楽天カードの在籍確認はほぼない|審査時に電話があるケースやその内容を徹底解説

楽天カードの在籍確認はほぼない|審査時に電話があるケースやその内容を徹底解説

楽天カードは審査の一環で会社に在籍しているか確認の電話がかかってくることがあります。

本人確認もある
電話には契約内容の確認などでかかってくる本人確認もあり。

この場合は個人のスマホや自宅にかかってきます。

このページでは問題となりやすい在籍確認をおもに取り上げます。

楽天カード

楽天カード

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
年会費無料、買い物する度ポイントがどんどん貯まって使い道も無限大。圧倒人気のオールマイティカード。
  • 節約◎
  • 電子マネー
  • 買い物◎
  • 初めて

しかし、その確率はきわめて低く基本的に電話はないと考えてOK。

在籍確認の実情やどういった場合にかかってきやすいのかについてまとめました。

楽天カードの在籍確認の内容

楽天カードは在籍確認が行われることはほぼありません

ごくまれにかかってくることはありますが、内容はかんたんな確認程度。

また、多数の口コミを分析すると、電話がかかってくる理由もおおむね推察できます。

実際の電話の内容やかかってきやすい人の特徴をみてみましょう。

内容:勤務先へ所属しているか確認

内容は本人へ取り次ぎ後、かんたんな挨拶や名前・住所などの確認程度です。

最大の目的は本当にその会社に所属しているかを把握すること。

このため、その場で年収などを細かく確認することはありません。

楽天カードの申し込みがバレない配慮あり

楽天カードからの電話は個人名で行われます。

楽天カードの職場への電話確認

「わたくし○○と申しますが、○○部(所属部署名)の△△様(申し込み者名)はいらっしゃいますか?」

こういった語り口調でかかってくることが多い模様。

プライバシーに配慮してくれており、楽天カードへ申し込んでいることを知られたくないという方にも安心ですね。

電話番号は本社ではなく勤務先を記載

電話は申し込み時に記載した職場の番号にかかってきます。

このため、本社ではなく勤務先を記載しておきましょう。

こうしておけば仮に電話があってもスムーズに在籍確認が完了します。

楽天カードは基本的に電話はない

では、実際にどの程度の確率で電話があるのでしょうか。

結論から言ってしまえば、在籍確認が行われることはほぼなし。

Twitterでも実際に電話がきたという声はほぼみられない状況でした。

在籍確認はカード会社の負担も大きい

在籍確認が行われない理由はカード会社の負担の大きさと言われています。

具体的には人件費や電話代などのコストがかかること、審査速度が長引きスピード発行の妨げになる点です。

これらの点から現実的には全員に行なうことが困難ということが推察されます。

電話がかかってくるケース

ただし、ごくまれに電話がかかってくる人も。

最も多い理由は記載内容(申し込み時の住所・氏名・職業欄など)に不備があった場合です。

たとえば、元々dカードを保持している場合をみてみましょう。

情報の相違で電話がかかってくる場合

dカードの登録情報と楽天カードの申し込み内容に相違があれば「不備や虚偽の申告」と判断される可能性あり。

そうならないように事前にdカードへ情報に変更がある旨を連絡しておきましょう。

情報変更時は申請が必要
住所や職場などの個人情報やこれまでの信用情報はCICなどの機関に保存されています。

CICについて

情報に変更があった場合はカード会社へ申請しておけばCICなどの情報も更新されます。

クレヒスが悪いと電話がかかってくることも

また、これまでに支払い遅延などを起こし信用情報(クレヒス)に傷があるときも在籍確認されることが。

  • 過去に支払いを滞納している
  • 他社からキャッシングなどで借り入れをしている
  • 信用情報がまっさら(スーパーホワイト)

とくに注意が必要なのが信用情報がまっさらな状態です。

本当に支払い能力があるかどうかの判断が難しく職場へ在籍確認されやすいと言われます。

家電の分割払いなどが信用情報の構築に有効
信用情報はクレジットカード発行のほかにスマホや家電の分割購入でも構築されます。

クレジットカードを作ったことがなく信用情報がないという方はスマホや家電を分割で購入。

毎月遅延なく支払いを行なうことで信用情報を作っていきましょう。

時間:指定することはできない

電話がかかってくる時間を指定することはできません。

とはいえ、あくまで本人が会社に本当に在籍しているかわかればOKなので不在でも問題ありません。

要件は伝えず「また改めます」と言って切ることが多いようです。

(在籍していることが分かればこれだけでも手続きは完了します。)

どうしても時間指定したい場合

会社の人が出ることに抵抗があり、どうしても時間指定したい場合は別のカード会社を検討することもあり。

例えば、セゾンカードなどは申し込み後に電話で相談ができるため、こういった会社を選ぶと良いでしょう。

楽天カードの在籍確認時の注意点(職業/属性別)

次に職業や属性別の特徴をみていきます。

  • 未成年
  • 学生
  • 無職
  • 派遣社員
  • パート/アルバイト
  • 自営業(個人事業主/フリーランス)

職業などによって注意すべき点は異なります。

場合によっては審査の遅れやトラブルにつながることもあるため、該当する項目をチェックしておきましょう。

未成年

未成年の場合は親への電話確認が行われる点に注意しましょう。

親への電話確認

Twitterなどをみていても親へ電話がかかってきたと言う声は多数。

なかにはカードの発行を親が知らず、トラブルになったケースも…。

必ず事前にカードを発行したいこと、その関係で楽天カードから電話がかかってくる可能性があることを伝えておきましょう。

未成年で働いている場合

働いていても未成年であれば親への電話確認は基本的に行われます。

親への伝達だけは忘れずに行っておきましょう。

学生

学生の場合はカード申し込み時に学校名を記載します。

アルバイト先に関しては申告する必要がないため、バイト先へ電話がかかってくる心配はありません

学生は親の収入や返済能力が重視

学生は本人の収入はそれほど重要視されない傾向にあり。

むしろ、親の収入などが審査で重要視されるようです。

(返済遅延などが生じた際に親が支払えるかをみられる。)

審査時にアルバイトの収入の申告を求められますが、重要度としてはそれほど高くないと考えてOKでしょう。
学生の収入

無職

現在、職に就いていない人の場合は何かあれば本人へ電話がかかってきます。

ただし、「無職=とくに電話がかかってきやすい」ということはない模様。

Twitterでもそういった声は少なく、審査自体も機械が預貯金額や世帯年収をスコアリングして行っていると推察されます。

スコアリング上、問題なければ無職であっても審査にとおることが多く、とくに電話の心配をする必要はないでしょう。

単発バイトも無職扱い

単発バイトの場合も基本的には無職扱い。

カード会社が電話した時点ですでに在籍しておらず、虚偽の申告とみなされる可能性があるためです。

この場合も、カード会社の誤解を防ぐため職業は「無職」にしておきましょう。

パート/アルバイト

パートやアルバイトをしている人は本社ではなく店舗の電話番号を記載。

本人へ取り次げる番号を記載しておくことが大切です。

派遣社員

派遣社員の場合は派遣もとの電話番号を記載します。(審査中に異動があった場合、在籍確認が行えないため)

また、派遣の場合は在籍確認が行われる可能性がとくに低め。

理由は個人情報の取扱いに厳しく、問い合わせに応じてくれない会社が多いためと予測されます。

自営業(個人事業主/フリーランス)

楽天カードで審査を受けるためには職場に固定電話が必須です。

申し込みには固定電話が必要

固定電話がない場合は固定電話不要のカード(Orico Card The Pointなど)を申しこむようにしましょう。

自宅で働いている場合
自宅で働いている場合は自宅番号を記載すればOKです。

注意:勤務先や電話番号の嘘は絶対ダメ

勤務先に電話がかかってきてほしくないからと嘘の情報を書くことは絶対にNG

万が一、嘘がバレた場合はカードの強制解約につながる可能性もあります。

虚偽の申告

強制解約は金融事故として登録されるためブラックリスト入り。

そうなると5~10年ほど新規でクレジットカードが作れなくなります。

取り返しのつかない事態を招かないためにも絶対に嘘はやめましょう。

楽天カードの在籍確認に関するQ&A

楽天カードの在籍確認に関してよくあるQ&Aに回答していきます。

  • 転職の時期と楽天カードの審査が重なる場合は?
  • 増額/増枠申請時に在籍確認はあるの?
  • 折り返しの電話をかける必要はある?
  • キャッシング時に審査の電話はある?
  • 楽天ゴールドカードは在籍確認が行われやすい?

Q.転職の時期と楽天カードの審査が重なる場合は?

すでに転職先が決まっているが今はまだ前の会社に在籍している。

こういった場合は在籍中の会社を記載することが一般的とされています。

どちらが正しいかは厳密に決められてはいませんが、審査では勤続年数も重視する傾向にあり。

このため、審査が有利に進みやすい転職前の企業を書く人が多いと推察されます。

Q.増額/増枠申請時に在籍確認はあるの?

ショッピング枠の増額/増枠の申請時に在籍確認がかかってくることも基本的にありません。

短期間に多数の転職歴がある人は可能性があるとの噂もありましたが、実際の声は見つからず。

ネットからも申し込みでき、数分~数時間で審査が完了することから、機械によるスコアリング審査が主と推察されます。

入会後半年間は増額できない
審査自体は簡単ですが、入会から半年間経過していなければ申請できません。

入会後6ヶ月以内のお客様からのお申し出は、お受け付けできません。

増枠にはこれまでの利用状況が重視されるため支払い遅延などを起こさないよう注意しましょう。

Q.折り返しの電話は必要?

楽天からの電話に出られなかった場合、折り返す必要があるかは以下のとおり。

折り返し
勤務先必要なし
個人のスマホ必要
自宅(親への電話)必要

勤務先に電話があった場合は基本的に必要ありません。

在籍確認は本人が会社にいることさえわかればOKなので、本人不在でも問題ありません。

個人のスマホや自宅への電話は折り返す

個人のスマホや自宅へ電話があった際は折り返す必要があります。

これは記載内容の不備や親への同意確認のために電話がかかってきた可能性があるため。

放置すると審査の遅れや審査落ちにつながることもあるため、なるべく早めにかけ直しましょう。

Q.キャッシング時に審査の電話はある?

申し込み時にキャッシング枠を希望すると基本的に電話があると言われています。

正確な理由は不明ですが、貸金業法の「総量規制」が関係している模様。

キャッシングなどでの借り入れは消費者の生活を守るため年収の1/3以内と定められています。

法律に則った正確な枠を設定するため、在籍確認で収入状況や支払い能力を確認していると推察されます。

電話を避けたい場合はキャッシング枠を0にして申しこむことが大切です。

増枠申請時も電話あり

カード発行後にキャッシング枠を申請する場合は楽天e-naviから「キャッシングの増枠申請」を行なう必要あり。

この場合も審査はかなり厳格で在籍確認が行われる電話がくる可能性は高めです。

また、収入証明書の提出を求められたり、返済能力がない場合は反対に利用額の減額もあります。

Q.楽天ゴールドカードは在籍確認が行われやすい?

楽天ゴールドカードの場合も基本的に在籍確認は行われません。

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカード

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
魅力はそのままに、年会費無料の楽天カードにはないゴールドカードならではの特典がたくさん。
  • 節約◎
  • 高コスパ
  • 電子マネー
  • 買い物◎

はっきりとした理由は不明ですが楽天市場などの購入データを通しで独自の審査が行えること。

自社の経済圏を拡大させるため、より多くのユーザーを獲得したいという戦略も関係していると推察されます。

一般的なゴールドカードと異なりかなり敷居は低めです。

まとめ

このページでは楽天カード発行における在籍確認の内容や職種・立場ごとの注意点などを解説しました。

最後に重要なポイントをおさらいしておきましょう。

  • 内容はかんたんな確認程度
  • 基本的には電話はない
  • 記載内容に不備があるとかかってきやすい
  • かかってくる時間は指定できない
  • 電話番号は本社ではなく勤務先を記載
  • 未成年は親への電話あり
  • 派遣社員は派遣元を記載
  • 勤務先に固定電話がないと申し込みできない
  • 勤務先や電話番号の嘘は絶対にダメ

楽天カードは在籍確認が行われる可能性が非常に低く、誰でも気軽に発行できるカードです。

「クレヒスがまだあまりないが在籍確認を避けたい」と言う人にもぜひおすすめですよ。

あわせて読みたいおすすめ記事