年会費無料なのに海外旅行保険が充実!おすすめクレジットカード9選と補償内容を徹底解説

クレジットカードマイスター編集部
クレジットカードマイスター

365日クレジットカードやキャッシュレスを研究している専門チーム。記事企画&執筆~サイトの開発まで社内で行なっています。

「年会費無料」のおすすめカード一覧

海外旅行中の思わぬ事故やトラブルに巻き込まれた時に役立つ海外旅行保険

年会費無料のクレジットカードでも海外旅行保険が付帯しているものがあるのをご存知でしたか?

そこで今回は

  • 旅行保険の基礎知識
  • クレジットカードの海外旅行保険に加入するメリット
  • 年会費無料クレジットカードの海外旅行保険でも補償内容は十分なのか?
  • 海外旅行保険が付帯するオススメの年会費無料クレジットカード

について詳しく解説していきたいと思います!海外旅行保険が付帯する年会費無料のクレジットカードを手に入れたい人は必読ですよ!

クレジットカードの海外旅行保険って?まずは基礎知識を把握しよう

海外に旅行をする際、怪我も病気もきっとしないだろう…と思う反面、慣れない食事や時差ボケが原因で体調を崩したり怪我をしたりするかもしれない…という心配も付き物ですよね。

何も起こらないことに越したことはありませんが、何か起こってしまった時のために備えておくのが海外旅行保険です。

まずはクレジットカードの海外旅行保険の基礎知識を把握しましょう。

海外と国内がある

一口にクレジットカードの旅行保険といっても

海外旅行傷害保険海外での病気や怪我などのトラブルに対して補償
国内旅行傷害保険国内での病気や怪我などのトラブルに対して補償

の2種類があります。

今回は海外旅行保険について扱っていますが、クレジットカードによっては国内旅行保険も付帯しているものがあります。

ただ、この治安のいい日本国内での旅行は海外での旅行に比べるとリスクが少なく、また病気や怪我をした場合でも保険証があれば十分に対応できるはずです。

また、国内旅行保険を補償してくれる年会費無料のクレジットカード会社は少ないので海外旅行保険をメインに考えれば良いとおもいます。

自動付帯と利用付帯がある

クレジットカードに海外旅行保険が付いている場合、最大補償金額に注目しがちです。しかし、最大補償額よりももっと重要なポイントがあります。それは保険の適用条件です。

保険が必要になった場面で、「付帯条件に合致せず補償が受けられない!」ということを防ぐためにも、付帯条件についてしっかりと確認しておくことが大切です。

クレジットカードの旅行損害保険の自動付帯と利用付帯の違い

クレジットカードに付いている旅行保険ではその適用条件には

自動付帯クレジットカードを旅行に持っていくだけで保険が適用される
利用付帯旅行旅行に関する費用を事前にクレジットカードで支払った場合適用される

の2タイプがあります。

それぞれどのような条件なのか見てみましょう。

自動付帯

適用条件が「自動付帯」の場合には、そのクレジットカードを持っているだけで保険の効力が生まれます。

あなたのクレジットカードで旅行代金を支払ったかどうかは関係ありません。

ただ、旅行に「旅行保険が自動付帯するクレジットカード」を持っていくだけで万が一の時も補償してくれるため大変便利です。

利用付帯

海外旅行保険の適用条件が利用付帯の場合は

  1. ツアー代金
  2. 搭乗する公共交通乗用具

のどちらかを使いたい旅行保険がついているクレジットカードで事前に決済する必要があります。

つまり、旅行保険が「利用付帯」の場合は飛行機のチケット代やホテルの料金など旅行にかかる費用を事前にクレカ払いしていなければ保険が効かないのです。 

年会費無料クレジットカードの海外旅行保険のメリット

続いて、クレジットカードの海外旅行保険のメリットについて詳しく解説します。

とりわけ今回メインテーマである「年会費無料のクレジットカード」の場合はさらなるメリットがあるのでその辺も詳しく解説します。

クレジットカード付帯の旅行傷害保険は無料

クレジットカードに付帯している旅行傷害保険は自動・利用付帯のいずれにせよ、別途で料金が発生することはありません。

携行品補償の場合は「免責」といって最低いくらかの額を支払わなければ補償してくれないですが、その他のや治療費は全てクレジットカード会社が支払ってくれるので、カード利用者は1円も払う必要がないのです。

これは知っていた人からすると当たり前の話かもしれませんが、クレジットカードに付帯しているものではなく、保険会社の海外旅行保険に加入した場合は期間や補償内容によって異なりますが実際に保険を利用したかどうかに関わらず必ず利用料金がかかります。

年会費無料のクレジットカードでは加入料金が一切かからない上に、もちろん利用時に別途で料金が発生することもないのです。

つまりは、完全に無料で海外旅行保険に加入・利用できる、ということですね。

MEMO
さらに、海外旅行保険が自動付帯するクレジットカードでは海外に持って行くだけでその補償を受けらるので、利用付帯のものと異なり旅費なども一切クレジットカードで支払う必要がなく、全くお金がかかりません。

年会費が無料のクレジットカードなら旅行保険専用に持ってもいい

年会費が無料のクレジットカードでは

  • クレジットカードの年会費が無料
  • クレジットカードの旅行保険は利用料が一切かからない

完全に無料で海外旅行保険を利用することができるので、旅行保険専用として持ってもいいのです。

普段使いに便利なクレジットカードに楽天カードを持ち、旅行保険専用でエポスカードを持つなんていう風に賢く使い分けをしましょう。

傷害死亡・傷害後遺障害以外の補償は金額を合算できる

複数枚のクレジットカードを持っていた場合その補償額はどうなるのでしょう?

傷害死亡、後遺症障害保険は持っているクレジットカードの中の最高額が適用されます。

しかし、その他の治療費や賠償責任などの補償額は合算して使うことができるのです。

例えば、エポスカードの補償額以上の治療費がかかっても・・・

例えば、海外旅行中にケガをして治療費などが合計で350万円かかったとします。

他のクレジットカードと比べて補償額が高いとされるエポスカードでも「傷害治療費用は200万円」なのでこの支払い額には届きません。

ただ、他の年会費無料で海外旅行保険が自動付帯するクレジットカードを持っていると、補償額を合算できるので、

エポスカードセゾンブルーアメックス合算額
傷害死亡・後遺障害500万円3,000万円3,000万円
傷害治療費用200万円300万円500万円
疾病治療費用270万円300万円570万円
賠償責任2,000万円3,000万円5,000万円
携行品損害20万円
(免責3,000円)
10万円
(免責3,000円)
30万円
救援者費用100万円200万円300万円

表からわかるように、合算の補償額は500万円となり十分に治療費を保険で支払うことができるようになるわけです。

年会費が無料のクレジットカードを複数枚使って合算させれば、ゴールドカードなどよりも充実した補償額になるというわけです!コストもかからないので、海外旅行保険を重視してクレジットカードを持ちたい人は年会費無料のものを複数枚持つのが良いでしょう。

クレジットカードは海外での利用でも便利なカード

クレジットカードは海外旅行保険の他にも

  • 治安の悪い国でも現金を持ち歩かなくて済む
  • 海外で身分や社会的信用の証明になる
  • 海外キャッシングで現地通貨を引き出せる
  • 現金決済と違ってお釣りや代金を誤魔化される心配がない
  • ハイステータスなクレジットカードであればコンシェルジュサービスも
  • マイルを効率的に貯めることができる

といったようなメリットを受けることができるので、海外旅行にはクレジットカードは必須と言えるのです!

テーマから外れてしまうため全ての項目に触れることはできないのですが、とりわけ海外キャッシング

  • 最小限の現金とカードを持ち歩き、必要が生じたときにだけ現金を引き出せる
  • 国や地域によっては両替所で換金するよりもお得に現地通貨を手に入れることができる


といったように非常に便利なサービスですよ。

デビットカードやプリペイドカードも海外の利用にオススメ

また、何らかの理由でクレジットカードを持てない人、つまり

  • クレジットカードの審査が通らない方
  • 子供にクレジットカードはまだ早い…と考える親御さん

には15歳以上から審査なしで発行することができるものが多いデビットカードやプリペイドカードが海外の利用でオススメできます!

VISAやMastercardなどの国際ブランドがついているものでは海外でもクレジットカードと同様にショッピングができるので非常に便利ですよ。

年会費無料クレジットカードの海外旅行保険でも十分なの?

この記事を読んでくださっている皆さんが当然きになるのが、

「年会費無料のクレジットカードでも十分な保険内容なの?」

という事でしょう。

そこで、

  1. 保険会社の旅行保険
  2. 年会費が有料のクレジットカード

の二つの保険と補償額や受けられるサービス面で徹底比較してみます。

そもそもクレカの保険は保険会社の旅行傷害保険と比べてどうなの?

償金額が高めに設定されています。

たとえ旅行代金が高額であっても補償金額と補償内容が変わることはありません。

90日補償はメリット??

重度の持病がある人は保険会社の保険に入ろう

クレジットカードでは死亡時の保険がついていますが、それが適用されるのは事故での死亡時のみ。

持病が悪化して死亡したとしても基本的に補償対象外となります。また、熱中症になってしまい死亡した場合は補償されません。

さらに、既往症による治療費も補償対象外で持病が悪化して渡航先で治療が必要になった場合でも補償されません。

一方、保険会社の海外旅行保険の場合条件や限度はありますが、クレジットカードでは補償されなかった病気による死亡も補償対象になります。

多くの場合はクレジットカードの海外保険よりも、保険会社の方が補償金額が高額に設定されています。

さらに、クレジットカードの場合は海外渡航先で歯科治療が必要になった場合も補償対象外です。基本的に保険会社の保険ほうが補償対象、補償額ともにクレジットカードよりも優れているので重度の持病を持っている方にはクレジットカードの保険はあまりおすすめできません。

3ヶ月以上海外に滞在する場合は保険会社の旅行保険に入ろう

クレジットカードの場合、補償期間は出国から90日以内のケースがほとんどです。

また、出国後60日しか補償期間がないクレジットカードもあるといったようにその期間は短めです。

一方で保険会社の場合、海外に滞在してい期間に応じた日数を選択することが可能です。留学など三ヶ月を超える長期滞在についても、書類を発行した上で契約すればしっかりカバーしてくれます。

ただ一時的に帰国する場合は戻った時点でクレジットカードの補償期間90日の制限がリセットされるので、3ヶ月に一回は必ず日本に戻るという人はクレジットカードの海外旅行保険で事が足りるでしょう。

クレジットカードをいくら使っても、たとえ旅行代金が高額であっても補償金額と補償内容、補償期間が変わることはありません。

クレジットカードではキャッシュレス診療に対応していないことも

海外旅行で治療が必要になった場合、治療費の支払いをどうすればいいのか?クレジットカードと保険会社で、違いがあります。

保険会社治療費を自己負担すること無く医療サービスを受けられる
クレジットカードカードによっては現地で治療費を自己負担して帰国後に請求

どの保険会社でもキャッシュレスサービスといって、各地域に用意された指定医療機関で治療を受けると現金がなくても医療サービスを受けることが可能です。

一方クレジットカードの海外旅行保険ではこういったキャッシュレス診察サービスがついていないことがあり、その場合は一旦あなたが治療費を自己負担して支払う必要があります。

そして帰国後、治療費の支払明細書などをクレジットカード会社に送って、自己負担した治療費の請求を行うことでやっと補償を受け取れるのでラグが生じます。

海外では、日本国内と医療費の相場が全く異なります。盲腸の手術だけでも100万円を超えることは当たり前で、アメリカのように救急車が有料の地域もあります。
 
海外渡航時は、病気や怪我など一回の入院だけで医療費が数百万円から一千万円になることも覚悟する必要があるので、キャッシュレス診察がついていないクレジットカードは不便に感じるでしょう。

クレジットカードの海外旅行保険を使いたい場合は、エポスカードや楽天カードなどキャッシュレス診察に対応しているものを選ぶのがオススメです。

年会費が有料のクレカと比べてどうなの?

それでは、年会費が無料のクレジットカードは年会費がかかるものと比べてその補償額はどうなのでしょうか?

年会費が1万円程度、もしくはそれ以上するゴールドカードの海外旅行保険と比べると以下の表のようにやはり補償額の面で劣ります。

エポスカード三井住友ゴールドアメックスゴールド
傷害死亡・後遺障害500万円5,000万円1億円
傷害治療費用200万円300万円300万円
疾病治療費用270万円300万円300万円
賠償責任2,000万円5,000万円4,000万円
携行品損害20万円50万円50万円
救援者費用100万円500万円400万円

とりわけ、傷害死亡・後遺障害の補償額は圧倒的にゴールドカードのほうが充実しているでしょう。

ただこれはあくまでゴールドカードとの比較。

年会費が数百円や数千円程度のクレジットカードでは年会費無料のクレジットカードとそこまで補償額は変わりません

補償額を充実させたい場合はやはりゴールドカードなど年会費が有料のクレジットカードを選ぶのが良いでしょう。ただ、次の項目で補償額がどのくらいあれば十分のかを解説しており、年会費無料のものでも十分な可能性もあります。

旅行保険付きクレカを選ぶ基準

それではオススメのクレジットカードを紹介する前に、旅行保険つきクレカを選ぶ基準をみていくことにしましょう。

  • 保険の補償項目のうちどれを見ればいいのか
  • 補償額がどれくらいあれば十分なのか

という点について考察し、最後にカード選びの基準となるポイントを紹介していきます。

保険の補償はどれが重要?

海外旅行傷害保険で受けられる補償は以下の6項目が対象となっています。

傷害死亡・後遺障害事故によるケガが原因で死亡や後遺障害を補償
傷害治療費用事故によるケガの治療費を補償
疾病治療費用旅行中に発病したさいの治療費を補償
賠償責任他人にケガを負わせたり、死亡させてしまった時の賠償金を補償
携行品損害バッグやカメラなどが盗難や破損をした際その代金を補償
救援者費用親族が「救援者」として現地へ行く費用補償

海外旅行保険ではクレジットカード会社が「最高2000万円!」と最高補償金額を提示しているためかこの数字ばっかりを気にしてしまいがちです。

しかしこの最高補償額というのは、「傷害死亡・後遺障害」の金額のことであり、つまりは旅行中の事故により死亡や後遺障害が残ってしまった時に補償される金額なのです。

現実的に考えてみると旅行中に死亡のリスクがある大事故に遭う確率は稀です。

そのため都市や観光地へなど普通の海外旅行の場合はケガや病気の治療費を補償してくれる「傷害治療費用」と「疾病治療費用」を重視するのが良いでしょう。

補償額はどのくらいあれば十分なの?

それでは、「傷害治療費用」と「疾病治療費用」の補償額はどのくらいあれば十分なのでしょう?

ここで必ず覚えておいて欲しいのは、海外での治療費はとんでもなく高いという事です。

例えば、多くの日本人がリゾートで行くハワイでかかる医療費をまとめて見ました。

救急車82,000円
病院の部屋代(1日)330,000円
盲腸の治療費3,000,000円
骨折時の治療費50,000円

盲腸の治療費は300万円もかかるんです。

いやいや、盲腸なんて旅行中にかかる確率なんてほぼ0%でしょ。と思うかもしれません。

ただ、そもそも本来保険というものは「もしもの時」に備えるものです。

また、盲腸以外でも大きな怪我で入院が必要になった場合はその医療費は馬鹿にならないですよね。

年会費が有料のクレジットカード、ゴールドカードやプラチナカードでも「傷害治療費用」と「疾病治療費用」は300万円が最大みたいです。(稀に500万円のカードもありますがほんのごく一部。)

ですので、年会費が無料のクレジットカードでは200万円以上付帯しているものを目安にするのがいいと思います。

合算ができるので、200万円のクレジットカードを2枚持っていた場合は400万円となり、旅行保険が充実しているゴールドカードよりも手厚い保険を受けることができるようになりますよ。

海外旅行保険が付帯するクレジットカードの選び方まとめ

さて、海外旅行保険についてあれこれ説明してきましたが、オススメのクレジットカードを紹介する前にカード選びのポイントをしっかりふりかえっておきましょう。

優先順位が高いものから

  1. 「傷害治療費用」と「疾病治療費用」が200万円以上のもの
  2. 補償額の合算ができる「自動付帯」のもの
  3. キャッシュレス診察のサービスが利用可能なもの
  4. 海外利用時に何らかのメリットがある
  5. 還元率などの面で普段使いのカードとしても充実している


という風になっています。

それでは、これらの基準をしっかり頭に入れた上で次の項目で自分にぴったりのクレジットカードを探してみましょう

年会費無料で海外旅行保険が自動付帯するおすすめクレジットカード6選

6つのカードの中でもエポスカードがイチオシ!

エポスカード
エポスカードは全国10,000店以上でお得に!旅行保険、審査基準、ゴールドとの比較などまとめ
年会費通常無料
初年度無料
審査難易度F(審査難易度「F」について
還元率0.50%~1.25%
公式サイトhttps://www.eposcard.co.jp
4.00 / 5.00
年会費無料で海外旅行保険が自動付帯、全国10,000以上の店舗で割引やポイントアップも。
今なら新規入会で最大5,000円相当の
エポスポイント!
高校生を除く満18歳以上なら申し込み可!キャンペーンをくわしくみる口コミ・評価はこちら

エポスカードのポイント
  • マルイやモディで年4回開催される「マルコとマルオの7日間」で10%OFF
  • マルイのネット通販で配送料が実質無料
  • 全国10,000店舗以上のエポスカード特約店でポイントアップや割引サービスなどが受けられる
  • 海外旅行保険が自動付帯
  • 使い続けるとエポスゴールドカードのインビテーションが届く
  • カラオケ関連の優待サービスが豊富
  • 最短即日でカードの受け取りが可能

エポスカードの海外旅行保険

傷害死亡・後遺障害500万円
傷害治療費用200万円
疾病治療費用270万円
賠償責任2,000万円
携行品損害20万円(免責3,000円)
救援者費用100万円

さて、「傷害・疾病治療費用」の項目が200万円を超えているクレジットカードは海外旅行保険が充実していると判断してよいとのことでしたね。

エポスカード「傷害・疾病治療費用」を見てみるとどちらも200万円を超えており、「疾病治療費用」に関していえば270万円とかなり充実しているのがわかりますね。

海外旅行保険が充実しているとされるアメックスゴールドカードと比較しても

エポスカードアメックスゴールドカード
傷害治療費用200万円300万円
疾病治療費用270万円300万円

というように、エポスカードはそれに迫る勢いで充実していることがわかりますね。

また、多くのクレジットカードの場合では現地での治療費を自分で立て替えるが必要がありますが、エポスカードでは即時に補償してくれる「キャッシュレス診療サービス」がついているので、その面も安心できます。

さらに、エポスカードでは海外旅行保険が付帯しているだけでなく

  • 緊急時にもエポスカード海外緊急デスクが24時間対応(言語も日本語で対応)
  • 初めてカードキャッシングを利用した場合に30日間金利が無料
  • 海外での高額ショッピングの際に一時的に利用枠を増額可能


といったように海外での使い勝手の良さも抜群なのです。

傷害死亡・後遺障害は500万円と低め!
ただし、傷害死亡・後遺障害は500万円と低めになっているので、どうしても心配な人はゴールドカードなどの補償の最高額が充実しているクレジットカードを合わせて持つのが良いでしょう。
年会費無料のクレジットカードで海外旅行保険が自動付帯しているものの中では補償額や海外での使いやすさ、普段使いによさの面でエポスカードが最強と言えるでしょう。

エポスゴールドカードでさらに補償額アップ

エポスカードでは上位ランクにエポスゴールドカードというさらにサービスが充実したゴールドカードがあります。

エポスゴールドカードの特徴とおすすめポイントエポスゴールドカード

招待or年50万以上の利用で年会費ずっと無料。最大還元率1.5%でポイント有効期限もないハイスペックゴールド。

公式:https://www.eposcard.co.jp

海外旅行傷害保険の面でエポスカードと比較してみると、ともに最高補償額は賠償責任の項目で2,000万円となっていますが、細部をよく見てみるとエポスゴールドカードの方が全体的に手厚い補償となっています。

保険の種類エポスカードエポスゴールドカード
傷害死亡・後遺障害500万円1,000万円
傷害治療費用270万円300万円
疾病治療費用200万円300万円

海外旅行保険の充実度合いの判断基準になる「傷害・疾病治療費用」が更に充実しているのがわかりますね。

エポスゴールドカードを普通に申し込むと年会費5,000円がかかるのですが、エポスカードで利用実績をしっかり積んでいると、エポスゴールドカードを永年無料で利用できるインビテーション(招待状)が届きます!(通常は年会費5,000円)

まずはエポスカードを発行して利用実績を積み、更に保険が充実したエポスゴールドカードが年会費無料で持てるインビテーションを狙うのが良いでしょう。

学生は必見!25歳以下は年会費が無料のクレジットカード

クレジットカードには年齢制限があるクレジットカードがあります。

とりわけ、

  1. セゾンブルーアメックス
  2. 学生専用ライフカード

は25歳以下は年会費が無料で、海外旅行保険もかなり充実しているので、学生の方などにはかなりオススメできるクレジットカードなのです。

セゾンブルーアメックス

セゾンブルー・アメックスは20代前半の海外旅行好きに特におすすめ!ポイントや保険、審査スピードも◎
年会費通常3,240円
初年度3,240円 無料
審査難易度E(審査難易度「E」について
還元率0.50%~1.00%
公式サイトhttps://www.saisoncard.co.jp
3.50 / 5.00
25歳以下なら年会費無料!ゴールドカード並の旅行保険が自動付帯など、高コスパの一枚。
今なら新規入会で最大6,000円相当の
永久不滅ポイント!
最短3営業日で発行!(来店の場合即日)キャンペーンをくわしくみる口コミ・評価はこちら

セゾンブルーアメックスのポイント
  • 通常年会費は税込3,240円がかかるが、25歳以下は無料
  • セゾンが発行しているがアメックスの充実したサービスが受けられる
  • 国内・海外旅行傷害保険の最大補償額がともに3,000万円と非常に充実している
  • 手荷物無料宅配などの海外旅行で受けられるサービスが充実
  • 最短即日発行できる
  • 貯まるポイントは有効期限無期限の永久不滅ポイント
  • 通常約4万円かかるプライオリティパスの年会費が1万円で入会可能

プライオリティ・パス=世界中の豪華な空港ラウンジを利用できる会員制サービス

18歳(高校生を除く)~25歳までの方は必見です。現在「U-25応援キャンペーン」が実施されており、セゾンブルーアメックスカードの年会費(税込3,240円)がなんと26歳になるまで無料です。

傷害死亡・後遺障害3,000万円
傷害治療費用300万円
疾病治療費用300万円
賠償責任3,000万円
携行品損害10万円(免責3,000円)
救援者費用200万円

セゾンブルーアメックスの「傷害・疾病治療費用」はどちらも300万円と他のクレジットカードと比べて超充実。

年会費無料のクレジットカードだと補償額が低くなりがちな、「傷害死亡・後遺障害」も3,000万円とゴールドカードと比べても遜色ない旅行損害保険がついています

さらに、セゾンブルーアメックスでは海外旅行保険が付帯しているだけでなく

  • 手荷物無料宅配
    スーツケース1個を対象空港から自宅まで、無料配送してくれる
  • コートお預かりサービス
    対象空港にて冬のコートを預かってくれる
  • 海外用Wi-Fi・携帯電話レンタル
    海外旅行先でWi-Fiルーターや携帯電話を使いたい時に優待価格でレンタルできる
  • 海外アシスタントデスク
    都市・観光情報案内を始めホテル・レストランの案内・予約などあらゆるサービスに対応。パスポート紛失時などのトラブルの際も連絡を入れれば対応してくれる


海外旅行で受けられるサービスが充実しています。

セゾンブルーアメックスをはじめとするセゾンカードでは即日発行に対応しているカードがあり、海外旅行直前でもカードを発行することができますよ!

さらにキャッシュレス診察にも対応しており、充実した国内旅行保険も付帯しているので年会費無料でカードを保有できる25歳以下の方にはエポスカードよりも間違いなくおすすめです。

学生専用ライフカード

学生専用ライフカードの特徴とおすすめポイント
年会費通常無料
初年度無料
審査難易度G(審査難易度「G」について
還元率0.50%~1.00%
公式サイトhttp://www.lifecard.co.jp
4.00 / 5.00
学生生活を強力サポートするカード。お得で安心なサービスが満載。キャッシュバックサービスも。
今なら新規入会で最大16,500円相当の
ポイント!
オンライン申込が4STEPで簡単!キャンペーンをくわしくみる口コミ・評価はこちら

学生専用ライフカードのポイント
  • 年会費無料で海外旅行保険が付帯された学生専用カード
  • 特に留学などに興味がある学生におすすめできる一枚
  • 学生向けの特典が豊富に用意されている
  • 海外での利用料金が5%キャッシュバック
  • 誕生月の利用はポイント3倍、還元率が1.5%に
  • オンラインモール「L-Mail」の利用で大量ポイント獲得

こちらの「学生専用ライフカード」は25歳以下の学生だけが持てるクレジットカードで年会費はもちろん無料。

「学生専用ライフカード」の海外旅行保険をエポスカードと比べてみると、

エポスカード学生専用ライフカード
傷害死亡・後遺障害500万円2,000万円
傷害治療費用200万円200万円
疾病治療費用270万円200万円
賠償責任2,000万円2,000万円
携行品損害20万円(免責3,000円)20万円(免責3,000円)
救援者費用100万円200万円

といったように疾病治療費用の面では多少劣りますが、「200万円のライン」は超えているため年会費無料のクレジットカードで海外旅行保険が充実しているものに該当するでしょう。

傷害死亡・後遺障害に関しても2,000万円と高めに設定されています。

そのほかにも

  • 海外での利用は5%の現金がキャッシュバックされる
  • 海外アシスタントサービスが豊富

といったように海外利用時のサービスも充実しているので、夏休みや春休みに海外旅行を計画している学生には持ってこいのカードなのです。

リボ専に注意

年会費無料で海外旅行保険が充実しているクレジットカードはエポスカードやセゾンブルーアメックスの他にも

  1. JCB EIT
  2. レックスカード
  3. DCカード Jizile(ジザイル)

があります。

JCBEITレックスジザイル
傷害死亡・後遺障害2,000万円2,000万円1,000万円
傷害治療費用100万円200万円30万円
疾病治療費用100万円200万円30万円
賠償責任2,000万円2,000万円1,000万円
携行品損害20万円20万円10万円
救援者費用100万円200万円50万円

自動付帯のクレジットカードの中ではかなり補償額が充実している事がわかりますね。

ただし、これらのカードは基本的にリボ払いのいわゆる「リボ専」と呼ばれるクレジットカードです。

通常クレジットカードでは1回払いなのですが「リボ専」では全てリボ払いになるので手数料が発生します。

下手をしたらリボ地獄に陥る可能性があるのでクレジットカードの利用に慣れていない人にはあまりオススメできるカードではありません

ただ、リボ専のクレジットカードでも

  • 還元率が1.0%を超えるものが多くポイントが貯まりやすい
  • 支払い金額を利用額よりも高めに設定すれば実質的に1回払いとなり、手数料がかからない

といったように使いこなせば非常にメリットがあり、これらのことをきちんと理解できていれば、海外旅行保険が充実しオススメできるクレジットカードとなっています。

JCB EIT

ここまで紹介してきたクレジットカードは大体が「三井住友海上」という保険会社と提携して海外旅行保険を提供しています。

ただ、JCB EITは「損保ジャパン日本興亜」と提携しているため、レンタルWi-Fiルーターやレンタルケータイなどレンタル品まで補償されます。

これは、他のカードの海外旅行保険ではみられないJCB EITならではの特徴なので、旅行の際にレンタルするものがある人には大きなメリットですね!

レックスカード

REX CARD(レックスカード)は1.25%と驚異の高還元率!おすすめポイントやデメリットまとめ
年会費通常無料
初年度無料
審査難易度D(審査難易度「D」について
還元率1.25%~1.50%
公式サイトhttp://www.jaccs.co.jp
4.00 / 5.00
REX CARDの還元率は国内最高水準の1.25%で、一般的なカード(還元率:0.5%)の2.5倍。
今なら新規入会で最大5,000円相当の
Jデポ!
18歳以上(高校生を除く)なら申し込み可!キャンペーンをくわしくみる口コミ・評価はこちら

DCカード Jizile(ジザイル)

DCカード Jizile(ジザイル)の特徴とおすすめポイント
年会費通常無料
初年度無料
審査難易度D(審査難易度「D」について
還元率1.42%~1.50%
公式サイトhttp://www.cr.mufg.jp/
3.00 / 5.00
毎月ほぼ一定額を支払う「リボ払い専用カード」。いつでもどこでもポイント3倍の高還元率カード。
今なら新規入会で最大7,000円相当の
ギフトカード!
キャンペーンをくわしくみる口コミ・評価はこちら

DCカード Jizile(ジザイル)のポイント
  • 業界トップクラスの還元率1.5%を誇るリボ払い専用カード
  • 学生でも発行が可能
  • 「Priceless Cities」による世界各地での優待あり
  • Benefit Station Private入会で様々なサービスをお得に利用

人気のビューカードにも自動付帯しているが補償額は少なめ

Suicaと一体型でオートチャージが可能、とにかくJREポイントが貯まりやすく人気のクレジットカードのビューカード

ビュースイカカード・定期券機能もつけられるので通勤や通学に便利
ルミネカード・定期券機能もつけられるので通勤や通学に便利
・ルミネなどでいつでも5%OFF、年間に数回10%OFFになる期間も
ビックカメラスイカカード・通常時もビックポイントとJREポイントの2重取りができ還元率1.0%
・ビックカメラでの利用で11.5%の還元率を誇る超高還元カード
JALカードSuica・通常のショッピングで200円につき1JALマイル貯まる
・JALタッチ&ゴーサービスが付いているので搭乗がスムーズに

そんなビューカード各種にも以下のような海外旅行保険が付帯しています。

死亡・後遺障害保険金500万円
傷害治療保険金50万円
疾病治療保険金50万円

しかし、表を見て分かる通りその補償金額がはかなり少なめ。補償の対象には携行品や救援者費用などは含まれず項目も少なめ。

なので、海外旅行保険が自動付帯するということを覚えておき、他の海外旅行保険が充実するクレジットカードと併用し補償額の足しにするのがベストな使い方と言えるでしょう!

年会費無料で海外旅行保険が利用付帯するおすすめクレジットカード3選

ここからは、年会費が無料で海外旅行保険が利用付帯するクレジットカードを紹介していきます。

利用付帯では自動付帯のものと異なり、飛行機のチケット代やホテルの料金など旅行にかかる費用を事前にクレカ払いしていなければ保険が効かないというデメリットがありました。

しかし、年会費が無料で海外旅行保険が利用付帯のクレジットカードには

楽天カード還元率1.0%
リクルートカード還元率1.2%
JCBカードW還元率1.0%

といったように高還元率でポイントが貯まりやすく、クセが少ないため普段使いで優秀な超人気カードが見事にそろっているのです。

このように還元率が高いクレジットカードの場合は、海外旅行保険が利用付帯でも

  • 普段の生活の数倍、数十倍の利用をする海外への旅費は多くのポイントを貯めるチャンス
  • 年間の利用金額に応じてゴールドカードなどのインビテーションが届くカードでは利用実績を積むいい機会


といったようなメリットを受けることができるので、そこまで自動付帯のクレジットカードにこだわる必要もありません。

楽天カードJCBカードWリクルートカード
傷害死亡・後遺障害2,000万円2,000万円2,000万円
傷害治療費用200万円100万円100万円
疾病治療費用200万円100万円100万円
賠償責任2,000万円2,000万円2,000万円
携行品損害20万円
(免責3,000円)
20万円
(免責3,000円)
20万円
(免責3,000円)
救援者費用200万円100万円100万円

それぞれのカードを比較した表を見てみると楽天カードは傷害・疾病治療費用がともに「200万円のライン」を満たしているので十分な額を満たしているクレジットカードだと言えるでしょう。

一方、JCBカードWとリクルートカードは傷害・疾病治療費用が100万円と不十分な額になっており、そこまでオススメできるわけではありません。

ただ、上記の3枚のカードは先ほども述べたように使いがってがよく、ポイントが貯まりやすい人気のクレジットカードなので、海外旅行保険はおまけでついていると覚えておくのが良いでしょう。

楽天カード

楽天カードが絶対的な人気を誇る3つの理由!審査やポイントなどを徹底解説
年会費通常無料
初年度無料
審査難易度F(審査難易度「F」について
還元率1.00%~3.00%
公式サイトhttps://www.rakuten-card.co.jp
4.29 / 5.00
年会費無料、買い物する度ポイントがどんどん貯まって使い道も無限大。圧倒人気のオールマイティカード。
今なら新規入会で最大5,000円相当の
ポイント!
身分証不要の楽々ネット申込!キャンペーンをくわしくみる口コミ・評価はこちら
楽天カードのポイント
  • 高水準の還元率!条件なしで1.0%をキープ
  • 楽天市場での利用で還元率3倍に。条件を満たすとさらに数倍にも
  • 年会費無料で海外旅行傷害保険が付帯
  • デザインが豊富で自分の好きな券面を選択
  • 幅広く展開する楽天サービスをお得に活用


JCBカードW

JCBカードWはいつでもポイントが2倍貯まる!審査や女性向けカード「PLUS L」、デメリットまで完全ガイド
年会費通常無料
初年度無料
審査難易度E(審査難易度「E」について
還元率1.00%~3.50%
公式サイトhttps://www.jcb.co.jp
4.23 / 5.00
JCBオリジナルシリーズの最新作。年会費無料×高いポイント還元率を実現した、WEB申し込み限定プロパーカード。
今なら新規入会で最大8,000円相当の
キャッシュバック!
WEB申込限定だからこそ、申込手続が手軽!キャンペーンをくわしくみる口コミ・評価はこちら

JCBカードWのポイント
  • 海外旅行保険が付帯する学生でも申し込めるカード
  • JCB CARD W、JCBカードWplusL限定のボーナスポイント付与
  • original series優待がお得。通常の還元率が数倍に
  • スターバックスで最大10倍のポイント
  • 用途が豊富に用意されているOkiDokiポイントが貯まる

リクルートカード

リクルートカードの特徴とおすすめポイント
年会費通常無料
初年度無料
審査難易度E(審査難易度「E」について
還元率1.20%~3.20%
公式サイトhttps://recruit-card.jp
3.67 / 5.00
1.2%の驚異的な還元率。電子マネーへのチャージも最強クラス。ホットペッパーなどを使う人も必携の一枚。
今なら新規入会で最大6,000円相当の
ポイント!
日常のあらゆる買い物を1.2%もお得に!キャンペーンをくわしくみる口コミ・評価はこちら

リクルートカードのポイント
  • トップクラスの還元率1.2%
  • じゃらんやホットペッパーなどのリクルート系サービスをお得に
  • Pontaポイントを貯めやすい
  • 電子マネーへのチャージにも強い
  • 年会費無料で海外旅行傷害保険が付帯
  • ポンパレモールで還元率が4.2%に

まとめ

いかがでしたか?今回は海外旅行保険が付帯する年会費無料のクレジットカードについて詳しく解説しました。

最後に重要なポイントをまとめておきましょう。

  • 年会費が無料のクレジットカードでもエポスカードなど海外旅行保険が充実しているものもある。
  • 自動付帯のものは補償額を合算できる
  • 年会費無料のクレジットカードは保有するのにコストが全くかからないので、旅行保険用に持つのが良い。
  • 不安な場合はゴールドカードや保険会社の旅行保険を選ぶのが良い

年会費無料のクレジットカードでも十分な額の海外旅行保険が付帯するものも数多くあるので、この機会に発行しもしもの時に備えましょう。

このページのもくじ
    シェアしてあとで読む→