ポイントが貯まりやすい高還元率クレジットカードと各共通ポイントの貯め方まとめ

効率よくポイントを貯めるならクレジットカード。日々の支払いをカード決済にするだけでも貯まりますが、「頻繁にAAAとBBBの店舗を利用するから還元率〇〇%のこの方法でCCCポイントを貯める」と明確な戦略を持って継続することで加速度的にポイントを貯めていくことも可能です。ポイントは主にクレジットカードのポイントと共通ポイントの二種類に分け、それぞれの相互関係などを理解しておくとより無駄なく貯めることができます。

ポイントざくざく!高還元率のおすすめクレジットカード

クレジットカードで効率よく「共通ポイント」を貯める

Tポイントを貯める

Tポイントのロゴマーク

言わずと知れた日本全国で有名なTポイント。TSUTAYAに限らず、Yahoo関連サービスやファミリーマート、ウエルシア薬局など多くの提携店舗でお得に貯めることができる。

Tポイントが貯まる主な店舗
コンビニファミリーマート、サークルK・サンクス
スーパーマルエツ、東武ストア、マミーマート他
薬局ウエルシア、ハックドラッグ、マルエドラッグ他
ネットショッピングYahoo!ショッピング、LOHACO、ウエルシアドットコム他
飲食関連すかいらーくグループ系店舗、ドトールコーヒー、吉野家、牛角、食べログ他
旅行関連東急ホテルズ、yoyaQ.com、
エンタメTSUTAYA関連店舗、Ameba他
その他店舗アルペン、アシックス、洋服の青山、眼鏡市場
Tポイントの代表的な貯め方
  • Tカード一体型クレジットカードを加盟店で使うと提示+決済で1%~2.5%のTポイントを二重取り。
  • Yahoo!JAPANカードはYahoo!ショッピングやLOHACOでの買い物で3%以上のTポイントが貯まる。
  • ファミマTカードはファミリーマート利用に◎。火曜と土曜に5倍、利用額に応じて最大3倍に。

Pontaポイントを貯める

Pontaポイントのロゴマーク

たぬきのキャラクターが印象的なPontaポイント。ローソンやリクルート関連サービスをはじめ、全国さまざまな提携店舗で貯めることができる。JMBとの連携も。

Pontaポイントが貯まる主な店舗
コンビニローソン
スーパーライフ、アルビス、高島屋他
ネットショッピングポンパレ、サンプル百貨店、TABROOM STORE他
飲食関連ホットペッパーグルメ、大戸屋、ピザハット他
旅行関連じゃらんnet、JAL、ホテル・ジェーピー他
エンタメHMV、ゲオ、三洋堂書店、EMTG、Playbit他
その他店舗AOKI、ホットペッパービューティー、サムソナイト他
電子マネー・金融AirWALLET、三菱UFJ銀行、SBI証券他
Pontaポイントの代表的な貯め方
  • Ponta一体型クレジットカードを加盟店で使うと提示+決済で1%~2.5%のTポイントを二重取り。
  • JMBローソン PontaカードVisaはPonta加盟店で使用すると1%以上のPontaポイントが貯まる。
  • 最大3.2%の高還元率カード・リクルートカード+Pontaポイントカードもざくざく貯まる。

楽天スーパーポイントを貯める

楽天スーパーポイントのロゴマーク

楽天市場など、楽天グループのサービスでざくざく貯まることで有名な楽天スーパーポイント。楽天関連サービスだけでなく、提携店舗はマクドナルドやミスタードーナツなど多数。

楽天スーパーポイントが貯まる主な店舗
コンビニデイリーヤマザキ、スリーエイト、ポプラ他
スーパー大阪屋ショップ、マツゲン、フジ他
ネットショッピング楽天市場、楽天マート他
飲食関連マクドナルド、くら寿司、PRONTO、ペッパーランチ他
薬局ツルハドラッグ、くすりの福太郎、ウエルネス他
旅行関連楽天トラベル、ビューホテルズ、フレスポ八潮他
エンタメバンダレコード、玉光堂、他書店多数
その他店舗ビックカメラ、メガネ本舗、コメ兵、つるやゴルフ他
電子マネー・金融楽天Edy、楽天ペイ、楽天銀行、楽天証券他
楽天スーパーポイントの代表的な貯め方
  • 楽天カード+楽天関連サービスの利用で最大10倍以上、面白いほどポイントが貯まる。
  • 電子マネー「楽天Edy」の利用で200円1ポイント、特約店なら2ポイント貯まる。
  • 楽天ペイを導入している多くのオンラインストアで、原則1%のポイントが貯まる。

楽天スーパーポイントが貯まりやすいクレジットカード

nanacoポイントを貯める

nanacoポイントのロゴマーク

セブンイレブンやイトーヨーカドーなど全国多数の提携店舗で使える電子マネー「nanaco」を利用することで貯まるnanacoポイント。クレジットカードやアプリとの連携も便利。

nanacoポイントが貯まる主な店舗
コンビニセブンイレブン
スーパーイトーヨーカドー、ヨークマート他
ネットショッピングオムニ7、イーアイディ
飲食関連デニーズ、ファミール、マクドナルド、上島珈琲店、coco壱番屋他
薬局スギ薬局、ツルハドラッグ、ココカラファイン他
旅行関連スパリゾートハワイアンズ、成田国際空港、ANA FESTA他
エンタメラウンドワン、タイトー、カラオケ館他
その他店舗西武・そごう、LOFT、ビックカメラ、カクヤス、ザ・プライス他
nanacoポイントの代表的な貯め方
  • 基本的には電子マネー・nanacoでの支払いで100~200円につき1ポイント貯まる。
  • nanaco一体型クレジットカードのセブンカード・プラスなら最大1.5%の高還元率。
  • クレジットカードでnanacoへチャージ+nanaco支払いのポイント二重取りがお得。

nanacoポイントが貯まりやすいクレジットカード

dポイントを貯める

dポイントのロゴマーク

docomo利用者にお馴染みのdポイント。ローソンやマツモトキヨシなど全国に豊富な加盟店があるのでドコモユーザーに限らず貯めやすいおすすめの共通ポイント。

dポイントが貯まる主な店舗
コンビニローソン他
スーパーライフ他
ネットショッピングメルカリ、SHOPLIST、minne、Creema、BUYMA他
飲食関連マクドナルド、ドトールコーヒー、クッチーナ、サンマルクカフェ他
薬局マツモトキヨシ、ツルハドラッグ、くすりの福田朗、ウエルネス
旅行関連日本航空、JTB、スパリゾートハワイアンズ、Club Med他
エンタメカラオケビッグエコー、ルネサンス、タワーレコード他
その他店舗伊勢丹、高島屋、洋服の青山、紀伊国屋書店他
dポイントの代表的な貯め方
  • ドコモのケータイや光回線の利用で1,000円につき10~100ポイント貯まる。
  • dカードなら例えばローソンでの買い物で提示1%+決済1%が貯まり、3%割引に。
  • 多くのクレジットカードのポイントがdポイントへの交換に対応している。

dポイントが貯まりやすいクレジットカード

WAONポイントを貯める

WAONポイントのロゴマーク

イオンはもちろん、ダイエーやコジマなど多くの加盟店があるWAONポイント。電子マネー・WAONの利用やイオン系のクレジットカードを利用すると効率よく貯まる。

WAONポイントが貯まる主な店舗
コンビニファミリーマート、ローソン、ミニストップ、サークルK、スリーエイト他
スーパーイオン、ダイエー、まいばすけっと、マックスバリュ他
ネットショッピング・サービスイオンショップ、イオンネットスーパー、カタリナ他
飲食関連マクドナルド、吉野家、安安、coco壱番屋、コメダ珈琲店他
薬局ウエルシア、ハックドラッグ、ツルハドラック、ウェルネス他
旅行関連成田国際空港、羽田空港、ホテルJALシティ、ルートインホテルズ他
エンタメTSUTAYA、イオンシネマ、タイトーステーション、ラウンドワン他
その他店舗ビックカメラ、イオンモール、東急プラザ、未来屋書店他
WAONポイントの代表的な貯め方
  • 全国加盟店で電子マネー・WAON利用で200円の支払いごとに1ポイント貯まる。
  • WAON一体型のイオンカードセレクトなら、WAONの利用とチャージでダブル獲得。
  • イオン系クレジットカードでときめきポイントTOWNの買い物で最大21倍貯まる。

各共通ポイント→マイルへの交換レート早見表

JALマイルへの交換ANAマイルへの交換
Tポイント交換不可500Tポイント→250マイルに交換可能
Pontaポイント0.5ポイント→1マイルに交換可能交換不可
楽天スーパーポイント交換不可2ポイント→1ANAマイルに交換可能
nanacoポイント交換不可500ポイント→250マイルに交換可能
dポイント5,000ポイント→2,500マイルに交換可能交換不可
WAONポイント交換不可交換不可
共通ポイント同士の相互交換は不可

基本的に上記の共通ポイント同士の交換はできません。唯一できるのは「Pontaポイント⇔dポイント」のみです。

各クレジットカードのポイント→共通ポイントへの交換レート早見表

ポイント(プログラム)主なカードTポイントPontaポイント楽天スーパーポイントnanacoポイントdポイントWAONポイント
メンバーシップリワードアメックスカード3000→1000交換不可3000→1000交換不可交換不可交換不可
Oki DokiポイントJCBカード500→2,000交換不可200→800200→1,000200→800200→800
ワールドプレゼント三井住友カード200→900200→800200→1000200→600200→1000200→600
DCハッピープレゼントポイントDCカード200→800200→800200→800200→600200→800200→600
わいわいプレゼントNICOSカード200→800200→800200→800200→600200→800200→600
グローバルポイントMUFGカード200→800200→800200→800200→600200→800100→300
ダイナースクラブリワードダイナースクラブカード交換不可交換不可2,500→1,000交換不可交換不可交換不可
永久不滅ポイントセゾンカード100→450交換不可交換不可200→920200→1,000交換不可
オリコポイントオリコカードザポイント1,000→1,0001,000→1,0001,000→1,0001,000→1,000
(nanacoへチャージのみ)
1,000→1,0001,000→1,000
わくわくポイントセディナカード交換不可交換不可交換不可1,000→1,0001,000→1,000交換不可
ワンダフルプレゼント21セディナCFカード100→500交換不可100→500100→500100→500交換不可
ビューサンクスポイントビューカード交換不可交換不可交換不可交換不可交換不可交換不可
ポケット・ポイントポケットカード300→900交換不可交換不可交換不可300→900交換不可
ラブリィポイントジャックスカード1,000→900交換不可1,000→1,0001,000→1,0001,000→1,000交換不可
エポスポイントエポスカード交換不可交換不可交換不可交換不可1,000→1,000交換不可
リクルートポイントリクルートカード交換不可1→1交換不可交換不可100→100交換不可
ときめきポイントイオンカード交換不可交換不可交換不可交換不可1,000→1,0001,000→1,000
LIFEサンクスポイントライフカード交換不可交換不可300→1,500交換不可300→1,500交換不可
メトロポイントTo Me CARD交換不可交換不可500→500500→500交換不可交換不可

クレジットカードでポイントを効率よく貯める!7つの心構え

ANAやJALのマイルであっても、だれもが耳にしたことのある共通ポイントであっても、より効率よく貯めるならクレジットカードはマストアイテムです。

しかしただ闇雲にクレジットカードを利用すればポイントが貯まりやすくなるわけではありません。

多くの企業間のアライアンスやポイント条件、特約は日々変わっているため、ポイントの貯め方は非常に奥が深く、すべてを把握することはかなり難しいです。

そこでここでは、「ここさえ押さえておけば大丈夫」という、クレジットカードでポイントを効率よく貯めるための7つの心構えをご紹介します。

1.ポイント還元率の高いクレジットカードを選ぶ

そもそも論ですが、還元率の高いカードを選べばそれだけ効率よくポイントを貯めることができます。

現在所有しているクレジットカードで「ポイントが貯まらない…」と感じているのであれば、新たに発行することを検討してもよいかもしれません。(例えば還元率0.4%→1.2%では3倍速!)

基本的にリボ払い専用カードは通常還元率がかなり高いですが、リボ払いしかできないのは…という方も多いはず。

そんな方は下記のような高還元率カードがおすすめです。

2.利用シーンとポイント特約店が合致するか考える

多くのクレジットカードには「ある条件下で利用すればポイントが〇〇倍」という特約があります。

せっかく楽天市場で使えばポイント3倍の楽天カードを持っていたとしても、100円安いからと言ってamazonで毎月10,000円も買い物をしていたら勿体ないですよね。

例えば、

  • 職場の近くにファミマ、よく行く近所のスーパーはマルエツ→ファミマTカードでお得に貯まる
  • ホットペッパービューティーでPontaポイントが貯まってる→リクルートカードでもっと貯まる
  • 家の近くにローソンがある、ドコモユーザー→dカードを作ればかなりお得になる

というように、生活にあわせてクレジットカードを選ぶと、何倍もの速度でポイントが貯まったりお得になったりします。

ポイントを貯めるには、しっかりと利用シーンを想定してクレジットカードを発行することが大切です。

3.貯めたポイントの交換先をイメージしておく

クレジットカードを賢く利用してポイントをたくさん貯めたはいいけど、イマイチ良い使い道がなかった…という状況は絶対に避けたいところです。

カードによってポイントの交換先が異なるため、貯める前にチェックして交換先をイメージしておかなければ「マイルに交換したかったけどできなかった…」ということになりかねません。

ポイントを貯めてどうしたいのか?というは人によって様々だと思います。

  • ANAやJALといった航空会社のマイルへ交換し、特典航空券で家族旅行!
  • 貯めたポイントはEdy等の電子マネーにチャージしてお金のように使用!
  • 現金で買うには勇気がいるけど欲しい、最新の掃除機とアイテム交換!

などなど…実にさまざまです。

いずれにしても予め各クレジットカードの公式サイトをチェックして、ポイントの使い道を具体的にイメージしておきましょう。

4.固定費など日々の支払いはなるべくカードで

家賃、光熱費、飲食費…生きているだけで毎日お金がかかるのが我々現代人です。

納付書をコンビニに持って行って現金で支払ったり、口座振替にしていたり…という諸経費はありませんか?

毎月かかる費用の中には、クレジットカード払いできるものも多くあります。つまり、毎月ポイントが貯まっていく状況を作ることができるということです。

そうでなくとも、コンビニやスーパーでちょっとした買い物をしたり、電車賃を現金でチャージしたり…というのはまだまだ主流です。

日々の少額決済はまさに「塵も積もれば」です。電子マネーを賢く使うことで、クレジットカードのポイントや共通ポイントを貯めることができますよ!

5.クレジットカードのポイントモールを効果的に使う

意外と利用していない人が多くて驚きなのが「カード会社のポイントモール」です。

カード会社ごとにあるのでその種類はさまざまですが、いずれも主旨は「ポイントモールを経由して提携オンラインストア買い物すればポイント〇〇倍」というものです。

多くのポイントモールでは最大15~25倍のポイントが付与、低くても1.5倍~3倍はつくので利用しない手はありませんよ。

倍率は提携店舗によって異なりますが、Amazonや楽天市場をはじめ数多くの有名ネット通販サイトを利用できます。

カード所有者限定サービス!
ほとんどのポイントモールは「その会社のクレジットカード所有者限定」のサービスですが、セゾンモールだけは例外的にクレジットカード所有者であればだれでも利用できます。

6.電子マネーや他のクレジットカードとの連携を考える

政府も「キャッシュレス化」を掲げて後押ししている現状、電子マネーやクレジットカードの利用可能場所は急激に増えています。

キャッシュレス決済はスムーズで便利、そして安全なのは間違いないですが、「ポイントを貯める」という観点で考えた場合はクレジットカード一枚では十分ではないケースもあります。

例えば、

  1. 電子マネーへのチャージでポイント+電子マネーの利用でポイントが付くケース
  2. ネット通販用と日々の買い物用に電子マネーへチャージする用のカードを分けるケース

などなど、「クレジットカード+電子マネー」や「クレジットカード数枚の使い分け+電子マネー」というスマートな使い方をすることで、さらにお得にポイントを貯めることができるケースも多々あります。

今や一人数枚のクレジットカードは当たり前の時代。

ポイントを貯めやすくするだけでなく、損せず賢く生き抜くためにも、「クレジットカードや電子マネーの複数持ち」もデザインしてみてください。

7.ポイントの有効期限に気を付ける

野村総合研究所の予測によると、国内11業界の主要企業が発行するポイントの現金換算額はオリンピックイヤーの2020年度には最小でも1兆円に達すると言われています。

しかし、統計的に明らかになってはいませんがかなり多くの割合のポイントが「失効」してしまっていると言われています。

眠ったままのポイント、だれでもあるのではないでしょうか?もしくは自覚すらないままどこかに貯まっているポイントもあるかもしれません。

現金となればそんなことはしませんが、ポイントという「数字」になると管理がずさんになるのは人間の性。

せっかくコツコツと貯めたポイントが無駄にならないよう、有効期限には気をつけましょう。

特にチェックすべきはコレ!
特に気を付けるべきは「ボーナスポイント」などの特殊な条件で付与されたポイント。通常のポイントと異なる、かなり短い有効期限が設定されていることも珍しくありません。マメにチェックして無駄にしないようにしたいですね。

有効期限切れにクレジットカードのポイント失効が心配な方は、セゾンの永久不滅ポイントもおすすめです。

「クレジットカードのポイント」に関するおすすめコラム

このページの目次