VISAとMastercardはどっちがいいの?加盟店数・特典やサービスの違いを徹底比較

シェアしてあとで読む
クレジットカードマイスター編集部
クレジットカードマイスター編集部

365日クレジットカードやキャッシュレスを研究している専門チーム。記事企画&執筆~サイトの開発も社内で行なっています。よかったら各種SNSもフォローしてください。

VISA?Mastercard?どっちがいいの?

いざクレジットカードを申し込もうとしても、どの“国際ブランド”を選べばいいかよくわからないですよね。

なかでも有名なVISAとMastercardは、はっきりとした違いがよくわからないものです。

そこでVISAとMastercardを徹底的に比較しました。この記事を読めばあなたにぴったりな方がどちらかわかるはずですよ!

3分でわかる!VISAとMastercardの違い

まずはVISAとMastercardの基礎知識的なところを解説します。

VISA・Mastercardは国際ブランドの一種

そもそも「VISA」「Mastercard」はどちらも国際ブランドの一種。

国際ブランドとは、決済システムを提供している会社のことで、これのおかげで国内のみならず世界中でクレジットカードを使えるんですね。

「VISA」「Mastercard」の他にも、「JCB」や「アメックス」、「ダイナース」、「銀聯」など様々な国際ブランドがあります。

楽天カードは国際ブランドじゃない<br />
“楽天カード”や“三井住友カード”という名前もよく聞きますが、これは国際ブランドではなくカード会社。(稀に「国内ブランド」と呼ばれることもあります)

こういったカード会社が国際ブランドと提携してクレジットカードを発行しています。

お店は国際ブランドと提携している

カード決済ができるお店では、加盟店手数料を支払って国際ブランドと提携しています。

どの国際ブランドと契約するかはお店側の自由。

そのため「VISAしか使えないお店」や「VISA・Mastercard・ JCB・AMEXを使えるお店」など、店によって使えるクレジットカードが変わってくるんですね。

VISA・Mastercardを比較するポイントは3つ

比較する要素は以下の3つ。

  1. シェア・使えるお店・国
  2. 特典やサービス
  3. 今後の展望

まずは国際ブランドとして、最も重要な決済力を比較

そして、特典やサービスを比較し、シチュエーションごとにでどちらがお得で便利かを見ていきます。

最後に両ブランドの動きから今後の展望を推測していきます。

VISA・Mastercardの比較表

VISAとMastercardの比較をかんたんに表にまとめました。

VISAMastercard
決済額のシェア56.1%25.6%
加盟店数4,720万4,720万
コストコ×
海外キャッシング(ATM数)260万台200万台
海外決済事務手数料
対応カード
Apple Pay
コンタクトレス決済
現状
将来性

それぞれについて、もう少し深掘りをして解説していきます。

VISA・Mastercardをシェアや使える店(加盟店数)で比較

国際ブランドとして最も重要なのが、決済できるかどうか

いくら便利やお得でも、そもそも決済できる場所が少なかったら使い物にならないですもんね。

決済額のシェアはVISAがダントツ

国際ブランド別の決済回数(≒決済額)のシェアは以下の通り。

MEMO
「利用回数が多い≒利用者や利用可能店舗が多い」とも考えられるため、世界中での国際ブランド別の購買トランザクション回数(2017年)をパーセントに戻してグラフにまとめました。(データ:THE NILSON REPORT

上記を見るとVISAが半数以上とダントツです。

これに次いでMastercardが25%と世界中の4分の1を占めています。

シェア率だけで見ると、VISAがMastercardにダブルスコアで差をつけており、現状では最も人気が高い(使われている)国際ブランドだとわかりますね。

使える場所(加盟店数)はMastercardが多い

決済回数のシェアではVISAに遅れを取っているMastercardですが、利用できる店舗数は勝るとも劣らない状況です。

2018年度のニルソンレポートの調査では、加盟店数はVISA・Mastercadともに、4,720万店舗

公式サイトやCMで「世界で最も多くの場所で使えるMastercard」と公言していることから、MastercardはVISAよりも若干多いと判断できます。

国ごとに便利なのはどっち?

加盟店数ではVISAもMastercardの間に大差はありませんでした。

そこで気になるのが、使える地域に偏りがあるのかどうかですね。

具体的な国名を例に挙げて見て行きましょう。

日本では大きな差なし

日本国内においては、VISAでもMastercardでも使えるところに大差はなく、ほぼほぼ一緒です。

「カード決済できる=VISA・Mastercardを使える」という認識でOKでしょう。

巨大な店舗で唯一差があるとしたら、コストコですね。

コストコでは2018年3月からMastercardブランドしか使えなくなったので、コストコ利用者、もしくは利用予定がある人はMastercardを一枚持っておくと便利ですよ。

イギリス(ヨーロッパ)では若干Mastercardか?

イギリスを初めとしフランス、ドイツなどのヨーロッパ各所ではMastercardが強い傾向がありました。

しかし、現在ではVISAもほとんどの店舗で使えるので、大差はないです。

オーストラリアではMastercardが有利だったが…

世界屈指のキャッシュレス先進国、オーストラリア。

キャッシュレス化が進んだ背景に、Mastercardのコンタクトレス決済が大きく普及したことがあります。(2015年段階ですでにMasterCard利用の過半数がコンタクトレス決済)

ただ、現在ではVISA・Master共にほとんどの店で使えますよ。

MEMO
筆者が2019年3月にオーストラリアへいったところ、体感的にアメックス・JCBは使えないところが多かったですが、ほぼ全ての店でVISAとMastercardに対応していました。

余談ですが、自動販売機とコインパキングもカード払いできることに、テンションが上がりましたね。

海外キャッシングできるATMはVISAが多い

海外旅行で重宝するのが「海外キャッシングサービス」

海外キャッシングとは?
デパートや空港などに設置されているATMから、現地通貨を引き出せるサービスのことです。

両替所で換金するよりも手数料が安く、少額から引き出せるので、お金が余る心配もありません。

VISAとMastercardではキャッシングできるATMが違います。

VISA対応のATM台数は約260万台と、Mastercardの200万台よりも多いです。

数字上では多少VISAの方が多いですが、体感ではそれほど違いはないと思いますよ。

MEMO
利用できるATM数はVISAが優勢でしたが、事務手数料はMastercardの方が安いです。(詳しくは後述します)

  • 大都市に行く→Mastercardがお得
  • 田舎町に行く→VISAの方が便利

両ブランドのカードを持っておくのが理想ですね。

たしかにひと昔前は、“この国ではVISAが便利”(逆もまた然り)みたいなこともありました。

しかし現在では、世界中ほとんどの店がVISA・Masterを両方導入しており、国ごとに歴然とした偏りはないです。

どちらを持つかは、“使える場所”以外の特典やプラスαの機能で判断していくのが良さそうですね。

VISA・Mastercardを特典やサービスで比較

使える場所はどちらも同じような感じのVISAとMastercard。

続いては、お得かどうか、プラスαのサービスが使えるかどうかで比較していきましょう。

  • 対応しているクレジットカード
  • 海外決済手数料
  • Apple Payでの利用
  • コンタクトレス決済

対応カード

クレジットカード一枚一枚ごとに、対応している国際ブランドは異なります

例えば楽天カードはVISA・Mastercard・JCB・AMEXの4種類から選択可能なのに対して、三井住友カード(一般)はVISA・Mastercardのどちらかです。

カード選びで国際ブランドを優先的に考える場合、欲しいカードがそもそも対応しているかが重要になってきます。

人気のカードはだいたい両方選べる

そこで、人気のクレジットカードがVISA・Mastercardのどちらに対応しているかを表にまとめてみました。

VISAMastercard
1位.楽天カード
2位.ヤフーカード
3位.イオンカードセレクト
4位.JCB一般カード××
5位.イオンゴールド
6位.セゾンカードインターナショナル
7位.dカードGOLD
8位.JAL普通カード
9位.三井住友クラシック
10位.エポスカード×

トップ10のうちVISAだけなのはエポスカードくらいです。ほとんどのカードでは、VISA・Master両方選べますね。

デザインが豊富なのはMastercardの傾向

同じクレジットカードでも、国際ブランドによってサービスが多少異なります。

その中でも顕著なのが、選べるデザイン数

例えば楽天カードはMastercardブランドなら、バルセロナデザインやお買い物パンダデザインを選択可能。

VISAMastercard
通常デザイン
お買いものパンダ×
FCバルセロナ(エンブレム)×
FCバルセロナ(プレーヤー)×
楽天イーグルス×
イニエスタ×
YOSHIKI×

一概にはいえませんが、だいたいのカードでVISAブランドは通常デザインのみに対し、Mastercardブランドでは特殊なデザインをチョイスできるケースが多いですよ。

海外決済手数料(為替レート)はMastercardが安い

海外でクレジットカードを利用すると、「海外決済手数料」が必ずかかります。(一括払いでも)

この手数料は各国際ブランドが設定する為替レートによって決まるので、VISAとMastercardのカード間でも当然差が生まれてきます。

日によって変化はするものの、統計的にみてMastercardの方が高レート。(国際ブランドの中で一番)

つまりVISAよりも、Mastercardの方が海外決済手数料が少なくすみお得です。(海外キャッシングも同様)

Apple Payで便利なのはMastercard

2016年から日本でも使えるようになったApple Pay。

もちろんMastercardもApple Payに対応しており、iPhone一つで買い物できたり、Suicaチャージやネットショッピングもラクラクです。

一方VISAはApple Payに登録こそできるものの、機能が制限されており、使い勝手がいいとは言いづらい状況です。

VISAはID・QUICPayとしてしか使えない

VISAブランド自体はApple Payに対応していません。

そのため、クレジットカードの支払い機能を使う以下のサービスには対応していないです。

  • Apple Pay上でのSuicaチャージ
  • ネットショップでのApple pay支払い

ただ、iD・QUICPayいずれかの電マネーとしては使えます。(これはカード会社とApple Payの契約の問題だから)

VISAはApple Payに対応しているが、一部の機能が使えない

VISAはApple Payに対応していないが、一部の機能は使える
Suicaアプリを使えばVISAでもチャージできる
VISAブランドはSuicaチャージができない、というのは正確ではありません。

確かに、Apple Pay上でできませんが、Suicaアプリを使えばOK。 

SUicaアプリ上ではVISAカードでSuicaチャージできる

問題なくチャージできますよ。

コンタクトレス決済で比較

クレジットカード業界で最近話題のコンタクトレス決済

コンタクトレス決済とは?
「コンタクトレス決済」とはカード本体を決済端末にかざすだけで、“ピッ”と電子マネーのように簡単に支払いができるもの。

券面のウェーブマークが目印です。

コストコグローバルカードはMastercardコンタクトレス搭載

VISA・Mastercardともに名前は違えど、コンタクトレス決済があります。

VISAVISAのタッチ決済(旧VISA pay WAVE)
MastercardMastercardコンタクトレス

日本ではまだあまり普及していませんが、海外(特にオーストラリア)では主流の決済手段なので、海外旅行で活躍しますよ!

対応カードはVISAが優勢

VISA・Mastercard、それぞれのコンタクトレス決済が搭載しているクレジットカードを表にまとめてみました。

VISAのタッチ決済Mastercardコンタクトレス
・三井住友VISAカード
・イオンカード
・オリコカード
・ジャックス
・コストコグローバルカード
・オリコカード
・ジャックスカード
・MasterCardPayPass

VISAのタッチ決済は、有名どころの「三井住友カード」「イオンカード」もついています。

一方、Mastercardコンタクトレス付きのカードはマイナーどころが多く、対応カードでいえばVISAのタッチ決済が優勢の状況です。

Apple Payで使えるのはMastercardだけ

残念ながら、VISAのタッチ決済はカード本体でしか使えず、Apple Payに登録して使うことはできません

一方MastercardコンタクトレスはApple Pay上でも利用可能。

例えカード本体にウェーブマークがついていなくても、Apple Payにクレジットカードを登録すると、iPhone上で「Mastercardコンタクトレス」を使えるようになりますよ!

モバイルVisa payWaveは全て終了
ちなみに以前は、VISAのコンタクトレス決済はおさいふケータイ付きのAndroid端末で利用できました。(モバイルVisa payWave)

しかし、2018年に次々とカード会社が提携解除していき、国内でのサービスは完全に終了したみたいです。

三井住友カード2018年6月20日に新規申し込み受付終了
JACCS2018年10月31日に新規申し込み受付終了
オリコ2017年9月に新規申し込み受付終了

今は下火かもしれませんが、世界一の国際ブランド「VISA」の動きに今後も注目していきたいですね。

VISA・Mastercardの今後の展望を比較

会社としてのVISAとMastercardを、現状と交えて、今後の展望を推察して比較していきます。

現状はVISA

取引額やシェアで言えば、Mastercardよりも圧倒的にVISAの方が優勢な状態です。

2019年3月のVISAの時価総額は3135億ドル。

Mastercardの2415億ドルと大きな差をつけており、会社の規模としてもVISAの方が大きいです。

VISAは近年パッとしない動きが多い

しかし、そんなVISAですが、近年はあまりパッとしない動きが多いです。

  • Apple Payと提携していない
  • 自社のコンタクトレス決済をカード会社にゴリ押し(他の電子マネーの排除か?)

例えば、Visaブランド付TカードではTマネー(電子マネー)のサービスが急に終了しました。

Visaブランドのサービス変更によりVisaブランド付Tカードで、Tマネーサービスが利用できなくなります。

このように、VISAがカード会社に対して圧力をかける姿勢が見受けられ、業界では少し不信感が出て来ています。

どうしてApple Payと提携しないの?
先日Appleが公式のクレジットカード「Apple Card」を発表しましたね。

そこから推し量るに、AppleがVISAと提携していないのは、同じ市場で競っていく中でそれがベストと判断したのかなと思います。

VISAと提携するカード会社は減ってきている?

最近ではVISAのみと提携するカード会社は減ってきているような気もします。

実際に三井住友とAmazonが発行するAmazonカードはMastercardだけですし、多くのカードはVISAとともにMastercard、JCBのカードも発行しています。

VISAだけと提携すると、VISAの意向に振り回される可能性があるからですかね…。

国際ブランドとカード会社にはこんな問題も...

カード会社の43%は「契約内容の一方的な改定が行われたことがある」と回答。うち85%(複数回答)は「契約当初の手数料の料率や金額が上がった」と答えた。

伸びてくるのはMastercardのはず

国際ブランドで一番重要なのは、やはり利用できる場所がいかに多いか。

先述した通り、Mastercardの加盟店数は2018年にVISAを抜いて(に並んで)世界一になり、今後も増えて行くことが予想されます。

またVISAとは対照的に、Appleとの相性がいいのも今後の成長要因ともなりそうです。(Apple Cardの国際ブランドもMastercard)

結局VISAとMastercardはどっちがいいの?

ここまでは決済数や加盟店数、特典やサービスなどさまざまな要素でVISAとMastercardを比較してきました。

で、結局どっちがいいのでしょうか?

クレマイ編集部の見解をまとめました。

クレマイ編集部の見解ではMastercardが優勢

現状のみならず、将来性も見越して判断するならMastercardが優勢でしょう。

加盟店数でVISAを抜き世界一になった今、「初めてのクレジットカードなら、とりあえずVISA」というのは、少し古臭い考え方なのかな、と思います。

クレマイ編集部の中でも、“Mastercardブランドのカードは持っておきたい”、という共通認識がありますよ。

おすすめのMastercardについては以下のページで詳しくまとめているので、参考にして見てください。

VISAとMastercardを2枚持ちできるカードもある

どちらか選びきれない人は、VISAとMastercardを両方発行でき、2枚持ちできるクレジットカードもアリです。

  • 三井住友カード:デュアル発行に対応
  • 楽天カード:一枚目がVISAなら2枚持ち可能

三井住友カード

三井住友VISAクラシックカード/クラシックカードAのメリット&デメリットを徹底解説!信頼性・安定感を求める人におすすめ
年会費通常1,350円
初年度1,350円 無料
審査難易度D(審査難易度「D」について
還元率0.50%~1.00%
公式サイトhttps://www.smbc-card.com
4.08 / 5.00
信頼ある三井住友ブランドの一般カード。搭載されたiDやスマホ決済などのキャッシュレスも◎。
今なら新規入会で最大10,000円相当の
キャッシュバック!
ネット申込で最短3営業日発行!学生も可キャンペーンをくわしくみる三井住友VISAクラシック口コミ・評価はこちら

三井住友VISAクラシックカードには“デュアル発行”というサービスがあり、VISAとMasterCardの2枚を発行できます。

2枚目の年会費は250円のみ。1,500円で2種の国際ブランドのクレジットカードを持てるのでお得ですね。

  • 1枚目:年会費1,250円
  • 2枚目:年会費250円

楽天カード

楽天カードが絶対的な人気を誇る3つの理由!審査やポイントなどを徹底解説
年会費通常無料
初年度無料
審査難易度F(審査難易度「F」について
還元率1.00%~3.00%
公式サイトhttps://www.rakuten-card.co.jp
4.21 / 5.00
年会費無料、買い物する度ポイントがどんどん貯まって使い道も無限大。圧倒人気のオールマイティカード。
今なら新規入会で最大8,000円相当の
ポイント!
身分証不要の楽々ネット申込!キャンペーンをくわしくみる楽天カード口コミ・評価はこちら

楽天カードでは1枚目のカードがVISAに限り、MastercardかJCBの楽天カードをプラスで1枚発行できます。

1枚目2枚目
楽天カード(VISA)Masetercard・JCB
楽天カード(Mastercard)不可
楽天カード(JCB)不可
楽天カード(AMEX)不可

2枚目のカードは一般カードのだけでなく、上位ランクの楽天ゴールドカード楽天プレミアムカードでもOK。

ただし2枚目を発行できるのは、そもそも1枚目が一般カードだった場合のみなので、まずは楽天一般カード(VISA)から。

結論:両方持っておくのがベスト

同じクレジットカードを2枚持っていても、特典やサービスに幅が出ず、正直微妙です。

昨今では年会費無料のクレジットカードも増えてきているので、どうせなら“VISAとMastercardを異なるカードで発行する”という選択肢がベストですね。

例えば、楽天カードとオリコカードザポイントのように、特徴が異なるカードを持つのが良いでしょう。

楽天カード実店舗でポイントが貯まりやすい
オリコカードザポイントネットショッピングでポイントが貯まりやすい

海外だとまだまだどちらか一方しか使えない、なんてことも多いので、カード決済できるエリアを広げるという意味合いでもメリットがありますよ。

  • △:楽天カード(VISA)と楽天カード(Mastercard)の2枚持ち
  • ◎:楽天カード(VISA)オリコカードザポイント(Mastercard)の2枚持ち

JCBと比較すると?

国際ブランドの話題で、必ずといっていいほどVISAとMastercardと比較されるのが、「JCB」

JCBは唯一「fromジャパン」の国際ブランドで、かつては国内ではJCBしか使えない店も多かったほど。

ただ今では、逆に「VISA・Mastercardのみ」の店舗が増えてきている印象すらありますね…。

海外の加盟店はかなり少なめで、VISA・Masterに比べるとかなり不便。

台湾やハワイなど日本人観光客が多い地域では、JCBの加盟店は多いですが、いろいろな国に行く予定がある人はVISA・Masterを持っておきたいですね。

アメックスやダイナースは?

他にもちょくちょく話題にのぼるのが「アメックス」や「ダイナース」。

決済可能範囲は弱いですが、ラグジュアリーな特典やサービスが付帯しているものが多いです。

VISA・Masterと共にアメックス・ダイナースを1枚持っておくと、カードライフがより華やかになりますよ。

国際ブランドは補うように発行していこう

まずはVISAかMasterCardを持っていれば国内のみならず、留学先や海外旅行でも大丈夫です。

すでに持っている!という人はJCBやアメックスなど異なる国際ブランドを補うように所有すれば、カード決済の守備範囲が広がりますよ。

  • 初めてクレジットカードを作る→VISA・MasterCard
  • 2枚目以降→持っていない国際ブランド

まとめ

いかがでしたか?今回はVISAとMastercardをさまざまな角度から比較してみました。

最後に重要なポイントをおさらいしておきましょう。

  • 決済額のシェアはVISAがNO.1
  • 加盟店数は2018年にMastercardがVISAを抜き1位に
  • 海外キャッシングできるATMはVISAが多い
  • 海外決済手数料(為替レート)はMastercardが安い
  • Apple Payで便利なのはMastercard

いろいろと比較してみましたが、VISAとMastercardにそこまで大きな違いはないです。

好みで選んでも全く問題ないと思いますよ。

ただ、すでにカードを持っているなら、被らないように国際ブランドを選択するようにしましょう。

このページのもくじ
    シェアしてあとで読む→