽天カードは楽天が発行しているのに、さらにブランドを選ぶとはどういうことなのでしょうか。

そこで、まずはクレジットカードのブランドが一体何を指す言葉なのか解説していきます。

クレジットカードのブランドは一般的に「国際ブランド」を意味する

クレジットカードの券面を見ると左下に「VISA」や「MasterCard」といったロゴが書いてあるはずです。

これがいわゆる「国際ブランド」というもので、世界でクレジットカード決済ができるように決済システムを提供している会社です。

お店はこれらの国際ブランドに加盟店手数料を支払うことでカード決済を導入できます。

つまり、先ほどの例を挙げると楽天カードは楽天が発行しているクレジットカードですが、「VISA」「Mastercard」「JCB」の中から国際ブランドを選ぶことができその加盟店で使えるようになるというわけなのです。

現在は世界に7つの国際ブランドがありますが、そのうちの1つに日本発祥の国際ブランド「JCB」があるので少し誇らしいですね。

クレジットカードには国内ブランドもある

国際ブランドというものがあるように、国内ブランドと呼ばれるものがあります。

先ほど例に出した「楽天」や有名どころでいうと「セゾンカード」や「ニコスカード」、「UC」などはすべて国内ブランドで国内で使えるクレジットカードを発行しています。

しかし、国内ブランドだけでは海外での決済ができなくなってしまうためとても便利と言えるものではありません。

そこで、国内ブランドのカードはVISAやMastercardなどの国際ブランドと提携することで国内のみならず世界各地で使えるようにしているわけです。

覚えておきたい世界の7大国際ブランドとその特徴

国際ブランドには、

  1. VISA
  2. MasterCard
  3. JCB
  4. American Express
  5. Diners Club
  6. 中国銀聯
  7. Discover

の7つがあります。

MEMO
元々は、中国銀聯とDiscoverを抜いた世界5大国際ブランドだったのですが、近年は両者共に加盟店や利用地域を拡大しているため、7つの国際ブランドと認識されています。

クレジットカードの国際ブランドごとは、発行枚数や加盟店数、取引額などさまざまな統計があります。

それぞれのカードが使われている回数を統計で見て見ると以下のようになります。(データ:THE NILSON REPORT

上記を見るとVISAが半数とダントツではありますが、MasterCardも25%と世界中の4分の1を占めています。

中国ではUnionPay(銀聯カード)が圧倒的なシェアを誇るように、日本では日本発の国際ブランド「JCB」がMasterCardを越えます。

国内やハワイ、グアムではJCBは使いやすいですが、世界的に見ればやはりどこでも使いやすい国際ブランドはVISAかMasterCardの二強と言えるでしょう。

では、それぞれの国際ブランドの特徴についてもっと詳しく見ていきましょう。

VISA

1つ目の国際ブランド「VISA」は、世界で1番利用されている国際ブランドになります。

VISAの特徴
  • クレジットカードの売上高が世界シェアNo.1
  • VISAのカードを所有していれば、国内はもちろん世界中のいたるところで使用することができる
  • 国際ブランドの中で、一番利便性が高いブランド


国際ブランドをVISAにできるクレジットカードが最も多く、日本国内でも出回っているクレジットカードのほとんどが国際ブランドをVISAに指定できます

世界で見ても、シェア率は約60%を占めており、最も多様な場所で利用できる国際ブランドと言えるでしょう。

日本国内のみならず、世界のほとんど全ての地域やお店でVISAを利用することができるため非常に利便性が高く、初めてクレジットカードを発行する人に1番おすすめの国際ブランドです。

Mastercard

2つ目の国際ブランド「MasterCard」は、VISAに次いでシェア率が高い国際ブランドです。

Mastercardの特徴
  • VISAに次ぐ世界シェアNo.2
  • VISAと同様に世界中で使用することができる
  • au WALLETプリペイドカードへのチャージやApple Payなどスマホ決済に強みがある
  • 海外での利用時に円換算レートがいい

VISAほどまでは行きませんが、国内のみならず世界中のあらゆるお店で利用することができるためその利便性はかなり高いと言えるでしょう。

そうなると、Mastercardより加盟店の多いVISAの方がいいのでは?と思いますよね。

Mastercardは海外利用時の円換算レートがVISAよりも良く、大体1%程度の差が出てきます。

1ドルの利用で約1円程度MasterCardの方が安くなるので、海外旅行の際に100,000円のクレジットカード利用をした場合1,000円の差に膨らみこれは意外と大きいものです。

海外でのクレジットカード利用が多く、行く先には主要都市が多い人はVISAではなくMasterCardの方がお得に利用できるということですね。

あわせて読みたい
マスターカード(MasterCard)おすすめ27選をこだわり別に徹底比較!マスターカード(MasterCard)おすすめ27選をこだわり別に徹底比較!
どのクレジットカードも必ず、VISAやMasterCard、JCB、American Expressなどの「国際ブランド」を持っています。どれも似たようなモノと考える人もいるかもしれませんが、実際には国際ブランドごとに異なるメリット・デメリットがあります。今回は、国際ブランドの一...
ただ、一概にVISAとMastercardをどちらを持つのがいいとは言い切れません。クレマイ編集部がおすすめするのはどちらのクレジットカードも持つことで相互補完関係を作り、カード決済ができないことがないようにすることです。

JCB

3つ目の国際ブランド「JCB」は、日本が誇る国際ブランドになります。

あわせて読みたい
JCBのクレジットカードはココが強い!おすすめ18種類をこだわり別に徹底比較JCBのクレジットカードはココが強い!おすすめ18種類をこだわり別に徹底比較
日本が世界に誇る国際ブランド「JCB」。「海外ではVISAやMasterCardの方が使える地域は多いし、JCBって何がいいの?」「JCBの特典が良さそうだけど、種類が多くてわからない!」そんなふうに思う人も多いはず。そこでこのページでは、以下のことを徹底解説します!こ...

JCBの特徴
  • 日本発の国際ブランドなので、国内でカードが使えるお店ならほぼ利用することができる
  • 国内では、カード会員数も利用できる加盟店数もトップクラス
  • 特典が豊富に付帯されている
  • 国外では利用できないところがまだまだ多い
  • 台湾やハワイなど日本人観光客が多い地域では加盟店が多い

VISAやMasterCardのように世界から見たシェア率が高いわけではありませんが、国内であればほとんどの地域で利用可能。

また、VISAやMasterCardとは異なりJCBはクレジットカードの発行も行っています。

これらのカードは「JCBプロパーカード」と呼ばれるもので、日常的に利用しながらカードランクのグレードアップも狙えるため、国内で利用するメインカードとしては大変優れた国際ブランドでしょう。

しかし、台湾やハワイなど一部を除く海外ではJCB加盟店が少なく使い勝手が悪いのが現状です。

ただ、トラベルデスクが充実しており緊急時だけでなく飲食店やホテルなどの案内も頼めるため、サブカードとして海外に持って行って損はないでしょう。

あわせて読みたい
ディズニー好きの人必見!JCBカードの特典でディズニーを10倍楽しもうディズニー好きの人必見!JCBカードの特典でディズニーを10倍楽しもう
ディズニーと言えば、大人から子供まで世界中の幅広い年齢層に熱烈な人気を集める「エンターテイメントグループ」で、ディズニーを知らない人なんてきっといないでしょう。周りの人にも遠方だろうと関係なく、そして大人であろうと関係なく、年間パスを持ち毎年何度...

American Express

4つ目の国際ブランド「American express」はシェア率や加盟店の数の少なさから利便性については先述した3枚のカードには見劣りしてしまうカードです。

American Expressの特徴
  • 他の国際ブランドと比べてもそのステータス性は群を抜いている
  • 空港ラウンジや海外旅行保険などがとにかく充実している
  • サポートデスクやコンシェルジュなどサービス面も非常に充実している
  • 年会費が他のブランドよりも高め
  • JCBと提携しているため国内の利便性はかなり良い

ただ、アメックスグリーンカードやアメックスゴールドカードなどのプロパーカードは非常にステータス性が高く、自分の身分や社会的地位、経済力などを示す時に活躍するでしょう。

また、セゾンや航空会社、金融系統の会社などとの提携カードも豊富に見られ、特典や保険などが充実したカードになっています。

海外旅行に良く方や、高ステータスのカードを1枚は持っておきたい方などにはかなりおすすめできる1枚ですね。

あわせて読みたい
アメックスカード26種類を徹底比較!プロパーカード?提携カード?おすすめはコ...アメックスカード26種類を徹底比較!プロパーカード?提携カード?おすすめはコ...
ステータスが高いクレジットカードとして周知されているアメックスカードですが、提携カードまで含めるとかなりの種類があります。いくらステータスや特典が良いとはいっても、どのカードを選べばいいか迷ってしまいますよね・・・。この記事ではアメックスカード26...

日本国内ではJCBが使えるお店のほとんどで使える!

たしかに、アメックスの加盟店は少ないですが日本での利用は思っている以上に便利です。

日本発の国際ブランドJCBは国内に加盟店がかなり多いです。

アメックスはそのJCBと提携しているため、JCB加盟店ではアメックスでも決済が可能なので国内ならそれほど不自由なく使うことができるわけです!

ただ、やはりAMEXカード1枚だけではいざという時に使えないなどのことになり兼ねないため、もう一枚メジャーな国際ブランドのカードを持っておいた方がいいでしょう。

あわせて読みたい
アメックスは使えない店が多いってホント?エラーになってしまう7つの原因と応用...アメックスは使えない店が多いってホント?エラーになってしまう7つの原因と応用...
バブル時代にはアメックスゴールドカードを持つことがステータスになる、なんてことがありました。その流れからか今でも男性の憧れであるアメックスですが、アメックスは使えないお店多いとの「うわさ」があります。そこで今回は、アメックスは本当に使えないお店が...

Diners Club

5つ目の国際ブランド「Diners Club」は世界で最初のクレジットカードであり、VISAやMasterCardと比べるとシェア率は劣るもののAMEXと同様にステータス性に優れているブランドです。

Diners Clubの特徴
  • ステータス性が高い国際ブランド
  • グルメや旅行、エンタメの優待サービスが充実している
  • 27歳以上でないと申し込めない

Diners Club会員になることで利用が可能である特典も豊富に用意されており、特に「レストラン優待などの飲食に関する特典」が充実

美味しい食事に目がない方などは持っていて損はないでしょう。

また、Diners Clubは誰でも気軽に持つことができるVISAやMasterCardに比べて、「27歳以上でなければ申込みができない」などの制限があります。

ただ、先述した通りその分ステータス性に重きを置いており、飲食の特典の他に旅行やエンタメなど様々なシーンで役立つ特典が付帯。

Diners Clubは世界から見たシェア率はかなり低いため、あくまでも特典の利用と高ステータスカードの保有という観点から検討した方がいいですね。

Diners Clubカードはランクがざっくりしている

Diners Clubのプロパーカードはランクが少なく、

  1. 一般カード
  2. ビジネスカード
  3. ブラックカード

の3種類しかありません。

ゴールドカードやプラチナカードがないことからも、比較的他のカードよりも手軽にブラックカードに手を出せるプロパーカードだとも言えるでしょう。

中国銀聯(ユニオンペイ)

6つ目の国際ブランド「中国銀聯」は、近年中国を中心に急速に加盟店を拡大している国際ブランドです。

中国銀聯(ユニオンペイ)の特徴
  • 主に中国で利用されている国際ブランド
  • 世界規模で見ると普及はまだまだだが、急成長を遂げている
  • 日本でも大手コンビニでは使えるところが多く、今後利用可能な場所が拡大していくことが予想される

中国国内では他の国際ブランドがあまり利用できませんが、その分中国銀聯が普及しており国民のほとんどが持っていると言われています。

そのため、旅行や仕事によって一定期間の間中国で生活する場合には、必ず発行しておいた方がいいでしょう。

また、例えば日本であってもセブンイレブンをはじめとする大手コンビニや中国観光客が多い地域では加盟店が次々と現れているのでそう遠くない内に高いシェア率を誇るかもしれませんね。

現在、「三井住友」「三菱UFJニコス」などの日本企業が発行するクレジットカードの中には、日本人向けの銀聯カードも見られます。

ただ、国内に限った利用である場合は特に銀聯カードを発行する意味はあまりないため、今は中国へ行く方以外は他のメジャーな国際ブランドを発行した方がいいでしょう。

Discover

7つ目の国際ブランド「Discover」は、アメリカでは北米を中心に利用されており、今ではヨーロッパや中央アジアでも利用が可能ですが日本ではあまり認知されていない国際ブランドです。

Discoverの特徴
  • 北米を中心に普及し始めている国際ブランド
  • JCBと提携しているため日本でも利用が可能
  • 国内ではDiscoverのクレジットカードを発行しているところはない

アジアを中心に加盟店を拡大しているJCBや銀聯カードとも提携しており、日本ではあまり利用されていないもののJCBの加盟店では基本的に利用可能です。

ただ、日本国内ではDiscoverのカードを発行することができないため、カードを発行したいのであればアメリカに赴く必要があるでしょう。

Discoverのカードは「年会費が安い」「還元率が高い」という傾向があるため、アメリカで一定期間生活するのであれば、試しに利用してみるのもいいかもしれません。

国際ブランドから発行されるクレジットカードはプロパーカードと呼ばれる

クレジットカードは、大まかに分けて

  1. プロパーカード
  2. 提携カード
  3. 国内ブランドカード

の3種類に分かれることになります。

提携カードや先述した国内ブランドカードについては何かと目にするものであるため容易に想像できますが、プロパーカードとはどのようなカードなのでしょうか。

プロパーカードとは国際ブランド3社が発行するクレジットカードのこと

プロパーカードというのは「国際ブランドが自社で発行しているクレジットカード」のことを指します。

プロパーカードを発行しているのは

  • JCB
  • アメックス
  • ダイナースクラブ

の3ブランドのみで、例えば「JCBゴールドカード」や「アメックスグリーンカード」「ダイナースクラブプレミアムカード」などは全てプロパーカードに分類されます。

注意
ただし、「楽天カード」や「イオンカード」のような国内ブランドが自社で発行するカードはプロパーカードには該当しないため注意しておきましょう。

実はVISAやmastercardはプロパーカードがない!

世界各地で高いシェア率を誇る人気国際ブランドのVISAやMasterCardではプロパーカードの発行を行なっていません

VISAやMasterCardは、プロパーカードを発行することで得ることができるステータスなどよりも、より多くの企業へライセンスを付与することで確立している国際ブランドだと言えるでしょう。

その結果、VISAやMasterCardはAMEXやDiners Clubのように敷居が高くならず、誰でも気軽に申込み利用できるというメリットを有することになっています。

プロパーカードがやっぱりいいの?

プロパーカードは、確かに高いステータス性などが見られるカードです。

使い続けることで提携カードよりも豪華で豊富な特典が付帯する高ランクカードのインビテーションを受け取ることもできるため、経営者や海外へよく行く方であれば便利に利用できるでしょう。

ただ、クレジットカードには様々な種類がありますが大事なのはクレジットカードの特性を使いこなすことができるかということです。

例えば

  • 一般の主婦の方がゴールドカードを保有していたところで、その特典を満遍なく活用することは難しい
  • 楽天のサービスに利用したい場合には、プロパーカードよりも楽天カードを1枚持っていた方がお得

と言ったように、プロパーカードだから特別大きなメリットがあるわけではなく、クレジットカードのそれぞれ異なるメリットを活用できる自分にあったカードを選ぶことが重要というわけです。

国際ブランド選択に迷った時の選び方は利便性を軸に考えよう

特に国際ブランドにこだわりがない場合、それぞれの特徴について理解していても7つもある国際ブランドからどれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

そのような場合「利便性」を基準にした選び方がおすすめ。

今の自分の状況に合った1番利便性の高い国際ブランドを選ぶことで、少なくとも失敗することはないでしょう。

初めてのクレジットカードならVISAかMastercardが無難

初めてクレジットカードを持つ人にはやはり世界中に加盟店が多く利用しやすく、サービスも無難に充実している

  • VISA
  • Mastercard

を選ぶのが良いでしょう。

アメックスやダイナースなどその他のブランドももちろんサービスが充実していますが、加盟店の数がVISA・Mastercardに比べると圧倒的に少なく使い勝手とはいいといえません。

JCBはどうなの?

日本初の国際ブランドである「JCB」は日本のほとんどのお店で使え、知名度もVISAやMastercardに劣らないので

「1枚目のカードでJCBを持ってもいいんじゃない?」

と思う人も多いでしょう。

しかし、やはりJCBは海外での加盟店が少ないため台湾やハワイ以外の海外で100%使わないと言い切れないのであれば、やはりVISAかMasterCardを選択したほうが良さそうです。

2枚目のクレジットカードは1枚目と異なる国際ブランドを選ぼう

クレジットカードを一枚持っているが

  • 海外旅行保険のついているカードが欲しい
  • 他のショッピングでお得になるカードが欲しい
  • 基本還元率の高いカードが欲しい

なんて人は2枚目のカードを作ることを検討していることだと思います。

2枚目のカードを作る時は、一枚目のカードとは異なる国際ブランドを選ぶことも大事なポイントです。

例えばJCBは日本で生まれた国際ブランドなので日本国内の加盟店数はトップを誇っていますが海外ではVISAやMasterCardと比較するとJCBを使える加盟店は多くありません。

クレジットカードはその国際ブランドの加盟店でしか使うことができないので、特に海外に行った場合などはJCBだけでは不安になります。そんな時は2大国際ブランドと言われるVISAやMasterCardを持っているととても心強いです。

2枚目以降のクレジットカードを選ぶ際のメリットや選ぶポイントは以下のコラムにまとめてあります。

あわせて読みたい
クレジットカードは複数持ちがお得!?二枚目以降のカードの審査、選ぶポイントクレジットカードは複数持ちがお得!?二枚目以降のカードの審査、選ぶポイント
テクノロジーの発達によって世界中でキャッシュレス化が進んでいますが、あなたはクレジットカードを何枚持っていますか?1枚派?2枚以上派?いやいや現金派…という方も中にはいるかもしれませんが、クレジットカードを利用するとたくさんのメリットがあります。さら...

かっこよさや気品の高さをみせるならアメックスやダイナース

国際ブランドの中でも、とりわけ「American Express」や「Diners Club」はステータス性が高いことは先に説明しましたよね。

ステータス性というのは曖昧なものではありますが、イメージとしては「カッコよさ」「気品」「経済的余裕」などを表すものになります。

普段、一般的な生活を営んでいる方であればそれほど活用するシーンはありませんが、例えば「経営者」であったり、「海外旅行が趣味の方」の場合には、1枚は高ステータスカードを持っておいた方がいいでしょう。

経営のリーダーとしての威厳を示したい時、海外で身分証明をしたい時などに役に立ちます

やはりプロパーカードの方がステータスが高い

クレジットカードは大まかに下記の二つに分類することができましたね。

  1. 提携カード
  2. プロパーカード

プロパーカードとは、アメックスカードやダイナースがダイレクトに発行している

  • アメックスグリーンカード
  • ダイナースクラブカード


などはプロパーカードとなります。

一方「PARCOカード」「セゾンパールアメックスカード」などのように国際ブランドはアメックスだがカード発行会社はクレディセゾンと言ったような提携カードはやはりステータスの面ではプロパーカードに見劣りします。

審査こそ厳し目ですが、ステータスを重視するのであればプロパーカードを選んだ方がいいでしょう。

あわせて読みたい
クレジットカードのステータスって?一般、ゴールド、プラチナ、ブラックなどのラ...クレジットカードのステータスって?一般、ゴールド、プラチナ、ブラックなどのラ...
ゴールドカードやプラチナカード、さらにはブラックカードといった「ステータスカード」。これらは一般カードと比べて豊富な特典があり、生活の質にも影響してくるクレジットカードです。特典のクオリティも一般カードとは比べ物になりません。ではステータスカード...

中国旅行前には中国銀聯カードも準備しておこう

中国銀聯カードは、近年加盟店を拡大していると先述しましたが、それでもまだ中国国内以外の場所ではあまり利用されていません。

ただ、中国国内ではかなりメジャーなブランドであり、キャッシュレス社会が進む中国では店舗によっては現金を取り扱っていないところも多く、その中には「銀聯カードしか扱っていない」場合もあります。

あわせて読みたい
キャッシュレス生活がオトクでおすすめ!4つのやり方+使いやすいクレジットカー...キャッシュレス生活がオトクでおすすめ!4つのやり方+使いやすいクレジットカー...
キャッシュレス。すなわち、現金を使わない決済手段。「難しそう」「面倒くさそう」「種類が多くて分からない」と思う方も多いでしょう。それもそのはず、日本はキャッシュレスの決済手段の種類自体は世界有数と言われています。でも実は、ちょっとしたポイントを押...

また、中国では出入国の際にお金の保持に対する制限があり人民元を保有したまま出入国することはできますが、上限は日本円で約30万円程度。

このことからも、仕事や旅行で中国に一定期間滞在する場合には中国銀聯カードを準備して必要があるでしょう。

選ぶ国際ブランドによって審査に違いがあるのか?

クレジットカード審査は基本的にカード発行会社の独自の審査基準に基づいて行われることになります。

そのため、基本的には「国際ブランドによって審査が厳しいということはない(あったとしても明確な基準はわからない」」となります。

ただ、AMEXやDiners Clubがカード会社として発行するゴールド以上のプロパーカードの場合は審査が厳しめになることには注意が必要です。

まとめ

国際ブランドは、一見どれでもいいものに見えてしまいますが、将来役に立つシーンが来る可能性もあります。

海外には絶対に行かないだろうなと思っている方でも、お付き合いした方が海外好きの方だったなど、どのようなことが起こるかは誰にもわかりません。

確かに国内で単にショッピング利用するだけであればどの国際ブランドでも大して差はないのですが、「何かが起きた時に対応できるような状況にしておく」ということは非常に大事なことです。

クレジットカードを発行する際には、国際ブランドに関しても気にかけるようにしましょう。


「クレジットカードの国際ブランド」に関連するコラム

超簡単!クレジットカードこだわり検索

42件見つかりました
0