楽天カードはAmazonでもお得に使える?ポイント還元率などを他カードと徹底比較

シェアしてあとで読む

圧倒的人気を誇るクレジットカード「楽天カード」。

2,000人アンケートによる人気ランキングでも断トツの1位でした。

楽天カード&楽天市場の驚異的なポイント還元率は周知の事実ですが、Amazonではどうなのか気になる人も多いはず。

そこでこのページでは次のようなことをまとめました。

  • 楽天カードをAmazonで使う方法
  • 楽天ポイントをAmazonで使う方法
  • 楽天カードはAmazonでも本当にお得なのか?
  • 他のAmazon高還元率カードと楽天カードの比較
  • Amazonでも楽天市場でも超お得にする方法

この記事を読めば、楽天カードを持って楽天経済圏に集中するか、はたまたAmazonでもポイント高還元率を実現しておくか、判断のキッカケになるでしょう。

「楽天カード」の関連記事

楽天カードはAmazonでもお得に使えるの?

通常1.0%、楽天市場では常時3.0%以上の超高還元率を誇る楽天カード。

楽天カードにもいろいろ種類はありますが、このページでは便宜上、最もポピュラーな「楽天カード(一般)」に統一します。

まずは前提知識として、楽天カードの概要と主なメリット&デメリットをさらっと確認しておきましょう。

楽天カードの基本情報

楽天カードのメリット・デメリットは?年会費無料の最強お得クレカを完全解説!
年会費通常無料
初年度無料
審査難易度F(審査難易度「F」について
還元率1.00%~3.00%
公式サイトhttps://www.rakuten-card.co.jp
4.22 / 5.00
年会費無料、買い物する度ポイントがどんどん貯まって使い道も無限大。圧倒人気のオールマイティカード。
今なら新規入会で最大5,000円相当の
ポイントがもらえる!
身分証不要の楽々ネット申込!キャンペーンをくわしくみる楽天カード詳細データ・評価をみる
1分で分かる!
楽天カード
  • 通常1.0%、楽天市場で3.0%の高いポイント還元率
  • 年会費無料で海外旅行保険も利用付帯
  • 学生や主婦、フリーターでも可能性十分
  • 身分証明書要らずで簡単ネット申し込み
  • Edy搭載、Apple Pay利用可とキャッシュレスにも◎
  • 国際ブランドもデザインも豊富
  • ANAマイルを貯めたい人にもそれなりに○
  • ポイントは楽天市場や楽天ペイで使えるので、交換できるアイテムは実質無限大
  • ETCカードは年会費が500円+税(無料にする方法も)
  • 所有者が多いのでステータスは低い
  • 審査結果は最短即日だが、届くまでは一週間程度
  • Amazon派はJCB CARD W等の方がお得
  • 楽天からのメルマガが多い(解除可能)
  • 期間限定ポイントは慣れが必要(楽天ペイで消化も◎)
  • 楽天市場で月9,000円以上使う人は楽天ゴールドカードの方がお得

楽天カードってAmazonで使えるの?

そもそも、「楽天カードって競合のAmazonでも使えるの?」と思う人もいるかもしれません。

Amazonで使えるクレジットカードの国際ブランドは次のとおり。

一方、楽天カードで選べる国際ブランドは上記の「ダイナースクラブ」を除く4種類。つまり、どの国際ブランドを選んでも楽天カードはAmazonで問題なく利用可能です。

もちろんAmazonプライム会員年会費の引き落とし等にも使えますよ。

Amazonへ楽天カードを登録する方法

Amazonのアカウントは複数枚のクレジットカードやデビットカードを保存しておくことができます。

あらかじめ登録しておくことで、Amazonでの買い物はもちろん、Amazon Payを導入している通販サイトでもスムーズにカード決済が可能ですよ!

手順は次のとおり。

Amazonに楽天カードを登録する手順その1

▲①Amazonで購入するものが決まったら、レジに進みましょう。

Amazonに楽天カードを登録する手順その2

▲②届け先の入力画面になるので、住所を選択しましょう。(ちなみにAmazonは住所も複数登録できます)

Amazonに楽天カードを登録する手順その3

▲③配送オプションを選択、「次に進む」を選択します。

Amazonに楽天カードを登録する手順その4

▲④支払い方法の選択で「新しいお支払い方法を追加」を選択します。

Amazonに楽天カードを登録する手順その5

▲⑤クレジットカードやデビットカード情報を登録します。楽天カードももちろん登録できます。

レジ以外でも登録可

特に買うものがない場合は、次の手順で同様に楽天カードをAmazonアカウントに登録できます。

  1. Amazonにログインする
  2. メニューから「アカウント」を選択
  3. 「お支払い方法の管理」を選択
  4. 以降、上記の④からと同様の流れ

楽天カードはAmazonでも還元率1.0%

楽天カードはAmazonでは1.0%、通常時のポイント還元率です。Amazon側では一部商品を除きポイントはあまり貯まらないので、純粋に1.0%と考えていいでしょう。

ポイント還元率0.5%のクレジットカードも多いので、優秀と言える水準ではあります。

ただ、Amazonに限って言えばそれ以上のポイント還元率になるクレジットカードも存在します。(くわしくは次項「Amazonでポイント高還元のクレカと楽天カードを比較」でご紹介します)

楽天スーパーポイントをAmazonで使う方法は?

クレジットカードのポイントはカード会社によって異なり、その交換先もさまざまです。

楽天カードで貯まるのは共通ポイントの中でも代表的な楽天スーパーポイント。使い道は次のとおり。

  • 楽天市場でそのまま使える
  • 楽天ペイで多くの実店舗で支払いに使える
  • 電子マネー「Edy」にチャージできる
  • 楽天カードの支払いに充当できる
  • ANAマイルに交換できる(50P→25マイル)

楽天市場ではあらゆる商品があり、楽天ペイやEdyもコンビニなどさまざまな店舗で使えるので、実質的には交換先は無限大。非常に便利なポイントプログラムです。

ただし、楽天ポイント→Amazonギフト券への交換は不可です。

Edy経由ならポイントをAmazon利用可?

実はAmazonでは電子マネー払いもでき、その中には楽天Edyも含まれます。

楽天Edyのロゴ

やや遠回りではあるものの、楽天ポイントをEdyチャージに充てることで、実質的に楽天ポイントをAmazonで使う方法が二つあります。

  1. Edy+iPhone+非接触ICカードリーダー「パソリ
  2. Edy+おサイフケータイ(Androidスマホ)

一つめの方法はパソリという端末購入からなので、楽天ポイントをAmazon利用するためだけに…というのは非現実的ですね。

二つめはおサイフケータイ搭載のスマホを持っていれば実現可能です。

ポイント→Amazon利用できるクレカ
Amazonギフト券への交換、Amazonで決済利用できる電子マネーへの交換など、クレジットカードのポイントをAmazonで使う方法はいくつかあります。

くわしくは以下の記事をご覧ください。

Amazonでポイント高還元のクレカと楽天カードを比較

「楽天カードはとにかくポイントが貯まると聞いているけど、Amazon派なんだよなぁ…」という人も多いはず。

実際のところ、Amazonでの買い物で楽天カード以上にポイントが貯まりやすいクレジットカードはいくつか存在します。

Amazonでポイント高還元率を実現できる代表的な4枚のクレジットカードと楽天カードを比較してみましょう。

Amazonでポイント高還元率のカード4種

Amazonでポイント還元率が2.0%に届く代表的なクレジットカードは以下の4枚。

年会費Amazonでの還元率プライム会員権その他店舗の優待ポイントの使い道
JCBカードW
JCBカードW
無料2.0%~なし
オリコカードザポイント
オリコカードザポイント
無料2.0%~なし
Amazon MasterCard クラシック
Amazon MasterCard クラシック
1,250円(税別)
(年一回使えば翌年無料)
1.5%~2.0%なし××
Amazonのみ
Amazon MasterCard ゴールド
Amazon MasterCard ゴールド
10,000円(税別)
(最大6,000円+税割引)
2.5%あり××
Amazonのみ

JCBカードWとオリコカードザポイントは年会費無料で通常1.0%、Amazonでも2.0%以上を誇る優秀な高還元率クレカです。

一方、Amazon公式クレジットカードの二種を選ぶメリットは次のとおり。

  • ポイントがAmazonアカウントに直接貯まる
  • モールを経由しなくてもAmazonで高還元(オリコカードザポイントはオリコモール経由が必要)

「決済もポイントもAmazonでしか使わない!」と割り切るなら選択肢に入りますが、このページでは楽天カードと特性が似ているJCBカードWとオリコカードザポイントをピックアップして比較してみましょう。

オリコカードザポイント

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)はAmazon派に◎!キャンペーンなど徹底解説Orico Card THE POINT

年会費無料×高還元率。サービスよりもポイント還元率に強みのある、iDとQUICPayをダブル搭載した稀有な一枚。

今なら新規入会で
最大8,000円相当のポイント!
公式:https://www.orico.co.jp/
1分で分かる!
Orico Card THE POINT
  • 通常1.0%の高いポイント還元率
  • Amazon等の大手ECサイトで2.0%以上も
  • 数多くの共通ポイント、JALやANAマイル、Amazonギフト券など交換先が多種多様
  • iDとQUICPayを両方搭載する稀有な一枚
  • Apple PayやGoogle Pay、楽天ペイも利用可
  • ETCカードや家族カードを無料で発行可
  • 審査基準が比較的やさしい(学生や主婦も可)
  • 券面がブラックで高級感がある
  • 還元率アップ対象の実店舗はない
  • ポイント有効期限が1年と短い
  • 旅行保険は付帯されない
  • ポイントアップの通販はオリコモール経由が必要(面倒な場合はJCBカードWが◎)
  • Amazonより楽天派は楽天カードの方がお得
  • 手元に届くまでそれなりに時間がかかる
  • クレヒスに問題がある場合は審査に通らない

JCBカードW

JCB CARD WはAmazon高還元率!plus Lの違い、キャンペーンや審査もメリット・デメリットに分けて解説JCB CARD W

JCBオリジナルシリーズの最新作。年会費無料×高いポイント還元率を実現した、WEB申し込み限定プロパーカード。

今なら新規入会で
最大14,000円相当のプレゼント!
公式:https://www.jcb.co.jp
1分で分かる!
JCB CARD W
  • プロパーながら通常ポイント還元率1.0%
  • Amazonセブンイレブンなど多くのシーンで2.0%以上の超高還元率
  • 年会費無料なのに海外旅行保険が付帯
  • ETCカードや家族カードも無料で持てる
  • 男女ともに定評のあるデザイン
  • 女性向けの特典や保険を追加できる「JCBカードW PLUS L」も
  • QUICPayと相性抜群、Apple Payなども利用可
  • 申し込みは39歳以下&WEB限定
  • 利用明細はWEBやアプリのみ
  • ANA、JAL両マイルに交換できるがレートは少し低め
  • VISAやMasterCardと比べると海外では使えない地域も
  • 敷居は低めなのでステータスは高くない

基本情報で比較

楽天カードオリコカードザポイントJCB CARD Wの3枚ともに共通する基本的な部分は次のとおりです。

  • 年会費無料
  • 通常ポイント還元率1.0%
  • ETCカード/家族カード追加発行可(※)

※…楽天カードのみETCカードが有料(解説記事はこちら

この3枚で異なる基本的な機能は次のようなものがあります。

国際ブランド電子マネー搭載海外旅行保険
楽天カード
楽天カード
VISA
MasterCard
JCB
American Express
Edy付帯
Orico Card THE POINT
Orico Card THE POINT
MasterCard
JCB
QUICPay
iD
なし
JCB CARD W
JCB CARD W
JCBQUICPay
iD
付帯

Amazonや楽天市場などでの還元率を比較

次は、Amazon&楽天市場それぞれでのポイント還元率を比較してみましょう。

Amazonでの
ポイント還元率
楽天市場での
ポイント還元率
楽天カード
楽天カード
1.0%3.0%~
Orico Card THE POINT
Orico Card THE POINT
2.0%~3.0%
(※1)
2.0%
(※3)
JCB CARD W
JCB CARD W
2.0%~3.0%
(※2)
2.0%
(※3)
1…入会半年間はポイント2倍で3.0%
2…入会3カ月間はポイント2倍で3.0%
3…さらに楽天市場側でのポイントも加算される

Amazonでは楽天カード以外の二枚がかなりお得であることがわかりますね。

オリコカードザポイントやJCB CARD Wは楽天市場でもクレジットカードのポイント+楽天ポイントが貯まるので、実質2.0%+SPU倍率となります。

ただ、楽天市場アプリでの倍率アップやさまざまなキャンペーンを鑑みると、楽天市場で楽天カードに勝るクレジットカードは存在しませんね。

ポイント→Amazon利用で比較

クレジットカードの利用で貯まったポイントのAmazon利用可否で比較すると次のようになります。

貯まるポイントAmazonでの
ポイント利用法
楽天カード
楽天カード
楽天スーパーポイントEdyへ交換+おサイフケータイ
(100%)
Orico Card THE POINT
Orico Card THE POINT
オリコポイントAmazonギフト券への交換
(100%)
JCB CARD W
JCB CARD W
OkiDokiポイントJCB PREMOへ交換
(100%)

OkiDokiポイントに関しては、Amazonで使う方法が二つあります。

  • 「Amazonパートナーポイントプログラム」で直接利用(1P=3.5円分)
  • JCB PREMOカードに交換してAmazonで決済(1P=5円分)

若干の手間はあるものの、後者の方がお得にAmazonでポイントを使えますね。

楽天とAmazonを併用する場合のポイントシミュレーション

結局のところ、楽天市場とAmazonを併用する場合、楽天カードとオリコカードザポイントやJCB CARD Wではどちらがお得でしょうか?

楽天市場とAmazon、そして日常使いのコンビニでの獲得ポイントをシミュレーションしてみましょう。

やや強引ですが、コンビニでは以下のような状況を想定します。

  • 楽天カード:楽天ペイとの併用で1.5%
  • オリコカードザポイント:1.0%
  • JCB CARD W:セブンイレブンで2.0%

楽天市場とAmazonで1:1利用の場合

まずは楽天市場とAmazon、そしてコンビニで月1万円ずつ使った場合の年間獲得ポイントの概算です。

楽天市場
月1万円×12ヶ月
Amazon
月1万円×12ヶ月
コンビニ
月1万円×12ヶ月
獲得ポイント
合計
楽天カード
楽天カード
3,6001,2001,8006,600
Orico Card THE POINT
Orico Card THE POINT
2,4002,4001,2006,000
JCB CARD W
JCB CARD W
2,4002,4002,4007,200

楽天市場とAmazonで2:1利用の場合

次にAmazonより楽天市場の方が2倍使うかな…というケース。楽天市場で月2万円、Amazonとコンビニで1万円ずつ使った場合の年間獲得ポイントの概算です。

楽天市場
月2万円×12ヶ月
Amazon
月1万円×12ヶ月
コンビニ
月1万円×12ヶ月
獲得ポイント
合計
楽天カード
楽天カード
7,2001,2001,80010,200
Orico Card THE POINT
Orico Card THE POINT
4,8002,4001,2008,400
JCB CARD W
JCB CARD W
4,8002,4002,4009,600

楽天市場とAmazonで1:2利用の場合

今度は反対に、Amazonで月2万円、楽天市場とコンビニで1万円ずつ使った場合の年間獲得ポイントの概算。

楽天市場
月2万円×12ヶ月
Amazon
月1万円×12ヶ月
コンビニ
月1万円×12ヶ月
獲得ポイント
合計
楽天カード
楽天カード
3600240018007800
Orico Card THE POINT
Orico Card THE POINT
2400480012008400
JCB CARD W
JCB CARD W
2400480024009600

楽天カード+Amazon用の両方持ちが最適解?

楽天カードはさまざまなキャンペーンによって、実際には数値以上に貯まりやすいことは間違いありません。

ただ、「Amazonもよく使うんだよなぁ…」という人はオリコカードザポイントJCB CARD Wも併せ持ちするのもオススメです。

いずれも年会費無料なので、持っておいても経済的な負担はゼロですからね。

買うものによって使い分ける

商品によっては、楽天市場とAmazonでそもそもの値段が異なることもしばしばあります。

獲得ポイント以上の差があることも珍しくないので、お得さを最大化するなら次のような考え方がベター。

  1. 買う商品を見つける
  2. 楽天市場とAmazonで値段を比べる
  3. 楽天市場が安ければ楽天カードで決済(3.0%以上)
  4. Amazonが安ければJCB CARD Wやオリコカードザポイントで決済(2.0%~)

このようにすればネット通販をかなりお得に、ポイントも良いとこ獲りができるでしょう。

Amazon用カードの選び方は?

Amazon用のクレジットカードの選び方は、次のような基準がおすすめです。

くわしくは下記記事もご覧ください。

まとめ

このページでは「楽天カードはAmazonでお得なのか?」ということに焦点を当て、他クレジットカードとの比較等をまとめました。

最後にもう一度要点をおさらいしておきましょう。

  • 楽天カードは国際ブランド問わずAmazonで利用できる
  • 楽天カードはAmazonでは1.0%のポイント還元率
  • 楽天ポイントをAmazonで使う方法は「パソナorおサイフケータイ+Edy」のみ
  • Amazonも割と使う場合はJCB CARD Wやオリコカードザポイントなどの年会費無料カードの併せ持ちもおすすめ
  • 両カードとも、OkiDokiランドやオリコモール経由で楽天市場でも2.0%以上
  • JCB CARD WはAmazonやセブンイレブンで2.0%~、ポイントも1:1でAmazon利用可(JCB PREMOカード交換)
  • オリコカードザポイントはAmazonで2.0%~、ポイントはAmazonギフト券にも交換可
  • プライム会員前提でAmazon限定なら、公式のAmazon MasterCard ゴールドも○

楽天カードは確かに、楽天経済圏のサービスを利用すればするほどに、驚くほどポイントが貯まりやすいクレジットカードです。

ただ、Amazonの安さや配送の便利さも捨てがたい…という人も多いでしょう。

そんなときは「複数持ち」による使い分けでよりお得に、クレカ中級者になってみてはいかがでしょうか。

Orico Card THE POINT(オリコカードザポイント)はAmazon派に◎!キャンペーンなど徹底解説Orico Card THE POINT

年会費無料×高還元率。サービスよりもポイント還元率に強みのある、iDとQUICPayをダブル搭載した稀有な一枚。

今なら新規入会で
最大8,000円相当のポイント!
公式:https://www.orico.co.jp/
JCB CARD WはAmazon高還元率!plus Lの違い、キャンペーンや審査もメリット・デメリットに分けて解説JCB CARD W

JCBオリジナルシリーズの最新作。年会費無料×高いポイント還元率を実現した、WEB申し込み限定プロパーカード。

今なら新規入会で
最大14,000円相当のプレゼント!
公式:https://www.jcb.co.jp

クレジットカードマイスター編集部
クレジットカードマイスター編集部

365日クレジットカードやキャッシュレスを研究している専門家チーム。記事企画&執筆~サイトの開発も社内で行なっています。よかったら各種SNSもフォローしてください。