楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードの違いを徹底比較|ラウンジ特典や審査基準、切り替えるメリットは? | クレマイ

楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードの違いを徹底比較|ラウンジ特典や審査基準、切り替えるメリットは?

シェアしてあとで読む

楽天カードのゴールドカードは2種類あります。

「楽天ゴールドカード」とさらにその上に「楽天プレミアムカード」です。

この二つは券面も酷似しており、ラウンジ特典などサービス面も似ているので、どこがどう違うかよくわかりませんよね。

そこでこの記事では、楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードの違いを比較して、どっちを選ぶべきかを解説します。

どちらにするか迷っている人・切り替えを検討している人は必ず参考になりますよ!

楽天ゴールドカード
楽天ゴールドカード
楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカード
年会費2,160円10,800円
基本還元率1.0%1.0%
楽天市場還元率5.0%5.0%
空港ラウンジ特典国内主要29空港世界1,200カ所以上
(プライオリティ・パス)
海外旅行保険最高2,000万円
(利用付帯)
最高5,000万円
(自動付帯)
審査難易度CB
国際ブランドVISA/Mastercard/JCBVISA/Mastercard/JCB/アメックス
入会キャンペーン5,000〜10,000ポイント7,000〜13,000ポイント
ETCカード無料無料
家族カード540円540円
「楽天カード」の関連記事

楽天ゴールドカード→楽天プレミアムカードにする2大メリットと損益分岐点

楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードの大きな違いを表にまとめてみました。

楽天ゴールドカード
楽天ゴールドカード
楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカード
年会費2,160円10,800円
空港ラウンジ特典国内主要29空港世界1,200カ所以上
(プライオリティ・パス)
海外旅行保険最高2,000万円
(利用付帯)
最高5,000万円
(自動付帯)

年会費が2,160円→10,800円と高額になった分、以下の2つのメリットが生まれます。

  1. 海外の空港ラウンジを無料で使える
  2. 海外旅行保険の補償額が充実し、利用付帯→自動付帯に

他にも違いはいろいろありますが、まずは空港ラウンジと海外旅行保険だけを考えればOKです。(くわしくは「楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードの違いを7つの観点で比較」で後述)

メリット1.海外の空港ラウンジを無料で使える

楽天プレミアムカードの空港ラウンジ特典は、楽天ゴールドカードと比較して大幅にグレードアップします。

楽天ゴールドカード
楽天ゴールドカード
楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカード
カードラウンジカードラウンジ
航空系ラウンジ
国内空港ラウンジ主要29空港主要29空港
海外空港ラウンジハワイ/仁川1,200か所以上
(プライオリティ・パス)
同伴者有料有料
家族カード 会員無料無料
(プライオリティ・パスは発行不可)

楽天ゴールドカードで使える空港ラウンジは国内主要29空港とホノルル・仁川のみ。

使えるのはいわゆる“カードラウンジ”で、航空会社のラウンジと比較するとかなり内装はかなり質素。利用者数も多く混雑しており、“超快適”ということはないです。

  1. カードラウンジ:ゴールドカード保有者向け
  2. 航空会社のラウンジ:ビジネスクラス、ファーストクラス、上級会員向け

2018年に改悪があり、年間の利用回数に制限がかかってしまいました。

  • 〜2018年8月31日:回数制限なし
  • 2018年9月1日〜:年2回無料(以降1,080円)

プライオリティ・パスが無料付帯

一方楽天プレミアムカードではそれらに加えて、世界中の高級空港ラウンジが使い放題の「プライオリティーパス」が無料で付帯します。

プライオリティ・パス=世界中の豪華な空港ラウンジを利用できる会員制サービス

プレステージ会員になるには、普通は$429の年会費がかかりますが、楽天プレミアムカードでは完全に無料。

利用回数にも制限がなく、年会費1万円が格安に錯覚するほどコスパ抜群です。

家族カード会員はプライオリティ・パスを発行できず、利用料金$32/回かかりますが、海外旅行や出張が多い人は楽天ゴールドカードよりも圧倒的にお得ですよ。

メリット2.海外旅行保険が充実する

楽天プレミアムカードでは海外旅行保険も大幅にグレードアップ。

楽天ゴールドカード
楽天ゴールドカード
楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカード
付帯条件利用付帯自動付帯
傷害死亡
後遺障害
2,000万円4,000万円
(利用付帯:+1,000万円)
傷害治療費用200万円300万円
疾病治療費用200万円300万円
携行品損害20万円50万円
賠償責任2,000万円3,000万円
救援者費用200万円200万円

利用付帯→自動付帯に

クレジットカードの旅行保険の適用条件には「利用付帯」と「自動付帯」の2種類あります。

クレジットカードの旅行損害保険の自動付帯と利用付帯の違い

楽天ゴールドカードは利用付帯なので、ツアー代金や飛行機代などを旅行前に決済する必要があり、忘れてしまうと保険が効かないなんてことも。

しかし、楽天プレミアムカードは自動付帯。事前の手続きは一切必要なく、カードを持って行くだけでOKなので気楽ですね。

国内旅行保険も付帯

利用付帯ですが、楽天プレミアムカードには国内旅行保険もついています。

楽天ゴールドカード
楽天ゴールドカード
楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカード
国内旅行保険なし利用付帯
死亡後遺障害5,000万円
入院保険金日額5,000円
通院保険金日額3,000円
手術保険金

「国内の旅行で保険なんていらないよ…」という人が大半だと思いますが、無料ですしあるに越したことはないです。

“もしも”に備える転ばぬ先の杖ですね。

損益分岐点は算出しづらい

楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードは基本還元率、および楽天市場での還元率は全く同じです。

楽天ゴールドカード
楽天ゴールドカード
楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカード
基本還元率1.0%1.0%
楽天市場還元率5.0%5.0%

楽天カードと楽天ゴールドの比較では、楽天市場での還元率で損益分岐点が割り出せたのですが、そうはいきません。

多少強引ですが、国内空港ラウンジの利用回数だけを基に割り出すとこんな感じですね。

  • 年8回以下→楽天ゴールドカードのほうがお得
  • 年8回以上→楽天プレミアムカードのほうがお得

とはいえプライオリティ・パスや海外旅行保険を考慮すると、もはや楽天プレミアムカードの価値はプライスレスな気もしますね。

結論:どっちを発行するべき?

還元率に差はなく、ポイント面での差はないです。

やはり空港ラウンジ特典と海外旅行保険を使いこなせるかどうか、つまり海外出張・旅行の頻度で決めるが良いと思います。

  • 楽天市場だけ使う→楽天ゴールドカード
  • 年2回以上海外出張・旅行をする→楽天プレミアムカード
  • ステータスが高い方がいい→楽天プレミアムカード
  • ビジネスカードが欲しい→楽天プレミアムカード

年2回以上海外に行く人は楽天プレミアムカード

【入会キャンペーン】7日間限定!通常10,000ポイント⇒今なら16,000ポイントキャンペーン中!
2019/09/17~2019/09/24

【入会キャンペーン】7日間限定!通常10,000ポイント⇒今なら16,000ポイント

2019年9月17日(火)10:00~2019年9月24日(火)10:00の1週間限定で16,000ポイントもらえます!

普段は10,000ポイントしかもらえず、今がチャンスですね。

条件はどれも難しいものではなく、ほぼ確実に16,000ポイントゲットできるはずなので、この機会をお見逃しなく!

楽天プレミアムカードを評価!
楽天カードの長所をさらに伸ばした強烈なゴールドカード。プライオリティ・パスが付くクレジットカードの中では最も年会費が安く、海外旅行保険も自動付帯で完備。ポイントも欲しい、ラグジュアリ―系のオプションも欲しい、そんな欲張りなあなたにオススメの一枚です。ワンランク上の毎日が待っているでしょう。

一方楽天市場でお得になるだけでいい、という人なら楽天ゴールドカードで十分です。

【入会特典】7日間限定!通常5,000ポイント⇒今なら9,000ポイントキャンペーン中!
2019/09/17~2019/09/24

【入会特典】7日間限定!通常5,000ポイント⇒今なら9,000ポイント

普段は5,000ポイントしかもらえないですが、2019年9月17日(火)10:00~2019年9月24日(火)10:00の1週間限定で9,000ポイントもらえます!

9,000ポイントは楽天ゴールドカードの年会費4年分以上に相当。

条件はどれも難しいものではなく、ほぼ確実にゲットできるはずなので、この機会をお見逃しなく!

楽天ゴールドカードを評価!
使い勝手の良い楽天カードがパワーアップしたゴールドカード。空港ラウンジが使えるほか、楽天市場で3.0%→5.0%になるので、単純計算で毎月9,000円以上を楽天市場で買い物するならこちらの方がお得ですね。コスパが非常に高いので、ステータスよりも実益重視の方におすすめの一枚です。

楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードの違いを7つの観点で比較

楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードの違いを一覧表にしてみました。

楽天ゴールドカード
楽天ゴールドカード
楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカード
年会費2,160円10,800円
審査難易度CB
国際ブランドVISA/Mastercard/JCBVISA/Mastercard/JCB/アメックス
入会キャンペーン5,000〜10,000ポイント7,000〜13,000ポイント
ETCカード無料無料
家族カード540円540円

空港ラウンジ特典や旅行保険以外にも違いがあるので、7つの点で比較していきます。

1.審査基準(難易度)で比較

クレマイでは、独自に口コミを調査し、クレジットカードを審査難易度G〜AAにランク分けをしています。

楽天ゴールドカード、および楽天プレミアムカードの審査難易度は次の通りです。

  • 楽天ゴールドカード:審査難易度C
  • 楽天プレミアムカード:審査難易度B

やはり楽天プレミアムカードの方が年会費が高い分、審査は難しめです。

以前は全く同じ審査基準だった
少し前までは公式サイトに、“楽天ゴールドカードの審査は楽天プレミアムカードと同じ基準で行われる”という記述がありました。

しかし、最近(2019年7月)確認してみたところ、“楽天ゴールドカード独自の審査基準により発行させていただきます”に変更されていました。

楽天ゴールドカードの審査基準」

以前からゴールド・プレミアム間では審査難易度に差がありましたが、今後は一層差が開く可能性がありそうですね。

申し込み条件は全く同じ

とはいえ申し込み条件は全く一緒で、両者とも「20歳以上で安定した収入があること」のみ。

楽天カードよりは若干難しめですが、ゴールドカードの中ではかなり優しめな方で、成人であれば主婦やアルバイトの方でも難なく発行できることでしょう。

楽天ゴールドカード
楽天ゴールドカード
楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカード
公務員
経営者・会社役員
会社員
個人事業主
自由業
専業主婦
学生××
パート・アルバイト
無職××

若干の差はあるものの、口コミを見る限り楽天ゴールドを取得できる人なら、プレミアムも大丈夫なはずです。

審査時間:最短数10分〜(夜、土日は遅い)

ほとんどの人が機械によるスコアリング審査だけで終わるので、楽天ゴールドカード・プレミアムカードの審査時間はかなり早いです。

最短数10分〜5,6時間ほどで、「発行手続き完了のお知らせ」メールが届くでしょう。

ただし年収が少ない、不安定な職業、過去に延滞をしたなどでスコアリングの点数が基準値を下回った場合、人の手による審査に切り替わり、審査が1週間ほど長引くことがあります。

夜や土日は審査時間が長い
夜や土日の申し込みは普段より審査時間が長くなる傾向が。

  • 夜(17:30〜):翌日以降
  • 土日祝:翌営業日以降
  • キャンペーン期間:普段より長め

平日のお昼頃までに申し込めば、審査がスムーズに終わり1週間ほどで手元に届くので、早め早めの申し込みを!

審査に不安がある場合は、楽天カード→楽天ゴールド→楽天プレミアム、と段階的にグレードアップを目指すといいでしょう。

2.国際ブランドで比較

選べる国際ブランドはそれぞれ以下のとおり。

楽天ゴールドカード
楽天ゴールドカード
楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカード
VISA
Mastercard
JCB
アメックス×

楽天ゴールドカードではアメックスブランドを選べませんが、楽天プレミアムカードはVISA・Mastercard・JCB・アメックス全てに対応

ただ敢えてアメックスを選ぶメリットは特にないので、両者に大きな違いはないでしょう。

3.限度額で比較

楽天プレミアムカードは楽天ゴールドカードよりも最大限度額が高めに設定されています。

楽天ゴールドカード
楽天ゴールドカード
楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカード
最低限度額5万円10万円
最高限度額200万円300万円

最低限度額が10万円と低めなのが気になるところですが、他のゴールドカードと比較しても多めの最大限度額です。

楽天カード利用時には限度額100万円を希望しても許可が降りなかった人でも、楽天プレミアムカード切り替え後に100万円に増枠のメールが届いたという話も。

必ず限度額がアップする保証はありませんが、上がりやすくなるのはほぼ間違いないでしょう。

4.見た目(デザイン)で比較

楽天ゴールド・プレミアムともに、楽天カードのようなお買い物パンダやバルセロナの券面はなく、通常デザインのみ

楽天ゴールドカードの券面はややピンクゴールドよりで、楽天プレミアムカードと比較するとかなり薄いです。

「THE ゴールドカード」と言えるのは楽天プレミアムカードの方ですが、気取らなさから楽天ゴールドカード推しの人も多いみたいです。

5.入会キャンペーン特典で比較

楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードのキャンペーンは、楽天カードのキャンペーンに比例して変動します。

直近の傾向ではこんな感じでしょうか。

楽天ゴールドカード
楽天ゴールドカード
楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカード
通常時5,000〜6,480ポイント10,000ポイント
7,000ポイント時
(年7〜8回)
9,000ポイント13,000ポイント
8,000ポイント時
(年3〜4回)
10,000ポイント15,000ポイント

楽天プレミアムカードの方が常に4,000〜5,000ポイントほど多くもらえます。

しかし入会キャンペーンで年会費の差(8,640円)分は到底埋められないので、やはり空港ラウンジと海外旅行保険の特典が必要かで決めるのがいいですよ。

6.家族カードで比較

家族カードの年会費は楽天ゴールド・プレミアムともに540円。

楽天ゴールドカード
楽天ゴールドカード
楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカード
本会員カード年会費2,160円10,800円
家族カード年会費無料無料

楽天プレミアムカードの家族カードではプライオリティ・パス特典こそつきませんが、その他のサービスはほぼ本会員カードと一緒。

海外旅行保険も最高5,000万円が自動付帯するので、楽天ゴールドの家族カードよりも遥かにコスパが高いですよ。

7.ETCカードで比較

楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードはどちらもETCカード年会費無料。発行手数料や解約手数料も一切かかりません。

楽天ゴールドカード
楽天ゴールドカード
楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカード
ETCカード年会費無料無料
ETCカード発行手数料無料無料
ETCカード解約手数料無料無料

通常の楽天カードでは、楽天会員ランクがプラチナ・ダイヤモンド以上でなければ、年会費が540円かかったのでこれは嬉しいですね。

ETCカードでも通行料金100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントがしっかり貯まります。

さらに高速料金の割引サービスも受けられるので、現金で決済するよりよっぽどお得なので同時に申し込んでしまいましょう。

  • 平日は朝(6時〜9時)30%〜50%OFF
  • 土日祝は30%OFF
  • 深夜(0〜4時)は30%OFF
  • アクアライン74%OFF

楽天ゴールドカード→楽天プレミアムカード切り替え方法とキャンペーン

楽天ゴールドカードから楽天プレミアムカードに切り替える方法やキャンペーン、審査についてみていきましょう。

楽天ゴールドカード“へ”の切り替え方法は別記事にまとめています。

切り替え方法

楽天ゴールドカード→楽天プレミアムカードへの切り替えは、楽天e-NAVIから3ステップでかんたんにできます。

  1. 楽天e-NAVIにログイン
  2. 申し込み(カード/サービス)でカードの追加・切り替えを選択
  3. 楽天プレミアムカードを選択

あとはお手持ちの楽天ゴールドカードの情報を入力するだけです。

切り替え手数料は無料
楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードの切り替え手数料は完全に無料

楽天ピンクカードや楽天ANAマイレージクラブカードへの切り替えは、手数料が1,080円かかるのでこれはメリットですね。

切り替え手数料
楽天PINKカード
楽天PINKカード
1,080円
楽天ANAマイレージクラブカード
楽天ANAマイレージクラブカード
1,080円
楽天ゴールドカード
楽天ゴールドカード
無料
楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカード
無料

切り替え審査

楽天ゴールドカード→楽天プレミアムカードへの切り替えでも審査は行われます。

とはいえ申し込み条件なども同じなので、ほとんどの人が問題なく審査に通るはず。インビテーションがあれば尚更です。

ただし楽天ゴールドカードで返済遅延や延滞などをして、利用実績が悪い人は審査に落ちて発行できないこともあるので注意が必要です。

切り替えキャンペーン

楽天ゴールドカード→楽天プレミアムカードへの切り替えでも、キャンペーンで5,000ポイントもらえます。(他の楽天カードからの切り替えでも同様)

人によっては楽天ゴールドカードを挟んだ方が結果的に多くのポイントがもらえるかも。

通常時3,520〜5,000ポイント
7,000ポイント時4,000ポイント
8,000ポイント時5,000ポイント

一方楽天ゴールドカードへの切り替えではキャンペーンは基本的にありません。(稀に1,000〜3,000ポイントもらえることも。)

まとめ

今回は楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードを徹底比較し、切り替え方法まで解説しました。

あなたにぴったりのカードがどちらかわかりましたか?

最後に重要なポイントをおさらいしておきましょう。

  • 主な違いは年会費と空港ラウンジと海外旅行保険
  • 基本還元率や楽天市場での還元率は同じ
  • 楽天ゴールドではアメックスブランド不可
  • 入会特典は楽天プレミアムの方が4,000〜5,000ポイントほど多い
  • ETCカード・家族カードはともに年会費無料
  • 楽天プレミアムの方が若干審査が難しい

還元率に差はなく、ポイント面での差はないです。

やはり空港ラウンジ特典と海外旅行保険を使いこなせるかどうか、つまり海外出張・旅行の頻度で決めるが良いと思いますよ。

  • 楽天市場だけ使う→楽天ゴールドカード
  • 年2回以上海外出張・旅行をする→楽天プレミアムカード

クレジットカードマイスター編集部
クレジットカードマイスター編集部

365日クレジットカードやキャッシュレスを研究している専門家チーム。記事企画&執筆~サイトの開発も社内で行なっています。よかったら各種SNSもフォローしてください。